優しい人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

優しい人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

優しい人に向いてる仕事とはどんな仕事でしょうか。この記事では優しい人の性格の特徴や強みや弱みについて考え、おすすめの仕事を理由とともに紹介していきます。就職や転職をする際の参考にしてみてください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

優しい人に向いてる仕事

優しい人に向いてる仕事

まずは優しい人に向いてると考えられる仕事を紹介します。この中に興味を持てる仕事があれば、ぜひもっと詳しく調べてみてください。

  • 介護職
  • 保育士
  • 事務職
  • 受付
  • コールセンター
  • 接客
  • 非営利組織
  • 公務員
  • セラピスト
  • 心理カウンセラー

それぞれの仕事について紹介します。

向いてる仕事1.介護職

「優しい」と一口に言っても優しさとは様々な要素を含む言葉です。介護職に向くと考えられる優しさは第一に「人の役に立ちたい」という利他的な気持ちではないでしょうか。実はあなたが自然に「人の役に立ちたい」と考えていることは万人にあてはまることではないのです。あなたが「人の役に立ちたい」ならば、介護職にの第一の適性を満たすと考えられます。

さて介護職のやりがいとして真っ先にあげられるのは利用者やその家族からの「ありがとう」という感謝の言葉です。また利用者や家族だけではなく、超高齢化社会の日本において社会的にも役に立つ仕事であるということがやりがいにつながっている介護職員の方も多いようです。介護の現場はただ優しいだけでは務まらない厳しいシーンも多いですが、人の役に立つ仕事をしたいと考える人は検討する価値のある仕事ではないでしょうか。

向いてる仕事2.保育士

前述の介護の仕事でも言えることですが、優しい人は、仕事の目的が「相手の役に立っているのか」を重視する傾向にあります。子どもやその保護者、社会の役に立つ保育の仕事も誰かの役に立つには不足のない仕事です。また「優しい」から連想する要素として、「穏やかに優しく話すことができる」「ていねいできめ細やかな対応ができる」などがあると思いますが、これらも保育士として働く際に大切な要素となってきます。

自分の行動が相手(幼い子どもたち)に大きな影響を与えるという点で、やりがいだけではなく大きな責任を伴う仕事であり、子どもが好きというだけで務まる仕事ではないですが、保育士不足が叫ばれる昨今、就職先はいたるところにあります。やってみたいと思う人は是非前向きに保育士資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

向いてる仕事3.事務職

優しい人には相手の気持ちを考えすぎてしまうところがあります。ノルマがきつい営業職などでは売り込みに疲れてしまうこともあるでしょう。優しさ、穏やかさを活かすには、ノルマや数字に追われるのでなく、目の前の仕事仲間や顧客によい提案、サポートができる、またそれに対してきちんと感謝されるような環境で働くほうが生き生き働けることが多いのではないでしょうか。

そこで一般企業に就職する際におすすめなのは「事務」の仕事です。事務職は主にPCを使用したデータ入力・文書作成、電話・来客応対といった仕事を通して配属される部署の幅広いサポート業務を行う仕事で、一般的に細やかな気遣いができる人が重宝されることが多いです。アットホームな雰囲気の職場あれば、優しく控えめなタイプの人でも安心して活躍できるはずです。

向いてる仕事4.受付

病院やビル、スポーツジムなど、私たちが施設を利用するとき最初に関わるのが受付の人です。目的にもよりますが初めての施設を訪問し、受付で手続きするときは、少しドキドキするものですが、受付の人が優しく丁寧に対応してくれるとホッとして施設の印象までよくなります。受付はその施設の顔となる存在なので、企業は第一印象がいい人を求めています。「優しい雰囲気」に自信があり、丁寧で確実な仕事をしたい人は、ぜひ受付の仕事も検討してみましょう。

向いてる仕事5.コールセンターでの受発信業務

相手に配慮できる優しさを持つ人は、コールセンターでの受発信業務も向いているかもしれません。電話=声だけで操作手順を説明したり、問い合わせにお答えしたり、時にはクレーム対応を行うこともあるコールセンターですが、声だけのやりとりになるため、ときには対面よりも、相手の立場を思いやる力が必要となります。また、優しく柔らかい声や、丁寧で落ち着いた話し方ができる人ほど顧客には好印象をもたれます。電話ならではの難しさがある仕事ですが、電話での接遇スキルは、今後どんな仕事にも応用可能です。

向いてる仕事6.接客

傾聴力のある優しい人におすすめの仕事は接客業です。接客業ではお店を訪れるさままなお客様と会話しながら、商品やサービスを販売する仕事です。一人一人違うタイプのお客様を接客するには、それぞれのお客様の話をよく聞くこと、世間のさまざまな話題にアンテナをはっておくことや、お客様に合わせて臨機応変な対応をすることが必要となります。そしてやはり接客の基本は「お客様の役に立ちたい」「お客様を喜ばせたい」という気持ちです。それも優しい人の得意とするところではないでしょうか。

向いてる仕事7.非営利組織

基本的に企業は利益を追求するものです。会社存続のためには利益が必要になるので、営業要素が強くなり、同業他社間や社内間の競争が起きるのが通常です。一方NPOといった非営利組織や公務員といった利益追求が第一ではない職場のムードは比較的、穏やか、まったりとしたムードのことが多いです。気が優しく、競争などには向いていないと自分で感じる人は、一般企業ではなく、非営利組織で働くことを検討してみてもいいかもしれません。

向いてる仕事8.公務員

ノルマがなく、公益のために仕事ができる公務員も何かと「優しい人」に向いている仕事といえるでしょう。なお、公務員、特に市町村役場の職員というのは3年くらいで異動があるのが普通です。どんなに公務員としてのキャリアが長くても異動した先では一から新人として仕事を教えてもらう必要があるので、人当たりの良さ、優しく腰が低い態度は公務員を長く続けるにあたって必須の能力といえるかもしれません。

向いてる仕事9.セラピスト

セラピストとして仕事を挙げましたが「セラピスト」という名称の国家資格は存在せず、民間団体が認定している資格が点在している状況です。 なかでも人気があるのはアロマトリートメントやリフレクソロジーといった体を癒すものと、メンタルケアやカラーセラピーといった心を癒すもがあります。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するため、コミュニケーション能力は必須。お客様の話を聞いて会話することで心身共に癒す、また癒してあげたいと思うような落ち着いた優しさが必要となる仕事です。「優しい」とか「一緒にいると落ち着く」などと言われることが多い人に向いているでしょう。将来的に自分の店舗を構え、成功すれば高収入を目指すこともできます。

向いてる仕事10.心理カウンセラー

心理カウンセラーとは、クライアントの話をよく聴き、心のケアをする仕事です。まずはクライアントの話を聞かなければはじまりませんので、「優しい穏やかな」雰囲気をまとうことで患者の話を引き出せるように、カウンセラーは常に気を付けているようです。ただし優しいだけだど、クライアントの悩み苦しみに巻き込まれてしまい、ケアどころではなくなってしまいますので、クライアントと自分にきっちり境界線をひきつつクライアントの対応をすることが求められます。共感する優しさを持ちつつも、患者の苦しみに巻き込まれないようにする・・・とても難しい仕事ですが、メンタルに不調をきたす人の多い現代においてとてもやりがいのある仕事であるといえるでしょう。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

優しい人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

優しい人の強みと弱み-向いてる仕事を探す前に-

「優しい人」は自分に向いてる仕事を探す前に、自分の強みを弱みを分析してみましょう。自分をよく理解することで、自分に向いてる仕事が分かります。自分にはどのような傾向があるのか、自分が当てはまっているのかどうか考えながら読んでみてください。

優しい人の強み

優しい人の強みについて紹介します。

強み1.気配り上手

優しい人の強みは、気配りができることです。その場の状況やメンバーの表情を敏感に察知して、いつもそれとなくケアしている人も多いのではないでしょうか。

強み2.穏やかである

怒って声を荒げるのを見たことがない!と言われるのも優しい人ならではです。穏やかに話を聞いてくれるということで周囲から相談を受けてきた回数も多いのではないでしょうか。

強み3.利他的に動ける

人のために動けるのが「優しい人」です。あなたのその行動、当たり前にみえてなかなかできることではありません。周りの人もよく分かっているはずです。

優しい人の弱み

優しい人の弱みについて紹介します。

弱み1.頼まれると断れない

困っている人に頼まれると断れないのが優しい人の良い点でもあり弱点でもあります。時に自分のキャパシティーを超えて引き受けてしい、何もかも中途半端になってしまった経験を持つ人もいるでしょう。時に断ったり交渉したりする勇気も必要です。

弱み2.助けてといえない

優しい人は、他人に迷惑をかけたくない思いが強すぎるあまり何でもかんでも一人で抱え込んでしまう傾向があります。困っているときは周囲に助けを求めることも仕事をスムーズに進めるうえでは重要です。

弱み3.自分のことを後回しにしすぎる

優しい人は、人の役に立ちたいあまりに、自分のことを後回しにしてしまう傾向があります。それが優しい人の美点であることは確かですが、自分のことも大切にすることも忘れてはいけません。仕事探しの際は、やりがいばかりで薄給すぎる仕事や、労働時間が長すぎる仕事に果敢に応募してしまう傾向がありますが、どうか自己犠牲はほどほどにしましょう。

優しい人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

優しい人の特徴-向いてる仕事を探す前に-

優しい人の特徴には強み、弱みであげたもの以外にどんなものがあるでしょうか。様々な観点から自分を分析したうえで、自分に向いてる仕事を探しましょう。

特徴1.思いやりがある

きちんと周囲を見て、他の人が求めていることはなんだろうと考えさっと気を配れる人。自分が自分が!ではなく、相手の気持ちを考えられることは「優しさ」の重要な要素です。

特徴2.気が弱い

人にもよりますが、優しさの裏返しが気の弱さである場合があります。適職を探す際は自分の気の弱さの程度も見定めると良いでしょう。

特徴3,言葉遣いが優しい

「優しい」と言われる人の多くが、優し気な、穏やかな言葉遣いではないですか。言葉遣いが優しいだけで重宝される仕事は山ほどあります。

優しい人が向いてる仕事を見つけるためには

優しい人が向いてる仕事を見つけるためには

優しい人に向いてる仕事は多種多様です。優しい人には強みもあれば、弱みもあります。大切なのは、自分にどのような特徴があるのかが分かっていること、つまり、自己分析がどれだけ出来ているのかで決まります。以下の記事でも向いてる仕事の探し方について解説をしています。

自己分析が自分では進まない人は、エージェントや診断ツールを活用していきましょう。

© JAIC