就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学中退後に就職できるのか2chから紹介!中退後に就職を目指す方法も解説

大学中退後に就職できるのか2chから紹介!中退後に就職を目指す方法も解説
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

大学中退したけど就職できるのか2chを見ると不安。フリーター以外で仕事先があるか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、大学を中退すると就職できなくなるのか、2chの中退理由や進路を紹介します。大学中退者の就職に関する現実や具体的に就職を目指す方法についても解説します。

更に、自身だけで就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

大学を中退すると就職できない?

大学中退後に就職できるのか2chから紹介!中退後に就職を目指す方法も解説

大学を中退した場合でも、対策を実施した上で就職活動を行えば、一般企業に正社員として入社できます。ただし、大学卒業者よりも就職しやすいわけではありません。

中退後に空白期間ができてしまったり、中途採用枠で面接したりするため、就職成功の難易度が高くなるのは事実です。

これらの事実を踏まえた上でも、応募できる求人がある限り、大学中退者でも就職はできます。大学中退者に適した就職を目指す方法については後述しますので、合わせて確認してみてください。

大学中退後のフリーター期間が長いほど就職しずらい

大学中退後のフリーター期間は、就職率に直結しています。厚生労働省の調査によると、大学中退後の空白期間が長いほど、転職しづらいことがわかります。調査結果では、フリーター期間が1年以下の場合は30.2%、5年以上の場合は42.3%が就職できていません。

フリーターやニート期間が長くなると「自分は頑張っても就職できない」「就活に対するやる気がなくなった」など、ネガティブになる傾向があります。

そのため、大学中退後はすぐに就職活動を実施することで、就職成功率を高めることができるでしょう。

引用:厚生労働省ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

大学中退後に就職を望む割合

大学中退後のフリーター期間が長ければ就職しづらいことも分かっていますが、中退後の進路で一番多いのも就職です。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査結果では、大学中退後60%以上が正社員の就職を目指しています。多くの中退者が就職を望んでいることがわかります。

また、中退者の70%以上は正社員として就職に成功しています。つまり、大学を中退したとしても、十分に就職できるということです。

ただし、30代までフリーターとして活動している場合、就職できる可能性が大きく減少します。30代以降で正社員として就職活動する場合は、必ずこれまでの経験を問われます。

アルバイトのみで正社員で勤務した経験がなければ、中途採用で合格する可能性は非常に低いです。

そのため、大学を中退したとしても、ネガティブになることなく、できるだけ早く正しく就職活動を実施することで、高確率に就職できると言えるでしょう。

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究

大学中退理由を2chから紹介

文部科学省が発表しているデータによると、大学を中退する理由は以下の通りです。

  • 経済的理由:20.4%
  • 転学:15.4%
  • 学業不振:14.5%
  • 就職:13.4%
  • その他:10.2%

上記の通り、大学を中退する最も多い理由は経済的理由と、転学・学業不振が続いています。続いては、大学中退者の意見を2chから引用して紹介していきます。

引用:文部科学省「学生の中途退学や休学等の状況について

経済的理由

経済的理由で大学を中退した人の意見を2chから紹介します。

「元々特別区を目指すために大学入ったので何としてでも受かりたいのですが…中退した理由は経済的に苦しくなったからです。」

2ch:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/govexam/1461633639/421-n

「大学中退して奨学金だけ残ったんだけど…」

2ch:http://kyousoku.net/archives/57253845.html

データから分かる通り、なんとか勉強して大学に入学したとしても、経済的理由で大学を中退した人も多いようです。

また、大学入学時に奨学金を借りた場合、返済する方法がないことから立ち行かなくなるケースもあります。

日本政策金融公庫の2019年度「教育費負担の実態調査結果」では、大学卒業までに必要な費用は以下の通りです。

  • 国公立:平均4,994,000円
  • 私立大学文系平均:7,170,000円
  • 私立大学理系平均:8,217,000円

上記は大学に通うためだけの費用となるため、大学生の間に必要な生活費などは含まれていません。大学に入学すると同時に一人暮らしをする場合、学費以外にも様々な費用がかかります。学費が払えなくなり、大学を中退してしまうケースが多いようです。

