長所・短所の効果的な伝え方とは!?面接で必ず聞かれる長所・短所の伝え方を徹底解説します!

長所・短所の効果的な伝え方とは!?面接で必ず聞かれる長所・短所の伝え方を徹底解説します!

面接で必ず聞かれると言ってもいいのが長所と短所です。しっかりと伝えなければいけないのは当然ですが、その伝え方ひとつで相手に与える印象は大きく変わります。そこで、就活における長所と短所の効果的な伝え方について紹介します。

就活は自分を見つめ直す機会でもあります。これを機会に、自分の長所と短所を見つめ直してみましょう。

 

就活で長所・短所を聞かれる理由

就活で長所・短所を聞かれる理由

面接で長所と短所を聞くことによって、面接官は以下のようなことを知りたがっています。

客観的に自分のことが理解できているかどうかを知りたい

そして、長所よりも大切なのが短所への理解の深さです。自分の短所を客観的に理解できている人は、それを克服する対策を立てることができるため、短所でさえも最大限に仕事に活かしていけるのです。

自分を高める努力をしているかどうかを知りたい

自己分析をして、長所や短所を知り、深く理解できている人は、面接官に自分で考えて行動できる人という印象を与えます。

自己分析ができていない人は、長所を活かすことも短所を克服することもできず、その後の行動にも繋がりません。そのため、長所や短所を聞くことで、それに対してどのような取り組みを行なっているかを知りたいのです。

自社の雰囲気や業種と合っているかどうか知りたい

知識や資格といった情報だけでは社風に合っているかどうかを見極めるのは困難です。また、コミュニケーションが苦手な人に営業職は難しいかもしれません。

そういったミスマッチを回避し、早期退社を防ぐために、長所と短所を聞くことで、自社の雰囲気や募集職種と合っているかを判断するのです。

入社後に活躍が期待できる人物であるか知りたい

社風などにマッチしていなければ、たとえ得意な分野の職種であったとしても、思ったように活躍するのは難しいでしょう。

また、長所と短所を知ることで、自社に入社後、どういった活躍をしてくれるのか、具体的なビジョンを思い描くこともできるのです。

誠実さや問題解決力の有無を知りたい

人間誰しも苦手なものはあります。それなのに「短所はありません」と一言で片付けてしまうのは誠実さに欠けていると判断されてしまいます。

短所はあっても、その短所とどう向き合い、どのように克服しようとしているのか、そういう姿勢を見せることが大切なのです。

自分の長所と短所の見つけ方

自分の長所と短所の見つけ方

長所と短所は1つずつ用意しましょう。アピールポイントだからといって、長所ばかりをいくつも並べて挙げるのは効果的ではありません。自己分析をしっかりと行い、これだと思う長所と短所を1つだけ見つけてください。

過去の経験を振り返る

そのためにまず最初にやることは、過去の成功体験と失敗体験を思い出すことです。具体的な経験をもとに、どうして成功できたのか、なぜ失敗したのかを考えることで、自分の長所や短所が見えてきます。

また、成功した理由には長所が関連し、失敗した理由には短所が関連している場合が多く、思い出してみると自分でも意識しないうちに、その長所を活かし、短所を克服する努力をしてきたのだということに気づかされることもあります。

周囲の意見を聞いてみる

できるだけ客観的に自分の長所と短所を知るためには、家族や友人などに意見を聞いてみるのもいいでしょう。人に聞くことで、自分では気づかなかった長所や短所も見えてくるはずです。その際、なるべく自分をよく知る、いろんな立場の人に聞くようにしましょう。

自分ひとりでは思いつかないような視点からの意見が貰えることもあるはずです。また、長所と短所は表裏一体です。例えば「自分の意見をしっかりと言える」という長所は、ある場面では「協調性がない」と言われてしまうこともあります。

このように、長所を別の視点から見つめることで短所が見つかることもあり、長所と短所をセットで考えることで、その活かし方や克服の仕方も見えてくるのではないでしょうか。

 

短所を答える際に気をつけたいポイント

短所を答える際に気をつけたいポイント

自分の欠点である短所を説明するとき、どうしてもネガティブな表現になりがちです。それを、いかに自分の魅力として伝えられるかが重要で、ポイントは3つあります。

ポジティブな言葉を使う

例えば「心配性」なら「慎重すぎ」、「NOと言えない」なら「人に合わせられる」など、ネガティブな表現をポジティブな表現に変えてみるのです。それだけで面接官の印象はグッと違ってきます。

客観的な内容にする

自分がどう思っているかだけでなく、他人に指摘されたことがある具体的なエピソードを添えるようにします。そうすることで、他人の意見が聞けて、自己分析もできる人という印象を持ってもらえます。

マイナスイメージになるものは避ける

ただ短所を伝えるだけではマイナスイメージでしかありません。どのように克服しようとしているのか、そういう努力ができていないものは避けましょう。

いくつもの欠点を羅列するのではなく、1つに絞って、具体例を交えながら、その短所とどう向き合っているかを伝えることが大切なのです。

長所や短所の効果的な伝え方

長所や短所の効果的な伝え方

効果的な伝え方その1:裏付けエピソードをつける

ただ長所や短所だけを伝えるのではなく、裏付けエピソードを添えると説得力が増します。長所と短所を見つける際に思い出した過去の経験などを利用しても構いません。それらの経験を鮮明に思い出して整理しておきましょう。

数字で示す

長所の場合は、過去に数字で示せる具体的な実績があるなら、それを裏付けエピソードにするのも効果的です。

例えば「作業時間を●%削減することに成功した」「ユーザー満足度を●%向上させた」など、具体的な数字を挙げていくことで、より明確にどのような場面で、どういった活躍が期待できるのか、面接官がイメージしやすくなります。

伝える順番

  • ・最初に短所や長所を簡潔に述べる
  • ・裏付けエピソードを述べる
  • ・今後どのように活かし克服していくのかを述べる

まず質問の答えとなる長所と短所を簡潔に述べます。質問に対して的確に答えられるかどうかも重要なので、なるべく1つに絞って短く答えるようにしましょう。

裏付けエピソードは体験や数字を交えながら、具体性のある内容にします。そして最後に、長所や短所を今後どうやって活かし克服していくかを伝えます。

効果的な伝え方その2:企業が求める人物像に関係させる

面接官が長所や短所を聞くのは、自社が求める社風や人物像にマッチしているかどうかを判断するためでもあります。そのため、企業側が求めている人物像から、あまりにもかけ離れた長所や短所だとマイナス評価となってしまうこともあるのです。

募集要項を確認する

まずは企業のホームページや募集要項をしっかり確認して、企業が求めている人物像を知ることが大切になってきます。企業が大切にしている理念や価値観を知ることで、どういった人材を求めているかを見極めましょう。

チームで動くことが多く、協調性のある人を求めている企業で、短所にコミュニケーション力の低さを挙げれば、マイナス評価に繋がる可能性は高くなります。また、職種によっても求められる人物像は違ってくるので注意が必要です。

ひとり仕事が多い職種なのに、周りとうまくやっていけますといったことをいくらアピールしても面接官には響きません。そういった理由から、企業が求める人物像に関連性の高い長所や短所を選んで伝えることが重要になってくるのです。

効果的な伝え方その3:短所を強みとして伝える

どこの企業も必ずといっていいほど聞いてくる短所ですが、短所のない人間を探しているわけではありません。短所は誰にでもあるものです。そのうえで、あえて短所を聞いてくるのはなぜなのかということを考えてみましょう。面接は自分の良いところをアピールする場所です。

短所を克服しようとする努力を伝える

切り口は「短所」でも、その短所を強みとして伝えればいいのです。短所を自分で理解して、克服するための努力や工夫をしているならば、それは長所にもなります。大切なのは努力や工夫を続けているということです。

努力を続けていれば、克服する可能性は高くなります。克服した先には、苦手だったことが誰よりも得意になっていたり、克服できたという自信が付いていたりといったことが待っています。そのため、努力や工夫を続けている人には、成長という期待が持てるのです。

短所の伝え方を変える

「飽きっぽい」という人には、すぐに新しいものに目が行ってしまう「好奇心が旺盛」という一面があるかもしれません。このように、短所は角度を変えて言い換えれば長所にもなるのです。

短所=欠点ではなく、活かし方によっては長所にもなるのだということを覚えておきましょう。自分の短所について話していても、それが企業にとって長所であれば効果的なアピールポイントになるのです。

 

長所を効果的に伝える具体例

長所を効果的に伝える具体例

自分の長所が見つかっても、それがありきたりな言葉では、十分に相手に伝えることはできません。どのように伝えれば効果的なのか具体例を見てみましょう。

例その1:忍耐強い

「どんな困難な問題からも逃げずに最後まで対応できる」「1つのことをとことんまで突き詰めていく」などの言葉に言い換えましょう。

そのうえで、「困難な問題」や「1つのこと」の具体例を挙げて、実際どのように取り組んできたのかというエピソードを話せば、説得力のある内容になります。

例その2:責任感がある

仕事において当たり前になければいけないことなので、「責任感がある」だけでは長所として面接官に十分アピールすることはできません。

「納期は絶対に守ります」「一度でも関わった仕事は必ず最後まで見届けます」など、具体的な体験を交えて、どのように責任感があるのか相手が納得できるような内容のエピソードを話すようにしましょう。

例その3:真面目

人の話を素直に聞けるのか、一つのことをコツコツ続けていけるのか、ジョークが通じないのか、いろんな意味に取れてしまうので、自分だけに当てはまる具体例を示すようにしましょう。

「一度始めたことは必ず最後までやり遂げます」など、どのような場面で、どのような行動をするのかが説明できれば、真面目という言葉を使わなくても真面目さは伝わります。

例その4:コミュニケーション力が高い

「コミュニケーション力が高い」という言葉自体を言い換える必要はありません。ただ、どういった場面でその力が発揮されるのか、具体的な例を挙げるようにしましょう。

お客様とのコミュニケーションが得意なのか、社内での円滑な人間関係づくりが得意なのか、交渉力や提案力などといった言葉も使いながら、詳しいエピソードとして話せると効果的です。

短所を効果的に伝える具体例

短所を効果的に伝える具体例

短所も長所と同様に、ありきたりな言葉では伝わりません。切り口が「短所」なだけに、マイナスイメージになってしまうこともあるので注意が必要です。

例その1:マイペース

「マイペース」自体、なるべく使わない方がいい言葉ですが、あえて使いたいなら「自分でペース配分をすることは得意だが、周囲とペースを合わせることを忘れてしまうことがある」などといえば、マイナスのイメージが和らぎます。

例その2:心配性

心配性ということは、「慎重すぎる」ということです。自分が納得できないと行動できないことも多いでしょうから、「自分が納得できるまで確認したくなるところが短所」と言い換えるといいでしょう。

例その3:せっかち

せっかちは「行動が早い」と言い換えることができます。ただし、行動が早いことは確認が十分にできないまま行動してしまうという印象も与えかねません。

そこで「必ずメモを取るようにしています」など具体的な対策を挙げて、行動が早いことによるミスを回避するための克服法も伝えると効果的です。

例その4:頑固

柔軟性や協調性がないというイメージになりがちなので、頑固という言葉は避けた方がいいでしょう。

「自分の意見を曲げられない」「周囲が見えなくなってしまうことがある」などといった言葉に言い換えたうえで、「自分の意見をはっきり伝えることができる」など、短所でもあり長所でもあるということをアピールするようにしましょう。

 

注意!マイナスイメージとなる長所・短所とは?

注意!マイナスイメージとなる長所・短所とは?

長所と短所を伝える際に「これは絶対にマイナスイメージ!」というタブーポイントがあります。自分の良さを十分アピールするためにも、このポイントだけは忘れないように肝に命じておきましょう。

嘘をつかない

どんなに内容が立派でも、事実と異なる内容は、いつかバレます。何人もの人間を面接してきた面接官なら、すぐに見破るでしょう。

また、性格検査などでもバレてしまう可能性が高いです。その結果、誠実さに欠けるなどの判断を下されてしまうことにもなるので、嘘は絶対につかないようにしましょう。

短所がない

自己アピールの場所で、わざわざ短所を言いたくないという気持ちもわかります。しかし、短所がないということは、自己分析ができていないという印象を抱かせてしまいます。

身体的特徴や疾患、お金に関すること

身体的特徴や疾患などは変えることが困難であると同時に、その企業や職種とあまりにも無関係な内容の話は、伝えたところで意味がありません。

それどころか「質問の意図がわかっているのかな」とマイナスイメージを持たれてしまいます。

長所を自慢する

面接はおしゃべりの場ではありません。自己アピールと自慢話は違うということを意識して、長所ばかりをダラダラと話すのはやめましょう。

裏付けエピソードが古すぎる

企業が欲しいのは今のあなたです。あまりにも古いエピソードでは、最近の様子や取り組みなどが見えてこないため、成長を感じることができません。今の自分を知ってもらうためにも、できれば過去3年以内に起きた出来事にしましょう。

短所も自分の魅力としてアピールしよう!

短所も自分の魅力としてアピールしよう!

短所といえばネガティブなイメージを連想しがちです。でも、伝え方によっては自分の大きな魅力になるのが短所なのです。

そのためには、まず自分をしっかりと見つめ直して準備をすること。きちんと準備ができていれば、短所を聞かれた瞬間、チャンスがきたと思えるはず。そう思えたら、あとは効果的な伝え方で、しっかりと自分をアピールしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC