相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

30代職歴なしは手遅れ?就職が難しい理由と成功のポイントを解説

30代職歴なしは手遅れ?就職が難しい理由と成功のポイントを解説
ニートFV

30代になって職歴なしとなると、「もう手遅れだ…」「人生終わりだ…」と考えてしまうことが多いようです。ネット上にも、30代職歴なしに厳しい意見が溢れています。

でも、30代職歴なしの状態からでも、就職をして人生を切り開くことは可能です!難易度を正しく理解して、適切な就職方法を選ぶことが就職成功への近道になります。

この記事では、実際の就職活動の厳しさや、30代職歴なしの人材を採用する会社の特徴、正社員就職を成功させるポイントをまとめています。ぜひ、参考にしてみてください!

記事のPoint
  • 30代職歴なしからの就職に手遅れはなし!
  • 30代職歴なしで正社員になれる確率は5人に1人。就活には、戦略と工夫が不可欠!
  • 30代職歴なしの人を「積極的に採用する業界・会社を選ぶこと」が成功のカギ
  • 30代職歴なし人に特有の「履歴書」と「面接」の対策がある
  • 30代職歴なしの人におすすめの仕事4選を紹介

30代職歴なしは手遅れ?就職が厳しい理由

30代職歴なしは手遅れ?就職が厳しい理由

まず、「30代職歴なし」とはどのような状況かを確認しておきましょう。ここで言う「職歴なし」とは、「正社員として勤務した経験がない」ということを意味しています。

そして結論から言えば、「30代職歴なし」は手遅れとまでは言い切れませんが、正社員を目指す就職活動において不利な立場であることも事実です。

なぜ不利なのかの理由と、30代職歴なしの人の就職成功率について解説します。

理由1. 30代で職歴がないと就職が厳しい理由

職歴がないまま30代になった人にとって、正社員就職が厳しい理由は主に以下の3点です。

  • 30代の人材には「職務の経験」や「即戦力としての活躍」が求められるから
  • 30代は、部下や後輩のマネジメントや管理能力も期待されるから
  • 仕事をする上での責任能力を疑問視されてしまうから

正社員を目指す就職活動においては、「30代で、職歴ありの人」と採用枠をめぐって競い合うことになります。20代で正社員になり職歴を積んで30代になった人には「職務経験」があり、それを転職先で活かす「即戦力」になり得ます。また、30代になると、いちプレイヤーとしてだけでなく、後輩や部下のマネジメントも任されるようになる年代です。このように、年齢が上がれば上がるほど、職歴なしの30代が不利になるポイントは増えていきます。

さらに、「20代で、正社員勤務は未経験の人」も就活のライバルになります。20代は職務経験が無いか浅くても、「成長に必要な時間的な余裕がある人材」「採用後により長く貢献してくれる人材」と期待して採用をされる可能性があります。同じ「職歴なし」であれば、より若い人材が有利になるのです。

また、30代職歴なしとなった理由が、たとえばご自身の病気療養や家族の介護などのやむを得ない事情によるものであり、今は問題なく働ける状態であることを示せれば、大きな支障にはならない場合もあります。しかし、特段の事情が無かったり、「就職する気になれなかった」といった理由では、経済的に自立する責任感や職務を全うする能力が低いと判断されるおそれがあるのです。

理由2. 30代職歴なしの就職成功率

それでは、30代職歴なしの人がどれくらい正社員就職に成功しているか、統計データで確認してみましょう。

過去 1 年間に非正規雇用を辞めて正社員に移行した人の割合

上のグラフは「過去 1 年間に非正規雇用を辞めて正社員に移行した人の割合」を表しています。20代前半で約33%、20代後半で約26%の人が正社員になれたのに対し、30代前半になると約18%に減少しています。20代から30代にかけての落差はかなり大きいものです。30代職歴なしの人が100人いた場合、その中から正社員になれる人は18人。5人に1人の割合です。

引用:労働政策研究・研修機構『若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』

非常に厳しい言い方になるのですが、30代で職歴がない人は「30代人材に求められる経験や能力が身に付いていない」だけでなく、「20代人材ほどには年齢的・時間的な優位性もない」という状況にあります。そのことをご自身の前提条件として認識しましょう。それを踏まえた上で、「どのように就活したら、正社員就職ができるか」という戦略を立てて行動に移すことが重要です。

具体的な戦略は、下記の2つです。

  • 30代職歴なしでも就職がしやすい業界・会社を選ぶこと
  • 就職成功の確率を上げるために適切なサービスを利用すること

この戦略をあなたの就活の軸にして、活動プランや方法を決めていきましょう。具体的な方法については、この記事の後半で紹介しますので、参考にしてみてください。

30代職歴なしでも手遅れじゃない!就職できる理由

30代職歴なしでも手遅れじゃない!就職できる理由

ここまで、耳の痛い話が続いたかも知れませんね。

けれど、今の就職市場には「30代職歴なしの人にとって明るい要素」もあるのです。

  • 日本の人手不足
  • 「30代職歴なしの人」を積極的に採用したい会社も存在する

この2点の要素から、「30代職歴なしでも、決して手遅れではない」と言えます。このプラス要因を、あなたの就活プランに活かしましょう。それぞれ、具体的に解説します。

1. 日本の人材不足

下のグラフは「中小企業が人手不足だと感じている割合」を業種別に表示しています。2013年の第4四半期に、すべての業種で「人手が不足している」状況になりました。その後も人手不足感は強まり続け、2020年には少し改善が見られるものの、人材の不足感は依然として強いことが分かります。

中小企業が人手不足だと感じている割合(業種別従業員過不足DIの推移)

このように、日本の、特に中小企業における人手が不足しています。つまり「売り手市場(就職する側に有利な市場)」であると言えます。

就職活動と聞くと、まず大手や有名企業が思い浮かぶかも知れません。だからこそ多くの応募者が殺到し、競争倍率が高くなってしまいます。

有名企業に比べれば応募倍率が高くはない「中小規模の企業」を就職先の選択肢に加えることは、「正社員就職を成功させる」ための戦略としてとても有効だと言えるでしょう。

引用:中小企業庁「令和元年度(2019年度)の 中小企業の動向」

2. 30代職歴なしを採用したい会社

30代で職歴がない人を「若手」や「育成の対象」とみなして、積極的に採用したいという会社もあります。

人手不足の業界

人手が不足している業界であれば、職歴の有無に関係なく正社員として雇用してもらえる可能性が高まります。

日本・東京商工会議所の調査によると、人手不足の業界ランキング、トップ5は下記の通りです。

  • 1.建設業界
  • 2.医療・福祉業界
  • 3.飲食業界
  • 4.運送・流通業界
  • 5.IT業界

「建設業」(77.6%)、「運輸業」(76.6%)において、「人手が不足している」と回答した企業の割合が高い状況です。コロナによる深刻な影響を受けた「宿泊・飲食業」(73.9%)も、7割を超える企業が人手不足と回答しています。

「人手不足の業種」の会社を応募先に加えるのも、就職成功率を高める戦略になるでしょう。

引用:日本・東京商工会議所「人手不足の状況および新卒採用・インターンシップの実施状況に関する調査」

30代の中堅層がいない会社

社員の年代割合が「20代は少数いるが、30代がぽっかり空いて、40代以上が多い」という会社は、30代職歴なしの人を歓迎してくれる場合があります。

このような年代割合になっている理由は会社によって様々ですが、「以下の2パターンに当てはまらない会社」であれば30代職歴なしの人でも採用される傾向があります。

  • 新卒採用を行っていて、若手が十分いる会社(企業規模が大きい場合が多い)
  • 事業を拡大・成長中で、即戦力以外は育成する余裕のない会社(小・中規模な会社)

上記には当てはまらない、「30代の中堅層がいない会社」を選択肢に加えてみてください。

ブラック企業に注意

就職先を探すときは、ブラック企業にあたらないよう、くれぐれも注意をしてください。

30代で職歴がなく、なかなか就職先が決まらずにいると、採用のハードルがかなり低い会社が魅力的に映るかも知れません。ただ、そうした企業の中には、就業環境が悪くて採用した人がどんどん辞めていくブラック企業が含まれているおそれがあります。

たとえ人員不足であっても、信頼に足る会社であれば人材を重視して採用活動に注力しています。書類選考や面接などの採用プロセスを丁寧に行わず、どんな人材かをしっかり検討せずに採用をしているような企業には注意しましょう。「この応募先は、ブラック企業かも知れない」と不安に感じるときは、ひとりで悩まずに親や友人、企業情報に詳しい専門家(たとえば就職エージェント等)に相談してください。

30代の職歴なしで就職する方法

30代の職歴なしで就職する方法

30代の職歴なしでも就職できる方法はあります。ただし、30代は20代と違って、求人が選び放題というワケにはいきません。

特に35歳以上になると、スキルがあっても求人が見つかりにくいのが現状です。20代のときとは違うことを理解した上で、就職活動を行いましょう。

以下に、就職が成功しやすい方法をまとめましたので、参考にしてください。

就職する方法1. 職歴なしでも応募が可能な求人を探す

職歴なしでも応募が可能な求人を探すという方法もあります。未経験可の求人であれば、職歴がなくても就職が成功しやすいからです。

特に営業など人材不足の職種は、未経験者募集が多いです。

業界ごとに求人の量も異なるのでチェックしておきましょう。未経験可の求人にしぼって探すのも良い方法です。今後の就職活動の参考にしてみてください。

就職する方法2. 正社員登用制度ありのアルバイトから始めてみる

正社員登用制度ありのアルバイトから始めてみるという方法もあります。正社員登用制度とは、一定の期間働いたあとに、昇格試験などを受けて合格すれば正社員登用の可能性があるという制度です。ただし、必ず正社員になれるということではない点には注意しましょう。

しかし、正社員登用の制度がある企業は基本的に人手不足であることが多いです。そのため就職してからハードワークが求められる可能性もあるのでしっかり見極めてから就職するかどうかを検討しましょう。

こちらは正社員登用制度についてまとめた記事です。参考にしてみてください。

正社員登用制度あり実態と落し穴!業界や職種別に正社員雇用のみ紹介

就職する方法3. 知り合いのツテを頼ってみる

知り合いのツテを頼ってみるという方法もあります。直接の知り合いや知り合いの友人が、人材募集の情報を知っていたり、起業していてちょうど人材が欲しかったということもありえます。

また、あなたのことを知っている人なら、全くの他人よりあなたに仕事を任せたいと思ってくれる可能性もあります。よく知っている人の方がお互いに安心できますよね。ダメ元で聞いてみましょう。

行動したことで、一歩前進できるチャンスが来るかもしれません。ただし、知り合いだからと言って甘えは禁物であることも認識しておきましょう。

就職する方法4. 就職エージェントを利用する

就職エージェントを利用するという方法もあります。上記3つの方法も有効ですが、より確実に就職を成功させたいなら、就職エージェントの活用をおすすめします。

就職エージェントとは、あなたが希望する求人条件に沿った企業探しから、内定後のサポートまでを一括で行ってくれるサービスです。

30代のフリーターの就職する方法に関しては、以下の記事に詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

30代フリーターの就職術を伝授します!コツを押さえて就活を成功させよう!

ジェイックでは、就職活動をしたことがない、職歴がない人でも安心して就職活動が行えるように、就職活動に必要な知識や準備をする研修を開催しています。正社員として就職するためのサポートも行っています。初めて就職活動をするときには、わからない事も出てくると思いますが、小さな疑問や就職活動の悩みも親身になって対応しています。

ジェイックでは、求人を紹介する前に研修を行っており、スキルなどを身に付けた後に企業との面接を行います。

実際に、以下が就職エージェントとしての実績です。

  • 正社員就職率81.1%
  • 就職後の定着率91.5%

ジェイックでは10年以上の実績もありますので、安心してご相談ください。

また、私たちが紹介する求人は、離職率が高いと言われる業界は紹介していません。人を育てる環境が整っている企業や、離職率が低い企業など、社内の福利厚生含め、取材を通して確認をしています。

ジェイックなら34歳までの方の就職支援サービスを展開しているので、自分に合った就職方法を見つけて正社員就職していきましょう。

30代の職歴なしからの就職成功のポイント

30代の職歴なしからの就職成功のポイント

30代の職歴なしの人には、履歴書の作成や面接対策において大事なポイントがあります。今後、履歴書を作成する際や、面接を受ける時の参考にしてみてください。

就職するためのポイント1. 履歴書の対策

30代で職歴がないと、残念ながら書類選考を通過できない可能性は高いです。そこで、履歴書を書く際に対策するべきポイントを知っておく必要があります。

まず、30代で職歴がない人の履歴書対策のポイントとして、以下のようなことが挙げられます。

  • アルバイトの経験
  • ボランティアの経験
  • 学生時代に経験

ポイントとしては、なるべく多くの情報を記入するということです。とにかく、空白が多い履歴書は、企業側にも印象が悪いです。

あなたが経験してきたもの、得たものなど、書けることはすべて書きましょう。もし、書けることがあまりないなら、就職活動前にボランティアに参加するなど、履歴書に書けることを増やしておくのも良いです。

年齢を重ねると企業が求める人材レベルも高まるの、履歴書の内容はとても重要になっていきます。履歴書の書き方に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

履歴書の正しい書き方とは?好印象な履歴書に仕上げる5つのポイント

履歴書の書き方がわからない方は、就職エージェントに行ってみましょう。プロにどのように履歴書を書くべきかを相談することができるので、職歴なしだからこそエージェントはおすすめです。

就職するためのポイント2. 面接の対策

30代で職歴がない人の面接対策のポイントとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 空白期間を答えられるようにしておく
  • 自信を持って、ハキハキと喋れるようにしておく
  • 面接のマナーに気を付ける

ここで、ポイントとなるのは、空白に期間については必ず面接で聞かれるということです。ブランクの答え方の例としては、次のような答えが好ましいです。

  • 資格取得の勉強をしていた
  • ボランティアをしていた
  • 家族の介護をしていた

嘘をついてはいけませんが、前向きな答え方ができるように準備しておくと好印象です。

また、自信をもってハキハキと質問に答えられるようにしておくことや、面接のマナーについても知っておきましょう。面接のマナーに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

面接のマナーで企業の採用が変わる!?~転職で気をつけるべき3つのポイント~

ただ、30代の職歴なしの人が、履歴書や面接の対策を一人で行うのはなかなか困難です。

ジェイックでは、上記のポイントをふまえ履歴書作成や、面接が初めての人でも安心できるように書類作成や、面接指導の研修を開催しています。書類作成や面接のやり方に困ったら、一度ジェイックにご相談ください。

【職歴なしの就職方法を解説!】正社員就職しやすいおすすめの仕事も紹介
職歴なしでもOK!理由やおススメの仕事、履歴書・職務経歴書のコツ&仕事の探し方をご紹介!

30代の職歴なしのままだと終わり?

30代の職歴なしのままだと終わり?

30代の職歴なしのリスクと将来について解説します。

ずっと職歴がないままだと、求人数が少なくなっていきできる仕事も限られてきます。下記に職歴がない人のリスクと将来についてまとめてみました。

また、そのリスク、将来を考えるとエージェントを使うべき理由も浮かび上がってきます。それぞれについて紹介していきます。

30代の職歴なしのリスク

職歴がないと、どんなリスクがあるのでしょうか?20代の頃のようにはいかなくなる部分もたくさん出てきます。このままニートのまま年齢を重ねると、求人数も少なくなってきたり、選べる企業も限られてきます。職歴なしのリスクについて、例をあげましたので参考にしてみてください。

リスク1. 20代の頃のように動けなくなってくる

1つ目は、20代の頃のように動けなくなってくることです。

やはり、20代と30代では、あきらかに30代の方が体力が衰えて、動けなくなってきてしまうからです。20代なら軽々できた仕事も、30代ではできなくなることも増えてくるのです。年齢を重ねれば重ねるほど、体力や健康面での不安が増えて仕事の幅も減るというリスクもあります。

リスク2. 世間体が悪くなる

2つ目は、世間体が悪くなるということです。職歴がないと家族や親戚に色々言われたり、友人とも顔を合わせづらくなり疎遠になったりすることもあるからです。

世間体を気にしない人なら、全く問題ありませんが、職歴がないことで生きにくくなっているなら、早めの行動をおすすめします。放っておくと心身に影響が出てくる可能性もあります。あなた自身のためにも、就職を成功させ正社員を目指しましょう。

リスク3. 20代とは違い、求人数がガクッと減る

3つ目は、20代とは違い、求人数がガクッと減るということです。30代は、管理能力など20代と違い求められることが違うので、求人数が減るからです。

20代の頃は求人数がたくさんあり選ぶのに困るほどですが、30代では選べるほど求人が無くなり、限られてきます。30代は限られた求人の中から探さなくてはいけません。あなたがまだ30代前半であればチャンスはあります。今のうちに早めの行動をしてください。

リスク4. 自分の可能性を、自分で妨げてしまっている

職歴なしのまま年齢を重ねてしまうと求人数も少なくなっていきますし、企業からの採用判断も厳しくなっていきます。

これから将来的には、人工知能(AI)が発展していき、単純作業はロボットが行うことになっていくでしょう。企業としても単純作業を行う人ではなく、専門性や知識、経験を持っている人を会社に残しておきたいと考えます。

そのため、早いうちに仕事を決めて経験を積んでおくことで、将来的に安定した雇用環境を実現させることも期待できます。

ただ、何をしたらいいのか、求人の探し方などわからないという場合にも、エージェントの活用を検討してみてください。

30代の職歴がない人の将来

職歴がない人の将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか?

職歴がないままでは、明るい将来はやってきません。このような将来になる可能性を考えると、仕事に就いていたほうが安心できます。

職歴がない人の将来について例をあげましたので、参考にしてみてください。

将来1. 収入がなく貯蓄もないので、生活に困る

収入がなく貯蓄もないので、生活に困るということもあります。今までは、親の収入でなんとか生活できていた人は、親が亡くなったあとは無収入になり、生活が立ち行かなくなるおそれがあります。親が亡くなって初めて、いかに恵まれて生活できていたかを痛感することになります。親が生きている間に、真面目に仕事を探しておけばよかったと後悔しても遅いのです。

また、収入がないので貯蓄もほとんどありません。収入もなく貯蓄もなく、ましてや年金ももらえない状態で生活していくことはできません。

将来のリスクについては以下の記事にも紹介しているので参考にしてみてください。

フリーター生活に不安を感じている人は必見!具体的な就職方法を紹介!

今、30代前半のうちにがんばって正社員を目指しておけば、1人になったとしても生活していくことができます。年齢を重ねると一人で企業からの採用をもらうことが難しいので、エージェントに行き一緒に履歴書などの対策を進めていきましょう。

将来2. 同級生との格差が広がる

同級生との格差が広がるということもあります。収入だけでなく、生活水準の格差やプライベートの格差も広がるからです。

収入に関しては、働いていないので当然格差はあります。生活水準に関しても格差が広がります。友人は正社員で、住むところも新入社員の頃より家賃が高いところに住みだしたり、車が買えるようになったりします。プライベートでも差が出てきます。正社員の友人は、結婚したり、海外旅行に行けるようになったり、趣味にもお金をかけられる余裕が出てきます。

ところが、職歴がないあなたは今までと生活は変わらず、働いていないので高い買い物も海外旅行に行くことさえできません。友人とたまに会っても、話についていけない合わなくなってきているということも生じてきます。これ以上格差が広がり、一生肩身が狭い思いをするのはイヤですよね?今のうちに就職して正社員を目指しましょう。

将来3. 結婚するのは厳しい

職歴がない、働いていない人には「フラフラしている」「責任感がない」などの印象を持たれるため、結婚が難しくなる場合もあります。共働き世帯が主流になる中で、男女ともに職歴がない、働いていないとなると結婚は厳しいのが現状です。

将来4. 子供ができた時に教育費が必要

子供が幼い時にはお金のやりくりは何とかなるかもしれませんが、子供が小学校へ上がり始めると教育費がかかってきます。

一般的に教育費には2000万円近くかかるといわれているので、フリーターやニートだと両親や配偶者に頼らざるを得なくなります。そうならないように早めに就職しておきましょう。

30代職歴なしの人におすすめの仕事

30代職歴なしの人におすすめの仕事

30代の職歴なしの人におすすめできる職種を紹介します。参考にしてみてください。

おすすめな仕事1. 営業職

30代の職歴なしでもおすすめな職種1つ目は、営業職です。営業職は安定した求人募集があるため、営業経験がない未経験者でも採用されやすいからです。

また、営業は幅広い知識や経験を積むことができ、営業以外の仕事に転職してもスキルを活かせるというメリットもあります。どんな職種であれ、コミュニケーション能力の高さは採用時に評価されるでしょう。

「自分は営業は向いていない」と考えている方は、以下の記事を一度確認してみてください。

「営業に向いてない」は本当?自分に合う営業の仕事を探そう

おすすめな仕事2. IT職

30代の職歴なしでもおすすめな職種2つ目は、IT職です。今、IT業界は深刻な人手不足にあるため、未経験者を募集していることが多く、職歴がなくても採用したいという会社もあります。未経験者を募集して、入社したあと積極的に研修を行っている企業が多く、研修後に即戦力になるように人材育成に力を入れています。

IT職の中でも特におすすめなのが、「インフラエンジニア」です。インフラエンジニアとは、ネットワークインフラの基盤の構築や設計、運用や保守を行う仕事です。インフラエンジニアはIT職初心者でも、比較的難易度が低いのでIT職の入口として入りやすい傾向があります。

エンジニアについてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください

エンジニアとはどんな仕事?ITやシステムエンジニアに転職するポイントは?

おすすめ仕事3. 介護職

30代の職歴なしでもおすすめな職種3つ目は、介護職です。介護職も慢性的に人手不足で、働きながら資格を取得できる職場もあるからです。

介護職は、40代や50代の未経験者でも就職している人がいます。なので、30代で職歴がない未経験者でも比較的就職しやすい職種です。お年寄りと話すことが苦にならない人には向いています。

また、介護職を目指すなら事前準備として、ある程度のコミュニケーション力も必要です。お年寄りと触れ合う機会、話をする機会を増やしておくなどするとスムーズに仕事に入りやすいです。

福祉関係の仕事とは?仕事内容ややりがいも解説!

おすすめな仕事4. 販売職

30代の職歴なしでもおすすめな職種4つ目は、販売職です。販売職も人手不足で、特別な資格もいらないので30代で職歴なしのニートでも就職しやすいからです。

販売職と言ってもアパレル、雑貨店、スーパー、百貨店など多岐にわたります。また、接客業なのである程度のコミュニケーション力は磨いておいた方がいいです。

また、絶対に必要という資格ではありませんが、就職に有利になるように「販売士」の資格を持っておくともっと良いでしょう。就職活動をする時の参考にしてみてください。

販売業のような業界についてより詳しく知りたいと考えている方はエージェントに一度相談してみましょう。求人だけでなく自分に合った仕事もおすすめしてくれると思います。自分でも一度特徴を整理したい方は以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめしない仕事も紹介

30代で職歴がない人の中には、なんでもいいから仕事に就きたいと考える方もいるかも知れませんが、「工場」で働くことはあまりおすすめしません深夜に勤務すれば手当をもらうことができるので、働く時間を夜でもいいと考えている方には魅力的に感じられるでしょう。

しかし、ここ数年で「人口知能(AI)」が急激に進化してきていることも頭にいれて就職活動をしないといけません。今後10年以内に工場を全てロボットに置き換えられる可能性があります。実際に工場で働いている方であればお分かりいただけると思いますが、ここ数年でロボット化が進んできています。

今の状態を打破するだけでなく、今後のキャリアや自分のライフプランを考えて、長期的な視点から就職先を決めていきましょう!

まとめ

30代・職歴なしの状態からでも、正社員就職の可能性があることをお伝えしてきました。

この記事のポイントを、あらためて確認しましょう。

  • 30代職歴なしは「30代職歴あり」や「20代」より就活で不利になる前提を認識する
  • 30代職歴なしでも、就職がしやすい業界・会社を選ぶ
  • 就職成功の確率を上げるために、適切な支援サービスを活用する
  • 30代職歴なしの人は、履歴書や面接の対策をしっかり行う必要がある

就職活動がはじめてだったり自信がない方、あるいは過去の就活が不本意な結果に終わってしまった人は、就職支援サービスの活用をおすすめします。

私たちジェイックも、就職エージェントを運営しています。主に20代から30代前半の正社員未経験者や既卒、フリーターの就活支援を得意としています。就職成功率が81.1%、入社後定着率が90%を超えるなど、豊富な実績を持っている点も大きな強みです。支援サービスはすべて無料で受けられます。

「自分ではどうやって就活したらいいか分からないから相談したい」「向いている仕事を探したい」と感じたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

「30代職歴なし」に関するよくある質問

30代の職歴なしが就職が出来ない原因は?

30代の職歴なしが就職できない原因は?と疑問をお持ちの方も多いでしょう。本記事の「30代職歴なしは手遅れ?就職が厳しい理由」では、30代の職歴なしがなぜ就職できないのか、の原因について解説しております。疑問をお持ちだった方は是非読んでみて下さい。

30代の職歴なしで正社員になるポイントは?

30代の職歴なしで正社員になるコツやポイントが気になって方もいらっしゃるのではないでしょうか?本記事の「30代の職歴なしで就職する方法」では、30代の職歴なしで正社員就職をするポイントについて解説しております。正社員として就職するために何が必要なのかを本記事を参考にしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。同大学経済学部附属経済研究所「こどもの機会均等研究センター」協力研究者。元・三菱経済研究所研究員。経済産業大臣登録 中小企業診断士。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」