就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターにおすすめの就職サービスとは?サービスの探し方も詳しく解説!

フリーターにおすすめの就職サービスとは?サービスの探し方も詳しく解説!
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

フリーターにおすすめの就職支援サービスにはどんなものがあるの?」という疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

実は、フリーターにおすすめできるサービスは、公共のものから民間まで、たくさんあります。そして、その大半が無料で受けられるサービスですから見逃せません。

こちらの記事では、フリーターにおすすめの就職支援サービスと、その選び方を解説しています。フリーターから正社員への就活を少しでも有利に進めたい方、必見です!

フリーターにおすすめの就職支援サービス3選

フリーターにおすすめの就職支援サイト一覧

現在、就職や転職に関するサービスは、公的なものから民間のものまで数多くあります。その中から、フリーターの方におすすめできる就職支援サービスを3つご紹介しましょう。

サービス1:ハローワーク

ハローワークは、国によって運営されており、正式には「公共職業安定所」と呼ばれています。年齢制限はなく、何歳の方でも利用可能です。人材を探している企業に対して、仕事を探している求職者を紹介することが主なサービスです。さまざまな事情から就職が困難な方への支援も行っており、求職者・人材を求める企業側の両方が無料で利用できる仕組みになっています。

就職の支援の他、雇用保険制度の窓口としての機能もあるため、雇用保険の資格変更手続きや、失業給付や助成金の支給に関する手続きも対応しています。ジョブカフェやわかものハローワークと異なり、年齢の制限はなく、さらに就職支援以外の機能も持っています。

サービス2:ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が主体となって設置している支援施設で、若年者(原則として15歳から34歳まで)の能力向上・就職促進を目的とし、職場体験や職業紹介などの雇用関連のサービスを提供しています。

2004年に15地域の各都道府県に設置され、正式名称を「若年者のためのワンストップサービスセンター」といいます。若年層が働くためのワンストップの支援を行い、若年者が自分の求めている仕事と出会えるようにサポートをする施設です。また、都道府県ごとに特徴があり、ハローワークと併設している施設もあります。

ジョブカフェでは求人情報の提供の他にも、仕事をする際に必要となるさまざまなサービスを提供しています。

  • 設置されているパソコンを利用できる
  • 相談での窓口
  • セミナー開催
  • 適職診断
  • 就業体験

参照:厚生労働省/ジョブカフェにおける支援

サービス3:就職エージェント

フリーターの就職活動の手段としてもっともおすすめなのは、就職エージェントの活用です。就活において、やらなければならないことは以下のようにたくさんあります。

  • 自己分析
  • 企業分析
  • 応募書類の作成
  • 企業とのやりとり
  • 面接対策

就職エージェントはこれらのサポートや代行をすべて無料で行います。「就職活動を何から始めていいか分からない」というフリーターの方に特におすすめです。

就職サービスの選び方

就職活動を支援してくれる各種サービスの選び方には、3つのポイントがあります。

  • 選び方1:「転職者」向けの就職支援サービスは避けよう
  • 選び方2:フリーター向けの就職サービスを選ぼう
  • 選び方3:卒業して3年以内なら新卒向けのサービスを選ぼう

順番に、解説していきます。

選び方1:「転職者」向けの就職支援サービスは避けよう

すでに社会人として働いた経験がある人向けの就職や転職を支援するサービスは、正社員としての勤務経験がないフリーターやニートをサービスの対象としていない場合や、登録可能であったとしても利用しにくい場合があり、おすすめできません。

転職者向けのサイトやエージェントが扱う求人は、特定の業務の経験者を求めるものが多いため、フリーターやニートの経歴では応募ができないケースがほとんどです。

「転職者」向けの就職支援サービスは、たとえばサイトを見て業界の求人動向を知るなどの情報収集に活用する程度に留めるのがいいでしょう。

選び方2:フリーター向けの就職サービスを選ぼう

フリーターやニートの人には、「未経験者OKの正社員求人を多く取り扱っている就職支援サービス」がおすすめです。支援サービスを利用したことがない人は、ぜひ試しに使ってみてください。「サイトが使いづらい」「エージェントの方針が合わない」などの相性や感覚には個人差もあるので、実際に利用してみなければ「あなたに適したサービスかどうか」は分かりません。就職支援サイトやエージェントは基本的に無料で登録・利用ができるため、複数を並行的にトライアルして、取捨選択すると良いでしょう。

選び方3:卒業して3年以内なら新卒向けのサービスを選ぼう

学校を卒業してから3年以内であれば、「新卒者向けの就職支援サービス」を活用できる場合があります。厚生労働省による「青少年雇用機会確保指針」により、「卒業後3年以内は新卒として扱う」ことが定められているからです。

フリーター・ニートの人が応募できない新卒向け求人もありますが、学校卒業後3年以内であれば、新卒枠で採用する企業は増加傾向にあります。卒業後3年以内のフリーター・ニートの方は、新卒者向けの就職支援サービスについても念のためチェックしてみると良いでしょう。

なぜフリーターに就職支援サービスをおすすめできるのか

フリーターに就職支援サイトをおすすめする理由

フリーターの方に就職支援サービスの活用をおすすめする主な理由は、以下の5つです。

  • 理由1:無料で利用できる
  • 理由2:優良求人が多い
  • 理由3:サポートが充実している
  • 理由4:就職の流れを教えてもらえる
  • 理由5:カウンセリングで自分に合った仕事が見つかる

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

理由1:無料で利用できる

就職支援サービスは、公共・民間に関わらず、基本的に無料で利用できるものがほとんどです。就職相談や模擬面接などもすべて無料で受けられるので、積極的に活用するのがおすすめです。「なんとなく就職を考えている」「相談だけでもしてみたい」という方でも、気軽に利用できるでしょう。

理由2:優良求人が多い

民間の就職支援サービスには、企業を直接訪問し取材した求人情報もあります。一定のスクリーニングが行われているため、雇用条件や社内の雰囲気が悪い企業を回避しやすいでしょう。第三者のチェックが入っていない求人情報ではブラック企業を見極める自信がない、という人にとって、安心できるポイントといえます。

また、民間の就職支援サービスでは、登録者や利用者にのみ公開している求人情報もあり、自分で探している範囲内では見つけられなかった「知られざる優良企業」に出会える可能性もあるのです。

理由3:サポートが充実している

就職支援サービスでは、応募書類の添削や面接対策のアドバイスなどを実施してくれます。また、じっくりと面談した上であなたに適した仕事を紹介したり、企業の詳しい事業情報が提供される点も大きなメリットです。自己分析や情報収集などを「自分一人でやるのは難しそう…」と感じる人は、負担が軽減できるでしょう。

また、民間のサービスであれば、「専任のアドバイザーが担当してくれる」「企業側と雇用条件の交渉も行ってくれる」といった利点もあるため、「マンツーマンでサポートしてほしい」「企業と直接やりとりするのは不安」という方におすすめです。

理由4:就職の流れを教えてもらえる

フリーターが就職支援サービスを利用する最大のメリットは、就活に精通したアドバイザーから直接ノウハウが提供されることでしょう。就職エージェントなら利用者一人ひとりに専任のアドバイザーが付くので、フリーターやニートの期間が長くて「正社員経験が浅い(ない)」「就活の流れが分からない」といった人も安心です。

面接で不採用になっても、その理由が分からなければ対策や改善は困難ですが、支援サービスのサポートやアドバイスがあれば不安を解消しながら就活に取り組めるでしょう。

理由5:カウンセリングで自分に合った仕事が見つかる

民間の就職支援サービスにおけるキャリアカウンセリングでは、あなたの希望条件や適性を考慮した上で仕事が紹介されます。企業の雰囲気や事業内容、従業員の人柄など、外からは確認しにくい詳細な情報を得ることも可能です。自己分析や企業研究に自信がなかったり、自分に適した仕事が分からない人におすすめのサービスといえます。あなたの価値観や性格に合った企業へ入社すれば、入社後のミスマッチも防ぎやすくなり、長く安定して働き続けられるでしょう。

フリーターが就職支援サービスを利用するメリット

フリーターの方に利用をおすすめしたい就職支援サービスですが、どんなサービスでも利用前にメリットとデメリットの両方を理解しておくことが大切です。まずはメリットからお伝えしていきます。

メリット1:利用することで就職成功率が上がる

就職支援サービスを利用すれば、ハローワーク等の公的な機関では見つからない非公開求人に出会える可能性があります。さらに担当アドバイザーがあなたの希望や適性を考慮した上で求人を紹介してくれますので、自分だけで求人探しをするよりも効率的です。

また履歴書の添削や、応募先ごとの面接対策が受けられます。これらによって、就職成功率を高めることが可能になるのです。

メリット2:就職に必要なスキルが身につく

これまで就職活動をしたことがない人向けに、就活の基本知識やビジネスマナーを学べるセミナーなども用意されています。就職に必要なスキルを身に付けることで、選考時に他の応募者に差をつけることも可能です。

メリット3:フリーターやニートでも就職できる求人を紹介してくれる

フリーターやニートが利用できる就職支援サービスには、正社員としての職歴がなくても応募できる求人が揃っています。そのため高卒や大学中退後にフリーターとして働いている人でも、就職先を見つけやすくなります。

フリーターが就職支援サービスを利用するデメリット

続いて、デメリットや注意点についてもご紹介します。

デメリット1:自分に合った就職支援サービスを見つけるのが大変

近年は就職支援サービスがたくさんあるため、違いがよく分からなかったり、どのサービスを利用するか決められないというケースもあるでしょう。実際に「フリーターの就職支援」がメインであっても、各サービスごとに扱っている案件や求人数も異なれば、サービスの内容にも違いがあります。

あなたに合った就職支援サービスがわからずお困りの方は、前述した「就職サービスの選び方」も参考にして探してみてください。まずは複数のサービスを並行で試してみて、相性のいいサービスに絞り込んでいくのもおすすめの方法です。

デメリット2:アドバイザーとの相性が合わないことがある

就職支援サービスのアドバイザーにもさまざまなタイプの人がいますので、あなたと「相性の善し悪し」があるのは致し方のないことかも知れません。あなたが希望している条件に合う求人の紹介が受けられなかったり、連絡が多すぎる(あるいは少なすぎる)などのストレスを感じるようであれば、担当を変えてもらうことも可能です。

また、思い切って違う就職支援サービスに切り換えることもできますので、「試してみて、合わなければ変えればいい」と気軽に考えてみましょう。

デメリット3:アドバイザーに就職を急かされる場合がある

就職支援サービスを利用していると、アドバイザーに応募や回答を急かされているように感じて困惑する人もいるでしょう。最適な優良求人が見つかった場合、おすすめしたいという思いから応募を急かすケースもあるでしょう。また、応募が殺到するような人気求人の場合、早期に採用人数に達して、募集が終了される場合もあります。短期間で採用枠が埋まるかもしれないと判断した場合、求職者へ応募を急かすことも考えられます。

ただ、一方で就職支援サービスもひとつのビジネスである点は理解しておいてください。就職支援サービスでは、人材を採用する企業側から報酬を受け取ることで成り立っています。紹介した人材の採用が決定すると、就職支援サービスは企業から紹介手数料を受け取るのです。そのため、就職支援サービスの企業担当やアドバイザーは、個人やチームでノルマを抱えているのが一般的です。基本的には決められた期間において、「採用人数」や「売上金額」の達成を目標にしているでしょう。担当のアドバイザーが個人的な目標達成のため、特定の期間内に紹介活動を成功させようと応募や回答を急かす場合もあるのです。

応募や回答を急かされることに疑問を感じた場合は、なぜ急ぐ必要があるのかを質問し、納得のいく理由であるかどうかを自分で確かめる必要があります。急かされることがストレスになる場合には、「自分のペースで就職活動をしたい」と伝えてみるのも良いでしょう。本心を伝えることで、急かされる頻度が低くなるでしょう。また、担当者の対応が変わらない場合、アドバイザーの変更を申し出るのもひとつの方法です。

ジェイックはフリーターに特化した就職支援サービス

フリーターが就職支援サイトを利用するメリット/デメリット

ジェイックでは、フリーターの方の就職支援に特化した「就職カレッジ」を実施しています。これから正社員就職したいと考えているフリーターの方向けに、就職カレッジの特徴やメリット・デメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ジェイックの特徴

ジェイックの就職カレッジとはどのようなサービスなのか、フリーターの就職支援に強いからこそできるからこその特徴についてご紹介します。

5日間のスクール型就職支援

ジェイックでは、5日間のスクール型の就活講座を実施しています。面接対策、自己分析、社会人としてのマナーなどを短期間で集中して学ぶことで、就職成功へ導きます。

就活講座を終えた後は、書類選考なしで約20社と面接することが可能です。未経験者歓迎の企業というだけでなく、すべてジェイックが直接訪問して社内の雰囲気や労働条件などを確認しているため、安心して長期的に働ける企業が揃っています。

高い就職率と定着率

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「大都市の若者の就業行動と意識の展開ー『第3回 若者のワークスタイル調査』からー」によると、フリーターから正社員就職に成功した人の割合は、フリーター期間が7か月~1年の人は64%、3年以上の人は48.9%と、5~6割程度にとどまっています。

ジェイックの就職カレッジの利用者の就職成功率は81.1%と、一般的にフリーターから正社員就職に成功している割合よりも高水準です。(※2019年2月1日~2019年7月31日に当社面接会に参加した方のうち、把握している就職決定者)

エン・ジャパン「『中途入社者の定着』実態調査―『人事のミカタ』アンケート―」によると、直近3年間で入社した中途採用者の定着率が80%以上の企業は、全体の46%となっています。せっかく就職しても、約半数以上が定着していないということになります。

ジェイックの就職カレッジを利用して就職した人の入社後定着率は91.5%と、約9割以上が定着しています。(※2019年2月1日~2020年1月31日までの入社者の3か月定着率)

離職率の高い業界は紹介しない

ジェイックでは、一般的に離職率が高い傾向にある以下のような業界の求人に紹介を行っていません。

  • 外食
  • 投資用不動産
  • アミューズメント

就職は、ゴールではなくスタートです。せっかくフリーターから正社員就職をしても早期離職になってしまっては、また就職活動を始めなければいけなくなります。その場合、さらに就職のハードルは上がってしまいます。

ジェイックでは長期的に活躍できる企業や業界を中心にご紹介しているため、腰を据えて安定して働ける企業と出会うことができます。

まとめ

「フリーターにおすすめの就職サービスを知りたい!」という方に向けて、就職支援サービスと、その選び方について紹介してきました。

フリーターにおすすめできるサービスは、公共のものから民間まで数多くあります。その大半が無料で受けられるサービスですから、まずはいくつかピックアップして試してみるのが効率的です。あなたの希望に沿ったサービスが受けられるか、サービスの使用感や担当者との相性も利用してみなければわかりません。あれこれ迷うばかりでは時間が過ぎるばかりですから、無料であればまずは使ってみましょう!

就職活動が初めての方や不安な方、過去の就活に失敗してしまったという方は、アドバイザーがマンツーマンで相談に応じてくれる「就職エージェント」の活用をおすすめします。特に私たちジェイックは、フリーターの方の正社員就職に強みがあるエージェントですので、ぜひアクセスしてみてください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~