メンタルが弱い人に向いてる仕事を紹介!-自分の特徴を知り会社選びに役立てよう-

メンタルが弱い人に向いてる仕事を紹介!-自分の特徴を知り会社選びに役立てよう-

「メンタルが弱い自分にはどんな仕事が向いているんだろう」とお悩みの方もいるでしょう。メンタルが弱い人は人間関係でストレスを感じやすい、うつ病などの精神的な病気になる確率が高め、仕事のミスマッチが続くとニートなどになってしまうこともある、などの傾向があります。この記事では、メンタルが弱い人に向いてる仕事や、メンタルが弱い人の特徴をご紹介します。

「メンタルが弱いけど就職したい」とお考えの方は、正社員の就職支援実績豊富なジェイックへぜひご相談ください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

メンタルが弱い人に向いてる仕事

メンタルが弱い人に向いてる仕事

メンタルが弱い人に向いてる仕事には、以下があります。

  • 翻訳家
  • 在宅ワーク全般
  • 公務員
  • 自営業
  • 芸術家
  • 事務・総務
  • 短期の仕事
  • 動物相手の仕事
  • 薬剤師
  • ホワイト企業の社員

「メンタルが弱いからこそできる仕事」というわけではありませんが、これらの仕事はメンタルが弱い人でも働くことができたり、能力を発揮しやすかったりする可能性が高いといえます。メンタルが弱い人に向いてる仕事についてそれぞれ見ていきましょう。

向いてる仕事1.翻訳家

外国語で書かれた文章を日本語に翻訳する仕事です。書籍や映画ドラマなどのほか、海外のマニュアルや手順書などを翻訳することもあります。

外資系企業や、外国の特許などを扱う事務所などでは、翻訳ができる人を募集していることがあります。独立して働き、仕事を請けるケースもあります。

ひとりで淡々と業務をすすめることが多いため、メンタルが弱い人に向いてる仕事のひとつです。高い語学力が必須であること、AI翻訳なども登場しており将来性が未知数である点などは注意が必要です。

向いてる仕事2.在宅ワーク全般

メンタルの弱い人は、Webデザイナーやエンジニア、プログラマー、ライターや編集者、イラストレーターなどクリエイティブ関連の仕事や、データ入力などの単純作業などのように、自宅にいながらできる仕事全般に適性があります。

「在宅ワークはメンタルが弱い人向け」ということではなく、自分の家でひとりで仕事ができるため、そのような人でも働きやすいことが考えられます。

ただし、完全な未経験でできる在宅ワークの仕事はそれほど多くはないという点には注意しましょう。まずは企業などで働き実務経験を積むか、スクールに通って技術を身につけるなどする必要があります。

向いてる仕事3.公務員

こちらも「公務員の仕事がメンタルが弱い人に適性がある」ということではなく、公務員は失業の心配がないため、自分から退職しない限りは仕事を失う可能性がないという点から、向いてる仕事のひとつといえます。

公務員とひとことで言っても、役所職員や教師、官僚、消防士、警察官など、職種は多岐に渡ります。

人間関係のストレスやミスマッチなどがあった場合はメンタルが弱い人にとってはつらいこともありますが、出勤がむずかしくなってしまったときは休職なども可能であるため、生活できないほど収入に困ってしまう、ということはまずないでしょう。

向いてる仕事4.自営業

メンタルが弱い人は、人から言われたことを気にしたり職場の人間関係につまずいたりしやすい傾向があるため、自営業のように、そもそも企業に雇われて働く方法でないほうがよいこともあります。

自分の裁量で仕事をしたり自分の店を経営したりするなど、ある程度自由にコントロールできるほうが、精神衛生上よいケースもあるでしょう。

ただし、自営業の場合は不安定になりがちな点、病気などで働けなくなってしまったときのリスクがある点などは理解しておきましょう。

向いてる仕事5.芸術家

芸術家は、メンタルが弱い人の強みを発揮できる職業のひとつです。その繊細さや感情の起伏の激しさなどを、作品に込めることができるからです。

むしろメンタルが弱い人のほうが、画家や作家、演奏家やダンサーなどの仕事で自分の浮き沈みを表現でき、人々の共感や感動を呼びやすいでしょう。

芸術家として生計を立てていくためには苦労が伴い、晩年になるまで評価を得られないケースもあります。そのため、自分を貫いていく力は求められるでしょう。

向いてる仕事6.事務・総務

企業の事務や総務などのようないわゆる「ノルマがない」仕事は、メンタルが弱い人でも比較的働きやすいといえます。

メンタルが弱い人の場合、営業職などのようにノルマを課せられると「達成できなかったらどうしよう」と気にしてしまい、精神的に追い込まれてしまうことがあります。ノルマがなくやるべきことが決まっている仕事のほうが、安定した気持ちで働けるでしょう。

ただし「ノルマがないから簡単」というわけでは決してありません。気配りや臨機応変な対応などが求められる仕事である点は理解しておきましょう。

向いてる仕事7.短期の仕事

たとえばその日限りや数週間、数ヶ月程度など、短期で終わる仕事を選べば、メンタルが弱い人でも働きやすいといえます。

長期の仕事の場合、人間関係や仕事などがうまくいかないと、メンタルが弱い人は出勤するのがつらくなってしまうことがあります。短期の仕事であればしがらみがないため、気が楽になるでしょう。

安定して働くことがむずかしい、スキルアップやキャリア形成がしづらいなどの注意点はあるものの、短期の仕事は、メンタルが弱い人の選択肢のひとつといえるでしょう。

向いてる仕事8.動物相手の仕事

たとえば動物園や水族館の職員、トリマーなど動物を相手にした仕事は、メンタルが弱い人に向いてる仕事のひとつといえます。

動物の命や安全にかかわるため責任感は必須ですが、人間よりも動物とかかわるほうがメインとなるため、メンタルが弱い人でも比較的取り組みやすいでしょう。

ただし、アレルギーなどがある場合はむずかしい点、働くうえではある程度体力が求められる点などは理解しておきましょう。

向いてる仕事9.薬剤師

医師や看護師などのように、血を見たり治療や手術を担当する、立ち会うなどの仕事は、メンタルが弱い人には不向きです。薬剤師の場合は薬の調合がメインとなるためそのようなことを目にする機会がなく、メンタルが弱い人に向いてる仕事のひとつといえます。

薬科大学に通って国家資格に合格する必要がある、理系でなければむずかしい、ミスがないよう緊張感を持って働く必要があるなどの注意点はあるものの、資格職のため資格を取得できれば働く場所を得られます。

資格職のため、もしもメンタル面が原因で一時的に働けなくなっても、比較的再就職はしやすいことが考えられます。勤務先を選ぶ際には、職場の雰囲気がよい、忙しすぎないなど、環境に気をつけたほうがよいでしょう。

向いてる仕事10.ホワイト企業の社員

メンタルが弱い人の場合は業界や職種で選ぶのではなく、評判のよい企業で働くという選択肢があります。ホワイト企業を選べば、職場でハラスメントを受けて追い込まれたり、過剰なノルマを課せられたり、ハードワークで身体を壊したりする可能性を減らせます。

ホワイト企業は人気があり競争率も高いため、一般的な知名度は低いけれど経営は安定している、一定のシェアがあるなどの「隠れ優良企業」を選ぶ方法もあります。

注意点としては、ホワイト企業であっても自分にマッチするとは限らない点、企業によって社風が大きく異なるため事前のリサーチが欠かせない点などです。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

メンタルが弱い人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

メンタルが弱い人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

メンタルが弱い人の特徴を知り、向いてる仕事選びに役立ててみましょう。

特徴1.生まれ持った性質というケースもある

メンタルが弱い人は、子どもの頃から些細なことが気になったり、落ち込みやすかったり考え込みやすかったりするなどの傾向があった人も少なくありません。

メンタルが弱いことは悪いことと捉えられがちですが、実はもともとの性質であるケースも考えられます。メンタルが弱いことを自覚している場合は自分を責めたり無理に克服したりするよりも、メンタルが弱い自分にもできる仕事や自分の能力を活かせる仕事を探す方向に切り替えたほうがよいでしょう。

特徴2.プライドが高い

メンタルが弱い人は一見弱そうに見えますが、実はプライドが高い部分もあります。プライドが高いゆえに、仕事上の自分のミスや失敗を認められない人もいるのです。上司から軽く注意されたレベルでもショックを受けてしまい、弱ってしまうことがあります。

プライドの高さをよい方向に活かせれば問題ありませんが、そうでない人の場合、少し指摘されただけでいちいち落ち込んでしまうこともあるでしょう。

特徴3.繊細

メンタルが弱い人は、繊細な傾向があります。人の表情や発言が気にかかり「あのときのあの発言はどういう意味なんだろう」「自分はあの人に嫌われているのかな」など、相手はなんとも思っていない場合でも、気に病んでしまうことがあります。

喜怒哀楽が激しい人や気分屋の人など、メンタルが弱い人が苦手とするタイプの人が多い職場だと、そのような人と日々接することでストレスになることがあります。

特徴4.自分の意見を伝えるのが苦手

メンタルが弱い人は、気が弱い人が少なくありません。自分の意見を伝えるのが苦手だったり、批判や否定を恐れて何も言えなかったりすることもあります。

たとえば顧客が理不尽なクレームを言ってきたり、取引先から無茶な要求をされたりするとそれに毅然と対応できず、どうしていいかわからなくなってしまうことがあるでしょう。

特徴5.優しい心を持っている

メンタルが弱い人は、もとは優しい心を持っている人が多くいます。優しすぎるゆえに何かあると自分を責めてしまい、精神的に追い込んでしまうともいえるでしょう。自分を責めてしまうぶん、メンタルが弱い人は他人を強く叱責したりすることは少ないでしょう。

職場でも、自分ではなくほかの人が怒られていたり、怖い雰囲気の上司が常にいたりするといづらくなり、自分は何も言われていなくても心を痛めてしまうことがあるのです。

特徴6.離職や転職回数が多くなることもある

たとえば職場でトラブルやアクシデントに遭遇しても、通常であればなんとか乗り切ることが多いでしょう。しかしメンタルが弱い人の場合、そのようなことが続くと「もうだめだ」「この職場にいるのがつらい」などと考えてしまい、退職してしまうこともあります。

職場環境にあきらかに問題があった、倒産や事業縮小で働くことがむずかしくなってしまったなどの事情は仕方ありませんが、あまりに短期間での離職や転職を繰り返すと、企業によっては「入社してもすぐにやめてしまうのではないか」と思われることがあります。

特徴7.うるさすぎる環境は不向き

いつも大きな音が鳴っている、騒がしく大声で話さないと聞こえない、機械音などが響いているというようなうるさい場所での仕事は、メンタルが弱い人には不向きです。音などに敏感なためそれらが刺激になってしまい、疲れてしまうことがあるからです。

メンタルが弱い人はできるだけ静かな環境を選んで働いたほうが、落ち着いて仕事ができるでしょう。

特徴8.プレッシャーに弱い

メンタルが弱い人は、プレッシャーに弱い傾向が見られます。プレッシャーをかけられることでやる気が出るタイプとは真逆のため、厳しいノルマがある、つねに時間に追われているなどの仕事は避けたほうがよいでしょう。

「契約を取るまでは帰社するな」と指示されるなど、体育会系の精神がある会社なども不向きです。ノルマがない仕事、どちらかというとのんびりとしたムードの職場を選んだほうがよいといえます。

特徴9.自分に合っていることには能力を発揮する

メンタルが弱い人は、働けないわけでは決してありません。むしろ、自分に合った仕事に就けば、普通の人よりも高い成果を発揮することもあります。

そのため、メンタルが弱い人が仕事探しをする場合、仕事内容や給料などの条件面だけでなく、社風や人間関係、労働環境、仕事のすすめかたがマッチしているかなど、細かいところまでチェックして決めたほうがよいでしょう。

特徴10.ひとりの空間が落ち着く

メンタルが弱い人は、そうでない人とくらべると職場の人間関係などに悩みやすい傾向があります。さまざまな人とかかわったり調整したりする仕事だと、たとえよい人たちに恵まれていたとしても、いろいろと気にして疲弊してしまうことがあるでしょう。

メンタルが弱い人の場合、つねにたくさんの人が周囲にいる職場よりも、自分ひとりの空間があるほうが能力を発揮しやすいこともあります。テレワークで出勤しなくても仕事ができる会社、一人ひとりパーテーションで区切られた職場のように、自分の空間を確保して働ける環境を選ぶのもおすすめです。

メンタルが弱い人が向いてる仕事を見つけるためには

メンタルが弱い人は、ひとりの仕事などメンタルが弱くても働ける職業を選ぶ、芸術家などメンタルの弱さがよい方向に活かせる仕事に就く、公務員や資格職などメンタルが弱くても職を失いにくい仕事を目指す、のいずれかを選ぶことで働くことができるでしょう。

ジェイックでは10年以上、数多くの方の仕事選びや自己分析をサポートしてきました。「自分に向いてる仕事が見つからない」とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC