就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターから正社員就職は可能なの?正社員就職の方法も解説!

フリーターから正社員就職は難しい?成功のコツとおすすめの仕事を解説!
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「フリーターから正社員として就職することは可能なの?」と疑問をお持ちの方はいませんか。

実は、フリーターが正社員として就職することは可能です。なぜなら、フリーターを採用したいと考えている企業もあるからです。

ただ、決して簡単なものではありませんフリーターが正社員就職を目指すには、特有のコツがあります。また、フリーターから正社員になりやすい職種もあるのです。

こちらの記事では、フリーターから正社員就職が可能なのか、正社員就職を可能にする就職活動の方法について解説しております。

正社員になりたいフリーターの方、必見です!

フリーターから正社員就職は可能

正社員就職は難しい

フリーターから正社員になって、経済的・精神的に安定した生活を送りたいと考えている人は多いことでしょう。

フリーターと正社員の収入格差は、約4倍とも言われています。生涯年収で見てみると、フリーターと正社員が同じ年数働いた大卒者の場合、フリーターは約1億5400万円であるのに対し、正社員は約2億7200万円。その差は実に、1億1800万円もの開きになるのです。

引用:労働政策研究・研修機構/ユースフル労働統計2020(319p、336p)

しかし、フリーターが応募可能な正社員の求人があるのかと、不安になる人もいるかも知れません。そこで、次に、フリーターが正社員になれる割合について、見てみましょう。

フリーターが正社員になれる割合

労働政策研究・研修機構の調査によると、アルバイトやパート勤務から正社員に移行した人の割合は、15~19歳で29.9%、20~24歳で32.7%、25歳~29歳で25.5%、30歳~34歳で18.1%、35歳~39歳で15.5%、40歳~44歳で15.6%です。

全体では20.9%の移行率になりますが、20代男性は約25~33%、20代女性では約38~40%となっており、特に20代の移行率が高い傾向にあります。30代になると移行率は減少しますので、なるべく年齢が若いうちに正社員を目指した方が成功の確率は高いでしょう。

過去 1 年間に非典型雇用から離職した者の性・年齢階層別正社員移行率

引用:労働政策研究・研修機構/若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状3-平成29年版「就業構造基本調査」より-(72p)

また、厚生労働省が公表したデータによれば、令和4年7月の有効求人倍率は1.29倍です。この有効求人倍率が1以上であれば求職者を探している企業が多く、1未満であれば職を探している人が多いことを示しています。つまり、現状は仕事が見つかりやすい状況にあり、正社員を目指して就職活動をスタートさせるのに絶好のタイミングと言えるでしょう。

求人、求職および求人倍率の推移

引用: 厚生労働省/一般職業紹介状況(令和4年7月分)について

フリーターとは

厚生労働省が定めているフリーターの定義は以下の通りです。

年齢が15~34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者かつ未婚の者のうち、 以下に該当する者。

  • 雇用形態が「パート・アルバイト」
  • 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」
  • 家事も通学もしていない者のうち、 就業内定しておらず、希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」

このように、フリーターは「仕事を主とする34歳までの男女で、現在アルバイトやパートでの雇用もしくは雇用希望者」のことを言います。

近年では、自分がやりたいことの為にフリーターとなる方や、スキルや経験を積むためにまずはフリーターとなってから正社員になる方も増えています。ただ一方で、安易にフリーターを選んでしまう方も多く、将来的に金銭面や雇用の安定性においてリスクを抱えてしまうこともあります。

フリーターとして働くことの良い点と悪い点をしっかりと知ることで、あなたに合う働き方を選べるようになります。続いては「フリーターでいるメリット・デメリット」についても解説しましょう。

フリーターでいるメリット

フリーターは、正社員に比べて柔軟に働けるため、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたい方に向いています。やりたいことがあって仕事の時間を最低限に抑えたい、収入を増やすためメインの仕事以外にダブルワークがしたいなどの理由から、フリーターとして働いている方もいます。

それでは、フリーターとして働く主なメリットを3つご紹介します。

メリット1:プライベートの時間を自由に取れる

フリーターはシフト勤務が中心であることが多く、正社員よりもプライベートの時間を多く確保することが可能です。正社員はフルタイム勤務が原則であり、平日8時間・週40時間働くことが求められるため、フリーターに比べて自由な時間は少なくなります。

メリット2:正社員に比べて責任が少ない

フリーターの業務は、正社員の指示に従うのが基本です。そのため、正社員として就職した人と比べると責任が少ないほか、気持ちに余裕をもって仕事に従事できるのが魅力といえます。正社員になると業務上の責任は重くなり、目標やノルマ達成などのプレッシャーもかかってくる可能性があります。

メリット3:仕事の掛け持ちができる

フリーターは、勤務日数や時間帯などのシフトに融通が利くため、他の仕事を掛け持ちで行うことも可能です。一方、正社員はそもそもフルタイム勤務が基本であり、フリーターほど自由には勤務日数や時間についての調整ができません。

フリーターでいるデメリット

フリーターはフレキシブルに働ける反面、収入面や雇用の安定性は正社員に比べると低い傾向にあります。福利厚生が利用できないケースも多く、長期的に続けて年齢が高くなることでデメリットが拡大していくことにも注意が必要です。

デメリット1:仕事が安定しない

フリーターは、正社員に比べれば仕事を失うリスクが高くなります。なぜなら、フリーターは有期雇用であるため、コロナ禍や不況などの社会情勢、会社の経営状態、本人の勤務態度など様々な要因から雇用契約が更新されない場合があるからです。

一方、正社員は、定年までは無期雇用であるため、有期雇用よりも解雇されにくい立場にあります。社会情勢や会社の業績によってはリストラの可能性もゼロではありませんが、そうした状況になった場合、先に解雇されるのは有期雇用の人たちなのです。

平時は気にならなくても、非常事態になると両者の違いは残酷なほど明らかになります。フリーターを続ける特別な理由がない人は、より安定した雇用環境に身を置くことをおすすめします。

デメリット2:給与が低い

フリーターは、正社員よりも大幅に給与が低い状況にあります。フリーターと正社員の年収差は年齢を重ねるにつれ大きくなっていき、生涯年収では約1億円もの格差になることもあります。

こちらのグラフは、厚生労働省が公表した「学歴・雇用形態別の時間当たり収入、年収」の調査データです。

学歴・雇用形態別の時間当たり収入、年収

正社員とフリーターの年収には、就業時点で約100万円以上の差があります。20代後半では150~200万円、30代では200~360万円、40代に至っては300~450万円と、年齢を増すごとに年収額の差は大きく広がっていきます。また、高卒よりも大卒の方が、年収額の落差が激しい傾向にあります。

このデータから「もしフリーターから正社員に移行したいのであれば、早ければ早いほど収入面でのメリットが大きい」ということが分かります。

デメリット3:福利厚生が付かない可能性も

正社員には各種手当や休業補償、自己啓発支援などの充実した福利厚生が適用されます。福利厚生の内容は企業によって異なりますが、種類が豊富なところでは住宅手当・家族手当・通勤手当、レジャー割引といった生活面でのサポートも受けられます。アルバイトやパートに適用される福利厚生もありますが、正社員に比べるとその範囲は限定的です。

フリーターから正社員就職を成功させる3つのコツ

フリーターからの正社員就職は可能ではありますが、決して簡単なものではありません。そこで、成功率を高めるための3つのコツをご紹介します。

  • コツ1:履歴書と職務経歴書の質を上げる
  • コツ2:面接はポイントを押さえて対策する
  • コツ3:就職に役立つ資格を勉強する

では、それぞれについて見ていきましょう。

コツ1:履歴書と職務経歴書の質を上げる

1つめのコツは、履歴書と職務経歴書の質を上げることです。

書類選考を通過しない限り面接にも進めませんし、面接は応募書類に書かれた内容をもと実施されるため、書類のクオリティをあらかじめ高めておくことは欠かせません。

フリーターが履歴書を書く際は、次のポイントを意識しましょう。

  • アルバイト経験は書いてもOK
  • 社会保険に加入していたアルバイトについて優先的に記載する
  • 応募職種で活かせるアルバイトの業務内容は、勤務期間が短かくても書く

職務経歴書に関しては、次のポイントを意識して作成してみてください。

  • 仕事内容は細かく記載する
  • アルバイトを通して身に付けた知識やスキルについて書く
  • 仕事をする上で、心掛けていることを書く
  • 後輩指導の経験があれば盛り込む
  • 応募する職種に活かせる経験や強みを書く

履歴書・職務経歴書ともに書くのがはじめての方には、次の記事もおすすめです。

履歴書の正しい書き方とは?好印象な履歴書に仕上げる5つのポイント
フリーターの職務経歴書のポイント!【見本・チェックリストあり】

コツ2:面接はポイントを押さえて対策する

2つめのコツは、ポイントを押さえて面接の対策をすることです。

闇雲に対策しても時間の無駄になってしまいます。まず、企業が何を評価しているのか理解したうえで、その評価を高めることを目的に準備を重ねましょう。

具体的には、次の3つを重点的に対策することをおすすめします。

  • マナー
  • 自己PR
  • 志望動機

マナーに関しては、特に服装に気を付けてください。男性は白いワイシャツに濃い青などのネクタイが基本です。女性は白に近い色のシャツやブラウスに、肌に近い色のストッキングが基本スタイルです。

面接マナーについては次の記事もご参照ください。

面接のマナーで企業の採用が変わる!?~転職で気をつけるべき3つのポイント~

自己PRは、アルバイト経験などで身に付けたスキルや知識を伝えつつ、それらが応募先企業でどのように活用できるか、端的に話せるよう練習を積んでおきましょう。例文を紹介します。

  • 私の強みは、自主的に動けることです。
  • 居酒屋でホールスタッフのアルバイトを2年続けていますが、このとき気を付けているのが常に先回りして行動することです。
  • たとえば団体のお客様がお越しになった際は担当エリアでなくてもヘルプに回る、空きのグラスがあればお客様より先にテーブルに行き、注文をお訊きする、といったことを続けてきました。
  • 現在はこうした姿勢が店長から認められ、ホールをまとめるリーダーを任されています。御社では営業職を志望していますが、お客様のためを思って行動することが特に求められる仕事だと考えていますので、これまで培ってきた自主的に動ける姿勢をさらに磨き、活躍していきたいと思います。

自己PRの書き方について詳しく知りたい人は、次の記事もご参照ください。

フリーターの自己PR解説!バイトだけでも!【例文集・強み61選付き】

フリーターが志望動機を伝える際は、「長期間、働いてくれそうだ」という期待を面接官に感じてもらうことが大切です。そのため、次の3点に気を付けて志望動機を作りましょう。

  • 正社員を志望する理由を、自分の経験を交えて話す
  • 「御社に貢献していきたい」という前向きな姿勢を示す
  • 働き始めて3年後のイメージを伝える

例文を紹介しますので参考にしてみてください。

  • 事務職として御社を支える仕事がしたく、志望しています。
  • コンビニのアルバイトではレジ締めを任されており、日々の売り上げの集計が日課となっています。この仕事を通し、ビジネスの会計の面に興味をもち、この仕事をさらに極めてみたく、正社員として働くことを志望いたしました。
  • 特に御社は、私が勤めていたコンビニに商品を卸す会社であるということから、事業内容に興味を抱いております。
  • 現在は、入社後に少しでも力になりたく簿記2級を学んでおり、入社3年を目途に簿記1級の取得に挑戦する予定です。入社後も努力を続け、事務的な側面から会社を支えられる存在になりたいと考えています。

