就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターからの正社員就職は可能?おすすめの仕事についても解説!

フリーターからの正社員就職は可能?おすすめの仕事についても解説!
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「フリーターから正社員への就職は可能なの?」と不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

フリーターから正社員への就職は可能です。なぜなら、フリーターでも就職しやすい職業や就活の方法があるからです。

こちらの記事では、フリーターから正社員になれるのか、また正社員として就職するメリットやデメリットを解説します。

フリーターから正社員として就職するべきか、就職する具体的な方法を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

フリーターでの正社員就職は可能

フリーターでの正社員就職は可能

「今はフリーターだけど、正社員として就職したい。でも、可能なのかな?」と不安を感じている方はいませんか?

結論から言いますと、『フリーターが採用されやすい職種・求人を選べば』正社員就職の可能性を高められます。例えば、「未経験者歓迎」「経験不問」と記載されている求人は、フリーターの人も応募しやすいですし、実際に正社員として採用されるケースもあるでしょう。

しかし、企業側は「できれば未経験者よりも経験者を採用したい」と考えている場合もあります。フリーターが就職活動に取り組むときは、正社員として働いたことがある人が採用選考のライバルになることを想定しておく必要があります。

フリーターであっても、例えば「バイトリーダーを務めていた」「私がメインで担当している業務があった」というような経験があれば、応募書類や面接で積極的にアピールしましょう。

逆に、そうした経験がない場合は「未経験だからこそ、一からしっかり学んでいきたい」という姿勢をアピールする方法もあります。「会社の業務について事前に調べている」「業務に必要な知識やスキルの勉強を、自分なりに始めている」というように、自ら学ぶ姿勢を示すのです。また、「正社員になる決意の強さ」も企業からチェックされるでしょう。このように、あなた自身の工夫で正社員就職の可能性を高めることもできるのです。

フリーターから正社員になる3つのメリット

正社員とは、企業に正規雇用された人材のことです。雇用期間に期限がなく、特別な規定がなければ定年まで働くことができます。就業規則に準じ、所定労働時間の上限まで業務にあたるのが原則です。「正規社員」と呼ばれることもあります。

フリーターが正社員になる主なメリットは、以下の3つです。

  • メリット1:昇給やボーナスがある
  • メリット2:福利厚生が充実している
  • メリット3:スキルが身につく

それでは、ひとつずつ解説していきます。

メリット1:昇給やボーナスがある

正社員になる最大のメリットは、フリーターよりも給与額が高い傾向にあることです。基本給も高いこともありますが、正社員にはボーナスや昇給があり、これらが給与額を大きく引き上げる要素になります。

職場によっては、アルバイト・パート・契約社員でも昇給できる場合がありますが、正社員と比べるとその幅や頻度は限られています。また、ボーナスに関しては入社時の条件に提示が無ければ、原則として非正規雇用への支給はありません。

入社後すぐは正社員とフリーターで月収額に大きな差が無くても、年々ボーナスや昇給が積み重なることで両者の格差は確実に拡大していくのです。

メリット2:福利厚生が充実している

福利厚生とは、社員や社員の家族の生活が豊かになるよう、賃金以外に会社が提供してくれる各種手当・サービスのことです。

福利厚生の種類には「法定福利」と「法定外福利」の2つがあり、前者は社会保険など法律で義務付けられているもの、後者は各企業が独自に設定するものです。

法定外の福利厚生は、住宅手当、資格取得の費用支援制度、リフレッシュ休暇など、企業によってさまざまな内容があります。最近は多様なサービスの中から社員が選択できる「カフェテリアプラン」の普及も進んでいるようです。家賃は毎月の固定費なので、住宅手当が支給されれば実質的な給与アップとなります。福利厚生が社員の生活基盤に与える影響は大きいのです。

フリーターとして働いている場合、会社が用意した福利厚生をすべて受けられるとは限りません。法定福利は雇用形態に関係なく適用されますが、法定外福利は正社員と非正規社員では適用の有無に差がある場合がほとんどです。

メリット3:スキルが身につく

正社員は、アルバイトや派遣社員に比べて職域が広く、仕事に関する権限(自ら行えること、行う権利)や裁量(自分の意見でとりさばき、処置すること)が与えられます。責任が伴う緊張感はありますが、そのぶん成長のスピードも加速されます。業務に関する知識・スキルが身に付きやすいこともメリットと言えるでしょう。

