就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学の勉強についていけない理由とは?退学・留年した人の割合や分野別の対処法を解説

大学の勉強についていけない理由とは?退学・留年した人の割合や分野別の対処法を解説
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「大学の勉強についていけずに退学した人は多いの?大学の勉強がついていけず辛いけど、どうすればいいかわからず退学しないか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。この記事では、大学の勉強についていけない理由や辛い時の対処法を解説します。大学の勉強についていけなくても就職する具体的なポイントについても紹介しています。

更に、自身だけで就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。本記事を参考に、これから自分らしい就職を勝ち取りましょう!

大学の勉強についていけずに退学した人は多いの?

大学の勉強についていけずに退学した人は多いの?

大学受験の時に勉強する人は多いものの、入学後は疎かにしてしまう傾向にあります。もちろん大学は授業についていくことができなければ、課題を解くことができず、単位を落としてしまいます。

必要な単位を全て落としてしまうと、最悪の場合は留年になるでしょう。2019年度にジェイックが中退者むけに実施した【2019年度】大学中退者アンケート調査:文系/理系で留年経験率留年理由によると、「授業についていけなかったから」と回答した人は文系で21.9%、理系で48%という結果になりました。

他の回答項目の中でも、理系大学生の約半数が勉強についていけないことを理由に大学を留年しているようです。大学を一度留年してしまうと、その後復帰するには強い体力面精神面が必要になります。

中には金銭的な部分が原因で、一度留年した後に退学してしまった人もいるようです。大学で学ぶ学習内容は専門的なことが多く、自己学習を続けなければついていけない可能性が高いです。

参考元:ジェイック2019年度【2019年度】大学中退者アンケート調査:文系/理系で留年経験率・留年理由に差

大学を留年した人の割合

勉強についていけないことを原因に大学を留年してしまった人がいる中で、大学全体で留年した人はどの程度いるのでしょうか。文部科学省が発表した「Ⅱ調査結果の概要(高等教育機関)」によると、平成26年4月に大学に入学し、平成30年3月に卒業(4年間で卒業)した人の割合は81.6%となります。

つまり、全体の18.4%の人が大学を留年しているのです。全体の2割にも満たない数値ですが、文部科学省の発表した学校基本調査では、2021年度に大学に入学した人の数は約262万人とされています。

全体の約2割となる年間約50万人以上が留年していることになります。大学を留年する理由は学業だけではなく、以下のような理由も考えられます。

  • 遊びやバイトに力を入れすぎてしまった
  • 人間関係に疲れてしまった
  • 家族の病気や介護で学校へ通えなかった
  • 経済的事情で通えなかった
  • 在学中の妊娠・出産

このことから、様々な理由で大学を留年してしまった学生は多いと言えるでしょう。

​​参考元:文部科学省「Ⅱ調査結果の概要(高等教育機関)」

指定校推薦は大学の勉強についていけない?

勉強に不安を感じている場合、指定校推薦だと「大学の勉強についていけないのでは?」と考える人もいるでしょう。指定校推薦とは、推薦入試制度の一つです。センター試験を受ける一般入試とは異なり、大学が定めた指定校から学習状況生活態度、出願条件をクリアし、大学との面接や小論文によって合否が決まります。

指定校推薦を利用して入学した場合「受験勉強をしていないから、大学入学後勉強についていけないのでは?」という疑問が出てくるのです。しかし、広告や大学の厳しい試験を通過して大学に入学できた人は、大学の勉強に比較的ついていきやすいと言えるでしょう。

大学に入学してから、課題や授業に必要な部分の学習を進めることで、十分勉強についていくことが可能です。ただし、スポーツ推薦で大学に入学した場合、大学の勉強についていけないことがあります。

入学する大学や授業の内容によって勉強の難易度は大きく異なるため、指定校推薦だからといって勉強についていけない、という状況は考えにくいでしょう。

大学を辞めるメリット・デメリットとは?

大学を留年した場合、中退を考える人も多いでしょう。ここでは、大学を辞めるメリットデメリットについて解説します。

大学を辞めるメリット

大学を辞めるメリットは、以下の通りです。

  • 自身のやりたいことに集中できる
  • 金銭面の心配がなくなる
  • すぐに社会経験を積むことができる
  • 人間関係のストレスがなくなる
  • 環境を一度リセットできる

大学を辞める場合「せっかく入学したのに辞めるのはデメリットしかないの?」と考える人も多いでしょう。しかし、自分のやりたいことや人間関係に苦しんでいる場合、大学を辞めることで得られるメリットがあります。

例えば、自分の目標や挑戦したいことが決まっている場合、大学をやめてチャレンジした方が時間を有意義に使える可能性が高いです。

正社員として雇用されれば、大学に通っている時よりも報酬が多い人が大半です。大学を辞めることで通うために必要な金銭面の心配をする必要がなく、一般企業へ就職すればすぐ社会経験も積めます。

また、大学での人間関係に悩んでいる場合は、辞めることで環境を一度リセットでき、新たな場所でやり直すことが可能です。肉体面精神面にストレスをかけた状態で大学へ通い続けていると、卒業する前に壊れてしまうことがあります。

精神的に大きなダメージを負ってしまうと、大学中退後にひきこもりとなる可能性も高いです。そのため、大学を辞めること自体が悪いわけではありません。自分の状況に合わせて選択することが重要と言えるでしょう。

大学を辞めるデメリット

大学を辞めるデメリットは、以下の通りです。

  • 最終学歴が高卒になる
  • 就活面接時に中退理由を聞かれる
  • 大学関連のサービスが利用できなくなる
  • 中退した罪悪感に苛まれる
  • 再度入学する際は勉強が必要となる

大学を中退した場合、最終学歴は大学中退ではなく「高卒」です。就職活動を行う際は履歴書に高卒で記載する必要があり、面接時に空白期間の長さから中退理由を問われることが多いです。

大学中退後の就職を成功させるためには、空白期間の回答が重要になるため、一般企業へ就職を考えている場合はデメリットと言えます。

また、勉強についていけず大学を中退した場合、その後罪悪感に苛まれる可能性があります。特に学費を払ってくれたり、入学のサポートをしてくれたりした親族への罪悪感で、次のアクションを起こせないことも多いです。

さらに、大学中退後に大学でやりたいことが見つかったとしても、再度受験勉強が必要となります。再入学のために大きな労力が必要となる点もデメリットです。

勉強についていけず大学を辞めた人の進路

勉強についていくことができず、大学を辞めた人の進路は以下の通りです。

  • 一般企業への就職
  • ニート
  • 別の学校へ編入する
  • 公務員へ就職
  • フリーター

大学を辞めたからといって、人生終了で全く進路がないわけではありません。最終学歴は高卒になるものの、一般企業や公務員として就職することも可能です。

しかし、大学中退者全員が就職を目指すわけではありません。ジェイックが実施したアンケート調査「就職をいつから考え始めたか」によると、就職を考え始めた時期について「中退する前から」と回答した人が56%となりますが、44%が3ヶ月後6ヶ月以後と回答しています。大学中退者の約半数が、一定期間はフリーターやニートとして生活していたことがわかります。

参考元:ジェイックアンケート調査「就職をいつから考え始めたか」

大学の勉強についていけない理由

大学の勉強についていけずに悩んでいる場合、原因を掴めていない可能性があります。続いては、大学の勉強についていけない理由を解説します。

授業自体のレベルが上がっている

大学の勉強についていけない人は、授業レベルを低く見積もっている可能性があります。大学の修習科目の中には、基礎的な学習内容だけではなく、専門性や抽象度の高い学習内容も多いです。

科目によっては授業内容自体のレベルが非常に高いため、最初の段階で躓いてしまい、勉強についていけなくなってしまうのです。そのため、入学前に授業レベルを低く見積もっていると、気づけば授業に置いていかれることになります。

必修科目でも気を抜くことなく、どのあたりが理解できていないか把握したり、友人の力を借りて学習を進めるようにしましょう。

高校で学んだ知識をいかせていない

大学の勉強についていけない人は、高校で学んだ知識をいかせていないことがあります。そもそも大学と高校では、学習する内容が全く違うケースもあります。

例えば、大学の法学部や経済学部の内容は、ほとんど高校で学ぶことはありません。そのため、「高校でこれだけ勉強して生きたから大丈夫」と安心していると、全く経験のない内容によって、勉強へついていけなくなってしまうのです。

専門的な内容になればなるほど、高校で学んだ知識を生かす場面がなくなるため、ゼロから学習を始めることになります。大学の授業を受ける際は、高校自体の勉強内容をあてにするのではなく、ゼロから学ぶ意欲が重要です。

大学教員の授業・教え方がわかりにくい

大学の勉強についていけない場合、大学教員の授業内容や教え方がわかりにくい可能性もあります。小学校中学校高校までは、教員が生徒に授業を教えることが評価基準に含まれていましたが、大学教員は研究成果が評価基準です。

つまり、大学教員は授業を教えるプロではなく、授業に関する専門分野を研究するプロです。授業の教え方がうまくない場合でも問題はないため、生徒への説明が下手な教授も決して少なくありません。

授業だけで内容が理解できない場合は、わかるまで自己学習を行う必要があります。そのため、大学教員の授業内容に頼っている場合は、大学の勉強についていけない可能性が高いと言えるでしょう。

授業時間外に勉強する必要がある

大学の勉強についていけない人は、授業時間外に勉強していない可能性があります。前述の通り、大学では授業だけでは内容を理解するのは難しく、自己学習を行い理解を深める必要があります。

また、文部科学省が定めている「大学設置基準」では、一単位あたりの学習時間は45時間とされています。多くの大学は一単位の授業時間を22.5時間(90分×15回)としているため、半分の時間を自己学習で補う必要があります。

大学の授業に出席して学習するだけでは、単位の取得は難しいと言えます。大学の授業に全て出席しても勉強についていけない人は、自己学習の時間が取れているか把握しておきましょう。

参考元:文部科学省「大学設置基準」

専門分野は授業難易度が高い

大学の勉強についていけない人は、専門分野の授業に対しての自己学習が足りていない可能性があります。大学が提示する必修科目以外もレベルの高い内容となりますが、専門分野の授業はさらに難易度が上がります。

文系理系ごとでも専門分野の授業難易度は高く、いきなり内容が理解できない学生も多いです。専門分野の授業を受けた後、内容を理解するための自己学習が必ず必要となります。

もちろん、中学高校では習わない分野の授業となるため、理解するのに時間がかかります。授業を聞いていない場合や理解度が浅ければ、どんどん授業についていけなくなるでしょう。

そのため、専門分野の授業に関しては、必修科目よりも力を入れて学習を進めることが重要です。

分野別-大学の勉強についていけない時の対処法

大学の勉強についていけない状態を放置していると、課題を提出することができず、単位を落としてしまいます。単位を落とし続けると最悪留年退学となるため、できるだけ早く対処が必要です。

ここでは、分野別の大学の勉強についていけない時の対処法を解説します。

文系大学の勉強についていけない時

文系大学の勉強についていけない時は、以下のようなポイントを抑えて対処しましょう。

  • 内容を理解できるまで勉強する
  • 他の授業と関連付けて勉強する
  • 授業に関連する簡単な専門書を読む

法学部や経済学部など、文系の勉強についていけないときは内容を理解できるまで学習を続けましょう。文系の学習内容は他の項目と繋がっていることが多いため、一つ理解できれば流れでわかるようになることがあります。

文系の専門科目でも、同様の内容が別授業で出されることがあることから、内容の理解が非常に重要です。

また、文系はインプットがメインとなる内容が多いため、授業に関連する簡単な専門書を読んでおくことで、スムーズに内容を理解できることがあります。分厚く複雑な専門書ではなく、薄めで比較的簡単な専門書を読むだけで、授業の理解度をアップできるでしょう。

理系大学の勉強についていけない時

理系大学の勉強についていけない時は、以下のようなポイントを押さえて対処しましょう。

  • 理解に時間をかけて勉強する
  • 大枠を理解することを意識する
  • わからない箇所を明確にする

理系の授業内容は文系よりもインプットする内容が多く、勉強についていけないケースも多いです。理系授業は一回で内容を把握しようとするのではなく、理解に十分時間をかけることが重要です。

教科書や参考書の内容も一度ではなく複数回読み、考えることで、授業内容を理解できるようになります。

また、理系の授業をいきなり細かく理解しようとするのではなく、大枠を掴み、一つひとつ把握していくことが重要です。学習している中で理解できない部分は自分の中で明確化しておけば、理解に近づくことができます。

医療系大学の勉強についていけない時

医療系大学の勉強についていけない時は、以下のようなポイントを押さえて対処しましょう。

  • インプットに時間をかける
  • 同じ学部の友人と協力する
  • 臨床内容の理解度を高める

医療系大学の授業内容は非常に専門的なため、内容を理解するまでに時間がかかるケースも多いです。覚える必要のある専門用語や事象が多いことから、インプットに時間をかけましょう。

まずは単語や事象のインプットを行うことで、課題や臨床で使えるようになります。また、同じ学部の友人と協力して勉強することもポイントです。わからない部分や理解できていない内容を人から説明してもらったり、自分で説明してみると理解度が高まることがあります。

特に臨床内容の分析などは理解度の高さが重要となるため、周りの力も利用して勉強を進めるようにしましょう。

大学の勉強が辛い時の対処法

文系や理系に関わらず、大学の勉強自体が辛いと感じる人も多いでしょう。ここでは。大学の勉強が辛いときの対処法について解説します。

口コミの良い参考書を利用する

大学の勉強が辛いときは、現在利用している参考書から、口コミの良い新しい参考書に変えてみましょう。同じ参考書を長期間使用していると得られるものが少なくなり、勉強自体が楽しくなくなってしまいます。

現状使用している参考書の内容が理解できない場合でも、新しいものに変えることで気持ちを切り替えて勉強に望むことが可能です。

また、参考書を購入する際は、ネット上や大学内での口コミがいいものを選びましょう。新しい参考書に切り替えても、学びが少ない場合や誤った内容が記載されていることがあります。

口コミの良い参考書を選択することで、勉強の辛さを紛らわせて、再度集中できるでしょう。

十分に勉強の時間を確保する

大学の勉強についていけず、辛いと感じる場合は、十分に勉強の時間を確保しましょう。勉強する際はダラダラと時間を使っていても、内容を理解できておらず、結果的に意味がないことがあります。

そのため、勉強する際はメリハリをつけて十分な時間を確保しておきましょう。事前に「今日は4時間勉強する」と決めた場合は、適度に休憩を取りながら勉強に打ち込むことが重要です。

また、アルバイトや用事で1日に少ししか時間が取れない場合は、数日に一度でも数時間勉強の時間を確保しましょう。コツコツ勉強することも重要ですが、複雑な内容や理解が難しい内容は、十分な時間を確保した上で集中して取り組むことで理解度をアップできるでしょう。

なぜ授業が理解できないか分析する

大学の勉強に辛さを感じている人は、なぜ授業が理解できないのかを分析しましょう。漠然と授業内容が理解できていない状態では、どこから勉強に手をつければ良いかわからず、辛さを感じてしまう可能性が高いです。

授業のメモやレポートを見直して、自分が「授業や学習内容のどこを理解していないのか」を分析することで、学習方針を決定できます。

大学の勉強が辛い人は、何を学んでいるかよく理解できていない人が多く、わからない状態で授業を聞いているため、勉強自体が楽しくなくなってしまいます。そのため、わからない部分と理由を把握して、苦手な部分を克服すれば授業内容を理解できるようになります。

授業内容を理解できれば、辛さを感じることなく、勉強に取り組むことができるでしょう。

友達に授業ノートを借りる

大学の勉強を辛く感じる場合は、友達にノートを借りて勉強してみましょう。自分で取ったノートを利用して勉強している場合、うまくまとめられておらず、学習が進んでいない可能性があります。

できるだけわかりやすく授業のノートを取っている友人に相談して、ノートをみさせてもらうことで授業内容を理解できることがあります。ノートは教科書や参考書よりも内容を噛み砕いて記しているため、読むだけで授業内容を理解できる可能性が高いです。

勉強に行き詰まり辛さを感じている場合は、友達に相談してノートを借りてみましょう。

積極的にオフィスアワーを活用する

大学の勉強を辛いと感じる場合は、積極的にオフィスアワーを活用してみましょう。オフィスアワーとは、授業とは別に大学生と生徒でコミュニケーションを取るために設けられた時間帯です。

事前に設定されたオフィスアワーの時間帯になれば、担当の大学教員が研究室に待機しているため、授業に関する内容を相談できます。勉強中や授業内容でわからない部分があれば、オフィスアワーを活用して相談すれば、疑問点の解消が可能です。

また、教員によっては具体的な勉強方法やアドバイスをもらえることがあるため、勉強効率を大幅に上げることができます。授業内容に興味を持ち、楽しいと感じることができれば勉強に辛さを感じることは無くなります。

多くの大学でオフィスアワーは設けられているため、勉強に辛さを感じている場合は積極的に取り組むようにしましょう。

カウンセリングルームで相談する

大学の勉強が辛い人は、カウンセリングルームで相談してみるのも一つの手です。カウンセリングルームとは、大学ごとに設けられている専門のカウンセラーが相談に乗ってくれる施設です。

カウンセリングルームにはカウンセラーが常駐しているため、大学生活や勉強に関する不安の相談に乗ってくれます。大学の勉強に辛さを感じている場合は、カウンセラーに相談することで、悩みを解消して勉強に取り組めることがあります。

もちろん大学生であれば費用を翔ことなく相談できるため、勉強が辛くて取り組めない場合は、利用してみると良いでしょう。

大学の勉強についていけない人で辞めたいと考える人は多いの?

大学の中退理由の中には、学業不振が項目として設けられています。実際に独立行政法人労働政策研究研修機構が平成27年に実施した「大学等中退者の就労と意識に関する研究」によると、大学中退理由の40%以上が学業不振となります。

勉強についていけなくなると大学に通うこと自体が辛くなったり、単位が足りなくなったりして中退してしまうようです。

参考元:独立行政法人労働政策研究研修機構が平成27年に実施した「大学等中退者の就労と意識に関する研究」

大学の勉強についていけない人はやめるべき?

大学の勉強についていくことができない場合は、自身の目標や精神状況に合わせて中退を選択するのも一つの手です。

勉強しても授業についていくことができず、慢性的にストレスが溜まっている場合、根本を解決する必要があります。精神面は長期的にストレスをかけ続けられると、ふとしたタイミングで壊れてしまいます。

このような事態を防ぐためにも、大学の勉強についていけない場合は、中退して環境を変えてみるのも手段の一つと言えるでしょう。

大学生が大学を辞めたいと考える理由について詳しく知りたい人は、下記記事もチェックしてみてください。

大学を辞めたいなら就職するべき?~大学中退の理由と現状を解説~

大学中退でも就職できるの?

勉強位ついていけないことから大学の中退を検討している場合「大学中退でも一般企業に就職できるの?」と考えている人も多いでしょう。

大学中退者でも、自分に合ったサポートや正しい就職活動を行うことで、十分一般企業へ就職が可能です。特に大学中退後にすぐ就活を始めることで、大卒よりも早く社会人経験を積むことができます。

大学中退について劣等感を感じることなく、できるだけ早く行動することが重要と言えるでしょう。

就職エージェントの利用がおすすめ

大学中退後に一般企業へ就職を考えている場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントには、就活に特化したアドバイザーが在籍しており、履歴書の書き方や面接対策をサポートしてくれます。

就職エージェントの中には、自己分析や企業分析のサポートも実施しているため、効率的に就職活動を進められます。中には大学中退者に特化した就職エージェントも存在するため、自分に合ったサービスを利用することで、就職活動を成功させることが可能です。

「就職カレッジ®中退者コース」を利用して就職にチャレンジ

就職エージェントの利用を検討している場合でも「どの就職エージェントを選べばいいかわからない」と考えている人も多いでしょう。

就職エージェントを選ぶなら就職カレッジ®がおすすめです。就職カレッジ®とは、20代の就職に強い就職エージェントである弊社ジェイックの支援サービスです。フリーターや大学中退・既卒の場合でも無料で利用可能なサービスとなります。

専任のアドバイザーが就職活動を全面的にサポートしてくれるため、初めての就活でも安心して利用できるでしょう。下記にて、就職カレッジ®中退者コースのおすすめポイントを3つ解説します。

大学中退者に特化したサービス

就職カレッジ®中退者コースは大学中退者に特化したサービスを提供しており、他の就職エージェントにはない強みがあります。これまでに数多くの中退者をサポートしてきた実績から、悩みや不安を解消できるサービスを提供いたします。

また、中退者を積極的に採用したいと考える企業をご紹介可能なため、通常よりも効率よく就職活動ができるでしょう。

履歴書の書き方からサポートしてもらえる

就職カレッジ®中退者コースでは、専任のアドバイザーが履歴書の書き方から面接対応までサポートします。

定期的に中退者に特化した就職支援講座を実施しているため、中退経験を生かす就職活動のやり方を学べます。

経歴との向き合い方やビジネスマナー、自己分析など、さまざまなサポートで大学中退者を就職成功までサポートいたします。

就職後1年間も相談可能

就職カレッジ®中退者コースは、就職活動中だけではなく就職後もサポートを提供しています。サポート期間は1年間用意されているため、就職後の不安や疑問に対して、手厚いサポートを実施いたします。

専任のアドバイザーが気軽に相談に乗るため、就職した企業をすぐ離職することなく良い状態で仕事を続けられるようバックアップしますので、ご安心ください。

まとめ

大学に入学した後、勉強についていくことができず中退してしまう人は全体の約4割存在します。しかし、勉強を理由に大学を中退した場合でも、行動すれば一般企業への就職が可能です。

就職活動が不安な場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。特に就職カレッジ® 中退者コースでは、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究・面接対応までサポートいたします。

この記事で、大学の勉強についていけず中退してしまった人も対処法を把握し、ジェイックの就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!