フリーターからの就職におすすめの職種5選!‐正社員採用されやすい仕事とは‐

フリーターから正社員へ就職!おすすめ職種5選を紹介

「フリーターはどんな職種が就職しやすいのか」と考えている方もいるのではないでしょうか。フリーターから正社員就職することは可能ですが、就職しやすい職種と、フリーターからではむずかしい職種が存在します。この記事では、フリーターが就職しやすい職種の特徴や実際に就職しやすい・むずかしい職種、フリーターが正社員就職するためにすべきことについてご紹介します。

フリーターが就職しやすい職種の特徴

【営業】フリーターの就職におすすめの職種

フリーターが就職しやすい職種には、以下のような特徴があります。

  • 未経験OKの求人である
  • 元フリーターの就職実績がある
  • 募集人数が多い

それぞれについてご紹介します。

未経験OKの求人である

フリーターが正社員就職しやすい職種は、実務経験を問わない求人が多いといえます。経験よりもポテンシャルを重視している、実務を通じて戦力になっていってほしいという理由が考えられます。

勤務時間が不規則だったり仕事内容がハードだったりしてその職種のなり手がやや少ないために、経験不問にしているケースもあります。

求人に「未経験歓迎」「異業種からの転職者多数」などと書かれている場合、フリーターでも正社員として採用してもらえる可能性はあるといえるでしょう。

元フリーターの就職実績がある

すでにその企業で働いている社員のなかに元フリーターがいる場合、フリーターという経歴だけで判断せずに採用している企業であることがわかります。

企業によってはフリーターという経歴をネガティブにとらえるのではなく、応募者の人間性や熱意、仕事に役立つスキルの有無などで判断するところもあります。

求人では「経歴不問」などと書いてあっても、実際には正社員経験のある人を優先する企業もあるのが現実です。しかし実際に元フリーターを雇用している企業であれば、広く門戸が開かれているといえるでしょう。

募集人数が多い

急成長している企業や人数が必要な職種の場合は、フリーターでも正社員として就職できる可能性が高いといえます。新しく支店や店舗がオープンする、新規事業を拡大しているなどの企業も同様です。

募集人数が多いということは、それだけ採用される確率も高まります。勢いのある企業であれば、仕事のやりがいや充実感を持ちやすいともいえるでしょう。

注意すべきは、その企業の離職率です。場合によっては仕事がきつく早期離職者が多いことから、それを見込んで多く採用していることも考えられるためです。企業の口コミサイトをチェックするなどして、やや慎重になったほうがよいでしょう。

フリーターが就職しやすい職種

【飲食】フリーターの就職におすすめの職種

フリーターが就職しやすい職種とその理由、その職種で働くために必要な要素についてご紹介します。

営業

営業の職種で求められる要素は、以下が考えられます。

  • フットワークが軽い
  • 人間関係をつくるのが得意
  • 聞き上手
  • バランス感覚がある
  • 自分で考えて行動できる

営業のやり方には細かいマニュアルがあるわけではなく、十人十色です。そのため前職のバックグラウンドも多様で、元フリーターでも適性があれば活躍できます。マメにクライアントに連絡をしたり一緒に食事に行ったりして親しくなる人もいれば、コツコツじっくりと関係性を築いていく人もいて、自分の強みを活かせます。

インセンティブのある営業職を選べば、給与の固定給にプラスして、実績によって毎月の収入が増えていく可能性があります。「稼ぎたい」という想いが強い人にも適性があるでしょう。

営業職とひとことで言っても、まったくの新規顧客をメインとした営業もあれば、既存の顧客を回るルート営業もあります。クライアントも、個人なのか法人なのかによって異なります。

営業職だからとって、すべての企業で必ずしも厳しいノルマが課せられているわけではありません。自分に合った営業スタイルの企業を選べる点も、営業の仕事の特徴といえます。

飲食

飲食の職種で求められる要素は、以下が考えられます。

  • 人と話すのが好き
  • 立ち仕事が苦にならない
  • 臨機応変な行動が得意
  • シフトなどに柔軟に対応できる
  • 土日休みでなくても問題ない

フリーターとして飲食の仕事を経験したことがある人も多いことから、正社員として働く場合であっても、比較的仕事に馴染みやすいといえるでしょう。飲食の仕事のほとんどはシフト制で、土日祝日や長期休暇など、一般的な休みの日が多忙になるのが一般的です。そのため「平日休みでもOK」という人は適性があります。

飲食の場合はある程度人員が必要になるため、誰かが急遽シフトに入れなくなったときなどに代わりに入れるなどの柔軟さがある人のほうが適性があります。

マニュアルがきちんとしている大手チェーン店や、アットホームな個人店など選択肢が幅広く、自分に合ったお店を選ぶことが可能です。店によって雰囲気がガラッと変わるため、同じ職種でも職場によって働きやすさが異なる点には注意が必要です。

飲食の基本的な仕事内容はそれほど大きくは変わらないため、正社員として就職してから同職種への転職をする際も、比較的スムーズなことが考えられます。

介護

介護の職種で求められる要素は、以下が考えられます。

  • 年配の人と話すのが好き
  • 夜勤にも対応できる
  • 人のサポートをするのが得意
  • 忍耐強い
  • 体力がある

介護は人手不足ということもあり、フリーターなどの未経験者でも採用されやすい職種です。仕事をしながら資格を取得できるため、一度就職して資格を取得すれば転職もしやすくなります。

取得できる資格には、ケアマネージャーという国家資格もあります。資格を取りながら実績を積むことでキャリアプランも豊富になってきます。

初心者向けには介護職員初任者研修という資格がおすすめです。この資格によって、資格手当がわずかながら毎月つく施設も多くあります。

介護の仕事は、学歴、経験、資格不問という施設も多くあります。そのため、どのような事情を抱えていても採用してもらえるチャンスが高いといえるでしょう。

ただし、思っている以上に力仕事であることは理解しておく必要があります。利用者や保護者との関係性にストレスを感じたり、夜勤などの不規則な勤務体系で体調を崩したりする可能性もあるため、体力・気力があることは必須といえます。

建設・土木

建築・土木の職種で求められる要素は、以下が考えられます。

  • 身体を動かして働くのが好き
  • いわゆる「現場仕事」が得意
  • 室内よりも外で仕事がしたい
  • 健康には自信がある
  • 体育会系の雰囲気が苦手ではない

建設・土木の仕事に就職するために必要な経験や資格などはなく、学歴なども問われないことが多いため、フリーターにも広く門戸が開かれている職種のひとつといえるでしょう。

身体を使う仕事になるため「デスクワークが苦手で、外で動いて仕事をするほうが好き」という人にも適しています。

資格がなくても働くことは可能であるものの、建築大工技能士や土木施工管理技士などの資格取得を目指すことも可能です。資格を取得することでできる仕事の幅が広がる、役職に就けるなどの利点も考えられます。

注意点としては、仕事場の人間関係です。ベテランの親方など高齢の方もいれば、自分よりも若い先輩などがいることもあります。思っていたよりも上下関係の厳しさを感じたり、いわゆる「下積み期間」が大変だったりと、体育会系の雰囲気が苦手な人はややつらいかもしれません。

一般企業とはまた異なるルールや風土があるため、人によって合う・合わないが大きい職種といえるでしょう。

IT

ITの職種で求められる要素は、以下が考えられます。

  • 細かい作業が得意
  • 長時間のパソコン作業が苦にならない
  • 数字やデータなどを扱うのが好き
  • 自分から学ぼうとする姿勢がある
  • 根気強さがある

ITの仕事にはシステムエンジニアやプログラマーなどがありますが、これらの職種は需要に人材が追いついていないため、未経験者を募集している企業も少なくありません。そのため、フリーターでも正社員就職できるケースがあります。実務を通じて人材を育てていこうとする企業も多いため、やる気があれば挑戦しやすいでしょう。

ITの職種で働く際に注意したいのが、労働環境です。納期に追われ社員が過重労働になってしまっていたり、仕事のわりに給料が低かったりすることもあり得ます。連日の残業や休日出勤などが恒常化しているところもあります。入社前にその企業の口コミサイトを見るなどして、下調べをしておくとよいでしょう。

ITの職種はどの業界でも必要とされているため、スキルや知識を身につけることで長期的に活躍しやすいといえます。在宅で働くこともできるため、将来的に自宅で仕事がしたいと考えている方にもおすすめです。

ITの世界では常に新しいトレンドが登場するため、受け身ではなく自分から学んで吸収していこうという姿勢がある人は、やりがいを感じられるでしょう。

フリーターからの就職がむずかしい職種

フリーターにおすすめの就職先の探し方

フリーターの就職がむずかしい職種とその理由についてご紹介します。

資格職

フリーターが資格職の就職がむずかしい理由は、以下が考えられます。

  • 資格を取得するまでに時間やお金がかかる
  • 大卒以上など条件を満たしていないと資格試験を受けられないこともある
  • 場合によっては学校に通わなければいけなくなる
  • 難易度が高い試験も多くなかなか受かりづらい

資格職とは、たとえば公認会計士や弁護士、薬剤師や看護師、管理栄養士、美容師などです。資格職の場合は求人数が多く安定して働きやすい反面、その資格を取得するのに勉強したり、指定の学校に通ったりする必要があります。

フリーターから資格職の仕事に就きたいと考えた場合すぐに実現することはむずかしく、場合によっては数年間勉強しなければいけないこともあります。どんなに勉強しても、試験に通らなければその仕事に就くことはできません。そのため「早く正社員就職したい」というフリーターの方には不向きな職種といえます。

資格職ではない仕事に就職してお金を貯めたり、仕事をしながら試験勉強をしたりして目指すという方法はあります。

大手企業全般

フリーターが大手企業の就職がむずかしい理由は、以下が考えられます。

  • 優秀な応募者が多くフリーターの経歴が不利になりやすい
  • 中途採用は実務経験者が中心となっている
  • 採用倍率が高い

いわゆる大手企業への就職は、フリーターの場合は職種を問わず厳しいといえます。理由としては大手企業は新卒採用と一部の中途採用がメインで、フリーターや既卒などを募集しなくても新卒や転職者からの応募が殺到していて、人手がじゅうぶんに足りるためです。

また、大手企業には高学歴だったり前職も大手や有名企業で働いていたりした人の応募も多くなります。そのような人たちとフリーターという経歴を持つ人がいた場合、フリーターが採用される可能性はやはり低いでしょう。

ただし、フリーターから中小企業などに就職するなどして、そこで大手が必要とするスキルや知識を身につければ、将来的に中途採用で入社できる可能性はゼロではありません。

フリーターが希望職種に就職するポイント

フリーターが就職するメリットとは?

フリーターが希望職種に正社員就職するためにすべきことは、以下があります。

自己分析

フリーターの場合、いまの仕事に就く前に細かく自己分析をして面接に活かした人は少ないのではないでしょうか。正社員として採用するということは企業にもリスクや責任が伴うため、自社に合う人材、活躍してくれそうな人材を選ぶことになります。自分のことを理解できていて強みをしっかりとアピールできる人であれば、フリーターからの正社員就職成功の可能性も高まるでしょう。

自己分析は、学生時代からこれまでのエピソードを洗い出して自分の強みや弱み、共通する価値観や適性を見つけたり、自己分析ツールやシートなどを利用したりする方法があります。ある程度時間をかけ、じっくり取り組みましょう。

自己分析のやり方は自分の経験を整理するだけ-企業へ就職するための必勝方法とは-

自己分析のやり方は自分の経験を整理するだけ-企業へ就職するための必勝方法とは-

業界・企業研究

フリーターから正社員就職する場合、業界・企業研究には力を入れる必要があります。フリーターとしての仕事の幅は限られていることが多いため、世の中にはどのような仕事や企業があるのかを調べることは必須です。自分がどう働いていきたいのか、どのような会社が合っているのかを理解できるためです。

すべての業界・企業を調べることは不可能ですから、まずは自分が関心のある職種などから業界・企業をいくつか絞り込んでみましょう。ひとつの企業だけでなく、同業他社や業界全般の特徴や傾向などを掘り下げていくことで、理解が深まります。

【共通】CTAボタン