就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターからの就職は難しい?就職をするためのステップも解説!

フリーターの就職が一変!やばくて厳しい状況から成功に繋げる具体策

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

フリーターから正社員への就職は難しいの?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、フリーターからの就職は難しいとされています。なぜなら、企業はフリーターよりも新卒採用を優先しがちであり、「自己PRが薄い」「すぐに辞めてしまうのではないか?」と不安視されてしまうこともあるからです。

こちらの記事では、フリーターの就職が難しい理由や就職のためのステップ、おすすめの就職支援サービスをご紹介しております。是非参考にしてみてください。

フリーターからの就職は難しい

フリーターの就職は難しいと思われやすい理由

フリーターから正社員での就職を目指すのは、難しいのが現実です。なぜなら、フリーターよりも新卒の採用を優先する企業が多数派であるからです。

企業側は、雇用するのであれば採用時からできる限り長く働き続けてくれる人材(=より若い年齢の人材)を採用したいと考えます。また、習得しなければならない知識やスキルをスムーズに吸収してもらうため、一定のレベル以上の学習能力がある人材を求めています。この両者を兼ね備える人材であること、そして決まった時期に複数人を効率よく一括採用し教育できるメリットもあって、「新卒者が優遇される」傾向があるのです。

フリーターであっても、20代など年齢的に若ければ採用される可能性はありますが、年を重ねるごとに勤続できる年数が減少するため不利になっていきます。また、フリーターをしていた理由によっては、「採用後、しっかり働いてくれるだろうか」と企業に不安視されるおそれもあります。このような背景から、「フリーターの就職は難しい」とされているのです。

フリーターの就職が難しいと言われる理由

フリーターの就職が難しいと言われてしまう理由について、さらに詳しく見ていきましょう。

理由1:自己PRの内容が薄くなることが多い

通常の就職や転職であれば学歴や職歴があるため、自己PRができる要素があります。しかし、フリーターは「空白の期間」と企業に判断されることがあるため、その期間についての自己PRがうまくいかないおそれもあります。

その期間に何か努力していたこと、例えば資格取得や、目標のために活動していたなどがあれば良いのですが、特に何もやっていなかった場合はアピールできる要素が乏しくなってしまうのです。

理由2:正社員になれていないことを問題視されてしまう

正社員として働いたことがないと、「何か問題があって正社員になれなったのではないか?」と勘ぐられてしまう場合もあります。新卒者の方が就職においては有利であると前述しましたが、その有利なタイミングに就職できなかったとなると「どうしてだろう?」と不安に思われてしまうのです。

理由3:すぐに諦めると思われてしまう

正社員になっていないことからも繋がるのですが、「目標を達成する意欲が低いのではないか?」「打たれ弱く、すぐ逃げ出してしまうのではないか?」というような懸念を、企業側に持たれてしまう可能性もあるでしょう。

フリーターから就職するメリット

前章では「フリーターの就職が難しいと言われる理由」を解説しました。しかし、フリーターの人が正社員として就職するメリットは大きく、困難ではあっても努力するに値する価値があります!

ここからは、正社員になることのメリットを解説しますので、就職活動を乗り越えるためのモチベーションにしてください。

メリット1:収入がアップする

正社員はフリーターよりも大幅に給与が高く、経済的な自立が可能になります。正社員とフリーターの年収差は年齢を重ねるにつれ大きくなっていき、生涯年収では約1億円の差になることもあります。

こちらのグラフは、厚生労働省が公表した「学歴・雇用形態別の時間当たり収入、年収」の調査データです。

学歴・雇用形態別の時間当たり収入、年収

正社員とフリーターの年収には、就業時点で約100万円以上の差があります。20代後半では150~200万円、30代では200~360万円、40代に至っては300~450万円と、年齢を増すごとに年収額の差は大きく広がっていきます。また、高卒よりも大卒の方が、年収額の落差が激しい傾向にあります。

このデータから分かることは、「フリーターから正社員に移行するタイミングは、早ければ早いほど収入面でのメリットが大きい」ということでしょう。

メリット2:フリーターは解雇のリスクが高くなる

フリーターは、正社員に比べて仕事を失うリスクが高くなります。なぜなら、フリーターは有期雇用であるため、コロナ禍や不況などの社会情勢、会社の経営状態、本人の勤務態度など様々な要因から雇用契約が更新されない場合があるからです。

一方、正社員は、定年までは無期雇用であるため、有期雇用よりも解雇されにくい立場にあります。社会情勢や会社の業績によってはリストラの可能性もゼロではありませんが、そうした状況になった場合、真っ先に解雇されるのは有期雇用の人たちなのです。

平時は気にならなくても、非常事態になると両者の違いは残酷なほど明らかになります。「まさか」に備えて、より安定した雇用環境に身を置くことをおすすめします。

メリット3:スキル/キャリアアップが目指せる

フリーターの業務範囲は制限される場合が多く、一定レベル以上のスキルアップが難しいケースがあります。また、正社員のような昇進・昇給制度の対象にならないことがほとんどです。将来的に転職を考える際にも、中途採用市場での評価が低くなります。スキルの向上やキャリアアップの点から見ても、正社員を目指した方が良いでしょう。

フリーターから就職するデメリット

フリーターの人が正社員として就職する場合のデメリットについても紹介します。

デメリット1:シフトを自由に動かせない

フリーターは、勤務日数や時間帯などのシフトに融通が利くため、休みを取りやすいメリットがあります。一方、正社員はそもそもフルタイム勤務が基本であり、フリーターほど自由には勤務日数や時間についての調整ができません。

デメリット2:業務の責任が重たくなる

フリーターの業務は、正社員の指示に従うのが基本です。そのため、正社員として就職した人と比べると責任が少ないほか、気持ちに余裕をもって仕事に従事できるのが魅力といえます。

デメリット3:自由なプライベート時間が減る

正社員はフルタイム勤務が原則であり、平日8時間・週40時間働くことが求められるため、フリーターに比べて自由な時間は少なくなります。

フリーターから就職するのにおすすめの職種

フリーターが正社員での就職を目指す場合には、資格や専門知識が必要とされず、未経験者でもすぐに実務ができる職業がおすすめです。人柄や熱意、社会人としてのマナーなどヒューマンスキルが重視される仕事であれば、フリーターからでも努力次第で正社員になれる可能性があります。

また、専門知識が必要な職業に就きたい人は、人手不足の業界であれば研修制度が整っている企業もあるため、未経験でも就職が可能になることもあります。

ここでは、フリーターの方が正社員就職する際におすすめの職業、仕事内容、平均年収や、どんな人に向いているか、仕事上の注意点などについて紹介します。

※平均年収については、下記のサイトを参照しました。

doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」

求人ボックス 給料ナビ

職種1:営業職

既存または新規の顧客に対して製品・サービスの提案・受注などを担当したり、定期的なフォローや問い合わせ対応、社内外との調整をしたりすることなどが、主な仕事内容です。

営業職(20代)の平均年収は、約378万円です。

営業職に向いてるのは、しっかり稼ぎたい人、臨機応変に対応できる人です。インセンティブ制度や、基本給+歩合制などの企業もあるため、自分の努力で収入をアップさせたい人におすすめです。人と接する仕事のため、相手に合わせた対応ができる人にも適性があります。

職種2:販売職

スーパーやアパレル、商業施設、飲食店などのスタッフとして、顧客に商品やサービスを提供する仕事です。

販売職(20代)の平均年収は、約300万円です。

特別な資格がいらず、未経験者でも応募できる求人が多いので、フリーターでも採用されやすいといえます。接客が好きな方であれば、誰でもチャレンジできますが、給料の面では他の業界に比べて低い傾向にあります。体力が必要となる仕事もあるので、自分に合う働き方はどんな店舗かを検討してから選ぶようにしましょう。

職種3:ITエンジニア

IT職とは、企業で使われるシステムの構築を担う仕事です。専門知識や技術も必要とされますが、独学でもキャッチアップできる部分も多く、未経験者向けに社内で手厚い研修を設けている企業も少なくありません。

IT職(システム開発・運用/20代)の平均年収は、約467万円です。

システムを導入する企業の担当者や、開発のプロジェクトメンバーと一緒に進めていく時間が長いため、コミュニケーション力がある人に向いています。

職種4:事務職

事務職の主な仕事内容は、書類作成や書類分類・データ入力・電話対応などですが、配属部署によって、営業事務・経理事務・法務事務・貿易事務など、各部門に特有の事務手続きを任せられるようになります。

事務職の平均年収は、約321万円です。

事務職で有利になる資格やスキルには、MOS(Microsoft Office Specialist)や秘書技能検定、日商簿記検定などがあります。海外企業とやり取りする会社の場合は、語学力もあると有利になります。PCスキルがある程度身に付いている人や、縁の下の力持ち的なサポートが得意なタイプに向いています。

ただ、正社員として事務職を採用する会社が少ないというのが注意点で、派遣社員から正社員登用をしてもらう流れが正社員への近道になります。

職種5:介護職

主な仕事内容は、介護サービスの利用者さんに対して身体介護や生活援助を行うことです。

身体介護は、介護サービス利用者さんの食事や入浴、排泄、移動など、身体に触れるお世話をします。寝たきりの方や一人で生活を送るのが困難な方など、比較的介護度の高い利用者さんのお世話をする際に求められる業務です。無資格の方が身体介護を行う際は、有資格者の監督が必要となります。

生活援助は、介護サービス利用者さんの生活面に関わる援助を行う仕事です。掃除や洗濯、食事の支度など、快適な生活を送るうえで欠かせない家事を行います。生活援助は利用者さんの身体に触れないお世話のことを指し、資格の有無に関わらず行える業務です。

介護職(20代)の平均年収は、約317万円です。

高齢化社会の日本では、介護職も人手不足で採用を積極的に行っています。資格が必要な業務もありますが、未経験で資格がなくてもできる仕事が基本です。また、必要な資格を取得すれば、資格手当が付いて給与額のアップも期待できます。

注意点は「仕事柄、一定の体力が必要となること」と「夜勤や土日勤務があること」です。体力面については、現場経験を積みながら介護技術を習得すれば、身体的な負担を軽減できるでしょう。また、夜間や土日の勤務がきつい場合は、日勤のみの通所型施設を選ぶという方法もあります。

職種6:保育職

保育職は乳児から小学校入学前の保育を必要とする子どもを預かり、保護者に代わり子育てを実践することが仕事の中心です。

保育職(20代)の平均年収は、約304万円です。

保育士は介護職などと同じように常に人手不足であり、求人も常に多く出されています。

資格を持っていない場合は、保育士をサポートする業務の求人に応募して、業務経験を積みながら資格取得を目指せる職場を探してみると良いでしょう。

職種7:建築業

建設業の仕事は、構造物の計画設計から工事現場の施工管理、完了後の維持管理など多岐にわたります。建築業も人手不足に悩まされており、採用を積極的に行っています。なかでも鳶職や大工のような現場作業系の仕事は、高卒の方でも就職が可能です。

建築業(建設作業員)の平均年収は、約402万円です。

技術は入ってから覚えていくので問題はありませんが、肉体労働のため、体力に自信がある方におすすめです。注意点として、建築業は高齢の方が多く上下関係が厳しい世界です。年上の方とのコミュニケーションに慣れていない方はきつい思いをすることもあるでしょう。

職種8:技術職

技術職は、あらゆるものづくりに関わる仕事です。具体的には、製造技術職、生産技術職、開発職、研究職、設備保全などに分けられます。技術職が活躍する業界は、製造、建設・建築、エネルギー(電気・ガス・水道)、農林水産・鉱業など多くあります。

技術職(生産技術)の平均年収は、約459万円です。

技術職は、理系工学系の学歴がないと厳しい職種もあるので、まずは採用条件を確認しましょう。学歴や経験に自信がなくても、技術職に関連したサポート業務に就いてスキルを高めた後に社内異動をしたり、資格を取得したりすることで、希望する職種に就くこともできます。また、教育体制がしっかりしている企業では、実務経験がない未経験の方でも技術職として受け入れ可能な場合もあります。未経験から技術職への転職を目指したい方は、「未経験OK」「未経験歓迎」などの条件で求人を検索して、出てくる求人に応募してみるのが良いでしょう。

職種9:清掃業

清掃業は、指定された場所を清掃する仕事です。職場は商業施設や病院、一般家庭など多岐に渡ります。

清掃業の平均年収は、約350万円です。

求人は学歴不問・未経験歓迎で特別なスキルは必要ないことが多く、一般的な清掃の知識があれば問題ありません。現場ではOJT研修を導入しているのが一般的。チーム体制で作業を行うため、正社員として就職しやすいでしょう。

普段からキレイ好きな方、細かいところまで気を配れる性格の方に向いているでしょう。また、重いものを動かす必要がある場所を専門で清掃する企業もありますので、体力に自信がない人は慎重に就職先を選ぶことをおすすめします。

職種10:軽作業系

軽作業とは、あまり体力を必要としない作業全般を指します。たとえば、倉庫内作業(検品、ピッキング、梱包など)や、工場での品質管理、ルート配送などが該当します。どこまでを軽作業と呼ぶかは企業によって異なるので、仕事内容をしっかり確認することが就職活動では大切になってきます。

軽作業の平均年収は、約359万円です。

軽作業の求人は学歴や経歴をあまり問わない傾向にあり、フリーターにもチャレンジしやすい職種と言えるでしょう。

ただし、アルバイトや派遣での雇用が多く、正社員採用にそれほど積極的な業界ではありません。正社員になるには、紹介予定派遣から始めるというのもひとつの手です。

フリーターから就職をするためのステップ

フリーターから正社員に就職する流れは、大きく分けて以下の5ステップになります。フリーターの就職活動は、だいたい3~6ヶ月程度かかる場合が多いようです。入社したい時期から逆算して、今何をすればいいのか考えて実行に移しましょう。

ステップ1:自己分析を行う

自己分析とは「あなた自身について、深く把握する作業」です。これまでの経験やそのとき感じたことを書き出しながら、あなたの特性や大切にしている価値観などを明確にしていきます。そこから、「自分の強み、弱みは何か」「将来の目標は何か」「どんな人生を歩んでいきたいか」など、充実したキャリアを選択する際に必要な情報を集めることが目的です。

ただ、自己分析をやったことがないと、どのように手を付けていいか戸惑いますよね?そこで、以下のような質問に対する答えをノートに書き出すことからはじめてみましょう。

  • なぜ、これまでフリーターをしてきたのか?
  • なぜ、正社員として就職しようと思ったのか?
  • 正社員として就職して、実現したいことは何か?
  • 就職先を選ぶとき重視するポイントを3つ挙げて、その理由も書いてください
  • こういう仕事は避けたいというポイントを3つ挙げて、その理由も書いてください

自己分析が不十分だったり、正社員になりたい理由が曖昧だと、「あなたの就職活動の軸」が定まらない状態です。仮に企業から内定が出ても「この会社に決めていいのかな…」「もっと良い会社があるんじゃないかな…」と優柔不断になってしまったり、入社後にミスマッチを感じてすぐに辞めることになってしまうおそれもあります。

まずは、就職活動を進める上で土台となる自己分析をしっかりと行いましょう。

ステップ2:応募書類の作成を行う

自己分析ができたら、履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成に移ります。

正社員求人への応募書類は、アルバイトと同じ内容では採用されません。また、アルバイトへの応募では必要ない職務経歴書が必要となる場合があります。それぞれの書き方を確認し、書類選考を突破できる応募書類を作成しましょう。なお、自己PRや志望動機の部分は、応募先が決まってから個別に作成するようにしましょう。

また、フリーターの人にありがちなのが、ネットなどで調べたテンプレート通りの内容を履歴書や職務経歴書に書いてしまうというケースです。企業の採用担当者は、これまで何人もの応募書類を見ていますので、テンプレートそのままの内容かどうかをすぐ見分けられてしまいます。テンプレートは参考にしながらも、ステップ1で作成した「自己分析」の内容や個人的なエピソードなども取り入れて、「あなた自身の言葉」で記入するようにしましょう。

そして、応募書類は中身だけでなく、その扱い方も評価されています。書類に汚れや折れなどがないか、誤字・脱字がないか、文字を丁寧に書いているかなどがチェックされていますので要注意です。

ステップ3:情報収集/求人探しを行う

自己分析で明らかになった就職理由や今後の目標をもとに、あなたが就職したい業界や企業の情報を集めて求人を探していきます。どんな業界で働きたいのか、どんな仕事をしたいのかを考えるために、業界や職種について調べたり情報収集を行いましょう。業界・職種の特徴や将来性、必要なスキルなどを調べて、ノートやメモにまとめると良いでしょう。

具体的な求人情報については、直接気になる企業の公式サイトをピンポイントで見たり、就職サイト(求人サイト)に掲載されている中から探してみましょう。

ステップ4:応募/面接をする

あなたの希望や適性に合う求人が見つかったら、すぐに応募してみましょう。この段階で選り好みしすぎてしまうと応募数が減って就職成功率が下がってしまうので、少しでも気になる会社があれば企業研究を行って応募してみることをおすすめします。応募先を決めたら、個々の企業向けに応募書類の自己PRや志望動機を作成しましょう。

面接に進めた場合、「なぜフリーターをしていたのか?」「なぜ正社員になりたいのか?」という質問が高い確率で尋ねられるでしょう。自己分析の内容や、こちらの記事を参考にして、回答をしっかり準備しておきましょう。

フリーターが正社員就職するときの面接の質問内容は?

面接では受け答えの内容だけでなく、身だしなみや立ち居振る舞いにも注意を払いましょう。スーツ着用を基本として、挨拶など基本的なマナーを意識しましょう。

ステップ5:内定をもらう

応募先企業から内定の通知を受けたら、承諾するか否かを検討しましょう。入社する意思が固まったら、なるべく早めに返答するようにしてください。

そして、社員となるための労働契約を結びます。労働契約書には勤務時間や給与、休日などが明記されているので、内容をよく確認してからサインをしましょう。

次に、いつから出社できるのか、具体的な日程を決めます。フリーターの場合、応募先企業から採用通知をもらった時点でまだアルバイトを辞めていない可能性もあります。引き継ぎやシフトの変更などを考慮して、アルバイト先に迷惑がかからないように配慮しましょう。もし可能であれば、就活をしていることをあらかじめアルバイト先に伝えておくと、スムーズな退職が叶うでしょう。アルバイトの退職が無事に決まれば、あとは就職先の入社日を待つのみです。スーツなどの服装や靴を揃えたり、入社後の仕事に関する勉強をしておくなど、準備を整えましょう。

フリーターが就職するためにおすすめのサービス

最後に、フリーターが就職するためにおすすめの支援サービスについて解説します。

サービス1:ハローワーク

ハローワークは、地元での就職に強く、求人数が多いのがメリットです。資格取得や職業訓練などの無料サポートもあるので、ぜひ活用しましょう。

ただ、求人企業側も無料で利用できるため、中には人材採用にお金をかけられない企業や、入社した人がすぐに辞めてしまうブラック企業がまぎれ込んでいる可能性も否定はできません。ハローワークの求人情報だけでなく、自分でも企業についてネットでの口コミなどを調べるようにしましょう。

サービス2:就職サイト

インターネットを使える環境があれば、就職サイトで自ら求人を探すことができます。就職サイトで求人を探す場合は、ターゲットをしぼることがポイントです。例えば、「未経験者歓迎」「既卒」「学歴不問」などのキーワードを使って求人を絞っていきましょう。

自分にも可能性のありそうな企業を狙うことで、成功率が上がります。しかし、転職サイトでの職探しは、基本的にひとりで行うことになります。履歴書や面接のサポートがないので、就活に自信がある人向けです。

サービス3:就職支援サービス

フリーターの就職活動の手段としてもっともおすすめなのは、就職エージェントの活用です。就活において、やらなければならないことは以下のようにたくさんあります。

  • 自己分析
  • 企業分析
  • 応募書類の作成
  • 企業とのやりとり
  • 面接対策

就職エージェントはこれらのサポートや代行をするので、「就職活動を何から始めていいか分からない」という人には特におすすめです。

私たちジェイックは、20代のフリーター・既卒者・第二新卒の就職支援を得意とする就職エージェントです。運営している「就職カレッジ®️」では、就活の基礎を学べる以下の就職講座も提供しています。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書、面接の個別対策

この講座により「就職成功率80%以上」という、高い内定率を実現しています。また、厳選した優良企業約20社と書類選考免除で面接ができる「面接会」も開催しており、最短の場合は2週間で内定を獲得する方もいます。さらに、入社後も無料相談ができるため「就職後に上手くやっていけるか心配」という人にもおすすめです。

まとめ

フリーターから正社員への就職は、一般的に難しいとされています。しかし、記事の中でもお伝えした通り、同じ仕事をするのであればフリーターよりも正社員の方が待遇が圧倒的に有利です。そして、その格差は年をとればとるほど大きく開いていきます。

就職活動に苦労するかも知れませんが、それを乗り越えるだけの価値はあります。どうか諦めずにチャレンジしてください。

「自分には無理かも知れない…」「就職活動がはじめてだから不安…」という方は、ぜひ就職エージェントなどのプロを頼ってください。就職活動の「つまづきポイント」をクリアするサポートが、無料で受けられます。私たちジェイックにも、どうぞお気軽にご相談ください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~