コミュ障に向いてる仕事は?-コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事-

コミュ障に向いてる仕事は?-コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事-

コミュ障な人に向いてる仕事はどんな仕事なのでしょうか。コミュニケーションが苦手だと自分で思っている人におすすめの仕事を紹介します。コミュ障の特徴や強み、弱みも紹介するので、自分がどのように正社員になるか考える方法として参考にしてみてください。

注意として、野村総合研究所とオックスフォード大学の協同研究レポートによる将来AIやロボットにより代替される可能性が高い職業として発表されている今後なくなると言われている仕事も紹介します。

『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~』

コミュニケーションが苦手な人は、今後のことを考えると克服しておくことをおすすめします。ジェイックでは、コミュニケーションが苦手な人に対しても面接対策などの研修を行っているのでいつでもご相談してください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

コミュ障な人に向いてる仕事

コミュ障な人に向いてる仕事

コミュ障な人に向いてる仕事を紹介します。コミュニケーションが苦手だと自分で思っている人は以下のような仕事で正社員として就職するのも一つの選択でしょう。

  • 配達員
  • 作業員
  • 警備員
  • 研究職
  • IT系
  • 翻訳家
  • コールセンター
  • 事務職
  • ルート営業
  • ライター

上記のような仕事がコミュ障な人の向いてる仕事になります。コミュニケーションが苦手だからと言っても正社員として仕事をする場合は人間関係は付き物です。コミュ障を克服する選択を入れながら仕事を探してみましょう。

向いてる仕事1.配達員

配達員などの仕事は、コミュ障でも向いてる仕事と言えるでしょう。配達員は具体的に以下のような仕事があります。

  • トラック運転手
  • ルート配達
  • 新聞配達

上記のように配達などの運送業は需要が増してきています。

2017年に日銀が発表した「企業短期経済観測(短観)調査」では、「雇用人員判断指数」という項目において、業界別で宿泊・飲食業の次に運送業の人手不足が明らかになっています。人手に大きな変動はないものの仕事量が増えてきている仕事になります。

向いてる仕事2.作業員

作業員の仕事もコミュニケーションが苦手な人に向いてる仕事になります。作業員には以下のような種類の仕事があります。

  • 工場作業員
  • 倉庫作業員

上記のような仕事が作業員の仕事としてはあります。簡易な仕事とされがちですが、事故の危険性もある仕事なので、給料面が高い傾向もあります。長期間の勤務はあまりおすすめできませんが、コミュ障な人に向いてる仕事とも言えるでしょう。

向いてる仕事3.警備員

コミュ障な人には警備員の仕事も向いてる仕事と言えるでしょう。深夜帯の仕事であることが多いですが、人とあまりコミュニケーションを取る必要がないのでコミュニケーションが苦手な人にはおすすめな仕事です。

向いてる仕事4.研究職

コミュ障な人でもスキルがある人には研究職の仕事はおすすめであり、向いてる仕事になります。研究職の仕事は今後の日本の技術を支える仕事であり、重要な仕事になります。コミュニケーションが苦手でもスキルや知識があれば活躍できる仕事になります。

向いてる仕事5.IT系

IT系の仕事も近年需要が高まっている仕事になります。そして、スキルがあればコミュニケーションを取らずに仕事をすることもできるのでコミュ障な人にも向いてる仕事と言えるでしょう。IT系のスキルは独学でも教育サービスもあるので何かのスキルを身に付けてから企業への就職をするという選択もあるでしょう。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

向いてる仕事6.翻訳家

コミュ障でも文才の力や英語などが得意なのあれば翻訳家の仕事も向いてる仕事と言えるでしょう。読書が好きな人や英語が得意な人には翻訳家などの一人でできる仕事もおすすめの職種と言えるでしょう。

向いてる仕事7.コールセンター

コミュ障な人にはコールセンターの仕事も向いてる仕事の一つでしょう。話すのが苦手だからと思う人もいるかもしれませんが、コールセンターの場合は対策などのマニュアルがあります。なので、マニュアルに沿って対応をすればいいのでコミュニケーションがそこまで重要視されません。

ストレスのかかる仕事にはなりますが、コミュ障な人には向いてる仕事の一つと言えるでしょう。

向いてる仕事8.事務職

残業をあまりしたくないという人には事務職の仕事もおすすめの向いてる仕事になります。事務職の仕事には種類があり営業補助の事務職だとコミュニケーション能力が必要にあります。データ入力などの場合はコミュニケーションが不要のケースが多いのでコミュ障な人でも仕事を進めることができるでしょう。

向いてる仕事9.ルート営業

ルート営業も実はコミュ障な人に向いてる仕事であり、おすすめの仕事になります。コミュ障の度合によりますが、コミュ障だと自分で思っているだけの人見知りや慎重な人もいます。ルート営業だと付き合いの長い常連さんのような人との仕事になります。

人間関係が、広く浅くではなく、狭く深く人間関係を行っている人にはおすすめの仕事になります。

向いてる仕事10.ライター

最後のおすすめの向いてる仕事としてはライターの仕事があります。ライターにはスキルや文才などの必要なスキルがあります。力を付けていけばフリーランスとして仕事をすることも可能になるでしょう。

コミュ障な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

コミュ障な人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

コミュ障な人の強みと弱みについて紹介します。どんな特徴にも強みと弱みがあり表裏一体になっています。コミュ障と言うと、ネガティブな印象があるかもしれませんが、ポジティブな強みの部分もまずは理解していきましょう。

コミュ障な人の強み

コミュ障な人の強みについて紹介します。コミュ障な人だと思っている人は、自分の強みを理解して自分に向いてる仕事を探していきましょう。

強み1.内省が強い

コミュ障な人の強みとしては内省が強いという点が挙げられます。内省とは、自分の考え方や行動を自ら省みることを意味します。内省が強い人は自分の行動を改善する力に長けているので、失敗することが行動を重ねるごとに少なくなるという強みがあります。

強み2.人の感情を読み取る力が強い

コミュ障な人には人の感情を読み取る力に長けている人が多いです。なぜなら、コミュニケーションが苦手なために人の顔を伺う癖がついている傾向があるためです。弱みだと認識している人も多いですが、人間関係を構築する上で必要であり重要な強みをコミュ障な人は持っていると言えるでしょう。

強み3.周囲の空気を察する力が強い

人の感情を読み取ることに長けているため、周囲の空気・雰囲気を敏感に察する力にも長けているでしょう。コミュニケーションと取るうえで、周囲の意見を尊重することができるのは強みの一つになります。コミュ障だと思っている人は自分の強みとして認識をしておきましょう。

コミュ障な人の弱み

次にコミュ障な人の弱みについても同様に解説します。弱みも理解した上で仕事をどうするのか、もしくは弱みを克服していくのか考えましょう。

弱み1.自分に自信がない

コミュ障な人の一番の弱みと言えるのが、自分に自信がないことでしょう。自分に自信がないと行動をすることに何かと躊躇しがちになります。行動をすることで失敗することは当たり前ですが、自信がないことで次の行動ができなくなりがちです。

弱み2.ストレスを溜め込みやすい

ストレスを溜め込みやすいという弱みを持っています。自分に自信がないことで、自分の意見を発信することも躊躇ってしまいます。そのため、周囲の意見に流されがちなのでストレスを溜め込みやすいという弱みにもなってしまいます。

弱み3.相談があまりできない

コミュニケーションが苦手なので周囲への相談が苦手な傾向があります。相談ができないと行動する時の自信もつかないので行動をしなくなりがちです。そして、行動をしないことで自信がつかないという負のスパイラル状態になる人も大勢います。

コミュ障な人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

コミュ障な人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

コミュ障には2種類の特徴があると一般的に言われています。

  • ダウナー系のコミュ障
  • アッパー系のコミュ障

自分がどちらの特徴があるのかを一度確認してみましょう。また、自分自身ではコミュ障だと考えていたが実際には異なる場合があります。向いてる仕事を見つけるためにはまず自分を知ることから始めましょう。

ダウナー系のコミュ障とは

ダウナー系のコミュ障とは、会話に苦手意識を持っている人のことを指します。一般的には、嫌われたくないという自己防衛的な思いから発言が少なくなってしまうという傾向を持っています。

ダウナー系のコミュ障には以下のような特徴があります

  • 人との会話に苦手意識を持っている
  • 自分に対しての自信がない
  • 人との関わりを避けてしまうことがある

上記のような特徴に当てはまる人はダウナー系のコミュ障と言えるでしょう。

アッパー系のコミュ障とは

ダウナー系のコミュ障とは、全く真逆なのがアッパー系のコミュ障と呼ばれています。アッパー系のコミュ障とは当人には全く自覚がなく、自己中心的で他人に関して関心がないため周囲との会話がかみ合わない人のことを指します。

アッパー系のコミュ障には以下のような特徴があります。

  • 自分が一方的に話すのが好き
  • 人のいうことをあまり聞かない
  • 周囲から距離を置かれることが多い

上記のような特徴に当てはまる人は、自覚がないだけでアップ―系のコミュ障の可能性があります。大切なのはまず自覚をすることです。自分が当てはまっているかどうか確認しましょう。

コミュ障だと思っている人の特徴

コミュ障には上記のようなダウナー系とアッパー系の2種類あることを紹介しました。上記のようなコミュ障以外にも自分はコミュ障だと思っている人も大勢います。コミュ障だと思っている人の特徴には以下のような特徴があります。

  • 自分から話しかけることができない
  • 人との距離感を掴むのが苦手
  • 上がり症である

上記のような特徴を持っている人がコミュ障だと思っている人の特徴として挙げられるでしょう。コミュ障は訓練や練習次第で改善することが可能です。まずは、自分にはどのような特徴があるのかどうかを自分自身で見つめなおして改善していきましょう。

コミュ障な人が向いてる仕事を見つけるためには

コミュ障だと思っている人向けに向いてる仕事を紹介してきました。コミュ障にも強みと弱みがあり、特徴を理解すれば改善することも可能です。ジェイックでは、自己分析をして自分にどのような特徴があるのかを見つめなおす研修などを無料で提供しています。

自己分析をして、自分のことを理解してから向いてる仕事へ就職/転職したい人は一度ジェイックのキャリアカウンセリングからご相談ください。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC