オンライン面談実施中!

ニートにおすすめのバイトと、採用されるまでの流れを徹底解説!

ニートにおすすめのバイトと、採用されるまでの流れを徹底解説!

現在ニートをしている人のなかには「そろそろバイトを始めたいけれど、採用してもらえるか不安」という方も多いのではないでしょうか。この記事ではニートにおすすめなバイトを紹介し、採用されるまでの流れを解説しています。ぜひ興味のあるバイトに応募して、社会復帰の第一歩を踏み出してみましょう。

ニートからバイトをしたい方におすすめのバイト5選

ニートからバイトをしたい方におすすめのバイト5選

ニートの中には「将来のことを考えると、そろそろニートから脱却したい。まずはバイトから社会復帰しよう」と考える人もたくさんいます。しかしニートからいきなり激務な仕事を選んでしまうと、働き出してもすぐに調子を崩して再び離職してしまう可能性が高いため、注意が必要です。

そこで無理なく社会復帰するために、おすすめのバイトを5つご紹介します。

ビルの清掃員

多くのコミュニケーションが求められる仕事でないため、比較的自分のペースで仕事を進めやすいといえます。清掃員の仕事は基本的にひとりで黙々と掃除をすることが多いため、仕事の手順さえ覚えられれば、コミュニケーションが苦手な人でも十分に活躍することができます。

ビルといっても、掃除をする施設や働く時間帯は多岐にわたります。ホテルならお客様のチェックイン前やチェックアウト後、オフィスや商業施設ならば人のいない早朝か深夜の時間帯が中心です。そのため人とあまり関わらずに仕事をしたい人にも、非常におすすめできる仕事です。

ただし体力的に少々きついと感じる人もいるため、バイトに行く前にある程度運動習慣を身につけておきましょう。

工場でのライン作業

工場のライン作業も、自分のペースで淡々と仕事を進めやすい仕事です。こちらもビル清掃員と同様、コミュニケーションに自信のない人でも十分に活躍できる仕事といえるでしょう。

人間関係においては唯一、仕事を直接指導する上司との相性が求められます。とはいえ人と話す機会自体はそこまで多くないため、ニート生活が長く人との会話が不慣れな人にもおすすめです。

ライン作業の注意点としては、ある程度の体力が必要となる点です。立ち仕事であるほか、工場によっては仕事にスピード感が求められます。また比較的単調な仕事が多いため、人によってはやりがいを感じにくいのも難点です。

警備員

警備員のアルバイトは仕事内容がそこまで複雑ではないため、覚えることが少ないという点でおすすめです。警備の業務内容は、基本的に以下のものになります。

  • ドアや窓の施錠点検
  • 不審者がいないかをチェックする

それ以外にも、ほかのアルバイトと比較すると、警備の仕事は給料が高い傾向にあります。理由は朝早くや夜に働くことが多いため、早朝手当や深夜手当が入りやすいからです。大変な点としては、常に立ちっぱなしの仕事であるため、そこそこの体力が必要な点です。

警備員が必要とされる場所は以下の通りで、さまざまな場所で求人があります。

  • 商業施設
  • オフィス
  • 工場
  • イベント会場

このように、一定数の需要があるバイトです。

治験

治験とは、新しい薬の効果や安全性を確認するために行われるモニターに協力する仕事です。不安を感じるかもしれませんが、使用する薬はすでに国が指定した基準を突破しているものなので、リスクはあるものの過剰な心配は不要です。仕事内容に関しても、指示通りの手順に合わせて行動していくだけなので、そこまで難しいものではありません。

特に1週間単位での時間が必要となるものは、現在ニートのようなまとまった時間を確保しやすい方にこそおすすめです。1週間で10万円程度稼げるような高額案件もあるので、効率的にお金を稼ぎたい方は、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

単発の派遣バイト

単発の派遣バイトとは、人材派遣会社に登録して日雇いで働くバイトを指します。特に以下の項目に当てはまる方は、手始めに取り組むバイトとしておすすめです。

  • ニート期間が1年以上続いていた
  • 継続的にバイトをする自信がない

たとえばライブのイベントスタッフなどは、良くも悪くも1日または数日限りで仕事が終わります。日雇いということもあり仕事の種類も豊富で難易度も高くないので、比較的気楽に仕事に取り組めることでしょう。

ニートがバイトの面接で採用されるために必要なこと

ニートがバイトの面接で採用されるために必要なこと

実際に、現在ニートの人がバイトに応募しようと思ったときに、面接で採用されるために必要なことをお伝えします。

NGな身だしなみを避ける

好感が持てる服装などの身だしなみは人によって多少異なりますが「これはNG」と感じる身だしなみは割と共通しています。

つまり、面接の場でNGな身だしなみや服装さえ避けることができれば、必然的にその点に関してはクリアできます。男性女性それぞれに分けて、身だしなみのポイントをお伝えします。

男性の身だしなみ

男性がチェックすべき身だしなみのポイントは、以下の4つです。

  • 髪色が地毛に近い色になっているか
  • 髪が眉毛や耳にかかっていないか
  • 爪は短く切ってあるか
  • 服装にシワや汚れがないか

バイトの面接なのでそこまで気を遣う必要はありませんが、最低限、上記の4つは守って清潔な印象を持ってもらえるように心がけましょう。

女性の身だしなみ

女性がチェックする身だしなみのポイントは、以下の4つです。

  • 髪色が地毛に近い色になっているか
  • 前髪は眉毛が見える長さにし、それより長い場合はピンで留めているか
  • メイクは健康的で自然な程度になっているか
  • 派手な色のネイルをしていないか

女性も男性同様、清潔な印象を持ってもらえるように心がけ、よりよい第一印象につなげていきましょう。

質問に対する回答を準備する

バイトの面接で一般的によく聞かれる質問と、ニートが聞かれやすい質問に分けて、それぞれ対策方法をご紹介します。

一般的によくされる質問と対策

一般的にバイトの面接でよく聞かれる質問は、以下の5つです。

  • なぜ当社のバイトに応募したか
  • これまでのバイト経験と得たもの
  • 自己PR
  • 勤務条件が合うか
  • 前のバイトをやめた理由

これらの質問は非常によくされるため、事前に回答を準備しておきましょう。上記の質問に対する回答で、大まかな人柄とバイトに臨む姿勢が判断されます。

また勤務条件に関して「週に何日くらい働けるか」「通勤手段は何か」といった、実際に働くことをイメージできているかどうかを見られる質問もされます。曖昧な回答にならないよう、事前に募集要項を確認しておきましょう。

ニートならではの質問と対策

ニートがバイトの面接を受ける場合、特に以下3つの質問をよくされます。

  • ニートになったきっかけ
  • ニート期間中の生活
  • ニート期間中に得たもの

これらは面接する側からすると、非常に気になる項目だからです。採用されるには、ここで不安のない回答をする必要があります。

とはいえ、嘘をつくのはNGです。事実を伝えて、その後にプラスの表現で締めくくるようにしましょう。たとえば「前職で長時間労働をしており、最近まで心身の調子を崩していたのですが順調に回復し、今は前向きに仕事をしたいと思っております」などの回答です。この場合、ニート期間中が単なる休養期間だったとしても、前向きな印象で締めくくることができています。

雇用条件で不明な点は質問する

雇用条件や仕事について不明な点があれば、積極的に質問をしましょう。積極的に質問をする姿勢は相手に「それだけ真剣に働くことを考えてくれている」と受け取ってもらえやすいからです。

主に確認しておくべき雇用条件は、以下の内容です。

  • 業務内容
  • 月または週の勤務日数
  • 勤務時間
  • 時給
  • 残業の有無(ある場合は何分単位で残業代が支給されるのか)
  • こちらで用意する持ち物

面接の時に不明な点を少しでも整理しておくことで、入社後のトラブルを防ぐことにもつながります。

ニートがアルバイトを探すならインターネットがおすすめ

ニートがアルバイトを探すならインターネットがおすすめ

現在ニートの人がアルバイトを探す場合、以下の理由からインターネットの活用が効果的です。

数多くの求人から、自分に合った仕事を選べる

ネットを使ってバイトを探すことで、数多くの求人から自分に合った仕事を選べます。ネットには数多くの求人が登録されているうえ、検索機能にも優れています。そのため希望の条件さえ整理できていれば、非常に効率よく求人を探せます。

一方で求人誌やチラシを使って求人を探す場合、どうしても自分の希望する仕事内容や条件に適しているかどうかの判断がつきにくいといえます。ネットで条件を絞り込んだうえで該当する求人のほうが「自分が希望する仕事に近い」という安心感を得られるでしょう。

手軽に応募できる

ネットは、手軽に求人に応募できるため便利です。その理由として、インターネットの求人サイトや求人アプリを使うと、履歴書や職務経歴書が簡単に作れるためです。最近では、テンプレートで用意されている項目に情報を入力すれば、自然と応募書類が完成する仕組みになっています。

応募の度に紙の履歴書を1枚ずつ作成して持参するのは、大きな手間と時間がかかることでしょう。また正社員の求人とは違い、アルバイトであれば応募書類に細かな指定はされません。手軽に求人に応募できるという点は、インターネットを使ってアルバイトを探すことの大きなメリットです。

企業はネットの求人に力を入れている

近年、多くの企業がネットからの求人に力を入れています。その背景として、インターネットやアプリを使って求人を探す人は年々増えているという点があります。店頭の張り紙や求人情報誌、折り込みチラシなどよりも、ネットから情報を得ようとする人が多いということです。

そのため企業側もより一層、ネットに求人情報を積極的に出すようになっています。このことからも、ネットを活用することでよいバイトを見つけやすくなっているともいえるでしょう。

【共通】CTAボタン