就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学中退者は逃げてはいけない?逃げる理由や対処法も解説!

大学中退者は逃げてはいけない?逃げる理由や対処法も解説!

大学中退者が逃げやすい理由や逃げてはいけない理由は何か、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?実は、大学中退者は逃げないことで逆転も可能です。なぜなら、自分に合った就職をすることでその後の人生をやり直すことができるからです。

こちらの記事では、大学中退者が逃げる理由や逃げないための対処法などを解説しています。大学中退後、逃げずに就職に成功できる方法がわかる内容になっていますので、ぜひご覧ください。

中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

大学中退者が逃げる3つの理由

大学中退者が逃げる3つの理由

大学中退をした後、その現実から逃げたいと感じる人は少なくありません。大学中退者が逃げる理由・なぜ逃げたいと考えやすいのかについて、3つの理由をそれぞれ解説します。

理由1:今までの人生設計が変わり、使えなくなった

大学に進学した時点で、基本的には「大卒」になることを想定していた人がほとんどでしょう。大卒と大学中退では、大まかな人生設計が変わってきます。

たとえば大卒としての人生を想定していた場合、実際にその通りに行く人は少ないとしても「新卒として就活→第一志望(またはある程度の規模)の企業に内定→希望の部署や職種に配属され働く」というルートを思い描く人も多いのではないでしょうか。

その人生設計は、大学を中退することで崩れます。まず、大卒でも新卒でもなくなるため、その時点で応募できる企業が制限されます。中退の経歴がハンデとなり、また自力での就活が難航し、なかなか内定が決まらないこともあります。せっかく就職できても、ミスマッチや待遇の悪さなどで早期離職というパターンもあります。

このように、人生設計が大学中退で大幅に変わってしまったことで希望が持てなくなり、現実から逃げてニートやフリーター状態になってしまうことがあるのです。

理由2:人生を同じタイミングで共に歩む人がいなくなる

大学生であれば、同級生の友人ができ、ともに学生生活を送ったり、就職活動を乗り越えたりすることで、絆が生まれることがあります。多くの場合は同じ時期に社会人としてスタートを切るため、卒業後も仕事の悩みを相談し合ったりして、関係が続いていくことがあるでしょう。

大学中退者は、そういった仲間がいなくなります。大学を中退するタイミングも一人ですし、中退後の過ごし方、そこから就職する時期も同級生とは異なります。大学中退後はあまり気にならなかったとしても、徐々に違いを感じて孤独になってしまいやすいのです。

もちろん、中退後も大学時代の友人と親交が続く人はいるでしょう。しかし、お互いが歩んでいる道が違うという点で、話が通じないと感じる経験もありそうです。

中退してしばらく経ち、うまくいかない日々が続くと「自分のことをわかってくれる人はどうせいない」と感じてしまい、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。

理由3:今までの積み重ねが崩れたと感じる

大学に入学するには、受験勉強が必要です。推薦で入学したとしても、高校在学中の勉強をがんばっていた人がほとんどではないでしょうか。

小中高と学習の習慣をつけ、テストや宿題などにもコツコツと取り組んできて、一定の学力が身についたからこそ大学に入れたはずです。しかし大学を中退すると「大卒」という学位がもらえなくなるため、努力してやってきたこれまでの積み重ねが、一旦リセットされてしまうことになります。

「何のためにがんばってきたんだろう」と虚しくなり、逃げたいという気持ちになることは珍しくありません。特に、大学に入るまで比較的順調な人生を送ってきていたり、大きな挫折経験がなかったりする人ほど、ショックを受けやすいかもしれません。

大学中退者が逃げずに不安を乗り越える正しい方法

大学中退者が、これからの人生に逃げずに向き合い、不安を乗り越えるための方法を3つご紹介します。

方法1:大学中退者でも人生の逆転が可能と知ること

大学中退者でも、人生を逆転させることはできます。ここでいう逆転とは「大企業に入って出世コースに乗る」ということではなく「中退の学歴がハンデにならず、自分に合う企業・職業に就き、必要な収入を得ることができている」ことを指します。

結局のところ、大卒でも大学中退でも、やりがいのある仕事をして自分の気質に合う働き方ができ、きちんとお金をもらうことができていれば、高い満足度を得られるのではないでしょうか。

実際に、大学中退で自分なりのキャリアを築いている人はたくさんいますし、仕事で活躍している身近な人が実は大学中退者だったと後から知る、ということもあります。

大学中退者は、就職などにおいて大卒よりも不利になりやすいことは事実です。しかし、その環境のなかで正しく努力し、過去の経験をプラスに活かそうという姿勢やあきらめない気持ちがあれば、大学中退後によい人生を送っていくことは当然できます。中退からのスタートでも、その後の自分の行動次第で大きな可能性があるのだということを、まずは理解しましょう。

方法2:人生設計を作り直す

大卒を前提として考えていた人生設計を、ゼロから作り直していきましょう。具体的には、以下のようなことを考えていくとよいでしょう。

  • いつまでに就職するかを決める
  • 3年後、5年後、10年後など比較的近い未来を考える
  • 中退の経歴が影響しない仕事や企業を探す
  • 自分の強みを最大限生かせる職業を見つける

大学中退者の場合、年齢も18歳~20代とさまざまです。中退後はできるだけ早く就職したほうが有利ですが、就職の意思がある場合は、ゴール設定を決めましょう。たとえば「2~3か月後」「半年後」など、できるだけ短期間かつ、無理のない期間設定がおすすめです。

あまりに先の未来のことを思案してもピンと来ないため、最大でも10年後くらいまでの未来を想定し、どうなっていたいかを考えてみましょう。働き方、収入、結婚など、ざっくりでいいので「こうなっていたい」という青写真を描き、そこから逆算していくと、いますべきことが見えてきます。

世の中には、学歴がハンデにならない職業や企業も以外とあります。大学中退者の場合は、最初から学歴を問われず自分に合いそうな場所でスキル・経験を積み、ステップアップしていく方法に振り切ったほうがよいかもしれません。

人生設計の描き方は自由です。自分らしい人生はどんなものなのか、考えてみましょう。

方法3:不安な時こそ行動

大学中退者が不安から「逃げたい」という気持ちを脱するには、とにかく行動あるのみです。行動といっても、特別なことをする必要はありません。

たとえば、以下のようなことを試してみましょう。

  • 企業に応募して経験値を積む
  • 複数の求人サイトに登録・活用する
  • 中退者向けの就職エージェントを利用する
  • ハローワークなど仕事探しができる場所へ通う
  • ニートの場合は単発のバイトや在宅ワークを経験してみる

就職したいのであれば、まずは正社員求人に応募してみましょう。いきなり内定がもらえる可能性は低いものの、いくつか応募すれば書類選考に通過したり、面接に呼ばれたりすることもあるかもしれません。実際に応募してみることで、就職へのリアリティが出ます。書類すら通らない状態が続くようなら、企業選びや書類の書き方に問題があるかもしれないなど、改善点が見えてきます。

早い段階で、大学中退者向けの就職エージェントを利用する方法もおすすめです。無料で利用でき、中退者に特化した支援を受けられるほか、中退者の採用に積極的な企業を紹介してもらうことができます。

大学中退後にニートをしていて社会に出るのが怖いという人は、単発のバイトや初心者でもできる在宅ワークなどのように、短い時間でも「働く」経験をしてみることで、手ごたえを感じられるかもしれません。

何かしら行動に移せば不安な気持ちがかなり和らぐほか、ネガティブなことを考える時間も物理的に減ります。うまくいかなくても「行動した」という事実は残りますし、そこから感じたこと・得られるものは必ずあります。大学中退という立場は失うものもなく、ある意味怖いものがない状況です。どんどん行動していきましょう。

大学中退者が絶対に逃げてはいけない選択

大学中退者が「逃げがちな選択」があります。最後に、大学中退者が逃げた結果陥りがちだが、できる限りすべきではない3つの選択とその理由について、解説します。

就職から逃げてフリーターになる

大学中退後に一旦フリーターになる人は少なくありませんが、長くフリーター生活をすることはおすすめしません。大学中退後にフリーターを続ける理由としては、以下が考えられます。

  • 就職が決まらないから
  • できるだけ何もしたくないから
  • 「大学中退だから就職できない」とあきらめているから
  • まだ就職したくないから(もう少し遊びたいから)
  • フリーターの方が気楽だと感じるから

しかし、フリーター生活をずっと続けていると、以下のようなことが起こり得ます。

  • さらに就職のハードルが上がる
  • フリーター生活から抜け出しにくくなる
  • 自分に自信がなくなっていく

そもそも、大学中退の時点で就職に不利になっているにもかかわらず、定職に就かない期間が続いていると、ますます企業からネガティブな目で見られてしまいやすいでしょう。

生活費を稼ぐためのバイトで毎日が忙しくなり、フリーター生活を脱出できない悪循環にも陥りやすくなります。また「社会人としてきちんと働いたことがない」というコンプレックスから、自信を喪失してしまうこともよくあります。

フリーター期間を長引かせずに早めに就職すると、以下のようなメリットがあります。

  • 経済的・精神的に安定する
  • 就職に成功できる可能性が上がる
  • 成長できる機会が増える

まず、就職して組織の一員として働くことで収入の面でも安定しますし、仕事ができるようになってくると自信もついてきます。また、中退後は早めに就職活動をすることで「本気度」が企業に伝わり、好意的な目で見てもらいやすくなることも考えられます。

仕事のスキル・知識を得られることもそうですが、職場での人間関係を経験したり、ミスやアクシデントなどを乗り越えたりすることで、学生気分が抜けて人間的にも成熟できる点も、就職して働くメリットです。

就職から逃げて中退後も大学生気分を継続

大学中退者にときどきあるのが、中退後も大学時代の生活スタイルを変えないことです。たとえば、以下のようなケースです。

  • 大学時代の同級生とばかり引き続き遊ぶ
  • 飲み会や旅行、イベントなど遊びがメインの日々
  • 不規則な生活
  • 大学時代と同じバイト先で同じシフトに入る

こういった日々は、中退後しばらくはさほど違和感がないでしょう。しかし、ずっと学生気分を引きずった生活に甘んじていると、以下のようなことが起こり得ます。

  • 自分と周囲との差を感じ始める
  • 周りが新卒枠で就活をスタートさせ、焦る
  • 虚しい気持ちになってくる

大学を中退したにもかかわらず大学生のような暮らしをするのはただの「いいとこ取り」であり、長く続けられるものではありません。他の同級生は一見遊びやバイトばかりしているように見えても、大学生として日々の勉強をがんばっています。そして一緒に遊んでいた同級生が就活の時期になれば、自分との違いを痛感することになります。

周囲はどんどん環境が変わっていくのに、自分は何も変わっていないという事実に直面し、落ち込んでしまうことがあるでしょう。その後、投げやりになって何も行動しない…となってしまう可能性もあり得ます。

楽な付き合いの方に逃げる

大学中退後にアルバイトなどをしていると、バイト先で以下のような人たちと出会う機会があるかもしれません。

  • 大学中退→長年フリーターの人
  • 一度も就職したことがない人
  • 仕事が続かず、ずっと転々としている人
  • 「夢がある」と言いながら何もしていない人

こういった人たちが悪いというわけでは決してありません。しかし「向上心がない・または人生あきらめモードになってしまっている」人が多いのは事実です。大学中退後にフリーターを続けていると、そういった人たちとどうしても出会いやすくなってしまうという状況があり、居心地のよさを感じることもあるかもしれません。

大学中退後に楽な付き合いに流されていると、以下のようなことが起こり得ます。

  • 「別にこのままでもいいや」と思ってしまう
  • 努力をしなくなる
  • 愚痴やマイナス思考が増える

努力をせず文句ばかり言っていればいっときは楽かもしれませんが、それはまさしく「逃げ」であり、自分のためにはならないでしょう。また、現状に嫌気が差してきてもそこから抜け出しづらくなり、「どうせ、大学中退だし」とまた愚痴を言う…という負のループに陥ってしまうリスクがあります。

楽な付き合いに流されないようにすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分のことを大切にできる
  • 自分を律することでプラスの結果を生みやすい
  • 将来がよい方向へ向かう

ある程度自分に厳しくなることや、楽な環境からあえて抜け出すことは、結果として自分のためになります。いわゆる「ぬるま湯」に浸からず、就職活動や資格の勉強など、自分ができる最大限の努力を続けることで、道も開けてきます。「人は人、自分は自分」という考えを念頭に置き、人付き合いをしていったほうがよいでしょう。

まとめ

大学中退後は、逃げたいと感じることが一度はあるかもしれません。それは「中退」という事実に対してかもしれませんし、周囲との差を感じたときかもしれませんし、就職活動に苦戦したときかもしれません。しかし、逃げていても何も変わらず、むしろ就職が遠のいてしまうリスクがあります。

大学中退後でも、自分の納得いくキャリアを築いていくことは可能です。大卒と比べれば最初は大変なことが多いかもしれませんが、学歴で判断されない仕事や企業も、世の中には意外とあります。「大学中退という経歴から逃げたい、でも就職はしたい」という方は、ぜひ一度、弊社ジェイックのキャリアアドバイザーへご相談ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!