相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

26歳で就職は遅いのか?遅くなっても就職できる理由を解説

26歳で就職は遅いのか?就職できない人の特徴や就職できる理由を解説
ニートFV

26歳就職遅いと感じる方もいるのではないでしょうか? 実際には26歳は若手として扱われることが多いため、就職できるチャンスはあります。

この記事では、26歳で就職が遅くない理由や、就職できない人の特徴などを解説しています。 就職を考えている人は是非この記事を参考にしてみてください。

記事のPoint
  • 26歳は第二新卒枠からは外れるが、まだ企業から「若手人材」として重宝される年齢
  • 26歳で就職できない人の特徴は【自信がない、行動が遅い、こだわりが強い】
  • 就活では【企業研究、自己分析、就職エージェントの活用】をしっかりやってみよう

26歳の就職は遅くはない!

26歳の就職は遅くはない!

26歳で就職することを「遅い」と思っている人がいますが、決してそんなことはありません。労働政策研究・研修機構の調査によると、年齢別フリーターの就職率は以下の通りでした。

  • 15〜19歳:29.9%
  • 20〜24歳:32.7%
  • 25〜29歳:25.5%
  • 30〜34歳:18.1%
  • 35〜39歳:15.5%
  • 40〜44歳:15.6%

この中には就職する気がない人も含まれているため、就職する意思のある人に限定すると、もう少し就職率は上がります。また、26歳だと「第二新卒」という枠からは外れますが、まだ多くの企業から「若手人材」として重宝される年齢です。

一方で、先ほどの調査からも30歳以降は就職率が下がっています。そのため、26歳で就職したい人は早めに行動するのが得策といえるでしょう。

参考「労働政策研究・研修機構:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③

26歳で就職できない人の特徴

26歳で就職できない人は、以下3つの特徴を持っています。

  • 自信がない
  • 行動が遅い
  • こだわりが強い

以下、それぞれの詳細を解説していきます。

自信がない

自信がない人は自分の魅力を上手くアピールできないため、就職が難しいです。あなたが面接官なら、自信がなさそうに話す人を魅力的に思うでしょうか?

しかし、誰にも長所・短所がそれぞれあります。自信がない人は、言い換えれば「自分の魅力に気づいていないだけ」といえるでしょう。

「自分は26歳にもなって就職できていない」と、すでに自信をなくしている人もいますが、社会人生活はまだ40年ほど続きます。そう考えれば、26歳はまだスタートしたばかりの年齢です。決して遅いと思わず、前向きに就活に取り組んでみましょう。

自信をつけるためにおすすめな方法は、毎日「今日頑張ったこと」を日記に書くことです。日記ができなければメモ程度でも構いません。

  • いつもより30分早起きした
  • アルバイトで任された仕事を時間内に終わらせた
  • 電車でお年寄りに席を譲った
  • 帰宅して3Kmランニングした

このように小さな成功体験を日々味わうことで、だんだんと自信がついていきます。

行動が遅い

行動が遅い人も就職が難航しやすいでしょう。就活において年齢やスピードはとても重要です。

  • アルバイトで実績を出してから
  • この資格を取得したら
  • 今は新卒が就活する時期だから

このように理由をつけて行動しない人は、どんどん出遅れていきます。完璧なタイミングは訪れないので、就職したいと思ったら多少準備不足でも、早めに就活を始めましょう。

行動を早くするには、まずは規則正しい生活習慣を身につけてください。早起きして日光を浴びると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されます。すると自然と気持ちが前向きになり、行動力もアップします。

就職先が決まるまでは、ぜひ「規則正しい生活習慣」を心がけましょう。

こだわりが強い

こだわりはあってもいいですが、強すぎると就職が難航しやすいので要注意です。希望通りの企業はまずありません。26歳で就職できずに困っている人は「理想が高すぎないか」を見直してみましょう。

特に「収入」と「やりたい仕事内容」は、こだわりが強く出やすいです。26歳でフリーターから正社員になると、収入は一時的に下がるでしょう。しかし、将来的に正社員はフリーターよりも昇給して、高年収を稼げる可能性が高いです。このように、長期的な視点で考えることが大切です。

また、20代は実績が少ないため就職しても、最初からやりたい仕事ができるとは限りません。しかし「望んで配属された部署ではなかったが、やってみたら案外仕事が楽しい」という人もいます。経験の少なさから視野が狭くなっている可能性もあるため、こだわりが強すぎないかはぜひ確認しましょう。

26歳の就職で遅いと感じる人必見!就職できる理由を解説

先ほど「26歳の就職は遅くない」ことをお伝えしましたが、それでもまだ納得できていない人がいるかもしれません。そこで、26歳の就職を遅いと感じる人に向けて、以下3つの就職できる理由を解説します。

  • 未経験歓迎などの求人があるから
  • 若手として扱われるから
  • ポテンシャルで採用する企業があるから

きっと「26歳は十分就職できる」と思えるでしょう。

未経験歓迎などの求人がある

26歳はまだ若手扱いをされるため、未経験歓迎の求人にたくさん応募できます。特に以下の業種・職種は、未経験者を歓迎する求人が多いです。

  • IT業界
  • 介護業界
  • 建築業界(現場監督)
  • 営業職
  • 販売職
  • 事務職

未経験歓迎の求人は「実績はなくても才能を感じる人を1から育て、将来的に活躍してほしい」という狙いがあります。ほとんどの26歳はまだ実績が少ないので、未経験歓迎の求人に応募するのがおすすめです。

採用されるポイントとして、経験がない分「熱量」を見られます。関連する資格を取得したり勉強しているなど、熱量をアピールできるように準備しておきましょう。

注意点は「未経験歓迎」といっても、30歳くらいまでが対象の求人が多いことです。よって、26歳であれば早めに行動を起こしましょう。

若手として扱われる

26歳は多くの企業で「若手人材」として扱われ、採用される可能性も高いです。年齢から見ても、就職が遅いことはありません。

若い人を採用すると、企業には以下のメリットがあります。

  • 前職に染まっておらず教育しやすい
  • 人件費が安い
  • 体力がある

社会経験が少ないデメリットはありますが、多くの企業はそれ以上にメリットが大きいと考えます。一方、26歳で就活する時の注意点は以下の2つです。

  • 新卒に比べると不利になりやすい
  • すぐにやめてしまうことを懸念される

特に26歳から未経験の仕事を目指すなら「なぜその企業で働きたいのか」を明確にし、アピールすることが重要です。

ポテンシャルで採用する企業がある

ポテンシャル採用とは、企業が求職者に対して「今は特に実績がなくても、この人は将来性がある」と今後に期待して採用する方法です。多くの企業は「若手の人材確保」に苦戦しており、上手くポテンシャルをアピールできれば採用される可能性は十分あります。

ポテンシャル採用では、特に以下の要素が見られることを理解しましょう。

  • 社会人としての基本的マナー
  • 価値観が合うか
  • 熱量
  • 前職の退職理由

ポテンシャル採用を狙うメリットは「未経験の仕事に挑戦しやすい」ことと「働きながらスキルが身につく」ことです。一方で注意点は「高年収が期待できないこと」と「早期退職するとスキルが身につかず、転職が不利になること」です。

26歳で就職が遅くても抜け出すためのポイント

26歳で就職活動が上手くいかないと感じる人は、以下のことができているかを確認しましょう。

  • 企業研究
  • 自己分析
  • 就職エージェントの活用

以下、それぞれの内容を詳しく解説していきます。

企業研究を行う

就職活動が上手くいかないと悩んでいる人は、企業研究の方法を見直しましょう。企業研究の目的は「同じ業種・職種の中でも、自分に合った企業を見つけること」です。また、自分に合う企業が分かれば、面接でも立派な志望動機としてアピールできます。

企業研究は、まず以下の項目を調べます。

  • 企業規模
  • 事業内容
  • 資本金
  • 経営理念
  • 企業の強み
  • 企業の動向
  • 社風
  • 働いている人の声

これらの情報をまとめて、働きたいと思えるかをチェックしてください。特に実際に働いている人の意見はとても参考になります。

自己分析を行う

自己分析は、適性のある仕事を見極めるのに必要です。得意で楽しく働ける仕事は長続きしやすいでしょう。自己分析のポイントは、以下の項目を振り返ることです。

  • 熱中したこと
  • 成果を出せたこと
  • 長続きしたこと
  • 大変だと感じたこと
  • すぐにやめてしまったこと

それぞれのエピソードについて「なぜ頑張れたのか」「なぜ続かなかったのか」を考えてください。自分の好きなことや得意なことが明確になっていきます。

自己分析の結論が出たら、家族や友達など周りの人に話して意見をもらいましょう。他者から見ても同じように思えるのか、それとも違う意見をもらうのかで、さらに深い自己分析ができます。

就職エージェントを利用する

自分に合った企業が見つからない人は、就職エージェントの活用をおすすめします。その理由は、無料で就職支援の専門家であるキャリアアドバイザーに相談できるからです。

  • 自己分析のやり方
  • 自分に合う企業の見つけ方
  • 興味を持たれる履歴書や職務経歴書の書き方
  • 魅力的に見える面接対策

就職エージェントを活用すると、これらがすべて分かります。

注意点として、担当のキャリアアドバイザーとの相性によっては「自分に合う求人を紹介されない」と感じるかもしれません。そうならないためにも自己分析と企業研究を行い、自分の希望をしっかり伝えましょう。

私たちジェイックも、就職エージェントを運営しています。特に20代の未経験から正社員への就職支援を得意としているので、ぜひ利用を検討してみてください。詳しくは、次の章で説明していきます。

26歳で就職が遅いと感じる人で就職できる方法

26歳で「就職が遅い」と感じる人は、先ほど紹介したジェイックが運営する就職エージェントの活用を検討してみてください。

  • 未経験の人に特化しているから
  • 履歴書や面接対策に力を入れているから
  • 入社後のサポートも手厚いから

以下、それぞれの理由を詳しく解説していきます。

未経験の人に特化した就職エージェント

ジェイックが運営するのは、未経験からの正社員就職に特化したエージェントです。26歳からの就職は未経験業種・職種を目指す人も多いため、相性が比較的良いでしょう。

また、就活に関する知識やスキルを基礎から学べる「就職支援講座」を行っていることもおすすめポイントです。26歳はまだ就活に慣れていない人が多く、これを機に就活のノウハウを学んでいきましょう。

ジェイックの就職エージェントでは、以下の流れで就活を進めます。

  • STEP1:面談
  • STEP2:就職支援講座への参加
  • STEP3:優良企業と会える面接会
  • STEP4:内定獲得

この効率的な流れにより、最短2週間で内定を獲得できます。

このサービスの利用が向いているのは、「現在は既卒だが、就職意欲の高い人」です。

取り扱っているのは正社員の求人であり、これから長く働けることを前提としています。「将来的にキャリアアップしていきたい」という前向きな人は、ぜひ利用を検討してみてください。

履歴書や面接の対策で内定率アップ

ジェイックは「就職成功率が80%以上」という高い内定率を誇っていることも、大きな強みです。

その秘訣は、手厚い履歴書対策と面接対策にあります。興味を持たれる履歴書の書き方を知ることと自分を魅力的に見せる面接対策は、就活において非常に重要です。履歴書で興味を持たれないと、書類選考を通過できません。また、人柄を重視して採用する企業は面接を重視します。私たちはこれらの重要性をよく理解しており、内定を獲得するためのノウハウがあります。

入社後の定着もサポート

入社後のサポートが手厚いことも強みです。多くの就職エージェントが「内定を獲得すること」をゴールにしているのに対し、私たちは「安心して社会人生活を過ごすこと」をゴールにしています。そのため、入社後も専任のキャリアアドバイザーに困ったことを相談できる環境を設けています。これにより、90%ほどの高い入社後定着率を誇っていることも、大きな強みです。

まとめ

以上、26歳で就職が遅いと感じる人に向けて、決して遅くないことをお伝えしました。これからの行動次第では、未経験の業種や職種にも十分就職できます。

ただし、26歳は就職できる人とできない人が分かれ始める年齢です。本記事で解説した内容をよく理解し、賢く就活を進めていきましょう。

「自力で自分に合う企業を見つけて、内定を獲得する自信がない…」という人は、就職エージェントの活用がおすすめです。私たちジェイックも20代の就職支援実績が多数あります。ぜひ情報収集の1つとして活用を検討してください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。同大学経済学部附属経済研究所「こどもの機会均等研究センター」協力研究者。元・三菱経済研究所研究員。経済産業大臣登録 中小企業診断士。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」