オンライン面談実施中!

【30代フリーターの就職術】初めての正社員でも不安を解決!

30代フリーターの就職術を伝授します!コツを押さえて就活を成功させよう!

「30代フリーターで正社員経験もなしとなると、もう正社員として就職するのは無理なのでは」と考えていませんか?確かに、30代になるとフリーターの就職が難しくなるのは事実です。しかし、30代が使える就職支援サービスを活用し、仕事を選べば正社員就職は可能です。この記事では、30代の正社員経験がない方向けに、就職方法や目指した方がよい仕事について解説します。

ちなみに、私たちジェイックでは30代の就職経験がない人や経験が浅い人向けに「30代カレッジ」というサービスを行っています。面接・履歴書対策や社会人になる上で必要なマナーなどの研修を、すべて無料で受けることができます。一人で就職活動することが不安な30代フリーターの方はぜひ一度、就職相談をご予約ください。

フリーターの定義

フリーターの定義

いま30代でフリーターをしている方は、まずはフリーターの定義や30代のフリーターはどれくらいいるのか、30代フリーターから正社員への就職成功率はどの程度なのかについて、まずは理解を深めましょう。

フリーターの定義

総務省統計局「フリーターの人数」によると、フリーターの定義は「年齢が15~34歳の男女(女性は未婚)で、アルバイト・パートとして働いている人。または失業者や現在仕事をしていない人のうち、アルバイト・パートの仕事を探している、希望している人」です。

つまり、アルバイトをしながら学校に通う学生や、アルバイトやパートをしている主婦はフリーターとは呼ばれません。あくまで、アルバイト・パートの仕事のみで生計を立てている一定の年齢層の人が「フリーター」だと定義されています。

ここで注目すべきなのが、年齢です。定義上は、フリーターは34歳までとなっています。もちろん、30代後半でアルバイト・パートをしている人もいるかもしれませんが、基本的にはフリーターというのは、若年層と見なされる30代前半までというのが、一般的な認識です。

理由として、30代後半ともなると多くの人はすでに仕事でキャリアを積んで活躍していたり、結婚しや子育てをしていたりしているため、フリーターの収入のみで生活できている人、今後もフリーターをやっていきたい人自体がかなり限定されていることが想定されます。そもそも、30代後半からはフリーター向けの求人自体が限られがちということもあるでしょう。

30代フリーターの割合とは

厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、15歳以上の正規・非正規労働者のうち、非正規として働く30代男女の割合は、以下となっています。

  • 30‐34歳(男性):11.8%
  • 35‐39歳(男性):9.1%
  • 30‐34歳(女性):40.5%
  • 35‐39歳(女性):48.9%

男性は約1割、女性は約4割が、30代で非正規として働いていることがわかります。ただし女性の場合、30代は子育て中の人が多い年齢層のため、正社員以外の働き方をしている人の割合が高くなっていることが想定されます。

一方で男性の場合、30代の非正規は少数派です。結婚をするとなればフリーターの収入では厳しくなりますし、独身であっても収入に上限があるため生活が大変になりがちという側面があります。その結果、雇用されて働く大半の30代男性の大半は、正社員を選んでいることがわかります。

30代フリーターの就職率

独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」によると、フリーターから正社員に就職した人の割合は、以下となっています。一般的なフリーターの定義である、15~34歳までの男女が対象となっています。

  • 15~19歳……29.9%
  • 20~24歳……32.7%
  • 25~29歳……25.5%
  • 30~34歳……18.1%

いかがでしょうか。30代前半の時点で、フリーターから正社員就職に成功している人の割合は、約5人に1人以下です。30代後半になると、さらに厳しくなることは予想されます。

30代フリーターの就職活動はどうする?-就職するための方法を解説-

30代フリーターから就職するには

30代フリーターの割合や正社員就職の成功率などを把握したら、30代フリーターが正社員就職するための方法を知りましょう。今回は、代表的な5つの方法をご紹介します。

方法1.正社員登用制度

やりたい仕事や、入りたい会社が明確にあるのであれば、正社員登用制度があることを確認したうええで、アルバイトや契約社員などとして入社し、正社員を目指すのは現実的な方法のひとつです。業種や職種にもよりますが、30代であっても一定の水準を満たしたアルバイトなどを正社員登用する会社は、一定数あります。

もちろん、制度はあるけれど試験の難易度が高いなど、実際にはなかなか正社員登用されるのが難しいケースもあります。ケースバイケースですが、時間をかけて正社員登用制度で正社員になるよりも、最初から正社員として就職することを目指すほうが近道という場合もあるかもしれません。

方法2.紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣社員として一定期間働き、契約期間終了後に面接などを行い、本人と派遣先に合意があれば正社員になれる制度です。正社員になるまでには半年など一定の時間があるため、その間に、そこで正社員としてやっていけそうか、お互いに判断することが可能です。

紹介予定派遣は正社員化を前提としているため、大きな問題がなければ正社員になれる可能性は高いでしょう。ただし、一定のスキルや実務経験を持っている人を募集することが多いため、30代フリーターの場合、そもそも求人数自体が少ないことはあり得ます。

方法3.ハローワーク(職業訓練)

30代フリーターがハローワークを通じて仕事探しをするのには、具体的に以下の方法があります。

  • わかものハローワーク(34歳以下)
  • 通常のハローワーク(年齢制限なし)
  • 職業訓練(年齢制限なし)

34歳以下であれば、若年層の就職に特化したサービスなどを受けられるわかものハローワークの利用も可能です。35歳以上でも、通常のハローワークは利用条件がないため問題なく利用できますハローワークは求人の検索や職業相談、セミナーや説明会への参加など、仕事探し以外にも活用できます。

求職者向けの職業訓練に参加して、就職に役立つスキルや知識を身につけることも可能です。雇用保険の受給対象者、受給対象者ではないケースで、それぞれ受けられる訓練の内容が異なります。

注意点としては、あくまで国が運営しているため、きめ細やかな支援やアドバイスをもらえるとは限らない点です。はじめて就職を目指す30代にとっては、合わないと感じる人もいるかもしれません。

方法4.就職サイト

就職サイトで未経験者歓迎の求人に応募することもできます。複数のサイトを併用することもできるほか、未経験者歓迎の求人であれば、30代フリーターにもチャンスはあるといえます。

自力で仕事探し~書類・面接準備などをする必要はあるものの、自分のペースでWebサイトを使って就職活動をしたい人や、ある程度就きたい職業や業界が定まっている人には便利です。都合のいいタイミングで求人情報を探したり、気になる企業が見つかったらエントリーしたりできるためです。

注意点としては、就職サイトに掲載されている未経験歓迎の正社員求人には「35歳まで(若年層のキャリア形成のため)」などと記載されているケースがあることです。30代後半のフリーターの場合、そもそも応募できない求人もあることが想定されます。

方法5.就職/転職エージェント

民間の就職/転職エージェントを利用して仕事探しの相談をしたり、就職講座や書類・面接対策を受けたり、実際の求人の紹介や入社後のサポートなどをしてもらうことが可能です。

エージェントには国家資格であるキャリアコンサルタントの資格を持つスタッフも多く、プロの知識やノウハウを活かした具体的なアドバイスをもらうことが可能です。求人を紹介するだけでなく、長期的な活躍を見据えて、自分に合った適性のある仕事を一緒に見つけていくこともできます。

注意点としては、20代フリーターに向けた就職支援サービスは比較的多い一方で、30代フリーターの場合、エージェント選びの選択肢自体が限られてしまうことがあります。そもそも、30代フリーター向けの求人自体が少ないという面もあります。

30代専門の就職支援サービスを紹介-30代カレッジ-

30代フリーターの就職におすすめの就活法~ジェイックでは30代専門の就職支援を開始~

30代フリーターが正社員就職するための方法について知れたでしょうか。私たちジェイックは、30代フリーターなど社会人経験が少ない・ない方に特化した就職支援サービスを「30代カレッジ」を実施しています。ここでは30代カレッジの内容と特徴、利用者の声をご紹介します。

30代カレッジとは

私たちジェイックは、フリーターの就職に強い就職支援サービスです。ジェイックではフリーターの就職支援を10年以上続けていますが、2019年7月22日から30代向けの就職支援「30代カレッジ」を開始しました。就職カレッジ30代コースとは、30代の社会人未経験・または経験が浅い方を対象とした就職支援サービスです。

30代カレッジでは30代向けの就職支援講座として、以下の内容などを受講できます。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 自己分析/キャリアビジョンについて
  • 30代が就職活動で意識すべきこと
  • 履歴書、面接の個別対策

また、書類選考なしで、30代を積極採用している約20社の集団面接会への参加も可能です。

30代カレッジの特徴

30代カレッジは、就職支援サービスのなかでもめずらしい「30代フリーター」を対象としています。30代は基本的に即戦力扱いとなるため、社会人経験がない人やスキル・知識がない人の場合は求人を紹介してもらえなかったり、対応してもらえなかったりすることがあります。

ジェイックの30代カレッジでは30代の採用意欲が高い企業を取り扱っているため、30代フリーターの方も就職のチャンスがあるのです。

また、すべてのサービスを無料で受けられることも特徴です。30代フリーターで職歴がなくても、月額を支払って有料のセミナーなどを受講し、スキルを身につけられるサービスはあります。ですが、無料で充実した講座やサポートが可能なエージェントは、30代フリーター向けのものはほとんどありません。30代でフリーターを卒業して就職したい方は、積極的にご参加ください。

30代カレッジを利用した人の声

実際に30代カレッジを受講して就職が決まった、元30代フリーターの方々の声をご紹介します。

34歳 女性 メーカーに就職

就職の方向性が決まらず悩んでいたので、自己理解を深めたいと思い参加を決めました。講座では、できることを毎日継続したことが自信につながったと感じます。いまの会社に就職を決めたのは、社長との人柄が合うと感じたこと、私にどんな仕事が合うか真剣に考えてくれたことが理由です。

34 歳 男性 商社に就職

31 歳まで、俳優を目指して稽古とアルバイトを続けてきました。30代カレッジで1番魅力的だったのは、集団面接会でした。正社員経験がなかったため、複数の企業と一気に会える機会があったのは嬉しかったです。講座では、ビジネスマナーや面接について実践しながら学べたので、自信を持って面接に臨むことができました。

「正社員として仕事がしたい」「まずは相談したい」という30代フリーターの方は、ぜひ一度ご連絡ください。

30代フリーターが目指せる職業

30代フリーターから就職するのにオススメな仕事

30代フリーターの方も対象としたジェイックの就職支援サービス「30代カレッジ」についてご紹介しました。本格的に就職を考えている方向けに、30代フリーターがこれから正社員就職を目指しやすいオススメの仕事をご紹介します。

営業

営業職はあらゆる会社にあるため求人数が多く、未経験者歓迎も少なくありません。向き不向きが大きい仕事になるため、職歴や学歴があまり重視されない傾向にあるのもポイントです。

具体的には個人向け営業と法人向け営業に分けられ、新規開拓ルートセールスがあります。個人の適性によって、同じ営業でも選ぶべき種類が変わってきます。

必要な能力としては、以下の5つなどが挙げられます。

  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力(人前で説明する力)
  • 礼儀正しさ
  • リサーチ力
  • 人懐っこさ

一見難しそうに見えますが、コミュニケーション力などは、フリーター経験で身につけている場合も多くあるでしょう。長らく接客業をやっていた人や人が好きで社交性があるという人は、チャレンジして損はありません。会社によっては成果に応じたインセンティブ制度を設けているところもあるため、実力次第で収入が増えることをやりがいに感じる人もいるでしょう。

IT系エンジニア

IT系エンジニアは人手不足が深刻な業界で、未経験者でも採用してもらることがあります。具体的には、ソフトウエアやシステムの開発をチームで行う業務が多くなるでしょう。

必要なスキルとしては、以下の3つが挙げられます。

  • プログラミング能力(プログラミング言語を使えるスキル)
  • HTMLコーディング力
  • コミュニケーション力

基本的に資格は必要なく学歴も重視されないため、スキルに自信がある人は、チャレンジしてみましょう。IT関連の仕事に興味があるけどスキルに自信がない場合は独学で学ぶか、スクールや講座などに参加してスキルをつけてから入社するのが望ましいです。

製造業

製造業での正社員採用も、比較的多くあります。また、期間工(期間限定の工場従業員)として入社し、半年や1年後に正社員登用されるパターンも存在しています。

必要なスキルとしては、以下の2つが挙げられるでしょう。

  • 几帳面さ
  • 体力

自動車系のメーカーなどは給料が高めに設定されていることも多く、寮完備または住宅手当の支給があるなど、福利厚生が充実している場合もあります。細かい作業が苦にならず、立ち仕事でも大丈夫な体力がある人は、チャレンジしてみてもよいでしょう。

サービス業(飲食)

飲食などのサービス業は、正社員就職が比較的しやすい業界・職種といえます。幹部候補生として正社員として数年店舗で働き、将来的には店長やエリアマネージャーなどになることも可能です。

必要なスキルとしては、以下の2つです。

  • コミュニケーション力
  • 礼儀正しさ

たとえば、いまのアルバイト先で正社員登用を目指すこともできるかもしれません。また、全国に出店していて業績がよい飲食業の企業は、未経験者歓迎の正社員募集を行っていることも多いため、確認してみましょう。

コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフはその名の通り、カスタマーサポートなどの内容で、電話を通じて顧客対応を行うスタッフのことを言います。いきなり正社員募集をしていることはほとんどありませんが、アルバイトからの正社員登用もある職種です。

コールセンタースタッフに必要なスキルは、以下の2つです。

  • 礼儀正しさ
  • コミュニケーション力

将来的には、スーパーバイザーなどにキャリアアップしていくことも可能です。基本的にマニュアルなどが完備されているため、未経験でも取り組みやすい仕事のひとつです。

介護職

介護職は常に人手不足の業界ですから、フリーターからの正社員就職はかなりしやすい職種のひとつといえるでしょう。資格がなくても働くことができ、30代でもまだまだ若いと見なされるため、就職のハードルはそこまで高くないといえます。

必要なスキルとしては、以下の3つです。

  • コミュニケーション力
  • 体力
  • ストレス耐性

介護の世界はハードな職場と言われますが、人の役に立っている満足感や強いやりがいなど、適性のある人には天職にもなり得ます。需要がなくなることもないため、転職などもしやすくなります。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、建築や土木の現場での管理を行う仕事です。これまではオリンピック需要などで人手不足が続いており、現場監督の不足はニュースになったりもしていました。

建築施工管理技士の国家資格は、1級と2級がありますが、2級の第一次検定は、17歳以上であれば誰でもうけられます。その後、実務経験などに応じて受験資格を得ることができます。需要の高い仕事のひとつで、職場によっては資格手当などももらえる企業もあるため、建築や土木に興味がある人にはおすすめです。

電気工事士

電気工事士は、会社や家などの電気工事や点検などを行うのが仕事です。第二種電気工事士の資格の受験・取得に条件はないため、誰でもチャレンジできます。また、ハローワークの職業訓練などで必要な技能を教えてもらうことも可能です。

入社の時点で資格がなければいけない企業ばかりではなく、未経験歓迎の企業もあります。そのような企業の場合、入社後に資格を取得することも可能です。企業によっては、福利厚生として資格取得支援をしているケースもあります。

30代フリーターが初めての正社員を目指すコツ

30代フリーターが初めての正社員を目指すコツ

30代フリーターが就職するうえで目指しやすい仕事をご紹介しました。次に、30代フリーターの方が正社員になるために就職活動をするうえで、やっておきたい3つのコツをご紹介します。

まずは行動する

これまで正社員になったことがない30代フリーターの方は、とにかくどんどん行動していくしかありません。職歴や社会人経験に乏しいという点や、30代はポテンシャル採用が少なく、スキル・知識を重視される年代であることから、待っていても企業から声がかかるわけではありません。

極端な話をすると、たとえば未経験歓迎・年齢不問の求人100社に応募すれば、内定をもらえる企業はおそらくゼロではないでしょう。人手不足や若者が少ない企業ならば、30代フリーターという経歴であっても若手とみなされ、採用したい企業はあるはずです。

とはいえ手当たり次第求人に応募するのは疲れますし、そもそもミスマッチになるリスクがあります。就職サイトやエージェントに登録する、ハローワークへ行く、とりあえず1社応募してみるなど、何かしら動くことから始めましょう。

フリーター期間の振り返りを行う

これまでフリーターとして働いてきたことについて、具体的に振り返ってみましょう。たとえば、働いた企業や店舗名、そこでの仕事内容などを書き出していきます。複数の場所でアルバイトをしていた人は、すべて洗い出してみます。

また、アルバイトのなかで印象に残ったエピソードについても、思いつくままに書いてみましょう。たとえば職場の人やお客さんから褒められたこと、売上アップなどの成果が出たこと、トラブルにどう対処したか、などです。働くうえで大切にしていた価値観なども書いてみましょう。

誰かに見せるものではないため、書き方は自由です。ある程度時間をかけて振り返ることで、得意なことや苦手なこと、自分の強みや適性などが少しずつ見えてきます。

将来のキャリアについて改めて考える

フリーター期間の振り返りができたら、今後のキャリアについて考えてみましょう。

もちろん、職歴がないことや年齢などにより、就職先や就ける仕事がある程度限定されることはあるでしょう。しかし、30代までフリーターだったからといって、将来をあきらめる必要はありません。60代まで仕事をすると考えれば、あと約30年程度もあります。それに、一般的には30代はまだまだ若いほうであり、社会人としても働き盛りの年代です。

いきなり先のことを考えるのが難しい場合は、たとえば1年後、3年後、5年後というように、比較的近い未来のことを考えてみましょう。どんなスキルを身につけていたいのか、結婚はしていたいのか、どういう働き方をしたいのかなど自分の希望を書き出し、それを実現させるためにはどうすればよいのか、考えてみましょう。わからない場合、第三者からアドバイスをもらうのもおすすめです。

30代フリーターが就職しなかった場合の末路

30代フリーターが就職しなかった場合の末路

最後に、30代フリーターのまま就職しないでいると、正社員とどのような差がつくのか、30代フリーターにはどのような末路が待っているのかについてご紹介します。

フリーターと正社員の差が広がっていく

フリーターと正社員の差は、さまざまな側面で見られます。具体的にどのような差があるのかについて、それぞれご紹介します。

年収の差

リクルートワークス研究所「非正規雇用者の賃金(2020年5月版)」と、doda「平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】」を参考に比較したフリーターと正社員の平均年収の違いは、以下です。

  • フリーター:155万円
  • 正社員:409万円

もちろん企業や職業、勤続年数や役職などによって差は出るでしょう。ですが、フリーターと正社員の年収差は約2倍以上です。

入社すぐや20代のころは、あまり収入の差を感じないこともあるかもしれません。しかしフリーターよりも正社員のほうが、やはり給与水準が高くなっているのが一般的です。年齢を重ねるごとに、さらに差が開いていくことが予想されます。

昇給/ボーナスの差

多くの企業で、正社員には毎年昇給があります。企業によって昇給率はさまざまですが、数千円程度昇給すれば、年間で数万円以上収入が増えることになります。たとえば6000円昇給したと仮定すると、前職で時給1200円の居酒屋でアルバイトをしていた場合、そこで5時間働くのと同じ金額が毎月上乗せされていくのです。

さらに正社員は、月給に応じて増えるボーナスを年2回(企業によって回数は異なる)もらうこともできます。ボーナスの額は少なくとも基本給の1か月分以上にはなるため、月給が30万円だとすると、1年間で30万×2=60万円がボーナスとしてもらえます。

フリーターはボーナスがないほか、毎年コンスタントに時給をアップさせることは難しく、昇給幅も小さくなりがちです。アルバイトで昇給を目指すよりも正社員として働いたほうが、いまよりも金銭的に豊かになるのは間違いないでしょう。

社会保険の差

正社員で働いていれば、ほぼ必ず会社の加入する健康保険と雇用保険、厚生年金に加入することになります。会社が費用の一部を負担してくれるため、毎月数万円程度は収入から引かれるものの、将来の年金や働けなくなったときの手当などを受けられるため、いざというときに安心です。

フリーターも、社会保険に加入することはできます。ただし全員対象になるわけではなく、社会保険の加入条件を満たしていない場合には、国民健康保険と国民年金に加入することになります。国民健康保険と国民年金の場合は全額自己負担のため、支出が高くなりがちです。ただでさえ少ない年収から、上記の保険料を引かれることになります。

フリーターも社会保険への加入はできますが、働く企業や自分の働き方によっては加入条件に該当しないケースもあるのです。

社会的信用の差

30代になると、正社員の友人たちは、家や車を購入することもあるでしょう。毎月の給料が保障されている正社員は多くの場合、金融機関から信用を得てローンを組むことができます。

フリーターは、30代だとしても安定収入がないとみなされるため、ローン審査に通らないことが多くなります。家を借りられない、クレジットカードが作れないというケースもあるかもしれません。

フリーターも30代になると、一気に世間の目が厳しくなってきます。何となく続けるには、非常に肩身が狭くなってきます。企業側からしても、特別な理由のないフリーター歴が長い応募者は、正社員で働いていけるのか疑問に思われてしまうこともあるでしょう。

結婚の差

30代になると、結婚して子供が生まれる友人も増えてきます。正社員であれば、結婚する際も相手の親から反対されることは少ないでしょう。正社員であれば、少なくとも毎月安定した収入があると見なされるからです。

しかしフリーターという立場で、交際相手の親からのOKが出ることはほとんどないのではないでしょうか。好きな人がいるのに結婚できないという悲しい状況になる可能性があります。実際に収入も少ないため、結婚して子供を育てることを考えても、フリーターのままでは生活がかなり厳しくなると言わざるをえません。

30代フリーターだと結婚に影響が出る可能性があるのは、男性だけではなく女性も同様です。30代フリーター女性の就職活動について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

30代フリーター女性の就職活動!正社員就職する方法を解説します!

30代フリーター女性の就職活動!正社員就職する方法を解説します!

女性の場合も、フリーターよりも正社員になったほうが出会いの場が増えたり、経済的に安定して暮らしていきやすくなります。

スキルの差

正社員は人材を育成するために会社がお金を使ってくれますが、フリーターの場合は簡単な研修がある程度で、スキルやキャリアアップのためにコストをかけてもらうことはあまりないといえます。

たとえば正社員には外部の研修を受けさせたり、部署異動や配置転換で多くの仕事を経験させたりします。フリーターはこういった機会がないため、ただなんとなく働いているだけでは、高度なスキルを身につけることはやはり難しいといえます。

人生の長いスパンで考えると、働いているのにスキルがつかないという状況は、年齢を重ねるごとにつらくなっていきがちです。

出世の差

正社員でサラリーマンをしている人のゴールのひとつは、出世して会社の上層部という立場になることでしょう。管理職になれば多くの部下をマネジメントする立場になりますし、役員クラスになれば会社の進むべき方針を定めたり、人や機械などへ投資する計画を立てたり、ダイナミックにビジネスを進めていくことが可能になります。

もちろんフリーターでもバイトリーダーなどになることは可能ですが、正社員にならない限り、その職場でさらに上を目指すためのスタートラインに立つことは難しくなります。

30代フリーターの末路

30代でもフリーターを続けていると、以下のような末路が待っているかもしれません。

  • アルバイト先にいづらくなる
  • 正社員の友人たちと明確な差がつくようになる
  • 恋人ができにくくなる
  • フリーターの仕事自体が減る
  • 就職できるハードルが上がっていく

基本的にアルバイトやパートの仕事をしているのは、10~20代の若者か結婚している主婦、定年退職したシニアなどです。どれにも当てはまらない30代フリーターにとっては、居場所がなくなっていくことを感じる可能性が高まります。

若いときは気にならなかった、周囲の正社員の人たちとの違いも明らかになっていきます。就職している友人たちと金銭感覚が合わず、疎遠になることもあるかもしれません。

30代ともなれば結婚を考える人も増えるため、不安定なフリーターが相手では結婚生活のイメージができないと考え、敬遠されることもありそうです。厳しい言い方をすれば、仕事に対して努力していない姿に魅力を感じない、と思われてしまうこともあるかもしれません。

また、フリーターは若い人を中心に想定されているため、年齢を重ねるごとに働けるアルバイト先も減っていきます。就職しようと思っても、行動が遅ければ遅いほど不利になることが多いのです。

【まとめ】30代フリーターは早く就職活動を始めたほうがいい

今回は、30代フリーターの就職方法や、30代になってもフリーターを続けるリスクなどについてご紹介してきました。結論から言うと、よほど特別な事情がない限り、いま30代でフリーターをしている方は、できるだけ早く就職活動をスタートすべきです。30代フリーターの方を支援するエージェントもゼロではないものの、私たちジェイックの「30代カレッジ」のように社会人としてのマナーを丁寧に指導したり、書類選考免除の面接会などを実施しているところはなかなかありません。30代フリーターから就職を目指す方は、手厚いサポートを受けられる30代カレッジの利用をおすすめします。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

近藤 浩充専務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証マザーズへ上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~