職人気質な人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

職人気質な人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

職人気質(しょくにんかたぎ)な人に向いてる仕事とはどんな仕事でしょうか。この記事では職人気質な人の性格の特徴や強みや弱みについて考え、おすすめの仕事を理由とともに紹介していきます。就職や転職をする際の参考にしてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

職人気質な人に向いてる仕事

職人気質な人に向いてる仕事

まずは職人気質な人に向いてると考えられる仕事を紹介します。この中に興味を持てる仕事があれば、ぜひもっと詳しく調べてみてください。

  • CADオペレーター
  • 大工
  • 研究者
  • プログラマー
  • WEBライター
  • 伝統工芸職人
  • WEBデザイナー
  • 料理人
  • パタンナー
  • 塾講師

それぞれの仕事について紹介します。

向いてる仕事1.・CADオペレーター

CAD(Computer Aided Design)とは、建築、機械、自動車、服などの設計図を、コンピューターを利用して作成することです。つまりコンピューターを使って製図をおこなうことが、CADオペレーターの仕事ということになります。一つの小さなミスが大きな設計ミスにつながることもあるため、細かい部分もケアできる繊細さや、高い集中力が必要な仕事です。地道にコツコツと作業することが苦にならない、職人気質を持った人に向いているといえます。

向いてる仕事2.大工

改めて「職人気質」の言葉の意味を辞書で調べると「職人に特有の気質。自分の技能を信じて誇りとし、納得できるまで念入りに仕事をする実直な性質」とありますが、まさにその職人の代表格が大工ではないでしょうか。大工として一つの技術を習得するには長い時間をかけて何度も同じ作業を繰り返し、自分なりのコツをつかんでいくことが必要になります。飽きやすくひとつのことが長続きしない人には難しい仕事ですが、なにか一つの仕事をコツコツと続けて自分なりに大成したいと考える職人気質の人には挑戦する価値のある仕事です。

向いてる仕事3.研究者

実験を繰り返しながら真実を探求する研究者も職人気質な人が活躍している仕事です。いくら実験を繰り返しても、求める結果が得られないことはいつものことです。「成果がでなくてもすぐにあきらめない辛抱強さ、粘り強さ」「寝食忘れて研究に没頭する集中力、情熱」」には職人に通じる部分があるのではないでしょうか。

向いてる仕事4.プログラマー

プログラマーに一番求められるのは、プログラムを組むスキルです。プログラムを組むスキルさえあれば、他の枝葉末節(会話力など)は最低限でよいという職場も多くあります。。プログラミングは完成像に向けてスキルを駆使してひたすらこつこつ組み立てていく仕事で、まさに職人芸です。プログラミングを極めていきたい人はプログラマーという仕事はとてもおすすめです。

向いてる仕事5.WEBライター

与えられたキーワードを使って、発注元の望む字数・内容の記事を作り上げるWEBライターもある意味職人といえるかもしれません。書けば書くほどスピードはあがりますし、

WEB記事の場合は検索順位や月間閲覧数、検索回数などの結果を目で見て数字で確認できることもやりがいのひとつです。自分が職人気質であると感じ、文章を書くことが好きだという人はWEBライターという仕事について調べてみるのもおすすめです。

向いてる仕事6.伝統工芸職人

普通の人が気づかないようなことろまでこだわり完ぺきを求めるのが職人気質だとすれば、それを体現するのが伝統工芸職人です。メディアを通してひたむきに技術を研鑽しつづける姿を見て、「自分も伝統工芸職人になりたい」と思ったことのある人もいるのではないでしょうか。陶磁器や漆器、織物や染め物、刃物など、日本各地には数々の伝統工芸があり、狭き門ですが後継人を募集している工房も探せばあるようです。一般的な職種と同じくハローワークや求人サイトで募集されているケース、地域情報サイトなどでの公募、店舗や工房などで直接募集を行っているケースなど様々ですので、興味がある人は情報収集から始めてみるのはいかがでしょうか。

向いてる仕事7.WEBデザイナー

Webサイトやスマホアプリ、オンラインゲームといったデザインを手掛けるのがWebデザイナーですが、一般的に狭き門であることが多いクリエイティブ関連職であるにも関わらず、活躍できるフィールド、求人数が多いことから昨今とても人気があります。初心者でも挑戦しやすい職種で、まずはPhotoshopに代表される画像編集ソフトの操作をマスターし、ドキュメントの読解力、コーディングやプログラムの知識などへスキルを広げていくのが一般的なキャリアパスのようです。デザインと聞くと華やかなイメージがありますが、日々の業務はコツコツ地道な作業の繰り返しがほとんどであるため、どんな仕事にも手を抜かない職人気質な人におすすめしたい仕事です。

