相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事15選!性格から分かる適職一覧

ESFP(エンターテイナー)タイプに向いてる仕事は、文字通り人に接することが多く、人を楽しませたり喜ばせたりする仕事です。

しかし、シンプルに見えるESFPの特徴も、感性の鋭さや発想力など様々な側面を持っており、活かせる仕事は豊富にあります。

こちらの記事では、ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事や業種、向いていない仕事や、ESFP(エンターテイナー)の傾向にあった強み弱みの活かし方を解説していきます。

ぜひ、就職活動や普段の仕事に役立ててください。

ESFP(エンターテイナー)の人とは?

ESFP(エンターテイナー)の人とは?

それでは、ESFP(エンターテイナー)というタイプについて詳しく見ていきましょう。

ESFPの16 Personalities性格診断とは?

まずはじめに「16 Personalities性格診断」について簡単に解説します。

「16Personalities性格診断」は、人の興味や関心の方向・ものの見方などの傾向から、その人の「本質的な性格の類型」を探る診断テストです。ネット上で手軽に行えるテストもあり、自分の性格やタイプについて知りたい人や、自己分析の参考として受ける人も増えているようです。

この記事で参照している「16Personalities性格診断テスト」は無料で診断できるサイトで、回答に要する時間は約12分ほどです。

たとえば、下記のような質問項目が約60件、用意されています。

  • 自分の心より自分の頭に従うことが多い
  • グループで何かをするのが好き
  • 色々なことに興味がありすぎて、次に何に挑戦するか決めがたい

質問にすべて回答すると、あなたが16タイプの分類のどれに該当するかの診断結果が表示されます。

次に、タイプの名称にある「4文字のアルファベット」は、それぞれ「4つの指標」における「2つのタイプ」の組み合わせを表しています。

興味・関心の方向内向型(I)外交型(E)
物事の見かた感覚型(S)直観型(N)
判断のしかた論理型(T)感情型(F)
物事への姿勢判断型(J)知覚型(P)

上記「4つの指標」における「2つのタイプ」の組み合わせは16通りになり、それが16種類のパーソナリティとされています。

また、「MBTI(エム ビー ティー アイ/Myers-Briggs Type Indicator)」という性格検査もあります。

「MBTI」とは、ユングのタイプ論をもとにした、世界45カ国以上で活用されている国際規格に基づいた性格検査です。「MBTI」の公式サイトによれば、「『16Personalities性格診断テストはMBTIとは全く別のものであり、ISTJやENFPなどアルファベットをつかってタイプを表しているのはMBTIをまねたもの』とされています。その点については、どうぞご承知おきください。

なお、この記事は「16Personalities性格診断」に依拠して解説をしていきます。「MBTI」について知りたい場合は、日本MBTI協会の発信をご参照ください。

一般社団法人 日本MBTI協会

ESFP は何の略?意味は?

それでは、この記事で解説する「ESFP(エンターテイナー)タイプ」について解説します。

ESFPは、先ほどの指標では下記の分類となります。

  • 興味・関心の方向…外向型(E:Extroverted)
  • 物事の見かた…感覚型(S:Sensing)
  • 判断のしかた…感情型(F:Feeling)
  • 物事への姿勢…知覚型(P:Perceiving)

ESFPは、外向型(E)、感覚型(S)、感情型(F)、知覚型(P)の4つの特徴を持つタイプです。

ESFP(エンターテイナー)の性格的な特徴

ESFP(エンターテイナー)は好奇心旺盛で、人を楽しませるのが大好きなパフォーマータイプです。他のタイプと比べると、最も研ぎ澄まされた観察眼と美的感覚を持つ人たちです。服装からインテリアにいたるまで、優れたセンスが光ります。

フレンドリーな外向型(E)なので、社交の場の中心にいることが多くなります。コミュニケーション能力が高く、仲裁や駆け引きに長けています。人と一緒に過ごすことを好み、複数の人とチームワークで物事を進めるのが得意です。

また、感覚型(S)であることの特徴として、目の前で起きていることに対峙し、冷静に判断することができます。現実的に考えることができるタイプです。

感情型(F)であることから、他者に対して寛容であることも魅力の一つです。周りの人を励ますためには時間と労力を惜しまず、人々を巻き込んでいくのが得意です。

知覚型(P)の自由さや臨機応変なところも強みですが、一方で「極端に熱しやすく冷めやすい」「計画性が無い」「規則やルールを軽視しがち」という面もあります。目先の楽しみを味わうために、やらなければいけない義務や役割を無視してしまう傾向があるのは、ESFPタイプの最大の課題です。

そして、困っている人を誰よりもサポートしますが、自身が抱える問題に取り組むことは苦手で、衝突を避けようとする傾向もあります。

時には自分自身にしっかり向き合い、将来に向けて必要な準備を整えることができれば、弱みを克服できるでしょう。

ESFP-AとESFP-Tの違い

ESFP(エンターテイナー)タイプは、さらに「ESFP-A」と「ESFP-T」の2タイプに分類されます。

ハイフンの後に付いている「A」は「自己主張型」、「T」は「慎重型」を意味しています。

それぞれの特徴は下記の通りです。

「ESFP-A」の特徴

「自己主張型」のESFP-Aは前向きで、みずから行動を起こせるタイプです。周囲の人に頼られるリーダー的な要素もあります。ただ、自信が過剰気味になってしまう場合があることには要注意です。自己主張をしすぎないよう気を付けましょう。目先の目標だけにとらわれ、大事なポイントを見過ごしてしまわないよう注意すると良いでしょう。

「ESFP-T」の特徴

「慎重型」であるESFP-Tは、他者の感情に寄り添えるタイプです。勤勉で目標達成への努力を惜しまず、周囲から信頼が寄せられる傾向にあります。

やや敏感で不安定な気質があるため、外部からの刺激に対して過度に反応してしまうところがあります。ただ、人の気持ちや痛みが分かるからこそ、人に優しくできる面もあります。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事15選

ここからは、ESFP(エンターテイナー)タイプの性格的要素に適性がある仕事を15種類、ご紹介していきます。

営業 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 1/15]

営業職は、法人や個人の顧客に対して製品やサービスを提案し、契約締結・販売を行う仕事です。

「顧客のニーズを満たし、困りごとを解決する」という目的に向かって、ESFP(エンターテイナー)タイプの観察眼や他者に働きかける能力を活かせる職業です。

営業職として数値目標ばかりを追いかけるのではなく、相手の立場になって真剣に取り組むことで、結果として目標達成がおのずとついてくるというスタイルが、ESFPの特徴です。

もちろん、ESFPの社交性とコミュニケーション能力、臨機応変な対応も、営業職に求められる資質になります。

人事 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 2/15]

人事は、組織の人材管理に関する業務全般を行います。人材の採用・配置・異動など、適切な人事計画を策定・推進することが求められる仕事です。

人的資源を最大限に活かすことは、経営の成否を左右します。人事の仕事は、企業経営の要となります。ある意味で「一定の制約下での創意工夫を求められる」ため、ESFP(エンターテイナー)タイプのアイデアや、具体的・現実的な思考能力が活かせるのです。

ESFPのコミュニケーション能力や人を魅了する力も、採用活動や人員配置の場面で大いに役立つでしょう。

他者に協力的な性格は、社内の各部署と横断的に調整を行う上で強みになります。

幼稚園、保育園の先生 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 3/15]

幼稚園の先生は、満3歳から小学校入学前の幼児を教育する仕事です。

一方、保育士の先生は、乳児から小学校入学前の子どもたちを預かり、生活全般のお世話をしながら、基本的な生活習慣を身につけさせる仕事になります。

両者とも、専門知識ときめ細やかな気配りが求められる仕事です。

ESFP(エンターテイナー)タイプは観察力に優れ、目の前の現実をしっかり捉えることができ、他者を気遣いよく面倒を見ます。

さらに、持ち前の「人を楽しませる能力」で子どもたちから好かれるので、まさに適任と言えるでしょう。

小学校、中学校の教諭 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 4/15]

小学校、中学校教諭のおもな仕事は、教育機関で学習指導を行うことです。

生活面や道徳面のサポートも行い、児童・生徒が健全に成長できるよう促します。これらは、子どもたちが社会で生きていくための基礎的な力を養うことを目的としています。

教師には、他者をサポートする能力や、寛容さが求められます。業務上での人間関係も多いため、コミュニケーション能力や交渉力も必要とされる仕事です。

ESFP(エンターテイナー)タイプは、安定的な人間関係を構築することに長けています。高い観察力は、個々に適した指導に活かされます。

また、ESFP特有の前向きで寛容な人柄が、生徒たちを励ましたり楽しませることでしょう。

フィットネストレーナー [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 5/15]

フィットネストレーナーは、スポーツや運動に関する技術指導をする専門職です。スポーツジムでトレーニングマシンの使い方を教えたり、ヨガやダンスのレッスンをしたり、水泳指導を行うこともあります。

ESFP(エンターテイナー)タイプは個々人をよく観察し、その人に適した具体的なアドバイスを行うことを得意としています。寛容な性格は、人それぞれの習熟度に応じて根気よく丁寧に指導することに適しています。

また、人々が楽しみながら運動習慣を身につけることを、明るく前向きにサポートできるでしょう。

コメディアン [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 6/15]

コメディアンは、漫才やコントなど話術や動きで人々の笑いを誘う仕事です。テレビやラジオの他に、舞台やイベントなどでも活躍します。

最近は、芸能事務所の養成学校で「お笑い」について学び、事務所専属の劇場などからキャリアを積んでいく人も多くいます。

ESFP(エンターテイナー)タイプの、まさに人々を楽しませる能力が純粋に活かされる職業です。ESFPの、個性的でインパクトのあるネタを作る発想力や、人とは違う視点で物事を見る観察眼が求められます。また、その日の観客の反応を見ながら、臨機応変に対応を変える即興の力も必要です。

コンビやトリオなど複数人で活動したり、メディア関係者などと良好な関係を構築する上では、ESFPの「人を巻き込む力」が強みとなるでしょう。

客室乗務員 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 7/15]

客室乗務員には華やかな職業というイメージがありますが、体力的にハードな面もあり、乗客の安全に関わる責任の重さが伴う仕事でもあります。

主な仕事内容は「機内サービス業務」と「保安業務」の2つです。

前者は、乗客の案内や対応、飲料や食事提供などを行う業務です。ESFP(エンターテイナー)タイプの細やかな気配りや、コミュニケーション能力が活かされます。

後者の業務は、機内確認やドアの開閉操作、離発着前の安全確認、急病人への救急処置や天候悪化時の機内の安全確保など、保安要員として機内の安全を守る役割です。不測の事態に備え、ESFPの常に冷静に物事を判断する力が発揮されるでしょう。

美容師 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 8/15]

美容師は、カット・セット・カラーリング・パーマなど、髪のお手入れ全般を行う職業です。 職場によっては、メイク、ネイル、着付けなど、それぞれ専門技術が必要なサービスを行う場合もあります。

ESFP(エンターテイナー)タイプには優れた美的センスがあり、それを活かしたクリエイティブな活動を好みます。

独立して自由に働きたいと考えている傾向があるため、多くの人と良好な関係が築ける社交性も必要な美容師はかなり向いている仕事と言えます。

Youtuber [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 9/15]

YouTuber(ユーチューバー)は、製作した動画をYouTubeで公開する人やグループの総称です。自分の体験・趣味・特技・専門知識などに関する動画を投稿し、視聴数による収入や広告収入を得ることで成り立ちます。

ESFP(エンターテイナー)タイプは、「人を楽しませること」を何よりの喜びと感じる人たちです。動画を通して表現活動がしたい、人の役に立ったり楽しませたいというモチベーションが満たせることでしょう。

一方で「どんなテーマなら視聴者を増やせるか」という冷静な分析や、マーケティング的な発想や仕掛けができることも求められます。これらについても、ESFPの適性が活かせます。

イベントプランナー [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 10/15]

イベントプランナーは、展示会やセミナー、コンサート、フェスティバルなど、さまざまな種類のイベントを企画立案し、運営業務全般を担います。総合的なプロデュースを担当しながら、集客や収益をアップするためのアイデアを出し、イベントを成功に導く運営方法を考えます。

ESFP(エンターテイナー)タイプの、既成概念や前例にとらわれないところが活かされる職業のひとつです。

行動力と臨機応変さを併せ持ち、多くのスタッフとのチームワークで仕事を進める力も、この仕事では評価されることでしょう。

ツアーガイド [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 11/15]

ツアーガイドは、旅行者が旅先で不自由なく快適に過ごせるよう対応し、旅先の地理・歴史・文化・産業等について説明をする仕事です。

好奇心旺盛で学習意欲が高く、行動力とエネルギーにあふれるESFP(エンターテイナー)タイプが、自らも楽しみながら働ける仕事のひとつと言えるでしょう。

旅先の地理や気候に不慣れな旅行者にも適切な配慮を行えることも、ESFPが優秀なガイドになり得る所以と言えるでしょう。

写真家 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 12/15]

写真家は、文字通り写真を撮影することを生業とする職業です。

自分が撮りたい写真を撮って発表するアーティスト系の写真家や、さまざまな依頼や案件を受けて撮影を行う写真家もいます。

撮影した写真は、さまざまな人の目に触れます。また、被写体となった人や、依頼してくれたお客様に喜んでもらえることは、ESFP(エンターテイナー)タイプが仕事を続けていく上で大きなモチベーションにつながります。

独自の芸術性を極められ、ESFP特有の美的センスやアーティスト性が活かせる仕事です。

販売 [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 13/15]

販売職は、スーパーやアパレルショップなどの来店客に対して接客をしたり、レジ打ちや品出し・商品発注をしたりなど店舗スタッフとして働く仕事です。

来店客に対してコミュニケーションを取ることも珍しくありませんが、ESFP(エンターテイナー)の鋭い観察力で来店客のニーズを汲み取るといった強みを発揮できます。

販売職として働くと、ゆくゆくは店長などマネジメントのポジションにつくこともあります。ESFPのコミュニケーション能力と気配りがあれば、チームワークで成果を上げていくことも可能です。

ホールスタッフ [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 14/15]

飲食店のホールスタッフは、注文を受けたり、料理を運んだり、レジで精算したりする接客業務がメインです。また、後片付けにテーブルの清掃なども行います。

ESFP(エンターテイナー)タイプは人を楽しませることにやりがいを見出しますが、それは「人々が食事を楽しんだり、テーブルを囲んで談笑する」場面においても同様です。

将来的に独立して、自分の店を持つことも可能な仕事であることも、社交性が高いESFPにとっては適しているでしょう。

カスタマーサクセス [ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事 15/15]

カスタマーサクセスは、自社のサービスを契約した顧客を担当し、サービスの使い方やより良い活用方法のレクチャーを行うことによって、サービスを利用し続けてもらうといった目的を持って働く仕事です。

長期的に顧客と関係性を構築していく必要があるため、ESFP(エンターテイナー)タイプの社交性を発揮することが可能です。

また、カスタマーサクセスは関係性を保ち続けることで評価される職種ですので、ESFPがストレスフリーで働ける仕事と言えるでしょう。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)に向いてる業種

①生活関連サービス業

生活関連サービス分野には、以下のような業種が含まれています。

  • 洗濯・理容・美容・浴場業…洗濯業、理容業、美容業、公衆浴場業、エステティック業など
  • その他の生活関連サービス業…旅行業、家事サービス業、衣服縫製修理業、物品預かり業、火葬・墓地管理業、冠婚葬祭業、食品賃加工業、結婚相談・結婚式場紹介業、写真プリント、現像・焼付業

ESFP(エンターテイナー)タイプは、気配りが求められる仕事に適性があるため、生活関連サービス業界での仕事に向いています。

②教育業

教育分野には、以下のような業種が含まれています。

  • 学校教育…幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、高等教育機関(大学・短大・高等専門学校)、専修学校、各種学校、幼保連携型認定こども園
  • その他の教育・学習支援業…図書館、博物館、美術館、動・植物園、学習塾、教養・技能教授業(音楽・書道・茶道・生花・外国語会話・スポーツ等)

ESFP(エンターテイナー)タイプは、他者の思考や感情を繊細に汲み取ることができ、さらに自分の知識や技術を喜んで他者に提供します。これらの傾向は、教育・指導する仕事に適性が高いと言えるでしょう。

③娯楽業

娯楽分野には、以下のような業種が含まれています。

  • 娯楽業…映画館、劇場・劇団・楽団・演芸・スポーツ興行団、競輪競馬等競走場・競技団、スポーツ施設提供業(フィットネスクラブ・ボウリング場ほか)、公園、遊園地、テーマパーク、遊技場、ダンスホール、マリーナ、カラオケボックス

ESFP(エンターテイナー)タイプは好奇心に溢れ、楽しむことに秀でているため、娯楽分野に向いています。抽象的なことよりも、目の前のリアルな状況を大切にする傾向や臨機応変に対応できる特徴も、エンタテインメント業への適性と言えるでしょう。自分自身が楽しむことも好きですが、裏方として「人を楽しませること」を探求できるところも、これらの業種に適しています。

④小売業

小売分野には、以下のような業種が含まれています。

  • 小売業…各種商品小売業(百貨店・総合スーパーなど)、織物・衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、機械器具小売業、その他の小売業、無店舗小売業(通信販売、訪問販売、自動販売機による小売)

ESFP(エンターテイナー)タイプは、実務に秀でた交渉上手であるため、各種の卸売業・小売業界での仕事に向いています。

卸売・小売業は、同業他社との市場競争に常にさらされているタフな業種です。コミュニケーション能力が高く営業の達人であるESFPの適性が、発揮できる業種です。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)には向いてない仕事

ESFP(エンターテイナー)タイプは、社交性とコミュニケーション能力に優れている反面、ルーティンワークや一人で進めるスタイルの仕事を苦手とする面もあります。

そんなESFPにあまり向いていない仕事ですが、具体的な特徴としては以上の3点があげられます。

  • ①単独作業が多い仕事
  • ②長期的な計画や戦略性が必要な仕事
  • ③理論や抽象概念に基づく仕事

それでは、詳しく見ていきましょう。

①単独作業が多い仕事

ESFP(エンターテイナー)タイプは、単独で業務にあたる時間が長い仕事にはあまり向いていません。

具体例をあげるとすれば、向いていないのは下記のような職業です。

  • システムエンジニア
  • Webライター
  • CADオペレーター

これらの仕事には、ひとりで進める作業が他の職種よりも多い傾向があります。

ESFPは、その社交性を活かして複数人のチームワークで仕事を進めることを得意としていますので、それを活かせる仕事を選択した方が良いでしょう。

②長期的な計画や戦略性が必要な仕事

ESFP(エンターテイナー)タイプは、長期的な計画や戦略性が必要な仕事に向いていません。具体例をあげるとすれば、下記のような職業です。

  • 経営コンサルタント
  • プロジェクトマネージャー

これらの仕事には長期的な計画や戦略の立案と、それらを着実に実施していく能力が求められています。

ESFP(エンターテイナー)タイプは、長期的な計画立案や遂行をあまり得意としていない傾向があります。「物事への姿勢」が知覚型(P)であることから、計画性が高く長期に渡り進められる業務スタイルよりも、突発的な物事に臨機応変な対応が求められるスタイルを好みます。

③理論や抽象概念に基づく仕事

ESFP(エンターテイナー)タイプは、理論や抽象概念を扱う仕事を苦手とする傾向があります。

具体例をあげるとすれば、向いていないのは下記のような職業です。

  • マーケティング
  • 証券アナリスト
  • 学者

ESFPの「物事の見かた」は感覚型(S)で、具体的な目の前の物事を知覚することを得意としていますが、「判断のしかた」が感情型(F)であるため、理論や抽象概念を扱う仕事には不向きな傾向があります。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)の強み

ESFP(エンターテイナー)タイプの主な強みは、こちらの3点です。

  • ①人を楽しませる力
  • ②鋭い感性
  • ③豊富なアイデア

それでは、順番に見ていきましょう。

①人を楽しませる力

ESFP(エンターテイナー)タイプの最大の強みは、文字通り「人々をエンターテインする(楽しませる)能力」に優れている点です。

注目を浴びるのが大好きで、どんな場でも盛り上げたり和ませたりすることができる天性の才能があります。

この能力は、あらゆる場面におけるコミュニケーションを円滑にし、人と人を繋げていくことでしょう。

②鋭い感性

ESFP(エンターテイナー)タイプは、鋭い感性の持ち主でもあります。

観察力や洞察力、物事を見極めるセンスが研ぎ澄まされているのです。これらは、ビジネスの場ではもちろん、プライベートな関係性においても役立ちます。審美眼的な意味合いだけではなく、物事の本質や核心を捉える際に活かされますので、重要な判断を行うタイミングで特に求められる強みと言えるでしょう。

③豊富なアイデア

ESFP(エンターテイナー)タイプが生み出す独創的なアイデアも、大きな強みの一つです。豊かなアイデアの源泉を持ち、クリエイティブな分野で能力を発揮できるでしょう。

これまでに無かった発想や製品・サービスを作り出すことができたり、既にある製品・サービス・方法をブラッシュアップすることにも長けています。

ESFPはこうしたことを苦もなくやってのけ、それを本人が「心から楽しんでいる」という稀有な存在なのです。

仕事場での活かし方

上記3つの強みは、仕事をする上でどのように役立てられるでしょうか?

ESFP(エンターテイナー)タイプの「人を楽しませる力」は、職場でのチームワークを活性化させたり、社内外の人々をポジティブに巻き込んでいく原動力になります。

そして、その能力が製品やサービスの開発に一役買うこともあるでしょう。「鋭い感性」を活用して、いま求められていることを的確にキャッチし、「豊かなアイデア」で形にしていくことができます。それらを人々や世の中に広く発信していくポジションにも向いています。

就職や転職活動でのPR方法

就職や転職活動において、これらの強みを自己PRする例文をご紹介します。

例文1

私は「人を楽しませる」ことが好きです。

子どもの頃から周囲の人を笑わせるのが大好きでしたが、それが役に立つこともあると知ったのは、学生時代に居酒屋でアルバイトをしていた時です。

忙しい時期や時間帯はとてもハードな職場でしたが、そのことでスタッフ間のコミュニケーションが殺伐としたものにならないよう、ちょっとした気遣いや声掛けで場を和ませることを心掛けていました。

しばらく経ったころ、店長から「君が入ってからアルバイトの離職が減った。いつもメンバーを明るく元気づけてくれてありがとう」と言われ、とても嬉しかったです。

また、お客様から接客態度を褒められたり、名前を覚えてもらえたりという経験も、自分自身のモチベーションアップに繋がりました。

この強みを今後も活かしていきたいと考えています。

例文2

私の強みは、新しいアイデアを考える「発想力」です。

大学時代にボランティア・サークルに所属しており、日本各地の海岸でゴミ拾いや清掃活動をおこなうイベントを毎年開催していました。

せっかくこうした活動をおこなうのであれば、地域の観光振興にも一役買いたいと考え、活動状況をSNSで発信したり、イベントを企画して広く参加者を募ることにしました。

具体的には「ボランティアたび」と銘打って、ボランティア活動を行いながら、日本各地を旅するという企画を提案し、SNSでも募集をおこないました。

その結果、新たに10名の学生が集まり、今までよりも効率的にボランティア活動を実施することができました。

この経験から、新しいアイデアを提案し、実際に企画・実行することの意義を学びました。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)の弱み

ESFP(エンターテイナー)タイプの主な弱みは、こちらの3点です。

  • ①計画性がない
  • ②数字に弱い
  • ③論理性が弱い

これらについても、順番に見ていきましょう。

①計画性がない

ESFP(エンターテイナー)タイプは、計画通りに行動することをあまり重要視していません。

もちろん、大枠の計画が必要であることは認識していますが、「計画をそのまま実行に移す」ことよりも、その場その場の状況に応じて柔軟に対応していく方が良い結果をもたらすと考えており、また臨機応変な対応が実際に得意でもあるのです。

そうした柔軟な対応が功を奏することが多いため、計画的な行動をやや軽視したり、好まない傾向にある人も多いようです。

②数字に弱い

ESFP(エンターテイナー)タイプは、数字に対する苦手意識がある人が多いようです。

そのため、たとえば経理や財務などの数字を扱う仕事には向いていない傾向があります。

数字やデータなどの分析やよりも、人との交流や交渉事の方で強みを発揮できるタイプです。

③論理性が弱い

ESFP(エンターテイナー)タイプは「判断のしかた」が感情型(F)であるため、状況によっては論理的な判断を欠いてしまうことがあります。

特に仕事上では論理性が必要になる場面もありますので、そうした状況にある際は感情を優先させ過ぎないように心掛けると良いでしょう。

仕事場で注意すべきこと

上記3つの弱みについて、職場で注意するべきポイントを紹介します。

例えば、「計画性がない」という弱みについては、「計画にも、存在意義や一定の効果がある」と認識することで軽減されます。

計画を立てないまま、ひらめきや衝動でプロジェクトや企業を遂行すれば、なかなか思うような成果が得られないことでしょう。

計画は「敵」ではなく、いかに「味方」にして使いこなすかが重要です。

また、「数字に弱い」、「論理性が弱い」という弱みについては、それらを得意とする人物に任せるか、アドバイスを求めることをおすすめします。

就職や転職活動で損しないためのポイント

ESFP(エンターテイナー)タイプが、就職や転職活動においてもっとも気を付けたいポイントは「人や職場の雰囲気ばかりを重視してしまい、業務内容や事業の方向性がミスマッチしてしまうおそれがある」ということです。

説明会や面接で話した人と過度に意気投合してしまったり、職場のスマートな雰囲気だけに憧れてしまうなど、やや表面的な部分で安直に判断してしまう傾向があります。

就職や転職活動においては、業務内容や会社の方向性などもあらかじめしっかりとチェックしておくようにしましょう。

また、就職や転職活動は数か月程度の長い期間が掛かるものだと、あらかじめしっかり認識しておきましょう。「早く決めたい」と焦ってしまい不本意な就職や転職とならないよう、しっかりと計画を立てたり、自分にとっての譲れない条件や軸を明確にしておくことをおすすめします。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)がマッチする職場環境

ESFP(エンターテイナー)タイプにマッチする職場環境についても考えてみましょう。

①チームワークが重視される職場

チームワークを重視するESFP(エンターテイナー)タイプには、下記のような特徴がある職場が適しています。

  • 上司や同僚から協力しあう意識が感じられる
  • 単独での業務よりも、複数人で業務に携わる割合が多い
  • 仕事を通して、人の役に立っている実感が得られる

ESFP(エンターテイナー)タイプは、多くの人と協力しながら作業を行うほうが強みを発揮できます。チームワークを重視する職場を選ぶと良いでしょう。

②カジュアルでフレンドリーな職場

他者との交流を大切にするESFP(エンターテイナー)タイプには、下記のような特徴がある職場が適しています。

  • 親しいメンバーと、和やかにコミュニケーションがとれる
  • 上司や同僚から、誠実さが感じられる
  • 社内のイベントなど、交流する機会が多い職場

人々の関係性が穏やかで、フレンドリーな雰囲気の職場であれば、ESFP(エンターテイナー)タイプの強みを発揮できるでしょう。

③人からの感謝が多い職場

ESFP(エンターテイナー)タイプには、人から感謝される機会が多い職場環境が適しています。たとえば、下記のような特徴のある仕事です。

  • 顧客に接する場面が多く、感謝される機会も多い
  • 多くの人と関わり、役に立てていることを日々実感できる

ESFPは他者に対して寛容で、困っている人を誰よりも熱心にサポートする特性があります。それを活かせる職場を選ぶと良いでしょう。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事を見つける方法

ESFP(エンターテイナー)タイプの性格や適性に合った仕事を選択できれば、キャリアにおける満足度が高まります。

向いている仕事を検討する際には、下記のようなポイントに該当するかどうかをチェックすると良いでしょう。

  • 社風、社員のコミュニケーションの雰囲気が合うか
  • 人に貢献できる仕事かどうか
  • 成長できる環境があるか
  • 顧客と直接コミュニケーションをとる機会があるか
  • 経験できる業務の幅が広いか
  • 社内のイベントなどがあるか

これらポイントを見定めるために、下記3つの側面から就活を行うことをおすすめします。ひとつずつ、解説していきます。

①現場の社員の声を多く聞く

自分に適した職場かどうかを確認するには、その企業で実際に働いている人に会ってみることをおすすめします。

感覚型(S)のESFP(エンターテイナー)タイプは人に対する感受性が強いため、ひとりであれこれ考えるよりも、現場で働いている人となるべく多く会う機会を持った方が、職場の雰囲気など受け取れる情報が多いのです。

就職セミナーや会社説明会、OB/OG訪問や知り合いのツテを頼るなど、あらゆる手段を駆使して、現場の社員の話を聞く機会を増やしましょう。

②インターンシップや派遣などその企業で働いてみる

インターンシップや派遣社員として、実際にその企業で働いてみるのも良いでしょう。

ESFP(エンターテイナー)は具体的に行動することで学習しやすいタイプであるため、実際に働いてみることで自分に向いてるかどうかを判断しやすくなります。

③ビジネスモデルをチェックする

ESFP(エンターテイナー)タイプに向いてる仕事を見つけるには、企業のビジネスモデル(業務内容や事業の方向性)を調査することも有益です。

人への貢献度の高さがモチベーションになるESFPにとって、顧客や社会に貢献していけるビジネスかどうかが重要だからです。

そうした特徴を持つ会社かどうかを基準に、企業分析をしていきましょう。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)はどんな人と相性がいいの?

ESFP(エンターテイナー)は、どんなタイプの人と相性が良いのかについても紹介します。

「16 Personalities性格診断」の中であれば、どのタイプが当てはまるのかも解説します。

仕事面①目的・目標志向の上司

ESFP(エンターテイナー)タイプは、「目的・目標志向の上司」の元で活躍できるでしょう。過程よりも具体的な成果をしっかりと評価してくれるタイプの上司です。

「16 Personalities性格診断」では、ISTJ(管理者)タイプです。

ISTJは事実や成果を重視するタイプで、周囲から厚い信頼を寄せられています。ESFPが生み出した成果をきちんと評価し、モチベーションを上げてくれます。

両者は、理性的で現実主義的な考え方を持っているため、意思決定や問題解決においてスムーズなコミュニケーションが可能です。

また、誠実さやひたむきさが際立つISTJは、チームワークを重視するESFPにとって心から信用できる存在になることでしょう。

仕事面②論理的思考力の高い同僚

仕事面では、「論理的思考力の高い同僚」の存在も欠かせません。

INTJ(建築家)タイプは、ESFP(エンターテイナー)タイプのアイデアやチャレンジを実現可能なプランに落とし込んでくれる仲間となります。

INTJは理性的で頭の回転が速く、論理的思考を補完してくれます。両者の間には「共通の目的を持つことにより、互いの強みを合わせて取り組むことができる」という特徴があります。

ESFPは、INTJの独立心の強さを尊重しましょう。INTJには、ひとり静かに思索にふける時間が必要です。お互いのペースを乱さないようにすることで、最強のタッグが実現できることでしょう。

仕事面③ポジティブな同僚

ESFP(エンターテイナー)タイプにとって、「ポジティブな同僚」の存在も欠かせません。

「16 Personalities性格診断」では、ISFJ(擁護者)タイプです。

長期計画の策定や遂行を苦手としているESFPの弱みを補完し、ESFPのエネルギッシュな行動にポジティブな姿勢でついてきてくれます。また、ESFPが細かなミスをしてしまった際には、全力でサポートやフォローをしてくれるありがたい存在です。

一方、ESFPの明るい言動や人々を巻き込む行動力は、時に慎重すぎるISFJを後押ししてくれる頼もしい存在となるでしょう。

プライベート面①好奇心の強い人

プライベートにおける友人としてESFP(エンターテイナー)タイプと相性がいいのは「好奇心の強い人」です。

「16 Personalities性格診断」では、ESTP(起業家)タイプが該当します。

両者はともに好奇心が旺盛で、新しい物事を偏見や躊躇なく楽しめるタイプです。

似た者同士なので、良好な関係が築きやすい相性と言えます。

プライベート面②思いやりのある人

ESFP(エンターテイナー)タイプは、「思いやりのある人」と合います。

「16 Personalities性格診断」では、INFP(仲介者)タイプがあげられます。両者は、ともに感情的なつながりをとても大切にします。同じ目線で話ができるので、一緒にいて居心地のいいパートナーになるでしょう。

また、INFPは「仲介者」の名にふさわしく、人をサポートしたり、物事の本質を捉えてわかりやすく伝える能力に長けています。これらは、ESFPの弱みを的確にフォローしてくれる能力です。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)と相性が悪い性格タイプ

続いて、ESFP(エンターテイナー)タイプは、どんなタイプの人と相性が悪いのかについて紹介します。関係性をより良くするための参考にしてみてください。

相性が悪い性格タイプ①過度に批判的な人

ESFP(エンターテイナー)タイプは、目先の楽しみを優先してやらなければならないことを後回しにしたり、問題にしっかりと対処することが苦手です。

そうした弱みを遠慮なく批判してくるENTP(討論者)タイプとは、相性が悪いと言えるかも知れません。論理型(T)であるENTPは問題を解決することを重視するため、ESFPが問題に取り組まない姿勢に批判的です。

ただ、両者はともに知覚型(P)であるため、物事を現実的に捉え、実際の経験を通して新しい知識や概念を吸収することが重要だと考えます。こうした共通点があることを理解できれば、大きな衝突は避けられるでしょう。

相性が悪い性格タイプ②融通の利きづらい人

ESTJ(幹部)タイプの「ルールや約束をしっかりと守りたい」傾向は、そうしたものにあまり縛られたくないESFP(エンターテイナー)タイプと相容れないことが往々にしてあります。

自由で活動的なESFPは行動に粗が目立ったり細かいミスをしまうこともあり、ルールを重んじる人からすると、疎ましく思われてしまう可能性があるためです。

また、ESFPは計画ずくめになることを好みませんが、ESTJは堅実で計画通りに物事を進めたいため、生活リズムや価値観の違いも問題が起こりがちです。

相性が悪い性格タイプ③強く内向的なタイプ

ESFP(エンターテイナー)タイプは「強く内向的なタイプ」を苦手だと感じています。

「16 Personalities性格診断」では、INTP(論理学者)タイプが当てはまります。INTPは自分と興味・関心が同じでない人にはなかなか心を開かない傾向があります。人と積極的に関わることも、グループに所属することもあまり好みません。

ただし、両者の興味や目標が一致した場合には、両者の違いが「補い合い、助け合う関係性」になるケースもあります。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)の性格タイプを更に詳しく理解しよう

記事の前半でも触れましたが、ESFP(エンターテイナー)タイプの特徴は、16Personalities診断テストに用いられる「4つの対抗軸の組み合わせ」から解説されています。

興味・関心の方向内向型(I)外交型(E)
物事の見かた感覚型(S)直観型(N)
判断のしかた論理型(T)感情型(F)
物事への姿勢判断型(J)知覚型(P)

ESFP(エンターテイナー)タイプは、上記の要素のうち、外向型(E)、感覚型(S)、感情型 (F)、知覚型(P)の4つの特徴を持つタイプです。

ESFP(エンターテイナー)タイプを一言で表すなら、「好奇心旺盛で人を楽しませるのが大好きな、まさに天性のエンターテイナー」です。

生まれつき好奇心が強く、美的感覚に優れています。研ぎ澄まされた観察眼と美的感覚を持ち、服装からインテリアにいたるまで優れたセンスが光ります。自由奔放な性格で、環境の変化を楽しめるタイプです。

外向型(E)で、社交の場の中心にいることが多く、たくさんの人から注目を集めることが好きです。ひとりで行動するよりも、複数の人とチームワークで物事を進めることを好みます。高いレベルのコミュニケーション能力を持ち、難しい交渉や駆け引きも難なくこなします。

感覚型(S)であることから、目の前で今起きていることに対峙し、冷静に判断・対処することが得意です。あれこれ夢想するよりも、物事を現実的に考えるタイプです。

感情型(F)の特性として、他者に対して寛容です。周りの人を励ますためには時間と労力を惜しまず、人々を巻き込んでいくのが得意です。

知覚型(P)の自由さや臨機応変なところも強みですが、一方で「極端に熱しやすく冷めやすい」「計画性が無い」「規則やルールを軽視しがち」という面もあります。目先の楽しみを優先し、やらなければいけないことをつい先延ばしにしてしまう傾向があることが最大の課題と言えるでしょう。

困っている人を誰よりも熱心にサポートするのは良いのですが、自身が抱える問題に真剣に取り組むことは苦手で、衝突を避けようとする点にも注意が必要です。

時には自分自身にしっかり向き合い、将来に向けて必要な準備を整えることができれば、これらの弱みを克服できるでしょう。

自分の性格タイプを活かす方法をアドバイス

ESFP(エンターテイナー)タイプは、公私にわたり人付き合いが良く、友人関係や恋愛も充実している傾向があります。要は「モテる」タイプです。

人あたりが良く素直な性格であるため、ほとんどの人と和やかに接することができます。多くの人と良好にコミュニケーションを取れることが、モテることに繋がるのでしょう。

ただ、人のことは熱心に気にかけたりサポートするのですが、自分が「やるべきこと」や「向き合わなければならない問題」から逃げてしまいがちなところがあります。もとは小さな問題も、放置し続ければ大きく悪化することになります。人へのサポートを「忙しさの言い訳」にせず、自分自身にしっかり向き合う時間を取りましょう。

また、長期的な展望よりも、「今、自分はどう感じているか」を重視する傾向があるので、特に恋愛においてはドラマチックな展開やスリルを求めている部分があります。パートナーに求めるものが急に変わったり、他の人に興味が移ってしまうことは、他のタイプよりも起こりがちな点には注意が必要です。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESFP(エンターテイナー)について「よくある質問」

ESFPのあるあるって?

ESFP(エンターテイナー)タイプあるある、よく聞かれるものをいくつかご紹介します。

  • 好奇心が旺盛で、新しいことが大好き
  • 年齢・性別・業種などにとらわれず誰とでも仲良くできる
  • 行動力があるが、あまり深く考えないで動くので失敗も多い
  • じっとしているのが苦手。身体を動かすのが好き
  • 学校など多くの規則が整備されている環境は苦手
  • 自分の目で見たものしか信じない
  • ついつい、スリルや刺激を求めてしまう
  • 他人に寛容で、助けを求められれば熱心にサポートする
  • 地道にコツコツ続ける事が苦手
  • 人から必要とされたり、頼りにされることが嬉しい
  • 多くの人からの注目を集めることが好き

あなたは、いくつ当てはまりましたか?

ESFPはなぜ「エンターテイナー」と呼ばれるのか?

ESFP(エンターテイナー)は、文字通り人々を楽しませることが大好きなタイプであり、まさに名は体を表すという言葉がぴったりです。

そして、面白おかしく「楽しませる」だけでなく、辛い状況にある人たちを「励まし、癒す」という意味でも、大きな影響力を持っています。

人は「人生を楽しむために生まれてきた」ということを忘れがちですが、ESFPのフレンドリーでポジティブなエネルギーは、事あるごとにそのことを思い出させてくれる、とても貴重な存在と言えるでしょう。

ESFPは仕事ができないと言われるのはなぜ?

ネット上では「ESFPは仕事ができない」というような言説が見られます。もしかすると、このことを気に病んでいるESFPタイプの人もいるかも知れません。

まず大前提として、人に対して「仕事ができない」というような断定はするべきではありません。

その上で「なぜ、ESFP(エンターテイナー)タイプは仕事ができないと言われてしまうのか」、その理由は「計画性が無い」「規則やルールを軽視してしまう」「注意不足からミスをしてしまいがち」などの特徴があるからだと推測されます。

こうした傾向がESFPにあることは否めませんが、すべての仕事においてこうした特徴がネックになるとは限りません。

計画やルール通りに仕事を進めることが得意なパートナーや同僚と仕事をすれば良いですし、「ぜったいにミスを起こさない」ことよりも「他の誰にも真似できないアイデアやセンスがある」ことの方が求められる仕事もあります。

ESFPの「人々を楽しませる能力」や「多くの人を巻き込むチームワークの名手」を活かせる仕事を選べば、「仕事ができない」なんて誰にも言わせない活躍が期待できるでしょう。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

まとめ:ESFP(エンターテイナー)に向いてる仕事をゲットしよう!

ESFP(エンターテイナー)タイプには、自由にチャレンジができ、多くの人とチームワークで行う仕事に適性があります。

一方で、ESFPが苦手とする計画性が重視される仕事やルーティンワークは避けた方が良いでしょう。

ESFP(エンターテイナー)タイプの強みと弱みをしっかりと理解した上で、向いている仕事を探すようにしましょう。

どんな仕事が向いているのか分からなかったり、向いている仕事の探し方を知りたい方は、就職エージェントを活用するのがおすすめです。その人の適性に合う仕事探しを、専任のエージェントに相談したりアドバイスが受けられます。

私たちジェイックも就職エージェントを運営していますので、ご興味のある方は下記のバナーからアクセスしてみてください。サービスの利用はすべて無料です。

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等