相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ミスが多い人に向いてる仕事とは?ミスをする原因や対処法も解説!

ミスが多い人に向いてる仕事とは?ミスをする原因や対処法も解説!

ミスが多い人に向いてる仕事なんて、あるの?」と疑問に思う方も多いことでしょう。

こちらの記事では、ミスが多い人でも比較的に勤まる仕事を紹介しています。また、ミスをしてしまう原因・対処法についても解説します。

気になった方は、ぜひチェックしてみててください。

記事のPoint
  • ミスが多い人に向いてる仕事とは「ミスに対して厳格ではない仕事」
  • ミスに対する許容度が大きい仕事の特徴3つに当てはまる仕事を探してみよう
  • ミスが多い人に向いてる仕事10選をチェックしてみよう
  • ミスが発生する3つの原因:「集中できない環境」「疑問点」「落ち込むだけで無策」

ミスが多い人に向いてる仕事とは?

ミスをしないように気をつけていても、どうしてもミスを無くせずに苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。しかし、世の中にはミスが多くてもこなせる仕事はたくさんあります。

ミスが多い人はミスに対して厳格ではない職業につくのがおすすめです。ミスに対する許容度が大きい仕事の特徴として、次の3点が挙げられます。ぜひ職業選びの参考にしてください。

  • マニュアル化され、ミスの発生がないよう作り込まれている仕事
  • ミスの発生を前提に、ミスを検知できる仕組みのある仕事
  • 正確さよりも独創性や創造性が重視される仕事

ちなみに、この記事における向いてる仕事の定義は「自身の能力を活かせる仕事」として解説していきます。

ミスが多い人に向いてる仕事10選

ミスが多い人に向いてる具体的な仕事は、次の10種です。

  • イラストレーター
  • グラウンドキーパー
  • 自動車製造工
  • 画家
  • 漁師
  • 盆栽職人
  • 森林官
  • 警備員
  • ステンドグラス工芸家
  • スポーツインストラクター

ひとつずつ、解説していきます。

仕事1:イラストレーター

イラストレーターとは、さまざまな媒体に掲載するキャラクターやイラストを作成する職業です。本や雑誌、カタログや図鑑などの印刷物のほかに、ウェブなど電子媒体からも制作の依頼があります。多くの人を惹きつける、魅力的なイラストを作る独創力や作画の技術が必要ですが、加えて依頼者の要望をしっかり把握するコミュニケーション能力も重要です。

イラストレーターは正確さよりも自由な発想や独創力が求められる仕事のため、ミスをしても影響は少ないと言えます。もともと依頼者のあいまいな要望を具体化していく作業であり、数回の修正を前提に仕事が進むため、最終的な納品物さえ間違わなければ問題ありません。また、現在はPCを使用しての製作作業が主流のため、たとえミスをしてもすぐに修正をかけられるので安心です。

イラストレーターの平均年収は約370万円です。

参考:求人ボックス

イラストレーターに必要な資格はありませんが、スキルや経験が求められます。また注意点として求人自体が少ない職業であることから、未経験からイラストレーターに転職するのは難しいと言えます。イラストレーターになるにはSNSに日頃から自身の作品を載せるなど、独学でも技術を磨き、自分のスキルをアピールすることが重要です。

仕事2:グラウンドキーパー

グラウンドキーパーとは、サッカーや野球のグラウンドを整備する仕事です。グラウンドの凹凸修正、芝の管理、ライン引きなどが具体的な仕事内容になります。グラウンドキーパーは競技のルールに則ってグラウンドを管理するため、ある程度マニュアル化された仕事と言えます。また、1人での作業ではなく複数人での共同作業となるため、チームに合わせて行動すればミスの発生は大幅に減らせるでしょう。

グラウンドキーパーの平均年収は300〜400万円です。

参考:JOBKAN

グラウンドキーパーに必要な資格は特にありません。ただ、選手の目線に立ってグラウンド環境を考えられるようになるためにも、対象スポーツの競技経験を持つことをおすすめします。

仕事3:自動車製造工

自動車製造工は自動車の製造ラインに入り、組み立ての一工程を任されます。全ての工程がマニュアル化されており、マニュアルに従えば基本的にミスは起こらないようになっています。また万が一ミスがあったとしても、検査工程でミスを防げる仕組みが確立されているため、一つのミスが重大な影響を及ぼすことは非常に稀です。現在の自動車製造の工程は、日本の自動車産業が過去から積み上げてきた膨大なミスと改善を繰り返してきた歴史の上に成り立っており、極力ミスを発生させないように仕事の方法が作り込まれています。

自動車製造工の平均年収は400〜500万円です。

参考:JOBKAN

自動車製造工の注意点として、求人が期間限定のケースがあることです。繁忙期の数ヶ月のみの契約で、期間満了後には職がなくなってしまいます。トラブルを避けるためには、求人内容をしっかりと確認することが大切です。

また、自動車製造工になるために必要な資格は特にありませんが、工業系の高校や専門学校で工業の基礎知識を持っていると優遇されるでしょう。

仕事4:画家

画家は絵を通じて何かを表現したり、見る人を楽しませる仕事です。伝統的な浮世絵から日本画、洋画に始まり、最近ではPCで作成するデジタルアートの分野にも活躍の場があります。

画家もイラストレーターと同じく想像性や独創性が重視される職業のため、ミスへの許容度は高いと言えます。

ただし、プロの画家として絵の創作のみで生計を立てられる人は一握りで、多くの人は他の兼業で生活費を賄っています。

画家に必要な資格は特にありません。経験も関係ない実力の世界なので、独学で一流になる人もいれば、有名画家に弟子入りする人、学校で基礎を学ぶ人など、入口はさまざまです。

仕事5:漁師

漁師は海で魚介類を取る仕事です。漁師は自然を相手にする仕事であり、さまざまに変化する状況に柔軟に対処する力が求められます。そのため、ミスをしないことよりも、ミスをしたあとにどうリカバリーするかを考える方が重要な職業です。また、漁師の特徴としておおらかな人が多いことからミスへの許容度も高く、ミスをしても落ち込む機会は少ないでしょう。

ただし、自然が相手の仕事であり、危険と隣り合わせの職業であることも事実です。最悪の場合は命を落とすこともあるため、安全には常に気を配る必要があります。

漁師の平均年収は344万円です。

参考:キャリアガーデン

個人が漁師として船を出して漁をする場合、次の免許や許可が必要です。

  • 小型船舶操縦士免許
  • 海上特殊無線技士免許
  • 漁業権

これらについて、よく認識した上で検討してください。

仕事6:盆栽職人

盆栽職人は、鉢に植えた木々を栽培し、葉枝を整えながら魅力的な姿形に育て上げる仕事です。毎日数多くの植木を観察し、それぞれの成長に合わせた管理が必要なため、非常に根気のいる職業です。

作業は正確さや速さよりも、感性や独創性が重要となるため、ミスが多いと悩んでいる人に向いてる職業の1つです。

盆栽職人は肉体労働も多い点には注意してください。固い木を切る場合にはチェーンソーを使ったり、重たい鉢を移動させるなどの重労働もあります。

盆栽職人に関連する主な資格は次の3つです。

  • 盆栽士
  • 植物雑貨クリエイター資格
  • 苔玉士

盆栽職人に必須の資格はありませんが、仕事を得る上で自身のスキルを証明するための資格取得は重要です。

仕事7:森林官

森林官とは、全国各地にある広大な国有林を管理する職業です。農林水産省林野庁の職員から各地域の森林事務所に所属して、国有林も守り育てる国家公務員です。具体的な仕事内容として、下記の業務があります。

  • 担当区域森林の育成状況や野生生物の生態を調査
  • 植林や木材の収穫計画の立案
  • 森林窃盗や不法投棄の取り締まり

森林館はある程度マニュアル化された仕事であるため、ミスが多い人でも慣れれば極力ミスを減らせるでしょう。

森林官の平均年収は576万円です。

参考:Komuinfo

森林官は国家公務員のため、公務員試験に合格しなければなりません。国家公務員試験II種またはIII種 を受験して、農林水産省林野庁の職員になる必要があります。

仕事8:警備員

警備員はビルやショッピングモール、商業施設などで不法侵入者を防いだり、イベントやお祭りなど、人の多く集まる場所で事故の発生を防ぐ仕事です。細かい作業や気配りなどよりも、有事の際に動ける度胸と俊敏さが重視されるため、ミスが多い人にもおすすめです。また日本は治安がよく、警備員がいるだけで大きな抑止効果があることから、トラブルに遭遇する機会も少ないでしょう。

警備員の平均年収は336万円です。

参考:求人ボックス

警備員に特別な資格は必要ありません。ただし警備員として人材を働かせるためには「新人研修」を必ず設けることが企業に義務付けられているため、研修受講後に業務に当たることになります。さらに仕事に就いたあとも年度ごとに基本教育・業務別教育合わせて10時間以上の「現人研修」の受講が必要です。

仕事9:ステンドグラス工芸家

ステンドグラス工芸家は、着色ガラスを用いて絵や模様を表現するステンドグラスをデザインする仕事です。ステンドグラスデザイナーやステンドグラスアーティストとも呼ばれます。教会や喫茶店をはじめ、公共施設や一般家庭からもデザインの依頼があります。

ステンドグラス工芸家も正確さより、創造性や自由な発想が求められる仕事のため、ミスが多いと悩んでいる人でも無理なく続けられる仕事の1つと言えます。

ステンドグラス工芸家の注意点として、ガラスによる怪我や粉塵の飛散など、制作環境は体に悪い物質がある点です。これらを過度に気にする方は、長く続けるのは難しいでしょう。

ステンドグラス工芸家になるのに必要な資格は特にありません。独学で習得する人もいれば、工房に弟子入りのような形で就職し、経験を積んでから独立する人もいます。

仕事10:スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、スポーツの技術的指導をする職業です。スポーツジムで機器の使い方を教えたり、会員一人一人のトレーニング計画を作成したり、スイミングスクールで泳ぎ方をレッスンしたり、さまざまなスポーツ関係の施設で働いています。

ジムトレーナーなど、初心者を相手に指導する立場であれば、ある程度マニュアル化された仕事になるため、ミスが多い人でも無理なくこなせる仕事と言えます。ただし、トレーニングによる指導相手の怪我には十分な配慮が必要です。準備運動やクールダウンへの指導も欠かさずに行いましょう。

スポーツインストラクターの平均年収は335万円です。

参考:求人ボックス

スポーツインストラクターに必須の資格はありませんが、体育や健康化学系の学校で運動生理学やスポーツ運動学を学んでおくのがおすすめです。

仕事でミスをする原因

ミスが許容される仕事だとしても、やはりミスは少ないに越したことはありません。

では、どうしたらミスを減らせるのでしょうか。スを減らすために、まずはミスが発生してしまう原因を探ってみましょう。仕事でミスをする大きな要因は、主に次の3つです。

  • 1.集中できない状態・環境
  • 2.疑問点を確認しない
  • 3.落ち込むだけで対策をしない

順番に、解説していきます。

原因1:集中できない状態・環境

そもそも仕事に集中できない状態・環境だと、当然ながらミスは起こりやすいです。

  • 睡眠不足
  • 雑音が多い
  • 会議が多い
  • 電話対応が多いなど

仕事上、どうしても改善できない点は仕方ありませんが、自分で改善できる点があれば改善してみましょう。

  • きちんと睡眠をとる
  • 休日はしっかり休養する
  • 決まった時間に休憩する
  • 雑音をカットするためにイヤホンをする
  • 電話が鳴らないように機内モードにするなど

できるだけ集中できる環境を用意することも仕事のうちです。

原因2:疑問点を確認しない

小さな疑問や懸念点を解消せず仕事をすすめてしまうと、思いがけないミスを発生させてしまうことがあります。思い込みで間違った解釈をしている場合もあるので、少しでも違和感を抱いたらすぐに確認するクセをつけましょう。

仕事を依頼された際に、明確なゴールが見えない場合は、早急に確認してください。目指すべきアウトプットが明確になっていなければ、自分が何をやるべきなのかが曖昧になり、結果としてミスを引き起こします。

スタート地点で方向を間違えてしまうと、軌道修正は非常に難しくなります。会議などで自分だけが理解できていない場合、質問するのは気が引けるかもしれませんが、その場で疑問点は明らかにしておかないと、後々もっと面倒なことになりかねません。疑問やわからない点は恥ずかしがらず、しっかりと質問することが、ミスを減らす有効な方法の1つです。

原因3:落ち込むだけで対策をしない

ミスを減らしたいのに一向に改善しない人は、ミスに対して落ち込むだけで、対策ができていない場合があります。今後同じミスをしないためには「気をつける」だけでは不十分で、ミスを犯さない対策が必要です。犯してしまったミスに対して落ち込むのではなく、なぜミスをしてしまったのか、どうしたら防げたのか、といった点をしっかりと分析して対策を立てましょう。

起きたミスは、帳消しにはできません。ミスをしてしまったことは仕方ないので、きちんと受け止め、その上で「うまくいかなかった結果から、どう改善すれば望む結果が得られるのか」という点を考えることが重要です。

どんなに対策をしてもうまく同じミスを繰り返してしまう場合は、「なぜなぜ分析」をしてみましょう。「なぜなぜ分析」により、ミスの直接的な原因だけでなく、その背後にある根本的な原因を見つけ出せます。

具体的には、ミスに対する原因について、「なぜその原因が起きたのか?」を問うことを繰り返していきます。一般的に5回「なぜ?」を繰り返すと、根本的な原因にたどり着けると言われています。

この場合、原因は1つではなく複数の原因が複合的に絡むことでミスを発生させた事実にも気づけるでしょう。

「なぜなぜ分析」はミスの根本原因を潰し込めることに加え、類似のミス発生のリスクも抑えられる非常に便利な手法と言えます。

仕事でミスをした時の対処法

仕事でミスをしてしまった場合でも、適切な対応や行動をとることで影響を抑えることができます。万が一ミスをしてしまったら、これから紹介する5つの対処法を実践して、影響を最小限に食い止めましょう。

対処法1:ミスをしてしまったら早く・正確に報告

ミスをしてしまった場合、まずどのようなミスをしてしまったのか、誰に影響があるのかを正確に、素早く上司に報告をして下さい。言い訳や理由は後にして、まずは現状を正確に伝えましょう報告に対し上司が多くの質問をしてくるケースがありますが、それは怒っている訳ではなく事後対応のための情報を得るためです。可能な限り簡潔に、事実を報告してください。

対処法2:対応について上司から指示を受ける

自分一人の力だけでミスをなんとか挽回しようとする事は辞めましょう。ミスへの対処は時間が命です。自分でどうにかしようとしている間に状況はさらに悪化し、損害が大きくなってしまうケースが大半です。もしかしたら職場の全員ですぐに対応すれば大した損害にならなかったミスも、時間が立てば立つほどダメージは大きくなります。ミスは隠さず正直に話し、対応を上司に相談しましょう。

対処法3:迷惑をかけてしまった人に心から謝罪する

ミスへの対応が一段落したら、迷惑をかけてしまったお客様や余計な仕事や対応を増やしてしまった同僚や先輩に対しお詫びをしましょう。外部の人に迷惑をかけてしまった場合はメールだけで終わりにするのではなく、最初に電話をかけ直接お詫びに行くことをおすすめします。

対処法4:なぜ、ミスをしたのか振り返る

ミスを分析し、今後同様のミスを発生させないよう対策を練りましょう。まずは、どのようなミスをしてしまったのかを振り返ることが大切です。どのような形でミスをしてしまったのか、もっと自分に出来たことがなかったのかをしっかりと振り返ることが大事です。ミスをした日は思い出すのも嫌かもしれませんが、反省は即行うのが最も効果的です。記憶が鮮明なうちに原因を探り、今後同じミスをしないために自分はどのようなことが出来るのか、しっかりと考えましょう。そして、対策を考えたら実際に行動に移すことが大切です。

対処法5:結果を報告して周りの人と共有

ミスをしてしまい、迷惑をかけてしまった人には再発防止策を報告、共有しましょう。ミスに対して改善の意思を見せれば周囲からの風当たりも少なくなりますし、さらによい改善方法などアドバイスも頂けるかもしれません。先輩や上司も全くミスをせず仕事ができるようになった人はいません。それぞれが過去のミスに向き合い、対策をしてきたからこそ今の姿があります。先人の知恵や意見は非常に参考になるので、アドバイスを頂けたらそれも考えて見ることが大切です。

ミスが多い人が仕事を探す方法

ここまで、ミスが多い人が向いてる職業や、ミスをした後の対処法について紹介しました。

では実際に求人を探す場合はどうしたら良いでしょうか。本章ではミスが多い人が向いてる仕事に就くための具体的な行動を3つご紹介します。

方法1:ハローワークを利用する

ハローワークは、国が運営している公共職業安定所です。以下のサービスを基本的に無料で誰でも利用できます。

  • 就職相談
  • 自己分析、履歴書作成、面接などのセミナー
  • 職業訓練の相談
  • 失業保険給付の手続きなど

また、以下の若者向けの就職相談窓口も利用できます。

  • ジョブカフェ:都道府県が運営しており地域での就職支援に強い
  • わかものハローワーク:35歳未満の人が利用可能。担当者がつき相談できる
  • 新卒応援ハローワーク:新卒や既卒向けの就職相談窓口
  • 学卒ジョブサポーター:新卒向けの就職相談窓口。高卒向けと大卒向けがある
  • 就職支援ナビゲーター:新卒や既卒向けの就職相談窓口。企業に訪問して情報収集している

ハローワークを利用するときは、頻繁に求人をチェックしましょう。企業は無料で求人を出せるので、どんどん新しい求人が増えていくからです。自分に合った求人を見つけるためにも、頻繁に求人をチェックするのがおすすめです。また、募集が終わってしまう求人も多いので、常に最新の情報を知るためにも、頻繁に求人を見ておきましょう。

方法2:就職サイトを利用する

就職サイトとは、就活関連の情報をまとめたサイトです。「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」などが代表例です。全国にある多数の求人情報の中から、自分の希望条件をいくつも選択しながら求人を絞り込んでいくことが可能です。例えば上述した職種に絞って検索すれば、ミスが多い人に向いている求人を効率的に見つけられます。

また就職サイトの一部には自分のプロフィールを登録することで、企業の方からアプローチしてもらえる機能があります。この機能は自分が知り得なかった企業や職業に出会える他、自分の新たな強みを見つけるきっかけにもなります。ミスが多いことを補って余りあるあなたの強みを見つけられるかもしれません。

就職サイトのデメリットは、自分1人で就職活動しなければいけない点です。次に紹介する就職エージェントのように、キャリアカウンセリングや履歴書添削などサポート体制がありません。自力で良い履歴書を書けたり、面接でうまく話せる人は良いですが、それができない人は就職活動が苦戦することもあるでしょう。

方法3:就職エージェントを利用する

就職エージェントは、就職希望者に担当者がつき、求人紹介から就職までサポートしてくれるサービスです。担当者がさまざまなアドバイスをくれるので、ミスが多い人でも自分にあった仕事を紹介してもらえる可能性が高まります。就職エージェントでは、以下のようなサービスを受けられます。

  • キャリアカウンセリング:求職者のヒアリングを行い今後のキャリアを相談できる
  • 求人の紹介:キャリアカウンセリングの結果に基づき求職者に合う求人を紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削:内定が出やすい履歴書や職務経歴書になるようにプロが添削してくれる
  • 面接のアドバイスや練習:応募企業ごとに個別の面接対策をサポートしてくれる
  • 面接の日程調整:求職者と企業の間に入り、面接の日程調整をしてくれる
  • 年収交渉:求職者にとって適正な年収になるように交渉してくれる
  • 入社書類の手配:求職者と企業の間に入り、入社書類の手配やサポートを行ってくれる
  • 就職後のサポート:就職後の求職者に対してカウンセリングを行う
  • 企業情報の収集:紹介先の企業にヒアリングを行い、求職者が知りたい情報を集める
  • スキルアップ支援:プログラミングスクールなど就職が有利になるスキル習得のサポート

ただし、就職エージェントにはそれぞれ得意ジャンルがあるため、あなたに合う就職エージェントを選ぶ必要があります。例えば、下記のように分類されています。

  • 新卒向け
  • 既卒向け
  • 第二新卒向け
  • フリーターやニート向け
  • 営業経験者向け
  • IT技術者向け
  • シニア向け
  • 地域の就職向け
  • ハイクラス向け
  • 海外転職向けなど

就職エージェントはどこでも良いわけではないため、あなたに合う就職エージェントを選びましょう。

ちなみに、私たちジェイック20代のフリーターや既卒者を中心にサポートする就職エージェントです。利用者の就職成功率は81.1%でかなり高いです。理由は無料の就活講座でビジネスマナーや面接対策を徹底しているからです。参加者のうち73%は正社員経験がない人ですが、無事に正社員に就職できる人が多いです。フリーターや既卒の方で正社員に就職したい場合は、情報収集に活用してみてください。

まとめ

ミスの許容度は仕事の内容によって大きく異なります。

たとえば独創性やチャレンジングな姿勢が好まれる職種では、ミスを恐るよりも行動が評価されますが、医療関係など1つのミスが人命に関わる仕事は同然ながら些細なミスにも敏感です。ミスが多い方が悲観することは一切なく、自分の適性を活かせる職業につけば良いだけです。

もし本記事で紹介した仕事がピンとこない場合は、私たちジェイックの無料相談を活用してください。一緒にあなたに最適な職業を探しましょう。

タイプの近い人向けの記事はこちら

興味がある方は、以下の記事もぜひ参考にしてください。

要領が悪い人に向いてる仕事を紹介!−自分の特徴や性格を活かせる仕事に就く方法とは−
向いてる仕事なんてない?そう感じる理由や見つける方法を解説!

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等