穏やかな人に向いてる仕事を紹介!-自分の性格を活かせる仕事に就く方法を解説-

穏やかな人に向いてる仕事を紹介!-自分の性格を活かせる仕事に就く方法を解説-

穏やかな人に向いてる仕事はたくさんあります。自分の特徴を活かし、あなたが活躍できる仕事を見つけてみましょう。この記事では、穏やかな人に向いてる仕事、穏やかな人と強みや弱み、特徴について解説します。

「穏やかな性格を活かした仕事に就職したい」とお考えの方は、正社員の就職支援実績豊富なジェイックへぜひご相談ください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

穏やかな人に向いてる仕事

穏やかな人に向いてる仕事

穏やかな人に向いてる仕事には、以下があります。

  • 小さい子ども相手の仕事
  • 図書館職員
  • 社会福祉士
  • コンシェルジュ
  • セレクトショップ店員
  • テレフォンアポインター
  • 人事
  • 秘書
  • 学芸員
  • ハンドメイド作家

穏やかな人に向いてる仕事について、業務内容やなぜその仕事が向いているのか、それぞれ解説していきます。

向いてる仕事1.小さい子ども相手の仕事

保育士や幼稚園教諭、ベビーシッター、子ども向け施設の従業員など、小さい子どもを対象とした仕事は、穏やかな人に向いてる仕事です。

小さい子どもはかわいい反面、予測がつかないことをしたり手間がかかったりすることもあります。そのため、それらにいちいちストレスを感じず細やかに対応していける、心が広い人のほうが適性があります。

体力や根気強さに加え、ダメなことはしっかり注意する必要はありますが、子どもからは怖い人よりも穏やかな人のほうが慕われやすいため、やりがいを感じられるでしょう。

向いてる仕事2.図書館職員

市区町村にある公立図書館や、大学や企業などにある私立図書館で、本の貸し出しや返却、書架の整理、リクエストがあった本の発注、問い合わせの対応などをする仕事です。読み聞かせイベントの準備や、季節などに応じたフェアのコーナーを設置することもあります。

図書館という静かな場所が職場であること、そこまでスピーディーな対応を求められる業務が少ないことなどから、穏やかな人に向いてる仕事であるといえます。

ただし、正社員求人は少なくアルバイトやパートなどの募集が中心となっている、図書館司書の資格の有無で仕事内容は大きく変わらないこともある、などには注意が必要です。

向いてる仕事3.社会福祉士

たとえば貧困や失業、虐待などの問題を抱えている人、ひとり親、障がいのある人、身寄りのない高齢者など、経済的な状況や身体精神にハンディキャップがある人に対し、支援や課題解決などをする仕事です。

社会福祉士は国家資格であり、ソーシャルワーカーとも呼ばれます。職場としては、各都道府県の福祉事務所、社会福祉協議会、地域包括支援センター、児童相談所、障害者福祉施設などがあります。

社会的に弱い立場に置かれた人を相手にするため、親身に解決策を考えていける穏やかな人に向いてる仕事です。ただし、簡単には解決できない問題を抱える人も少なくないため、向き合うなかで疲れてしまうこともある点は理解しておきましょう。

向いてる仕事4.コンシェルジュ

百貨店やホテル、高級マンション、駅などで、お客様からの質問に答えたり、リクエストに応じた手配や提案などをする仕事です。

たとえば、ホテルに宿泊したお客様から頼まれたレストランの予約をする、高級マンションの住人から頼まれた建物内の施設予約をする、百貨店の来店者から質問されたおすすめの商品や店舗などについて情報提供をする、などです。

さまざまな人を相手にし喜ばせる仕事であることから、穏やかな人に向いてる仕事といえます。ただし、あらゆる要望に対応する臨機応変さが求められる点は理解しておきましょう。

向いてる仕事5.セレクトショップ店員

洋服や雑貨、食器類などを取り扱うセレクトショップで、接客や販売などをする仕事です。セレクトショップはその名前の通り、質のよい商品やブランドを選んで取り扱っているため、在庫が限られている、価格帯が高め、などの特徴があります

穏やかな人は人当たりが柔らかかったり相手に合った提案ができたりするため、扱う商品は同じでも、お客様から「この人から買いたい」と思わせることができるでしょう。

注意点としては、給与水準があまり高くないこともある点、ファッションや髪型などの外見が、そのショップに合う雰囲気でないと採用されにくいという点です。

向いてる仕事6.テレフォンアポインター

リストなどをもとに電話をかけ、商品やサービスの案内などを営業する仕事です。職場によっては、ノルマや獲得件数におけるインセンティブを設けているところもあります。

電話は顔が見えないため、直接会って話すよりも丁寧な対応が求められます。ぶっきらぼうな話し方の人には不向きであり、相手を安心させる話し方ができる穏やかな人に向いてる仕事といえます。

穏やかな人の場合、営業電話であっても「ちょっと聞いてみようかな」と相手に思ってもらいやすく、契約につながることもあります。ただし、クレームが入ったり怒鳴られたりしてしまう可能性もあるため、穏やかでも気が弱い人は避けたほうがよいでしょう。

向いてる仕事7.人事

新卒中途採用に関する業務や社内組織の変更、労務関連の管理、評価制度の構築、研修や教育の実施など、企業の発展のための人材採用や育成などにかかわる仕事です。

基本的には「人」に関することに携わる仕事であり、人当たりのよさや親切さなどが求められるため、穏やかな人に向いてる仕事といえます。新卒の場合、未経験者であっても、企業によっては人事の部署に配属され経験を積むことも可能です。

データや数字を扱うこともあるため慎重さも求められる点、人が相手となるため自分の思い通りにコントロールできないこともある点は理解しておきましょう。

向いてる仕事8.秘書

社長や上司などの仕事のサポートをおこなう仕事です。企業の秘書室などに勤務するだけでなく、医療秘書や弁護士秘書など、専門分野に従事する人を支える秘書の仕事もあります。

スケジュール管理や会食場所の手配、電話の取りつぎ、お礼状の作成、名刺の管理、来客対応など、多岐にわたる業務を担当します。さまざまなことに気がつく必要があるほか、多くの人とかかわるため好印象な人に適性があり、穏やかな人に向いてる仕事といえます。

秘書検定などの資格もありますが、無資格でも働くことは可能です。注意点としては、求人自体が少ない点、担当する社長や上司のタイプが合わないとストレスになりやすい点です。

向いてる仕事9.学芸員

美術館や博物館などに勤務し、資料収集やイベント運営、普及活動などをおこないます。「キュレーター」とも呼ばれる仕事です。ガイドツアーをして展示されている作品に関する解説を担ったり、企画そのものに携わったりすることもあります。

学芸員になるには、大学で指定の科目を履修し、学芸員資格を取得することが求められます。知識を深めるため、資格取得後に大学院に進学して学ぶ人も少なくありません。求人数が多くはないため簡単になれる仕事ではありませんが、穏やかな人に向いてる仕事です。

人とのかかわりは多いものの、つねに大声を出したり外を飛び回ったりするような職場ではないため、穏やかな人にとっては落ち着いて働ける可能性が高いでしょう。

向いてる仕事10.ハンドメイド作家

アクセサリーやバッグなどの小物、ぬいぐるみ、キーホルダーなどの手芸作品をサイトや店舗などに出品し、販売する仕事です。

「お金を出して買いたい」と思わせるクオリティだったり、固定のファンがついたりすれば、自宅で作品づくりをしながら一定の収入を得ることが可能です。穏やかな人には繊細な人も多いため、自分の世界観を表現して評価されることも多く、向いてる仕事といえます。

未経験者でも技術やセンスがあればできる仕事である一方でライバルも多いため、継続的な売り上げをあげるためにはオリジナリティが必要だといえるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

穏やかな人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

穏やかな人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

穏やかな人の強みと弱みについて知り、向いてる仕事選びのヒントにしましょう。

穏やかな人の強み

穏やかな人には、以下のような強みがあります。

強み1.落ち着いている

穏やかな人は、精神的にも落ち着いていることが多いといえます。気持ちに余裕がないと顔や態度に出てしまい、周囲に嫌な思いをさせてしまうことがありますが、穏やかな人は自分の感情をコントロールできるため、そのようなことは少ないでしょう。

仕事では、予期せぬトラブルやアクシデントに遭遇することもあります。そのときでも穏やかな人は焦らず、冷静に行動できるでしょう。

強み2.思慮深い

穏やかな人は、よく考えてから発言や行動をします。自分が思ったことをなんでも口に出したり、突発的に行動したりするということは、穏やかな人はほとんどないでしょう。そのため、不用意に人を傷つけたり迷惑をかけたりしてしまうことも少ないといえます。

考えすぎるあまり動き出すのが遅かったり、人に何かを伝えるまでに時間がかかったりすることもありますが、職場では信頼されやすいでしょう。

強み3.人から好かれやすい

穏やかな人は優しかったりきつい言い方をすることがなかったりするため、人から好かれやすいという強みがあります。職場の人間関係が円滑にいきやすかったり、クライアントやお客様などから好感を持たれたりしやすいでしょう。事務系や、接客の仕事などにも適性があります。

どのような仕事でも人とのかかわりはありますが、穏やかな人は、人間関係におけるトラブルなどを起こしにくいといえます。

穏やかな人の弱み

穏やかな人には、以下のような弱みがあります。

弱み1.繊細

穏やかな人は相手を思いやる心を持っていることが多いぶん、繊細な人も少なくありません。相手の機嫌や発言が影響してしまい、自分まで落ち込んでしまうこともあります。

実際はなんの問題もないようなささいなことでも、繊細な人にとっては気になることがあります。喜怒哀楽が激しい、思ったことをすぐ口に出すような人が多い職場は、穏やかな人には不向きです。

弱み2.振り回されることが苦手

穏やかな人は自分なりのペースを持っていることが多く、人から振り回されることが苦手な傾向にあります。意見や要望がコロコロ変わるクライアント、急に怒り出すなど行動が予測できない上司がいると、穏やかな人は働きにくさを感じます。

役割分担がしっかりとしている職場を選ぶ、クライアントワークは避ける、ちょっとしたことでも相談しやすい環境など、振り回されにくい仕事を選んだほうがよいでしょう。

弱み3.強引さに欠ける

穏やかな人は、強引に自分の意見を通そうとする能力は弱いといえます。自己主張が激しいタイプではないため「まあいいか」と考え、周囲を巻き込んだり揉めたりしてまで押し通そうとしないこともあります。

仕事では、自分の考えを主張したり「なぜそう思うのか」という根拠を伝えたりする必要が出てくる機会もあります。ふだんは穏やかでも、ときにはしっかりと自分の意見を伝えられるようにしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

穏やかな人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

穏やかな人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

穏やかな人の特徴について知り、自分に向いてる仕事選びに役立てましょう。

特徴1.大人しい

穏やかな人は、大騒ぎしたり感情をわかりやすく表に出したりすることが少ないため、おとなしい印象を与えることがあります。仕事中もそれほど口数が多いわけではなく、もくもくと進めていく人も多いでしょう。

たくさん喋らなければいけない仕事だと疲れてしまうことがありますが、各自が集中して仕事を進める職場や静かな環境、ひとりで取り組む仕事などには適性があるでしょう。

特徴2.おっとりしている

穏やかな人はせかせかとしていることがあまりなく、どちらかというとおっとりしている人が多いといえます。話し方や動きなどがゆっくりとしているため、周囲からは「話しているとほっとする」「安心感がある」と思われることがあります。

声を張り上げたり素早く動きつづけたりする仕事は不向きではあるものの、おっとりとした人がいると、職場の雰囲気がよくなることがあるでしょう。

特徴3.素直

穏やかな人は、基本的には素直な性格であるといえます。素直でない人の場合、人から何か言われるといちいち反論したり、やる前から自分の考えを主張したりすることがあります。

穏やかな人の場合、言われたことや決められたことにまずは取り組んだり、受け入れたりすることが多いといえます。そのため、一緒に働くメンバーが穏やかな人だと、仕事がスムーズにすすめやすいでしょう。

穏やかな人が向いてる仕事を見つけるためには

穏やかな人は、自分の強みを発揮できる仕事に就くのがおすすめです。職種はもちろん、職場環境などもチェックし、あなたに合った会社を選んだほうがよいでしょう。自分の性格の他の面で向いてる仕事を見つけたい人は以下の記事でタイプ別の向いてる仕事も紹介しています。

ジェイックでは10年以上、数多くの方の仕事選びや自己分析をサポートしてきました。「自分に向いてる仕事を見つけたい」とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

© JAIC