コツ3:就職に役立つ資格を勉強する

3つめのコツは、資格取得を目指すことです。働く意欲を伝えられますし、「即戦力」としてアピールできる場合もあるからです。

どの資格を取得するか迷う場合は、次の3つがおすすめです。

  • 基本情報技術者試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • 宅地建物取引士(宅建)

基本情報技術者試験とは、ITの知識が広く出題される試験のことです。IT初心者の場合には2~3ヶ月の勉強期間が必要ですが、取得するとITに対する学習意欲を強くアピールできます。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)とは、マイクロソフト社製のWord(ワード)やExcel(エクセル)などのスキルを証明できる資格です。どの仕事でもパソコン作業は必要なため、応募する業界が決まっていない場合はまずはMOSを取得することをおすすめします。

宅地建物取引士(宅建)とは、不動産関連の知識を証明できる資格です。不動産売買に必須の資格のため、宅建を取得している人は高く評価されます。特に不動産業界の営業職は未経験者の募集も活発なため、宅建を持っている人は採用でかなり優遇されるでしょう。

フリーターから正社員になれる7つの仕事

フリーターから正社員を目指す場合は、次の7つの仕事がおすすめです。

  • 営業職
  • アドバイザー職
  • 介護職
  • システムエンジニア
  • 事務職
  • 製造職
  • 警備員

それぞれの仕事について、仕事内容や向いている人の特徴、平均年収などを紹介します。

※年収参考:

厚生労働省|令和2年賃金構造基本統計調査「職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)」

平均年収の算出:「きまって支給する現金給与額×12」+「年間賞与その他特別給与額」(※千円以下切り捨て)

求人ボックス給料ナビ

仕事1:営業職

営業職は、自社の商品やサービスを顧客に販売する仕事です。個人向けに保険商品や住宅を販売する「個人営業」、企業に向けて製品などを提案する「法人営業」の2つに大きく分かれます。

営業職は常に誰かに会う仕事であるのため、コミュニケーション力が高い人に向いています。仕事にはノルマが設定されることが一般的であり、目標に向かって努力することにやりがいを感じる人にも向いているといえるでしょう。一方、ノルマ達成に向けて会社から強いプレッシャーをかけられる場合もあり、メンタル的な面でのタフさが必要になる点には注意が必要です。

営業職は資格がなくても働けますが、扱う商材やサービスに関連のある資格を持っていると就職の際に有利です。たとえば、金融業界では「FP(ファイナンシャルプランナー)」、不動産業界を目指すなら「宅建」が評価されます。

営業職の平均年収は、男性562万円、女性434万円です(※)。

※「その他の営業職業従事者」の平均年収を参照

営業職については、次の記事もご覧ください。

営業職の仕事内容とは?基本的な流れや営業の種類別に向いてる人を解説!

仕事2:アドバイザー職

アドバイザー職とは、個人や企業からの相談に乗り、その解決策を一緒に考えていく仕事です。「キャリアアドバイザー」「美容アドバイザー」など、さまざまな種類が存在します。

アドバイザー職は、傾聴力がある人に向いています。人の話に耳を傾けられる人、誰かの話を聴く側に回ることが多い人には適性があるでしょう。ただ、相手の悩みに共感し過ぎると自身のメンタル不調につながるおそれもあるため、自分と相手との間に境界線をしっかり意識すること、その見極めが冷静にできることが重要です。

キャリアアドバイザーを目指す場合は、国家資格の「キャリアコンサルタント」を持っていると就職で有利です。美容アドバイザーの場合は「日本美容検定」「日本メイクアップ技術検定試験」がおすすめです。

アドバイザー職の平均年収は384万円です(※)。

※「カウンセラー」の平均年収を参照

人を笑顔にする仕事を文理別に14個紹介!就職のコツや注意点も解説

仕事3:介護職

介護職とは、要介護者(介護を必要とする人)の生活をサポートする仕事です。老人ホームや障碍者支援施設で働くことが一般的です。

介護職は、誰かの喜ぶ顔がやりがいにつながる人に向いています。入浴や着替え、排せつの補助など大変な面もありますが、「ありがとう」の言葉を多く受けられる仕事であり、人をサポートする仕事に就きたい人は検討してみましょう。業界全体が慢性的な人手不足であるため、ひとりあたりの業務量が多い可能性がある点には注意が必要です。

介護職を目指す場合は、国家資格の「介護福祉士」の取得に挑戦することをおすすめします。資格がなくても働ける施設はありますが、介護福祉士を持っていると就職で有利になるだけでなく、場合によっては給料アップや、施設内の高い役職で働ける可能性があります。就職後に働きながら資格取得を目指すことも可能で、資格取得の支援制度がある職場もあるので事前にチェックすると良いでしょう。

介護職の平均年収は、男性391万円、女性343万円です(※)。

※「介護職員(医療・福祉施設等)」の平均年収を参照

介護資格をハローワークの職業訓練で取得する方法【働きながら資格を取得する方法もご紹介】

仕事4:システムエンジニア

システムエンジニアとは、主にITシステムの構築を担う仕事です。システムに求める要件などを企業の担当者にヒアリングし、その要件に沿う仕様書を作り上げます。その後はプログラマーなどに指示を出しつつ、システム完成までの一連の流れを仕切っていきます。

システムエンジニアに向いているのは、協調性をもって仕事を進められる人です。発注元の企業の社員だけでなく、社内のメンバーをまとめていく役割も求められるためチームプレーに自信がある人は活躍できるでしょう。ITシステムにはトラブルがつきものなため、何か問題が起きた場合は深夜でも復旧作業に当たる必要があるなど、突発的な対応に見舞われる可能性がある点には注意が必要です。

資格としては「基本情報技術者」がおすすめです。同様の資格に「ITパスポート」がありますが、難易度としては低めなため、より高難度の問題が出題される「基本情報技術者」のほうが採用で評価される傾向にあります。

システムエンジニアの平均年収は、男性528万円、女性434万円です(※)。

※「ソフトウェア作成者」の平均年収を参照

システムエンジニアについて詳しく知りたい場合には、次の記事もご参照ください。

システムエンジニアは未経験でもなれる!就職方法やきつい求人の特徴も解説

仕事5:事務職

事務職とは、社内で事務作業をおこなう仕事です。書類作成や売上管理、データの打ち込みなど、基本的には社員のサポート業務を担います。

事務職は、作業をコツコツと行える人に向いています。パソコンに向き合い、細かな数字を扱う場面が多いため、そうした作業でも集中力を切らさず、ミスなく取り組める人は社内で重宝されるでしょう。いわゆるマニュアル仕事が多いため、「常に新しい仕事に挑戦したい!」と考えている人は仕事に飽きてしまう可能性がある点には注意が必要です。

事務職は特に資格がなくても働けますが、お金を扱う業務がある場合は「簿記」を持っていると採用で有利に働きます。

事務職の平均年収は、男性609万円、女性406万円です(※)。

※「総合事務員」の平均年収を参照

事務職に興味がある場合は次の記事もチェックしてみてください。

事務職は未経験でも大丈夫?男性の事務職についても解説します!

仕事6:製造職

製造職とは、主に工場内で機械のセッティングや操作、材料の加工や、製品の検品などを行う仕事です。

製造職はモノづくりが好きな人に向いています。重厚な機械から日用品まで工場によって扱う商材はさまざまですが、どの分野でも製品が作られていく過程を間近で見ることができるのは醍醐味でしょう。一方、怪我のリスクと常に隣り合わせという点はあらかじめ理解しておきましょう。

就職にあたっては「危険物取扱者」や「機械保全技能士」を取得していると、選考の際に有利に働く場合があるでしょう。

製造職の平均年収は、男性447万円、女性313万円です(※)。

※「その他の製品製造・加工処理従事者(金属製品を除く)」の平均年収を参照

工場の仕事とは?仕事内容や向いている人を解説!

仕事7:警備員

警備員は、商業施設やオフィスビルなどの警備を行う仕事です。見回り作業のほかに、入退館の受付や、監視カメラのチェックなども行います。

警備員は責任感が強い人に向いています。場合によっては身の危険を感じることもありも、ほかの職種以上に注意深く仕事をする必要はありますが、「人々の安全を守る」という使命に意欲を燃やせる人であれば大きなやりがいを感じられるでしょう。

警備員の資格(検定)は、担当する施設ごとに分かれています。たとえば、商業施設やオフィスビルでは「施設警備業務検定」、空港では「空港保安警備業務検定」、一般道の交通誘導では「交通誘導警備業務検定」を持っていると、採用時に評価されるでしょう。

警備員の平均年収は、男性353万円、女性327万円です。

人と接しない仕事10選!仕事内容や年収、就職のコツや注意点も解説!

フリーターから正社員を目指す3つの方法

フリーターから正社員を目指すときにおすすめの方法を3つ紹介します。

  • ハローワークの利用
  • 就職サイトの利用
  • 就職エージェントの利用

それぞれのサービス内容などを紹介しますので、参考にしてみてください。

方法1:ハローワークの利用

ハローワークは、全国に500ヵ所以上設置されている国の施設です。求人の検索や応募、就職活動の相談・支援などを無料で受けられます。

ハローワークでは、一定の条件をクリアすれば「職業訓練」を受けることも可能です。ITスキルをはじめ、働く際に役立つ技能をほぼ無料で習得できるので、フリーターから正社員就職を目指す場合は職業訓練を受けてみても良いでしょう。

方法2:就職サイトの利用

就職サイトとは、求人を一覧で確認できるWebサイトのことです。希望条件を設定し、その条件にマッチする求人があればサイト上で企業に直接応募できます。

就職サイトの利用者は特に制限されていませんが、IT業界の求人が多い、メーカーの求人をメインに扱っているなど、サイトごとに扱う求人に特徴があるため、自分の希望に近い求人が多く掲載されているサイトを選べると良いでしょう。

方法3:就職エージェントの利用

就職エージェントとは、就職活動を無料でサポートしてくれるサービスです。主に次のサポートを受けられます。

  • 求人紹介
  • 企業への応募
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接アドバイス
  • 企業との面接日程の調整
  • 企業との給与交渉

就職エージェントごとに紹介できる求人情報が異なるため、あなたが希望する種類の求人情報を多く扱うエージェントを利用するのがおすすめです。フリーターから正社員就職を目指す場合は、未経験でも転職できる求人を多く扱っているエージェントを使うと良いでしょう。

私たちジェイックが運営する「就職カレッジ®」は、フリーターをはじめ、社会人未経験者の就職サポートに特化しており、紹介する求人は正社員のみです。フリーターの方の就職支援実績を豊富に持つプロのキャリアアドバイザーが二人三脚でサポートさせていただきますので、はじめての就職活動でも安心して進められます。

先ほど紹介した就職エージェントのサポートの他に、就職カレッジ®では次のサポートも無料で受けられます。

  • 就活講座
  • 集団面接会

就活講座では、面接対策のポイントやビジネスマナーなどを学べます。集団面接会ではさまざまな業界の会社と一度に出会うことができ、書類選考なしで面接できるので学歴や経歴に自信がない方でも安心です。

まとめ

フリーターが正社員として就職できるのかについて、ここまで解説してきました。フリーターから正社員としての就職は可能ではありますが、希望者全員が就職できるわけではありません。正社員就職の成功確率を高めるためには、

  • 一日でも早く(できれば20代の内に)就職活動を行うこと
  • 「フリーターの就職・転職に強みのあるエージェント」を活用すること

以上の2点をおすすめします。

就職活動がはじめての方や、内定が獲得できるか不安を感じている方は、「就職カレッジ®」をご活用ください。求人の紹介だけでなく、就活講座や面接会など、就職に役立つさまざまなサポートを無料でご用意していますので、ぜひお気軽にアクセスしてください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~