就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合は?エージェントを選ぶポイントも解説!

フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合は?エージェントを選ぶポイントも解説!
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合はどれくらいなのか、と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
実は、フリーターがエージェントを利用して正社員になることはできます。なぜなら、自分に仕事を探す気持ちがあれば働く場所は見つかりますし、令和3年1月時点の求人倍率も1.1程度と、就職のチャンスはあります。

こちらの記事では、フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合やエージェントを選ぶポイントを解説しています。最後までご覧いただくことで、フリーターのエージェント選びのポイントを知ることができ、自分に合ったエージェントを探すことが出来る内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合

フリーターが転職エージェントを利用して正社員になる割合

ここでは「フリーターから正社員になる人の割合」を解説しますが、結論から言うと、フリーターから正社員になるのは十分可能です。その根拠となるデータを3つ紹介します。

  • フリーターから正社員になった人の割合
  • フリーター期間別、正社員になった人の割合
  • 令和3年11月時点での有効求人倍率

まず、厚生労働省が行った2011年の調査によると、フリーターから正社員になった人の割合は以下の通りです。

フリーターから正社員を目指した人のうち「約2人に1人が成功している」と考えると、決して難しい話ではありません。同時に、フリーターから正社員の転職に転職エージェントを利用する人も多いといえるでしょう。

また、フリーター期間別、正社員になった人の割合は、以下の通りです。

フリーター期間が長くなるほど、正社員になれる確率は下がります。ただし、フリーター期間が「2年以上、3年未満」の人も、約半数が正社員になっています。こちらのデータからも「フリーターから正社員になるのは十分可能」と考えられるのではないでしょうか。

さらに、厚生労働省が出している、令和3年1月の有効求人倍率は1.1です。有効求人倍率とは、厚生労働省が全国のハローワークに登録されている求人数を求職者数でわった値で、数値によって以下の解釈ができます。

  • 有効求人倍率が1以上:求職者に対して求人数の方が多い=就職しやすい
  • 有効求人倍率が1未満:求職者に対して求人数の方が少ない=就職しにくい

この「有効求人倍率が1.15」という結果からも「仕事を真剣に探そうという気持ちさえあれば、フリーターから正社員になるのは決して難しくない」といえるでしょう。

参考「独立行政法人、労働政策研究研修機構:大都市の若者の就業行動と意識の展開ー第3回若者のワークスタイル調査」

参考「厚生労働省:フリーターになった理由」

参考「厚生労働省:一般職業紹介状況(令和3年1月分)」

フリーターが転職エージェントを選ぶポイント

フリーターから正社員を目指すにあたって、転職エージェント選びのポイントは、以下の3つです。

  • フリーター/第二新卒の転職支援に力を入れている
  • 履歴書/職務経歴書のサポートがある
  • 面接練習をサポートしてくれる

フリーターの中には正社員への就職を目指す人が一定数いますが、転職を成功させられる人と、上手く転職できずに悩んでいる人は2極化しています。その大きな違いは「良い転職エージェントと出会えているかどうか」です。そのため、以下の内容を理解し、自分に合った転職エージェントを活用していきましょう。

ポイント1:フリーター/第二新卒に力を入れている

1つめのポイントは「フリーター/第二新卒に力を入れている」ことです。世の中にはたくさんの転職エージェントがありますが、会社ごとにそれぞれの得意分野があります。

  • 20代の転職に強い
  • 営業職の求人を多く取り扱っている
  • 女性向け

など、特徴はさまざまです。フリーターから正社員を目指すなら「フリーターから正社員への転職を得意とするエージェント」を選びましょう。

専門性に特化している転職エージェントを活用することで、以下のメリットがあります。

  • より専門知識を持っている
  • より業界事情を熟知している

こういったキャリアアドバイザーに相談することで、効率よく転職活動が進められます。転職エージェントもそれぞれに強みが異なるので、フリーター/第二新卒に力を入れているかどうかをチェックしましょう。

ポイント2:履歴書/職務経歴書のサポートがある

2つめのポイントは「履歴書/職務経歴書のサポートがある」ことです。はじめての就活の際に、いきなり履歴書や職務経歴書を書こうとしても、なかなか上手く書けません。

フリーターの場合、履歴書や職務経歴書が上手く書けないと、書類選考で落とされる可能性が高いです。あなたがどれだけ魅力的な人であったとしても、面接までいけなかったら、魅力を伝える機会もありません。履歴書/職務経歴書のサポートを受けながら応募書類を作成することで、採用担当者からの印象が良くなる確率が上がり、内定につながりやすくなります。

また、履歴書/職務経歴書のサポートがあることで「就職や転職にかかるストレスが減る」というメリットもあります。応募書類も転職エージェントに相談しながら進めると、効率よく作成できるようになるため、おすすめです。

ポイント3:面接練習をサポートしてくれる

3つめのポイントは「面接練習をサポートしてくれる」ことです。就活においては面接試験が必須の企業がほとんどで、最低でも一回、通常であれば二回程度は面接があります。

採用する立場で考えても、やはり面接を重視する割合は多いでしょう。どれだけ優れた能力や経験があったとしても、面接で直接話した際に「人間性に問題がありそう」「自社で働いてもらうのは不安」だと思われてしまえば、採用は遠のきます。

エージェントに面接練習をサポートしてもらうことで、以下のメリットがあります。

  • 回数をこなせるので、早く面接慣れできる
  • 的確なフィードバックにより、成長が早い
  • 聞かれる質問の傾向をつかみやすい

面接対策は自分だけで練習しても、なかなか上達しません。サポートの手厚いエージェントを積極的に活用し、効率よく面接の対策をしていきましょう。

フリーターが転職エージェントに困ったらジェイックを利用しよう

フリーターが転職エージェント選びに困ったら、弊社ジェイックの利用を検討してみてください。ジェイックは「フリーターから正社員就職へのサポート」を得意としており、フリーターとは相性の良いエージェントだからです。特に「就職カレッジ®」というサービスは、以下の特徴があるのでおすすめです。

  • 高い就職成功率(81.1%)
  • 入社後定着率(91.5%)
  • 未経験業種、職種への転職に強い
  • 書類選考なしで、面接に臨める

就職成功率と入社後定着率が高いのはもちろんですが、特に就職カレッジ®は「未経験者の就職サポートに強い」「書類選考なしで面接に参加できる」という2点が強みです。

フリーターから正社員就職を目指す人は、未経験の業種・職種に応募するケースが多く、社会人経験がない人も多いため、そういった方々の支援に一層力を入れています。

フリーター経験は職歴にカウントされないことも多く、フリーター歴の長い人は、書類選考においても不利です。就職カレッジ®では書類選考がなく面接に臨めるので、面接練習に重点を置いた対策ができ、必要最小限の時間で就職・転職を目指すことができます。

まとめ

以上、フリーターから正社員になりたい人に向けて、以下の内容を解説しました。

  • フリーターから正社員になる人の割合
  • 転職エージェントを活用するのが効果的
  • 転職エージェントの見分け方

記事のなかでも解説しましたが、フリーターから正社員になるのは、対策次第で十分可能です。本記事の内容を理解し、良い転職エージェントと出会うことさえできれば、あとは実践あるのみです。

私たちジェイックもフリーターから正社員へのサポートを得意としていますので、ぜひ活用してみてください。

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US

近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~