就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

引きこもりニートの顔つきは幼い?その理由と改善方法を解説!

引きこもりニートの顔つきは幼い?その理由と改善方法を解説!

引きこもりニートの中には、自分の顔が幼いことを悩んでいる人が少なくはないのではないでしょうか?

この記事では、引きこもりニートが何故幼い顔つきになりやすいのかであったり、大人らしい顔つきになるにはどうすればいいのかについて解説します。

顔つきで悩んでいるニートの人は、ぜひ参考にしてみてください。

就職カレッジNo.1称号CTA
無料登録ボタン

幼い顔つきの特徴とは?

幼い顔つきの特徴とは?

そもそも幼い顔つきとは、子どものような顔つきということであり、“童顔”とも称されます。

そんな童顔の特徴について解説します。

ふっくらとした丸顔

芸能人でもアニメのキャラでも何でもいいので、小さな子どもと大人の顔のイメージをしてみてください。

おそらく、子どもは丸っこい顔で、大人はシュッとした顔を想像したと思います。

幼い顔つきの特徴の一つとして、縦横の比率が変わらないような、フェイスラインに丸みを帯びているというものがあります。

ニートの顔つきが丸顔になる要因は、その生活習慣にあります。

ニートは外出も少なく、特に頭を使った作業をしているわけでもありませんが、三食はきちんと用意される生活をしているケースが多いのではないでしょうか。

カロリー消費が少ないにも関わらず、社会人と同じような食事スパンでカロリーを摂取していれば、自然と体重は増えます。

体重が増えれば当然顔まわりの肉付きも増しますので、結果的に丸い顔つきとなってしまうのです。

顔全体が色白い

身近な人を想像し、その人が日焼けしたような色黒だった時と、色白だった時をイメージしてみた時、より若く見えるのは色白だった時と感じるはずです。

色白の肌を見ると、多くの人は「肌がすべすべしていてやわらかそう」という印象から、子どもを連想することがあります。

また、色白い顔の人を見ることで、「この人はあまり外に出ていないんだろう→家に引きこもってテレビを見たりゲームをしたりしてしか過ごしていないんだろう」と考えてしまい、子どもっぽさを感じられてしまうこともあり得ます。

このように、肌の白さからも顔つきが幼く見られることがあるのです。

顔のシワが少ない

顔のシワが少ないことも、小さな子どもを連想させるため、幼い顔つきとして見られやすくなる要素の一つです。

人は顔のシワを見ると、「年季」「苦労」「思慮深さ」を感じ、結果的にその人のことが実年齢よりも年上に見えることがあります。

一方、シワの少ない大人の顔を見ると、「若い」「苦労をしていなそう」「ストレスを感じていなそう」という印象を受けることがあります。

ここまでのことをまとめ、ニートの顔つきは「丸みをおびていて」、「顔全体が色白く」、「顔のシワが少ない」ことが多いため、幼く見えることが多くなっていると考えられます。

ニートの顔つきが幼いことのメリット/デメリット

ニートの顔つきが幼いことのメリット/デメリット

顔つきが幼いからといって、必ずしも悪いことばかりではありません。

ここからは、ニートの顔つきが幼いことによるメリットとデメリットについて解説します。

メリット

まずは、ニートの顔つきが幼いことで感じるメリットについて見ていきましょう。

実年齢よりも若く見られる

人に対する印象のうち、見た目という要素は大きな影響を与えます。

また、一言で見た目と言っても、シルエットやスタイルよりも顔に重きが置かれている傾向もあります。

そのため、顔つきが幼いことで、実年齢よりも若く見られるというメリットに繋がります。

いつまでも若く見られたいという思いは、多くの人が感じていることです。

女性であればメイクでシワを隠しファンデーションで白く透き通った肌を目指しますし、男性であれば運動をしてハリのいい身体をキープしようとします。

そうした努力によって生み出されている「若く見られたい」という欲求を、幼い顔つきのニートは既に得ているのです。

顔つきの変化はどんなに努力しても1日2日では見られませんので、若く見られるというだけで得をしているとも考えられるでしょう。

親しみやすさを感じる

顔つきが幼いことで、親しみやすさを感じられ、初対面の人でもスムーズにコミュニケーションが進むといったメリットがあります。

もし顔による印象から「自分よりも年齢が上の人ではないか」と思われると、「変なことを言って怒られてしまうかもしれない」「自分の意見を軽々しく話すべきではない」と感じられてしまい、話し相手が心を開いて会話をしてもらいにくくなることがあります。

一方、幼い顔つきをしていると、「自分よりも年下だと思うからちょっとフランクに話そう」「冗談を言っても笑って許してくれそう」と感じられやすく、結果的に親しみやすい人だと思われるケースがあります。

多くの場合、親しみにくい人と親しみやすい人のどちらがより良いコミュニケーションを送っていけるかは後者になります。

人とのコミュニケーションが上手く行けば、その分自分のメンタルが落ち着くだけでなく、さまざまな利益を受けることが可能になりますので、メリットと言っていいでしょう。

デメリット

ニートの顔つきが幼いことは、メリットがそのままデメリットに繋がる場合があります。

現在顔つきが幼いことで悩んでいる多くのニートは、次のようなデメリットを感じているため、顔つきを何とかしたいと感じているのではないでしょうか。

年下に見られて舐められることがある

日本は昔から「年上を敬う」ように教育を受けていますので、無意識に年長者に対しては敬語を用いて気を遣ったコミュニケーションをしているはずです。

一方、自分よりも若い人に対しては尊大な態度を取ってしまうということは珍しくありません。

これらのことから、顔つきが幼いことで年下に見られ、結果的に舐められてしまうといったデメリットが考えられます。

舐めた態度を取られていい気分になる人はほとんどいないのではないでしょうか。

初対面の人からいきなり横暴な態度で話しかけられたり、丁寧に接してもらえなかったりと、人とのコミュニケーションで些細なストレスを多く感じてしまうでしょう。

ただでさえニートは人とのコミュニケーションが薄くなりやすいのに、そこにストレスを感じてしまうと、引きこもりニートの期間が更に伸びてしまうかもしれません。

また、幼い顔つきだと人に舐められやすいですが、ニートの場合そこに加えて「働いていない」という事実が重なりますので、さらに舐めた態度を取られやすくなります。

例えば久しぶりに中高時代のクラスメイトと再会した際には、顔つきが幼くニートであることを理由に、小馬鹿にしてきたり、心ない言葉を投げかけてくるかもしれないでしょう。

老けた時のギャップが大きくなる

幼い顔つきは若々しさを感じさせるメリットがありますが、いつまでも歳を取らない人はいません。

今までずっと幼い顔つきだったニートが老け込んでしまうと、顔つきの印象に強いギャップを感じることになります。

老いは突然やってきますので、ある日ふと鏡を見て老けこんだ顔だと感じてしまえば、他の人よりも感じるショックは大きく、「この顔で外に出たくない」とすら考えてしまうかもしれません。

また、ニートの場合は老けたことにそもそも気づかないというケースもあります。

一般的な社会人であれば、同僚や友人同士で「◯◯って老けたよね」「そういう△△も老けてきたでしょ」といった会話の中で、緩やかに自分の老いを実感していきます。

しかし、ニートの場合はそのような会話を経験することが少ないため、自らの老いに気づく機会が少ないのです。

そうして老けこんでいった顔に気づかず過ごし、あるきっかけで自らの老いを自覚すると、極めて強い精神的なストレスを感じかねません。

ニートの顔つきが幼いと言われやすい理由【身体的要因】

ニートの顔つきが幼いと言われやすい理由【身体的要因】

ニートの顔つきは幼いと言われることが多い傾向にあります。

その要因を、身体的要因と精神的要因に分解して考えてみましょう。

まずは身体的要因から解説します。

社会経験を積んでいないから

ニートは社会経験を積んでいませんが、そのことが幼い顔つきに影響している可能性があります。

一般的に社会経験を積んでいくと、「組織の中で活躍していく自信」「理不尽な状況に対するストレス」「仕事をやり切ることによる達成感」などを感じ、それらが入り混じることで年相応の顔つきになっていく傾向にあります。

しかし、ニートは社会人が経験するようなことをほとんど経験していません。

経験が顔つきを作り上げていくのであれば、ニートの顔つきを形成しているのは「学生時代の経験」になってしまうでしょう。

そのため、同年代と比較してみると幼く見られてしまいやすいのです。

紫外線を浴びていないから

ニートは家から出る機会が他の人に比べて少ないため、紫外線を浴びる量も少なくなっていますが、このことが幼いままの顔つきに影響しているかもしれません。

太陽の光に含まれている紫外線には、肌の老化を促進させやすいUV-Aという成分が入っています。

この紫外線を浴びることで、「光老化」という肌の老化が進み、老けた顔になっていくのです。

もちろん日焼け止めを塗ったり、日傘を差すことで、浴びる紫外線の量を減らすことはできますが、全く浴びていない人から比べれば非常に多くの紫外線を浴びていることになります。

これにより、ニートと社会人の顔つきに大きな差が生まれてくると考えられます。

参照:「OMRON:vol.107 紫外線に注意…老け顔から免疫力低下まで」

運動をしていないから

運動をせず、食べては寝てを繰り返しているニートは多いのではないでしょうか。

こうした運動不足も、幼い顔つきになる原因の一つと考えられます。

体を動かすことなく、部屋に引きこもって食べてばかりいると、消費カロリーよりも摂取カロリーが大きくなりますので、カロリー過多の状況が続きます。

体内にカロリーが蓄積されれば当然贅肉が身体につき始めます。

体質もありますが、多くの人の場合太る時は全身が太っていくため、顔が丸くなっていき、同時に肉に押される形で顔のシワが無くなっていきます。

その結果、幼い顔つきの特徴3つを包含した顔つきとなります。

人と話す機会が少ないから

ニートは部屋で一人で過ごしていて、会話をする機会が少なくなりやすいですが、このことも幼い顔つきに影響してくると考えられます。

人とコミュニケーションを取っていると、喜怒哀楽の感情が表情に表れます。

よく笑えばほうれい線や目尻に、しかめっ面をすれば眉間にそれぞれシワが刻まれていきますが、会話をしなければ表情は変わりません。

つまり、誰とも会話しないということは、表情筋が使われないということであり、本来表情筋の動きによって刻まれるべきシワが生まれなくなるのです。

体格も幼いから

先ほどニートは運動不足によって太りやすくなると解説しましたが、逆に痩せた体つきのニートもいます。

若くから引きこもりがちであったニートは、食欲も少なく華奢な体つきになる可能性があります。

太りやすさは若い頃の食生活に影響することもありますので、こうした人が急に太るということはあまり考えられません。

体つきは華奢なのに、色白でシワの少ない見た目になると、「物理的に弱い人」だと思われやすくなります。

弱い人だと思われてしまうことは、同時に全身から大人の雰囲気を感じなくなるということにも繋がりますので、それに応じて顔つきも幼く見えてしまうことがあります。

ニートの顔つきが幼いと言われる理由【精神的要因】

ニートの顔つきが幼いと言われる理由【精神的要因】

ここからは、ニートの顔つきが幼いと言われる理由について、精神的要因の観点から解説します。

もちろん、ここで解説すること全部が全てのニートに当てはまるということではありませんので、参考程度に考えるようにしてください。

ストレスを感じずに生活しているから

ストレスを感じると、身体ではストレスホルモンが分泌されますが、このストレスホルモンは、肌のシミやシワを増加させることが研究で分かっています。

ニートは社会人よりもストレスを感じにくい環境で生活をしているため、ストレス由来のシワができにくいと考えられるでしょう。

参照:「カネボウ製薬株式会社:シミ・シワに対するストレス及び血中ビタミンの影響調査から新発見!ストレスが原因のシミは額部に現れやすい。ストレスの影響でシミ・シワが増加、その抑制にはビタミンB群とECが鍵(pdf)」

一般的な大人が経験することをしていないから

ニートは一般的な大人が経験するような、「仕事」「恋愛」「コミュニケーション」「自己実現」などを経験していないことが少なくありません。

「苦労が顔に出る」という言葉があるように、様々な経験をしていればしているほど、より大人らしい顔つきへと変わりやすくなる傾向にあります。

そのような経験をせず、若い頃の経験しかないことが、ニートの幼い顔つきを作り出しているのかもしれません。

幼い言動を繰り返しているから

「外見の印象と違う言動をしていること」を“ギャップを感じる”と表現されますが、恐らくギャップを感じる人は周囲を見回してもそこまで多くはないのではないでしょうか。

このように感じるのは、裏を返せば「ほとんどの人は外見の印象と大体同じような言動をしている」からと考えることができます。

つまり、言動や性格がその人の顔つきに対する印象を左右しているとも言えるでしょう。

ニートの人は次のような言動をしていないでしょうか?

  • 両親に向かって「クソ◯◯◯」と呼びつける
  • 家にいればご飯が出てくるものだと思っている
  • ゲームで気に入らないことがあるとゲームに向かって暴言を吐く
  • すぐ物に当たる
  • 自分の思い通りにならないと拗ねる

このような言動は全て幼い子どものものと同じです。

幼い言動を繰り返すことで、幼い顔つきにもなっているのかもしれません。

ニートの顔つきに対する周りの反応

ニートの顔つきに対する周りの反応

「他人は自分が思うよりも自分のことを見ていない」という考えもあるように、そもそもニートの顔つきはどのように感じられているのでしょうか。

ここでは、ニートの顔つきについてネット上の反応を参考に考えていきます。

反応1.「苦労をしていない」「人と関わっていない」

まずはこの記事で既に解説した、ニートの身体的・精神的特徴に関連したニートの顔つきの幼さについての反応について紹介します。

  • 「うーん経験じゃない?顔に味が出てこない」
  • 「ストレスを感じてないかも大きそう」
  • 「普通に働いていたり、学校に行ってたら他人と関わります。その度に笑ったり、怒ったり、悩んだりの喜怒哀楽の表情をしますよね。それがシワを作る原因になります。 なのでニートは人と会話や関わりがほぼ無いに等しいのでシワを作る要素が有りませんので童顔に見える人が多いのだと思います」

やはり周囲の人も、ニートの社会経験の少なさや、人間関係の希薄さが、幼い顔つきを形成していると考えているようです。

一方で、「事前情報を無視して横一列で並べた時に誰がニートかなんて分かるわけがない」と考えている人もいますので、一概に全てのニートの顔つきが似たような幼さを持っているとは言えないのかもしれません。

反応2.「老けてるけど幼い」

続いて、ニートの顔つきは年相応になっているものの幼さを感じるという反応について紹介します。

  • 「ニートは老いて幼いだぞ?」
  • 「おっさんなのになんか幼いんだよな。若いじゃない、幼い」
  • 「童顔ニートって若いというより歪なところで成長止まってる感じ。 若さを保つってのが小学生→中学生→高校生→20代→キープだとしたら、 中年童顔は小学生→中学生→中学生→中学生→老化。中学生の顔のままシワシワって感じ」

やはりどんな人でも顔に老け感が出てくるとは多くの人が感じている反面、ニートの顔つきには違和感のある幼さを感じるようです。

ここで注意したいのが、ニートの顔つきの幼さとは、若々しいという褒め言葉とは違う意味として捉えられているということです。

反応3.「印象とバイアスではないか」

ニートの顔つきは幼いという反応の中には、少数ながらも次のような否定意見がありました。

  • 「逆に若い新興会社の社長を、◯◯年引きこもりのAさんとか紹介したら幼く見えるんだと思う。見下すか尊敬するかで幼いか若々しいか決めてるだけでしょ」
  • 「ニートは顔が幼いって何のイメージからなの?実際は相応に老けた人ばかり」

否定意見の中には、「ニートだから幼い顔つきということはなく、普通に老けていると感じる人もいる」など、あくまでニートという情報に基づく印象が幼さを感じさせているというものがありました。

確かに通勤中の社会人を見てみても、友人のように会話しているにも関わらず、全く見た目の違う人たちがいるように、顔つきは人それぞれの遺伝しか関係しないという考えも間違いではないような気がします。

とはいえ、このような反応は少数派であり、多くの人が「ニートの顔つきは幼い」と思っているようです。

ニートの顔つきの幼さは改善した方がいい?

ニートの顔つきの幼さは改善した方がいい?

顔つきというのは努力してもすぐに変えられませんし、そもそも変えること自体非常に難しいものです。

もし今、自分の幼い顔つきに悩んでいるニートがいたら、その顔つきを改善するような努力をした方がいいのでしょうか。

無理に改善する必要はない

顔つきが幼いからといって、無理に改善する必要はありません。

もしかしたら顔つきが幼いことで、人に舐められてしまうなどの嫌な思いをしてしまうかもしれませんが、だからと言ってなにか生活に制限がかかるということはないでしょう。

社会で生きていくのに大切なのは顔つきではなく、人間性やコミュニケーション能力です。

いつまでも顔つきを理由に悩んだりネガティブな考え方ばかりしていると、自分の周りに人が寄り付かなくなってしまうかもしれません。

ニートの幼い顔つきは、無理に改善すべきものではありません。

それ以上に変えるべき大切なことがあるのを認識しておくことが重要です。

どうしても気になるなら改善すべき

「コミュニケーションの方が大切と言われても、やはり幼い顔つきが気になって他のことが考えられない」というのであれば、改善のために行動をしてもいいかもしれません。

幼い顔つきで悩んでいるニートが最も避けるべきなのは、「自分の顔つきにコンプレックスを抱いてしまい、更に社会復帰が遠のいてしまう」という負のスパイラルに入ることです。

ニートが幼い顔つきを改善していくためには、健康的に顔を老けさせればいいということになります。

そのため、この記事で既に解説したような「顔つきが幼いと言われる身体的な要因」の逆のことをしていくのがおすすめです。

具体的には、「紫外線を浴びる」「運動をする」「人とコミュニケーションを取る」の3つのアクションを取ることが有効だと考えられます。

これについては後ほど詳しく解説します。

人懐っこさという幼さは武器になる

自分にとって嫌なことと向き合わなければいけない時、視点を変えてみることは時に有効です。

「顔つきが幼い」というコンプレックスを違う視点から見れば、「可愛げのある人懐っこさを感じる顔つき」とも言えます。

脱ニートを考える場合、顔つきから滲み出る人懐っこさは強い武器になります。

面接の場で言えば、人懐っこさを受けて「コミュニケーションが得意そう」と感じられることもあるでしょうし、入社後で言えば「仕事をどんどん教えたくなる」と思われる可能性があります。

すべからく大人らしい顔つきがいいと思い込んでしまうのではなく、自分の幼い顔つきも一種の個性だと捉えて生きていく方が、気が楽になるかもしれませんよ。

ニートが幼い顔つきから脱出するための方法

ニートが幼い顔つきから脱出するための方法

「幼い顔つきから脱出したい」と強く思うニートもいると思いますので、ここからは解決策として今日からチャレンジできるアクションについて解説します。

いきなり全てに挑戦してしまうと心身共に大きな負担となりかねないため、自分ができるところから取り組むようにしてみてください。

意識的に外出して身体を動かす

幼い顔つきが「紫外線を浴びていない」「運動不足で贅肉がついている」ことによるのであれば、意識的に外に出て身体を動かすことが有効です。

ちなみに紫外線は太陽から出ていると解説しましたが、晴れの日だけでなく曇りでも雨でも紫外線は降り注いでいますので、天候を気にせず外出して問題ありません。

外出の目的は「散歩」「コンビニに買い物」「イベントへの参加」など、どんなものでも構いませんし、外出時間も特に意識しなくて大丈夫です。

大切なのは、「自分の意思で外に出る」ということです。

外出することで、紫外線を浴びられる上に身体を動かすことができるため、肌に健康的な刺激を与えることが可能です。

それだけでなく、いずれ脱ニートをする時のために外に出ることに慣れておくことができます。

近所の人に出会うのが怖いニートは、人通りが少なく危険性の低い早朝に散歩をしてみてはいかがでしょうか。

日々の生活で喜怒哀楽を感じるようにする

喜怒哀楽を感じ、表情筋を動かすことができれば、顔に適度なシワがついていく可能性がありますので、日常的に感情を揺さぶられるような出来事と触れ合うようにしましょう。

自分の感情が動くものであれば、ドラマでも映画でも漫画でもアニメでも構いません。

できる限り夢中になって入り込める作品の方が、顔つきの改善にも、メンタルにも良い影響を及ぼすでしょう。

可能であれば、この感情表現を第三者の他人と行えればベストです。

具体的には、知人や家族と会話でのコミュニケーションを取って笑ったりできると、より自然な形で顔にシワが刻まれ、幼い顔つきを改善できるかもしれません。

また、人と話すことに楽しさを覚えることができれば、自然とコミュニケーション能力が高まり、スムーズな脱ニートにも繋がるでしょう。

就職して働く

「ニートは社会人のような苦労やストレスを味わっていないから顔つきが幼い」というのであれば、就職するというのも有効な手です。

「社会人経験の少ないニートが就職なんて難しいのではないか」と感じるかもしれませんが、ニートの就職活動のサポートに特化している“就職カレッジ”を利用すれば、最短2週間で内定が獲得できる可能性があります。

就職カレッジに登録すると、誰でもビジネスマナーや就職対策全般を学べる研修が受けられ、研修後には書類選考無しで面接を進められる十数社の企業と一度に出会える“集団面接会”に参加できます。

就職後も専任のアドバイザーによるサポートも受けられますので、初めて社会人になるという人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

就職成功率も80%以上と高く、脱ニートができるか不安な人こそ利用をおすすめしたいサービスです。

ニートが顔つきと向き合う時に注意するべきこと

ニートが顔つきと向き合う時に注意するべきこと

ニートが自分の顔つきと向き合う時には、次のようなことに注意しないと、最悪の場合メンタルを傷つけてしまいかねません。

一歩を踏み出す前に、ぜひ確認しておくようにしてください。

長期的な目線で向き合う

繰り返しにはなりますが、ニートであろうと誰であろうと顔つきはすぐに変わりませんので、顔つきの改善には半年から一年以上の長期的な目線で向き合うようにしてください。

「外に出るようにしたのにどうして顔つきが変わらないんだ」などと焦ってしまうと、精神的な負担が強まってしまいます。

今まで数十年を経て作り上げられてきた顔つきを変えようとしているのですから、ゆっくりと向き合う姿勢を持ち続けるようにしましょう。

他人の顔つきと比べない

自分の顔つきと向き合う時、他人の顔つきと比べてしまうと悪いストレスを感じかねません。

自分の気に入らない顔のパーツに注意が向けられてしまえば、「自分は他人よりも劣っているのだから一生ニートをしていなければいけないのではないか」など、ネガティブな思考がループするでしょう。

もし他人の顔つきが気になってどうしても比較してしまうのであれば、「ニートはこれから伸びしろしかない、色々な未来に挑戦できる」といったポジティブな思考に切り替え、意識的に自分の未来にのみ突き進むように心がけてみてください。

自己肯定感を高める

顔つきを改善するために頑張って様々なことに挑戦しても、なかなか顔つきが変わらないと、「自分なんてどんなに頑張っても顔つきを変えることはできないんだ」と自己肯定感が下がってしまうことに繋がります。

自己肯定感が下がってしまうとあらゆるパフォーマンスに悪影響をもたらしますので、ニートの期間が長くなってしまうだけでなく、最終的に脱ニートもできなくなってしまうかもしれません。

「今日は外に出られた」「知らない人と会話することができた」など、どんな小さなことでもいいので、自分を認めてあげることが、長期的に顔つきの改善と向き合うために大切なことになります。

まとめ

まとめ

ニートの顔つきの幼さは、家から出ずに一人の世界で生きていることによるものが大きいと考えれますが、デメリットばかりだけでなくメリットもあります。

しかし、ニートの顔つきの幼さが気になるという周囲の声は少なくありませんので、改善する場合は自分のペースでゆっくりと自分自身と向き合うことが大切です。

もし大人らしい顔つきを目指して脱ニートをしたいなら、就職カレッジに登録してみてはいかがでしょうか。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。元・三菱経済研究所研究員。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」