相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

働きたくない、人と関わりたくない人に向いてる仕事と就職ポイント

働きたくない人と関わりたくない人に向いてる仕事と就職のポイントを解説

働きたくない人と関わりたくないという感情のまま働いていて、悩んでいるケースも多いのではないでしょうか?

この記事では、ネガティブな気持ちで働いている人と関わりたくない人に向いてる仕事や、就職するポイントについて解説します。

記事のPoint
  • 働きたくない人と関わりたくないのは、あなたの精神衛生を悪化させたくないから
  • 「働きたくない人と関わりたくない場合の対処法」を、状況ごとに解説
  • 「なるべく人と関わらずに済むおすすめの仕事 9選」も参考にしよう
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験の強い就職支援サービス
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験の強い就職支援サービス

働きたくない人と関わりたくないと感じる理由

働きたくない人と関わりたくないと感じる理由

働きたくないと考えている人、働く意欲に満ち溢れている人、どちらかと一緒に働くのであれば、後者を選ぶという人が大半だと思います。

では、なぜ「働きたくないとネガティブに考え、仕事に嫌々向き合っている人」と関わりたくないと考えてしまうのでしょうか?

まずは、働きたくない人と関わりたくないと感じる理由について4つに分け解説します。

人間関係に疲れたから

まず考えられるのが、人間関係に疲れたからという理由です。

働きたくない人が一人でもいる職場は、どうしても組織の空気がよどんでしまいます。働きたくない人に対して、常に配慮をしていることもあるのではないでしょうか。

また、働きたくない人を上司が注意している様子を見ることで嫌な思いをしてしまうなど、二次的な人間関係の疲れを感じることもあるでしょう。

それだけでなく、働きたくないと考えている人と親しく接していると、自分も働きたくない人だと同僚から思われるかもしれないなど、余計な気遣いをすることになるかもしれません。

総じて、働きたくない人が一人でもいると、その他大勢の人が人間関係への疲労を感じることがあるため、関わりたくないと考えてしまうと言えます。

自分の仕事が振り回され面倒臭いから

働きたくない人は、自分にタスクを与えられることを極端に嫌がります。それだけでなく、タスクとして渡されている業務すら意図的に行わないということも考えられます。

すると、働きたくない人に本来振られるべき業務が、ほかの人に降りかかってくることもあるでしょう。

本来の自分の業務に加えて、働きたくない人の業務までこなさなくてはならないのは、強いストレスを感じざるを得ません。フォローによって自分の仕事が振り回されることは、どんな人でも面倒だと思うのではないでしょうか。

まさに実害を被ることも珍しくなく、働きたくない人と関わりたくないと感じるのも頷けます。

同じ給料をもらっていることに苛立ちを覚えるから

多くの会社では、同じ役職であれば基本給は変わりません。業務量が多かろうが少なかろうが、残業代や各種手当を除き、もらえるお金は同じです。

働きたくない人は仕事が増えることを拒否しますし、周囲の人も進んで業務をその人に渡そうとはしなくなるため、結果的に業務量は少なくなります。

一方、しわ寄せのように他の人の業務が増えますので、必然的に忙しくなってしまいます。

そんな状況にも関わらず、働きたくない人とそうでない人で同じ給料をもらっていては、苛立ちを感じざるを得ないでしょう。

当然そのような人とは、仕事以外でも関わりたくないと感じてしまうはずです。

精神的にも疲れてしまうから

物事を過度に自分事として捉えてしまう人の場合、「働きたくないと思ってしまっているのは、自分のせいでもあるかもしれない」と自責の念にかられてしまうことも考えられます。

加えて、働きたくない人の業務フォローをしていれば身体的に疲れますし、身体的疲労から精神的にも疲れてしまうケースも珍しくありません。

総じて、働きたくない人のせいで自分の精神衛生が悪化することも多く、できるだけ関わりたくないと感じることでしょう。

人と関われず働けない時の理由別の対処法

ここまでで解説したように、働きたくない人と関わりたくないと感じたときは、いくつか取れる対処法があります。

それぞれの理由別に対処法をご紹介しますので、自分が心身ともに健康に働くためにも参考にしてみてください。

人間関係に疲れた場合

人間関係に疲れた場合は、まず感じていることを上司に相談するのが一番の対処法です。

上司は自分の配下の社員が自分らしく働けるようにマネジメントする義務があります。「働きたくない人がいる」という相談を受けた上司は、なんらかの行動をするのが当然です。

上司は人事権も持っていることが普通ですので、進め方や事実確認の結果によっては、働きたくないと考えている人が異動になることもあるでしょう。

そうすれば、人間関係の疲れからは解放されるはずです。

他の対処方法としては、働きたくない人に対して自分が感じていることをストレートに伝えてみることも挙げられます。人を変えるのは非常に難しいことではありますが、何もしないままよりは、ダメもとで試してみる価値はあるでしょう。

自分の仕事が振り回されてしまっている場合

働きたくない人のせいで自分の仕事が振り回されてしまっている場合は、こちらも上司への相談が最適な対処法と考えられます。

上司とは部下の業務量を調整し、チームとして成果を上げることが求められている役割です。そのため、チームの業務量が特定の個人に集中していることが分かった時点で、他のメンバーに支援を要請するのが適切な対処法です。

相談することにより、自分が過度に抱えている業務を同僚に渡せる見込みがありますので、上司に相談するのは有効と言えるでしょう。

もし上司に相談しても業務量の調整が行われなかった場合は、自分から直接同僚や先輩に相談してみるなど、とにかく一人で抱え込まず他の人を頼るようにしてください。

相手に苛立ちを感じている場合

相手に苛立ちを感じている場合の対処法は二つ考えられます。

一つ目は、自分が感じているストレスを同僚や友人にグチをこぼし、精神的に楽になるという方法です。ストレスは誰かに聞いてもらうことで楽になる傾向にありますので、飲みやランチに誘ってストレス発散をすると良いでしょう。

ただ、同僚を誘う場合は信頼できる相手であることに注意してください。誰彼かまわず誘っていると、今度は自分が「グチばかり言ってくる面倒な人」として認識されるリスクがあります。

二つ目は、働きたくない人と距離を置き、自分の業務に没頭するという方法です。

やる気のない人を意識しないようにすることで、自然とその人に対する感情が薄れていきます。また、自分の業務に没頭すれば、スキルアップして評価される期待も持てるでしょう。

「その人はいなかったもの」と認識できるレベルまで仕事に集中できるようになれば、おのずと苛立ちを感じることがなくなるはずです。

精神的に疲れてしまっている場合

自分で自分を追い込んで精神的に疲れてしまっている場合は、同僚への相談が対処法となります。

「働きたくない人に対する他の人の評価や考え」を共有し、もし自分と同じように同僚も感じていることが分かれば、自分を追い込んで精神的に疲れることもなくなるはずです。

人は自分と同じように考えている人がいると分かるだけでも、心に大きな余裕ができます。一人で抱え込まず、誰かに相談する癖をつけることを意識してみてください。

働きたくない人と関わりたくない人に向いてる仕事

働きたくない人と関わりたくない、つまり、そもそも人とあまり関わらずに働ける仕事を探したいと思う人も多いのではないでしょうか?

ここからは、なるべく人と関わらずに済むおすすめの仕事を9つご紹介します。

工場のラインスタッフ

<人と関わらずに済む理由>

  • 同じ場所で同じ作業を繰り返す仕事
  • 休憩以外でコミュニケーションが発生することが極めて少ない

工場のラインスタッフは、次々と流れてくる機械製品や部品を、あらかじめ指定された作業手順に従って対応していく仕事です。

工場で働くため、ある程度の肉体労働にはなるものの、仕事中はほぼ人と関わる必要がありません。

また、同じ作業をすればいいだけなので、働くことにネガティブになりにくいのも特徴。落ち着いたメンタルで、目の前の業務に集中して向き合うことができるでしょう。

警備スタッフ

<人と関わらずに済む理由>

  • 業務中は常に一人が基本
  • 他人に話しかけられる機会も少ない

警備スタッフは、オフィスビルや商業施設などの安全を守る仕事です。多くは一人で行動することが多く、業務中も人と会話することはほぼないため、物理的に人と関わる機会が極めて少ないのが特徴です。

またシフトで勤務時間が決められていることも多いため、業務量が極端に増えるというリスクはありません。淡々と仕事をこなしたい人におすすめです。

清掃スタッフ

<人と関わらずに済む理由>

  • 業務中は常に一人
  • 仕事柄話しかけられるケースはほぼない

清掃スタッフは、決められた時間に決められた場所を清掃する仕事です。警備スタッフと同じく仕事は基本一人で行いますし、業務中誰かに話しかけられることも少ないので、人と関わらずに働けるでしょう。

ただ、仕事中は常に身体を使い続ける上、キャリアパスの幅が極めて少ないことから、若年層が就業しているケースは少ない傾向にあります。

プログラマー

<人と関わらずに済む理由>

  • パソコンに向き合って働く
  • チャットコミュニケーションが大半で、会話する機会が少ない

プログラマーは、システムエンジニアなどによって作成された要件定義書に基づき、プログラミング言語を駆使してシステムを作り上げていく仕事です。

パソコンに向き合って作業をしていくのが基本になるため、人と関わらずに仕事を進められます。

プロジェクトの一員となるため、社内のコミュニケーションは一定発生しますが、チャットによるコミュニケーションも多く、人と関わらなければならない機会はそう多くないでしょう。

Webライター・ブロガー

<人と関わらずに済む理由>

  • 自分一人で作業を完結させられる
  • パソコン一台で在宅にて働ける

Webライターやブロガーは、Webメディアに掲載する記事を執筆する仕事です。取材がある場合を除き、基本的には文章を書いて掲載や納品をすることで業務を進められるため、人と関わらないで済みます。

また、パソコン一台で働けるため、在宅で就業するというケースも多いのが特徴です。一人で黙々と文章を書くことに抵抗がないのであれば、おすすめできる仕事と言えます。

Webクリエイター

<人と関わらずに済む理由>

  • 他人が介在する余地がない
  • 向き合うのは自分の作品だけ

Webクリエイターは、デジタルデータの創作や販売をする仕事の総称です。NFTアーティストや作曲家、デザイナーから動画制作者まで幅広いクリエイティブが存在します。

当然のことながらクリエイティブは基本的に一人で構想〜制作を行いますので、人と関わる機会もほぼありません。

加えて、制作物はネット上で公開や販売ができるため、一日中誰とも話さないといったWebクリエイターも多くいます。

センスはある程度必要ですが、それ以上に努力が求められる仕事でもあります。作品が評価されない時期があっても、創作意欲を絶えず湧き立たせられる人に向いている仕事です。

せどり

<人と関わらずに済む理由>

  • 自分一人で完結する
  • やり取りが発生しても基本は一往復程度

せどりは、商品を安く仕入れて高く売ることで、その差額を儲ける仕事です。作業は在宅で、かつ自分一人で完結させられるため、人と関わることはありません。

誰でも簡単に取り組み始められる仕事ではありますが、取り扱う商品や規模によっては古物商許可申請が必要になる場合があります。

加えて、収益規模に応じて確定申告も必要になりますので、制度や注意点を自分で調べておくことが大切です。

事務スタッフ

<人と関わらずに済む理由>

  • 業務が細分化されている傾向にあり、作業的に働ける
  • 在宅でできる職場もあり、自分一人で働いている感覚にもなれる

事務スタッフは、会社の事務職として働く仕事です。どんな業務を担うかは会社によって異なりますが、多くはパソコンを使った作業的なものとなっています。

業務が細分化され、担当がそれぞれついているケースは多いため、一人で黙々と作業的に働けるのがポイントです。業務量調整のために同僚の業務をカバーすることもありますが、基本的には人と関わらずに働けるでしょう。

求人数も比較的多く、未経験でも挑戦できる求人募集もあり、社会人デビューを事務スタッフから始めたいという人は年々増えてきている傾向にあります。

美術館・図書館スタッフ

<人と関わらずに済む理由>

  • 静かな空間のため、人と会話することを逆に避けなければならない職場
  • 「好き」で働いているため、働きたくないと考える人が少ない

美術館・図書館スタッフは、その名の通り美術館や図書館で働く職員のことを言います。

受付や事務作業が大半ですが、いずれも静かな環境で働くことになりますので、必然的に人と関わる機会も少ないです。

また、そもそも美術館や図書館が好きでないと就職先として選ばないことから、働きたくないと考える人そのものが職場に少ないのもおすすめポイントとなります。

ここで紹介した以外にもおすすめの仕事がありますので、以下の記事も合わせてご覧ください。

人と関わらない仕事22職種!-正社員就職できる仕事も紹介-
働きたくない人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-
性格お仕事診断
性格お仕事診断

人と関わることの多い仕事

これまで紹介した仕事とは対照的に、人と関わることの多い仕事もいくつかありますので、3つピックアップしてご紹介します。

ここでご紹介する仕事は、社外の人とだけでなく社内の人ともやり取りが発生しますので、働きたくない人と仕事をしなくてはならない可能性が高い傾向にあります。

営業職

営業職は法人や個人に対し、自社で提供している商材を提案し、購入・契約してもらう仕事です。当然のことながらお客様と頻繁にコミュニケーションが発生するだけでなく、他部署を含めた社内の人とも多くのコミュニケーションが発生します。

通常営業職はいくつかのグループに分かれ、グループ単位でノルマが課せられます。もし自分のグループに働きたくない人がいれば、その人の分のノルマも自分が負担しなくてはならないこともあるでしょう。

また、営業が契約してきた案件をサポートする営業事務担当や、経理、法務など社内の様々な部署の人とやり取りをすることも珍しくありません。

働きたくない人と遭遇する可能性も高く、人によっては非常に強いストレスを感じることもありえます。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システムを構築・開発するに当たって仕様を決めるポジションの仕事です。プログラマーが作業をするための設計図を作成するのがシステムエンジニアになるため、二つの仕事を混同せずに覚えるようにしましょう。

システムエンジニアも社内外の人と多くやり取りする仕事となっています。

社外のクライアントとはシステムの使用設計についてコミュニケーションを綿密に行いますし、クライアントと決めた仕様を社内のプロジェクトメンバーに細かく共有することも求められます。

プロジェクトメンバーに働きたくない人が混ざっていれば、プロジェクト全体の進捗が遅れてしまうこともありますし、場合によっては納期遅延によるクレーム発生にも繋がるかもしれません。

システムエンジニアはIT系の仕事の中でもコミュニケーションの発生頻度が多いため、しっかり仕事内容を理解しておくことが大切です。

建築作業員

建築作業員は、家を始めとした建物を建築するに当たって、実際に現場で手を動かす仕事です。

建築現場は作業量が多いだけでなく、上手く作業員同士で連携できないと事故につながることもあります。そのため、働きたくない人が一人でもいると、現場全員が迷惑することもあるでしょう。

一見すると「黙々と建築業務を行えばいい」というイメージを持ちやすい建築作業員という仕事ですが、このように人と関わることが多いということも認識しておいてください。

このほかにも人と関わることの多い仕事はいくつかあります。以下の記事も合わせてご覧ください。

人と関わる仕事とは?おすすめの仕事TOP10や就職方法を徹底解説!

人と関わることが少ない仕事のメリットデメリット

人と関わることが少ない仕事には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

両者をしっかり理解した上で、就職・転職する先として自分に本当に合っているかを検討してみてください。

人と関わることが少ない仕事のメリット

人と関わることが少ない仕事は、「人と関わることが少ない」ということ自体が最大のメリットとなりますが、それ以外にもいくつかメリットは考えられます。

ここではメリットを3つご紹介します。

精神的に安定する

人と関わることが少ないということは、誰かに自分の仕事を邪魔される可能性が極めて低くなります。自分の努力次第で自身の仕事をある程度コントロールできるため、精神的に安定するといったメリットが挙げられます。

人間関係を気にしなくていい職場も多く、コミュニケーションが苦手な人にとっては、特に働きやすい環境と言えるでしょう。

やはり数十年と働く上で、仕事で精神的な負担を感じるのはできるだけ避けたいところ。健康なメンタルで働きたい人は、人と関わることが少ない仕事に就くのがおすすめです。

未経験からでも挑戦しやすい

先ほど紹介した9つの仕事は、いずれも仕事内容の専門性がそこまで高くないこともあり、未経験からでも応募できる求人がたくさんあります。

どれだけ高待遇な求人であっても、応募資格が経験者のみだと挑戦すらできません。どんな人でも応募できるというのは非常に大きなメリットと言えます。

残業が少なく働きやすい傾向にある

作業的な仕事が多い傾向にあることに加え、働きたくない人のフォローが生じにくいことから、残業が少なく働きやすい仕事が多い傾向にあります。

残業ばかり続いていると身体的に疲れを感じてしまい、その疲れが精神的な疲れに波及することも往々にしてあります。

その点で言えば、人と関わることが少ない仕事は心身ともに健康に過ごせる仕事とも言えるでしょう。

人と関わることが少ない仕事のデメリット

人と関わることが少ない仕事は、メリットだけでなく見過ごせないデメリットもあります。

メリットとデメリットを評価して、自分の中でメリットの方が大きいと判断したら、人と関わることが少ない仕事への就職や転職を検討するようにしてください。

日々孤独と隣り合わせで過ごさなければならない

人と関わることが少ない仕事なので、当然仕事中は基本的に会話はなく、自分一人で黙々と作業と向き合わなければなりません。

仕事は1日の大半を占めるものですし、人によっては職場と家を往復する毎日で、誰とも話さずに日々過ごしていくこともあるでしょう。

給料が低い仕事が多い傾向にある

給料は、基本的に業界と職種である程度決まってきます。また、付加価値の高い仕事ほど給料が高く、一般的には知的生産活動を行う仕事は高収入になりやすい傾向にあります。

このことから、単純作業の多い仕事では、給料が低い傾向にあるといデメリットがあります。残業も少ないため、毎月入ってくる収入は他の仕事に比べると少なくなりがちです。

将来のライフプランも加味すると、家庭を持つには心許ない収入だと感じるケースも考えられます。

スキルが限定的でキャリアアップが難しい

作業的な仕事が多いことからも、身につくスキルが限定的といったデメリットが挙げられます。キャリアアップによる収入増も見込みづらく、家計が厳しい時期が長く続いてしまうかもしれません。

ただ、仕事や職場によっては管理職に昇格したり、別のポジションに挑戦できる制度を設けている場合もあります。

また、人と関わらない仕事からキャリアチェンジをするといった転職も可能です。中長期的な将来のビジョンも踏まえた上で、就職先を決めるのがおすすめです。

人と関わらない仕事に就くためのポイント

今の職場環境を変えるため、人と関わらない仕事に就きたいと考えた時には、いくつか意識しておきたいポイントがあります。

ここでは、就職・転職活動を始める前に認識しておいて欲しい3つのポイントをご紹介します。

どの程度まで人と関われるのか自己分析する

「働きたくない人と関わりたくない」と現在感じているかもしれませんが、どのレベルまでなら関わってもいいかを言語化しておくことがポイントです。

全く関わりたくないのか、少しなら関わってもいいのか。関わるレベルによって選ぶべき仕事は変わってきますので、まずは自分を理解するためにも自己分析を行いましょう。

自己分析とは、自分の今までの経験を棚卸しし、長所と短所を認識した上で自分に向いている仕事を選ぶために行う分析のことを言います。

自己分析をしっかりやっておくことで、自分に合った職場を見つけやすくなります。

自己分析の方法については、以下の記事をご覧ください。

自己分析とは?簡単なやり方や自己分析のメリットについて分かりやすく解説

求人検索条件をしっかり設定する

効率的に就職活動を進めるためにも、求人検索する時の条件をしっかりと設定するようにしてください。

具体的には、以下2つの項目は少なくとも設定すると良いでしょう。

  • 人と関わらなそうな職種
  • 職種未経験者の応募を歓迎している

求人検索条件を絞らずに求人を見ていては、いつまで経ってもどの求人に応募すればいいのかわからないかもません。

また、よさそうな求人を見つけたら、悩まずできるだけ早く応募するのがポイントです。

特にキャリア採用では募集枠が少ないことも多いので、応募をためらっている間に募集受付が終了になることも考えられます。

効率良く、スピーディーに求人を精査していくことが大切です。

就職エージェントに仕事の実態を聞く

働きたくない人と関わらなくて済む職場なのかどうかは、細かく求人票に記載されているケースは少ないです。

本当の職場の実態を知るためにも、就職エージェントの活用がおすすめです。

就職エージェントは募集企業と綿密にやり取りをしているため、その会社がどのような雰囲気・風土で運営されているのかを教えてくれます。

また、就職エージェントはあなたに適した求人を紹介してくれるというのもポイントです。現職で忙しい人であっても、紹介された求人に応募するかジャッジするだけで活動が進められますので、効率良く就職・転職活動を前進させられます。

就職エージェントの登録や利用は無料のものがほとんどのため、気になるサービスを見つけたらまずは登録してみるのがおすすめです。

人と関わらない仕事に就く時によくある質問

最後に、働きたくない人と関わらない仕事に就く時に生じやすい、よくある質問を2つ解説します。

働きたくない人と関わりたくないは甘え?

働きたくない人と関わりたくないと思うことは、甘えではありません。むしろ、多くの社会人がそういった人と関わりたくないと思っているとも言えます。

ただ、同時に内心では嫌だと思ってはいながらも、上手く働きたくない人とコミュニケーションをとって仕事を回しているというのも事実としてあります。

自分とは違う価値観を持っている人ともうまくやれるのが社会人として求められるコミュニケーションスキルの一つですので、できればそのスキルを習得できるように頑張りたいところです。

全く人と関わらない仕事はない?

会社に勤めるのであれば、人と全く関わらないというのは不可能です。人が協力してビジネスに取り組む必要があるからこそ、会社という形をとっているためです。

もし本当に自分一人だけの世界で働きたいのであれば、個人事業主になるほかありません。

ただし、個人事業主であっても、クライアントから案件を受注して業務を行う場合は人と関わることになります。

組織に属して収入を得るのであれば、多かれ少なかれ人と関わる必要があることを認識しておいてください。

まとめ

働きたくない人と関わりたくないと思うことは、変なことではありません。ただ、どうしても働きたくない人から受けるストレスが大きい場合は、この記事で紹介したような仕事に転職し、職場環境を大きく変えるのも一つの手です。

人と関わらないような仕事にはメリットだけでなくデメリットもありますので、両者しっかりと理解した上で、今の仕事を続けるのか、別の仕事に挑戦するのか決めるようにしてください。

正社員未経験の方に特化した就職支援サービス
正社員未経験の方に特化した就職支援サービス
まずは相談してみる

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等