就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ニートからバイトを始めて社会復帰!-将来に不安を抱えないためには-

ニートにおすすめのバイトと、採用されるまでの流れを徹底解説!

ニートからバイトを始めようとすると、不安や怖いと感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、ニートからの初めてのバイトでも受かりやすいバイトや、面接のポイントについてご紹介していきます。

ニートから社会復帰するにあたっては、バイトから始めるのも選択のひとつです。ただしバイトの場合、将来的な不安を抱えながら生活するのには変わりがありません。記事の最後には、ニートにおすすめの正社員就職の方法について触れていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

就職カレッジの詳細について
無料登録ボタン

ニートがバイトを怖い・辛いと思ってしまう原因

ニートがバイトを怖い・辛いと思ってしまう原因

現在ニートをしている人の多くは、いまの生活を心から楽しんでいるとはいえません。

多くの人が、以下のような悩みを抱えています。

  • 貯金残高がなくなる前に社会復帰できるか心配
  • 周りは社会で活躍している中、何もしていない自分が嫌になる

今の生活をなんとかしたいと考えるものの、実際にニートから脱出できない人も多いのです。

その主な理由は「バイトを怖いと思っていること」です。生活費のためにも、いずれはバイトからでも始めていく必要がありますが、踏み出せない人もいます。

ここでは、ニートがバイトを怖い・辛いと思ってしまう5つの原因を解説します。

原因1.人間関係が怖い

人間関係が原因でニートになる人は多く、このような人は「できれば人と関わらずに過ごしたい」と思っています。

特に年齢を重ねるとバイト仲間は年下ばかりになるため、30歳以上のニートは、さらに人間関係を怖く感じます。「あの人はいい歳なのに、就職できないからバイトをしている」と、周りからバカにされないかと不安に感じるのです。

ただし、人はそこまで他人に興味があるわけではないため、あまり心配しすぎる必要はありません。バイト中に、ニートだった理由を根掘り葉掘り聞かれるなどの可能性は低いはずです。「働いてみたら人間関係が良好だった」というケースも多いでしょう。

原因2.仕事内容がわからなくて怖い

ニートは自分に自信のない人が多く、つい働く前から「うまく仕事を覚えられずに怒られる自分の姿」を想像してしまいがちです。

しかしこれも、働く前からネガティブに考えているケースがほとんどです。実際の仕事内容は働いてみないとわかりません。入社時に何も分からないのは当然なので「働きながらひとつずつ仕事を覚えていこう」といった前向きな気持ちで、バイトに応募してみましょう。

原因3.面接に落ちるのが怖い

多くのニートが「自分は社会からの見られ方も悪いはずだから、面接で落とされるのではないか…」と不安に感じています。ニート期間が長い自分に自信がもてないため、どうアピールしていいかがわからないのでしょう。

対策方法は、まず自己分析を深め、自分の長所を見つけることです。現時点で持っている自分の魅力をアピールできれば、面接でも好印象を与えられます。

原因4.まともなバイトに就けなくてつらい

たとえバイトの面接に受かったとしても、職歴がないニートが就けるバイトは、たとえば以下のようなものである可能性もあります。

  • 時給が低い
  • 力仕事
  • 労働環境が悪い

せっかく働こうと思ってもまともなバイトがなく、なおさら仕事がつらいと感じてしまうことがあるのです。

ニートから働き始めようとしたこと自体はとても良いことです。最初の社会復帰のきっかけとしてバイトをしたい場合、リスクが低い一日のみの単発のバイトなどから探してみてもよいかもしれません。

原因5.仕事ができないと思われるのがつらい

ニートからバイトに受かって働き始めても、周囲の人からネガティブな目で見られているのではないかと心配する人もいます。

職場の人に何か言われたわけではなくとも「元ニートだから仕事を覚えられないのでは」「社会人としての常識がないのでは」と思われているのではないかと気にしすぎて、自分を追い込んでしまうケースもあります。

ニートから社会復帰をすれば、少なからず最初は大変です。被害妄想にならず、自分にできることを地道にやっていくことを心がけるとよいでしょう。

ニートが初めてのバイトでもうまくいく方法-おすすめのバイトも紹介-

ニートが初めてのバイトでもうまくいく方法-おすすめのバイトも紹介-

ニートがバイトをする際に感じる不安について解説しました。次に、ニートが初めてバイトをするにあたって押さえておきたいポイントや、ニートからの社会復帰として働きやすいおすすめのバイトについてご紹介します。

自分に合った働き方を見つける

ニートがバイトをする場合、必ずしも出勤が必要なバイトでなければいけないというわけではありません。いまは在宅やリモートなど、家でできるバイトも増えてきています。パソコンさえあれば、ほとんど人と関わらないで済む仕事もあるのです。

未経験であっても、データ入力といった事務作業など、比較的難易度の低いバイトもあります。PCスキルさえあれば始められるバイトはあるため、まずは家の中でできる仕事の求人を探し、そこから社会復帰をするのも手です。

ニートにおすすめのバイトを紹介

「バイトの面接に受かるのか不安」という人もいるでしょう。そんな人は、まず受かりやすいアルバイトからはじめてみましょう。ニートからでも受かりやすいアルバイトは、以下3つです。

夜勤シフトのバイト

夜勤シフトのバイトをおすすめする理由は、多くの企業が夜勤で働ける人を募集しているからです。夜勤のバイトは関わる人が少なく、落ち着いてできる仕事たくさんあります。こうした理由から、ニートでも夜勤シフトのバイトは受かりやすいといえるでしょう。

具体的には、以下のようなアルバイトです。

  • 深夜のコンビニスタッフ
  • 清掃員
  • 警備員

ただし生活が不規則になりやすいので、最初は無理のないシフトから始めるようにしましょう。

単発の日雇いバイト

単発の日雇いバイトは1日限りの仕事のため、覚える仕事量が少ない傾向にあります。採用基準も低くなるため、ニートにも受かりやすいといえるでしょう。

単発の日雇いバイトに多いのは、以下のような仕事です。

  • イベント会場の設営
  • 建築現場の作業員
  • 試験監督

特に「仕事を覚えられるか不安」という人は、こうした単発の日雇いバイトから社会復帰を目指すのがおすすめです。

単純作業系のバイト

単純作業系のバイトは、具体的には以下のようなアルバイトがあります。

  • 工場のライン作業
  • パソコンの事務入力
  • ポスティングやビラ配り

単純作業系のアルバイトは特別な資格やスキルを必要とせず、すぐに覚えられる仕事が多いため、ニートでも受かりやすくおすすめです。

ニートが面接で落ちる理由と対策

ニートが面接で落ちる理由と対策

ニートからのおすすめのバイトをご紹介しました。次に、ニートが面接で落ちてしまいやすい理由と、面接に通りやすくなるための対策方法についてご紹介します。

ニートが面接で落ちる理由

ニートが面接で落ちる理由として大きいのが「自信のなさが出てしまっている」ことです。声が小さい、姿勢が悪い、面接官と目を合わせられないなどの立ち振る舞いが、企業にマイナスの印象を与えてしまっていることがあるのです。

自信のなさは、すぐには解決できません。ニートに限らず、自信を持てるだけの根拠が自分のなかになければ、本当の自信にはつながらないからです。

まずは面接に向けてしっかりと事前準備をするなど、できることから始めましょう。最大限の面接対策をしておけば、第一印象をよくするのはそこまでむずかしくはないはずです。

ニートがするべき面接対策

社会復帰をするうえで、多くのニートが不安に感じるのは面接です。これまでの生活についてあれこれ聞かれ、悪い印象を持たれないか心配になるからです。

しかし、面接にはいくつかのポイントが存在します。以下3つのポイントを押さえて面接に臨めば、良い印象につながり採用されやすくなります。

清潔感を出す

清潔感がないと、どれだけ中身が優秀な人でも良い印象を持たれません。特に清潔感の有無は第一印象に直結するため、重要です。

清潔感のある状態を具体的にいうと、以下の項目をすべて満たしている状態を指します。

  • 寝癖がついていない
  • 前髪が目にかかっていない
  • 服装のサイズ感があっている
  • 派手なデザインや色の服装でない
  • ひげそり、爪切りがされている
  • メイクが派手でない

面接前には、これらの項目ができているかを必ずチェックするようにしましょう。

よく聞かれる質問への準備をしておく

ニートが面接でよく聞かれるのは、以下の質問です。(バイトの場合)

  • 月(もしくは週)に◯日以上は出勤できるか
  • 雇用条件は合っているか
  • 人と関わることは問題ないか
  • 休まずに出勤できるか

これらの質問はどの業種や職種でもよく聞かれるので、事前に回答を考えておきましょう。

相手の不安を軽減できるよう「体調を崩さないよう、週に2回ほどジョギングをしています」など具体的に回答できるとベストです。ただし、質問に対してあきらかな嘘をつくのはNGです。後々バレるとトラブルになりかねないので気をつけましょう。

アピールポイントを考えておく

自分のアピールポイントを考えておきましょう。面接する際に、企業側は「この人を採用することで、どんなメリットがあるのか」を知りたいと考えています。

  • 以前やったバイトが似た業務だったので未経験ではない
  • 業務内容が自分の適性に合っていると思う

事前に「自分がどう貢献できるか」を考えておきましょう。

ニートがバイトよりも就職を優先するべき理由

ニートがバイトよりも就職を優先するべき理由

これまで、ニートにおすすめのバイトや、採用されるためのコツをまとめてきました。実はニートが本当に優先するべきことは、バイトに採用されることよりも「就職すること」です。その大きな理由は、以下の2つです。

  • バイトを続けることはデメリットが多いから
  • ニートやフリーター期間が長い人ほど就職率が下がるから

以下、それぞれ解説していきます。

ニートがバイトを続けるデメリット

ニートがバイトを続けることには、多くのデメリットがあります。具体的には以下の3点です。

スキルが身に付かない

基本的に、アルバイトには高度な仕事は任されません。アルバイトという働き方で生計を立てていくことが前提となっていないからです。つまり、一定のスキルが身につく仕事は、社員でないとできないことが多いのです。

アルバイトではほとんどスキルが身につかないため、何年続けても就職市場からあまり評価されないのは、大きなデメリットといえるでしょう。

フリーター期間が長くなる

フリーター期間が長くなることも、デメリットです。フリーター期間が長いことは、就職においてむしろマイナスです。

労働政策研究・研修機構(JILPT)「労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―」を参考に、フリーター期間別、正社員への就職率を示すデータは以下の通りです。

  • 6か月未満:64.0%
  • 6か月〜1年未満:58.3%
  • 1年〜2年未満:52.2%
  • 2年〜3年未満:58.9%
  • 3年以上:48.9%

フリーター歴が長いほど、就職率は下がっていきます。バイトを何年も続けているうちに、スキルが身につかないまま年齢だけが上がってしまうこと、企業側がフリーター歴が長い人の採用を懸念しがちなことなどが原因です。

就職する気がなくなってしまう

フリーターを長く続けると、就職する気がなくなるというデメリットもあります。その理由として、人は周りの環境に染まる生き物だからです。

フリーターとして働いていると、自然と、付き合うのもフリーターの友達が増えていきます。同じような生活を送る人が周囲にいると、よほど意思が強い人でないかぎり「今の生活のままでもいいか」と、だんだん就職しようという気持ちは薄れてくるでしょう。

その結果、就職からどんどん遠ざかってしまうのです。

ニートの就職率

フリーター期間が長ければ長いほど就職率が下がるというデータをご紹介しました。

フリーター歴が長いことに加えて、年齢が上がるほど就職率は下がるというデータもあります。独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」によると、年齢別のフリーターの就職率は、以下の通りです。

  • 15〜19歳:16.4%
  • 20〜24歳:21.9%
  • 25〜29歳:18.3%
  • 30〜34歳:13.0%
  • 35〜39歳:10.9%
  • 40〜44歳:10.2%

20代前半をピークに、それ以降は年齢を重ねるにつれて就職が難しくなると考えられます。

フリーターでも年々就職率が下がっているということは、ニートの場合、ニート期間が長くなるほどさらに就職の難易度も上がることになりかねません。

バイトを探しているニートにおすすめしたい就活方法

バイトを探しているニートの方におすすめしたいのが、弊社ジェイックの就職支援サービス「就職カレッジ®」です。就職カレッジ®は、社会人経験がない・少ない方を対象に、正社員就職をして長く働いていけるようサポートできることが強みです。

採用につなげるための徹底した就職講座を実施し、具体的には以下の内容が学べます。

  • 自己分析
  • ビジネスマナー
  • 企業研究
  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 面接対策

本来、ニートから就職するのは簡単ではありません。しかしこれらの講座を受講することで、就職の攻略方法を効率的に学び、自分に合った企業への就職を目指すことができます。

まとめ

ニートから「バイトをはじめよう」と、社会復帰を志すのはすばらしいことです。ですが、せっかくならば効果的に就活や社会人としてのスキルを身につけ、将来の選択肢が広がる就職をしませんか?

弊社ジェイックは、ニートだった方が就職し、社会で活躍するまでのサポートを得意としています。自力で就職活動することに不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

「ニートのバイト」に関するよくある質問

ニートが初めてバイトする場合にまずするべきことは?

まずは、自分に合った働き方を見つけてみましょう。在宅でできる求人なども増えているため、まずは自宅で働いてみるのもひとつの方法です。「ニートが初めてのバイトでもうまくいく方法-おすすめのバイトも紹介-」も参考にしてみてください。

アルバイトに落ちる理由がわからない

ニートが面接で落ちる理由と対策」で解説していますが、ニートの場合、自信のなさが表れてしまっていることも大きな要因といえます。面接の事前準備を万全な状態にしておくことで、自信のなさを払拭できるでしょう。

ニートの就活方法がわからない

ニートの方が自力で就活をするのは大変です。せっかく就職しようとがんばっても、途中で挫折してしまうリスクもあります。ジェイックの「就職カレッジ®」では、ニートのように社会人経験がない・少ない方の正社員就職実績が豊富です。ぜひ参加をご検討ください。

ニートで社会復帰するための手順が知りたい

ニートからの社会復帰は、無理なく計画的に取り組んでいくことが大切です。ジェイックの「就職相談」にお申込みいただければ、プロのアドバイザーが、ニートからの社会復帰の手順についてアドバイスさせていただきます。

【共通】CTAボタン