就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ニートは最高の自由時間!楽しく生活するための考え方とポイントを解説

ニートは最高の自由時間!楽しく生活するための考え方とポイントを解説

「ニートって最高!」と自由に使える時間も多いので、そう感じてる人も多いのではないでしょうか。

しかし、ニートでいることはメリットがある反面、デメリットも存在します。

この記事では、現在ニートの人が更に楽しく生活できるようになるための考え方と方法について、分かりやすく解説します。

「今、自分はこのままでもいいのだろうか?」と悩んでいるニートは、ぜひ参考にしてください。

就職カレッジの詳細について
無料登録ボタン

ニートが最高だと感じる理由

ニートが最高だと感じる理由

まずはニートが最高だと思っている理由を言語化し、自分が何故ニートを続けているのかについて振り返ってみましょう。

直接的な人間関係で悩むことがほとんどないから

「他人とコミュニケーションをできれば取りたくない」、「バイトで先輩に怒られて嫌な思いをした」など、直接的な人間関係で悩むことは、ニートだとほとんどありません。

生活の中でコミュニケーションを取るのは主に家族くらいですので、精神的な不安を感じづらいことが、最高の日々に繋がっているのかもしれません。

一方、間接的に人間関係の悩みを感じてしまうことはあります。

例えば、SNSで同級生が社会人として活躍している姿を見ると、ニートをしている自分と比べて劣等感を感じてしまい、結果として人間関係に悩むことも少なくないでしょう。

好きな時間に好きなことをして過ごせるから

好きな時間に起き、好きなことをして過ごし、好きな時間に寝れるというのは、ニートならではの特権です。

ゲームを飽きるまでプレイしたり、映画やアニメを見続けたりすることで、楽しい気分が続き、結果的に「最高の生活をしている」と感じるニートも多いでしょう。

苦労から目を背けて生活できるから

ニートでない人は、日々多くのストレスを感じながら生活しています。

会社員であれば、「成果が中々上がらずに上司に叱責される」、「長時間労働を強いられるのに給料が安い」といったものがありますし、就学者であれば「勉強そのものの苦痛」、「頑張って勉強したのに試験に落ちた」といった苦労があります。

これらの苦労と直面せず、日々楽しいことだけと向き合って生活できるからこそ、ニート生活が最高だと感じるのです。

ニートであり続けるメリット

ニートであり続けるメリット

ニート生活が最高だからといって、メリットだけがあるわけではありません。

ニートを続けるということには、当然デメリットも存在しますので、目の前のメリットだけを考えて日々を過ごさないようにしましょう。

まずはニート生活を続けるメリットについて解説します。

デメリットに比べ、短期的なものが多いことが特徴です。

自由な時間が多く様々なことに挑戦できる

ニートは24時間365日、いつ何をしてもいいので、様々なことに挑戦できるメリットがあります。

「オンラインゲームに毎日ログインしてレベルを上げる」といった小さなものから、「新しく趣味を作って打ち込んでみる」などの大きなものまで、自分がしたいと思ったことにすぐに取り掛かることができます。

もしニートではなくなると、1日の中で自由に使えない時間が増えてしまうだけでなく、様々なことに挑戦するための体力が無くなることもあります。

目の前の生活のことを考えるだけであれば、いつでも・なんでもできるニートは最高の環境だと言えるでしょう。

責任を持たずに生活できる

厚生労働省は「こころの健康は生活の質(QOL)を大きく左右する要素である」と述べています。

家庭を持ったり会社員として働いたりすると、何らかの責任は着いて回りますが、責任を持つということはストレスの原因となり、結果としてこころの健康を害することに繋がりかねません。

ニートであることにより、それらの責任を一切持つ必要がなくなりますので、QOLを落とさずに生活が続けられるのです。

参考「厚生労働省:厚生労働白書」

自分の将来と向き合う時間が取れる

自分が将来どうやって生きていきたいのかを真剣に考えることができるのも、ニートのメリットです。

働いていると、どうしても目の前の仕事に手一杯になってしまい、自分の将来をしっかりと考えるための時間が取りづらくなります。

一方、ニートであれば自由に使える時間が多いので、「これからどうやって生きていくか」、「どんなことをできるようになりたいか」といった、自分自身と向き合う時間を十分に取れます。

また、時間が多いことから、向き合った結果やりたいことが見つかったら、すぐに行動に移せるといったメリットもあります。

それだけ、自由に使える時間が多いというのは、これからを考える上でも重要なのです。

ニートであり続けるデメリット

ニートであり続けるデメリット

続いて、ニートを続けることのデメリットについて解説します。

結論、自分の人生を中長期的に考えた時、ニートであることはメリットよりもデメリットの方が強くなります。

知識や考え方が偏ってしまう

ニートでいると、自分の好きなものにしか取り組まなかったり、コミュニケーションを取りやすい人としか関係を持たなかったりしますので、気になるものの世界に閉じてしまうことになります。

そのため、自分の知識や考え方が偏ってしまうというデメリットに繋がります。

一生一人で生きていくのであれば問題ありませんが、いつか自立して生きていくことを考えた場合、必ず他人と関わっていかなければなりません。

もちろん、自分が苦手とする分野の知識や、人間関係とも向き合う必要がありますので、自分の世界に閉じ続けて生活をすることは言うまでもなく困難です。

また、ニート期間が長ければ長いほど、自分とは異なる考えを認める力が無くなっていきます。

中長期的にみると、知識や考え方の偏りは、後述する「社会復帰の難しさ」にも繋がってくると言えるでしょう。

社会復帰が難しくなる

ニートを続ける期間が長くなるにつれ、社会復帰は難しくなります。

独立行政法人労働研究・研修機構によると、フリーター継続期間と正社員になれた割合は以下の通りだと報告されています。

<フリーター継続期間と正社員になれた割合>

  • 6ヶ月以内:約60%
  • 1年〜2年:約50%
  • 3年〜4年:約45%
  • 5年以上:約20%

ニートはバイトすらしていない人を指しますので、企業から見られる評価はフリーターよりも厳しくなることは言うまでもありません。

上記のデータの通り、ニート期間に比例して就職することは困難になると言えます。

また、数値以外の面で見てみても、「就職するための一歩が怖くて踏み出せない」、「知らない人とコミュニケーションを取るのに慣れていない」など、社会復帰が難しくなる要素は数多く存在します。

社会復帰をいつかはしたいと考えているのであれば、ニートを長く続けることはおすすめできません。

参考「独立行政法人労働研究・研修機構:労働政策研究報告書No.199」

社会的信用がほぼ無くなる

ニートには継続的な収入がなく、同時に「企業に勤めている」という対外的な証明もないため、社会的信用がほぼありません。

住宅ローンや分割払い、クレジットカードの発行といったお金周りの契約だけでなく、近所に住んできる人からも信用されることは無くなってしまいます。

社会的信用が無かったとしても最低限の生活はできますが、いつか家庭を持ったり、大きな買い物をしたい場合、ニートであることは確実にデメリットとなりますので、早急にニートを脱する必要があります。

「ニート最高!」は本人だけ?-両親や周囲の本音-

「ニート最高!」は本人だけ?-両親や周囲の本音-

自分のことだけを考えるのであれば、ストレスが少なく自由時間も多いニートが最高だと感じるかもしれませんが、両親や周囲の人からはどのように見られているのでしょうか。

子どもがニートであることに誇らしさを感じる家族はいない

親は子どもの幸せを願うものですが、自分の子どもがニートであることに誇らしさを感じる家族はいません。

引きこもりのニートを持つ親は、次のような感情を抱いていることもあります。

  • 「行動を起こしてほしいと思っても、言えば暴れて手のつけようがなくなる。一番つらいのは本人かもしれませんが、家族はもっとストレスがいっぱいです。」
  • 「40歳、50歳代の人は親も亡くなり、1人になってしまいます。きょうだいも自分の生活でいっぱいですし、家族全員の心は、いつもひっかかっています。」

参考「西日本新聞:引きこもり18年、去った老親…残したメモには「家族も限界」」

もし今20代でニートをしている人であれば、親もまだ働いていて金銭的にも問題がないかもしれませんが、いずれ歳を重ねていくとニートを続けることは確実に家族の負担となります。

今、ニートが最高だと思っていたとしても、ニート生活は物理的にも長くは続けられないことを認識しておきましょう。

「働いていない人」として見下されているかも

子どもの頃からの友人だけでなく、普段何気なく会話している人でも、ニートである自分を見下しているかもしれません。

情報交換サイトでは、ニートに対して次のようなコメントが見られます。

  • 理由もなく(勤労という)義務を果たさない、困った時だけ国を頼る。そんな人が社会から非難されるのは当たり前です。
  • 大抵は親に頼って生きているのでしょうね。

このように、自分がニートになった理由が、病気であったり、何らかの努力を重ねた結果であったりしても、周囲の人からは今ニートである結果だけを見られてしまうのです。

「問題のある家庭」だと噂されているかも

自分がニートであることにより、近所の人から「あそこの家は問題がある」と噂されている可能性があります。

昼夜逆転して家を出入りする姿を見られたり、家の中で繰り広げられる大声を聞いてしまったり、様々な情報から「あの家の子どもはニート」として、認知されてしまうことがあります。

しまいには、自分含めた家族全員に対して好奇の目が向けられ、不利益を被ることもあるかもしれません。

このように、自分自身が「ニートは最高だ」と思っていたとしても、自分以外の人からは決して最高だとは思われていない可能性が高いのが現実です。

ニートと社会人の違い

ニートと社会人の違い

もしニートを脱したいのであれば、基本的には社会人になる必要があります。

社会人になると、ニートの時とは生活スタイルが大きく変わりますので、あらかじめ理解しておきましょう。

時間

社会人になると、自由に使える時間はニートの時よりも減ります。

正社員であれば、一般的に「勤労時間は8時間」と厚生労働省の労働基準で定められていますので、多くの正社員求人は1日の労働時間を8時間と設定しています。

同時に週5日の勤務を課している会社がほとんどであるため、少なくとも8時間×5日で毎週40時間は自由時間として使えなくなります。

また、会社によっては残業が生じることも珍しくなく、いつも決まった時間に帰れるとは限らない点にも注意が必要でしょう。

お金

社会人になることで、自分が自由に使えるお金は増えます。

ニートの人は継続的な収入がないことから、お金が必要になった時には必然的に親を頼る必要が出てきますが、裕福な家庭でない限り、毎回毎回親からお金をもらうことはできないでしょう。

社会人になることで、毎月ある程度まとまった収入が手に入るようになりますので、自分のために使えるお金が確保できます。

趣味に費やしたり、貯金をして将来に備えたりと、自分の判断でお金を使えることは、精神的な安定をも生み出します。

また、社会人デビューを機に実家を出て一人暮らしをすることも可能です。

一人暮らしは家賃や生活費が必要になってしまいますが、同時に自立を実現できますので、人生経験として大切だと言えます。

社会性

社会人は社会性を身につけることもできます。

繰り返しにはなりますが、人は一人で生きることはできないため、社会性を持って他人と関わることが生きる上で重要になります。

ニートである以上、社会性を身につけることは困難ですが、社会人になって様々な人と関わることにより、「社会組織の中で自分がどのように振る舞えばいいか」が学べます。

ニートが社会人になって得られる恩恵

ニートが社会人になって得られる恩恵

ニートが社会人になるのは精神的なハードルが高いかもしれませんが、“就職カレッジ”のようにニート向けの就職活動を支援しているサービスもあります。

苦労して社会人になった後は、次のようなメリットを感じられるでしょう。

自分の力で自由に使えるお金を増やせる

社会人になると、働かなければならなくなる変わりに継続的な収入を確保できます。

そのため、自由に使えるお金が増えるといったメリットがあります。

ニートの時には我慢していたような趣味にたっぷりお金を使うことで、更に最高の毎日を送れるでしょう。

また、継続的に収入が入るというのは、金融機関においても評価されるポイントです。

クレジットカードやローンが利用できるようになることから、今まで購入することができなかったような物にまで手を出せるようになるかもしれません。

社会人としてキャリアを積むことができる

正社員として社会人になれれば、職歴としてキャリアを積むことができます。

仕事で実績を出してキャリアを積めれば、更にレベルの高い仕事に挑戦できるだけでなく、年収アップも期待できます。

ニートはもちろん、フリーターは職歴として認められませんので、必然的に「その期間のキャリアが無い人」だと判断されてしまいます。

職歴の空白期間が長いと、その分選考を通過できる求人が減ってしまいますが、裏を返せばきちんとキャリアを積むとキャリアアップも目指せるのです。

“就職カレッジ”では、ニートのように職歴が無くても受けられる未経験の就職に特化しており、これからキャリアを積んでいくための一歩として最適な求人紹介が受けられます。

今まで見つけられなかった楽しさややりがいを見つけられる

働くことをマイナスにしか捉えていない人は少なくありませんが、社会人として働くからこそ得られる楽しさややりがいがあります。

「もっと仕事に向き合って自己実現を果たしたい」、「目の前のお客様のために働きたい」など、ニートでいると感じられない感情と向き合えるでしょう。

社会人になることで、ニートとは違う最高の日々が送れるようになるかもしれません。

ニートが最高の就職を成功させる考え方

ニートが最高の就職を成功させる考え方

ニートは自由時間がたくさんあるという意味で最高ですが、時間の活用次第では社会人になるための最高の準備期間とも言えます。

ここからは、ニートの就職活動が有利になりやすい考え方について解説します。

どうしても就職活動が苦戦しやすい

まず、ニートは就職活動に苦戦しやすいということを認識しておきましょう。

職務経歴上で空白期間が多ければ、それだけ面接官からは「この人は入社しても長く続かないかもしれない」と思われてしまいやすくなります。

ニート時代には起きる事のない「誰かに落とされた」という事実は、心を落ち込ませてしまうかもしれませんが、「元々ニートだったから苦戦するのは仕方ない」と割り切り、心が病まないようにマインドコントロールをすることが大切です。

心を病まずに就職活動を続けていれば、必ずあなたを評価してくれる会社と出会えます。

第一、就職活動を始められた時点でニートは脱出できていますので、自分に自信を持って就職活動に励んで大丈夫です。

とりあえず就職するという考えは持たない

すぐニートに戻ってしまわないためにも、「とりあえず就職する」という考えを持たないことが大切です。

ニートは最近まで「何かに決められて行動する」ということをしていませんので、仕事の継続に抵抗感を感じてしまうことがあります。

また、就職することをゴールに設定してしまうと、「思っていた仕事と違った」などギャップを強く感じかねません。

就職する時は、「就職した後に働いている自分の姿」がイメージできる求人に絞ってエントリーするようにしましょう。

そのためには、求人票を見るだけでなく、応募前に企業の人事担当者と話せるような就職支援サービスの活用がおすすめです。

ジェイックの“就職カレッジ”を活用すると、5日間の研修を受けた後に書類選考ナシで優良企業約20社といきなり面接ができますので、求人票に載っていないような生の声を事前に聞くことができます。

また、“就職カレッジ”で就職決定すると、就職後もサポートしてもらえますので、長く働き続けられる可能性が更に高まります。

市場としては就職しやすい市況感

ニートは就職活動に苦戦しやすいものの、そもそもの市場感としては就職しやすい状況であることも合わせて認識しておきましょう。

2021年6月における有効求人倍率は全国で1.13倍となっています。

有効求人倍率とは、有効求職者に対する有効求人数の割合のことであり、「求人数÷求職者数」で求めることができます。

つまり、有効求人倍率が1.0倍以上であるということは、「働きたい人よりも求人数の方が多い」という状況であると言えます。

もちろん有効求人倍率は職種や地域によって異なるので一概には言えませんが、一年前の同月の有効求人倍率が1.12倍であることを考えると、就職しやすい市況感が続いていると考えられます。

心が病んでしまう前に就職を成功させるためにも、一から就職支援を行ってくれるサービスの活用をおすすめします。

参考「独立行政法人 労働政策研究・研修機構:職業紹介-都道府県別有効求人倍率」

ニートが最高の就職を成功させるためのポイント

ニートが最高の就職を成功させるためのポイント

ニートが就職のための一歩を踏み出し、最高の就職を成功させるためにはポイントがあります。

「少しでも就職にかかる時間を少なくしたい」、「就職した後も長く勤められる会社と出会いたい」と考えているニートの人は、以下の9つのポイントを参考にして就職活動を始めてみてください。

自分の人生の棚卸しをする

就職活動を始める時、いきなり求人の応募ボタンを押すのではなく、まずは自分の人生の棚卸しをしてみましょう。

「今までどんな物事に興味を持ってきたか」、「長続きしなかった苦手なことは何か」など、自分自身と向き合うことで、自ずとどんな仕事なら長く続きそうかが見えてきます。

棚卸しは一人でももちろん行えますが、第三者と話しながら行うことで言語化が進み、頭の中を整理できます。

また、就職支援に精通したプロのアドバイザーと行えば、自分では気づけないような自身の強みや弱みを認識することも可能です。

“就職カレッジ”では、「就職活動をしたいが何から始めたらいいか分からない」といったニートの人でも、専任のアドバイザーが個別で面談を行ってくれますので、効率的な棚卸しが実現でき、不安の解消に繋がるでしょう。

求人票を隅々まで確認する

棚卸しが十分にできたら、続いては応募をする求人の精査を行います。

求人に応募する際は、勤務先や会社名だけで選ぶことは絶対に避け、求人票を隅々までチェックするようにしてください。

求人票は細かな文章が羅列されていますが、隅々まで確認しないとブラック企業に入社してしまう恐れがあります。

みなし残業の有無や週休制度、どこまでが業務範囲なのかをしっかり理解した上で応募しましょう。

“就職カレッジ”では求人紹介を受けられますが、その求人票は1社1社運営会社社員が訪問をし、社風まで理解した上で作成されていますので、「隠れブラック企業」に入社してしまうリスクを減らせます。

企業ではなく、第三者が作成していることで、良くも悪くも事実のみが求人票に記載されているというのも、安心できるポイントの一つです。

資格勉強に励む

就職活動と並行する形で、資格勉強に励むのも就職成功のポイントです。

ニートであれば自由に使える時間が多いため、資格勉強の時間も確保しやすいといったメリットがあります。

汎用的に評価されやすい資格であれば「日商簿記検定」や「TOEIC」、IT系の就職で評価されやすいであれば「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」や「ITパスポート試験」などが挙げられます。

このような資格を取得しておくことで、本気で働きたいと考えていることをアピールできるだけでなく、入社後の業務でも役立てられます。

一方、資格取得ができたからといって、必ずしも就職が成功するとは限りません。

ほとんどの職種において、面接で最も選考官がチェックしているのは“第一印象”というデータもありますので、あくまでも資格取得は選考におけるプラスアルファだと捉えるようにしてください。

ハキハキと分かりやすく話すコミュニケーション力

先ほど「面接では第一印象が大切」と解説しましたが、人の第一印象を決めるのはコミュニケーション力です。

相手の質問の意図を理解し、それに対してハキハキと分かりやすく自分の考えや思いを伝えることが大切になってきますが、最初のうちはどのように話せばいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

コミュニケーション力は、動画を見て勉強をするのもいいですが、おすすめは就職アドバイザーの利用です。

“就職カレッジ”に登録すると、基本的なビジネスマナーから面接の個別対策まで受けられますので、コミュニケーション力の向上ができます。

内定率80%強の実績を誇っていることからも、コミュニケーション力を高めて就職成功させたい人にはおすすめです。

就職を成功させる期間の設定

就職活動は期間を決めて行うようにしましょう。

ニートは時間が人よりも多くあるので、だらだらと就職活動をしてしまいやすい傾向にあります。

しかし、職歴の空白期間が長くなるにつれて就職成功が難しくなるだけでなく、「これだけ決まらないなら諦めよう」という気持ちになりかねません。

できる限り効率良く、短期間に集中して行うのが就職活動を成功させるコツなのです。

“就職カレッジ”では定期的に集団面接会を開催しており、未経験者を積極的に募集している約20社の企業と、1日で面接をすることができます。

書類選考を飛ばして面接からスタートできるため、最短2週間というスピードで内定が獲得できるといった特徴があります。

就職活動や入社に関わる費用

面接のための交通費やスーツ代、仕事道具など、就職活動や入社には時間だけでなくお金も必要になります。

そのため、できればニートの時に資金を工面できておくと安心です。

お金が足りなくて面接をキャンセルすることは非常にもったいないため、地味ではありますが注意しておきたいポイントです。

就職対策を入念に行う

例え有効求人倍率が1.0倍以上で求人が余っている市況感であったとしても、ニートが簡単に内定を獲得するのは難しいでしょう。

理想の会社から内定をもらうためにも、就職対策を入念に行う必要があります。

就職活動の仕方や求人の見つけ方といった就職ノウハウを始め、社会人として求められるスキルの習得、選考通過のための面接対策など、就職対策は幅広く行わなければいけません。

「そんな多くのことをいきなりやるのは…」と思うかもしれませんが、“就職カレッジ”を利用することで、これらの準備を5日間で行えます。

何から対策をすればいいか分からないという人でも、“就職カレッジ”を利用すれば安心して就職活動を進めることができるでしょう。

未経験可の求人に応募する

求人に応募する際は、未経験可の求人に応募するようにしてください。

就職活動においては、一般的に求人票で「未経験可(未経験歓迎)」と書かれていない限り、同職種の経験者を募集している求人となります。

職歴に乏しいニートだと、経験者募集の求人の選考にはまず通りませんので、就職活動に対するモチベーションを下げかねません。

一方、未経験可の求人であれば、応募者の人柄やコミュニケーション力を重視して選考をしてもらえるため、ニートでも選考を通過できる可能性があります。

“就職カレッジ”で面接できる企業は、どこも「未経験者を積極的に採用したい」と思っていますので、気になる企業を見つけられたらどこでも内定を獲得できるチャンスがある点がポイントです。

就職エージェントを活用する

結論として、ニートがこれから就職活動を始める時は、“就職カレッジ”の利用がおすすめです。

就職カレッジは社会人経験の無い・少ない人の就職支援に特化したサービスであり、次のような特徴があります。

  • 就職成功率80%超え、入社後定着率も90%以上の実績
  • ビジネスマナーから、履歴書・面接対策まで学ぶ事が可能
  • 就職に必要な準備が5日間で集中的に行える
  • 未経験者を採用したい企業約20社と一度に面接できる
  • 最短2週間で内定獲得できるスピード感
  • 就職後でも専任アドバイザーに相談できる

これだけのメリットを全て無料で受けることができますので、これから真剣に就職活動をしたいニートは利用を検討してみてください。

まとめ

まとめ

ニートが最高だと思っている人は少なくないかもしれませんが、自分の未来や家族のことを考えると、必ずしもそうだとは言えません。

求人選びを適切にできれば、社会人として最高の日々を過ごすこともできます。

就職カレッジに登録して、就職活動の一歩を踏み出してみませんか?

【共通】CTAボタン

ABOUT US

池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。元・三菱経済研究所研究員。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」