あなたに向いてる仕事とは?-タイプ別に向いてる仕事を紹介-

あなたに向いてる仕事とは?-タイプ別に向いてる仕事を紹介-

向いてる仕事について自分はどの仕事に就職/転職したらいいのかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、タイプ別に向いてる仕事を紹介し、また向いてる仕事が分からない時の対処法や自分に向いてる仕事の見つけ方についても解説します!

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

向いてる仕事がわからない時-向いてる仕事の探し方を紹介-

向いてる仕事がわからない時-向いてる仕事の探し方を紹介-

向いてる仕事がわからないと感じている人が大勢います。なぜ、向いてる仕事がわからないと感じてしまうのか。そして、向いてる仕事の探し方についてここでは解説をします。

向いてる仕事がわからない理由

向いてる仕事がわからない理由について紹介をします。以下のような理由でわからないと感じている人が一般的には多いでしょう。

  • スランプに陥っている
  • 自分の好きなことがわからない
  • 自分の才能がわからない
  • 世の中にある職業がわからない

上記のような理由で向いてる仕事がわからないと思っている人がいます。その人たちはどのようにして向いてる仕事を見つければいいのでしょうか。次に、実際の向いてる仕事の探し方について解説します。

向いてる仕事の探し方

次に、向いてる仕事の探し方について解説をします。以下のようなやり方あるので、参考にしてみましょう。

  • 人生の目的を考えてみる
  • 自分の好きなことを考えてみる
  • 自分は何が得意か考えてみる
  • 向いていないことを明確にする
  • 具体的な職業を調べる
  • 適職診断や就職カウンセリングを受けてみる
  • エニアグラムやホランド理論から性格分析をする

上記のような方法が向いてる仕事の探し方の一例でしょう。詳しくは、以下の記事に紹介をしているので向いてる仕事が見つからない理由に自分が当てはまっていないか。探し方から実際に向いてる仕事を何かを考える時間を確保しましょう。

次に、自分がどのような性格なのか。自分の特徴を把握している場合に合わせて、タイプ別で向いてる仕事について解説をします。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

あなたに向いてる仕事は?-タイプ別で向いてる仕事を紹介-

あなたに向いてる仕事は?-タイプ別で向いてる仕事を紹介-

向いてる仕事についてタイプ別で紹介していきます。あなたに合った仕事がどのような仕事なのか、自分のタイプに合った向いてる仕事を見つけましょう。

以下のタイプ別に向いてる仕事を紹介していきます。

  • マイペースな人に向いてる仕事
  • 働きたくない人に向いてる仕事
  • 人見知りな人に向いてる仕事
  • 穏やかな人に向いてる仕事
  • 完璧主義な人に向いてる仕事
  • 要領が悪い人に向いてる仕事
  • 受け身な人に向いてる仕事
  • 右脳派に向いてる仕事
  • 大雑把な人に向いてる仕事
  • 繊細な人に向いてる仕事
  • 責任感が強い人に向いてる仕事
  • コミュ障な人に向いてる仕事
  • 一人っ子に向いてる仕事
  • 職人気質な人に向いてる仕事
  • 優しい人に向いてる仕事
  • いい加減な人に向いてる仕事
  • 聞き上手な人に向いてる仕事
  • メンタルが弱い人に向いてる仕事

上記のタイプ別に向いてる仕事を解説していきます。自分に向いてる仕事があるのかどうか検討していきましょう。

マイペースな人に向いてる仕事

マイペースな人に向いてる仕事には以下のような仕事が向いてると言われています。

  • 営業職
  • 事務職
  • ドライバー
  • 警備員
  • 司書
  • データアナリスト
  • 法務
  • 研究開発
  • 職人
  • 自営業
  • 自宅教室、サロン
  • フリーランスクリエイター
  • ライター
  • 代行業
  • ネットビジネス
  • 農業や漁師

上記のような仕事がマイペースな人に向いてる仕事と言えるでしょう。自分がマイペースな性格だなと自覚している人は以下の記事も参考にすることをおすすめします。

自分がマイペースだと感じている人は大勢います。自分がマイペースの中のどのようなタイプなのかも考えてみましょう。

働きたくない人に向いてる仕事

「働きたくない...」と思っている人向けに向いてる仕事を紹介します。働きたくないと感じている理由などを明確にしてから向いてる仕事を見つける必要がありますが、以下のような仕事が向いてると言われています。

  • 内職
  • WEBライター
  • ハンドメイド販売
  • アフィリエイター
  • 治験
  • 株取引
  • イラストレーター
  • プログラマー
  • Youtuber
  • データ入力

働きたくない人は、人間関係が憂鬱、仕事に対するやりがいがないなど理由や原因は様々です。まず、自己分析をすることから始めるのも選択の一つでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

上記の記事に働きたくない人向けに紹介しているので参考にしてみましょう。

人見知りに向いてる仕事

人見知りの人に向いてる仕事について紹介します。人見知りとは裏を返すと、人間関係が狭いが深いという長所があるのも事実です。その長所などを活かして向いてる仕事を探しましょう。

  • 職人
  • 動画配信
  • 配送・配達
  • 運転手
  • 工場の作業員
  • 清掃員
  • 在宅プログラマー
  • ルート営業
  • ポスティング
  • 飼育員

上記のような仕事が人見知りの人に向いてる仕事と言われています。就職/転職の際の参考にしてみてください。

以下の記事に詳しく人見知りの人に向いてる仕事を紹介しています。

上記の記事を参考にしてから就職活動を動いてみましょう。

穏やかな人に向いてる仕事

穏やかな人に向いてる仕事を紹介します。以下のような仕事が穏やかな人やのんびりした性格な人に向いてる仕事と言われています。

  • 小さい子ども相手の仕事
  • 図書館職員
  • 社会福祉士
  • コンシェルジュ
  • セレクトショップ店員
  • テレフォンアポインター
  • 人事
  • 秘書
  • 学芸員
  • ハンドメイド作家

穏やかな人やのんびりした性格の人には上記のような仕事がおすすめです。詳しく知りたい人は以下の記事に詳しく紹介しているので参考にしてください。

上記の記事では強みや弱み、特徴も解説をしています。自分に当てはまるのかどうか検討し、自己分析を進めましょう。

完璧主義な人に向いてる仕事

完璧主義な人に向いてる仕事は以下のような仕事であると言われています。

  • 銀行員
  • 研究開発
  • ITエンジニア
  • アニメーター
  • 薬剤師
  • パティシエ
  • 絵画修復師
  • 公認会計士
  • 品質管理
  • デザイナー

上記のような、きっちりと仕事をこなせる人や達成することに対して貪欲な人、まさに完璧主義な人には向いてる仕事であると言えるでしょう。詳しくは以下の記事に完璧主義な人に向いてる仕事について紹介をしています。

完璧主義の人は上記の記事を参考にして自分に合った仕事へ就職しましょう。

要領が悪い人に向いてる仕事

要領が悪い人に向いてる仕事は以下のような仕事が向いています。

  • 公務員
  • 受付
  • コールセンター
  • 葬儀関係
  • 芸術家
  • 酪農
  • あん摩マッサージ指圧師
  • マンション管理人
  • 警備員
  • データ入力

上記のような仕事が要領が悪い人に向いてる仕事になります。調査によると、要領が悪いと感じている人は一定数いることが分かっています。より詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

要領が悪い理由や原因があることもあります。自分に合った仕事へ就職できるとそういった悩みが少なくなるかもしれないので、参考にしてみてください。

受け身な人に向いてる仕事

受け身な人に向いてる仕事について紹介します。以下のような仕事が一般的には向いてる仕事であると言われています。

  • 地方公務員
  • 事務
  • 医療事務
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • 在宅ワーク
  • カスタマーサポート
  • 製造業
  • 配達
  • 大企業の一般職

上記のような仕事が受け身な人に向いてる仕事と言われています。受け身であることは、強みである面と弱みである面があります。なので、強みとある部分が活きるように仕事を選びましょう。

上記の記事に、受け身な人に向いてる仕事について詳しく紹介をしています。就職・転職の際に参考にして決めてみてください。

右脳派な人に向いてる仕事

右脳派な人に向いてる仕事は以下のような仕事であると言われています。

  • デザイナー全般
  • 放送(構成)作家
  • 商品企画
  • 美容師
  • 似顔絵師
  • スタイリスト
  • 芸能プロダクション社員
  • フォトグラファー
  • インテリアコーディネーター
  • 俳優

上記のような仕事が右脳派には向いてる仕事であると言われています。右脳派には、アイデアマンやセンスがいい人とが多いと言われています。自分の長所や短所を理解して仕事を選べることは理想です。

上記に右脳派の強みや弱み、特徴についても紹介をしています。自己分析も踏まえて参考にしてみてください。

大雑把な人に向いてる仕事

大雑把な人に向いてる仕事について紹介をします。以下のような仕事が大雑把な人に向いてる仕事であると言われています。

  • 便利屋
  • 番組ディレクター、プロデューサー
  • 営業全般
  • 接客業全般
  • 調理師
  • ツアーコンダクター
  • イベントプランナー
  • タクシードライバー
  • タレント
  • スポーツインストラクター

上記のような仕事が大雑把な人にはおすすめの仕事です。全体の6割の人が「大雑把かもしれない」という自覚があるという調査もあります。一概には言えないかもしれませんが、以下の記事で自分にも当てはまるのか確認しましょう。

参考にして自分の性格や特性に合った就職先を検討しましょう。

繊細な人に向いてる仕事

繊細な人に向いてる仕事は以下の仕事になります。

  • 鍼灸師
  • セラピスト
  • トリマー
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • イラストレーター
  • ハンドメイド作家
  • 家事代行

上記にような仕事が繊細な人には向いてる仕事と言えるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介をしているので参考にしてみましょう。

繊細な人には繊細な人に合っている仕事が必ずあるので、自分がやりたい仕事なのかどうかも含めて考えましょう。

責任感が強い人に向いてる仕事

責任感が強い人には以下のような仕事が向いてると言えるでしょう。

  • 児童指導員
  • 医療関係全般
  • 占い師
  • 保育士・介護士
  • 校正・校閲
  • 消防士
  • 自衛官
  • 弁護士
  • NPO職員
  • 臨床心理士

上記のような仕事が責任感が強い人には向いてる仕事を言われています。企業は積極的に責任感が強い人材、当事者意識が高い人を求めています。以下に詳しく責任感が強い人向けに記事を紹介しているので参考にしてみましょう。

企業が求めている人物像を理解して、履歴書や面接でアピールできるとなおよいでしょう。

コミュ障な人に向いてる仕事

コミュ障な人には以下のような仕事が向いてると言えるでしょう。

  • 配達員
  • 作業員
  • 警備員
  • 研究職
  • IT系
  • 翻訳家
  • コールセンター
  • 事務職
  • ルート営業
  • ライター

上記のような仕事がコミュ障な人には向いてる仕事を言われています。コミュニケーションが苦手な人は今後の働き方やIT革命の中では克服しておくことをおすすめします。また、自分の強みをより高まる方法もあるので以下の記事でも自分の特徴を把握しておきましょう。

コミュ障は弱みに見られがちなので、弱みをどのようにカバーするのかや、強みに変える方法も考えておくといいでしょう。

一人っ子に向いてる仕事

一人っ子に向いてる仕事について紹介をします。以下のような仕事が一人っ子にはおすすめの仕事になります。

  • 新規営業
  • ITエンジニア
  • デザイナー
  • 介護福祉
  • 施工管理
  • 弁護士
  • マーケティング
  • 脚本家
  • イベント企画
  • 芸術家

上記のような仕事が一人っ子には向いてる仕事と言われています。一人っ子には一人っ子ならではの特徴があります。以下に詳しくは紹介をしています。

自分の特徴を理解して、企業選びを進めましょう。

職人気質な人に向いてる仕事

職人気質な人に向いてる仕事を紹介します。職人気質な人は、何か一つのことを徹底的に極めるような印象を持つかもしれませんが、以下のような仕事も同様に向いてると言われています。

  • CADオペレーター
  • 大工
  • 研究者
  • プログラマー
  • WEBライター
  • 伝統工芸職人
  • WEBデザイナー
  • 料理人
  • パタンナー
  • 塾講師

上記のような仕事がおすすめです。詳しくは以下の記事で紹介をしています。

職人気質な人は何かに特化していたり、集中力が他の人よりも長けている人など様々です。自分にはどのような特徴があるのかも含めて考えてみましょう。

優しい人に向いてる仕事

優しい人に向いてる仕事について紹介をします。優しい人には感受性が豊かな人や思いやりのある人が大勢います。そんな人に向いてる仕事は以下のような仕事であると言われています。

  • 介護職
  • 保育士
  • 事務職
  • 受付
  • コールセンター
  • 接客
  • 非営利組織
  • 公務員
  • セラピスト
  • 心理カウンセラー

上記のような仕事がおすすめになります。詳しくは以下の記事で紹介をしています。

優しい人には感受性が高い人や共感性が高い人などがいます。自分の強みがどこにあるのかも記事を参考にして考えてみることをおすすめします。

いい加減な人に向いてる仕事

いい加減な人に向いてる仕事について解説をします。以下のような仕事が向いてるでしょう。

  • お笑い芸人
  • プラカード持ち
  • チラシ・ティッシュ配り
  • 海外での仕事
  • 居酒屋店員
  • 飛び込み営業
  • 不労所得を得る
  • YouTuber
  • 実演販売士
  • リゾート地での仕事

上記のような仕事がおすすめでしょう。いい加減とは弱みの印象を持つ人が多いですが、コミュニケーションが得意な人などもいます。詳しくは以下の記事で紹介をしています。

弱みを理解して、その弱みをどのようにしてカバーするのか。強みをより活かすためにはどのようにしていくべきなのかを考えてみましょう。

聞き上手な人に向いてる仕事

聞き上手な人に向いてる仕事について紹介をします。以下のような仕事が一般的にはおすすめの職種になります。

  • バーテンダー
  • リサーチャー
  • ファイナンシャル・プランナー
  • カスタマーサポート
  • 記者
  • 聖職者
  • 産業カウンセラー
  • 提案営業
  • コンサルタント
  • 窓口業務

上記のような仕事が聞き上手な人に向いてる仕事でしょう。詳しくは以下の記事で解説をしています。

聞き上手な人は様々な場面で強みを活かすことができます。自分のやりたい仕事なども見つけるとより仕事が楽しくなるでしょう。

メンタルが弱い人に向いてる仕事

メンタルが弱い人に向いてる仕事を解説します。

  • 翻訳家
  • 在宅ワーク全般
  • 公務員
  • 自営業
  • 芸術家
  • 事務・総務
  • 短期の仕事
  • 動物相手の仕事
  • 薬剤師
  • ホワイト企業の社員

メンタルが弱いと自覚している人には上記のような仕事が向いてる仕事と言えるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介をしています。

メンタルが弱いというのは、慎重であったり、責任感が強いために引き起こされる可能性もあります。自分がどのような理由でメンタルが弱いと感じているのかも自己分析で深ぼっていきましょう。

ニートに向いてる仕事

ニートに向いてる仕事を解説します。働き方改革の影響でリモートワークなど働き方が多様化しています。そんな時だからこそ、ニートに向いてると言える仕事があります。

  • WEBライター
  • マーケティング
  • Youtuber
  • 動画編集
  • プログラマー
  • 清掃員
  • 介護職
  • 営業職
  • ITエンジニア
  • デザイナー

ネット社会が当たり前になっている今だからこそ、ニートのようにインターネットを使い慣れている人材を欲しいと思っている企業もあります。詳しくは以下の記事でも紹介をしています。

社会や働き方が変わると、活躍する人も変わっていきます。時代に合わせて向いてる仕事を見つけましょう。

向いてる仕事を探す過程で、「やりたい仕事」も見えてくる

向いてる仕事を探す過程で、「やりたい仕事」も見えてくる

向いてる仕事の探し方を実践する過程では、「自分のやりたい仕事は何なのか?」が気になる方も多いです。ここでは、向いてる仕事ではなく、やりたい仕事の探し方も紹介します。

また、以下の記事では、就職支援会社ジェイックの就職アドバイザーがオススメするやりたい仕事の見つけ方も紹介しています。

この記事とあわせて、やりたい仕事を探す参考にしてみてください。

優先順位によってやりたい仕事を絞り込む

まずは、職場に求める要素からやりたい仕事を見つける方法を紹介します。今の職場の何が受け入れられず、どんな職場だったら頑張れそうかを考えてみましょう。そして、思いついた要素に順位をつけていきます。

優先順位の高い要素を満たしている業種や業態こそ、自分に向いた職場です。転職活動では、優先順位に沿った形でさまざまな企業を分析していきましょう。優先順位にする要素としては、例えば以下のようなものがあります。

  • 自分と価値観が合っている
  • 雰囲気がいい
  • 責任あるポジションを任せられる
  • 最低限の福利厚生が整っている

これらについて、1つずつ解説します。

自分と価値観が合っている

とにかくお金を稼ぎたいのか、ワークライフバランスを大切にしたいのか、お客様への貢献度合いを大事にするのかなど、会社によって社風や価値観は異なります。

200時間残業してでもお金を稼ぎたい人が、ワークライフバランスを大事にしたい企業に入社しても価値観が違いすぎて充実した社会人生活は過ごせないでしょう。

企業の採用サイトなどに掲載されている企業理念などをチェックして、自己分析で明らかになった自分の価値観と照らし合わせてみましょう。

雰囲気がいい

同僚との仲がよく、上下関係がそれほど厳しくない職場では楽しく働けます。人間関係で悩んだ経験があるなら、押さえておきたいポイントです。

責任あるポジションを任せられる

現在の職場で実力が評価されていないと感じるなら、転職によるキャリアアップを目指しましょう。責任こそ大きくなるものの、その分、やりがいを感じられます。

最低限の福利厚生が整っている

せっかく就職をするなら、仕事以外のメリットも得たいところです。福利厚生が整っている企業なら気持ちよく働けます。妻子がいる人は家族サービスもしてあげられるでしょう。

やりたくないことを明確にする

やりたくない仕事はたくさん挙げられるにもかかわらず、やりたい仕事になるとまったく思いつかない人もいます。特に、特別な資格や経験のない社会人は、具体的な目標を持って仕事ができない場合も多いでしょう。

そんなときはとりあえず、やりたくないことを片っ端から思い浮かべてみましょう。頭の中を整理するためにも紙にリストアップします。一通り書き出したら、今度はリストを眺めて書かれていないことを考えます。

もしも書かれていないことに抵抗がないようなら、少なくとも現在の環境よりは前向きになれる仕事です。このように、消去法によって自分の将来を見据えるのも、決して間違いとはいえないのです。

© JAIC