就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学退学後に待ち受ける末路って?正社員就職を実現する方法も解説

大学退学後に待ち受ける末路って?正社員就職を実現する方法も解説
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「大学を退学したら一体どうなるんだろう……」と不安を感じていませんか?

この記事では、大学を退学した後に待ち受けている末路を解説すると共に、正社員就職を実現させる方法も紹介します。

おすすめの仕事や、よくある質問にもお答えしますので、退学を控えている、または退学を考えている人は参考にしてみてください。

大学退学の基礎知識

大学退学の基礎知識

まずは大学を退学することについて、次の基礎知識を押さえておきましょう。

  • 大学退学と中退の違い
  • 大学の退学率

では、それぞれについて解説します。

大学退学と中退の違い

大学退学と中退の違いは、次のとおりです。

  • 退学:“学校”側の指示(措置)によって学校を辞めること
  • 中退:学校に通うことを“自ら”辞めること

退学は、一般に「辞めさせられた」といった意味で使われます。逆に中退は「自分で辞めた」といった文脈で使われるケースが一般的です。

ただし大学から退学処分を言い渡される以外に、自ら大学を辞める場合には「自主退学」といった言葉を使うこともあるなど、実際の場面では混同して使われている様子も見られます。

※こちらの記事でも「退学」と「中退」を特に区別することなく使用します

大学の退学率

大学を退学した人の割合は、令和2年度では1.95%(57,913人)となっています。自主退学の理由としては新型コロナウイルスなどの影響に伴う「経済的困窮」がトップで、「転学等」「修学意欲低下」などを理由に挙げる学生も少なくありません。

引用:文部科学省|新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について(p.13)

大学から退学処分を言い渡される理由

大学から退学処分を言い渡される理由としては、どのようなことが考えられるのでしょうか?人によって理由はさまざまですが、一般には次の3つの理由から退学処分、または自主退学を促されるケースが多いようです。

  • 非行・犯罪
  • 出席日数不足
  • 学業不振

では、それぞれについて補足して説明します。なお、以下の記事では大学を自主退学する人に多い理由も紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

★関連記事 KW【中退】★

「中退と退学の違いって?中退の基礎知識や就活成功のポイントを解説」

非行・犯罪

未成年者による飲酒や喫煙、学校内外での暴力事件などにより、大学側から自主退学を勧告されることがあります。留年や謹慎処分で済むケースもありますが、厳しい大学では1回の発覚で退学処分の対象になり得るようです。

  • 飲酒による傷害事件
  • 違法薬物の使用
  • 大学職員に危害を加えた
  • 窃盗事件を起こした

具体的には、上記のような行動が非行・犯罪に該当します。

出席日数不足

授業への出席日数が足らず、進級・卒業要件を満たしていないために自主退学を勧告されてしまうケースも見られます。基本的には留年を勧められますが、出席日数が著(いちじる)しく少ない場合には、修業意欲はこの先も回復しないと判断され、退学を促されてしまうことがあるようです。

学業不振

毎回の試験で点数が低く、単位取得や、進級・卒業が認められる成績水準に達していない場合にも退学の対象となってしまう可能性があります。こちらも「出席日数不足」と同じく、必要単位が足りない場合には留年を勧められることが一般的ですが、あまりにも成績が低い、または修業意欲が感じられない場合には、退学や転学などの勧告をされてしまうことがあるのです。

大学退学のその後に待ち受ける末路

大学を退学した後の生活に対し、不安を抱いている人は少なくないでしょう。対策次第では状況を好転できますが、仮に何も対策しない、または自らアクションを起こさないと次のような末路が訪れるおそれがあります。

  • 非正規社員として働き続けることになる
  • 高卒になるので生涯年収が減る
  • 親や親族と疎遠になる

では、それぞれの末路について解説します。

非正規社員として働き続けることになる

大学退学後、人によっては非正規社員として働き続ける未来が待っているかもしれません。特に在学中のアルバイトをただ何となく続けてしまい、そのままズルズルとフリーターとして働き続けてしまう……といったケースは退学者によく見られる光景ですが、こうした生活を続けると、正社員就職の可能性はどうしても狭まってしまいます。

そもそも非正規社員とは、「アルバイト」や「派遣社員」などを指す言葉です。重い責任なく働ける、自分のペースで働きやすい、といったメリットはありますが、一方で正社員と比べると給料の上がり幅が小さかったり、福利厚生の面で制限をかけられたりとデメリットも少なくありません。

高卒になるので生涯年収が減る

大学を退学すると、基本的には最終学歴が「高卒」となります。そして高卒という肩書きになってしまうと、生涯年収が大きく減ってしまう可能性があります。

事実、独立行政法人労働政策研究・研修機構の資料によると、高卒と、大卒・大学院卒では、男性で約5,000万円、女性では約3,500万円もの差が出るとされています。

生涯年収の比較表

※学校を卒業後すぐに就職し、60歳で退職するまでフルタイムの正社員を続ける場合を想定(同一企業継続就業とは限らない)。退職金は含まない。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構|ユースフル労働統計2021 ―労働統計加工指標集―(p.315)

親や親族と疎遠になる

退学後、場合によっては親や親族と疎遠になってしまう可能性もあります。

大学進学までの教育費用、そして大学の授業料などを親に支払ってもらっている学生は少なくありません。そして退学は、世間一般に見ると決して良い評価をされるわけではないため、退学を認めない親御さんも多いのが現状です。

結果として親子間にヒビが入ってしまい、そのまま退学を強行してしまうと、最悪の場合「親子の縁を切る」といった事態に発展するリスクもあるのです。

大学退学後の就職が「厳しい」と言われる理由

大学を退学してしまうと、就職が「厳しい」と言われてしまうこともあります。その理由は次のとおりです。

  • 選べる求人が限られてしまうから
  • 大卒に比べると就職率が低いから
  • 「継続力」を不安視されてしまうから

なお、この記事では「大学退学後の就職を成功させるポイント」も紹介しています。就職の可能性を少しでも高めたい人は、ぜひ最後までお読みください。

選べる求人が限られてしまうから

大学を退学すると「高卒」となりますが、企業によっては「大卒以上」を採用対象としていることもあるため、退学をすると必然的に求人数が減ってしまいます。たとえばコンサルティング業界や金融業界の企業の多くは大卒以上を採用している傾向にあり、仮にこうした業界を目指す場合には就職活動で不利になってしまう可能性が高いでしょう。

また医師や薬剤師など、大卒以上でないとそもそも働けない仕事も存在します。一方で、この先で紹介する「ITエンジニア」などのITに関わる仕事は、学歴問わず、さらには文系・理系問わず採用が活発です。

このように、業界や仕事によっては高卒の学歴でもむしろ会社を選べる立場に回れるので、視野を広げて求人を探していきましょう。

大卒に比べると就職率が低いから

退学者は「高卒の既卒者」として扱われるケースが一般的です。既卒とは「学校を卒業後、就職経験がない人」を指す言葉ですが、新卒の学生と比べ、既卒の就活はなかなかうまくいかないことが多いものです。

事実、既卒と新卒を比べると、就職率には次のように二倍近い差があります。

  • 大学中退者を含む既卒者の就職率:34.4%
  • 現役学生(新卒):77.6%

引用:マイナビ|2020年度既卒者の就職活動に関する調査

このような違いはあるものの、大学を退学した人が就職できないか、というとそうではありません。現に3人に1人が就職していますし、就活をひとりきりで進めず、就職支援サービスを使うことで内定獲得の確率を高めることもできます。

大学退学者におすすめの就職サービスは、「無料の就職支援サービスを使う」の項目で詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

「継続力」を不安視されてしまうから

大学退学の理由は人それぞれですが、「怠慢が原因で辞めさせられたのでは?」「何か不祥事を起こしたのでは?」と思ってしまう企業は少なくありません。仮に自主退学を選択したとしても、採用担当者によっては「1つのことを続ける意思がないかもしれない」と不安に感じてしまい、内定を出すことを躊躇(ちゅうちょ)してしまうケースもあるのです。

退学理由を面接で聞かれた際には、マイナスな印象を持たれないためにも「ポジティブ」に言い換えるようにしましょう。たとえば留年をきっかけとして退学を選んだ場合には、次のように伝えるのもひとつの手です。

「大学では個人塾のアルバイトに夢中になってしまい、勉学とアルバイトの両立をうまく図ることができませんでした。当時のことを振り返り、今でも深く反省しています。そこで同じような失敗を踏まないように、現在はやるべきことに優先順位をつけ、バランスよく全てのことに取り組むことを意識しています」

大学退学後の就職を成功させる3つのポイント

大学退学後の就職を成功させるポイントについて、次の3つに分けてお伝えします。

  • 資格取得を目指す
  • 需要が伸びる仕事を選ぶ
  • 無料の就職支援サービスを使う

就活のコツは次の記事でも詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみましょう。

資格取得を目指す

就活の成功に向け、資格の取得を目指してみるのも選択肢の一つです。なぜなら、退学のマイナス面をカバーできる可能性があるからです。

大学退学は学歴が「高卒」となるため、学歴を重視する傾向が色濃く残る日本では就職活動で苦労するおそれがあります。しかし、企業は学歴だけで採用を決めるわけではありません。学生時代に取り組んだことや、その人の持つ強み、そして入社意欲の高さなどを総合的に評価するため、学歴はあくまでひとつの要素に過ぎないのです。

そこで退学した人は、学歴以外の面でしっかりとアピールする意識を持つことが重要です。なかでも資格取得は基礎学力や学習意欲の高さの証(あかし)にもなるため、高卒というハンデを克服できる可能性があります。

具体的には、実社会で評価される傾向のある「簿記」や「宅地建物取引士」などがおすすめです。「大学中退したら資格取得がおすすめ!就活に役立つ資格5選」の記事内では具体的な資格名や、勉強時間、試験の詳細などをお伝えしていますので参考にしてみてください。

需要が伸びる仕事を選ぶ

大学退学からの就職は、一般の新卒就活と比べると苦労するケースが多いです。特に人気の業界や、有名企業・大企業には多くの学生が応募するので、退学者は苦戦が強いられます。

けれど、少し視野を広げてみると、高卒の学歴でも採用されやすい仕事が見つかります。特に次の3つの仕事は学歴に関係なく採用している傾向があり、この先も社会的な需要が高い仕事とされているため、場合によっては大卒以上の年収を見込める可能性もあるでしょう。

  • ITエンジニア
  • 営業職
  • カウンセラー

それぞれの仕事内容と、需要が伸びている理由、そして適しているタイプの特徴を紹介します。

また、次の記事では、こちらでお伝えする以外のおすすめの仕事を紹介していますので、仕事選びの参考にしてみてください。

これから需要が増える仕事17選【コロナ禍でも伸びてる業界も】

ITエンジニア

ITエンジニアとは、主に情報技術に関わる仕事です。具体的には次の4つに分けられ、それぞれシステム開発をはじめとするプロジェクトの一員として働きます。

  • システムエンジニア(システムの設計からテストまで監督的な立場で携わる)
  • プログラマー(設計書にもとづいてプログラミング作業を行う)
  • サーバーエンジニア(サーバーコンピュータの設計から運用保守までを行う)
  • ネットワークエンジニア(コンピュータネットワークの設計から運用保守までを行う)

これらは専門的な仕事だと思われるかもしれませんが、特にシステムエンジニア(SE)やプログラマーは、文系学生も積極的に採用しています。今後もIT化が進展していく一方で、それを担う「IT人材」が圧倒的に不足していることもあり、大学退学者を含め、高卒・未経験者の採用を考える企業も少なくありません。

ITエンジニアは、多くの人が抱くイメージとは裏腹に、コミュニケーションが頻繁に発生する仕事です。チームプレイが基本となるため、協調性をもって仕事を進められる人に向いている仕事といえるでしょう。

営業職

営業職は、モノやサービスを顧客に販売する仕事です。企業によって営業スタイルはさまざまですが、一般に営業は次の4つに分けられます。

  • ルート営業
  • 飛び込み営業
  • 企画営業
  • コンサルティング営業
  • ソリューション営業

それぞれの営業手法については「営業に向いてる人の5つの特徴を解説【向いてない人の特徴も】」内で解説していますので、確認してみてください。

営業に向いてる人の5つの特徴を解説【向いてない人の特徴も】

どんなに良い製品やサービスを開発しても、それを販売できなければ企業は存続していけません。そして営業職は販売活動を担うからこそ、この先も大きく需要が減ることがないとされているのです。

一方で、モノやサービスが溢れかえっている現在は、商品のクオリティだけでなく、いかにお客様に信頼されるか、継続的に取引を行ってもらえるか、ということの重要性が高まっています。長く深い信頼関係を築いていくのが得意な人、さまざまな人とコミュニケーションを取ることが苦ではない人に適性がある仕事といえるでしょう。

カウンセラー

カウンセラーとは、主に「相談者と一緒に解決策を考えていく仕事」です。心理カウンセラーや、スクール・カウンセラーがよく知られていますが、他にもキャリア・カウンセラーや美容カウンセラーなど、多様な悩みごとにさまざまなカウンセラーが存在します。

どんなに社会が進歩しても、人の悩みが消えることはありません。むしろ社会が複雑化するほど悩みは増えていく傾向にあり、さらにAIなどでは代替しにくい仕事のため、カウンセラーの需要はこの先も増加すると予測されています。

なお、カウンセラーも一人の人間です。相談者から多くの悩みを聴くなかで自分の気持ちが落ち込んでしまうと支障が出てしまうので、仕事と割り切って相談者と接することができる「ハートの強さ」を持っている人に適した仕事といえるでしょう。

心理カウンセラーに興味がある場合には、次の記事もチェックしてみてください。

心理カウンセラーになるには?高卒でも目指す方法を徹底解説!

無料の就職支援サービスを使う

退学後、就職活動をスムーズに進めるには「就職支援サービス」の利用も欠かせません。特に次のサービスは無料で使えるだけでなく、就職に関する情報や求人案件も豊富に手に入るのでおすすめです。

  • ハローワーク
  • 就活サイト
  • 就職エージェント

ではそれぞれのサービスの内容や、そのサービスに向いている人の特徴、利用する際の注意点について見ていきましょう。

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が運営する“職業紹介所”のことです。正式には「公共職業安定所」と呼ばれ、主に「職業紹介」と「失業保険関連の手続き」を行っています。

職業紹介に関しては、ハローワーク内、または専用のホームページで全国の求人の検索が可能です。また、就活について相談できたり、ハローワークによっては就活の進め方などのセミナーを受けられたりと、さまざまなサポートが提供されています。

なお、ハローワークには企業側も無料で求人情報を掲載できることもあり、場合によっては「ブラック企業」の求人が紛れているおそれもあります。そのため応募予定の求人に対しては、あらかじめ実際の働き方や給料面などを念入りに確認しておくようにしましょう。

また、求人の多くは中小企業です。地元企業も多いので、こうした企業への入社を考えている人はハローワークを利用してみると良いでしょう。

就活サイト

就活サイトとは、多くの求人が掲載されているWebサイトのことです。求人を自分で検索し、応募まで進められることが特徴で、サイトによっては「履歴書の書き方」などの情報コンテンツ、あるいは「適性診断」などの無料ツールも充実しています。

就活サイトを使う場合には、以下の記事も参考にしてみてください。

大学中退におすすめの就職サイトは?就職サイトを使った就職のコツを解説!

就活サイトはひとりでマイペースに就職活動を進めたい人に向いていますが、誰からもサポートを受けられないので、はじめての就職活動で右も左も分からない場合には心細い思いもするかもしれません。

就職活動のサポートを利用したい場合は、次に紹介する「就職エージェント」を検討してみましょう。

就職エージェント

就職エージェントとは、専任のキャリア・アドバイザーが就職活動をサポートしてくれるサービスです。具体的には、企業の紹介や、応募書類・面接のアドバイスなどが受けられます。

選考対策は「ハローワーク」でも受けられますが、就職エージェントは企業への応募書類の送付や、面接日程の調整、年収交渉なども代行してくれます。内定獲得まで伴走してくれるので、ひとりで進める就職活動に不安を抱いている人は利用してみましょう。

なお、就職エージェントによってサポートの得意・不得意があるため、登録の際にはその就職エージェントがメインとしているサポート対象は誰か、という点に注意してください。大学退学後に就職を考えている場合には、退学・中退者や、既卒の就職事情に詳しい就職エージェントを使うのがおすすめです。

大学退学からの就職は「就職カレッジ® 中退者コース」がおすすめ!

大学退学から就職を目指す場合には、中退者を専門に支援している「就職カレッジ® 中退者コース」を利用してみましょう。

退学・中退から正社員就職を目指す方に特化したサポートを提供しているので、就職成功に向け、より具体的なノウハウやアドバイスが手に入ります。優良企業の正社員求人も紹介しているので、まずはお気軽にご相談にお越しください。

その他、「就職カレッジ® 中退者コース」には次のような特徴があります。

  • 中退者に特化した就職支援講座
  • 書類選考免除で受けられる選考会
  • 入社後の手厚いサポート

では、それぞれについてお伝えします。

中退者に特化した就職支援講座

「就職カレッジ® 中退者コース」では、中退者に特化した内容の就職支援講座を開講しています。退学や中退の経歴をプラスに変換する方法や、履歴書・面接の対策方法、さらにはビジネスマナーなどについても学べます。およそ40時間の講座(研修)を通して就活成功に必要な知識やノウハウが効率的に手に入るので、内定を取れるか不安な方はぜひ参加してみましょう。

書類選考免除で受けられる選考会

「就職カレッジ® 中退者コース」では、書類選考“なし”で誰でも参加できる選考会を定期的に開催しています。この選考会には、業界問わず多数の優良企業が集まり、1日で多くの企業と出会えます。企業によっては採用責任者が出席している場合もあり、2週間ほどで内定が決まるケースも珍しくありません。

退学・中退という学歴ではなく、あなたのポテンシャルや将来性に期待してくれる企業が多く集まるので、こちらの選考会にもぜひ積極的に参加してみましょう。

入社後の手厚いサポート

「就職カレッジ® 中退者コース」のサポートは、「内定を獲得したら終了」というわけではありません。その会社に入社した後も、サポートは続きます。

どんなに良い会社に入社できたとしても、はじめは不安も大きいものです。新入社員は失敗がつきものとも言えますが、さすがに失敗が続いてしまうと落ち込んでしまい、退職を考える人も少なくありません。

就職カレッジでは、入社後の「継続サポート」をお約束していることもあり、仕事上の悩みや不安などをキャリア・アドバイザーに相談できます。こうしたサポートもあり、入社後の定着率は実に90%(※)を超えています。

※2018/2/1~2018/7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合

大学退学を考える人が抱く疑問・質問【Q&A】

大学退学を考える人が抱く疑問・質問にお答えします。

  • 大学に退学届を出さないのはあり?
  • 大学退学と除籍の違いって?
  • 大学を退学する手続きを知りたい

退学を控えている、または検討している人は参考にしてみてください。

大学に退学届を出さないのはあり?

大学によって異なりますが、多くの大学では「退学届(退学願)」の提出を必須としています。提出しない場合、退学が認められないので注意しましょう。

ちなみに退学届を提出する際は、当該学期の授業料を納入していることを条件としているケースがほとんどです。そのため、退学には金銭的な問題が絡んでくる点にも注意が必要です。

大学退学と除籍の違いって?

大学退学と除籍には、おおよそ次の違いがあります。

  • 退学:学生が大学を辞めさせられること
  • 除籍:在籍者名簿から外された状況のこと

それぞれ似たような意味を指しますが、退学に関しては「自主退学」などのように「自ら辞めた」という意味を指すケースもある一方で、除籍の場合には「大学から辞めさせられた」といったニュアンスが強くなります。そのため、退学よりも除籍のほうが一般に悪い印象を持たれがちです。

大学を退学する手続きを知りたい

大学を退学する手続きは、次のような流れを踏むことが一般的です。

  • 1.学生課に退学の意思を伝える
  • 2.退学届(退学願)をもらう
  • 3.親の同意を得る(当該年度の授業料を払う)
  • 4.教授の承認印をもらう
  • 5.退学届(退学願)を学生課に提出する

詳しい手続き方法については、各大学の担当者に必ず確認するようにしてください。

まとめ

大学からの退学を考えている人に向けて、退学の基礎知識と共に、退学後に待ち受ける可能性のある末路、そして就職成功のポイントについて紹介してきました。

世間一般に見ると、大学を退学した人に向けられる視線は決して温かいものではありません。しかし、現実には退学後も幸せな人生を送っている人は山ほどいますし、ポイントさえ押さえれば正社員での就職も可能です。

今回お伝えした内容のほかに、ジェイックでは「大学中退の就職活動」についてのノウハウを豊富にお伝えしています。就職成功に近づく方法や考え方が多く入手できますので、以下のカテゴリの記事もぜひチェックしてみてください。

大学中退の就職
就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!