正社員としてスキルアップすることで、社内でのポジションも向上できますし、将来的にはより条件の良い企業への転職も可能になります。年齢を重ねるにつれて応募できる求人が減っていくフリーターと比べ、日々の業務を通じた成長が待遇向上やキャリアアップにつながるのは正社員ならではの強みでしょう。

フリーターから正社員になる3つのデメリット

フリーターが正社員として就職する場合のデメリットについても紹介します。

  • デメリット1:仕事の責任が重い
  • デメリット2:休暇が自由に取れない
  • デメリット3:やりたい仕事が出来ない

主なデメリット3つについて、解説します。

デメリット1:仕事の責任が重い

フリーターの業務は、正社員の指示に従うのが基本です。そのため、正社員として就職した人と比べると職責は軽い傾向にあり、心に余裕をもって仕事できるのが魅力といえます。正社員になれば業務上の責任は重くなり、目標やノルマの達成などプレッシャーもかかってくる可能性もあります。

デメリット2:休暇が自由に取れない

非正規社員に比べて、正社員は希望した日程に休暇が取りにくい場合があります。アルバイトやパートほど、勤務日や休暇に関して融通が利く訳ではありません。自分の好きなタイミングで休暇が取りにくいことは、デメリットと考えられるでしょう。

デメリット3:やりたい仕事が出来ない

正規・非正規に関わらず、社員は勤務先の業務命令に従うことを求められます。そのため、必ずしも自分のやりたい業務ができるとは限りません。アルバイトやパートなどの非正規社員であれば、求人募集の際に提示された職種や業務範囲が大きく変更されることはほぼありませんが、正社員の場合は部署異動などによる職種や業務の変更が行われる可能性は高くなります。また、転勤を命じられることもあり、住む場所も自分の意向だけでは決められないケースもあります。

会社の方針や都合によって、やりたい仕事が必ずしもできない場合もあることを、認識しておいた方が良いでしょう。

フリーターから正社員になるおすすめの未経験でもできる仕事

ここまで、正社員になるメリットとデメリットについて解説してきましたが、それらを踏まえた上で「やっぱり、正社員になりたい!」というフリーターの方におすすめの仕事を紹介します。いずれも、未経験からでもチャレンジがしやすく、「未経験者も歓迎」という求人が多い職種です。仕事内容や平均年収、向いているタイプや注意点を確認して、あなたの選択肢に加えられるかどうか検討してみてください。

※平均年収については、下記サイトを参照しました

求人ボックス 給料ナビ

仕事1:営業職

既存または新規の顧客に対して製品・サービスの提案・受注などを担当したり、定期的なフォローや問い合わせ対応、社内外との調整をしたりすることなどが、主な仕事内容です。

営業職(20代)の平均年収は、約378万円です。

営業職に向いてるのは、しっかり稼ぎたい人、臨機応変に対応できる人です。採用時は人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多く、未経験でも就職がしやすい職業です。

インセンティブ制度や、基本給+歩合制などの企業もあるため、自分の努力で収入をアップさせたい人におすすめです。人と接する仕事のため、相手に合わせた対応ができる人にも適性があります。

仕事2:販売職

スーパー・商業施設・飲食店などのスタッフとして、顧客に商品やサービスを提供する仕事です。販売職は仕事の幅が広く、就職先が多いため仕事選びに苦労することはないでしょう。

販売職(20代)の平均年収は、約300万円です。

特別な資格は不要で、未経験者でも応募できる求人が多いので、フリーターでも採用されやすいといえます。今現在、アルバイトでサービス販売職に携わっている人は、同じような商品・サービスを扱っている企業を探せば、より採用に近づくでしょう。接客が好きな方であれば、誰でもチャレンジできますが、給料の面では他の業界に比べて低い傾向にあります。体力が必要となる仕事もあるので、自分に合う働き方はどんな店舗かを検討してから選ぶようにしましょう。

仕事3:介護職

介護職は、介護サービスの利用者さんに対する身体介護や生活援助が主な業務です。

介護職(20代)の平均年収は、約317万円です。

高齢化社会の日本では、介護職も人手不足で採用を積極的に行っています。資格が必要な業務もありますが、未経験で資格がなくてもできる仕事が基本です。また、必要な資格を取得すれば、資格手当が付いて給与額のアップも期待できます。

注意点は「仕事柄、一定の体力が必要となること」と「夜勤や土日勤務があること」です。体力面については、現場経験を積みながら介護技術を習得すれば、身体的な負担を軽減できるでしょう。また、夜間や土日の勤務がきつい場合は、日勤のみの通所型施設を選ぶという方法もあります。

仕事4:コールセンター

電話で顧客対応を行うコールセンターの仕事は、次の2種類に大別されます。

  • インバウンド…お客様からの注文や問い合わせ、クレームなどの電話を受ける
  • アウトバウンド…お客様へ商品やサービスの紹介などの電話をかける

上記のいずれか、または両方を担う場合もありますので、自分に合う働き方を見極めて応募することが重要になります。

コールセンター(20代)の平均年収は、約333万円です。

特に資格や経験が無くても応募が可能な求人が多いので、フリーターからでも就職しやすい仕事と言えるでしょう。業務を通じて対話スキルとパソコンスキルのどちらも身に付けられる点が魅力です。

仕事5:事務職

事務職の主な仕事内容は、書類作成や書類分類・データ入力・電話対応などです。配属部署によって、営業事務・経理事務・法務事務・貿易事務など、各部門に特有の事務手続きを任せられる場合もあります。

事務職の平均年収は、約321万円です。

事務職で有利になる資格やスキルには、MOS(Microsoft Office Specialist)や秘書技能検定、日商簿記検定などがあります。PCスキルがある程度身に付いている人は採用選考で有利でしょう。縁の下の力持ち的なサポートが得意なタイプに向いています。定時通りに終業できる職場が多く、ワークライフバランスを実現しやすい点に魅力があります。

ただ、事務職は人気があるため競争率が高く、正社員として事務職を採用する会社が少ないという点には注意が必要です。事前に正社員登用制度があるかを確認する、まずは派遣社員や契約社員として就職して正社員登用を目指す、という方法もあります。

フリーターから正社員就職する時に意識すべきポイント

フリーターから正社員を目指す就職活動では、まず自己分析をしっかり行うことが重要です。その上で、業界や企業の研究を行い、実際の就活は就職支援サービスを有効に活用すると良いでしょう。

ポイント1:自己分析を行う

まず自己分析を行い、あなたの得意な分野と不得意な分野、やりたいこと、取り組みたくないことなどを明確にしていきましょう。自分の強みとやりたいことをしっかり理解していないと、入社後にミスマッチが起こるおそれがあります。

これまでの自分の考え方・行動・経験、そして性格・適性・強みをきちんと分析し、「これからどう生きていきたいか」という希望や目標を明確にしてみましょう。

「自己分析のやり方が分からない」という人は、こちらの記事をご参照ください。

自己分析とは?簡単なやり方や自己分析のメリットについて分かりやすく解説

ポイント2:正社員になりたい理由をまとめておく

「なぜ自分は、フリーターから正社員になりたいのか」をゆっくり自問自答し、その理由を言語化してメモにまとめておきましょう。

「なぜ、フリーターとして働くことになったのか」「なぜ、今はフリーターでいることを止めたいのか」「将来、どのように暮らし、働いていきたいのか」など、ひとつひとつ丁寧に自分に問いかけてみてください。できれば、紙に書き出すのがおすすめです。頭の中だけで考えていると、質問に質問を重ねて深掘りしたり、思考を整理して結論を導き出すことが難しいからです。

この作業をやると、あなたの「仕事探しの基準」ができます。また、それらは応募書類における「志望動機」や「自己PR」のベースにもなります。面接でも、自信を持って受け答えができるようになるでしょう。

ポイント3:5年後など将来の事をイメージする

仕事を探す時に大切なのは、「5年後、自分がどうなっていたいか」をイメージすることです。将来どうなっていたいかという視点を持たずに仕事を選んでしまうと、自分の適性や嗜好にマッチせず、せっかく正社員として就職できても長く続けられないおそれもあります。

「どのように働きたいか」「どんな風に暮らしていきたいか」を具体的にイメージする中で、「それらを実現できる仕事かどうか」という基準も持つことができるでしょう。

ポイント4:社会人のマナーを身につける

フリーターか正社員かに関わらず、社会人としてのマナーは身につけておきましょう。面接などの印象が良くなるだけでなく、入社後に良好な人間関係を築く上でも役立ちます。

職種によって必要なスキルや基礎知識は働き始めてからも身につきますが、社会人のマナーは業界や職種に関係なく必須といえるので、意識しておきましょう。

ポイント5:条件を絞りすぎない

自分がやってきたこと・やりたいことだけに限定してしまうと、仕事探しの幅が狭まり、見つかりづらくなってしまいます。「絶対にこの仕事でなくては嫌だ」という考え方ではなく、「この仕事に似ているものを探そう」というように視野を拡げて、探す職種や業務内容の幅を広げましょう。

ただし、ある程度は絞らないと選択肢が多すぎて見つかりづらくなる場合もあるので、勤務地や給与額など、あなたが絶対に譲れない条件を3つほど決めておくのも良いでしょう。

フリーターにおすすめの就職支援サービス

フリーターの正社員就職に特化した支援サービスを活用するのも有効です。ハローワークや就職サイト、就職エージェントでは担当者のアドバイスを受けられるため、どのように就活したら良いか悩むフリーターの方におすすめです。

サービス1:ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は国が設置する公的機関で、無料で職業紹介を受けられます。ハローワークは全国の都道府県に設置されているため、地元企業はもちろん全国各地の求人を検索可能です。 また、「わかものハローワーク(わかもの支援コーナー、わかもの支援窓口)」でも、担当者による個別支援を受けられます。正社員を目指す34歳以下の方が対象のため、該当のフリーターは活用可能です。わかものハローワークには、インターネットサービスで公開されていない求人の取り扱いもあるので、興味がある人は訪ねてみましょう。

サービス2:就職サイト

インターネットを使える環境があれば、就職サイトで自ら求人を探すことができます。就職サイトで求人を探す場合は、ターゲットをしぼることがポイントです。例えば、「未経験者歓迎」「既卒」「学歴不問」などのキーワードを使って求人を絞っていきましょう。

自分にも可能性のありそうな企業を狙うことで、成功率が上がります。しかし、転職サイトでの職探しは、基本的にひとりで行うことになります。履歴書や面接のサポートがないので、就活に自信がある人向けです。

サービス3:就職エージェント

就職エージェントは民間の企業が提供するサービスで、求職者に合った求人を無料で紹介しています。フリーターから正社員を目指す人の中には「応募書類の書き方が分からない」「面接のマナーが不安」という悩みを持つ方もいますが、エージェントを活用すれば専任の担当者が選考対策をしてくれるのがメリットです。面接日程の調整といった企業とのやりとりも代行してくれるので、初めて正社員を目指して就活するフリーターの方も安心して利用できるでしょう。「向いている仕事が分からない」という場合も、担当者があなたに合う職場を探してくれます。 注意すべきなのは、エージェントによって得意とする業界や求職者の種類が異なる点です。フリーターから正社員を目指す際は、自分に合ったサービスを選ぶことがポイントになります。

フリーターから正社員になれる自信がない、就職活動のやり方が分からないという方は、私たちジェイックにご相談ください。ジェイックが運営する就職エージェント「就職カレッジ®」は、フリーターをはじめ、社会人経験が少ない方を専門にサポートしているため、「未経験歓迎」や「既卒可」といった求人を豊富に扱っています。

さらに、書類選考なしで多くの企業と面接できる「集団面接会」、就活に役立つ知識が手に入る「就職講座」など、他のエージェントにはあまり見られないサービスもご用意していますので、少しでも気になる方はお気軽にご連絡ください。

まとめ

「フリーターが正社員として就職することは可能」であることと、その方法について解説してきました。

正社員として就職するメリットとデメリットも紹介しましたが、長い目でキャリアプランを考えてみると、やはり若いうちに正社員として就職することをおすすめしたいと思います。フリーターからの就職活動では苦労も多いかも知れませんが、乗り越えるだけの価値はあります。

「就職活動がはじめてだから不安…」「私には無理かも知れない…」という方は、ぜひ就職エージェントなどの支援サービスを活用してください。私たちジェイックも、フリーターの就職支援に実績と強みを持つエージェントです。サービスはすべて無料で受けられますので、どうぞお気軽にご相談ください。

「フリーター 正社員」によくある質問

フリーターからでも正社員就職は可能なの?

はい、可能です!『フリーターが採用されやすい職種・求人を選べば』正社員就職の可能性を高められます。詳しくは「フリーターでの正社員就職は可能」の章をご覧ください。

フリーターから正社員になるのにおすすめの仕事とは?

「フリーターから正社員になるおすすめの未経験でもできる仕事」の章で、未経験からでもチャレンジしやすい仕事を5つご紹介しています。仕事内容や平均年収、向いているタイプや注意点を確認して、あなたの選択肢に加えられるかどうか検討してみてください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~