また、400万円以上の費用を奨学金として借り入れるため、30代まで返済に時間がかかります。

大学に入学できたとしても、経済面の不安は常に付いてくると言えるでしょう。

引用:日本政策金融公庫2019年度「教育費負担の実態調査結果

学業不振

大学を中退する二つ目の理由は学業不振です。実際に学業不振を原因に大学を中退した人の意見を2chから紹介します。

「俺大学生だけど、大学の授業がつまらないから辞めようと思ってる。つまらないから単位も取れないし、行っても無駄」

2ch:http://ikinuki2ch.blog.jp/archives/18923958.html

「俺に座学は向いてない。テスト勉強も周りより全然できない何故テスト勉強をやる必要があるのか、それは単位を取るため何故単位を取るのか、それは卒業するため」

2ch:http://ikinuki2ch.blog.jp/archives/18923958.html

大学に入学したのはいいものの、単位が取れずに留年してしまい、退学に至るケースがあります。大学は学業がメインとなるため、バイトや遊びに時間を使ってしまうと、思うように単位が取得できない可能性があります。

また、大学受験で学習に関するやる気を使い果たしてしまい、勉強できなくなってしまったケースもあるようです。

自身の偏差値で入れる大学を選択したため「イメージと違う」や「勉強についていけない」など、学業不振を原因に大学を中退してしまいます。

転学

大学を中退する理由は様々です。続いては、転学を理由に大学を中退した人の意見を2ch方紹介します。

「編入は一般的な受験よりかなりぬるい言ってしまえば、単位さえあれば誰でも受験可能。さらに、ヌルイのが受験科目である」

引用:2ch:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/dame/1479130990/42-n

「18才の時に買った大学編入できる本ってのが偶然出てきて日東駒専レベルの大学の編入試験を受けた。3年次編入試験や通信制大学もあるから大学中退しても諦めないで。」

引用:2ch:http://kinigaku.2chblog.jp/archives/45700238.html

大学中退者でも、他大学への編入は可能です。退学した大学でも取得した単位は有効となるため、「除籍」以外は単位をそのまま引き継ぐことができます。

例えば、大学2年生の時に中退し、5年後に他の大学へ「編入」すれば、2年の間に取得した単位分をそのまま利用可能です。

ただし、編入するには編入試験に合格する必要や募集人数が限られていることから、通常の大学入試よりも倍率が高い傾向にあります。

そのため、単位がある分簡単に入学できるわけではないため、あらかじめ注意しましょう。

就職

大学中退後はフリーターやニートではなく、一般企業に正社員として就職が可能です。実際に大学中退後に就職した人の意見を2chから紹介します。

「ホワイト上場企業決まったわ世間で言われてるほど中退ぐらいじゃ悲観することもないと証明してやったぜ」

引用:2ch:https://wc2014.5ch.net/test/read.cgi/jinsei/1454975304/

「中退マンの転職市場は厳しかったで、荒波やったわ」

引用:2ch:http://mylife.2chblog.jp/archives/45481823.html

就職を理由として大学を中退する人も一定数存在します。単位を思うように取得できない場合や人間関係が構築できない人は、大学を中退して就職活動をするケースがあります。

金銭的な理由で大学を中退する必要があり、就職する人もいます。大学中退でも正しい就職活動を行うことで、優良企業に就職可能です。

大学中退後の進路を2chから紹介

続いては、大学中退後の進路を2chから紹介します。

ニート

大学中退後、ニートとして生活している人の意見を2chから紹介します。

「ワイも職歴無しニートやで、ただ一人暮らしやから200万の貯金が尽きるまで職を探さんといかんのがツライ」

引用:2ch:http://daigakuikungo.com/archives/51683569.html

「留年確定でやるきなくなって不登校で中退。単位は100以上とったけどどっちみち卒論全くやってなかったし中退はしてたな」

引用:2ch:https://stkn-job.net/43921.html

厚生労働省が実施した「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究」では、ニート生活を送っている人の12%は大学中退経験があります。

マイナスな感情で大学を中退したことから、アルバイトや就職する気力がなくなり、ニート生活をしている人が多いようです。

また、大半が親元でニート生活を送っているため、働くことなく生活が成り立っています。大学を中退すること自体は悪いことではありませんが、長期間ニート状態が続くと、就職成功率が低下してしまいます。

そのため、大学中退後はアルバイトからでも、できるだけ早く職を探す必要があるでしょう。

引用:厚生労働省「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究

フリーター

大学中退後にフリーターになる人も多いようです。実際に大学中退後、フリーターとして生活している人の意見を2chから紹介します。

「片親になって奨学金の頭なかったから大学辞めてフリーター→零細→100人くらいの会社」

引用:2ch:http://news.2chblog.jp/archives/52006121.html

「クソ郵便バイトだぜ・・・金貯めるまでがんばるつもりだが折れそうだ・・・」

引用:2ch:https://newskenm.blog.2nt.com/blog-entry-3247.html

大学中退後に、在学中に在籍していたアルバイトをそのまま続けているフリーターが多いようです。数年間はフリーターとして働き、契約社員や正社員の雇用を目指すケースもあります。

フリーターはニートよりも、実務経験があるため就職しやすい点が特徴です。一定の収入はあるため金銭的な余裕があります。ただし、奨学金の返済なども必要となるため、生活面では苦しい進路と言えるでしょう。

専門学校へ進学

大学中退後に専門学校へ進学する方法もあります。実際、大学中退後に専門学校へ進学した人の意見を2chから紹介します。

「資格とかを取るのに有利な専門学校へ行こうとおもいます。」

引用:2ch:https://school4.5ch.net/test/read.cgi/senmon/1020044077/

「俺、今年専門卒業しま~す。25歳になる自分ですが、某大学を中退、去年かなり頑張って就活して、夢の実現のスタートラインに起ちました。」

引用:2ch:https://school4.5ch.net/test/read.cgi/senmon/1020044077/

親が金銭的援助をしてくれる場合は、大学では叶えられない夢のために専門学校を目指す人も多いようです。

そのまま専門学校を卒業できれば、専門的な知識・技術を元に高確率で就職が可能になります。しかし、学費も高く、大学入学時の奨学金がある場合は、リスクの大きい選択と言えるでしょう。

専門学校へ入学する場合は、大学中退前に今後の進路について細かく計画しておく必要があるでしょう。

公務員に就職

大学中退後は、民間企業ではなく公務員に就職する人もいるようです。実際に大学中退後に公務員へ就職した人の意見を2ch方紹介します。

「正直に大学中退だと言ってもきちんとやれば受かる。」

引用:2ch:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/govexam/1461633639/421-n

「市役所で臨時職員しながら、次の年にようやく二次面接に受かった。」

引用:2ch:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/govexam/1461633639/421-n

国家公務員と地方公務員であれば、学歴・経歴に関係なく公務員試験に合格すれば就職できます。年齢制限に引っ掛からなければ就職できる点は、大学中退者にとってメリットと言えるでしょう。

ただし、一定の学習時間が必要となり、地域や職種によっては倍率が高いです。事前に十分な対策を行い、公務員試験に望む必要があるでしょう。

正社員として就職

大学中退後の最も多い進路は、民間企業員へ正社員として就職することです。実際に正社員として就職した人の意見を2chから紹介します。

「専修大学経済学部(夜間)中退、仕事がなくて近所の松屋に就職、店長候補として契約社員→2年後に店長(正社員)」

引用:2ch:https://wc2014.5ch.net/test/read.cgi/recruit/1421426645/

「訳ありな人材でも雇ってくれる会社はあるからとりあえず動き出すのが最善やな」

引用:2ch:https://wc2014.5ch.net/test/read.cgi/recruit/1421426645/

大学中退後に正社員への就職を諦めて、ニートやフリーターとして生活している人がいる一方、大学を中退しても、民間企業に正社員として就職している人も多いようです。

「大学を中退すると就職はできない」とイメージしている人も多いようですが、正しい就職活動を実施することで就職を成功させられます。

ただし、大学中退後は高卒扱いとなるため、一定の厳しさは存在します。ストレートに高卒で就職活動している人や大卒に比べると、就職難易度は高くなるため注意しましょう。

大学中退者の就職に関する現実

大学を中退したとしても、民間企業や公務員に就職が可能です。しかし、大学中退者と卒業者では違いが存在します。

続いては、大学中退者の就職に関する現実について解説していきます。

最終学歴が高卒

大学を中退した場合、最終学歴は高卒になります。履歴書には大学に入学したことだけではなく、中退した旨も記載する必要があるため、大学に入学できる学力があると面接官に認識してもらうことはできるでしょう。

しかし、経歴として利用できる最終学歴は高卒となるため、募集要項が「大卒以上」と記載されている場合は応募できません。

多くの企業が高卒でも採用していますが、一流と呼ばれる一部上場企業は大卒以上であることが多いため、あらかじめ把握しておきましょう。

卒業者と就職率が異なる

大学中退者と卒業者では就職率が異なります。文科省が発表しているデータでは、最終学歴が高卒は98.1%、大卒が98%と同じ数値となります。

しかし、社員数が300人を超える企業の場合、30%以上大卒者の就職率が増加しています。つまり、規模の大きい会社に就職する場は、大学を卒業者した方が有利と言えるでしょう。

引用:文科省「令和2年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(令和2年3月末現在)に関する調査について

卒業者と年収が異なる

大学中退者と卒業者では、初任給や生涯年収が異なります。基本的に大学中退者は高卒の給与、卒業者は大卒の給与設定となります。

調査結果では、大卒の初任給は206,700円、高卒は165,100円と約4万円違いがあるのです。

また、厚生労働省の調査結果では、年収は約120万円違いが存在するため、年数が経つごとに収入差がつくことになります。

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

大学中退後に就職できない人の特徴

大学を中退した後、就職活動を実施していても、思うように進まない人も多いのではないでしょうか。続いては、大学中退後に就職できない人の特徴を解説します。

大学中退後すぐに就職活動していない

大学中退後に正社員として就職できない人は、行動を起こしていないケースが多いです。漠然と就職を希望しても正社員にはなれません。少しでも早く行動を起こすことで、就職成功に近づくことが可能です。

また、フリーター・ニートの期間が長ければ長いほど、就職成功率は低下していきます。できるだけ早く就職活動を開始し、求人に応募することが重要です。

中退理由を説明できない

大学中退後に就職活動を実施しても、面接時に中退理由を説明できなければ採用される可能性は低いです。大学を中退する理由は人それぞれであるため、面接官にうまく説明できなければ、良いイメージを獲得できません。

どのような理由でも、中退したことを反省し、面接官に伝えることができれば好印象を獲得できる可能性は高いです。

失敗は誰にでもあることのため、次のステップに進める人材であることをアピールできれば、就職成功率を高められるでしょう。

自身の強みを説明できない

大学中退後に就職できない人は、自身の強みを説明できていないケースが多いです。まずは自身のスキルを棚卸することで、客観的にどのような強みがあるのか把握できます。

強みを把握していなければ、面接官に対してどのような人材なのか説明できません。面接官に対して自身の強みを正しく説明することで、採用することで企業にとってどのようなメリットがあるのかを伝えられます。

医学を中退した場合でも人にはそれぞれ強みがあるため、そこを把握して説明するようにしましょう。

求人を選り好みしている

求人を選り好みしている場合、大学中退後に就職できない可能性が高いです。大学中退後は通常よりも履歴書の空白期間が長いため、高卒求人でも就職が難しいケースもあります。

また、資格や経歴などスキルを持ち合わせていない場合、希望する求人に応募できない可能性も高いです。

そのため、求人を選り好みするのではなく、積極的に応募し、コツコツキャリアを積み上げると良いでしょう。

人に相談していない

一人でも就職活動は可能ですが、人に相談することでスムーズに進められることがあります。自分一人で活動していると、面接時にどうしても主観的な意見になりがちです。

家族や友人に相談することで、客観的に自身の状況や見え方を把握できます。周りに相談できる人物がいない場合は、転職エージェントや就活支援サービスを利用すると良いでしょう。

大学中退後に就職を目指す方法

大学中退後に就職を目指す際は、ただ求人に応募するだけでは成功する可能性が低いです。

計画を立てて就職活動を行うことで、スムーズに成功へと進めます。続いては、大学中退後に就職を目指す具体的な方法を解説します。

スキルや資格を取得する

大学を中退した時点で、特徴的なスキルや資格を保有していない場合は、取得に向けて活動すると良いでしょう。

自分の就職したい業界に関する資格がある場合は、積極的に取得をおすすめします。例えば、不動産業界であれば宅地建物取引士、語学力を高めるならTOEICなど、保有しているだけで有利に進む場合があります。

大学中退のアドバンテージを埋めるスキルや資格があれば、就職を成功させられるでしょう。

履歴書の空白期間をなくす

大学中退後に就職活動を実施する際は、できるだけ履歴書の空白期間をなくしましょう。例えば、ニートから民間企業の正社員として就職する場合、実務経験がなければ採用されない可能性が高いです。

このような場合、アルバイトや契約社員として実務経験を積みながら就活することで、履歴書の空白期間をなくせます。

面接官に対して中退後も意欲的に活動している意思を見せることで、好印象を与えることができるでしょう。

自己分析と中退理由を整理する

実際に企業担当者と面接する場合、自己分析と中退理由が整理できていなければ、採用してもらう可能性は低いです。

就職を成功させるには、自分の経歴や性格・強みを把握し「なぜ大学を中退したのか」を明確にする必要があります。

客観的に自身の状況を把握した後は、中退理由をポジティブに考えましょう。ネガティブな理由で中退理由を説明しても、印象が悪くなる可能性が高いです。

そのため、人に相談しながら自己分析を行い、中退理由をポジティブに整理することで、就職成功率を高められます。

面接対策を実施する

自身の強みや中退理由を整理した後は、具体的な面接対策を行いましょう。企業との面接は練習していなければ、強みや中退理由を説明できません。

家族や友人、転職支援サービスを活用して面接対策を実施することで、自信を持った状態で本番に望めます。

専門学校・大学に編入する

特定のスキルや資格が必要になる業界へ就職を考える場合、専門学校・大学に編入することも視野に入れておきましょう。

専門学校を卒業するだけでも高卒以上に求人が増えたり、特定の業種へ応募が可能になったりします。

また、大学に編入する場合は過去に取得した単位が残っているため、通常よりも楽に卒業できます。ただし、編入するためには、条件を満たした状態で試験に合格し、学費を工面する必要があるため、成功させる難易度は高めです。

必要になる条件を確認した上で、専門学校・大学への編入を検討すると良いでしょう。

就職支援サービスを活用する

大学中退後に就職を考えている場合でも「何から始めればいいかわからない」と悩んでいる人は、就職支援サービスの利用がおすすめです。

就職支援サービスの中には、大学中退者に特化した情報・スキルを提供してくれます。

また、専任のカウンセラーが就職に関する相談に乗ってくれるため、客観的に就活を進められます。

就職に関する各種サポートも提供しているため、大学中退者は就職支援サービスの利用がおすすめです。

就職カレッジ® 中退者コースを利用して就職にチャレンジ

大学中退後に就職支援サービスを検討しているなら、就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。就職カレッジ® 中退者コースは中退者の就職に特化した支援サービスです。

大学や専門学校を中退した、社会人経験が少ない中退者を専門に、正社員への就職をサポートしているため、就活が初めてでも利用できます。

また、就職アドバイザーが各種サポートを提供しているため、安心して就職活動を始められるでしょう。

下記にて、就職カレッジ® 中退者コースのおすすめポイントを解説します。

大学中退者に強いサービス

就職カレッジ® 中退者コースは中退者に特化したサービスを提供している就活支援サービスのため、経歴に関係なく、やりたいことを見つけられます。中退からの就職成功に繋がるノウハウに加え、社会人の基礎も学べます。

また、大学中退者の正社員就職率は約26%ですが、就職カレッジ® 中退者コースでは約3倍の90%以上の就職成功率を実現しています。

そのため、状況に関係なく就職活動を実施できるでしょう。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「2015年 大学等中退者の就労と意識に関する研究

同じ中退者の仲間と一緒に就職準備ができる

就職カレッジ® 中退者コースでは、定期的に就職に関する支援講座を開催しています。ここでは、同じ中退者の仲間と一緒に就活準備が可能です。

大学中退を考えるとどうしてもマイナスなイメージを持ちがちですが、同じ境遇の仲間と就職準備をすることで、ポジティブな気持ちで活動できます。

前向きな気持ちで活動すれば、就職成功率も高めることができるでしょう。

中退理由をプロの講師/アドバイザーと一緒に考えて、面接・履歴書対策ができる

就職カレッジ® 中退者コースには、就職活動に特化したプロの講師/アドバイザーが在籍しています。

在籍している専任アドバイザーと一緒に中退理由を考えて、面接・履歴書対策が可能です。

また、就職カレッジ® 中退者コースは就職支援会社では異例の、1年超の入社後サポートを提供しています。

そのため、就職成功後も専任アドバイザーに相談しながら活動できるでしょう。

まとめ

以上、大学を中退すると就職できなくなるのか、2chの中退理由や進路を解説しました。

大学を中退しても、ネガティブになることなく前向きに活動することで、就職を成功させられます。

履歴書の空白期間やフリーター歴が長ければ長いほど、就職成功率が低下するため、できるだけ早く活用する必要があります。

しかし、大学中退後に就職を成功させられるのか不安な人も多いでしょう。このような場合は、就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。

就職カレッジ® 中退者コースでは、社会人経験が少ない中退者を専門に、正社員への就職をサポートしているため、就活が初めてでも利用できます。

この記事で、大学中退後の就職に関する現実を把握し、就職カレッジ® 中退者コースを利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!