オンライン面談実施中!

30代ニートの末路を男女別に解説【脱出するための対処法も】

30代ニートの末路を男女別に解説【脱出するための対処法も】

「30代でニートだと、どんな未来が待っているんだろう……」と不安に感じていませんか?この記事では、30代ニートの末路を男女別に紹介すると共に、ニートから脱出する方法・考え方もお伝えします。未来を少しでも変えたい人はぜひ参考にしてみてください。

【男女別】30代ニートの末路

【男女別】30代ニートの末路

30代のニートには、決して明るいとはいえない未来が待っています。まずはどのような未来が待っているか、男女別に見ていきましょう。

30代男性ニートの末路

30代男性ニートの末路として考えられるのが、正社員就職が困難なことです。

社会的にみると、男性のニートのほうが女性より厳しい目で見られる傾向にあります。特に30代の男性は「働き盛り」といわれますが、この30代の時期にニートの状態だと視線はさらに厳しく、正社員として雇ってくれる会社になかなか出会えない可能性があります。

そして仮にフリーターとして働けても、雇用が安定しないために職を転々とし、これといったスキルもつかないので正社員への就職がさらに遠のいていく……といった可能性も考えられるのです。

30代女性ニートの末路

30代女性ニートの末路として考えられるのが、生活が困難になることです。

30代を過ぎると、親もそろそろ引退の時期に差し掛かります。年金生活を送る親も増え、ニートの娘を養っていけるだけの経済的余裕がなくなってくるかもしれません。

こうしたとき、結婚をして親元を離れることもひとつの手といえますが、女性ニートの多くが自分に自信がありません。一方で働く意思もないため、多くの男性から結婚の対象として選ばれにくい傾向があります。

結果、親がどんどん年老いていく一方で、収入の支えとなる夫も見つからないまま生活が厳しくなっていく……。こうした未来が30代の女性ニートに待ち受けている可能性があるのです。

30代ニートを脱出できない原因と対処法

30代ニートを脱出できない原因と対処法

30代のニートが今の状態をなかなか抜け出せない原因を3つ解説します。それぞれの対処法もお伝えしますので、ひとつでも当てはまる原因があればすぐに対策していきましょう。

コミュニケーションに苦手意識がある

コミュニケーションに苦手意識があるため、ニート生活を抜け出せない30代ニートは少なくありません。

社会に出ると、他人と接する機会が増えます。相手の気持ちを考えること、そして状況に合わせて話すこと、こうしたコミュニケーション力がどうしても必要になるのです。

しかし30代のニートの多くは、外の世界を長い間シャットアウトしています。特に家族と話すこともなく閉じこもっている場合だと、仕事ではじめて会う人との関係構築などに対して「恐怖心」にも似た気持ちを抱いてしまうのです。

【対処法】スキルを身につける

コミュニケーションに自信がない場合には、スキルを身につけるための行動をまずは起こしましょう。なぜなら今は、多くの人と接しなくてもできる仕事が増えているからです。

たとえばプログラマーは、基本的にはパソコンの前で黙々と作業をしている時間が長い仕事です。接客業や営業のように、はじめての人を相手に仕事をする機会も多くありません。

今は「ドットインストール」や「Progate(プロゲート)」といった初心者向けの無料プログラミング学習サイトも存在します。家にいながらでもスキルを身につけていけるため、こうしたサイトを利用してみるのも手といえるでしょう。

長時間仕事をすることが不安

30代でニートを抜け出せない人の多くは、長時間仕事をすることに対して不安感を抱いています。正社員や派遣として働けば1日8時間、週40時間の勤務が一般的です。アルバイトとして働いたとしても1日3~4時間の勤務は必須といえるでしょう。

「時間を拘束される」といった点への抵抗はもちろん、30代以降になると体力の衰えも感じ始めます。部屋に閉じこもり、外に出ない30代ニートの場合には体力が大きく落ちているケースも少なくありません。結果として「体力に自信がないから仕事ができない」と悲観的に考えてしまう人が多いのです。

【対処法】生活習慣を整える

体力に自信がない場合には、生活習慣を変えることから始めましょう。

生活習慣が整ってくると、心が回復してきます。すると気持ちが前向きになり、一見すると面倒に思える「体力づくり」に対してもモチベーションが湧きやすくなるものです。

たとえば「夜更かしをしない」と決めるのもひとつの方法です。朝起きる時間を1時間早め、太陽の光を浴びることを日課にするのも良いでしょう。

一方で、いきなり外に出てランニングをしたり、ジムに行って汗を流したりするのはおすすめできません。3日坊主になってしまい「やっぱり自分はダメだ……」と落ち込んでしまうリスクがあるからです。

まずは、少しずつでも生活習慣を変えていきましょう。外に出るための「準備」を着実に積み上げていけば、外に出て、体力をつけるための活動に取り組む意欲が湧いてきます。

「すぐ辞めてしまう」と諦めている

「働いてもすぐに辞めてしまうから」と諦めてしまっているため、働く気持ちが湧いてこない30代ニートも少なくありません。

仕事を始めると覚えることが増えます。はじめは苦労しますが、それでも徐々に仕事に慣れ、コツを覚えていくことが一般的です。しかしコツの習得までにはどうしても時間がかかります。

その点、多くのニートは諦めが早い傾向にあります。結局は「自分にはどうせ無理」と投げやりになってしまい、長く続けるということに対して高いハードルを感じてしまうのです。

特に30代から働き始めると、自分より年齢が若く、仕事ができる後輩に囲まれるかもしれません。「できない自分」をさらけ出さなくてはいけない場面を想像し、社会に飛び出すことに二の足を踏んでしまう30代ニートも少なくないのです。

【対処法】過去の自分を振り返る

「すぐ辞めるから」と諦めてしまう人は、過去の自分と向き合うことから始めてみてください。

「どうせ自分には無理」「これまで失敗してきたから」と過去の経験を引き合いに出し、自分の可能性を自分の手で狭めてしまっているニートは少なくありません。

あなたにも、失敗してまわりから笑われた経験、外に出ようと思って頑張ったけど結局は閉じこもってしまった経験はありませんか?

過去の経験は、今の気持ちをつくり出します。辛い経験が心に引っかかり、行動への足かせになっていることもあるでしょう。たしかに辛い経験は、思い出すのも辛いものです。しかし過去のトラウマを引きずったままだと、未来への希望をなかなか見出せないのも事実です。

まずは少しずつでも、過去に目を向けてみてください。過去は過去として捉えられたとき、未来に踏み出す勇気が湧いてくるはずです。

30代ニートが就職を成功させるポイント

30代ニートが就職を成功させるポイント

30代ニートが就職を成功させるポイントを3つ紹介します。

  • バイトや派遣で職歴を積む
  • 履歴書の空白期間をポジティブに伝える
  • 今すぐ行動する

焦らないことはもちろんですが、一方で30代になると“年齢の壁”も現れ始めます。お伝えするポイントをもとに早めの行動も心掛けましょう。

バイトや派遣で職歴を積む

就職成功に向け、まずはアルバイトや派遣からでも経験を積んでいくことがおすすめです。

無職からいきなり正社員を目指すと大きな負担がのしかかります。正社員として仮に働けたとしても「想像以上に辛かった」「思っていた仕事と違った」と早期離職につながってしまうリスクもあるのです。

そこで職場に慣れる経験を積むためにも、アルバイトや派遣としてまずは働き始めることがおすすめです。アルバイトや派遣であったとしても、その職場でコミュニケーション力やスキルを少しでも身につけられたのであれば、それは正社員就職に向けた大きな一歩となることでしょう。

履歴書の空白期間をポジティブに伝える

履歴書の空白期間をポジティブに伝えることも、就職に向けてぜひ押さえておきたいポイントのひとつです。

企業が人材を採用する場合、その候補者の経歴に「空白期間」があると採用に慎重になります。「ウチで働いてもすぐに辞めてしまわないか」と不安になってしまうからです。

そのため空白期間の理由を聞かれた場合に備え、面接を受ける側としては回答の準備が必要です。しかし「働く気が起きなかったので」といった本当の気持ちを伝えるのはおすすめできません。

そこで意識したいのが、少しでもポジティブに伝えられる回答を考えておくことです。就職に向けて資格取得などの勉強をしているのであれば「資格取得に時間を費やしたかったので」と伝えるのもひとつの手といえるでしょう。

企業は、長く働き続けてくれる人を採用したいと考えています。そのため、たとえ職歴に空白期間があったとしても、「この人は長く働いてくれそうだ」と面接官に感じてもらうことさえできれば採用につながるケースも多いのです。

就職を考える場合には、空白期間についての質問が飛ぶと考え、準備を入念におこなっておきましょう。回答が思い浮かばない場合には、後ほど紹介する「30代カレッジ」なども利用しつつ、面接の対策を進めてみてください。

今すぐ行動する

今すぐ行動することも、就職成功に向けて欠かせないポイントです。

30代は20代に比べ、就職が難しくなります。専門性の高いスキルや、部下を管理・育成できるだけの力も求められる傾向にあります。

しかし30代ニートの場合にはスキルに乏しいことがほとんどです。そして「まだ若いし」と何となく考えていくうちに、1日、1カ月、1年……と過ぎ、気づくと就職先が大きく狭まっている、といった未来が待ち受けています。

宝くじで1等でも当たらない限り、1日で人生が大きく変わることはありません。しかし1日1日の行動が未来を変える可能性は大いにあります。

30代ニートの場合には、20代ほど時間が残されていません。そのためまずは、早めの行動を心掛けましょう。迷ったら行動してみる、こうした意識が目の前の未来を変えていきます。

30代ニートには「30代カレッジ」がおすすめ

30代ニートには「30代カレッジ」がおすすめ

自分ひとりで就職活動を進められるか不安な場合には「30代カレッジ」の利用がおすすめです。30代カレッジとは、30代の社会人未経験者、または経験の浅い人の就業サポートをおこなうサービスです。無料で使えるだけでなく、30代ニートの就職ノウハウも豊富に学べるため、ひとりで進めるよりも就職成功の確率を高められる可能性があるでしょう。

特に次の3つは、30代カレッジならではの特徴といえます。

  • 30代専門の就職支援講座
  • 書類選考免除
  • 入社後のサポート

それではそれぞれについて説明していきます。

30代専門の就職支援講座

30代カレッジでは、面接対策講座、ビジネスマナーが身につく就活講座などさまざまな講座が用意されています。就職の基本を学べるだけでなく、会社が30代の採用で重視しているポイントも踏まえ、「30代特化」の対策を積めることもメリットです。

履歴書の書き方、自分にぴったりの会社を選ぶ方法など、はじめての就職で気になる点についても多くのことを学べます。30代カレッジに通うことで、就職成功に向けた心強いサポートが手に入ります。

書類選考免除

30代カレッジを利用すると、30代の未経験者を採用したい企業の紹介を受けられます。そして、それらの企業には書類選考がありません。つまり書類を提出することなく、面接に進むことができるのです。

経歴に自信がなかったり、ニート期間が長くて不安を感じたりしている人にとっては、「書類選考なし」は特にメリットに感じられることでしょう。

そもそも30代の社会人未経験者を採用したい会社は、過去の経験より、未来の可能性を買ってくれる傾向にあります。そのため書類で確認できる経歴やスキルといった面よりも、その人のポテンシャルや意欲を重視しているのです。

なお30代カレッジでは、面接対策も可能です。面接に苦手意識がある人もぜひ利用してみてください。

入社後のサポート

無事に入社を決めたあとも、30代カレッジのサポートは続きます。

就職してすぐの頃は仕事に慣れず、ストレスや不安が重なってしまうこともあるでしょう。こうしたときは30代カレッジの担当者に相談してみてください。

30代カレッジは「今までの経歴に関係なく、充実した社会人として定着・活躍する」ことを就職成功と考えています。そのため就職して関係が切れることを良しとせず、就職後も長期的にサポートを続けることを信条にしているのです。

30代ニートの状態から働き始めると、さまざまな不安が押し寄せてくるかもしれません。こうしたとき、相談できる相手がすぐ近くにいることは大きな心の支えになるはずです。

就職活動だけでなく、就職後のサポートも手厚く受けつつ安心して働いていきたい人は、30代カレッジの利用を前向きに検討してみてください。

【共通】CTAボタン