面接で短所となる「マイペースな性格」が一瞬で長所に見られる方法

面接で短所となる「マイペースな性格」が一瞬で長所に見られる方法

面接でよくある質問の中で、長所と短所について、自己認識している性格を述べることを要求されるケースがあります。しかし、どんなに考えてもいい答えが見つからず、端的に言えば「マイペースな性格」といえるので、面接で発言。一歩間違えたら短所になるところを長所にみせるには?

自己紹介欄であえて「マイペースな性格」と書いてみる

履歴書には必ず設けられている自己紹介欄。多くの人が良い面ばかりを書き連ねるため違いが出づらく、埋没してしまいがちな箇所です。しかしここに「マイペースな性格です」と正直に記載した場合、どうなるでしょう?面接では以下のような突っ込みが入るかもしれません。 「自己紹介にマイペースな性格とありますが、自己中心的という意味ですか?それとも、人より行動スピードが遅いという意味ですか?」 考えただけで冷や汗がでますね。 それでは、いったい、どうやってこれを変えていくのか。

ネガティブな印象を打ち消し、ポジティブな面を強調する

マイペースという言葉には、一般的に良い面と悪い面の2つの意味があります。悪い面は、先程、面接官の突っ込みとして予想されたようなところ。そして良い面は、自己分析能力や自律心の高さといった点です。これらのネガティブな面を打ち消し、ポジティブな面を強調するような答えを考えましょう。 「私は自分の適性や能力をよく理解しており、無理な背伸びはしたくてもできません。私は自分で掲げた目標を達成するため、必ず実行計画を立案します。計画に対する進行管理も、また自分で行います。もちろん、周囲の人に時々チェックしてもらうことを忘れません。誰かがやるからみんなが言うから、それらのことを行動する理由にしたくないのです。私がいうマイペースとは、そういう意味です」 こんな答えだとどうでしょうか?周囲と協力しながらスピードをコントロールし、かつ自律心の高い姿勢がアピールできます。ありきたりなアピールよりも、面接官の印象に残ることでしょう。

面接は「自分をどう良く見せるか」

このように、見栄えを気にして嘘に近いような行き過ぎた自己PRをするよりも、等身大の自分をいかにうまく見せるか、という考えで履歴書を書いてみてはいかがでしょうか。そしてその内容をよく把握し、面接での受け答えをしっかりと予行演習して臨みましょう。

無料
プレゼント

予習しないと後悔する!
よくある面接官の質問集101

よくある面接官の
質問集101
14,000名以上に面接対策を行ってきたジェイックが作った「必ず予習しておくべき面接の質問101個」

〜資料の特徴〜
  • ①面接でよく聞かれる質問がこの一冊でわかる
  • ②なぜこの質問をする?面接官の意図も解説
  • ③10年以上の就職支援歴を持つカウンセラー監修

空き時間にできる面接対策で、
内定への一歩を踏み出しませんか?

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから