逆質問の例30選!面接での「質問はないです」を卒業

逆質問の例30選!面接での「質問はないです」を卒業

面接の最後によくある、「何か質問はありますか?」への返答に困ったことはありませんか?面接では、面接官が就活生・転職者に質問するのが一般的ですが、どの面接においても最後に「何か質問はありませんか?」と質問をする機会を与えられます。このときに就活生・転職者が行う質問が、逆質問と呼ばれます。

面接は、面接官の質問に対してあなたが回答するのが通常の流れ。面接される側の就活生・転職者の回答が的を射ていないと、面接官にとっては「質問をしても、想定の範囲内の回答しか返ってこない」というマンネリな時間になることも。

しかし、就活生・転職者が面接官へ質問できる「逆質問」は、自分を存分にアピールできるチャンス!「ないです。大丈夫です。」ではもったいないのです。逆質問で面接官に好印象を残すためには、どのようなことに気をつければいいのか。逆質問の具体例30選と逆質問の作り方を紹介していきます。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

面接で逆質問が求められる理由

面接で逆質問が求められる理由

面接において逆質問での受け答えは、面接結果を左右するとても大切な要素です。一次面接であろうと、役員面接であろうと、最終の社長面接であっても重要度が高い要素なのが逆質問です。「逆質問なんてないな・・・」と諦めるのではなく、充分に対策を行い面接に臨みましょう!

そのためにもまずは、面接官は逆質問の時間で一体何をチェックしているのか、そのポイントを理解しておくことが重要です。ここでは面接官が逆質問を求める理由を紹介します。

面接官との円滑なコミュニケーションが取れるか?

面接の中で、人事や役員、社長などの面接官がチェックしているのは、あなたが「初対面の他人(面接の場では面接官)と、円滑にコミュニケーションを取れる人なのか?」という点です。コミュニケーションに苦手意識を持つ人は多いですが、工夫した逆質問を準備することで「この人はちゃんとした会話が出来る人だな」と面接官に思ってもらうことも可能なのです。

ただ、お互いの距離感を測り損ねてしまうと一気に印象が悪くなるため、注意が必要です。特に役員や社長が出てくる最終面接では、あなたの印象が合否を左右するといっても過言ではありません。コミュニケーションを途切れさせる「質問はないです」は、当然厳禁なので気を付けましょう。

就職/転職後、積極性を発揮するか?

多くの面接官が若手社員を採用する時、重視するポイントは「積極性」です。多くの企業は、就活生を「ある程度、企業で育てていく存在」と認識しています。そのため、面接(特に一次面接)の段階では「積極性」「やる気」「協調性」「素直さ」などの人間性をチェックすることが多いのです。つまり、面接では「質問はないです」とは言わずに逆質問を自ら行うだけでも、「積極性」そのものはアピールできます。

転職での面接の場合には、積極性は当然のものとして、新卒の就活生と比べてもう一歩踏み込んだ質問を期待されている事が多いです。このような積極性は、特に一次面接にて人事がチェックすることが多いです。一次面接の時点で、若手社員の基本である積極性をチェックしておかないと、その後の面接を行う役員や社長の時間を無駄にする可能性があるからです。就職/転職後に積極性を発揮しそうと思われなかったり、面接の時点で積極性が見受けられなければ、一次面接で落ちてしまうこともあり得るのです。

自社との相性は合っているのか?

逆質問の内容は、面接官にとって就活生や転職者が重視するポイントやその人の気質を探る手がかりになります。例えば、自主的な成長を重んじる社風の企業で、教育制度の充実具合を質問すると、社風に合っていないとみなされる可能性があります。面接を受ける企業の社風をしっかりと理解した上で、逆質問を用意しましょう。

この企業で働く意欲はあるのか?

就職活動中は、いくつもの会社を同時に受ける人が大半です。多くの企業を受けている中でも、ホームページなどをしっかり確認した上で、的を射た質問をすると熱意が伝わります。逆に質問がないということは、「自社にあまり興味がない=志望度が低い」という印象を持たれてしまうかもしれません。面接官は逆質問で、就活生や転職者の志望度や意欲もみているのです。

逆質問 今すぐ使える30選

逆質問が重要ということはわかったけど、なかなか良い逆質問が浮かばないという人も多いと思います。ここではより具体的に、面接で今すぐ使える逆質問をシチュエーション別に30紹介します。また、逆質問は単に印象を良くしたり、自己PRをするためだけのものではありません。ホームページや説明会からは推し量れない企業のリアルを知るチャンスでもあります。ここで紹介する逆質問例を効果的に使って、印象UPと同時に企業との相性もチェックできるとよいですね。

【一次面接の人事にウケる】効果的な逆質問の例質問例4選

  • 「社風は〇〇と伺っておりますが、具体的なエピソードを教えていただけますか」
  • 「御社の〇〇に強い興味があるのですが、どのような経緯で開発されたのでしょうか」
  • 「〇〇様が新入社員と一緒に仕事をする上で大変だった経験などはございますでしょうか」
  • 「〇〇様は御社ではどんな人がのびると感じますか」

一次面接での逆質問は、会社の社風や入社後の具体的な仕事内容について、リアルな話をきくとよいでしょう。また、面接官や人事の人の個人的な意見や経験を問う逆質問も効果的です。上記を参考にいくつか準備しておきましょう。

【志望度や熱意をアピール】効果的な逆質問6選

  • 「入社までに〇〇を勉強しておこうと思っていますが、他に勉強しておくべきことはありますか」
  • 「社員教育に力を入れているとホームページにて拝見いたしました。独自の研修などがありましたら、教えていただけますか?」
  • 「御社で若手社員の方が、最初につまずくのはどんな場面が多いですか」
  • 「御社で成果を出している人の共通点は何かありますか」
  • 「女性の雇用促進にも力を入れていらっしゃいますが、女性はどのような部署でどんな活躍をされているのでしょうか」
  • 「入社後は責任あるポジションを目指したいと考えていますが、御社の評価制度・昇進制度はどのような基準になっていますか」

入社した後のキャリアやより具体的な仕事についての逆質問は、あなたの本気度を伝え、志望度や熱意をアピールするのに効果的です。また、自分の望むキャリアが実現できそうかどうかをこのような逆質問で確認することも出来ます。

【自己PRしたいとき】効果的な逆質問6選

  • 「大学時代は100人以上のメンバーがいるサークルでリーダーとして全体を統括していました。御社では若手でもこうした経験がいかせるチャンスがありますか」
  • 「私はチームメンバーをサポートすることに喜びを感じる性格です。配属先で求められる役割はどのようなものでしょうか」
  • 「学生時代の留学経験や、語学の勉強の成果を御社でいかしたいと考えていますが、若手のうちから語学をいかす機会がありますか」
  • 「〇〇の資格を取得して前職では実務経験もありますが、御社でも〇〇の資格を生かせる業務はありますか」
  • 「私は前職で顧客の新規開拓を得意としていましたが、御社では営業にどんな役割を重視していますか」
  • 「前職では多部門で情報を共有し製品を開発する機会が多く、私は部門間の調整を得意としていますが、御社ではそのような機会はありますか」

面接で自己PRが不十分だったと感じた時は、上記のように最後に逆質問でPRを補強するのも一つの手です。自分の長所やスキル経験を前置きとして、それを生かす場があるのか、どのように生かせるか質問する方法です。ただし会社の社風や方針に合わない長所やスキルをアピールしても逆効果になってしまいます。会社のニーズに沿ったアピールポイントで逆質問を作りましょう。

【役員面接や最終面接でウケる】効果的な逆質問6選

  • 「〇〇社長が若手の時にぶつかった壁は何でしたか」
  • 「先ほど〇〇事業の海外展開についてお話されていましたが、特に営業戦略について詳しく説明いただけますでしょうか」
  • 「〇〇という営業戦略ですと、最終的には□□事業も海外展開を行う予定なのでしょうか」
  • 「〇〇社長が新入社員に求める知識は何でしょうか。入社までに勉強したいと考えております」
  • 「若手社員に求めることや、今後こうなってほしいというイメージがあれば、教えていただけますか」
  • 「御社の魅力について、以前の役員面接で△△さまがこうおっしゃっていたのですが、〇〇社長はどう思われますか?」

役員面接や社長面接では、5年後10年後も視野にいれた経営戦略など、会社の長期的な展望について具体的に問う逆質問が効果的です。役員、社長など役職が高くなるほど話し好きな人が増える傾向が多いと言われていますので、面接が盛り上がる可能性が高いです。また社長や役員の個人的な経験や意見、具体的なエピソードを深ぼりする逆質問もオススメです。上記の逆質問を参考に、役員面接や最終の社長面接を盛り上げて好印象を残しましょう。

【社長から見た会社の魅力や強みを知りたいとき】効果的な逆質問4選

  • 「競合他社の中でも、御社は〇〇業界への営業力に強みがあるという印象を受けたのですが、実際に働いている方たちは自社の強みはどこにあると考えていらっしゃいますか」
  • 「〇〇様は御社のどんな点に最も魅力を感じていらっしゃいますか」
  • 「〇〇様がもっともやりがいを感じた仕事でのエピソードを教えていただけますか」
  • 「御社の〇〇という理念に大変共感しているのですが、仕事でこの理念を実践するために取り組んでいることを教えてていただけますか」

ホームページなどで掲げている理念や、強み、魅力を実際に働いている人が実感しているかどうかを問う逆質問です。面接は企業があなたを採用するかどうか判断するのと同時に、あなたが、この企業に入社したいかどうかを判断する場です。上記のような逆質問で、「入社する価値のある会社」かどうかを投げかけてみましょう。

【社風や部署の雰囲気を知りたいとき】効果的な逆質問4選

  • 「社員同士が自発的に教え合うような風土はありますか」
  • 「休日やプライベートで仕事仲間で集まることはありますか」
  • 「社員同士の飲み会や社内のイベントはありますか」
  • 「社内では上司をどのように呼びますか」

社風について知りたい時は、単に「風通しのよい社風ですか」と逆質問しても漠然としてしまいます。これでは答える方も答えにくく、話も広がりません。上記のように具体的な逆質問で社内の雰囲気を聞き出しましょう。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

逆質問 NGな質問5選

逆質問は効果的に使えば印象UPのチャンスになりますが、使い方を間違えると、逆効果になってしまうこともあります。ここではNGな逆質問例を5つ紹介します。

 

NGな逆質問例5選
  1. 「ないです、特にありません。」
  2. 「企業理念を教えてください。」
  3. 「社風はどのようなものでしょうか」
  4. 「福利厚生について教えてください」
  5. 「休みの日は何をされていますか」

それぞれ何がいけないのか、パターン別に理由を見ていきましょう。

逆質問がない

「ないです、特にありません。」

逆質問がうまく浮かばず、とっさにこう答えてしまった経験がある人も多いと思います。ですがやはり、逆質問をしないと会社に興味がない、志望度が低い、といった印象を与える可能性があります。「逆質問できることがない」とならない様にこの記事を参考にしっかり準備をしておきましょう。

準備不足と思われる逆質問

「企業理念を教えてください。」

「社風はどのようなものでしょうか」

上記のような逆質問は、準備不足という印象を与えます。企業理念は大抵の場合、ホームページに掲載されています。面接では、会社のホームページを見ればすぐにわかるような逆質問はしないようにしましょう。また、社風について逆質問がしたい場合は、ただ漠然と「社風はどのようなものでしょうか」と聞くのではなく、「御社の社風は〇〇とHPで拝見しましたが、何か具体的なエピソードがあれば教えていただけますか」というように、一歩踏み込んだ逆質問にしましょう。

仕事への熱意を疑われる逆質問

「福利厚生について教えてください」

福利厚生や収入、残業や休日については、働くにあたって大変重要なポイントです。ただし、面接中の逆質問で「残業はありますか」「年間休日は何日ですか」というようなことばかり聞いていると、仕事に対する熱意があまりないという印象を与えます。また給与や福利厚生、休日などは採用ページにもきちんと記載されていることがほとんどです。どうしても確認したい場合は、求人情報から読み取れないことにしぼって聞くようにしましょう。

プライベートについての逆質問

「休みの日は何をされていますか」

「趣味はなんですか」

逆質問が浮かばないからと言って、面接時にこのような面接官のプライベートに関する逆質問をするのはNGです。仕事に関係もなく、失礼にあたる可能性もあります。面接官について逆質問したい時は新人の時のエピソードや、仕事に関する考え方など、仕事に絡めた逆質問をしましょう。

逆質問はいくつ用意すべき?

面接での印象UPや、企業をよりよく知るために、逆質問が重要だということは、ここまででおわかりいただけたと思います。それでは逆質問はいくつ用意すべきでしょうか。多ければ多いほどいいというわけではありません。ここでは逆質問をいくつ用意すべきかについて考えていきます。

逆質問は多すぎるとよくない?

逆質問をすればするほど「やる気がある」様に見えて好印象、というわけではありません。たくさん逆質問をすればいいと思って、浅い逆質問を繰り返すと、準備不足と思われてしまいます。また逆質問をしすぎて、面接時間を超過してしまうと、全体のスケジュールに影響してしまいます。「空気が読めない」という印象を与える可能性もありますので、矢継ぎ早に逆質問を繰り返すのはやめましょう。

理想の逆質問の数はいくつ?

それでは理想の逆質問の数はどれくらいでしょうか。もちろん逆質問の数に正解はありません。ですが、その時のシチュエーションによって、これくらい用意しておけば安心というだいたいの数をご紹介します。

個人面接であれば、2つくらい逆質問ができるとちょうどいいでしょう。なぜなら、1つの逆質問が終わった後、面接官はだいたい「他に質問はありませんか」ということが多いからです。ですので、2つくらい逆質問を用意しておくと、熱意をアピールするのにも充分です。逆に3つ以上になると少し多すぎる印象を与えてしまいます。

集団面接であれば、全体のスケジュールや他の人のことも考えて1つでも充分です。

逆に最終面接では悔いのないよう、また入社意欲をアピールするためにも、状況を見ながら3-5くらい逆質問を用意しても良いでしょう。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

逆質問をしないと落ちるってホント?

「何か質問はありますか?」と言われて「特にありません」と、逆質問をしなかったからという理由だけで面接に落ちるということはありません。

ですが、何度も言っているように、逆質問は自分の良さや熱意をアピールする絶好のチャンスです。

しっかりと準備して、好印象を与える逆質問ができるようにしましょう。

逆質問を考える際のポイント

それでは実際に逆質問を考える際のポイントを3つお伝えします。ここまででご紹介した逆質問の例と合わせて、参考にしてみてください。

Yes,Noでは答えられない逆質問をする

Yes,Noでは答えられない逆質問をすることで、逆質問中のやりとりが続きやすくなります。あなたの逆質問について、面接官が「はい、そうですよ。」とだけ答えて会話が終わってしまうと、円滑なコミュニケーションを取っているとは言えないでしょう。

Yes,Noでは答えられない逆質問をすることで、ある程度面接官に話してもらえるため、次のステップ「逆質問で返ってきた答えについて深掘りする」にも繋げやすくなります。

面接で話した内容を深堀りする

「逆質問で返ってきた答えについて深堀りする」ことで、円滑にコミュニケーションが取れる事や、この企業で働く意欲をアピールすることもできます。「深掘りする逆質問なんて、ない・・・」と思うかもしれませんが、難しく考えなくても大丈夫です。逆質問の答えに対して「それはなぜなのですか?」と理由を聴いたり、「具体的なエピソードを教えていただけますか?」と具体的な話を求めるだけでも、話を深掘りすることが出来ます。

また、「最初に聞く逆質問すらない、どんなに考えてもない」と思った時は、他の就活生がした逆質問について質問してみるのも手です。「印象に残った逆質問はありますか?」「それはなぜですか?」と深掘りを行うこともできるので、逆質問がない状態は回避できます。

ただし、あなた自身が気になったことを聞きたい面接官にとっては、逆効果になることには注意しましょう。

「質問の意図を伝える」

3つ目の工夫である「質問の意図を伝える」ですが、これも企業で働く意欲や積極性をよりアピールするための工夫です。逆質問した後に、なぜその質問をしたのかという意図を一言添えるだけで、求められたから逆質問をしたのではなく、純粋に企業に興味を持っていたり、働く意欲があるから逆質問しているというあなたの姿勢をアピールすることが出来ます。

ただし、端的な話を好む人事や社長を相手にする場合は注意しましょう。「なぜこんな質問をしたかというと・・・」と説明をした場合、話が長い人だという悪印象を持たれる場合があります。

「自分にしかできない逆質問」を作る

ここまでで紹介した逆質問例は、誰でもそのまま面接で使えることが長所ですが、その一方、誰にでもできる逆質問になっていることが短所です。たくさんの就活生や転職者と面接をする面接官は同じような逆質問をたくさん受けています。面接官によっては、「誰にでも出来る質問しかしてこなくて、思考が浅いのかな?」と思ってしまう場合もあります。そのような事態にならないように、「自分にしかできない逆質問」の考え方を解説します。

自己分析の結果を元にする

逆質問に個性を出すために、自己分析を行ってあなたの個性を再確認しましょう。おすすめの自己分析方法は、自分のエピソードを「なぜ?」で深掘りする方法です。

頑張ったエピソード、達成感を感じたエピソード、挫折したエピソードなど何でも良いので、そのエピソードについて「なぜそう思ったのか?」と自問自答してみましょう。5回ほど「なぜそう思ったのか?」を繰り返せば、あなたの大事な価値観が見えてくるでしょう。

そこまで分かれば、「私は○○という想いが強いタイプなのですが、そのようなタイプの方は御社にいらっしゃいますか?」と逆質問に落とし込むことが出来ます。

適職診断の結果を元にする

自分だけで自己分析をすると、結果はどうしても主観的なものになってしまいます。客観的な自己分析が苦手だと自覚している方は、適職診断や性格診断の結果を元に自己分析や、逆質問を考えてみましょう。

 

上記のオススメ記事にも書いてありますが、適職診断や就職カウンセリングを用いることで、自分に向いてる仕事は何なのか等の自己分析にも使えます。参考にしてみてください。

逆質問を効果的に使って面接を有利に進めましょう

逆質問は面接の結果を左右する大切な質問です。また、逆質問は社内で働く人のリアルな声を聞き、企業についてより具体的に知る貴重なチャンスでもあります。面接中に疑問が出るとは限らないため、面接前にどんな逆質問をしようかパターンを何通りか練っておくのがおすすめです。

「一次面接は人事の人だから新入社員のころのエピソードを聞いて、二次面接は役員面接だからこれからの事業展開を聞いて、最終面接は社長だから今までの面接で疑問に思ったことを聞いてみよう」など、事前に計画を組んでおくと、効果的な逆質問を行い、面接を有利に進めることができます。

ただ、どんな逆質問をしたら良いかが分かっても、実際に面接の場でスムーズに逆質問が行えるとは限りません。逆質問の受け答えを一人で練習することは難しいので、友人と練習したり、就職支援会社でサポートを受けたりすることをお勧めします。

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC