聞き上手な人に向いてる仕事を紹介!-自分の特徴を活かした職業を見つける方法とコツ-

聞き上手な人に向いてる仕事を紹介!-自分の特徴を活かした職業を見つける方法とコツ-

聞き上手な人に向いてる仕事は少なくありません。聞き上手な人は相手との会話がスムーズにいきやすく、人の心理を掴むのも得意という特徴があります。この記事では、聞き上手な人に向いてる職業、強みや弱み、特徴について解説します。ご紹介する職業を参考に、自分に合った仕事選びのヒントにしてみましょう。

「相手の話を聞くのが得意な自分にはどんな仕事が向いてるのか知りたい」とお考えの方は、正社員の就職支援実績豊富なジェイックへぜひご相談ください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

聞き上手な人に向いてる仕事

聞き上手な人に向いてる仕事

聞き上手な人に向いてる仕事には、以下があります。

  • バーテンダー
  • リサーチャー
  • ファイナンシャル・プランナー
  • カスタマーサポート
  • 記者
  • 聖職者
  • 産業カウンセラー
  • 提案営業
  • コンサルタント
  • 窓口業務

聞き上手な人に向いてる仕事について、業務内容や向いてる仕事である理由を、それぞれ解説していきます。

向いてる仕事1.バーテンダー

バーやホテルのラウンジなどでお客様にカクテルやウイスキー類などのお酒を提供する仕事です。ただお酒をつくるだけでなくお客様と会話をすることも多いため、聞き上手な人に向いてる仕事といえます。

バーの種類によっては経営者や富裕層、有名人などが訪れる場所もあるため幅広い知識を蓄えたり、どんな人にも対応できる能力が求められます。

お酒を扱う仕事のため、酔った人を相手にすることに抵抗がある人は不向きといえます。

夜の勤務が中心の仕事ゆえ、朝型や不規則な生活が苦手な人もつらいかもしれません。

向いてる仕事2.リサーチャー

マーケティングリサーチ会社などで、企業からの依頼や課題に応じた市場調査や、データをもとにした分析などをする仕事です。「マーケティングリサーチャー」とも呼ばれます。

リサーチをする前に、そもそも企業が何を知りたいのか、何を求めているのかを正しくヒアリングして把握する能力が求められるため、聞き上手な人に向いてる仕事といえます。

資格などが必要な仕事ではないものの、マーケティング理論や統計学などを学んだ人や、マーケティングに関する部署などで実務経験を積んだほうが仕事に就きやすいでしょう。

向いてる仕事3.ファイナンシャル・プランナー

顧客に対し、家計や支出などを見て客観的なアドバイスをしたり、その人に合った投資信託やローンの組み方などを提案したりする仕事です。「FP」と略されることも多い、お金の専門家です。

相談を受ける立場であるため、聞き上手な人に向いてる仕事です。話を聞いたうえで相手にとって必要なアドバイスができるため、やりがいを感じやすいでしょう。

ファイナンシャル・プランナーの資格には国家資格と民間資格があり、実務に役立つのは国家資格の2級FP技能士ですが、難易度は決して低いものではないため注意が必要です。

向いてる仕事4.カスタマーサポート

企業などで、お客様からの電話やメールなどの問い合わせに対応する仕事です。商品やサービスに関する質問や相談のほか、苦情の受付なども担当します。最近では、チャットを利用してリアルタイムでやりとりするケースもあります。

企業の窓口的な役割を担い、相手からの話をもとに対応する仕事のため、聞き上手な人に向いてる仕事です。話の要点をつかんでどうすべきか考え、処理していけるでしょう。ただし、クレーム対応などで疲弊する可能性もあるため、繊細すぎる人には不向きです。

キャリアを積んでいくためには、マネージャーやスーパーバイザーのように昇進が可能な職場を選ぶことが必要です。

向いてる仕事5.記者

新聞社や出版社、Webサイト運営会社などに所属し、取材して記事を書く仕事です。会社員のほかに、独立して活動するケースもあります。「取材をして文章におこす」のは記者だけの仕事ではなく、ライターや編集者などもおこないます。

たとえば、事件などに関する記事を担当する場合は多くの人にヒアリングをしたり、経営者や専門家などにインタビューをする場合は事前に知識などを頭に入れていったりすることが求められます。

人の話を聞いてまとめることに長けている聞き上手の人が、本領を発揮できる仕事のひとつです。読みやすくまとめることはもちろん、文字数の制限や言葉づかいなど、媒体に沿った表現を守らなければいけない点には注意が必要です。

向いてる仕事6.聖職者

僧侶や神主、神父・牧師など、宗教上で人々を導く仕事です。修行をしたり、結婚式や葬式などの冠婚葬祭を取りおこなったりします。

大学の仏教学部や神学部へ進んで学ぶ人も多いですが、アシスタントや修行などの経験を経なければなれないことがほとんどのため、それに耐えられる精神力が求められます。

就く職業の種類にもよりますが、聖職者のもとには人生に悩みを抱えた人が訪れ、さまざまな相談をされることがあります。そのため、聞き上手な人に向いてる仕事のひとつといえるでしょう。

向いてる仕事7.産業カウンセラー

企業などに勤務する従業員の心の悩みや人間関係などに関する相談を受けたり、キャリア形成の支援をしたりします。傾聴力が求められる仕事のため、聞き上手な人に向いてる仕事です。

産業カウンセラーは民間資格であり、試験の難易度自体はそこまで高いわけではありません。一方で、ひとつの職場で働くよりも複数の職場を掛け持ちするケースが多い点、給与水準がそれほど高くないという点には注意が必要です。

たとえば産業カウンセラーの資格を活かしてキャリアアドバイザーになるなど、ほかの仕事で活用することもできるため、応用が効きやすいといえます。

向いてる仕事8.提案営業

個人や法人が抱えている課題や困りごとをヒアリングし、その内容に合った自社の製品やサービスの導入を提案する仕事です。相手の状況をきちんと聞いたうえで最適なものをすすめることが求められるため、聞き上手な人には向いてる仕事です。

営業職はほとんどの業界で募集しているため、比較的つぶしが効きやすいといえます。契約を取ったり製品やサービスを説明したりするだけでなく、相手が何を必要としているかを見抜く能力が求められます。

ただし、ノルマが厳しい体育会系の営業会社などはミスマッチになることがあるため、企業選びは慎重におこないましょう。

向いてる仕事9.コンサルタント

コンサルティング会社に勤務し、企業の課題を聞いて解決策を提案する仕事で、聞き上手な人に向いてる仕事です。正解がなく、仮説を立てたり検証したりするなどの地道な作業が求められます。論理的思考力や、ある程度数字に強いことも必須です。

大手や外資系のコンサルティング会社の場合、給料や年収が高めに設定されている、若手でも成果をあげれば昇級するケースも少なくないなど、金銭面でのリターンが期待できます。

注意点としては、人気業界のひとつでもあるため有名企業は入社難易度が高いこと、長時間労働や出張が多いなど激務になりがちである点です。

向いてる仕事10.窓口業務

銀行や役所、郵便局などで、お客様からの質問に答えたり、事務処理などをしたりする仕事です。申し込みの受付や求められた書類の作成、プランの契約など、いずれも対面で人と接する仕事になるため、聞き上手な人に向いてる仕事です。

お客様から相談を受けたり、何の目的で来ているのかを理解したりすることが必要になるため、コミュニケーション能力が活かされます。

注意点としては、勤務先によってはクレーマーなど問題のある人も相手にしなければいけない点、外国人など言葉がうまく通じない人に対しても話を聞き、わかりやすい説明などをする必要が出てくることもある点です。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

聞き上手な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

聞き上手な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

聞き上手な人の強みと弱みを知ったうえで、自分に向いてる仕事を見つけましょう。

聞き上手な人の強み

聞き上手な人の強みには、以下があります。

強み1.解釈やまとめが上手

聞き上手な人は、ものごとを理解したりまとめたりすることが得意です。相手の話をただ聞くだけでなく、その人が何を話したいのか、要は何が言いたいのかなどを自分なりに把握できるのです。

人の話を聞くことが多い仕事に就いた場合、話の内容を取りこぼすことなく要点をピックアップしたり的確な返答ができたりするため、職場でも重宝されるでしょう。

強み2.人や世間のニーズをキャッチしやすい

聞き上手な人はヒアリング能力に長けているため、相手や世の中が何を必要としているのかというニーズをキャッチしやすいという強みがあります。

的確なニーズをつかめば、それを仕事の提案などに反映できます。結果として、売り上げにつながることもあるでしょう。

強み3.吸収力が高い

聞き上手な人は、吸収力が高いといえます。人の話を聞いて学んだり、聞いたことを試してみたりして、自分の知識を増やしたりできることが増えたりすることがあります。

人の話を聞くのが下手な人の場合、人から言われたことよりも自分がどう思うかを優先させがちなため「人から学ぶ」ということがあまり得意ではありません。聞き上手な人は、仕事をするうえで、社内外のさまざまな人の話を吸収して成長していけます。

聞き上手な人の弱み

聞き上手な人の弱みとしては、以下があります。

弱み1.自分が積極的に話す会話は苦手

聞き上手な人は相手の話を聞くことは極めて得意ですが、自分から積極的に話していくことは苦手です。自分のことを話したくないというわけではなく、どちらかというと人の話に対してあいづちを打ったり、質問したり、共感したりするほうに長けているためです。

そのため、職場などでは自分のことを話す機会が少なく、周囲からは「ミステリアスな人」だと思われることもあるかもしれません。

弱み2.疲れてしまうこともある

聞き上手である人の中には、相手に入り込んでしまい疲れてしまう人もいます。たとえば悩み相談をされて自分までつらくなってしまう、強い口調で話されて嫌な気持ちになってしまう、などの傾向があります。

相手に寄り添えるのは聞き上手な人のよいところですが、行き過ぎると自分がしんどくなる原因にもなります。自分と相手の間に、適度に線引きをすることを心がけましょう。

弱み3.雰囲気に飲まれやすい

聞き上手な人の場合、よく話す人が相手だと、その場の雰囲気に飲まれやすくなることがあります。たとえば仕事でも、相手がずっと話し続けていて時間になっても終わらせることができない、あきらかにおかしなことを言われても反論しづらい、などがあります。

聞き上手なところは活かしながら、相手に伝える必要があることはしっかりと伝える勇気を持つことが、聞き上手な人には必要だといえるでしょう。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

聞き上手な人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

聞き上手な人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

聞き上手な人の特徴を知り、向いてる仕事選びに役立ててみましょう。

特徴1.相手を尊重した人付き合いができる

聞き上手な人は相手のことを考えて話を聞くため、人を尊重することができます。相手がどう思っているかをきちんと聞くことで、自分との違いを明確にもできます。

仕事をするうえでも、職場の仲間や取引先、顧客などから「この人は自分を受け入れてくれている」「ちゃんと話を聞いてくれる」と思われやすく、安心感を持たれやすいでしょう。

特徴2.話の流れをつくるのがスムーズ

聞き上手な人は、相手の話があちこち飛んだり口下手だったりしても、途中で軌道修正したり話の流れをつくったりすることが上手です。「○○ということですね」「●●についてはいかがでしょうか?」など、会話の内容に適した返事や質問ができます。

仕事では人と話せる時間は限られていることが多いため、聞き上手な人は効率的に人の話を聞くことができるでしょう。

特徴3.主張が激しくない

聞き上手な人は、自分自身の主張はさほど激しくない人が多いといえます。一方、自己主張が激しく自分をアピールしたい人は、人の話を聞くよりも自分が話したいと考えます。

聞き上手なのは素晴らしいことですが、自分の意見をあきらかにしたり「こうしたい」と希望を伝えたりすることも、仕事上では大切です。自分なりの考えを持つことはもちろん、必要に応じて言葉でも伝えられるようになっていけばなおよいでしょう。

聞き上手な人が向いてる仕事を見つけるためには

聞き上手な人が向いてる仕事を見つけるためには、自分の特徴を正しく知ったうえで、それを活かせる職業に就くのがおすすめです。相手の話を聞くのが得意という強みを、ぜひ仕事でも役立ててみてください。

ジェイックでは10年以上、数多くの方の仕事選びや自己分析をサポートしてきました。「自分に向いてる仕事に就職したい」とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC