自分に合った仕事はどう探す?就職/転職成功の為に適職診断を解説!

誰しも、自分に合った仕事に就きたいと考えるものではないでしょうか。人生の大部分の時間を仕事に注ぐ以上、自信をもって誇れる仕事ですと毎日も楽しく充実するものです。しかし、自分に合った仕事がなかなか見つからないのも現実で、そもそもどんな仕事が適しているのかもわからない人も多いでしょう。そこで実践したいのが適性診断。ここで考え方や仕事の探し方について解説していきます。

 

自分に合う仕事の考え方

すでにやりたいと思える仕事があると簡単なのですが、ところが最初の段階から「わからない」と躓いてしまうこともあるものです。方向性が定まらないようですと、どんなことをやれば良いのかさえわからず、探し方に苦労するのも無理はありません。

ではなぜやりたい仕事が見つからないのか?それは自分に合った仕事を知らないのが原因の場合があります。適職がわからないようでは数ある職業の選択肢の中からマッチする仕事を見つけるのも困難です。

そこで、自分に合う仕事を見つけるためのヒントをいくつか出していきます。項目に沿って考えをまとめていってみましょう。

自分の長所を生かせる仕事

人それぞれ何かしらの長所を持っています。例えば、誰とでも打ち解けることができる、1つのことに没頭できる、手先が器用で細かい作業が好きなど、長所というのは多種多様です。

それが自分の強みということですが、強みを活かせる仕事ですと比較的マッチしやすいはずです。自分の性質を活躍させられるわけですから仕事内容とのギャップも生じにくいでしょう。

趣味を活かした仕事

普段からハマっている物事があるのならば、趣味の方向性で考えていくのもおすすめです。「好きこそ物の上手なれ」という諺がありますが、好きなことには熱中しやすく上達も早まります。

好きな気持ちや楽しい気持ちを持ちながら働けることで幸せを感じられ、実際に趣味を発展させて仕事に繋げるケースも少なくありません。

資格を活かせる仕事

何らかの資格を持っている場合はそれを活かせる仕事で考えていくのも良いでしょう。そもそもその資格を取得したのは、自分で必要だと思ったからのはずで、そのジャンルへの志向も持っているということです。

また、資格を取れるだけの実力もあるわけですので一定の適正も備えていると見ることができます。

憧れの職業

子供の頃から憧れている職業や大人になってから関心を持つようになった職業があるのなら、その仕事を目標に考えてみるのも考え方のひとつです。

憧れの気持ちが持てる仕事は興味を強く持てている証明で、仕事への意欲も湧きやすいのではないでしょうか。

家族と同じ仕事に就く

家族が就いている仕事に目を向けて考えてみるのも良いかもしれません。身近な人の職業は親しみを持ちやすいものですし、実際にどんな仕事なのか話も聞くことができます。一例として参考にしやすく、近い仕事ゆえに興味が持てることもあるはずです。

避けていた仕事にも目を向ける

自分に合った仕事を求めて職を転々とする人もいます。その中で良い仕事と出会えてそのまま定着できる人がいる一方、なかなか方向性が定まらないというケースもあります。

後者のパターンの場合、どこかに存在するであろう天職を追い求めがちですが、時には方向転換をして探し方を考えてみることも大切です。

1つ意識してみて欲しいのが、これまで避けてきた仕事にトライしてみることです。仕事探しの方向性は、わからないなりに興味が向く職業で考えていくものですが、ただその際の絞り方が良くないことで天職に巡り合うチャンスを失っていることも考えられます。

食わず嫌いという言葉がありますが、これは食べたことがなく味もわからないにも関わらず嫌いと決め付けてしまうことです。

仕事もこれと同じで好き嫌いや向き不向きを自分の中で診断してしまい、避けてしまうことがあります。食べてみると意外と美味しいことが分かることがあるように、実際に働いてみると意外と自分に合っていると気付けることもあるのです。

もっと幅広く目を向けてみても損はないはずですし、視野を広げるために避けてきた仕事にも着目してみるようにしましょう。

なお、仕事の合う合わないや好き嫌いなどは早計に判断しないことが大事です。特に天職を求めがちな人の場合、僅かな期間で答えを出してしまう傾向があります。

天職ならば最初から楽しく感じられるはず、と思ってしまうかもしれませんがそんなことはありません。慣れない内は大変なことや辛いこともありますので、その仕事の本当の良さはなかなか知ることができないのです。

それにも関わらず早々に答えを出すと本当の相性を知ることができないままとなり、しかも二度とその職種には戻らず本当にマッチする仕事が見つからなくなる可能性もあります。じっくりと判断することが大切で、焦ることのない行動が求められるのです。

 

リストアップをして考えを整理

好きな気持ちが持てる仕事ですと比較的楽しさも感じやすいはずです。そこで、自分の好きなことをリストアップしてそこから適性診断に繋げてみるのもおすすめです。

例を挙げてみると、趣味が読書で本への親しみがある場合ならば、書店員や出版業界、図書館、編集者、作家、イラストレーター、印刷業など、関連する職業をいくつか見つけることができます。

興味があることに対しては仕事としても親しみやすく楽しめる気持ちも持ちやすいはずです。したがってまずはリストアップして自分の内面を探ってみるようにしましょう。

自分のことは知っているようで意外と知らない面もあるもので、一度深く向き合ってみることで新たな発見に期待ができるのです。

ところで、高い志向が持てるジャンルが分かったのなら深く掘り下げて考えてみることも大切です。

例えば前述したように趣味が読書の場合にしても様々な関連する職業があることがわかりますが、同じようにどんな職業が関わって業界が成り立っているのかをリサーチすることで仕事との出会い繋がります。

本が好きというとシンプルに、売る仕事でもある書店員に職種を狭めがちですが、実は多彩は職業が裏に存在するわけですから視野を広げて考えていきましょう。

やりたくないことやその理由を知る

自分の好きなことを知ることが大切な一方、逆に嫌いなことについても理解しておくと仕事探しをしやすくなります。

やりたくないことを整理しておけば職業の絞り込みがスムーズになる上、自分の考え方を客観的に見つめることができるはずです。

嫌いなことや、やりたくないことを整理する際には、なぜそのように考えてしまうのかについてもまとめておくようにしましょう。

どうしても拒絶する理由があるのならば仕方ありませんが、単なる好みの問題や我儘のような理由の場合は再考してみることも必要かもしれません。

仕事は100%自分の願望を叶えることが難しい面もあり、あれが嫌これも嫌と拒否してしまうとなかなか決まらない現実もあるのです。天職を目指したい気持ちを持ちつつも、ある程度は我慢や妥協をする姿勢を持つことも必要です。

そのため、やりたくないことがある場合でも理由次第では、やっても良い方向へと修正していくことも必要ですし、柔軟な姿勢で対応していくことで仕事探しも捗りやすくなるでしょう。

 

これまでの自分を分析

今の自分が形成されているのは、過去の人生の歩み方が大きく影響しています。したがって、自分の過去を振り返ってみることで、なぜやる気が出ないのか、何がやれないことなのかなどのヒントを探れるはずです。

これまでの人生を考えてみるために、自分はある出来事に対峙した時にどんな判断を下してきたのか、どんなことに楽しさを感じてきたのか、あるいは何に時間を費やしてきたのかなど、深く向き合ってみるようにしましょう。

自分という人間を客観的に顧みることで性格や性質、趣味趣向などを知ることができます。良い面も悪い面も明らかにして傾向をリサーチすれば対策も考えやすくなります。

もし自分ではよくわからない場合は身近な人に相談をしてみるのも良いでしょう。自身で考える自分という人間と、人から見られる自分という人間は必ずしも一致するものではなく、人からは思いもよらない印象を持たれていることもあるのです。

自分では知らなかった良いところや悪いところなどにも気付けることがあるはずです。正しく客観視できれば理解もより深めていけます。

過去の自分と今の自分

過去の自分を考えてみると、今の自分にも共通している部分が見つかることがあります。そして共通項が見つけられることでそれを仕事探しに活かせるかもしれません。

なぜなら過去から現在にも共通しているポイントというのは、自分の中に一貫して存在する特性であり、それが自身の強みになり得るからです。

人は人生の中で様々な変化を引き起こしながら日々を生き、その変化が成長と呼ばれることもあります。しかし変化をして成長することだけが大切なわけでもないはずです。

自分の中でずっと変わらない何かというのは不変的に存在し続け、そして自分を支えてきた芯のような存在でもあります。

例えば、昔から人を喜ばせることが好きで、今も変わらず同じ考えを持っているのならば、根っから人の笑顔を見ることが好きということでしょう。

人を喜ばせることができる仕事ですとそれが自分の喜びに繋がり、やりがいも感じやすいはずです。一貫して持っていた気持ちに通じる仕事こそ適性があると判断できます。

 

未来の自分をイメージする

未来の自分を考えてそこから適職を探し出す方法もあります。仕事の探し方というと、リアルタイムの今の自分を主体に考えてしまいがちです。

もちろんその時の感情や考え方などを重視して仕事を選んで行くのも悪くありません。しかし今の自分を見詰めるだけでは、適職を診断することに難しさを感じる人もいるはずです。

そこで考えてみたいのが未来の自分の状況です。これから先の自分の人生に想像を巡らしてみることで、これからの道筋を照らしていけるかもしれません。

例えば沢山の人に囲まれながら楽しそうに働いている自分が見えるのならば、それは自身が希望する未来へのイメージであり、なりたい自分と言えるでしょう。

もしそのような未来を描いた場合、どのような道筋を辿ることで実現ができそうなのか考えてみることが大切です。つまり逆算して考えることで今後の方向性を探ることができます。

そして今回の例を元に考えてみると、まず人と関わり合いのある仕事を中心に考えてみるのが良いでしょう。

どんな風に人と接しどんな服装で働いているのかなど、具体的にイメージすると、より方向性が絞りやすくなるはずです。

楽しく働くには仕事ができるようになることも必要ですから、段階的にスキルや知識も伸ばしていかなければいけません。そのためには基礎から学べる仕事を選び成長への架け橋とするのも有効です。

こんな風に未来を考えてみることで、これからのステップを導き出すことができます。今の自分のことばかりに集中すると躓いてしまうこともありますので、思考を広げ、将来の自分を描いてから自分をそこへ導いていくプロセスを考えてみましょう。

 

適性診断サービスも積極的に活用

ここまで自分の適職を診断するための様々な考え方について触れてきました。そして大事なのは自分のことをよく理解して考えることです。

一番身近なはずの自分自身という存在にも関わらず、意外と知らないことも多くあり、それが迷いを生じさせてしまう原因になり得ます。

しかし自分のことを知らずしてマッチする仕事を発見するのは困難でしょう。闇雲に仕事探しをしても自分に合っているのか判断しにくいですし、探し方に迷い続けることで歩むべき方向性もわからなくなります。

しかし一度立ち止まりじっくりと自分を見直すことで、どんな仕事が合っているのか判断を下しやすくなるのです。

ただ、それでもやりたいことがわからないと嘆く人もいるかもしれません。仕事の相性の判断は一筋縄にはいかない面もありますので、本当にこの仕事が良いのか、それとも別の仕事が良いのかなど、まとまらない考えに悩まされることもあるでしょう。

そのような場合は適性審査を受けて考えてみるのもおすすめです。深く自分のことを知るためのきっかけとなるサービスで、どんなことに適性を持ちどういった仕事にその適性を活かせそうなのかをリサーチすることができます。

客観的に自身を見詰め直せると共に、どんな職業があるのかという発見にも繋がります。思いもよらない仕事が発見できることもあり新しい道が開けるかもしれません。これから進むべき道の選び方に迷っているのならば活用してみて損はないでしょう。

自分に合う仕事が分かる!プロ監修の自己分析シート

無料
プレゼント

就活前に終わらせておくべき
自分にピッタリの仕事を探す自己分析

自分にピッタリの
仕事を探す自己分析
14,000名以上の就活生の自己分析をサポートしたジェイックが、自分にピッタリな仕事を探す自己分析方法を公開!

〜資料の特徴〜
  • 自分に合う仕事や会社の雰囲気を分析できる
  • 心理学に基づいた、信頼できる分析方法を紹介
  • 国家資格を保有した就職アドバイザー監修

自分に合う仕事を見つけることが、
充実した社会人生活の第一歩!

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから