就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

「働きたくないなら死ぬしかない」は思い込み?楽して生きる方法を徹底解説

「働きたくないなら死ぬしかない」は思い込み?楽して生きる方法を徹底解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「働きたくないなら死ぬしかないのかな…」「楽して生きる方法はないの?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では「働きたくないなら死ぬしかない」と悩んでいる方に向けて、楽して生きる方法を解説していきます。また、ネガティブな思考から抜け出す方法や、向いている仕事なども紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

「働きたくないなら死ぬしかない」は大きな間違い

「働きたくないなら死ぬしかない」は大きな間違い

日本では、就職してお金を稼いで生活をしている人が大半であるため、「働きたくないなら死ぬしかない」と思い込んでしまう人もいるかも知れません。しかし、これは大きな間違いです。

「Biz Hits」が現在働いている全国の男女1,000人を対象にアンケート調査を行ったところ「働きたくないと思ったことがある」と回答した人が84%(1,000人中845人)もいました。つまり、多くの人が本音では「働きたくない」と思いつつも、生活のために我慢して働いているということです。

「私は、その我慢ができないから死ぬしかないの!」という人もいるかも知れません。けれど、働いていなくても楽しく生きている人は世界中にたくさんいます。「そういう人は極一部の人、選ばれた人間でしょ?」と思うかも知れませんが、この記事では誰でも実践できる楽しく生きる方法を紹介していきます。

参考:働きたくないと思う理由は何?働く男女1,000人にアンケート調査|Biz Hits

「死ぬ」くらいなら逃げてもOK

「働きたくないなら死ぬしかない」と思っている方は、人生における選択肢が少ないから出てきてしまう思考です。人生における選択肢とは「サラリーマンとして働く」などです。選択肢が限られると、以下のようなことを考えてしまうのです。

  • 自分は会社のお荷物
  • もう社会でやっていける自信がない
  • 会社員が務まらないから死ぬしかない

精神的に追い込まれるとネガティブな思考に陥ってしまうこともありますが、死ぬくらいなら逃げてOK。人生における選択肢はあなたが思っている以上にたくさんあり、生きている限り希望はあります。

人生は一度きりなので「働きたくないから死ぬしかない」ではなく、「どうすれば働かずに生きられるのか」という方向で考えていくとよいでしょう。

「会社で働きたくない」だけ?

「働きたくないから死ぬしかない」と思っている方は、ただ「いまの会社で働きたくないだけ」の可能性もあります。

以下の項目について自問自答し、本当の気持ちを理解しましょう。

  • いまの会社のために働くのが嫌なだけではないか
  • 自分のためと思えれば仕事も頑張れる気がするのではないか
  • いまの会社だけではなく労働をしたくないのか

つまり、「いまの会社」で働きたくないのかどうかを知り、その後の選択肢を「死を選ぶ」以外に見つけ出そうということです。自問自答することで仕事への価値観が変化することもありますので、一度試してみてください。

「働きたくから死ぬしかない」と思った理由とは

ここからは「働きたくないから死ぬしかない」と思ってしまった理由を考えてみましょう。本当の気持ちと向き合うからこそ、これから自分がするべきことが見えてくるでしょう。

「自分に価値がない」という勘違い

「自分には価値がない」という勘違いから、「死ぬしかない」と思ってしまうことがあります。こんな勘違いをしてしまう原因の多くは、会社の上司や毒親からの影響です。

  • お前は使い物にならない
  • 採用しなきゃよかった
  • 給料もらえるだけ感謝しろ

上記のような、心ない言葉を浴びせられた方もいるのではないでしょうか。ずっと言い続けられることで精神的にまいってしまい、最終的には「自分には価値がない」と思い込んでしまうこともあります。

新入社員が会社ですぐに戦力とならないのは当たり前のことで、それを育てていくのが会社・上司の役割です。育成もせずに罵倒を浴びせるということは、人材育成能力が無い企業ということになります。

あなたの価値はあなた自身が決めるものであり、心ない上司や毒親に決められるものではありません。そのことを胸に刻んでおきましょう。

「自分は役に立たない」という思い込み

「自分は役に立たない」という思い込みから「死ぬしかない」と思ってしまうこともあります。「働きたくない」と思っている時点でネガティブな思考に満たされてしまっているため、発想の転換が必要になります。

「役に立たない」という第三者からの評価より、自分にはどのようなことができるのかを考え、自分への価値を見出すとよいでしょう。何かしらの行動を取っていれば「役に立っている」と実感するはずです。

人の役に立つのは「大きな仕事」や「社会貢献」だけではありません。人の愚痴を聞く・困っている人に声をかけるなど、小さなことと思うようなことでも第三者からすると役に立っていることです。

まずは、自分が置かれた場所で他人に寄り添ってみるとよいでしょう。

「人間関係」に悩んでいる

「人間関係がつらい」という理由から「働きたくない」と思っている方も多くいます。

実際に「Biz Hits」が働きたくないと思う理由を調査したところ「職場の人間関係がつらい(196人)」が圧倒的に1位でした。また、5位には「上司が嫌い(55人)」という理由もあり、職場の人間関係が悪い結果、働きたくないと思う人が多いようです。

参考:働きたくないと思う理由は何?働く男女1,000人にアンケート調査|Biz Hits

人と関わりたくないからこそ「働きたくない」と感じ、「働きたくないならもう死ぬしかないのではないか」と考えてしまうのでしょう。

「人と関わりたくないから働きたくない」と思っている方は、下記の記事に解決方法を詳しく載せていますのでぜひご覧ください。

KW「働き たく ない 人 と 関わり たく ない」内部リンク

https://〜

「サラリーマン以外」の生き方を知らない

サラリーマン以外の生き方を知らない場合も「死ぬしかない」と思いがちです。

社会は国民の税金で成り立っており、それを支えるための労働力が必要になるため、学校ではサラリーマンになるために適した教育を行っているという見方もあります。

けれど、サラリーマン以外の選択肢があれば、そこから抜け出すことも可能です。

「働きたくない、死ぬしかない」と思ってしまいがちな人の特徴

ここからは「働きたくない、死ぬしかない」と思ってしまいがちな人の特徴を紹介します。

  • 飽きっぽい
  • 我慢が苦手
  • マイナス思考
  • 常に疲れている
  • コミュニケーションが苦手
  • 仕事のプライオリティが低い
  • 傷つきやすくて落ち込みやすい

それぞれ詳しく解説します。

飽きっぽい

働きたくないと思ってしまいがちな人の特徴として、飽きっぽいことが挙げられます。

毎日同じ作業を繰り返す場合や、職場の環境に変化がないと仕事をすることに苦痛を感じてしまうこともあります。心当たりがある人は、さまざまな場所に移動して行う業務・業務内容がその都度変わるような仕事を選ぶのもよいでしょう。

我慢が苦手

我慢が苦手なことも、働きたくないと思ってしまいがちな人の特徴です。

仕事を続けていくためには、苦しいことがあったとしても一定程度は我慢する必要があります。そのため、嫌なことがあるとすぐ逃げてしまう人は、仕事が続かない可能性があります。

ネガティブ思考

働きたくないと思ってしまう人の中には、ネガティブな思考の人も挙げられます。

ネガティブに考えてしまう人は自分へのハードルが高い傾向にもあるため、仕事をする上で自分を良く評価することが少ないようです。また、少しでもうまくいかないことがあると「自分はダメな人間だ」と思い込む傾向もあります。

人間関係においてもすべてネガティブに捉えてしまい、疑心暗鬼になってしまう人もいるでしょう。それが行き過ぎれば、些細なことで気に病むようになってしまい、働く意欲も失われてしまいます。

常に疲れている

常に疲れている人も、働きたくないと思いやすい傾向にあります。

慢性的な疲労の原因は「仕事が忙しくて、十分な休息が取れない」「育児・介護が大変」など人それぞれです。

常に疲れている場合、仕事に必要な思考力・判断力を満足に発揮できません。力仕事をしている場合は、肉体疲労が回復しておらず体を動かすのが億劫になります。業務量やスケジュールの管理、そして体調もしっかりと管理しましょう。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手なことも、働きたくないと思ってしまいがちな人の特徴です。

もともとコミュニケーションに苦手意識があるので、業務上で必要となるやり取りすら苦痛に感じてしまいます。そのため、仕事を続けるのが困難な傾向にあり、職を転々とする人もいます。

仕事のプライオリティが低い

働きたくないと思ってしまう人の中には、人生において仕事を重要視していないタイプの人もいます。

近年、日本人の長時間労働が問題視され、政府が推進する働き方改革でもワークライフバランスの重要性が説かれています。ワークライフバランスとは「生活が充実することで仕事に良い影響を与え、仕事とプライベートの双方に好循環が生まれる」という考え方です。

このワークライフバランスを、仕事に比重が偏らないことと誤解している人もいます。もともと仕事よりプライベートを重視したい人がこのような誤解をした場合、「働きたくない」という気持ちがより一層強くなってしまうおそれがあります。

傷つきやすくて落ち込みやすい

働きたくないと悩む人に多いのが、傷つきやすくて落ち込みやすいという特徴です。

日々の仕事で上司や同僚に言われたことを気にするあまり、なかなか立ち直ることができません。いまの職場の人間関係ではうまくいく自信がない場合は、思い切って転職などで環境を変えてみるのもよいでしょう。

「働きたくないなら死ぬしかないのか…」この場合病気の可能性も?

日本には「生活保護」という制度があり、働けない状況で資産もなく、家族も援助してくれない状況になると、国から生活保護費が支給されます。また、病気やケガが原因で働けない場合には「障害年金」という制度もあるため、働かなくても生きていくことは可能です。それにも関わらず「死ぬしかない」と思ってしまう場合、どのようなことが考えられるのでしょうか。

「死ぬしかない」「生きていたくない」は病気の症状

生活保護や障害年金の話を聞いても「死ぬ」という思いが消えない場合、病気の可能性も考えられます。例えば、うつ病などをり患しているおそれもあるので、適切な医療機関を早めに受診した方が良いでしょう。

心療内科で診察を受ける

まず、心療内科で診察を受けることをおすすめします。

病気の影響で「死にたい」と考えてしまっているという原因が分かれば、少しはホッとしますので、今の状態を専門家に診てもらいましょう。

内科で検査を受ける

うつ病や適応障害などの精神疾患と間違えられやすい身体疾患もあります。

  • 腎不全
  • 低血糖
  • てんかん
  • 副腎不全
  • 低Ca血症
  • チアミン欠乏
  • パーキンソン病
  • 甲状腺機能低下症
  • 睡眠時無呼吸症候群

精神疾患と間違えられやすい病気は他にも多くありますので、念のため内科にも行くことをおすすめします。

体が休息を必要としている

うつ状態にあると、以下のような状況になる場合があります。

  • 過去の出来事も何度も思い出しては後悔する
  • 自分は生きてる価値がないと思い込んでしまう
  • 前向きな未来が思い描けない
  • 生きていたくないと思い詰める

このような状況は、体が休息を必要としていることに起因する場合もあります。心身をしっかりと休ませリセットすることで、また違った景色が見えてくるでしょう。

「死ぬしかない」という考えから抜け出す方法

「死ぬしかない」という考えから抜け出すにはどうしたらよいのでしょうか。

「働きたくない」という思いは誰しも感じていることですが「死ぬ」という気持ちまでいってしまうのは精神的にまいってしまっているからです。そういった方は、休養を取ることが大切です。

また、その他にも「死ぬしかない」という考えから抜け出す方法がいくつかありますので紹介します。

「働きたくない」は普通の気持ち

ほとんどの人が「働きたくない」と思っている、ということを理解しましょう。働く人の多くは「生きるために仕方なく」働いており、仕事を生きがいとしている人はどちらかといえば少数派です。自分以外にも「働きたくない」と考えている人は大勢いると思うと、少しは楽な気持ちになれるでしょう。

現実逃避で安全地帯を確保する

「死ぬしかない」とまで思っている場合、現実逃避をするのも一つの手です。

映画やゲームに没頭するなど、現実から一時的に離れられる時間が確保できれば、心身のバランスを保つこともできるでしょう。特におすすめなのは小説・物語を読むことです。なぜなら、映像として目から入ってくる情報が少ないぶん、想像力が鍛えられるからです。

簡単な勉強で自己肯定感を高める

自己肯定感を高めることで、ネガティブな思考から抜け出すこともできます。

難しい資格・取得まで時間がかかる資格を取得しようとすると、逆に不安や自己否定の感情が大きくなるおそれがあります。たとえば、課題提出・添削してくれる通信教育で、難易度があまり高くない資格の勉強をするのがおすすめです。手軽に始めることができ、課題・添削を通じて他者と前向きな関わりが持てます。講師に評価されれば自信にも繋がりますので、ネガティブ思考から抜け出すきっかけになり得るでしょう。

自分の時間に軸をおいて生活する

生活に必要な最低限の労働をして、あとの時間は自分がしたいことだけする生活もよいでしょう。1ヶ月間に必要な生活費と趣味に使う費用だけを稼げれば、気楽に働けます。

生活費を抑えられればその分労働時間も少なくてすむため、都会よりも田舎の方が自分の好きなことに軸足をおいて生活できます。

働くことをポジティブな行動だと考える

働くことはポジティブな行動だと考えてみるのもおすすめです。

「生きていくためには働かなければならない」という考え方だと、前を向くことはなかなか難しいかもしれません。生きていくため・生活のために働くというよりも、「目標や目的を達成するために働く」となれば、仕事が苦痛ばかりなものではなく、やりがいへと変わっていく可能性があります。働くことをポジティブな行動にするためにも、職場や業種を変えてみるのもよいでしょう。

人と話すと別世界に気付く可能性がある

「死ぬしかない」と思っているときこそ、人と接したり話したりすることをおすすめします。

信頼できる相談相手を見つけて、新たな視点で物事を考えられれば、「あの時は悩んでいたけれど、振り返れば大したことではなかった」という場合もあります。気軽に話せる人がいない場合、行政の専門窓口や医療サービスに相談するのもよいでしょう。

人と接する中で、自分よりも大きな問題を抱えている人や、それでもあっけらかんとしている人がいることを知ると、物の見方が少し変わったり今後のヒントになったりします。1人で抱え込んでしまうと無限ループから抜け出せなくなるおそれがあるため、周囲の人とコミュニケーションを取るようにしましょう。

働きたくないなら死ぬしかない?働かずに生きていく方法

生きていくためにはお金が必要ですが、会社に勤めなくてもお金を得ることは可能です。

  • 海外移住する
  • 自給自足の生活を送る
  • 家族・配偶者・恋人に頼る
  • 生活困窮者のための自立支援制度を活用する
  • 最小限の労働で暮らせるように生活設計する
  • アーリーリタイア(定年前引退)を目指す

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。。

海外移住する

最低限生活できる程度の資金を貯めて、物価が安い海外に移住するのもよいでしょう。物価が安い国なら1ヶ月5万円程度で生活することができ、プライベートを重視する国なら自分に合った働き方が見つかるはずです。

しかし、海外移住するとなると言語や文化の違い、ビザの問題などを調べてから行動しなければなりません。なにか問題が発生した場合はすぐに助けを求めることができない可能性もあるため、費用には余裕をもたせておく必要もあります。

自給自足の生活を送る

自給自足の生活を送ることも、働かずに生きていく方法の1つです。都会よりもお金を使わなくてよいので必要最低限の出費で済み、自然の中で疲れた心を癒やせるというメリットもあります。田舎ならではの助け合いの精神に触れれば、新たな人間関係を構築でき、人も少ないので強固な関係を築けるでしょう。

ただし、電気・水道・ガスなどのライフラインも全て自力で賄うには、知識や労力が必要です。また、食料確保のために農作業・釣り・鶏の飼育などにもチャレンジすることになるかも知れませんになります。他にも、井戸を掘る・雨水を溜めるなどして水を確保しなければなりません。なかなかハードな生活になりますので、それなりの覚悟と準備が要ります。

家族・配偶者・恋人に頼る

家族・配偶者・恋人に頼ることも、働かずに生きていく方法のひとつです。もし自分の現状を理解してくれている場合、両親を頼って実家で一緒に生活するのもおすすめです。

また、両親だけではなく配偶者や恋人が理解してくれる場合、相手の収入に頼るのも一時的であればよいでしょう。ただし、相手にどのくらいの収入があるかによって頼れる度合は異なり、大抵の場合そこまでの資金力は期待できません。

生活困窮者のための自立支援制度を活用する

働かずに生きていくために、生活困窮者 自立支援制度を活用するのもよいでしょう。

生活困窮者自立支援制度は、経済的に困窮して最低限度の生活を維持できなくなる恐れがある人に対し、個々の状況に応じた支援を行って自立の促進を図ることを目的としている制度です。

  • 一時生活支援事業
  • 就労準備支援事業
  • 家計改善支援事業
  • 住居確保給付金の支給

さまざまな支援が用意されており、現在住んでいる都道府県・市町村に相談窓口が設置されていますので一度相談してみるとよいでしょう。

参考:生活困窮者自立支援制度|東京都福祉保健局

最小限の労働で暮らせるように生活設計する

最小限の労働で暮らせるように生活設計するのも一手です。完全に労働から解放される訳ではありませんが、好きなことに軸足をおいた生活ができれば気持ちは楽になるでしょう。

例えば、スマホゲームやテレビゲームが好きで、ひたすら遊んでいたいと考えている場合、まずは毎月それに使う金額を決めます。1ヶ月間に5万円だと仮定した場合、5万円+生活費の分だけ働くという方法です。

生活費がかさむと、その分働かないといけないので、家賃が安い場所に移住する必要が生じる可能性があります。

アーリーリタイア(定年前引退)を目指す

働きたくない気持ちが強い場合、アーリーリタイア(定年前引退)を目指すのもおすすめです。

アーリーリタイアは「貯蓄・資産のみで生活する」ことです。体力に余裕があるうちに引退できれば、退職後の自由な人生を楽しむことが可能です。

しかし、アーリーリタイアすると生活資金は確実に減るので、収入源を確保しておく必要があります。そのため、1ヶ月間に必要な費用を計算し、株や投資信託などの資産形成について学んで実践する努力も求められます。

結論:働きたくないなら働かなくても良い

「働かざる者、食うべからず」という慣用句があるように、世の中は働きたくないという考え自体をタブー視します。働きたくないのは甘えだと考えている人もいます。

では、ずっと働かないままでいると、どうなるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

働かないままでいるとどうなる?

働かずにいればいつか金銭的な限界が訪れ、自分で行動しなければならない日がくるでしょう。

特に両親がいるから今の生活が成り立っている人は、注意が必要です。親が年金生活へ突入すれば、収入は急激に下がります。また、60歳で定年退職を迎えた場合、まだ年金は支給されず退職金を切り崩して生活する親もいるでしょう。そのため贅沢はできず、「収入がないから働いてほしい」と親に言われるかもしれません。

現実は厳しいから自分にできる仕事をしよう

働こうと思い立ち、いざ転職サイトなどで仕事を探してみると、釣り求人もたくさんあります。応募したら希望の仕事ではなく、別のきつい仕事に回されることもあるでしょう。また、働いて大変な思いをするくらいなら「働かない方がまし」と思う人もいるでしょう。

こうした場合、在宅でできる仕事が選択肢のひとつになります。最近ではクラウドソーシングサイトでWebライター・動画編集・イラストレーターなど幅広い仕事があるので、スキル次第で安定した収入が得られます。

働きたくない人に向いてる仕事とは

働きたくない人に向いてる仕事は以下の通りです。

働きたくない人に向いてる仕事

働きたくないと思う理由にもよりますが、一般的に上記の仕事はあまり働きたくないと考えている人に向いています。

働きたくない人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

働きたくない人に適した仕事を探すなら就職カレッジ®の利用がおすすめ

「働きたくない、死ぬしかない」と思っている人の中には、よくよく考えてみれば「今の会社で働きたくない」だけの人もいます。このような人は、別の会社に転職・就職することで「死ぬしかない」という考えから抜け出せる可能性があります。

しかし、転職・就職が初めてでどうやればいいのかわからない、自分に合った仕事がわからないという方もいるでしょう。そんな時は、就職エージェントの利用がおすすめです。

特に「就職カレッジ®」は未経験の就職に特化しており、専任アドバイスによる的確なアドバイス・サポートが受けられるためあなたに適した仕事を紹介してくれます。

他にも、就職カレッジ®をおすすめする理由がありますので、詳しく解説します。

未経験者の就職に特化

就職カレッジ®は、未経験の就職に特化しています。

就職市場においてフリーター・既卒などの若い世代は、需要が高いわけではないので他の世代と比較すると内定率が低い傾向にあります。そのため、一般的な転職サイトを利用しての就職では内定をもらえる確率が低い可能性が考えられるでしょう。

しかし、就職カレッジ®では若い世代の就職成功ノウハウと実績があるため、スムーズな就職を実現します。

就職成功率が非常に高い

就職カレッジ®の就職成功率は80%を超えています。フリーター・既卒の就職成功率は焼く34.4%なので、80%超えという数字がいかに驚異的かどうかがわかるでしょう。

一般的な方法で就職するよりも成功率が2倍アップするため、少しでも内定率を高めたい人におすすめです。

専任アドバイザーによる徹底サポート

就職カレッジ®では、就職に関するサポートをしてくれる専任アドバイザーがつきます。

  • 自己分析
  • 面接対策
  • 応募書類の作成
  • アフターフォロー

上記のように幅広いサポートをしてくれるため、社会人経験が浅い方でも安心です。また、就職カレッジ®に在籍しているアドバイザーは、これまで数多くの就職をサポートしているプロの方たちなので、どのような質問にも的確に答えてくれます。

充実したサポートが受けられるため、入社後の定着率は驚異の90%超え。自分に合った仕事を紹介してくれるので、「働きたくないから死ぬしかない」という考えは払拭できることでしょう。

まとめ

今回は「働きたくないなら死ぬしかない」と思っている人に向けて楽して生きる方法を解説してきました。

誰しも「働きたくない」という考えは持っており、実際に働かなくても生活している人はたくさんいます。もちろん、金銭的な余裕は人それぞれですが、働かなくても生きていける方法が日本にはたくさんあります。働きたくないからといって死ぬ必要はないのです。

もしここまで追い詰められている原因が今の会社にあるのなら、退職して心身をしっかりと休めましょう。それから、別の会社に転職・就職することをおすすめします。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター