就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

27歳フリーターからの正社員就職は可能?おすすめの業界とメリットも解説!

27歳フリーターからの正社員就職は可能?おすすめの業界とメリットも解説!
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

27歳フリーターから正社員就職は可能なのか、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?実は、27歳フリーターからの正社員就職は可能です。なぜなら27歳はまだ20代であり、若いとみなされることも多いからです。できる限り、早めの就職を心がけましょう。

この記事では、27歳フリーターにおすすめの業界や仕事に就く方法について紹介しています。27歳フリーターにおすすめの業界、ポイントを押さえることができる内容になっていますので、是非最後までご覧ください。

27歳フリーターから就職は可能

27歳フリーターから就職は可能

27歳フリーターから、正社員就職をすることは可能です。主な理由は、以下があります。

  • 20代だから
  • 世の中全体から見れば若手の分類だから
  • 若年層が不足している企業は一定数あるから

たとえば新卒就職・または第二新卒として転職した場合、27歳の時点では社会人になってから4~5年ほど経ち、仕事を任されるなどして精力的に働いているケースが多いはずです。一方で、年齢自体は20代であることには変わりなく、一般的にはまだ「若い」と見られる年齢でもあります。27歳ならば、年齢だけであきらかに不利になるとまでは言い切れないでしょう。これが、30歳を超えてフリーターのままだと、企業の印象も大きく変わってくる可能性もあります。

また、新卒を毎年採用する大手とは異なり、中小企業などでは若年層がおらず社員の平均年齢が高い、という企業も少なくありません。つまり、27歳の社会人未経験者であっても採用したい、これから育成して戦力になってほしいと考える企業も存在するということです。

このような理由から、27歳フリーターからの就職は可能といえます。とはいえできるだけ早く就職活動に取り組む必要はありますが、決してあきらめる必要はない年齢です。

27歳フリーターでも正社員を目指せる3つの業界

27歳フリーターから正社員を目指しやすい業界、比較的就職しやすい仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。「仕事内容」「どのような人に向いているか」「仕事上の注意点」「平均年収」の観点から、それぞれご紹介します。

以下の3つの業界に共通するのは「人手不足である」ということです。ただし「人手が足りない=働きにくい」とは限らないため、気になる業界がある人は、求人や企業を調べてみましょう。

業界1:飲食業

レストランや居酒屋、カフェなどに勤務します。個人経営の店もあれば大型チェーン店、路面店や商業施設内の店舗など、働く場所によって雰囲気なども異なります。学歴・職歴不問のところや、アルバイトからの正社員登用なども多いため、比較的就職しやすい業界です。

アルバイトスタッフが多い印象の業界ですが、正社員として就職する場合、ホールやキッチン、清掃、レジなどの業務のみならず、スタッフのシフト管理や教育、売上管理など、店舗の運営に関わる業務を担うことが多くなってきます。

過去に飲食のアルバイト経験があり向いていると感じていた人はもちろん、人と関わることに喜びを感じる人、臨機応変な対応ができる人に向いています。注意点としては、いわゆる「ブラック」な労働環境の職場もある点、クレーム対応などにも応じなければいけない点です。

キャリアガーデン「【2021年版】飲食店社員の年収・給料はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説」によると、飲食業の平均年収は319万円です。

業界2:IT業界

IT業界とは、IT技術を駆使したサービスを提供する企業のことで、細かく分けると、ソフトウェア業界、ハードウェア業界、インターネット・Web業界、情報処理業界の4種類があります。そのため業務内容も、システムの構築やプログラミング、運用、保守点検、Webコンテンツの運営など、職種によってさまざまです。

需要が高く、未経験からでもOKという企業もあるため就職のチャンスが多い業界です。また、就職前にスクールに参加したり、書籍や動画で学ぶなど、ある程度の知識を身につけてから就職する選択肢もあります。細かい作業が好きな人、集中力や忍耐力がある人に向いています。

IT業界における職種としては、主に以下のようなものがあります。(一例)

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ハードウェアエンジニア
  • Webディレクター
  • ITコンサルタント

注意点としては、企業やビジネスモデルによって働きやすさが大きく変わる点、仕事の進行状況によっては残業や休日出勤が続くなどのタイトなスケジュールになることもある点です。

求人ボックス給料ナビ「システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料」によると、システムエンジニアの平均年収は501万円です。

業界3:介護業界

高齢者向けの施設などに勤務し、利用者の身の回りの世話やレクリエーションの運営、利用者家族への対応などを担当します。特別養護老人ホームやケアハウスなどの公的施設、介護付き有料老人ホームやグループホームのような民間施設があり、入居型のものもあれば、通所するタイプのデイサービス・デイケアなどもあります。

介護業界も学歴・職歴を問わないことも多く、未経験からでも資格取得を目指せたりキャリアアップができるという点で、フリーターからの就職ハードルは比較的低めです。人の役に立ちたい人、必要とされることに意義を感じる人に向いています。

注意点としては、施設によっては夜勤も発生する点や、肉体・精神的にハードな仕事である点です。やりがいのある仕事であることは間違いありませんが、責任感や使命感がないと務まらない業界でもあります。

求人ボックス給料ナビ「介護福祉士の仕事の年収・時給・給料」によると、介護福祉士の平均年収は318万円です。

27歳フリーターが就職するメリット

27歳フリーターから正社員に就職するメリットには、主に以下が考えられます。なるべく早めに就職したほうが、より、これらのメリットを得やすくなるでしょう。

メリット1:安定した収入を得られる

フリーターという働き方は、その仕事だけで生計を立てることが前提の待遇にはなっておらず、どうしても不安定です。アルバイトの大半は若者を対象としていたり、都合の良い時間にしか働けないという事情がある人、空き時間に収入を得たい人など向けです。年齢を重ねると求人数が減ったり、面接に受かりにくくなったりするケースも珍しくありません。

就職することで、毎月安定した固定給を得ることができます。日本の会社員は無期雇用が原則のため、急に仕事を失うリスクもほぼありません。フリーターから就職することで、金銭的な安定を得て心にゆとりが出ることも多いでしょう。

特に27歳となると徐々に30代も見えてくるため、結婚などが視野に入ってきたり、貯金を始めたいと考えたりする人も増えてきます。早めに就職すれば、今後のライフプランも明確に、かつ前向きに考えることができるようになります。

メリット2:27歳という若さを評価してもらえる

前述の通り、27歳は若いとみなされる年齢です。全員がそう評価するわけではなくとも、社会人としては若い年代に入っています。若さはひとつのポテンシャルであり強みになり得るため、スキルや経験がなくても、就職の際に評価してもらえる可能性があるのです。

これが、30代以降になってフリーターから就職しようとすると、就職活動に苦戦する可能性が高まります。求人では、完全な未経験者の募集は「29歳まで」と区切っている企業もありますし、企業側としても、若いほうが仕事を教えやすく吸収も早いイメージもあります。

もちろん新卒と比べれば年齢は上がりますが、27歳は、若さを武器にできるチャンスがまだ残っている年齢です。なるべくいまの年齢を活かして、自分らしい就職ができる機会を逃さないようにしましょう。

メリット3:30代前半の転職が可能

27歳で就職してそこからキャリアを築いていくと、30代前半の時点では、3~8年程度の実務経験があるという計算になります。一社目の企業で働いているうちに、途中で転職したいと考える人もいるかもしれません。その時点である程度のスキルや実績を培っていれば、転職に成功できる可能性は高まります。

一方で、30歳を超えてからはじめて就職した場合、そこから経験を積んでいって途中で転職となると、スムーズには決まりにくい可能性も出てきます。早めに就職して社会人経験を積んだほうが、いざというときの選択肢も広がるといえそうです。

27歳フリーターが就職するためのポイント

27歳フリーターが就職を目指す際に注意したほうが良い3つのポイントを、それぞれ解説します。

ポイント1:27歳フリーターから脱出する行動を取る

フリーター生活から脱出するアクションを取るべく、できることから始めましょう。たとえば、以下のようなことです。

  • 就職関係のサービスに登録する
  • 就職活動に必要なものを用意する
  • 求人を探す・応募してみる
  • いつまでに就職するか決め、計画を立てる

行動しなければ、状況は変わりません。しかし、特別なことをしなくても、なにかひとつずつでも取り組んでいくことで、確実に前進していきます。始めるのに遅すぎることはありませんので、まずは「現状を変える」と決意し、実際の行動に移していきましょう。

ポイント2:不向きな求人を受けていないか

27歳フリーターが以下のような求人に応募しても、おそらく受かる可能性は低いでしょう。

  • 未経験者を求めていない求人
  • 特に人気の高い企業や職種

まず、社会人経験がないフリーターが経験者・キャリア採用に応募しても、採用される確率はほぼありません。これはフリーターだからではなく、企業が求める条件を満たしていないためです。就職人気ランキングの上位に入るような知名度のある企業も、ハイレベルな応募者と競う可能性が高いため、やはり不利ではあります。

