就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学中退におすすめの就職サイトは?就職サイトを使った就職のコツを解説!

大学中退におすすめの就職サイトは?就職サイトを使った就職のコツを解説!
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

大学中退者は就職サイトをどのように活用すればよいのか、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?大学中退者が就職サイトを使って正社員になることは可能です。なぜなら、中退者に特化した就職サービスを活用すれば、そこで面接や履歴書などの対策もしてもらえるからです。

こちらの記事では、大学中退が就職サイトを使って正社員になりやすい仕事や、大学中退から正社員になるためのコツを解説しています。大学中退後からの就職の進め方や就職サイトを使ったおすすめの仕事を知ることができ、自分に合った仕事を見つけることができるようになっていますので、是非最後までご覧ください。

大学中退後の選択肢は4パターン

大学中退後の選択肢は4パターン

大学中退後の主な選択肢は、以下の4パターンに分けられます。

  • 正社員として就職する
  • 進学する(別の大学、専門学校)
  • ニートやフリーターになる
  • その他(起業、公務員、資格試験の勉強など)

大学中退後の末路としてありがちなのが、ニートやフリーターになってズルズルと過ごしてしまうことです。大学中退後にスムーズに就職や進学ができたり、やりたいことが見つかっていれば問題ありませんが、そうではない末路を辿る人も多いのです。

その背景として、大学中退後の就職がうまくいかず挫折したり、「とりあえず稼ごう」という気持ちでバイトを始めてなんとなくそのまま続けていたり、やる気がなくなってダラダラしてしまったりすることが挙げられます。

大学中退が不利になる理由

大学中退が、就職に不利になりがちな3つの理由をご紹介します。

理由1:学歴が高卒になってしまう

大学中退をして、就職活動をしたときに実感するかもしれませんが、過去に大学に行っていたとしても、中退をしている時点で高卒扱いになってしまいます。これは、中退してしばらくは、あまり意識することがない部分かもしれません。「大学に途中まで通っていたのに、高卒?」と思うかもしれませんが、それが実際のところです。

学歴で給与水準が異なる起業の場合は高卒の給料になり、「大卒以上」が条件の企業には応募できなくなります。学歴が影響して、就職の選択肢がある程度限られてしまうことは、どうしてもあるでしょう。

理由2:大学中退がマイナスイメージになってしまう

家庭の事情やお金のことなどの特別な事情で中退せざるを得なかったケースを除けば、よいイメージを持つ人は残念ながら少ないでしょう。

「やっている勉強にやる気が持てなくなった」「ほかのことに熱中してしまい単位を落とした」などの理由で中退する人もいますが、企業から見れば「中退以外の方法があったのではないか」「もう少しがんばれなかったのか」と思われがちです。どちらかというと、会社を辞めたことより、学校を辞めたことのほうが、悪い印象を持たれがちかもしれません。

理由3:中退後の空白の期間が不利

大学中退後に就職先や進学先が決まっている人を除けば、大学中退後はいわゆる「空白期間」になります。空白期間が長ければ長いほど、面接では「この期間に何をしていたのか」を追求されがちです。

「就職の情報収集をしていた」「やりたいことを模索していた」という人もいるかもしれませんが、履歴書などの書類のうえではブランクとみなされることが多いでしょう。たとえば中退後にバイトをしていたとしても、職歴とは見なされにくいため、「どうして就職活動をしていなかったのか」という疑問が残り、あまり評価は変わらないかもしれません。

大学中退が就職サイトから正社員を狙いやすいおすすめの仕事5選

大学中退者が、就職サイトを活用して正社員就職を目指す際に、比較的就職しやすい仕事を5つ、ご紹介します。(※仕事5:公務員は通常の就職サイトには掲載されていませんが、中退後からでも目指せる仕事としてご紹介しています)

仕事1:営業

営業の仕事をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 求人数が多い
  • 学歴・職歴不問の求人も多い
  • 入社してから学んでいける
  • 将来、他の職種へ転職する際も役立つ

大学中退からはじめて正社員就職する際に、もっとも就職しやすい職種のひとつが営業です。まず、就職サイト上の求人数が圧倒的に多く、若手であれば未経験者OKの企業もたくさんあります。

企業によって扱う商品・サービスはさまざまですから、事前に知識などがなくても、実務を通じて覚えていくことがしやすい職種です。また、いわゆる「営業力」は、どの仕事をするにしても決してマイナスにはなりません。

まずは営業職として就職し、正社員として実績や経験を積むのもひとつの手段です。ほかにやりたいことが出てきたら、営業で培った能力を役立てられるような転職のチャンスもあるでしょう。

営業職に就くための資格は不要ですが、コミュニケーション能力や提案力などがあると役立ちます。

仕事2:販売・接客

販売・接客の仕事をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 人手不足の傾向にある
  • 学歴・職歴不問の求人も多い
  • 人と接することが好きな人は楽しめる
  • 過去のアルバイト経験も活かせる

販売・接客も、営業に次いで大学中退者が正社員就職しやすい職種です。人手が足りていない店舗数も多いため、就職サイト以外に自社のホームページや店頭、SNSなどで求人を出しているところもあります。自分の好きなジャンルの店を選んで、働くことも可能です。基本的に人と接する時間が長いため、会話やコミュニケーションを楽しめる人にはおすすめです。

販売・接客の場合、大学時代や中退後のフリーター期間などの経験が役立つこともあります。販売・接客のバイトをしていたことがあるという人は、正社員になっても仕事に慣れやすいでしょう。

販売士などの資格はありますが、基本的には資格は不要です。入社してみて、資格があったほうがよさそうだと感じてから勉強しても遅くはないでしょう。スキルとしては、対応力や、気持ちの切り替えの早さなどがあるとスムーズに仕事に取り組めるはずです。

仕事3:事務職

事務職の仕事をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 長く続けていきやすい
  • 女性が働きやすい
  • 若ければ正社員求人も比較的ある
  • 資格があれば有利になることも

事務職は、営業や販売と比較すると求人数はやや減りますが、大学中退後、すなわち20代前半などの若いときであれば、未経験でも正社員就職しやすい職種です。逆に30代前後などになってしまうと、すでに実務経験がある人との差があるため、未経験からの正社員就職のハードルは上がりがちです。

事務職は女性比率が高く家庭との両立もしやすいため、長く働いていきたい女性にもおすすめです。また、事務職は派手さはないもののコツコツと取り組める安定感があるため、地道にキャリアを積んでいきたい人にはマッチするでしょう。

資格がなくても事務職への就職は可能ですが、取っておくと実務に役立つ資格としては、以下があります。

  • 日商簿記2級
  • ITパスポート
  • 秘書検定準1級

計算に強い、ITの基礎知識がある、マナーに長けているなど、強みがひとつでもあると、自分の武器になることがあります。資格を取る・取らないは自分の判断で問題ありませんが、取得してマイナスになることはまずないでしょう。

仕事4:Webデザイナー

事務職の仕事をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 専門職としてキャリアを積める
  • 需要が高いため転職もしやすい
  • リモート・在宅で働くこともできる
  • 長く働きやすい

Webデザイナーは、自社、またはクライアントの公式サイトやECサイトなど、Webサイトのデザインに特化した業務です。レイアウト変更やコンテンツ制作、動画や写真の撮影、SNS更新などの業務を担うこともあります。

企業からの需要が高く、長く働いていきやすい職業でもあります。ある程度実務経験を積むことで、いずれはリモートなど自宅で仕事ができるようにもなるため、働き方を柔軟に選びたい、いずれは家でも働けるようになりたいという人にはおすすめです。

注意点としては、実務未経験でも就職はできますが、まったく知識やスキルがない場合、正社員就職はかなり厳しいという点です。「illustrator」や「Photoshop」を使える、または、中退前にデザイン系の勉強をしていた、中退後に学んだなどであれば、就職のチャンスはあります。

仕事5:公務員

公務員の仕事をおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 失業の心配がない
  • 安定した環境で働ける
  • 将来設計がしやすい
  • 中退からでもチャレンジできる

公務員の圧倒的なメリットは、安定です。中退者であっても、公務員になればそこからはずっと働き続けることが可能で、職場が倒産することは100%ありません。失業やリストラとは無縁でいたいという人にはおすすめです。

たとえば地方公務員の場合には、給料表の「級」と「号給」で給料の額が決まるため、結婚して子どもができた後など、人生の見通しが立てやすいという魅力もあります。

注意点としては、公務員の仕事が向いているかは人によるという点です。安定だけに惹かれて公務員になっても、仕事が合わずに退職を考え始める…という可能性もあるため、慎重に検討しましょう。

公務員試験を受験し、合格すれば中退者でも公務員になることができます。ただし受験時の年齢には定めがあり、おおむね~30歳までが上限になっていることが多い傾向にあります。ただし、種類や地方によっては、25歳まで、35歳まで、40歳までなど異なるため、自分が受けたい公務員試験の年齢上限を確認しましょう。

大学中退が就職サイトを使って正社員になりやすくなるための5つのコツ

最後に、大学中退者が中退後に正社員就職しやすくなるためにやるべき5つのことを解説します。弊社ジェイックの中退者向け就職支援サービスについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コツ1:大学中退をしても空白の期間を作らない

大学中退後に就職したい場合、できるだけ早く就職するのが理想です。焦りすぎるとブラック企業などに就職してしまうリスクもあるため慎重にはなるべきですが、速やかに就職に向けて動いたほうが、スムーズに就職できる可能性も高くなります。

あまり好ましくないのが、「しばらくはのんびりしよう」と休みすぎて、重い腰が上がらなくなってしまうことです。ニートやフリーター生活に慣れすぎないうちに行動したほうが、就職においてよい結果を生みやすいでしょう。

コツ2:大学中退してから資格をしっかり取得する

資格は必須ではありませんが、中退後に自由な時間ができてその期間を有効活用したいのであれば、資格の勉強はおすすめです。ただし、「受かること」が前提です。「中退後に勉強していたこと」はプラスですが、「中退後に資格の勉強をしたが、落ちた」というのは、アピールになりづらいでしょう。

資格取得にどの程度の時間をかけるのかは、取得したい資格と就きたい仕事によります。資格があったほうが就職しやすいのであれば、やはり取れるチャンスを逃さないほうが、メリットが大きいでしょう。

一方、取得しなくても就職に影響しないような資格ならば、まず就職活動を優先させて、就職してから資格取得を検討しても遅くはありません。

コツ3:大学中退の理由や経歴について考えておく

大学中退後、正社員就職の採用選考を突破するためには「中退という経歴が気にならない」「中退者でも、ぜひ雇いたい」と思ってもらえる準備が大切です。そのために必要なこととして「なぜ大学を中退したか」「大学を中退してからは何をしていたか」の2点を、上手に伝えることがあります。

書類選考や面接に入る前に、自分の大学中退に至った経緯やこれまでを整理しましょう。ネガティブな理由で中退したとしても、捉え方や表現でいくらでもポジティブにできます。企業の担当者を納得させられるような説明ができるよう、しっかりと準備することをおすすめします。

コツ4:履歴書を工夫して書く

履歴書には、大学中退の経歴は必ず記載しましょう。「伝えたくない」「書かなければいけないことを知らなかった」という人もいるかもしれませんが、中退のことを書かなければ、いわゆる「経歴詐称」になってしまうため要注意です。

学歴の欄に記載し、たとえば「家庭の事情により大学中退」など、中退の理由を書き添えておくと、企業側に理解してもらうことができます。書類上では文章の内容でしか判断できませんから、ただ「中退」という文字だけを見るよりも、理由がわかるほうが、マイナスの印象を軽減しやすくなります。

コツ5:大学中退におすすめの就職サイトを利用する

大学中退者向けの就職サイトを活用することで、効率的に就職活動ができます。理由は、以下の通りです。

  • 中退の経歴を活かした就職活動ができる
  • 中退者の採用に積極的な企業を紹介してもらえる
  • 大学中退者の就職ノウハウ・実績が豊富にある

中退者向けに特化した就職支援サービスのほうが、そうでない就職支援サービスより、圧倒的に手厚いサポートを受けられます。たとえば20代向けの就職支援サービスであっても、大卒者などを優先的にサポートするようなところでは、満足いく就職活動はしにくいでしょう。

ジェイックの「セカンドカレッジ」では、中退者に特化した就職・転職支援を実施しています。就職成功率は90.7%と、通常の中退者の就職成功率と比較しても非常に高くなっています。就職支援講座では、中退の経歴を活かした就職活動の方法を指導いたします。

「大学中退後に、最短距離で就職に成功したい」という方は、ジェイックまでお気軽にご連絡ください。

まとめ

大学中退後は、就職サイトを活用するのがおすすめです。ハローワークなどで求人を探すよりも効率的で、探しやすいからです。

ただし大学中退者の場合、いわゆる一般的な「求人サイト」で就職先を探すよりも、最初から「中退者向けの就職サイト」に申し込んだほうが、就職において中退という経歴が不利になりにくくなります。自力でがんばろうとせず、早めに、中退者向けの就職サイトやサービスを使ってみましょう。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!