相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ISFP(冒険家)と相性の良い性格まとめ!恋愛・仕事の相性や向いてる職業も解説

ISFP(冒険家)と相性の良い性格まとめ!恋愛・仕事の相性や向いてる職業も解説

ISFP(冒険家)の相性の良い性格タイプは意見や発想を受け入れてくれるタイプで、相性の悪い性格タイプは仕切りやで束縛の強いタイプです。
自分の診断結果を用いて他の16の性格タイプとの相性を知ることで、恋愛や苦手なタイプへの対処、適職を見つけることなどに活かしていくことができます。

この記事では、ISFP(冒険家)と相性の良い・悪い性格タイプを解説するとともに、恋愛や仕事面にフォーカスした相性の関係性をまとめてご紹介します。
また、ISFP(冒険家)に向いてる職業についても解説しますので、自分の性格タイプから相性を知りたいという人は参考にしてみてください。

※本記事で解説する相性は学術的根拠ではなく、各タイプの性格的における一般的理解に基づいて解釈しています。

ISFP(冒険家)と相性が良い性格タイプは?

ISFPは柔軟な思考力と好奇心の塊からくる行動力が特徴的な性格です。偏見を持たずに何事にも向き合うことができるため、数ある性格タイプの中でも非常に高い寛容さを持ち合わせています。

まずは、ISFPと相性が良い性格タイプについてかいせつしていきます。

ISFP(冒険家)と相性が良いのはどんな意見も受け入れる性格の人

ISFPは非常にユニークな価値観と志向性を持っており、自分が他人とは違う感性を持っていることにある種のプライドや誇りを持っています。また、好奇心が非常に強くあらゆる物事に興味を示す傾向にあることから、他の性格タイプよりも行動力が強いといった特徴があります。

偏見を持たないという点もISFPならではの特徴で、常に自由な発想を重んじています。そのため、多種多様な人とコミュニケーションを取ることが苦ではなく、多くの人との対話を通じて自分の価値観をアップデートするような行動も取りがちです。

このように自由を大切にする性格であることから、ISFPは自分と同じようにどのような意見も受け入れるような性格の人と相性が良いと考えられます。

ISFP(冒険家)と相性の良い性格タイプはENTP,ESFJ,INTJ

ISFPと相性が良いのは「どのような意見も受け入れる性格の人」となりますが、性格タイプで表すとENTP,ESFJ,INTJの3つのタイプとなります。

討論者タイプのENTPは、ISFPと同じく非常に強い好奇心を持っており、あらゆる物事を知りたいと考えている性格です。口が達者で自分が正しいと思っているような人なので、多くの性格タイプと相性が悪目なENTPですが、知らないことを知らないと正直に口にすることができ、礼儀正しさも兼ね備えていることからISFPとの相性は良い部類に入ります。

領事官タイプのENFJは社交性の高い性格タイプで、常に周囲に信頼できる仲間がいるような性格です。コミュニケーションに隔たりを持たずにどんな人とも上手く対話できることから、寛容な心を持つISFPとの相性は良好です。
似た性格の人だと感じることも多く、ISFPとENFJの人は比較的早く仲を深められることでしょう。

建築家タイプのINTJは、想像力が豊かで綿密な戦略を常に立てている戦略家のような性格です。自由奔放に動き回るISFPのストッパーとなってくれるような関係性であることから、性格傾向は似ていないものの人間関係としての相性は良いです。
ISFPが持ち合わせていない計画性を学ぶ相手としても適しているため、様々な点で学ぶことができるでしょう。

ISFP(冒険家)とENTPの相性

ISFPとENTPは全ての組み合わせの中で最も相性が良いと考えられます。お互いに高い知的好奇心を持っているだけでなく、感性やセンスを重視する傾向にあることから、適切に助け合うことで仲を深めていけるでしょう。

考え方がほぼほぼ同じで、得意分野が若干異なるという関係性でもありますので、友人関係でも恋愛関係でも上司部下の関係であっても、常にお互いが学び合うことができます。相手の長所を尊敬することができ、衝突も少なく順風満帆に関係性を構築できるのも特徴です。

ただ、性格傾向を表すアルファベットは4つのうち1つだけしか同じではないので、初対面の際はあまりいい印象は持たないかもしれません。仲良くなるにはやや時間がかかるという点を押さえておいてください。

ISFP(冒険家)とESFJの相性

ISFPとESFJは興味や関心がかなり近い組み合わせとなりますので、仲良くなるスピードや深い信頼関係に至りやすいといった良い相性となります。お互いに感性を重視して物事を判断する傾向にあることから、物事の全体を俯瞰して見る能力に長けているのが特徴です。

考え方が同じなため、ISFPとESFJが会話をしていると周囲の人が入って来れないほど議論にのめり込んでしまうようなことも見られます。従って、ISFPとESFJが良い相性であることは自他共に認めることも珍しくありません。

ただし、ISFPとESFJは内向型と外向型という性格傾向の違いがありますので、いざという時に取る判断が真逆になるといったこともあります。ISFPはあらゆる価値観を認める寛容な性格であるため、判断の違いが仲違いに繋がることは少ないですが、性格傾向に違いがある組み合わせということは認識しておく必要があるでしょう。

ISFP(冒険家)とINTJの相性

ISFPとITNJは共に想像力やクリエイティビティに溢れている性格タイプのため、お互いに刺激しあって高め合える良い相性と言えます。興味を持つことも似通っている傾向にあることから、一緒にいて心地よさを感じることができるでしょう。

両者の強みを細分化してみていくと、ISFPは芸術的センスに優れており、INTJは論理的かつ現実的な思考力に優れているといった違いがあります。この強みの違いがお互いの弱点を補完し合うことに繋がりますので、仕事でも恋愛でも良いパートナーとして認め合えると考えられます。

正社員未経験の強い就職支援サービス
正社員未経験の強い就職支援サービス

ISFP(冒険家)と相性の悪い性格タイプは?

ISFPは寛大な心を持っているため、多くの性格タイプと相性が良いといった強みを持っています。ただ、そんな性格の持ち主であっても相性が悪い性格タイプがいくつか存在します。

ここからは、ISFPと相性が悪い性格タイプについて詳しく解説します。

ISFP(冒険家)と相性が悪いのは仕切り屋な性格

ISFPは自由な発想力とセンスを活かして立ち振る舞う性格であることから、他人がどのように考えていたとしても受け入れるような寛容さが強みです。

ただ、それは裏を返すと相手があまりにも仕切りたがりであったり、凝り固まった思考しか持っていなかったりするとISFPの良さが発揮できなくなってしまうことにも繋がります。

このことから、ISFPと相性が悪いのは仕切りたがり屋な性格だと言えます。どんな物事にも介入してこようとしてきたり、自分の知らないところで話が進んでいることを嫌ったりするような人だと、ISFPは嫌悪感を感じて距離を置いてしまうこともあるでしょう。

もちろん人によってはISFPであっても仕切りたがりのリーダータイプの人と仲良くなることもできますが、根本的な相性が悪めなため関係性を構築するのには人一倍時間がかかる可能性があります。

ISFP(冒険家)と相性の悪い性格タイプはENTJ,ESTJ,ESFP

ISFPと相性が悪い性格タイプとしてはENTJ,ESTJ,ESFPの3つが挙げられます。

ENTJは指揮官タイプと言われており、自分が果たすべきミッションを強く心に刻んでチームメンバーを先導していく性格です。想像力が豊かという点ではISFPと似ている部分があるものの、ENTJは自分の理想とする行動を逸脱する人を悪気なく正そうとする傾向にあるため、ISFPは息苦しさを感じてしまうことでしょう。

ESTJは幹部タイプと言われており、物事や人々を管理することに非常に長けている存在です。マネジメントに多く見られる性格傾向ということもあり、ISFPが自由奔放に行動していると時折叱責をしてくることもあるでしょう。ENTJと同じようにISFPが息苦しさを感じやすい性格タイプのため、相性としては悪い部類に入ります。

ESFPはエンターテイナータイプと言われており、日頃から周囲の人を笑顔にすることを何よりの幸福だと感じる性格です。明るい性格でコミュニケーション能力にも長けていますが、自分よがりに物事を考えるといった傾向にあることから、結果的に仕切り屋的なポジションにいることもあります。この姿を見てISFPは距離を置きたがってしまうこともあるでしょう。

ISFP(冒険家)とENTJの相性

ISFPとENTJは日常的に衝突することが多く、全ての組み合わせの中でも相性としては悪いです。ISFPが頑張ってENTJの考えていることを汲み取ろうとしても、ENTJが一方的に締め付けるようなコミュニケーションをしてきてしまうので、一緒にいてストレスも感じやすい傾向にあります。

また、ENTJはISFPにはない強みを多く持っていることから、勝手にISFPが劣等感を感じ、無意識のうちに相手を避けてしまうといったケースも見られます。この場合ENTJは悪気がないため、より一層相互理解を深めることはできないでしょう。

ISFP(冒険家)とESTJの相性

ISFPとESTJは初対面の時はそこまで相性が悪いということはありませんが、関係が深まっていくにつれて相性の悪さが出てくる傾向にあります。

ENTJは集団をまとめ上げることに強みのある性格ということもあり、悩んでいる人に積極的にアドバイスをします。しかし、ISFPは内向的な性格のためできる限り自分一人で考えていきたいと行動します。そのため、ENTJのアドバイスをうざったく感じてしまい、結果的に関係性が深まりきらないということが多々あります。

また、自由にアイデアを発想していきたいISFPにとって、管理的にコミュニケーションをしてくるENTJはストレスが溜まる原因となるでしょう。お互いをあまり理解することができない関係性であることから、相性としては悪い部類と言えます。

ISFP(冒険家)とESFPの相性

ISFPとESFPは性格傾向を表すアルファベットが4文字中3文字が一緒ですので、一見すると相性の良い組み合わせだと感じます。ただ、内向型と外向型という決定的な違いがあることから、最終的には衝突しやすい傾向が見られます。

特にESTPは外交的で他人とのコミュニケーションを重視する性格であることから、何事にも積極的に取り組もうとします。一方ISFPは内向的で自分で考えることを大切にしたいと感じていますので、物事を慎重に取り組みがちです。

この価値観の違いが大きな衝突を発生させる原因となるため、相性としてはどうしても良いとは言えないでしょう。

性格お仕事診断
性格お仕事診断

ISFP(冒険家)の恋愛における相性一覧

ここからは、ISFPの性格相性について細かく関係性を切り分けて解説していきます。まずはISFPの恋愛における相性について、それぞれの性格タイプで見ていきましょう。

ISFP(冒険家)が恋愛において相性が良いのはINFP,ISTP,ESFJ

ISFPは寛容な心を持っていますので、多くの性格タイプと恋愛相性が良い傾向にあります。その中でも特に恋愛面での相性が良いのは、INFP,ISTP,ESFJの3つのタイプです。

仲介者タイプのINFPは、ISFPとかなり近い性格傾向にあることから、意思疎通がスムーズで恋愛におけるパートナーとして非常に相性が良いです。思っていることを手に取るように感じられるため、お互いが無理せずに気遣いができ、居心地の良さを感じられるでしょう。
また、INFPは非常に包容力のある性格タイプであることから、ISFPが自由奔放に過ごしていても文句を言うことなく肯定してくれるので、ISFPと長く恋愛関係を続けられる傾向もあります。

巨匠タイプのISTPは、ISFPと同じく人間関係に強く縛られることが苦手なタイプのため、交際すればお互いに自立した恋愛関係を築けるでしょう。相手をパートナーとして信頼しつつも、自分の興味のあることに突き進める関係性であることから、一人の時間を大切にすることも可能です。
加えて、ISTPもISFPもどちらもセンスや感覚に優れている性格ということもあり、お互いがお互いのアイデアに影響し合えるといった相乗効果も期待できます。従って、恋愛関係におけるISTPとISFPの相性は、互いに高め合える良きパートナーと言えます。

領事官タイプのESFJは、興味や関心の方向性が似ていて一緒にデートを楽しむことがしやすい相性です。また、ESFJはアクティブな性格ということもあり、出不精なISFPを外に連れ出してくれるため、退屈しない恋愛関係を築いていけます。
ESFJは寛容な性格でもあるため、ISFPは自分のやりたいように行動するといった毎日を交際後も変わらず実現できるでしょう。

ISFP(冒険家)が恋愛において相性が悪いのはENTJ,ESTJ

ISFPは寛容な心を持っているものの、恋愛関係においてはできるだけ自由に過ごしたいと考えています。このことから、ISFPの恋愛における相性が悪い性格タイプはENTJ,ESTJの2つが挙げられます。

指揮官タイプのENTJは、恋愛ではISFPを必要以上に束縛してしまう可能性があり、関係性の悪化が高い可能性で生じます。また、性格傾向を表すアルファベットが全て真逆ということもありますので、日常的に価値観の違いを強く感じることになるでしょう。

幹部タイプのESTJも、ENTJと同じく恋愛関係においてはISFPの行動を制限したり、自分の方が優位に立とうとしたりするため、交際をしていて息苦しさを感じることが多くなりがちです。ISFPが不満を伝えても、ESTJは自分の持っている恋愛における価値観を絶対に崩しませんので、話し合いは平行線になりやすいです。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ISFP(冒険家)の恋愛における他タイプとの相性

ここまでで紹介した5つの性格タイプ以外のタイプとの恋愛における相性については、以下のようにまとめられます。

新しい恋愛や今のパートナーとの相性について悩んでいる人は、この一覧を参考にしてみてください。

性格タイプ相性関係性
INTJ★★★★☆ISFPと同じく内向的な性格のため、落ち着いた恋愛ができるでしょう。また、INTJはパートナーに喜んでもらうために計画を立てるのが好きな性格なため、長く交際していてもマンネリを感じにくい傾向にあります。
INTP★★★☆☆知的好奇心が強く、ISFPと交際するとお互いが自立心を持って生活できるため、束縛感なく開放的な毎日が過ごせます。ただ、お互い自立心が強すぎて恋愛感情が薄まってしまうことも考えられます。
ENTP★★★★★ISFPに対して良いアドバイスや助言をくれる存在であり、信頼できる恋愛関係が築けるでしょう。また、好奇心も旺盛なため、ISFPのやることにも興味を持ってくれ、二人で様々なことを楽しめるはずです。
INFJ★★★☆☆理想主義者のINFJは尊敬できる点がたくさんあるので、どちらかというとISFPからINFJに対する愛情表現が多くなるでしょう。ただ、INFJが物静かな性格であることから、本当に自分のことが好きなのか不安に感じる瞬間が少なからずあります。
ENFJ★★★☆☆カリスマ性と寛容さを兼ね備えている性格ですので、ISFPが自由に生活していても文句を言うことはほぼありません。ただ、ENFJは社交性が高いため、内向的なISFPはしばしば嫉妬してしまうことがあります。
ENFP★★★★☆性格傾向が似ている組み合わせとなりますので、一緒に過ごしていてストレスを感じることが少ないです。また、ISFPにはない行動力やコミュニケーション能力を有しているため、退屈しない恋愛関係が築けます。
ISTJ★★★☆☆ISTJは管理者タイプとなるため、恋愛においてはISFPを束縛してしまうことがあるでしょう。しかし、同時にISTJは秩序を大切にするタイプでもあることから、衝突を未然に避けようとしますので、そこまで大きなトラブルに発展するケースは少ないです。
ISFJ★★★☆☆ISFJは擁護者タイプとなりますので、ISFPがやることの多くを認めてくれます。どこにデートを誘ってもついてきてくれますが、ISFJがストレスを抱え込みやすい性格ということもあり、突然喧嘩に発展してしまうことも考えられます。
ESTP★★★☆☆ISFPもESTPも比較的リスクを取って行動することが好きな性格ですので、共通した価値観を持っています。ただ、内向型と外向型という違いがあるため、恋愛をしていると衝突する機会が頻繁に発生しがちです。
ISFP★★★★☆ISFP同士だと性格や価値観がほぼほぼ同じになるため、恋愛関係においては非常に相性が良いです。心理的な壁もないため仲良くなりやすく、衝突して喧嘩になることもほぼないでしょう。
ESFP★★☆☆☆ESFPは極めて強い外交的性格を持ちますので、内向的なISFPと行動の違いが大きく見られます。一緒にいて楽しいと感じる瞬間も多々ありますが、それ以上に衝突することが多く、二人でいると気が休まりにくいかもしれません。

ISFP(冒険家)の仕事における相性一覧

ISFPの仕事における相性についても詳しく解説していきます。相性を知って活用することで普段の仕事の中で、連携の強化や人間関係の摩擦を減らすことなどができます。

ISFP(冒険家)が仕事において相性が良いのはISFJ,ENFP,ESTP

ISFPが仕事において相性が良い性格タイプは、ISFJ,ENFP,ESTPの3つのタイプが挙げられます。

ISFJは擁護者タイプで、仕事では常にサポート役として立ち振る舞います。ISFPは仕事においても自分のセンスを存分に発揮していきたいと考えますので、自分のアイデアを実現するのにサポートしてくれるという点で相性が良いと考えられます。

ENFPは運動家タイプで、ISFPと同じく独創性を仕事で発揮したいと考える性格であり、強いシナジーがあります。一緒に仕事を進めれば、互いの弱みを克服しあえますので、大きな実績を出していくことも十分に可能です。特にISFPが苦手なコミュニケーションの部分は、ENFPに任せてしまうのがおすすめです。

ESTPは起業家タイプで、ISFPと同じくリスクを取って大きなリターンを得るような仕事が好きな傾向にあります。仕事の進め方も非常に似通っていることから、同じプロジェクトで働くことになれば意気投合して物事を進められるでしょう。

ISFP(冒険家)が仕事において相性が悪いのはISFP,ESFP

反対に、ISFPと仕事において相性が悪い性格タイプはISFP,ESFPの2つとなります。

同じ冒険家タイプであるISFPは、心理的に仲が良くなりやすい組み合わせではあるものの、仕事という観点で見るとお互いが常に自由に行動してしまうため、組織としてのまとまりが非常に弱くなってしまいます。
加えて、お互いが自由にアイデアを出してくることから、議論における論点も拡散してしまい、物事を前に進めることが難しくなることでしょう。

ESFPはエンターテイナータイプで、職場では盛り上げ役として立ち振る舞いますが、ISFPとは考え方やアイデアの方向性が全く異なりますので相性は悪いです。二人でいても新しいアイデアが生まれることはほぼほぼなく、ISFPの思考力やクリエイティビティが発揮できずにストレスを溜め込んでしまうことでしょう。

ISFP(冒険家)の仕事における他タイプとの相性

ここまでで解説したそれぞれの性格タイプ以外との仕事における相性をまとめると、以下の通りとなります。

性格タイプ相性関係性
INTJ★★★★☆論理的な思考をしあえる関係性のため、二人で議論することによって新しい発見をたくさんできるでしょう。また、ISFPが苦手な計画立ての部分はINTJの得意分野となるため、助け合って仕事ができる良い相性です。
INTP★★★☆☆お互いに高い思考力を活かして仕事をこなしていくため、強みが似ているのが特徴です。ただ、ISFPはより創造的なアイデアを考えるのが得意であり、INTPは現実的に物事を考えるため、しばしば衝突してしまうことも考えられます。
ENTJ★☆☆☆☆組織を束ねる指揮官タイプということもあり、ISFPの自由な発想を妨げられてしまうことが考えられます。また、組織全体にとって良いことをしようと考えることから、ISFPの希望する仕事を振ってもらえないこともあるでしょう。
ENTP★★★★★知的好奇心が強いタイプのため、ISFPが考えるアイデアをほぼほぼ受け入れてくれます。また、論理的思考力にも長けていることから、ISFPの考えたアイデアをより良いものにブラッシュアップしてもらうこともできるでしょう。
INFJ★★★★☆お互いに理想的なビジョンを掲げて仕事をするのが好きな性格のため、相性としては良好です。発想のベクトルが異なることもあり、お互いに学べるポイントがたくさんあります。
ENFJ★★★☆☆リーダー的な立ち振る舞いをする性格ですが、寛容さもあるためISFPはそこまで仕事上のストレスを感じることはありません。ただ、特別信頼し合える関係性になることは難しく、仕事での相性は普通です。
INFP★★★☆☆他人のために頑張れる性格であることから、ISFPがどれだけ無茶振りをしても協力してくれます。ただ、INFPは自分から積極的に仕事に参画してくるタイプではありませんので、ISFPにとってはいてもいなくてもいい人と感じてしまうこともあります。
ISTJ★★★☆☆管理者タイプということもあり、ISFPは常に管理される側の立場となります。秩序を重視したコミュニケーションをされるため、ISFPは時折息苦しさを感じることがあります。
ESTJ★★☆☆☆力強く組織をまとめあげることが得意な性格ですので、ISFPが好き勝手に働こうものなら怒られてしまうでしょう。ISFPの強みをかき消されることもあり、仕事における相性は悪いです。
ESFJ★★★☆☆思いやりの強い性格のため、ISFPのやることに対して嫌な顔はしないでしょう。ただ、ISFPの独自性についてくることができないので、結局仕事を自分一人で進めることになりかねず、そこまで仕事における相性は良くありません。
ISTP★★★★☆お互いに目の前の仕事に対して感覚を重視して向き合おうとするため、仕事に対するスタンスが似ています。また、お互いの弱みを補完し合える組み合わせでもありますので、新しいアイデアを生み出すこともできるでしょう。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ISFP(冒険家)に相性の良い職業

ISFPが仕事で活かせる長所としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 新たなことへのチャレンジ精神
  • 他者のニーズをくみ取る力
  • 独創的なアイデア

これらの長所が活かせる、相性の良い職業としては以下となります。

  • 営業
  • 人事
  • ファッションデザイナー
  • マーケティング
  • 美容師
  • 農家
  • 歯科衛生士
  • 獣医
  • 旅行ガイド
  • Webデザイナー
  • 写真家
  • コピーライター
  • 整体師
  • スポーツインストラクター
  • 学芸員

それぞれの職業について、より詳しい解説やキャリア形成のポイントを以下の記事でまとめていますので、合わせて確認してみてください。

ISFP(冒険家)に向いてる仕事15選!性格から分かる適職一覧

ISFP(冒険家)の相性に関するよくある質問

最後に、ISFPの相性に関してよくある質問をまとめて解説します。

ISFP(冒険家)の相性あるあるは?

ISFPの相性関係におけるあるあるとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 八方美人に取り繕いがち
  • どのような話題にもついていける/ついていきたがる
  • 言い争いを率先して止めようとする平和思考
  • 中立的な立場にいることが好き
  • 広く浅く興味を持つ
  • 趣味が長続きしにくい
  • 自分一人の時間が好き
  • 自分の意思を他人にあまり出さない
  • 知らない人に声をかけられやすい

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ISFP(冒険家)の割合はどれくらい?

ISFPの割合は6.8%程度と言われており、日本人では比較的多い性格タイプとなっています。

常に集団ではリーダーに付き従う傾向にありますが、同時に自分が興味の持てることにしか集中できないという性格であることから、自由奔放に生きている人がISFPだと考えられます。

ISFPが集まりすぎるとまとまりのない集団となってしまいますので、6.8%というのは適度な割合だと言えるでしょう。

ISFP(冒険家)の友達との相性は?

ISFPは平和主義で八方美人な立ち振る舞いをしがちですので、友達を広く浅く作る傾向にあります。そのため、多くの人から「良い人」という評価をされることでしょう。

相性としては詳しく見ていけば良し悪しがあるものの、他の性格タイプよりは相性が良い人が多く見られます。人間関係で困ることも少ない性格のため、友達との相性は全般的に良好です。

まとめ

ISFPと特に相性が良いのはENTPです。交友関係にしろ恋愛、仕事関係でもお互いが自然と助け合うことができるため、一緒にいて損をすることはありません。また、中長期的に長い付き合いになったとしても自然体で付き合えるでしょう。

反対に、ISFPと特に相性が悪いのはENTJです。自由に過ごしたいISFPにとって、仕切りたがりのENTJは何をしても衝突してしまうほどの最悪な相性と言えます。

この記事で解説したそれぞれの関係性における相性を参考に、日頃の人間関係を改善するのに役立ててみてください。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

就職・転職未経験の方に特化した就職支援サービス
就職・転職未経験の方に特化した就職支援サービス
まずは相談してみる

CTAボタン

ABOUT US
ジェイック広報室
東証上場 | 採用支援と社員教育のジェイック 「就職カレッジ®」「新卒カレッジ®」などの若手就職・採用支援、 教育研修「7つの習慣®」「D・カーネギーの“人を動かす”」「原田メソッド®」| 採用・社員教育に役立つセミナー情報、ニュース、ささいな日常を発信中 !|「働きがいのある会社」ベスト100選出