受けてみたい企業に挑戦すること自体はもちろん良いことです。一方で、早めに就職を決めたいのであれば、あまりに採用の可能性が低い企業にばかり応募すると効率が悪くなるため、おすすめしません。

ポイント3:自分を客観視できているのか

27歳フリーターからの就職活動は、通常の就職・転職活動と比較するとハンデがあることは確かです。そのことを、事前に正しく理解しておく必要があります。「27歳・フリーター」の自分は企業にどこをアピールすべきか、どういった部分が不利になりそうなのかということを、あらかじめ明確にしておくことをおすすめします。

自己分析をすることで、自分を正しく理解し、企業へのアピールポイントも把握できます。時間をかけてこれまでの人生を振り返り、自分と向き合う時間をつくりましょう。

普段から自分で自分を評価し、認めることは大切です。一方で、就職活動においては、自分が応募企業を選ぶのと同じように、企業からも選ばれる立場です。「採用したい」と思われるような人材になることが求められると理解しておきましょう。

27歳フリーターが仕事を見つける方法

最後に、27歳フリーターが仕事を見つけるための方法を3つ、ご紹介します。

方法1:ハローワークを利用

求人の検索や応募、職業相談、職業訓練の申し込み、セミナーやイベントの参加、などができる公共職業安定所です。求人検索のみであればインターネット上から可能ですが、実際に応募したい場合には、ハローワークで求職申込が必要です。

ハローワークは主に、以下のような27歳フリーターの方におすすめです。

  • 職業訓練を受けたい人
  • まずは情報収集をしたい人
  • 最寄りにハローワークがある人

ハローワークの利点のひとつとして、条件を満たせば職業訓練を受講できるというものがあります。就職に役立つスキルを身に着けたり資格取得を目指したりできるため、学びたい分野がある人にはおすすめです。求職者であれば誰でも利用できるため、就職活動の第一歩としても良いでしょう。自宅から気軽に行ける距離であれば、こまめに通って情報を得ることも可能です。

方法2:就職サイトを利用

求人の検索や応募、企業からのスカウト、企業とのやりとりなどが可能な民間企業のサイトです。幅広く求人をチェックするために、複数のサイトに登録することも可能です。プロフィールを登録しておけば、企業から応募の誘いが来ることもあるのも、就職サイトの特徴です。

就職サイトは主に、以下のような27歳フリーターの方におすすめです。

  • 応募したい企業が決まっている
  • 過去に就職・就職活動に成功したことがある
  • ほかのサービスと併用したいと考えている

就職サイトで見つけた求人のなかですでに応募したい企業がある場合は、もちろん就職サイトを利用するメリットはあるでしょう。また、就職活動の基礎を理解できている人は、自分のペースで就職活動を進めることも可能です。就職サイトのみではなく、ほかのサービスも利用しつつ就職サイトも活用するほうが、より効率的な就職活動ができます。

方法3:就職エージェントを利用

非公開求人の紹介や応募、個別のカウンセリング、自己分析や書類・面接対策のサポート、アフターフォローなどを受けられる、民間企業が実施する就職支援サービスです。就職エージェントごとに特徴があり、フリーターなどの支援に特化しているエージェントもあります。

就職エージェントは主に、以下のような27歳フリーターの方におすすめです。

  • 本気で正社員就職をしたい
  • 自分に合った仕事や企業を見つけたい
  • 正しい就職活動の方法を知りたい

就職エージェントの場合、就職のプロからアドバイスを受けられることが大きな利点です。コストをかけて良い人材を採用したいと考える企業が利用しているため、納得いく就職ができる可能性も高まります。はじめて就職活動をする人でも、応募前のサポートなども手厚くなっているため、安心です。

弊社ジェイックも、数多くのフリーターを正社員就職へと導いてきた就職エージェントです。特に未経験者の就職に強いため、社会人経験がない方を、ビジネスの場でも活躍できる人材にすべくサポートいたします。「就職カレッジ®」では、短期集中型の就職講座、書類選考免除の合同説明会、就業後も研修等を通じたフォローを実施しています。ぜひ、参加をご検討ください。

まとめ

27歳フリーターからの就職は可能ですが、一日でも早い行動をおすすめします。年齢が若いほど就職のチャンスも多く、今後の人生設計もしやすくなります。やみくもに就職活動をするのではなく、自己分析などを通じて自身の適性や強み・弱みを見極めたうえで、自分らしい就職を成功させましょう。

社会人経験のないフリーターから、自分ひとりで就職活動をすることはおすすめしません。弊社ジェイックへご相談いただければ面談を実施し、27歳フリーターからの就職についてアドバイスさせていただきます。まずは以下より、お気軽にご登録ください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター