営業に向いてないのには特徴がある!あなたに会った営業の仕事の見つけ方

営業に向いてないのには特徴がある!あなたに会った営業の仕事の見つけ方自分は営業職に向いていないのだろうかという悩みを持ち始めると、だんだんと本当に営業向きの人ではないと思い込んでしまいがちになります。

営業を仕事としていくのが本当に向いていないのかどうかを見極められるようになりましょう。

営業に向いていないと考えている人がどんな理由を持っているのか、そして、どんな対策ができるのかを紹介します。

この記事のまとめ

 1.営業に向いてない人は、出来る人のマネから始めよう

 2.営業にも種類があるので、自分に合ったスタイルで仕事をしよう

 3.営業で大切なのは、コミュニケーションを諦めないこと

営業が向いていないと感じる主な理由と対策を紹介

営業が向いていないと感じる主な理由と対策を紹介営業が向いていないと感じる主な理由とその対策について紹介します。

企業選びをしている就活生で仕事で営業が向いていないと感じていても、営業が適正かもしれません。

対策も紹介するので就活の参考にしてみてください。

営業が向いていないと感じる理由

営業に向いていないと感じるケースは色々ありますが、どのような時に感じるのかを知りたいと思う人もいるでしょう。

結果が出ないからというのがよくあるパターンです。

営業は契約件数や売り上げといった結果が最も重視され、いくら頑張っていても評価してもらえないことも珍しくありません。

ノルマが課せられていて到底達成できないという状況に陥り、適性がないと判断することもあります。

このような実力主義の仕事がそもそも嫌いだから営業職は自分には合わないと理由付けをする人もいます。

上昇志向があれば売り上げを増やすと給料が上がる場合が多いので魅力的な働き方ですが、安定志向だから向かないと判断する人も少なくありません。

 

一方、仕事の内容に関わるところで営業には向いていないと考えることもあります。

新規開拓営業でなかなか契約を獲得できず、顧客との関係もうまく作れずにストレスを感じたというのが典型例です。

人間関係の問題は顧客相手のときだけでなく、同僚との間で起こることもあります。

ある意味では同僚が競争相手になるので、円満な関係を作り上げるのが難しいと感じることもあるのです。

また、実際に営業をしてみると自社の商品やサービスに魅力がない、自信を持てないという状況に陥ることもあります。

決して本人が営業に向いていないわけではないのですが、それが自分の理解不足だと誤解してしまって営業職を辞めようと思うこともあるのが実態です。

営業が向いてない人の対策1:成功者をまねる

営業に向いていないという気がしていても、本当は活躍できる素質を持っていることもあります。

営業職で働いている人が向いていないと感じたときにすぐにできる対策を知っておきましょう。

対策としてまず候補に挙げてみると良いのが成功者のまねをする方法です。

売り上げを着実に伸ばしている営業マンは成功するためのヒントを持っています。

成功している営業マンに話を聞いてみることもできますが、本当に重要な秘訣は教えてくれないでしょう。

まずはまねをすることから始めてみると、どんな働き方をすれば実績ができていくかがわかります。

営業が向いてない人の対策2:自己分析をする

営業に向いていないと考えている人も、実は自分の価値観や性格を考慮すると営業向きだとわかることも珍しくありません。

すぐにできる対策として自己分析をしてみましょう。自分は本当に営業に向かない性格なのかを客観的に判断することを目指すのが大切です。

自己分析をして自分の価値観や性格がわかると、向いている仕事と向いていない仕事がだんだんとわかってきます。

長所や短所もはっきりとわかるようになると、こんな仕事なら活躍できる、このような仕事をやりたいというイメージも湧いてくるでしょう。

 

自己分析を通して営業をしている自分の姿が見えてきたら、営業を本当にやりたいと思っているはずです。

営業職には向いていない面も持っているために成果が上がらなかったり、ストレスを抱えたりしてしまっていることがよくあります。

自己分析によって苦手なものを見つけ出し、それを克服すれば成功に向かうことができるでしょう。

自己分析はあくまで客観的に自分を見つめるもので他人と比較するものではありません。

他人と比較して劣っている部分があるから営業に向かないと思い込んでしまわないように気をつけましょう。

営業が向いてない人の対策3:転職を考える

営業がどのように考えても向いていないという結論に達することもあるでしょう。

確かに向いていない人もいるのでそのときにできる対策を知っておくのも肝心です。

営業職以外への転職は厳しいことが多いため、今までの経験を生かして自己アピールをできるように準備しなければなりません。

資格の取得などを通して転職活動を有利に進められるようにしておきましょう。

また、勤め先の会社に魅力があると思っているなら、社内の異動で営業の担当業務を変えたり、職種を変更したりできないかも探ってみるのが賢明です。

営業に向いていないと感じている人必見~営業の内容とメリットとは~

営業に向いていないと感じている人必見~営業の内容とメリットとは~営業に向いていないと感じ、就活で営業職を見ていない人もいるかもしれません。

その行動がもしかしたら、自分の可能性を自分で捨てているかもしれません。

ここでは営業の内容とメリットについて紹介します。また、営業を行っていると将来どのようなキャリアビジョンが描けるのかについても紹介します。

営業に向いていないと感じている人必見1~営業の内容~

営業に向いていないと思っている人でも、これから就職しようと考えている人もいれば、すでに営業職として働いている人もいるでしょう。

どちらのケースでもあらためて押さえておきたいのが営業の主な仕事内容です。

営業とは勤め先の会社が提供している商品やサービスなどの提供先や業務に関する提携先となる顧客との取引をしていく際の窓口です。会

社によって事業内容にも違いがあり、BtoBを主体としている場合もあれば、BtoCの事業を展開している場合もあるでしょう。BtoBの場合には企業、BtoCの場合には消費者が顧客となります。

 

営業の仕事も細かく分類していくと様々なものがありますが、大まかな分け方としては新規開拓営業とルート営業があります。

新規開拓営業は今まで取引のなかった顧客を新たに獲得することを目指すものです。

新しい取引先ができることで会社の利益が大きくなると期待できるでしょう。

ルート営業は新規顧客ではなく既存顧客への営業をするのが仕事です。既に取引のある企業のサポートをしつつ、新しい商品やサービスの契約を勝ち取ることを目指して働くことになります。

 

新規開拓営業でもルート営業でもやるべきことの基本には違いはありません。

自社の商品やサービスについてプレゼンテーションを行い、顧客あるいは顧客候補の興味を引きつけて注文してもらうことが目標となる仕事です。

このメイン業務をするために見積書を用意したり、商品やサービスの資料を作成したり、発注や納品の業務を担ったりすることもあります。

現場によっては営業アシスタントがいて、このような事務的な業務は任せられる場合もあるでしょう。

つまり、会社が販売している商品やサービスと顧客を結びつけて売り上げを生み出すのが営業なのです。

営業に向いていないと感じている人必見2~営業のメリット~

営業に向いているかどうかを考える上でもう一つ重要なのが、営業の仕事にはどんなメリットがあるかをよく理解しておくことです。

営業職として働いているとたくさんの人との出会いの機会に恵まれます。

新規開拓営業をしていると次々に新しい顧客候補にアタックしていくことになり、多くの人と面識を持つことが可能です。

ルート営業でも既存顧客企業の担当者だけでなく、その企業内の人を適宜紹介してもらえます。個人顧客への営業でも知人を紹介してくれることがあるでしょう。

このように仕事を通して幅広いネットワークを作り上げることができ、将来的にも役立つ人脈を手に入れられるのはメリットです。

 

また、高いレベルのコミュニケーションスキルを体得できるのもメリットとして挙げられます。

老若男女を問わずにアプローチをして商品やサービスの売り上げにつなげなければならないので、どんな人を相手にしても相手に不快感を与えず、スムーズにやり取りができる対人能力が身につくのです。

営業職は顧客から好かれることも重要で、いかにして相手に気に入ってもらうかについてのノウハウも習得できます。

このようなコミュニケーションスキルは社会人としてどんな仕事をする上でも基礎になるものなので、営業を経験するとこれからどんな働き方をしていくにしても有用な基盤を作り上げる機会を得られるのです。

営業に向いていないと感じている人必見3~営業経験の活かし方~

営業をやめて他の仕事をしたいと思ったときには経験を活かせる仕事を選ぶと転職しやすく、転職後も活躍できる可能性が高まります。

販売員は消費者を相手にして商品を売る仕事で、営業と類似性があるので経験を有効活用できます。

また、タクシーの運転手も営業職としての性質があり、乗客とのコミュニケーションが成績の向上につながる点で魅力が大きいでしょう。

コールセンターのスタッフも営業経験を生かすことが可能で、聞き上手になって顧客第一という考え方でコミュニケーションを取ることが求められます。

もっと営業職としての経験を直接的に活用したいと思ったら営業事務になるのも良い方法です。

営業をサポートする職種なので経験がそのまま使えるだけでなく、今まで営業事務に補助してもらってきた人ならどのように仕事をすれば営業マンが助かるかがわかるので速やかに活躍できるでしょう。

営業が向いていない人と向いている人の特徴

営業が向いていない人と向いている人の特徴営業に向いていない人と向いている人の特徴について紹介します。

営業が向いていない人の特徴

営業に向いている人について理解できたところで、逆に営業に向いていない人の特徴についても考察してみましょう。

営業に向いている人と真逆だと考えればコミュニケーション能力が低い人は向いていないのは明らかです。

また、真面目過ぎる人は営業に向かないと言われています。

顧客の希望に柔軟に応えることで商品やサービスを購入してもらえるようになるからで、あまりにも頭が固くて融通が利かないと売り上げが全く出ないこともあるのです。

顧客を喜ばせることが営業をする上では欠かせないことなので、相手の考えを読めない人もあまり営業には向いていません。

営業は自らアプリーチをかけていくのが重要なので、主体的に行動を起こせない人も適性が低いでしょう。

 

一方、顧客に好かれようという努力をしない人も営業には向いていません。

時間管理が苦手で顧客の要求する時間に訪問できないとなると信用を失うことになります。

約束を守れないとなればさらに状況は悪化してしまうでしょう。商品などを紹介して納品したときに相手のニーズに合っていなかったようなケースでは責任を取る必要が生じます。

その際に自分に責任があったことを認め、適切な対処をする潔さや責任感を持っていないと信頼してもらえなくなるでしょう。

また、社会人として最低限のマナーである清潔感のある姿で顧客に会うことができないような、外見に対する意識が低い人も営業職で成功することはあまりありません。

向いている人の特徴

このような営業の特性を理解した上で営業職で働くのに向いているのはどんな人なのかを考えてみましょう。

営業に向いている特徴としてまず挙げられるのが人に好かれやすい人柄だということです。

顧客と円満な関係を作り出しやすく、商品やサービスを購入してくれる可能性も高まります。

また、人柄と関連している特徴としてコミュニケーションスキルが高いことも挙げられます。

聞き上手で顧客の悩みを聞き出すことができ、その悩みを解決する方法として商品やサービスを説得力がある形で紹介できれば大きな売り上げを獲得できると考えられるからです。また、飛び込み営業のケースもあるので度胸がある人も営業に向いています。

 

一方、人間関係構築力がある人も営業に向いています。

人から信用を得られると商品などの紹介をしたときにもきっとこの人の言うことだから大丈夫だと思ってくれるでしょう。

その信頼関係を築き挙げられる力があると有利なのです。

この能力は社内でも重要なことで、同じ営業職の人や上司とも良好な人間関係を作れると居心地が良くなります。

商品やサービスを開発しているスタッフとの関係もしっかりとできていれば顧客によりわかりやすい情報を提供できる可能性もあるでしょう。

 

これに加えて力の抜き方を知っている人も営業に向いています。

営業は契約件数や売上高といった数字で評価されるのが通例で、必死に働いて稼ごうとすると息つく間もなく働かなければならないでしょう。

それが原因で体力が追いつかなくなったり、メンタルが耐えられなくなったりしてしまうこともあるのです。

プライベートを充実させるなど、息抜きを自然にできる生活を作り上げられる人は営業職で長く働いていけるでしょう。

自分なりの対策を見つけよう!

営業には向いている人もいれば向いていない人もいます。

成功者のまねをしたり、自己分析をして営業に有用な価値観を持っていないかと考えてみたりして本当に営業に適性がないのかを確認するのがまず重要です。

様々なことを試してみても、やはり営業に向いていないということであれば、正社員の就職支援に強い転職エージェントのジェイックに相談してみましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC