相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ESTJ(幹部)と相性の良い性格まとめ!恋愛・仕事の相性や向いてる職業も解説

ESTJ(幹部)と相性の良い性格まとめ!恋愛・仕事の相性や向いてる職業も解説

ESTJ(幹部)と相性の良い性格タイプはチームワークを大切にして他人のために頑張れるタイプで、反対に相性の悪い性格タイプはマイペースで自分勝手なタイプです。
自分の診断結果を用いて他の16の性格タイプとの相性を知ることで、恋愛や苦手なタイプへの対処、適職を見つけることなどに活かしていくことができます。

この記事では、ESTJ(幹部)と相性の良い・悪い性格タイプを解説するとともに、恋愛や仕事面にフォーカスした相性の関係性をまとめてご紹介します。

また、ESTJ(幹部)に向いてる職業についても解説しますので、自分の性格タイプから相性を知りたいという人は参考にしてみてください。

※本記事で解説する相性は学術的根拠ではなく、各タイプの性格的における一般的理解に基づいて解釈しています。

ESTJ(幹部)と相性が良い性格タイプは?

ESTJは伝統と秩序を何よりも大切にする性格で、あらゆるコミュニティにおいて人々を一致団結させることを強みにしています。

そんなESTJと相性が良い性格タイプについて解説していきます。

ESTJ(幹部)と相性が良いのは他人のために頑張れる性格

ESTJは幹部タイプと言われる通り、集団をまとめ上げて秩序を保つことに強みを持った性格です。常に正直で誰に対しても誠実に向き合おうとする言動から、様々な立場の人がESTJに共感し、協力しようと考えてくれます。

外向型(E)という性格傾向も持ち合わせているため、自らが率先して手本を示すように積極的な行動を見せることも特徴です。状況を俯瞰して見ることを基本行動としているので、自分に必要な働きや役割を瞬時に理解し、複雑な物事も的確に分解していくことができます。

このように、チームや組織をまとめ上げることに長けている性格ということもあり、リーダーや管理職といった立場に就くことが多いのがESTJです。そんなESTJと相性が良いのは、集団の秩序の維持に大切な要素である、他人のために頑張れる性格の人と言えます。

言い換えれば、チームワークを大切にして行動できる性格の人がESTJとは相性が良いと考えられます。

ESTJ(幹部)と相性の良い性格タイプはINFJ,ESFJ,ISFJ

ESTJと相性の良い性格タイプとしては、INFJ,ESFJ,ISFJの3つが挙げられます。

提唱者タイプのINFJは、物静かで自分から主張をすることは少ないですが、属するコミュニティがより良い方向へ進んでいけるよう、理想的なビジョンを掲げて提案することに長けた性格です。理想主義者な性格ということもあり、ESTJがチームをまとめ上げる上でINFJのビジョンが重要なものになることもあるでしょう。

領事官タイプのESFJは、社交性と行動力、そしてコミュニケーション能力に優れた性格です。常に周囲の人に対して熱心に手を差し伸べながら物事を進めようとしますので、チームプレイは最も得意な性格と言えます。
ESTJがESFJと一緒にチーム作りに向き合うことになれば、ESFJの周囲の士気を上げる力に助けられることは間違いありません。ESTJのパートナーや右腕として存分に力を発揮してくれることでしょう。

擁護者タイプのISFJは、積極的な行動を取ることはありませんが、献身的で共感性が高いことから常に誰かをサポートする役回りに立つ性格です。困っている人がいれば真っ先に声をかけにいきますし、助けを求められれば親身に解決策を一緒に考えてくれます。
このような性格のため、ISFJが個人プレーに走ることはほぼなく、チームワークを最重視していることからESTJとの相性が良いと言えます。

ESTJ(幹部)とINFJの相性

ESTJとINFJは、全ての性格相性の中で最も優れた組み合わせと言えます。お互いの強みと弱みが良い具合にマッチしているため、どのような状況においても自然と手を取り合って一緒に物事を進めていくことが可能です。

ESTJは合理的に物事を判断し、集団に対して高いコミュニケーション能力を活かしてまとめ上げることが得意です。一方、INFJは創造的なアイデアやセンスに優れており、ESTJは持ち合わせていないスキルを多く持っています。

お互いの長所が相手に対して良い影響を与えるような相性ですので、衝突してしまうようなことも少なく、関係性が長続きしたとしても仲良くいられるでしょう。

ESTJ(幹部)とESFJの相性

ESTJとESFJは、性格傾向を示すアルファベットの4分の3が同じということもあり、価値観が非常に似ています。同じ物事を見た時の感じ方や、判断の仕方が似通っていることから、一緒にいてシンパシーを感じることも多いはずです。

同じような価値観ということもあり、考え方の違いから言い争いをしたり距離を置いたりといった衝突は非常に少ないです。むしろ、常に一緒にいた方が心が和らぐとともに刺激的な毎日を過ごすことができるでしょう。

ただ、お互い強い外向型(E)の性格ということもあり、人によっては相手に対して高圧的にコミュニケーションを取ってしまう可能性があります。そのような性格の人だと、仮にESFJであっても仲良くなれないことがあるので気をつけてください。

ESTJ(幹部)とISFJの相性

ESTJとISFJは、どちらも誰かのためになる時に本領が発揮できるタイプということもあり、価値観が似ている相性と言えます。自分のことよりも他人のことを考えて行動する性格ですので、当然ESTJはISFJのために、ISFJはESTJのために手を差し伸べ合うため仲が深まりやすいです。

基本的に友好的な関係性を築ける相性ですが、外向型(E)と内向型(I)という根本の違いが見られますので、サポートの仕方がお互い違うといった点は認識しておきましょう。

具体的には、ESTJは積極的に自分から声かけをして相手を助けますが、ISFJは声をかけられたら相手を助けるといった違いが見られます。
そのため、ESTJがISFJの人と仲良くなりたいのであれば、自分から積極的に話しかけにいくことがおすすめです。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESTJ(幹部)と相性の悪い性格タイプは?

ESTJは他人のために全力を尽くすことのできる性格ですが、誰とでも相性が良いということではありません。

ここからは、ESTJと相性の悪い性格タイプについて解説します。

ESTJ(幹部)と相性が悪いのは自分勝手な性格

ESTJは集団の秩序の維持のために全力を尽くす性格です。そのため、自分が属するコミュニティの秩序を見出そうとする人に対して強い嫌悪感を抱いてしまいます。このことから、ESTJと相性が悪いのは自分勝手な性格の人と言えます。

マイペースに自分のやりたいことしか手をつけない人や、そもそもコミュニケーションが苦手で基本的な報連相ができない人は、コミュニティにいても他人に迷惑をかけてしまいがちです。

ESTJも最初は自分勝手な性格の人となんとか上手くやろうと試みますが、価値観の違いに気づくと次第にストレスを感じて距離を置こうとしてしまうことでしょう。一方、マイペースな人からすればESTJの仕切り屋や性格に対してうざったさを感じることもあります。

このように、ESTJと自分勝手な性格の人は、水と油のようにお互いを認め合うことができず、非常に相性が悪いと考えられます。

ESTJ(幹部)と相性の悪い性格タイプはINFP,ISTJ,ISTP

ESTJと相性が悪い性格タイプとしては、INFP,ISTJ,ISTPの3つが挙げられます。

仲介者タイプのINFPは、センスや独創性に優れた性格ということもあり、集団で決めた方向性とズレた言動を取りがちです。他人に対して手を差し伸べることも少なくはないですが、センスがやや変わっているということもあり、大多数の考え方とは異なるサポートをしやすいです。

管理者タイプのISTJは、自分に与えられたミッションを実直にこなそうとする真面目な性格です。やらなければならないことに対してはしっかり向き合いますが、特に集団に対する帰属意識が強いということではありませんので、モチベーションに行動が左右されやすいといった欠点が見られます。
ESTJはISTJとコミュニケーションを取ることも多いですが、何を考えているかがあまり読み取れないということもあり、一定以上の深い関係性になることは難しいと考えられます。

巨匠タイプのISTPは、自分の興味のあることに対しては全力で頑張ることができるものの、興味のない物事に対しては全く力を発揮しようとしません。行動傾向も非常にマイペースであることから、ESTJとは根本的に相性が合わないと言えます。

ESTJ(幹部)とINFPの相性

ESTJとINFPは、全ての組み合わせの中で最悪とも言えるほどの相性と言えます。性格傾向を示すアルファベットの全てが異なることから、物事の考え方や価値観、行動の方向性などありとあらゆる所で自分とは合わないと感じることでしょう。

初対面の時であれば、自分にはない特徴を持った相手と認識して仲良くなろうとするかもしれませんが、関係性が続いてくるにつれてお互いが相手と異なる考えを持っていることに気づくため、仲良しになることはほぼできません。

無意識のうちに避けてしまうような相性ですので、ESTJがINFPとやり取りをしていくのであれば細心の注意を払う必要があります。

ESTJ(幹部)とISTJの相性

ESTJとISTJは、一見すると性格傾向を示すアルファベットの大半が一緒ということもあり、相性はよく見えます。しかし、外向型(E)と内向型(I)という性格の根底となる部分だけが違うことで、衝突が増えてしまうと考えられます。

特に物事の判断をしなければならない時、ESTJは積極的かつ行動的に対処しようと考えますが、ISTJはとにかく慎重に対応するような考えを取ります。
特に一緒になって物事を進めているような時は、お互いの行動傾向の違いがストレスに感じてしまうことでしょう。

ESTJ(幹部)とISTPの相性

ESTJとISTPは、一緒に物事を進めていくこと自体が困難で、コミュニケーションを上手く取っていくことが難しい相性です。ESTJは常に他人のために頑張ろうとしますが、ISTPは自分のためだけに頑張ろうとするといった違いが見られます。

互いに価値観が違うことははっきりと認識していますので、基本的には積極的に相手に関わろうとはしません。しかし、ESTJが役割上ISTPに対して注意をしなければならないこともあり、衝突は免れないでしょう。

仕事や恋愛といった関係性においても、あまり芳しくない組み合わせということを認識しておいてください。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESTJ(幹部)の恋愛における相性一覧

ここからは、ESTJの性格相性について細かい関係性に切り分けて詳しく解説していきます。まずは、ESTJの恋愛における相性についてそれぞれの性格タイプで見ていきましょう。

ESTJ(幹部)が恋愛において相性が良いのはINFJ,ENFP,ESFJ

ESTJと恋愛相性が良い性格タイプとしては、INFJ,ENFP,ESFJの3つが挙げられます。

理想主義タイプのINFJは、恋愛においてロマンチストな考えを持っており、パートナーとの楽しい将来を想像することが好きな性格です。パートナーとの愛情をとにかく重視しているため、シャイながらも愛情表現を沢山してくれるでしょう。
ESTJは恋愛においてパートナーとの対等な関係性や、誠実なやり取りを強く望んでいます。INFJのロマンチストな言動はESTJにとってポジティブな感情を与えてくれますので、長く恋愛関係を続けていくのに最適な相性と言えます。

運動家タイプのENFPは、ESTJと同じく社交的で行動力のある性格のため、恋愛においてはパートナーと積極的にデートをしたがる傾向にあります。
また、一緒に旅行に行ったり、イベントに参加したりなど、アクティブなデートを好む傾向にあることから、ESTJは刺激のある恋愛を楽しめるはずです。
特に、ESTJは既存のコミュニティに対するコミュニケーションが得意な反面、初対面の人とのコミュニケーションはそこまで得意ではないといった弱みが見られますが、その点はENFPが上手くカバーしてくれます。
一緒に助け合って過ごしていけるのも、ENFPとESTJの恋愛相性が良い理由の一つです。

領事官タイプのESFJは、パートナーに対して常に手助けをするように行動する性格です。ESTJはESFJの献身的な振る舞いを見て、秩序のある恋愛関係を感じられるため、前向きに恋愛を楽しんでいけるでしょう。
加えて、性格傾向を示すアルファベットの4分の3が一緒ということもあり、性格が似ているのもポイントです。一緒に過ごしていて価値観の違いを感じることが少なく、ストレスフリーで恋愛関係を築いていけます。

ESTJ(幹部)が恋愛において相性が悪いのはINFP,ENFJ

反対に、ESTJと恋愛相性が悪い性格タイプとしては、INFP,ENFJの2つが挙げられます。

仲介者タイプのINFPは、仲介者と言われる通り誰かと誰かの仲を取り持つようなサポート能力に長けている性格です。一方で、一対一のコミュニケーションになると強みが上手く活かせないため、パートナーを助けようとする気持ちが余計に先走ってしまうといった弱みが見られます。ESTJとの価値観は、性格傾向を示すアルファベット4文字を見ても明らかに真逆であることが分かるため、恋愛関係でも衝突を繰り返してしまうことが考えられます。
一緒に過ごせば過ごすほど、INFPとの価値観の違いにストレスを抱えることになりますので、交際をするのであれば慎重に相手の性格を細かく見ていく必要があります。

主人公タイプのENFJは、恋愛においてパートナーに対して快活で分かりやすいコミュニケーションを取りますので、多くの場合において望ましい恋人と捉えることができます。一方、異性からの人気が強い性格ということもあり、恋愛中でも他の異性と仲良くするといった一面が見られます。
ESTJはとにかく恋愛においても秩序を大切にしますので、不貞と捉えられる行為に対しては厳しい目を向けます。ENFJのコミュニケーション能力や人気の高さが、ESTJの嫉妬心やストレスを引き起こしてしまうこともあるため、関係性が長続きすると衝突が増えることが考えられます。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESTJ(幹部)の恋愛における他タイプとの相性

ここまでで紹介した5つの性格タイプ以外のタイプとの恋愛における相性については、以下のようにまとめられます。

恋愛や今のパートナーとの相性について悩んでいる人は、この一覧を参考にしてみてください。

性格タイプ相性関係性
INTJ★★★☆☆計画を立てることが非常に好きな性格のため、積極的にパートナーとのデートの予定や計画を立ててくれます。
ただ、外向型と内向型の違いが出やすい相性のため、INTJの提案するデートにESTJが魅力を感じないといったこともあります。
INTP★★☆☆☆恋愛においては一人の時間も大切にしたいと考える性格であり、パートナーとできるだけ長く一緒にいたいと考えるESTJとは相性が悪いです。
性格傾向も大半が真逆であることから、喧嘩も少なくないでしょう。
ENTJ★★★☆☆率先してパートナーをリードしてくれるような力強さが魅力的な性格ですが、ESTJは対等な恋愛関係を望むことからENTJに対して自分勝手さを感じることがあります。受け身な性格のESTJであれば、ENTJとうまく恋愛を楽しんでいけると考えられます。
ENTP★★☆☆☆我が強く、パートナーに対して自分の意見を押し通そうとする傾向が見られます。ESTJから見ればマイペースな性格だと感じてしまうので、恋愛を長く続けていくのにはあまり向いていません。口喧嘩も多くなりやすい相性のため、交際時は自分が折れることも大切になってきます。
ISTJ★☆☆☆☆外向型と内向型だけが違うといった相性であることから、一緒に恋愛をしていて衝突する機会が非常に多いです。
加えて、ISTJは自分が感じていることをあまり表に出さないため、いきなり大喧嘩に発展するといった不安定さも見られます。
ISFJ★★★★☆常にパートナーのことを考えて行動できる性格ということもあり、ESTJの望む秩序ある恋愛関係を過ごしていくことができます。
また、ESTJが仕事などで精神的に疲れている時にも手を差し伸べてくれますので、心のオアシスのような存在と感じられるはずです。
ESTJ★★★★☆同じ性格タイプ同士となりますので、価値観や物事の判断基準が似通っており、衝突することはほぼないでしょう。
加えてお互いが誠実な恋愛を楽しみたいと考える性格のため、結婚を視野に入れて恋愛をしていくことも可能です。
ESTP★★★☆☆行動力やセンスに優れているので、デートを非常に楽しく感じられるでしょう。
しかし、リスクを取った行動を積極的に取る傾向が見られることから、ESTJとは所々で価値観が異なります。相手の言い分を上手く咀嚼して会話していくことが大切になるでしょう。
ISTP★☆☆☆☆恋愛関係にあっても自分の興味を示すことにしか行動しないため、ESTJとの価値観が合いづらいです。見かねたESTJがデートに誘っても中々相手にしてもらえないので、恋愛をしていてストレスが溜まっていってしまいます。
ISFP★★☆☆☆自分の興味のあることに一直線に突き進んでいく性格であり、パートナーとの時間を大切にしたいESTJにとっては相性が悪いです。
加えて、興味関心の方向性も違うことから、仮にデートをする時であっても面白さを共有できないことがあります。
ESFP★★☆☆☆快活にパートナーと接する性格ですが、ESTJからすると落ち着きのない人と感じてしまい、一緒にいて心が和らぎにくい相性です。

ESTJ(幹部)の仕事における相性一覧

続いて、ESTJの仕事における相性についても詳しく解説します。

ESTJ(幹部)が仕事において相性が良いのはINTJ,INTP,ENTP

ESTJと仕事上での相性が良い性格タイプとしては、INTJ,INTP,ENTPの3つが挙げられます。

建築家タイプのINTJは、戦略的に仕事を考えて業務に分解していくことが得意な性格です。ESTJがリーダーとしてチームをまとめないといけない時には、INTJにタスクをマルっと振ることで大抵の問題は解決してしまうことでしょう。

論理学者タイプのINTPは、専門的な知識で仕事をこなしていく性格です。ESTJが持ち合わせていないスキルを多く持っているため、仕事上は自分の業務を手助けしてもらうことも多いはずです。

討論者タイプのENTPは、頭の回転が早く交渉術に優れているため、コミュニケーションが重要になってくる仕事で強みを発揮できます。ESTJよりも外向型の傾向が強く、顧客折衝やプレゼンといった業務を任せることで、組織としての生産性の向上が期待できます。

ESTJ(幹部)が仕事において相性が悪いのはESFP,ISTJ

反対に、ESTJと仕事上の相性が悪いのは、ESFP,ISTJの2つの性格タイプとなります。

エンターテイナータイプのESFPは、とにかく組織を盛り上げて士気を上げるといった行動が得意である反面、熱しやすく冷めやすい性格であることからチームワークを乱すことがしばしば見られます。ESTJはESFPに対するコミュニケーションに悩むことも多く、一緒に働いていてストレスを感じるでしょう。

管理者タイプのISTJは、仕事においては常に受け身で働く特徴があります。仕事を与えられれば熱心に向き合いますが、それ以上の仕事に取り組もうとすることはありません。
ESTJはISTJに対してもっと積極的に働いて欲しいと感じるものの、中々行動を変えてくれないためストレスを感じることになります。

ESTJ(幹部)の仕事における他タイプとの相性

ここまでで解説したそれぞれの性格タイプ以外との仕事における相性をまとめると、以下の通りとなります。

性格タイプ相性関係性
ENTJ★★★☆☆チームメイトを指揮する役割を担うため、ESTJと近しい働き方をします。互いのマネジメントスタイルが若干異なるため、衝突もありますが学ぶべきポイントも多くあります。
INFJ★★★★☆ESTJが苦手なビジョナリー的思考ができる性格のため、会社をまとめていくのに心強い仲間と感じられるでしょう。思考力も高く、ESTJと一緒に働いていくのに向いている相性です。
ENFJ★★★☆☆カリスマ性のあるリーダータイプの性格で、ESTJの目指すリーダー像とは若干異なります。時にはENFJの仕事の活躍を目にして強い敵対心を感じてしまうこともあるでしょう。
INFP★★★★☆仕事では常に誰かのサポートに回っているため、ESTJが目の届かない組織の問題を未然に防止してくれることがあります。縁の下の力持ちとして良い相性を築いていけます。
ENFP★★★★☆コミュニケーション能力が高く、仕事においては基本的にチームメイトと一緒になって働ける性格ですので、ESTJとの相性は良好です。
信頼できるパートナーとしてENFPと関係性を築いていくことになるでしょう。
ISFJ★★★★☆同僚を助けることにやりがいを感じる性格ですので、秩序を大切にしたいESTJからすれば、ISFJの働きに助けられることも多いです。そのため、一緒に働く上での相性は良好と言えます。
ESTJ★★★★☆同じ性格タイプということもあり、仕事でも衝突することはありません。しかし、考え方が似通っているため同じ課題にぶつかりやすいといった点は認識しておく必要があります。
ESFJ★★★★☆ESTJ以上にコミュニケーション能力を活かして働くため、学ぶべきポイントが多いのが特徴です。また、ESFJの気配りに助けられることも多く、ESTJとの相性は良好です。
ESTP★★★☆☆仕事においてはリスクを取る判断をしがちなので、チームの秩序を乱す原因になりやすい性格です。ESTJの判断基準とはズレているため、衝突も多くなるでしょう。
ISTP★★★★☆一人で仕事を進めるような一匹狼タイプですが、ESTJが振ったタスクはしっかりとこなしてくれるため、結果的に集団行動をさせるのは難しくありません。
リーダーシップをしっかり発揮できれば、ISTPとの相性は良好と言えます。
ISFP★★☆☆☆自由人な性格でチームの輪を乱すことが多く、ESTJはストレスを抱えやすくなります。一方、センスに優れていてESTJにはない魅力もありますので、しっかり会話することが大切になってきます。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

ESTJ(幹部)に相性の良い職業

ESTJが仕事で活かせる長所としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高い管理能力
  • 決断力
  • 論理的な思考力

これらの長所が活かせる、相性の良い職業としては以下となります。

  • 施工管理
  • 財務
  • 行政書士
  • 経営企画
  • 品質保証
  • 品質管理
  • 経理
  • 公務員
  • 投資家
  • 税理士
  • 銀行員
  • 経営者
  • プロジェクトマネージャー
  • 総務
  • 弁護士

それぞれの職業について、より詳しい解説やキャリア形成のポイントを以下の記事でまとめていますので、合わせて確認してみてください。

ESTJ(幹部)に向いてる仕事15選!性格から分かる適職一覧

ESTJ(幹部)の相性に関するよくある質問

最後に、ESTJの相性についてよくある質問をまとめて解説します。

ESTJの相性あるあるは?

ESTJの相性あるあるとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 威厳を持って人と接したい
  • マネージャーやキャプテンの経験がある
  • 責任感が人一倍強いと思っている
  • 何がなんでも自分のやりたいことを成し遂げる
  • 上下関係は何よりも重視したい
  • リスクに対する危機感を強く感じやすい
  • 空気を読んで人との関係性を築く
  • ルールは絶対に守る
  • 感情をあまり表に出さない

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ESTJの割合はどれくらい?

ESTJの割合はおよそ3%と言われており、日本では比較的少ない性格タイプとなります。

多くの大統領がESTJの性格タイプという結果もあることから、多くの人を統率していくような立場の人はESTJである可能性が高いと言えるでしょう。

ESTJは性格が悪い?

ESTJはルールや秩序をしっかりと守ろうとする意識が強いため、必然的に周囲の人に対して小言や注意をする役割を担います。

本人は悪気なくアドバイスをしているつもりですが、周囲の人からすると「常に誰かを怒っている人」と見えてしまうため、結果的にESTJは性格が悪いと言われがちです。

まとめ

ESTJと最も相性の良い性格タイプはINFJです。お互いに自分にない強みを相手に見出せる相性のため、自然と助け合っていける組み合わせとなっています。

反対に、ESTJと最も相性の悪い性格タイプはINFPです。性格傾向の全てが異なるため、一緒に物事を進めていて衝突する機会が多くなるでしょう。

この記事で解説したそれぞれの関係性における相性を参考に、日頃の人間関係を改善するのに役立ててみてください。

※. 2022/3~2023/3の当社相談参加者へのアンケートで『満足』『どちらかといえば満足』を選んだ方の割合

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等