向いてる仕事8.料理人

職人気質な人が多い職場といえば調理の世界です。料理人として1人前になる前には、単純に思える下準備の作業をひたすら続ける必要があるケースも多いでしょう。忍耐力が試されます。また、料理というのはどこまでも追求可能な奥深い世界であり、「もっとおいしい料理を作りたい」いう向上心を持って努力していける人でないと料理人として大成することは難しいようです。厳しくもやりがい十分な仕事です。

向いてる仕事9.パタンナー

アパレル業界というとひらめきやセンスが重視される職場だと思う人も少なくないかと思いますが、職人気質な人が活躍できる「パタンナー」という職種があります。パタンナーは、デザイナーによるデザインをもとに型紙(パターン)を作ります。デザイン画は平面なので、それを立体化していきます。平面のデザインをデザイナーのイメージ通りの形にするには、専門的な知識と高度な技術が必要とされます。アパレル業界では、製品のクオリティや着心地はパタンナーの腕次第と考えられているほど、服作りにおいて非常に重要な役割を担う仕事です。

向いてる仕事10.塾講師

教科指導を極めたいと考える職人気質な人におすすめなのが塾講師です。人に何かを教えるということは、決して簡単なことではありません。教科の内容を深く理解した上で、生徒のレベルに合わせて即興で問題を作ったり、生徒をやる気にさせる声かけをしたり・・・名物講師が自分の授業テクニックをストイックに磨きつづける姿はまさに塾における職人といえるのではないでしょうか。いい意味でも悪い意味でも生徒の人生に影響を与える可能性のあるやりがいのある仕事です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

職人気質な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

職人気質な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

職人気質な人は自分に向いてる仕事を探す前に、職人気質である自分の強みを弱みを分析してみましょう。自分の特徴をよく理解することで向いてる仕事が分かります。

職人気質な人の強み

職人気質な人の強みを紹介します。

強み1.完成度の高いものを作り上げられる

自分が納得できるまでとことん仕事に向き合い、仕事の質を追求することで完成度の高いものを作り上げることができるのが職人気質な人の強みです。普通の人であれば「これくらいでいいだろう」と妥協するところも、最後まで質を追求するストイックさが職場の尊敬を集めます。

強み2.真面目で努力家である

「どうやったらもっとうまくできるか」を常に試行錯誤する職人気質の人は真面目な努力家です。好きなことねばり強く取り組み高い成果を出すため、たとえ前述した専門職でなく一般企業に就職したとしても、自分に合う仕事であれば、周りから一目置かれる成果を出すことができるでしょう。

強み3.几帳面である

職人気質な人の強みとして几帳面な性格があります、特に自分にまかされた仕事においては強い責任感を持って細やかに気を配ります。だからこそ高い成果を出し続けることができるのです。自分に職人気質を感じる人は、几帳面さが要求される仕事を探してみると活躍できるかもしれません。

職人気質な人の弱み

職人気質な人の弱みを紹介します。

弱み1.融通がきかない

職人気質の人は仕事に対してこだわりが強いぶん、自分と仕事のスタイル・やり方が違う人を受け入れられず、排他的な考え方をする傾向があります。職場で孤立してしまわないよう、自分の傾向を頭の片隅に置いておくようにしましょう。

弱み2.社交性・協調性に欠ける

職人気質な人は自分の仕事に一生懸命なあまり、社交性・協調性に欠ける面があります。我が道をいくあまり、職場で浮いてしまうこともあるようです。社交性や協調性を一番に求められるような仕事は避けたほうが無難であるといえるでしょう。

弱み3.質にこだわるあまり時間やコストをかけすぎてしまう

職人気質な人には「これぐらいでいいや」というふうに割り切ることが苦手で、とことん質の高さを求めてしまう傾向があります。質よりも量の多さや納期を重視される仕事においては弱点となる性質といえます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

職人気質な人が向いてる仕事を見つけるためには

職人気質な人が向いてる仕事を見つけるためには

職人気質な人に向いてる仕事はさまざまです。誰にでも強みや弱みがあります。大切なのは、自分にどのような特徴があるのかが分かっていること、つまり、自己分析がどれだけ出来ているかではないでしょうか。詳しい自分に向いてる仕事を見つけたい人は以下の記事で紹介をしています。

自己分析がなかなか進まないと悩んでいる人は、エージェントや診断ツールを積極的に活用していきましょう。

 

© JAIC