就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学中退した女性のその後とは?就職するためのポイントを解説

大学中退した女性のその後とは?就職するためのポイントや人気職種を解説
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

大学中退した女性は、その後どうなるの?就職できるのか、フリーター以外にどのような進路があるか心配…」と、悩んでいる方も多いかもしれません。この記事では、大学を中退した女性のその後や具体的な進路、体験談・就職を目指す方法について解説します。さらに、中退からの正社員就職をサポートするサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、大学中退からの就職を勝ち取りましょう!

大学を中退した女性のその後とは?

大学を中退した女性の中には「中退者は就職が難しくなる」などと聞いたことがある方も多いでしょう。

しかし、大学を中退したからといって就職できなくなるわけではありません。ここでは、大学を中退した女性に起こりうるリスクについて解説します。女性に限らず「大学中退者全般」が注意すべきことでもありますが、知識として知っておきましょう。

家族仲が悪くなる可能性がある

大学へ親の援助で入学した場合、中退してしまうと親との仲が悪くなる可能性があります。奨学金を使って大学進学する人もいますが、親に入学金・学費を払ってもらった人も多いのではないでしょうか。

親が「大学だけは出てほしい」と考えている場合、大学を中退したことで親との関係がギスギスしてしまう、というケースはあり得ます。

大学中退後に自身の進路をしっかりと定めて活動している場合は、いわゆる「親不孝者」と考えられるケースは少ないでしょう。

しかし、なんとなく大学を辞めてニートやフリーター生活が長い場合や、中退後にずっと親から金銭的な援助を受けていると、家族仲が悪くなる可能性があります。

いずれにしても大学を中退する前に、親には中退を考えていることを必ず相談しましょう。中退後の目標に向かって真剣に取り組んだり、入学金や払ってもらった学費は少しずつでも返済することで、中退後も家族仲を悪化させることなく活動できる可能性が高いです。

就職活動が不利になりやすい

大学を中退した後は、就職活動が不利になる傾向があります。これは女性だけではなく、男女共通していえることです。

大学を中退した場合、最終学歴が大学中退ではなく「高卒」となるため、大卒や専門卒以上の求人に応募できず、求人自体の母数が減少します。また、大学中退後すぐに就職活動を実施した場合でも、どうしても多少は履歴書に空白期間ができてしまいます。

そのため、大卒者に比べるとどうしても、大学中退者は就職が不利になりやすいといえるでしょう。

しかし、大学を中退した後でも正しく就職活動を実施することで、就職を成功させruことは可能です。大学中退の悪いイメージに囚われて行動が遅くなるとますます就職成功が遠のいてしまうため、できるだけ早く行動しましょう。

フリーターだと結婚のチャンスが減ることも

日本労働組合総連合会の調査では、最初に就いた仕事が正社員の女性の結婚率が70.9%、非正規雇用の場合は26.9%となっています。

これは「正社員になったことがない女性は結婚できない」ということを指しているわけではありません。しかし、正社員とフリーターでは、結婚につながる出会いに差が出やすい、ということは考えられます。

たとえば、正社員として仕事をしていれば同じ職場の人もほぼ正社員のため、たとえば社内で出会って結婚することになっても、そこまで大きな不安要素はないでしょう。一方、フリーターとして働く職場で同じフリーター仲間と交際したとしても、フリーターでいる限り安定した生活は難しいため、結婚まで発展しないという可能性はあり得ます。

また、いまの時代は男女共働きの夫婦も多くなっているため、男性側が結婚を考えたときに、「結婚相手はきちんと働いて自立している女性がいい」と考えるケースも少なくなさそうです。

引用:日本労働組合総連合会「非正規雇用で働く女性に関する調査2017」

大学を中退した女性はその後どうなる?後悔する理由

大学を中退した女性は、そのことを後悔しているのでしょうか?実際には、以下のようなことがあると、大学中退を後悔する人もいるかもしれません。

空白期間が長引くと就活が不利になる

大学中退後の空白期間が長引くと、就活が不利になります。独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査結果では、フリーター生活6ヶ月〜1年以内の就職成功率は50〜60%です。しかし、1年を超えると就職率が30%以下となり、4年以上になると15%以下まで低下してしまいます。

つまり、中退後1年以内に就活を実施した場合、50%の人が就職に成功していますが、4年以降に就活すると15%以下まで成功率が低下してしまうのです。フリーター生活が長期化してしまうと、面接時に「計画性のない人間なのではないか」「入社してもすぐにやめてしまうのではないか」と思われてしまう可能性があります。

人間性に問題がない場合でも、大学中退後の空白期間だけで印象を悪くしてしまいます。そのため、就職を希望する場合は、大学中退後にすぐ就活を開始することで、就職を成功させられるでしょう。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」

焦って行動すると危ないケースも

大学中退後に早く就活を実施することで就職成功率は高くなりますが、必ずホワイト企業に入社できるわけではありません。

「正社員就職」を重視しすぎてしまうと、細かい情報の確認不足で、ブラック企業に入社してしまう可能性があります。

入社した会社が、長時間労働や人材不足が慢性化しているブラック企業の場合、肉体的・精神的に苦痛を感じてしまうでしょう。最悪の場合、精神疾患につながってしまうケースもあるため、十分注意が必要です。

大学中退後に焦って就活を行うのではなく、できる限り求める情報や企業の詳細などを把握した上で、求人に応募するようにしましょう。

大学中退した女性が選ぶその後の進路

大学を中退した女性は、具体的にどのような進路に進む仕事が多いでしょう。

ここでは、大学中退した女性が選ぶその後の進路について解説します。

ニート

大学を中退した後、ニートになる人は一定数います。実家暮らしの場合や、親が金銭的援助をしてくれる場合は、生活に困ることも少ないかもしれません。

しかし、将来的に就職を考えている方は、ニート生活が長期化していると、就職率が低下してしまうため注意が必要です。就職意欲も下がり、いざ就職したいというときの選択肢が限られてしまうリスクがあるため、できるだけ早く就職活動をすることをおすすめします。

フリーター

大学編入や正社員として就職するよりも難易度が低いため、大学中退後に「とりあえず」の進路としてフリーター生活を始める人は多いです。

基本的にシフトも自分の都合で設定でき、ノルマなどもなく掛け持ちも可能なため、自由度が高い点はメリットです。また、シフトをしっかり入れて働くことで、必要な生活費程度ならば稼ぐこともできます。ただし、フリーター生活が心地よくなると、就職意欲が低下する傾向も多い点には要注意です。

就職する前にフリーターになる場合は、1年以内など期間を設定しておくことで、効率よく就活を行えるでしょう。

大学に編入する

大学中退後に、違う大学へ編入する進路を選ぶ人もいます。大学卒業の学歴が欲しい場合や学びたい内容がある人は、検討すると良いでしょう。

基本的に大学中退履歴がある場合でも、除籍処分でなければ取得した単位をそのまま利用できることがあります。

しかし、大学へ編入するためには「編入試験」に合格する必要があります。編入試験は一般入試よりも科目が少ない反面、倍率が高めです。

また、希望する大学が中退者も対象とした編入試験を実施していなければ、編入試験を受けることはできないため、注意が必要です。

専門学校に進学する

大学以外にも、専門学校へ進学する進路もあります。大学卒業の学歴ではなく、専門的な知識や技術を身につけたいと考えている場合は専門学校への進学がおすすめです。

専門学校を卒業することで、特定の分野に関する知識・技術を効率よく身につけられるため、就職にも有利に働きます。また、同じ分野で頑張る人と出会えるため、モチベーションを維持しやすい点がメリットと言えるでしょう。

ただし、入学して卒業まで数年かかるため、同世代に比べて社会人として出遅れてしまうリスクがあります。本当に学びたい知識や技術、希望する企業がある場合にのみ、専門学校への進学を検討すると良いでしょう。

契約社員として働く

社会人として働く方法は、正社員として就職するだけではありません。契約社員とは、あらかじめ定められた期間、企業と雇用契約を結び勤務する働き方です。

民間企業に勤務できるため、実務経験を効率的に積むことができます。なかには正社員登用前提と明記したうえで契約社員を募集している企業もあるため、求人情報を細かく見てみましょう。

ただし、契約期間が来るたびに更新を行うため、契約更新がされない可能性もゼロではない点には要注意です。また、アルバイトなどと比べると入社ハードルは上がるため、大学中退の経歴がネックになって落とされてしまうこともあり得ます。

とはいえ、正社員として採用されるよりも難易度は低いため、社会人として働き始めて将来的に正社員を目指したい場合は、契約社員としての勤務を検討するのもひとつの方法です。

民間企業に正社員として就職する

正社員として就職した場合は「無期雇用」となり、失業リスクがもっとも低くなります。産休・育休に関しては正規雇用・非正規雇用にかかわらず条件を満たしていれば取得できますが、出産後もひとつの企業で長期的にキャリアを積みたいと考える女性は、正社員として勤める方法がもっとも安定しやすいといえるでしょう。

ただし、すべての企業が子育て中の女性にとって働きやすい環境が整っているわけではないため、入社前に調べることは大切です。また、将来的にずっと正社員として働き続けるか、それ以外の働き方に変えるかなどについては、そのときになってみないとわからないともいえます。

働き方について迷っている方は、まずは正社員として就職して働いてみて、私生活が変化したタイミングで改めて考えてみるのもひとつの方法です。最終的には、自分にとってどの働き方がもっとも良いのか、さまざまな要素を総合的に考えたうえで検討することになるでしょう。

公務員に就職する

大学中退後に、民間企業ではなく公務員として就職する進路もあります。地方公務員・国家公務員であれば、大学中退でも国家試験に合格することで就職が可能です。

また、リストラや倒産の心配がなく福利厚生が整っているため、長く働きやすい環境と言えるでしょう。「転職などは考えていない」「安定を重視したい」女性は、公務員になるメリットは大きいでしょう。

学歴に関わらず、公務員試験に合格さえすれば、誰でも公務員として就職できるため、場合によっては民間企業よりも就職を目指しやすいです。

しかし、公務員試験の難易度は受験する地域・職種によって異なりますが、一定期間の学習は必要になります。2次試験には面接も行われるため、大学中退の理由をネガティブに話してしまうと、採用されない可能性が高いです。

そのため、安定した福利厚生を求める場合や公務員試験の勉強を苦に感じない人は、おすすめの進路です。

大学を中退した女性がその後就職する方法

大学を中退した女性でも、正しく就職活動を行うことで、十分に就職可能です。ここでは、大学を中退した女性が、その後就職する方法について詳しく解説します。

中退後の空白期間を埋める

大学を中退した後に就職するためには、空白期間を埋める必要があります。空白期間とは、大学中退以降の履歴書にある期間を指します。

就職活動までの空白期間が長ければ、面接官から「本当に就職する気があるのだろうか」「今までは何をしていたのだろうか」などの疑問が出てきます。

また、半年程度の空白期間であれば、資格勉強や就活などで理解してもらえますが、1~2年以上空白期間がある場合、担当者から不信がられる可能性が高いです。

空白期間の長さは企業担当者にマイナスなイメージを与える傾向にあるため、大学中退後はできるだけ早く行動するようにしましょう。

中退後すぐに行動することで、正社員として就職できる確率を高めることが可能です。

不利になる詳細を履歴書に書かない

企業へ送る履歴書には、不利になる詳細を書かないようにしましょう。企業の面接に進むためには、書類審査を通過する必要があります。

つまり、担当者から見て魅力的な履歴書でなければ、就職を成功させることはできません。

手書きで履歴書を作成する際は、丁寧に書くことを心がけましょう。

また、大学中退は履歴書に記載し、同時に中退理由も添えることが重要です。その際は、「人間関係に悩んだため」「授業についていけなかったため」など、不利になるようなマイナスの詳細は書かないようにしましょう。

大学の中退理由を書く際は、事実のみを簡潔に書くことが重要です。

経歴・職歴詐称は注意が必要

履歴書の内容は採用の合否に関わりますが、経歴・職歴詐称は必ず注意しましょう。大学を中退したにも関わらず「大学卒業」「高卒」と履歴書に記載してしまうと、学歴詐称になります。

万が一、入社できたとしてものちにバレてしまうと、せっかく就職できたのに退職になってしまうリスクもあります。履歴書には、ありのままを記載することで、問題なく面接まで進めるでしょう。

中退理由を自分なりにまとめておく

大学中退後に就活を行う場合、中退理由は自分なりにまとめておきましょう。大学を中退して面接に臨む場合、基本的に「なぜ中退したのですか」と問われる可能性が高いです。

自分なりに中退理由をまとめておくことで、マイナスな印象を与えることなく、中退をポジティブに捉えていると企業側に感じさせることもできます。

しかし、中退理由が自分のなかでまとまっていない状態で問われてしまうと、どうしてもマイナスの回答になってしまい、ネガティブな人間だという印象を与えてしまうでしょう。

そのため、どのような理由でも中退をネガティブにのみ捉えるのではなく、自分の考えで前向きに話すことが重要です。ただし、家庭の事情や経済的理由などやむを得ない事情があって中退した場合、そのことはきちんと伝えておきましょう。

面接官にはポジティブに伝えるのがポイント

大学中退理由や空白期間について問われた場合、できるだけポジティブに伝えるようにしましょう。「勉強についていけなかった」「遊んでしまった」などの回答をしていては、面接官にネガティブなイメージを与えてしまいます。

「アルバイトが好きで、つい力を入れすぎてしまった」や「元々接客業に興味があったため、できるだけ早く働きたかった」など、前向きな理由を伝えることで、良いイメージを与えることが可能です。

就職までのスケジュールを設定する

大学中退後に就活を行う場合は、就職までのスケジュールを設定しておきましょう。中退してすぐに就活を実行することにより空白期間を短くできますが、思うように進まなければゴールがわからなくなります。

例えば、気になる企業の全てから内定をもらえなければ、次にどの企業へ応募すればいいのかわからなくなり、就活が止まる可能性があります。

そのため、就活を始める前に、希望する職種・重要視する部分・いつまでに就職を成功させたいかなどのスケジュールを決めておくことで、スムーズに就活を進められます。

具体的な日程を決めるのではなく、ざっくりとスケジュールを決めておくだけで、中だるみすることなく就職を成功させられるでしょう。

資格・スキルを身につける

大学を中退して就職を目指す場合、資格・スキルを身につけることも重要です。全く実務経験や資格を保有していない状態で求人に応募しても、採用してもらえない可能性があります。

一方、応募した職種に関連するスキル・資格を保有しているだけで、就職を有利に進められます。実務経験がなくとも即戦力として考えられるため、保有していない人材よりも就職成功率が高くなります。

ただし、資格・スキルを身につけようと考えている場合、全てのリソースをそこ注ぎ込まないようにしましょう。特に長期間資格取得のために時間を割いてしまうと、履歴書に空白期間ができてしまうため、注意が必要です。

中小企業・ベンチャー企業を中心に応募する

大学を中退して就職を目指す場合は、大企業ではなく中小企業・ベンチャー企業を中心に応募しましょう。最終学歴が高卒の場合、大企業の求人は大卒以上や実務経験を重視する傾向にあるため、応募しても採用されない可能性が高いです。また、新卒やキャリア採用が優先されるため、中退者はかなり難易度が上がってしまうでしょう。

一方、中小企業やベンチャー企業は学歴や経歴を重視しないところも比較的あり、実務経験がなくとも就職できるケースがあります。

当然ですが、中小企業・ベンチャー企業であっても、応募者を誰でも採用するわけではありません。必ず、面接対策や企業に関するリサーチを万全にしてから応募するようにしましょう。

就職サポートサービスを利用する

大学中退後に就職を目指す場合、一人で就活を実施するのではなく就職サポートサービスを利用しましょう。一人で就職活動を実施していると、面接対策や履歴書に記載する内容が主観的になりがちです。

しかし、就職を成功させるためには、自身の状態を客観的に伝える必要があります。そこで、就職サポートを利用すると、アドバイザーが客観的に就活を支えてくれます。就職サポートサービスの詳しい情報については後述しますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【体験談】大学中退した女性のその後

ここでは、大学を中退した女性のその後について、インターネット掲示板に書き込まれた体験談をもとに、解説していきます。

就活したら中小企業に就職できた

「大学2年で中退→2年間フリーター→ふと見た広告の正社員募集に応募し正社員に何だかんだで4年目」

このように、フリーターとして数年間生活していても、就活して正社員として就職できた女性も多いようです。1年以上フリーター生活を続けると就職成功率は低下しますが、就職できなくなるわけではありません。

面接対策や自己分析を行い気になる求人へ応募することで、就職できる可能性は高いです。就職を考えているにも関わらずフリーター生活を続けている人と、少しづつでも就活を行なっている人では、結果が異なるようです。

そのため、フリーター生活が長期化した場合でも、求人に応募することで正社員として就職できる可能性を高められると言えるでしょう。

高卒扱いでも良い企業に就職できた

「大学の入学式すら行かず、オリエンテーションのみ参加で退学した私が通りますよっ。

学費は半期分支払い済みだから、1年の9月まで籍はあったみたい。それから、某大手企業グループの派遣会社から同じグループ内の会社に派遣されて、派遣先の会社の中途採用受けて正社員になった。新卒は大卒以上しか取らないみたいだけど、中途採用は高卒でもOKだった。」

大学を中退しして派遣社員として働き始め、その後、中途採用枠で正社員として就職した人もいるようです。正社員としてのスタートではなくても、大学を中退した時点で諦めることなく働いたり行動したりすることで、就職でき人も多いことがわかります。

就活がうまくいかずどうしたらいいかわからない

「二年間ぼっちで精神持たず三年目の就活前で辞めた。数年経っていまだにフリーター…同級生が結婚やバリバリキャリアを築いてるってのに何してるんだろうって思う」

大学を中退した後に就活をしている人の中には、上記の女性のようになかなか就職できず悩んでいる人もいるようです。フリーター生活が長くなればなるほど、正社員として就職は難しくなくなります。

また、(正社員になれば結婚できるという意味ではなく)前述の通り、正社員として働いたほうが出会いの機会は増えるため、早く結婚したい人にとって、就職したほうが可能性が増えるともいえそうです。

いずれにしても、できる限り早く行動して就活を行うことが重要です。大学を中退した後に就活を始めようとしていても「どのように始めればいいかわからない」と悩みを抱えている方は、就職サポートサービスの利用がおすすめです。

一人で孤独と不安を抱えたまま就活するのではなく、サポートを受けることで、就職成功率をアップさせられます。

就職カレッジ® 中退者コースを利用して就職にチャレンジ

大学中退後の就職サポートサービスを探している方は、弊社ジェイックの就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。就職カレッジ® 中退者コースとは、20代までの男女を対象とした、中退者の就職に特化したサービスです。

サービスは無料で利用可能なため、コストをかける心配もありません。また、利用者の約90%以上が就職に成功しているため、安心して利用が可能です。

さらに、経験豊富なスタッフや専任アドバイザーがサポートを実施するため、就活で不安な部分を解決しながら就職活動ができます。

下記にて、就職カレッジ® 中退者コースのおすすめポイントを解説します。

大学中退者に強いサービス

就職カレッジ® 中退者コースは、大学中退者に特化した就職サポートを提供しているため、大卒者にはないサービスを利用できます。

大学中退者の正社員就職率は約26%ですが、就職カレッジ® 中退者コースでは約3倍の90%以上の就職成功率を実現しています。

さらに、中退者を積極採用したいと考えている企業と書類選考なしで会える合同面接会に参加できるため、中退の経歴がある方も安心してご利用いただけます。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「2015年 大学等中退者の就労と意識に関する研究

無料の就職講座を提供

就職カレッジ® 中退者コースでは、中退者に特化した無料の就職支援講座を提供しています。講座では、中退の経緯と向き合う方法やビジネスマナー・履歴書の添削などを実施します。面接対策も行なっているため、受講することで就職成功率を高められるでしょう。

また、専任のアドバイザーが客観的に求職者の経歴を確認し、具体的なPR方法やマイナスなイメージを持たせない志望動機を一緒に模索します。

さらに、中退の経歴を面接でアピールポイントにする方法や好印象に変える対応など、中退者に特化したノウハウや実績を持つからこそ知り得る情報を提供しています。

入社後も充実のサポートを提供

就職カレッジ® 中退者コースでは、就活中だけではなく就職成功後もサポートを実施しています。入社後でも職場での悩み相談や新社会人向けの研修、専任担当者による1年以上の応援体制など、定着率を高めるサービスが複数存在します。

他では話せない悩みも、就職カレッジ® 中退者コースの担当者なら相談に乗ってくれるため、安心して働くことができるでしょう。

まとめ

大学を中退した女性のその後や具体的な進路、体験談・就職を目指す方法について解説しました。大学を中退した女性には、さまざまなな進路が存在します。特に「大学を中退すると就職できないのでは」と考えている人でも、正しく活動すれば就職は可能です。

しかし、一人で就活を行う場合やフリーター期間が長期化してしまうと、就職できない可能性があります。このような場合は、弊社ジェイックの就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。就職カレッジ® 中退者コースでは、中退者に特化した正社員への就職をサポートしているため、就活が初めての女性も安心して利用できます。気になった方は、まずはお気軽に以下からご登録ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!