適性検査の問題について解説!問題の例や対処法を押さえよう

適性検査の問題について解説!問題の例や対処法を押さえよう

適性検査がクリアできない、という悩みも就活・転職活動中には多くなります。そもそも、なぜ適性検査が採用試験として使われているのでしょうか。

ここでは、適性検査が使われている理由や問題の特徴について解説しています。適性検査に通らない場合に考えられる理由は対処法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

適性検査の問題が採用時に利用される理由

適性検査とは、企業の採用試験で行われるテストのことです。リクルートキャリアが開発した「SPI」はその中でも代表例と言っていいでしょう。

検査の内容は大きく「能力検査」と「適性検査」の2つに分けられますので、それぞれの検査がどのような検査なのか、どのような目的で行われているのかをご紹介します。

能力検査

能力検査は、企業に入社して実際に仕事をするに当たり、それをこなせるだけの十分な能力があるかどうか判断するための試験です。

「言語分野」と「非言語分野」に分かれていて、言語分野では言葉の意味や話の要旨を的確にとらえ理解できる力を測ります。非言語分野は数的処理や論理思考力を測るための問題が出ます。

企業によっては、ここに英語の問題がプラスされます。能力検査の点数は高ければいい訳ではなく、企業が求める水準を満たしているかどうかが重要なポイントになります。

性格検査

性格検査は、その人がどんな人なのか、どんな仕事や組織形態に向いているかといった「人となり」を確認するために行われます。自社の仕事への適性や、社風に合うかどうかを判断するための試験です。

日頃の行動や考え方などについて多角的に質問が行われ、行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライスケールといった点で評価が行われます。

ライスケールは嘘(lie)を判断するためのもので、求められている人物像に合わせて回答しても、他の設問と矛盾があればここで虚構性ありと診断されることになります。そのため、性格診断は基本正直に答えることが重要です。

性格検査の問題の特徴をチェックして対応しよう!

性格検査の問題の特徴をチェックして対応しよう!

性格診断は普段受けている試験とは雰囲気が違うため、本番で戸惑ってしまう人も多いです。事前に慣れておき、適切に回答できるようにしておくといいでしょう。

まず、適性検査は問題数が多いのが特徴です。そのうえ全問回答が基本となるため、スピーディに答えられるように練習しておくといいでしょう。性格診断は正直に答えるのが理想ではありますが、矛盾が出ないよう面接の受け答えを意識して回答するのがいい場合もあります。特にこれといった正解がなく、職種や企業風土によって望ましい答えが変わる問題はその傾向が強いと言えるでしょう。

ただし、その企業に合った答えを選ぶと、自分の性格からかけ離れた答えになってしまうという場合は注意が必要です。そもそもその職種や企業が自分に合っていない可能性があります。その企業に受かることはもちろん大切ですが、大元に返れば適性のある仕事や企業を選択することが望ましいはず。あまりにかけ離れた回答はミスマッチの原因になる可能性があるので、十分考えて行動するようにしましょう。

また、性格診断では考え過ぎないようにすることが意外に大切です。考え過ぎた結果、回答同士で矛盾が起こってしまう可能性が高くなるからです。

適性検査の準備はどうやって進める?

適性検査の準備はどうやって進める?

適性検査のうち、能力検査は学校の試験を思わせる出題形式をしています。そのため、事前に勉強して対策しようとする人も多いのですが、これはあまりおすすめできません。

というのも、適性検査ではただ答えを選べばいいのではなく、正確に問題を読み解いて処理できるかという点に重きが置かれているからです。暗記して覚えるようなテストではないので、試験勉強をするよりも、受験方法や形式に慣れることを重視するのがおすすめです。

適性検査にはいろいろな受験形式があります。自宅にいながらWEBで受けられる場合もありますし、検査会場でペーパー回答をする場合もあります。

このうち、WEB受験は独特の回答方式や形式があるため、事前に経験しておくことが望ましいでしょう。対策なしだと当日になって面喰ってしまう場合があります。試験そのものから遠ざかってしまい、問題を解く感覚が掴めないまま試験に臨んでしまうと、正しい結果を出すことができなくなります。問題集などを買って、問題の傾向を掴み感覚を取り戻しておきましょう。

問題集の他にも、ニュースなどに敏感になり、時事問題や語彙力を上げておくことも大切です。性格検査については特に準備は必要ありません。嘘をつかず、矛盾なく答えられるようにすることが何より大切だからです。

 

言語分野の問題について

言語分野の問題について

能力検査のうち、言語分野ではどのような問題が出題されるのでしょうか。具体的には「二語関係」「語句の用法」「熟語」「長文読解」といった、国語の基礎のような問題が出題されます。

二語関係とは

二語関係は、出題された語句と同じ関係にあるものを、選択肢から選びます。

例えば「ペン:筆記用具」という語句が出題された場合。「左の言葉が右の言葉に含まれる」、「包含」の関係になり、選択肢の中から同じ包含の関係にあるものを選び取ることになります。

二語関係ではこの他にも「意味が対立する」「役目」「原料」「同じ意味」「同列」「ワンセット」などの関係が出題されます。

冷静に考えれば何でもない問題でも、制限時間があると混乱してしまうことがあるため、やはり練習して慣れておくのがおすすめです。

語句の用法

多義語問題と文法問題があります。多義語問題では、複数の意味を持つ名詞、動詞、助詞が出題され、選択肢の中から最も近い用法を選びます。

文法問題は問題文と同じ構造を持つ文を選択肢の中から選びます。この分野は言い換えで簡単に対策が立てられると覚えておくといいでしょう。

熟語

問題文が出題されるので、それと合致する語句を選択肢から選びます。

例えば「大勢の人を引き連れること」という問題が合った場合、選択肢の中から「引率」を選べば正解となります。

長文読解

文章を読んで設問に答える問題です。内容をしっかり理解できているか問われたり、設けられた空欄に当てはまる語句を選んだりします。

空欄を埋める問題では、長文を読解できる能力だけではなく、接続詞の使い方や語彙なども求められることになります。

適性検査の言語分野にはどのような問題が出る?

適性検査の言語分野にはどのような問題が出る?

どのような問題が出題されるか分かったところで、例題に挑戦してみましょう。

二語関係

最初に提示された二語の関係と、同じ関係のものを選びなさい。

バイオリン:楽器
ア トマト:ブロッコリー
イ ひらがな:文字
ウ 襟巻:マフラー

問題の「バイオリン」は楽器の1つなので包含の関係になり、同じ関係なのはイとなります。

熟語

下記の文と意味が合致するものを選びなさい。

惜しげもなく金を使って派手に遊ぶ

ア 放蕩

イ 豪遊

ウ 堕落

エ 享楽

正解はイです。

語句の意味

下記の文と意味が合致するものを選びなさい。

二つの物から良い点を取り新しいものを作ること
ア 選択
イ 妥協
ウ 折衷
エ 混在

正解はウです。

語句の意味

下記の意味と最も合致するものを選びなさい。

人々が気付かないような物事を教え示すこと
ア 教唆
イ 矯正
ウ 開化
エ 啓発
オ 学習

正解はエです。

語句の用法

「」部分の意味を考え、最も近い意味で使われているものを選びなさい

二階「から」目薬
ア 未来「から」来たロボット
イ ワインはブドウ「から」作られる
ウ 裏口「から」逃げ出す

「起点」を意味するアが正解となります。

 

非言語分野の問題について

非言語分野の問題では、「推論」「順列、組み合わせ」「確率」などの問題が出題されます。

推論の問題では、「必ず正しいと推論できる事柄」を答えることになります。発言の正誤や順序を問うもの、内訳、平均など問題の形式は様々です。

基本的に前提知識がなくても解けますが、ややこしい問題も多いため注意が必要です。暗算や筆記で計算を行う問題が出題されることもあり、出題範囲の広さが非言語分野の特徴と言えるでしょう。

適性検査の非言語分野の問題は?

適性検査の非言語分野の問題は?

非言語分野の問題を少し紹介します。

推論

情報が提示され、得られた情報から確実だと推察できるものを選択肢から選ぶ。

確率

サイコロ2つを振った時の目について、次の状態になる確率を答える。

  • ・片方だけが1の目になる確率
  • ・積が3の倍数になる確率

平均

工事の見積もりを提示し、選択肢の中から答えを選ぶ。

順序

席決めの方法を提示し、それに合う座り方は何通りあるのか選択する。

料金割引

映画館などの団体割引について情報を提示し、人数を変えて答えを求める。

適性検査のSPIを受検する方法

適正検査のSPIには、4種類の受験方法があります。

Webテスティング

インターネット環境にあるパソコンから受験する形式のWeb試験です。スマートフォンからは受験できないので注意しましょう。

指定された受験期間内であれば、自分の好きな時間に自宅や学校などで受験することができます。遠方に出向く必要がないので便利ですが、身近にインターネット環境がなければ受験することができません。

電卓が使える分問題の難易度が高い傾向があります。

テストセンター

SPIを開発しているリクルートキャリアが会場を用意し、応募者はそこに出向いて設置されたパソコンを使って試験を受けます。そのため、Web適性検査の一種になります。

指定された受験期間の中から、自分に都合のいい日程や会場を選んで予約し、当日の試験に臨むという形になります。

テストセンターでは「受験者の回答した答えに応じて、次の問題を変える」IRT(Item Response Theory)方式を採用しているため、自分と周囲では解いている問題が異なる可能性があります。周りの早さに翻弄されることなく、自分のペースを守ることが何より重要です。

インハウスCBT

応募先の企業に出向き、企業内に設置されたパソコンで受験するWeb形式の試験です。

ペーパー試験

文字通り、問題がプリントされた紙が配られ、筆記試験の形で受験します。主にマークシート方式が採用されていることが多いです。

電卓が使用できないので、暗算や筆算に慣れておく必要があります。

 

適性検査に受からない理由と対策!

適性検査に受からない理由と対策!

適性試験が突破できない、というときはその理由を考えた上で対策を取る必要があります。

苦手分野がある

問題を全て解き切っているのに合格できない、というときは苦手分野が足を引っ張っている可能性が高いです。苦手分野があるのに、練習問題を解くなどして対策を取っていなければ、落ちる可能性は高くなってしまいます。

参考書を活用しつつ、苦手分野の攻略に努めましょう。

スピードが足りない

適性検査は限られた時間で全ての問題に答えなければなりません。

制限時間内に解き終わらないときは、問題の解き方、あるいは時間をかけずに答えを導き出す方法が身についていない可能性があります。

まずは模擬試験を解いて自分の苦手分野をはっきりさせ、そこを潰すようにしましょう。また、練習問題を解くときの時間を測り、回答スピードを上げることも大切です。一つの問題にとらわれ過ぎるのではなく、時間配分に慣れることを重要視しましょう。

応募先にマッチしていない

能力検査は問題なく通過しているはず、というときは、性格検査で引っ掛かっている、つまり企業の社風や職種に自分が合っていない可能性があります。

適性検査ではその人の能力だけではなく、今働いている人材のタイプや企業が求めている人材タイプから大きく外れていないか、といったこともチェックされます。受けたい業界や企業の研究をより深く行い、求められている人物像を分析してみましょう。

適性検査の問題をアプリで練習する方法

適性検査の問題をアプリで練習する方法

適性検査の練習アプリを利用して対策を行うのもおすすめです。ちょっとした空き時間を利用して、問題に慣れていきましょう。

参考書ももちろんいいのですが、重いと持ち運びが大変です。その点スマホアプリであれば、どこでも練習することができます。無料や低価格のアプリもあるので、まずはそうしたところから活用していきましょう。

お手軽SPI対策

言語・非言語の両方に対応しているだけではなく、10問1セットモードで隙間時間にさっと学習できるのが特徴のアプリです。

復習モードも搭載されているので、間違ったところを重点的に勉強することもできます。

Study Pro

言語版は無料で、未学習範囲や苦手分野を勉強することができる「学習モード」が備わっています。

回答にかかった時間も表示されるので、スピードを上げたいときにも便利です。非言語版は課金制です。

適性検査の問題は早めに対処して自信を付けよう!

適性検査の問題は早めに対処して自信を付けよう!

適性検査は難しく感じるかもしれませんが、対策を行うことは十分可能です。まずはどんな問題が出題されるのか大枠を把握しましょう。

自分の苦手分野を把握しておけば、効率的な対策が可能です。回答スピードを上げ問題の雰囲気を掴むためにも、繰り返し問題を解くことがおすすめ。

早めの対策を行って、自信を持って就職活動に臨みましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから