就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターでの一人暮らしは可能?必要な費用も解説!

フリーターの一人暮らしは生活可能?就職すべき?‐平均家賃や収入・必要なお金も紹介‐
フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「フリーターでも一人暮らしは可能なの?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

フリーターでの一人暮らしは可能です!ただし、諸費用の節約が必要にはなります。

こちらの記事では、フリーターが一人暮らしをするのに必要な費用や節約方法を解説しております。気になった方は、是非最後まで読んでみてください。

フリーターでも一人暮らしは可能

フリーターでも一人暮らしは可能

フリーターでも、一人暮らしはできます。ただ、多くのフリーターが一人暮らしに不安を持っているのも事実です。フリーターが一人暮らしをするのに必要な費用や注意点について、まずはご紹介します。

一人暮らしに必要な費用はどのくらいか

一人で暮らすとなると、実家に住んでいた時には意識していなかった出費が増えます。詳しくは後述しますが、家賃・光熱費・食費など、実に様々な種類の支出があることに驚く人もいるでしょう。

一人暮らしに必要な生活費は約14~16万円くらいと言われていますが、この金額は目安に過ぎません。ライフスタイルにより20万円を超えることもあれば、10万円前後で済む場合もあります。自分の場合は最低限どのくらいの金額が必要になるのかを事前に調べて、今の収入でまかなえるのかを確認しておく必要があります。

また、賃貸物件を借りる際の初期費用や、引越業者を利用する場合はその費用も必要になります。これらの費用は入居時にまとめて支払うため、一定額以上の預金がなければ一人暮らしは始められません。家賃額や敷金・礼金の有無などにより大きく異なりますが、だいたい30~40万円程度の出費が相場であるようです。

不動産の入居審査に通るのか

賃貸物件には入居にあたり審査があります。その審査を通らなければ、たとえ一人暮らしが可能なレベルの収入を得ていても、物件を借りることができません。フリーターは、雇用や経済的な状況が不安定であるという印象を持たれやすく、入居審査を通過できないケースがあります。賃貸物件を借りる際には、やはり正社員の方が有利にはなります。

さて、入居審査では以下のようなポイントがチェックされます。

  • 家賃の支払能力があるか
  • 保証人はいるか、または保証機関を利用できるか
  • 一般的な社会常識があるか

フリーターの場合、家賃の支払能力について懸念される場合が多く、物件によっては借りることができない可能性もあります。賃貸物件の中にはフリーターでも入居審査をクリアできる場合もありますが、入居希望者が多い人気物件は審査も厳しい傾向があります。賃貸物件に対するあなたの希望条件(駅からの近さや間取りなど)を譲歩する必要があるかも知れないことを知っておきましょう。

フリーターで一人暮らしには最低でも月15万は必要

フリーターで一人暮らしをするときの節約術

前の章でお伝えした通り、一人暮らしでは生活費をすべて自分で支払うことになります。そこで、最低限の費用はどのくらいかを見ていきましょう。

総務省統計局の「家計調査 家計支出編(単身世帯)」をもとに算出した結果、最低でも月15万円ほどは必要です。

各費用のおおまかな目安は下記のとおりです。

  • 家賃…約50,000円
  • 食費…約30,000円
  • 水道光熱費…約8,000円
  • 娯楽費・交際費…約30,000円
  • スマホ・ネット代…約10,000円
  • 衣類・日用消耗品代…約10,000円
  • その他雑費…約10,000円
  • 合計…約148,000円

この中から、減額したり削減できる費用もあるでしょう。どの費用なら減額または削除できるかは、ライフスタイルによって異なるでしょう。たとえば、飲食店でのアルバイトでまかないが提供されるので食費が減らせる、格安SIMを利用してスマホ・ネット代を抑えるなど、工夫できる余地はあります。

また、上記の生活費以外に、税金や社会保険関連の支出があることも忘れてはいけません。税金については、所得税はアルバイト先で天引きされる場合もありますが、住民税は自分で別途支払う必要があります。また、年金と健康保険についても、職場を通じて厚生年金や健康保険組合に加入するケース、個人で国民年金・国民健康保険に加入して支払い手続きも自分で行うケースがあります。税金と社会保険関連費は、住んでいる自治体や前年度の所得額によって変動するため、あらかじめだいたいの金額を調べておくことが重要です。

フリーターで一人暮らしをする前に必要な費用

フリーターの一人暮らしに必要な費用

一人暮らしで賃貸物件を借りる場合、初期費用の支払いが発生します。また、引越業者を依頼する場合はその費用もかかります。これらは、一人暮らしをはじめる前に支払う費用になりますので、あらかじめまとまった金額を用意しておく必要があります。

費用1:初期費用

初期費用とは、賃貸物件を借りる場合に発生する、敷金・礼金・前家賃・不動産仲介手数料などの費用です。物件ごとに異なりますが、だいたい以下の内容が目安となります。

  • 敷金…家賃1ヶ月分
  • 礼金…家賃1ヶ月分
  • 前家賃…家賃1ヶ月分
  • 不動産仲介手数料…家賃0.5〜1ヶ月分

上記を足し合わせると、家賃の3.5〜4ヶ月分になります。たとえば、家賃50,000円の物件に住む場合、175,000〜20万円ほどが必要となります。

費用2:引っ越し費用

引っ越しの費用は、以下の要素により大きく変わります。

  • 引っ越す時期(繁忙期・閑散期、平日・休日など)
  • 引っ越し先までの距離
  • 荷物の量
  • サービスの内容(運搬のみ依頼、荷造り・荷解きも依頼する、など)

これらの要素により金額にはかなりの幅がありますが、単身者の引っ越し費用は3〜10万円くらいが平均になるようです。

引っ越し業者を選ぶときは、必ず何社か見積もりを取ることをおすすめします。また、価格の比較だけでなく、サービス内容についてもよく確認しましょう。

フリーターでの一人暮らしは節約が必要

フリーターが一人暮らしをするのはなかなか大変ですが、それでも一人暮らしをしてみたいという場合は、できる限りの節約が必要になります。

ここでは、節約の方法について具体的にご紹介しましょう。

食事代を節約する

食事代の節約にいちばん効果的なのは「原則として自炊する」ことです。

できる限り外食を避け、自分で食事を作りましょう。自分で作るのがどうしても難しい時は、ごはんとお味噌汁だけ用意して、おかずはスーパーやコンビニのお惣菜にするなどの工夫をしましょう。

また、まかない付きのアルバイトをすることにより、食事代を浮かせる方法もあります。まかないとは言え、プロが作った料理ですから実質的に「外食」を楽しめることになりますし、栄養のバランスが取れた食事が期待できるところもメリットです。長時間のシフトでは昼夜2回のまかないが付くことも考えられるので、うまく活用してみてください。

交際費を節約する

友人との食事代や飲み代は、結構大きい金額が掛かるものです。そこで、なるべくリーズナブルなお店や時間帯を選ぶのがおすすめです。夜の食事よりもランチ、お酒がメインのお店ではなくカフェの方が飲食代が抑えられます。「友人と楽しく話すこと」が目的ですから、場所や時間帯の面で工夫をしてみましょう。

ただ「節約のために夜の食事ではなくランチにしたい」と言いづらい相手もいますよね。そんな時は「アルバイトのシフトの都合で、ランチなら行けそう」とか「お酒が飲めないからカフェで食事しよう」など、日程調整やお店選びの段階で自然に誘導すると良いでしょう。

固定費を節約する

固定費とは「家賃、水道光熱費、通信費」など、毎月一定の金額がかかる生活インフラの費用です。

一人暮らしにおいて、もっとも高額になるのが家賃です。逆に言えば、家賃をできる限り抑えられれば、その節約効果は絶大です。

築年数が古い・駅からの距離が遠い・部屋が狭い等の特徴がある賃貸物件は、比較的安い賃料で借りられます。自分が支払える家賃で借りられる物件をネット検索して、どんな条件(建物の築年数・駅からの距離・間取り・設備など)をどのくらい譲歩できるかを考えながら探してみましょう。

いくつか候補になる物件を選んだら、すべて同じ不動産屋さんに相談するのではなく、2~3社に分けて案内を依頼しましょう。これは、借りる物件を絞り込んだタイミングで行う「家賃の値下げ交渉」などを有利に進めるため、複数の不動産屋さんに競ってもらう状況をつくるための作戦です。

最近は敷金と礼金が掛からない物件もありますが、その分を「定額クリーニング費用」「鍵交換費用」などの名目で実費より高く初期費用に加算する物件もあるので要注意です。クリーニング費用や鍵交換費用はオーナーに負担してほしい旨の交渉も、ダメ元でトライしてみましょう。

また、水道光熱費をできるだけ低くするために、エアコンの温度設定を抑えめにして服装で調節したり、湯船につかる頻度を減らしてシャワーだけの日も設けたり、スマホを格安SIMに変えるなど、できることはすべてトライしましょう。一見細かい事のように思えるかも知れませんが、毎月かかる固定費を削減する効果は大きく、節約の鉄則といえます。ぜひゲームやパズルをクリアする感覚で、試行錯誤しながら楽しんでチャレンジしてください。

フリーターで一人暮らしをする物件探しのポイント

次に、フリーターで一人暮らしをしようと考えている方に物件を探す注意点についてご紹介をしていきます。

物件を探す際の注意点としては、下記の4つです。

  1. 家賃が安いかどうかを最優先に考えよう
  2. 物件への希望条件は控えめに考えよう
  3. 審査は正規雇用以上に厳しい
  4. 可能であれば正規雇用を探したほうが良い

それでは、上記4つについてご紹介をしていきます。

家賃が安いかどうかを最優先に考えよう

まず、1つ目の注意点としては「家賃が安いかどうかを最優先に考えよう」という事です。物件を探す中で、大きな部屋、駅から近いといった希望条件が多くなれば多くなるほど、その条件に当てはまる物件が少なくなっていきます。さらに、そのような希望条件が多くなればその分家賃も高くなるのです。まずは、出来る限り家賃が安い物件を探すことが良いでしょう。自分の収入が下がてしまうと、安い物件を探しておいてよかったと感じる日が訪れることだと思います。

物件への希望条件は控えめに考えよう

次にご紹介をする注意点は「物件への希望条件は控えめに考えよう」という事です。物件を探す際に小さな部屋より大きな部屋、職場までが近い、といったような築年数の浅い物件を選びたいというよな気持ちはもちろんあるのですが、希望や条件は極力控えめにした方が良いでしょう。まずは、金銭的な面を見て慎重に物件を選ぶことが大切なのです。

審査は正規雇用以上に厳しい

続いてご紹介をする注意点は「審査は正規雇用以上に厳しい」です。フリーターとなってしまう事でどうしても正規雇用よりも審査が厳しいものなのです。その理由としては、一定の収入が保証されていないという事が原因、理由になっているのです。フリーターの方になってしまうと労働環境がいまだに整備されていないような企業が多く、体調不良で休んでしまっても有給が取得できないのです。また、健康保険や厚生年金の加入手続きもままならないなど、まだ強い立ち位置に立てているわけではないので、社会的な信用力が問われた際には厳しい目で見られることはしょうがない事です。

可能であれば正規雇用を探したほうが良い

最後にご紹介をする注意点としては、「可能であれば正規雇用を探したほうが良い」ということです。フリーターの方は、祝日などが多い月になってしまうと業務次第で時間が減ってしまいます。このような事だけでも時給の生活は安定しないのです。自ら望んでフリータをしていない限りは、後々になって正規雇用してくれるといった前提で企業への就職活動に挑んでみた方がよいでしょう。正規雇用であれば入居審査も通りやすいので、ボーナスも支給されることで生活にも余裕が出来てきます。

フリーターで一人暮らしをするときの注意点

フリーターで一人暮らしをするときの注意点

フリーターが一人暮らしをする場合は、以下のことに注意する必要があります。

「一人暮らし」が目的にならないようにする

いつしか一人暮らしをすることだけが目的になってしまい、必死にバイトをするだけの日々になってしまうことは避けましょう。家賃や光熱費などの支払いに追われるなかで月日だけが過ぎてしまい「なんのために一人暮らしをしているんだろう」と思ってしまうことにもなりかねません。

実家を出て自立するのはすばらしいことですが、生活を維持するだけでいっぱいいっぱいになってしまわないようにすることが大切です。そのためにも、カツカツの状態でいつもお金に困るような暮らしにならないよう、計画的に働いたりお金を使ったりしましょう。

期限を決めておく

若いうちであればまだしも、年齢を重ねてもずっとフリーター生活を続けていくということは、現実的ではないでしょう。フリーターとして一人暮らしをする場合「この生活をいつまで続けるのか」を、自分のなかで決めておくことをおすすめします。

資格の勉強や音楽活動などバイト以外にやりたいこと・目指していることがある場合「〇年後までに結果が出なかったらフリーターはやめて就職する」というように、具体的に期限を決めておくことで「フリーターをやめたいが抜け出せない」ということになってしまうリスクを減らせます。

自己管理をきちんとする

フリーターはシフトなどを比較的自由に決められるため、人によっては昼夜逆転などの不規則な生活になってしまうこともあります。食事はコンビニやスーパーの総菜など、食生活が偏ってしまうケースもあるでしょう。また、バイト以外で人との交流が少ない人の場合、一人暮らしで孤独感を持ってしまうこともあります。

心身の健康に支障が出ないようにするためには、自己管理が大切です。できるだけ規則正しい生活を心がける、実家の家族や友人・恋人など気の許せる相手と定期的に交流する、ウォーキングやランニングを取り入れて身体を動かすなどして、健康的に暮らすことを意識しましょう。

フリータにおすすめの職業

フリーターから正社員を目指す場合、比較的就職しやすいおすすめの職種がいくつかあります。例えば、未経験者を歓迎する求人や、職歴や資格を問わない求人、人手不足の仕事などです。

ここでは、フリーターの方が正社員就職する際におすすめの職業とその理由、仕事内容、平均年収や、どんな人に向いているか等について紹介します。

職業1:営業職

既存または新規の顧客に対して製品・サービスの提案・受注などを担当したり、定期的なフォローや問い合わせ対応、社内外との調整をしたりすることなどが、主な仕事内容です。

営業職に向いてるのは、しっかり稼ぎたい人、臨機応変に対応できる人です。

インセンティブ制度や、基本給+歩合制などの企業もあるため、自分の努力で収入をアップさせたい人におすすめです。人と接する仕事のため、相手に合わせた対応ができる人にも適性があります。

doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」によると、営業職(20代)の平均年収は378万円です。

職業2:IT職

IT職とは、企業で使われるシステムの構築を担う仕事です。専門知識や技術も必要とされますが、独学でもキャッチアップできる部分も多く、未経験者向けに社内で手厚い研修を設けている企業も少なくありません。

システムを導入する企業の担当者や、開発のプロジェクトメンバーと一緒に進めていく時間が長いため、コミュニケーション力がある人に向いています。

doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」によると、IT職(システム開発・運用/20代)の平均年収は、467万円です。

職業3:事務職

社内における文書作成や従業員・取引先への対応、社内行事の準備・運営、来客・問い合わせ対応、郵便物や荷物の管理・発送、備品管理など、企業内にまつわるさまざまなことが主な仕事内容です。

事務職に向いてるのは、出張や転勤などを希望しない人、長期間安定して働いていきたい人です。

事務職は、基本的にはオフィス内でのデスクワークが中心です。「外で動き回って働くのは苦手」という人にもおすすめです。日々コツコツと業務に取り組んでいくことになるため、ひとつの職種で長期的にキャリアを積みたい人もよいでしょう。

doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」によると、事務職(20代)の平均年収は303万円です。

職業4:プログラマー

プログラマーも、フリーターにおすすめの職種です。経験や学歴がなくても挑戦しやすいからです。特別なスキルや知識が必要と思うかもしれませんが、日々の業務で身につけることができ、学ぶ意欲があれば問題ありません。

また、企業に教育制度がある場合が多いので、あまり不安に思わなくても大丈夫です。慣れるまでは大変かもしれませんが、自分の力でなにかを生み出すことができ、やりがいのある職種だといえます。コツコツ取り組む仕事をしたい人には、特におすすめです。

doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」によると、プログラマー(20代)の平均年収は404万円です。

職業5:公務員

公務員には、国家公務員と地方公務員があり、採用に際して受験する試験も異なります。

国家公務員は各省庁やそれに関連する出先機関などに勤務し、国に関連する業務をおこなう公務員を指します。

地方公務員は、県庁や市区町村役場などの地方自治体で働く職種です。地方公務員は国家公務員よりも、地元の生活に密着して、実際に現場で市民と接する働き方が多くなるといえるでしょう。

公務員試験に合格できれば学歴・経歴に関わらず採用される点では、フリーターの方にもおすすめできます。しかし、公務員試験は難易度が高く、長時間の勉強が必要とされる試験であることから、アルバイトに多くの時間をあてる必要があるフリーターには不利とも言えます。

また、試験を受けられる年齢には上限があり、国家公務員は30歳までとなっています。地方公務員は32~35歳など種別によって異なるので、事前に確認しましょう。

国家公務員の平均年収は、大学卒で20代前半で約333万円、20代後半で約378万円です。

参考:人事院給与局/令和2年国家公務員給与等実態調査の結果

地方公務員の20代の平均年収は、300~380万円です。

参考:総務省/令和2年4月1日地方公務員給与実態調査結果

フリーターで正社員就職をする方法

最後に、フリーターにおすすめの正社員に就職する方法を3つお伝えします。

方法1:ハローワークを利用する

ハローワークは、地元での就職に強く、求人数が多いのがメリットです。資格取得や職業訓練などの無料サポートもあるので、ぜひ活用しましょう。

ただ、求人企業側も無料で利用できるため、中には人材採用にお金をかけられない企業や、入社した人がすぐに辞めてしまうブラック企業がまぎれ込んでいる可能性も否定はできません。ハローワークの求人情報だけでなく、自分でも企業についてネットでの口コミなどを調べるようにしましょう。

方法2:就職サイトを利用

インターネットを使える環境があれば、就職サイトで自ら求人を探すことができます。就職サイトで求人を探す場合は、ターゲットをしぼることがポイントです。例えば、「未経験者歓迎」「既卒」「学歴不問」などのキーワードを使って求人を絞っていきましょう。

自分にも可能性のありそうな企業を狙うことで、成功率が上がります。しかし、転職サイトでの職探しは、基本的にひとりで行うことになります。履歴書や面接のサポートがないので、就活に自信がある人向けです。

方法3:就職エージェントを利用

フリーターの就職活動の手段としてもっともおすすめなのは、就職エージェントの活用です。無料の研修制度があり、自己分析や企業分析の方法、ビジネスマナーなど、就職活動に必要な知識を得ることができます。キャリア・アドバイザーが個別に担当し、あなたに合った求人を紹介してくれます。

自分の力だけでは知りえない情報が得られるため、活動の幅が広がり、活動量が増えれば成功率も上がります。ポイントは、未経験者やフリーターの就職支援を得意とするエージェントに相談することです。私たちジェイックも、そんなエージェントのひとつです。ぜひお気軽にご相談ください。支援サービスはすべて無料でご利用できます。

まとめ

フリーターの一人暮らしについて、さまざまな観点からご紹介してきました。少しでも参考になる部分があれば幸いです。

フリーターの人も、一人暮らしをすることは可能です。可能ではありますが、やはり経済面でかなりの工夫や我慢を要することも確かです。また、若く健康で体力があるうちはフリーターの仕事のみで生活が成り立つこともありますが、年齢を重ねていけばいくほど状況は厳しくなっていきます。

若い年齢が、企業から「将来の成長に期待」される内に、経済的にメリットがある正社員として就職しておくのがおすすめです。正社員就職に強みのあるエージェントや、就職サイト、ハローワークなどを活用して、就職活動を効率よく前向きに進めていきましょう。

「フリーター 一人暮らし」によくある質問

フリーターでも一人暮らしは可能なの?

フリーターでも一人暮らしは可能なの、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?本記事の「フリーターの一人暮らしは生活可能?就職すべき?‐平均家賃や収入・必要なお金も紹介‐」では、フリーターでも一人暮らしが可能なのかについてをご紹介しております。気になった方は是非読んでみて下さい

フリーターで一人暮らしをするときの注意点は?

フリーターで一人暮らしをするときの注意点とは、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?本記事の「フリーターの一人暮らしは生活可能?就職すべき?‐平均家賃や収入・必要なお金も紹介‐」では、フリーターで一人暮らしをするときの注意点についてもご紹介しております。気になった方は是非読んでみて下さい。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

フリーターFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~