繊細な人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

繊細な人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

繊細な人に向いてる仕事とはどんな仕事でしょうか。この記事では繊細な人の性格の特徴や強みや弱みについて考え、おすすめの仕事を理由とともに紹介していきます。就職や転職をする際の参考にしてみてください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

繊細な人に向いてる仕事

繊細な人に向いてる仕事

まずは繊細な人に向いてると考えられる仕事を紹介します。この中に興味を持てる仕事があれば、ぜひもっと詳しく調べてみてください。

  • 鍼灸師
  • セラピスト
  • トリマー
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • イラストレーター
  • ハンドメイド作家
  • 家事代行

それぞれの仕事について紹介します。

向いてる仕事1.鍼灸師

鍼灸治療では鍼を刺したり灸を据えるためのツボを探すとき、自分の手先だけが頼りとなり、わずかな変化も見逃さず適切に治療を施す繊細さや正確さ、手先の器用さが求められます。人の痛みを敏感に感じ取り、それを癒すことに喜びを感じる繊細さ、共感力の高さを持つ人にぴったりの仕事です。

向いてる仕事2.セラピスト

「セラピスト」という名称の国家資格は存在せず、民間団体が認定している資格が点在している状況ですが、 ここではアロマトリートメントやリフレクソロジーといった体を癒すことと、メンタルケアやカラーセラピーといった心を癒すことをセラピーと呼び、それを生業とする人をセラピストとします。人の痛みや苦しみを自分のことのように理解することができ、それを癒すことに何よりも喜びを感じられる繊細な人に向いている仕事です。

向いてる仕事3.トリマー

繊細な人は周囲の人の機嫌に自分の感情が大きく左右されることが多く、対人の仕事は一般の人よりも気苦労が絶えないかもしれません。そこでおすすめなのが、人間を相手にするよりも穏やかな気持ちで仕事に取り組める動物相手の仕事、例えばトリマーです。持ち前の共感力を活かし、ペットの気持ちにぴったり寄り添いながら仕事ができるのではないでしょうか。

向いてる仕事4.経理

繊細な人は、一つひとつの仕事が丁寧で細かい作業の繰り返しを得意とする傾向にあります。そして細かいことによく気が付くという特徴もあり、正確さや緻密さが求められる仕事に向いていることが多いです。その点経理の仕事であれば、繊細な人の正確さ、緻密さを活かせます。

向いてる仕事5.プログラマー

プログラマーは、プログラム言語を用いてシステムを作る仕事です。システムエンジニアが作った仕様書通りにシステムが作動するよう、プログラムを書き上げるのがプログラマーです。ひたすら机に向かい集中してコードを書き続ける場面が多いため、人付き合いに気苦労やわずらわしさを感じてしまいがちな繊細な人にとってストレスの少ない仕事と言えます。

向いてる仕事6.WEBライター

WEBライターの多くは家に居ながらにして仕事を請けることが可能です。慣れ親しんだ自宅で仕事ができるという点で、たくさんの人がいるオフィスで仕事をすることを苦手と感じる繊細な人におすすめの仕事です。WEBコンテンツの増加に伴い求人も増加中の仕事ですので、文章を書くことが好きな人はチャレンジしてはいかがでしょうか。

向いてる仕事7.WEBデザイナー

Webサイトやスマホアプリ、オンラインゲームにおけるデザインを手掛けるのがWebデザイナーですが、一般的に狭き門であることが多いクリエイティブ関連職であるにも関わらず、初心者でも挑戦しやすく、手に職をつけられるということで近年とても人気のある仕事です。デザインと聞くと華やかなイメージがありますが、日々の業務はコツコツ地道な作業の繰り返しがほとんどで、細かい部分にまで目を配れる人が重宝されます。発想力や細やかさを活かしたい人が活躍できる仕事です。

向いてる仕事.イラストレーター

繊細な人には感受性が豊かであるという特徴がありますが、独自の感性を活かせる仕事という点で、クリエイティブな仕事を選ぶのもおすすめです。例えばイラストレーターはいかがでしょうか。イラストレーターは、一人で作業に没頭する時間が多いため、他者との交流に疲れを感じやすい繊細な人におすすめしたい仕事です。

向いてる仕事9.ハンドメイド作家

ハンドメイド作家は自分の発想力、センスを活かすことができるクリエイティブな仕事です。繊細な人にとっては日頃の気苦労を癒し、ストレス解消するための創作活動になるかもしれません。とはいってもハンドメイド作家は競争相手が多く、これ一本で食べていく!というにはなかなか難しい仕事ではあります。まずは副業から、気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか

向いてる仕事10.家事代行

繊細な人は、周りの環境が気になったり、人に気を遣いすぎいて疲れてしまうことが多いかもしれません。近年需要が急激に増えている家事代行の仕事は、人とのかかわりが少なく、また自分のペースでこつこつと仕事を進めやすいため、繊細な人がのびのびと働ける仕事であると言えるかもしれません。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

繊細な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

繊細な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

繊細な人は自分に向いてる仕事を探す前に、繊細である自分の強みを弱みを分析してみましょう。自分の特徴をよく理解することで向いてる仕事が分かります。

繊細な人の強み

繊細な人の強みを紹介します。

強み1.共感力が高い

繊細な人には、他人の気持ちが分かり共感力が高いという長所があります。人の痛みや苦しみを自分のことのように理解することができるため、適切な寄り添い方、ケアの仕方が自然にわかることが多いようです。

強み2.感受性や創造性が豊かである

繊細な人は言い換えれば感受性の強い人です。五感が敏感で、多くの人には感じ取れない物事を感じ取ることができ、普通とは違った発想が強みであることが多いです。その独特なアイディアを形にする技術力を習得できれば、仕事の場で唯一無二の存在として重宝されるかもしれません。

強み3.こつこつとした地道な作業が得意

繊細な人には細かい部分にも気づきやすく、ミスなくこつこつと仕事をすることが得意な人が多いです。また、繊細な人は心配性なことが多いですが、その反面最悪のケースを想定し、プランA,プランBとできる限りの準備をしようとするので、職場の砦として頼りにされるシーンも多いのではないでしょうか。

繊細な人の弱み

繊細な人の弱みを紹介します。

弱み1.傷つきやすい

繊細な人は傷つきやすい人のことです。他の人にとっては何でもない、ほんの冗談の一言をそのまま受け取ってしまい数日落ち込むこともざらです。傷つくのを恐れるあまり、自分の殻にとじこもり極力他人と関わらないようにしているという人もいるのではないでしょうか。

弱み2.環境の変化にストレスを感じやすい

繊細な人は環境の弱点に、環境の変化にストレスを感じやすいという点があります。仕事についていえば部署移動によって頻繁に一緒に働くメンバーが変わったり、転勤によって住居が頻繁に変わるような状況は繊細な人にとって好ましくないでしょう。

弱み3.仕事に時間がかかる

繊細な人は細かいところによく気が付くことが多いので、細かく丁寧に対処するあまり、人より仕事に時間がかかってしまうことが多いのではないでしょうか。質より量、作業の速さを重視される職場は向かないことが多いようです。

繊細な人が向いてる仕事を見つけるためには

繊細な人が向いてる仕事を見つけるためには

繊細な人に向いてる仕事はさまざまです。誰にでも強みや弱みがあります。大切なのは、自分にどのような特徴があるのかが分かっていること、つまり、自己分析がどれだけ出来ているかではないでしょうか。自己分析がなかなか進まないと悩んでいる人は、エージェントや診断ツールを積極的に活用していきましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC