長所・短所診断で自分の性格を把握できる?-例文や面接対策も紹介-

長所・短所診断で自分の性格を把握できる?-例文や面接対策も紹介-

長所・短所診断を利用して就活に活かしたいと考えている就活生はいませんか。この記事では、長所・短所診断についての解説とおすすめの診断を紹介します。自分の長所や短所がわからない就活生は診断を行って面接対策をしていきましょう。

長所・短所診断とは-診断のメリット・デメリットも紹介-

長所・短所診断とは-診断のメリット・デメリットも紹介-

就職活動において、面接担当者にアピールするためには、自分の長所や短所を把握することが必要です。

長所・短所診断とは

自分の長所や短所を知る方法として、長所・短所診断という方法があります。この方法は、自分では見つけにくい長所や短所を、簡単な質問に答えるだけで診断することができるというものです。

質問は全て2択となっていて、自分に近いと感じる方を選んでいきます。どちらを選べばよいか迷う時は、直感で判断します。手軽に自分の長所や短所を知ることができる便利な方法となっています。

長所・短所診断のメリット

長所・短所診断をすることで就活生が得られるメリットは、以下があります。

自分の傾向や性格のタイプがわかる

長所・短所診断を受けることで、自分の思考や行動の傾向、性格のタイプを知ることができます。

自分の長所や短所、性格についてなんとなくは把握していても、それを言葉で説明するのはむずかしいと考えている就活生も多いのではないでしょうか。

詳細な診断結果を見ることで、自分という人間についてあらためて理解でき、自信を持ってエントリーシートに書いたり、面接で説明したりできるようになります。

自分が理解していない長所・短所が見つかる

自分では当たり前だと思っているところが長所だったり、思いもよらない部分が短所だったりすることがあります。

たとえば「自分の意見をなかなか言えない」という人も、「思いやりがある」と診断されることがあります。一方で、自分では「コミュニケーション能力が高い」と考えていても、診断結果では「独善的」と診断されてしまうこともあるかもしれません。

自分のふだんの考え方や行動から、気づいていなかった長所・短所を知ることができるでしょう。

短所を補う方法を紹介してくれる

短所は誰にでもあるものですが、仕事をしていくうえではカバーする努力をしたりある程度は改善したりして、短所が仕事に支障をきたさないようにしていくことが大切です。

長所・短所診断の診断結果では、たとえばせっかちで落ち着きがないところが短所の場合「行動する前にひと呼吸おいて、考えてから行動にうつすようにするとよいでしょう」というように、アドバイスをもらえることがあります。

短所を補う方法を知ることで、就活の場でも「こういう短所があるが、このような努力をしている」などと伝えることができます。

長所・短所診断のデメリット

メリットの大きい長所・短所診断ですが以下のようなデメリットもあるため、就活生は注意しましょう。

特定の場での傾向しかわからないことがある

人の性格や長所・短所は単純ではなく、その場によって発揮している能力が違ったり、それぞれで異なる顔を持っていたりもします。

たとえば、大学、アルバイト、サークルという場所や、家族、友達、恋人、ひとりなど一緒にいる人が違うとき、すべて同じ性格でいるという人は少ないのではないでしょうか。

「アルバイトでは物静かで真面目に取り組むが、友達といるときは明るくよくしゃべる」など、ある程度違いが出るのが一般的です。

そのため長所・短所診断を受ける際に、サークルのことを考えながら診断をするとサークルにいるときの傾向が、家族といるときのことを考えながら診断をすると家族といるときの傾向が出るなど、限られた場での自分のことしかわからないということになりがちです。

自分の経験と結びつけないといけない

長所・短所診断のツールでは「頑固」や「慎重」などのように、特性ベースで結果を出してくれます。

しかし、自分が意識していなかった長所・短所の結果が出たときに、それを自分の経験と結びつけることができないと、面接や履歴書などに活かすことができないことがあります。

たとえば「論理的に考えてものごとを分析できるのが強み」という結果が出たときに、自分では論理的だと意識して行動してこなかった人の場合「過去の経験のなかで、どこで論理的に考えて行動していたかな…」と考えこんでしまい、自己分析や書類作成、面接対策などに時間がかかってしまうことがあります。

正直に回答しないと正しい結果が出ない

長所・短所診断に取り組むときにありがちなのが、自分の本当の性格ではなく「こう見られたい・こうなりたい」という理想の性格で回答するというケースです。

たとえば、内向的でおとなしい人が社交的でコミュニケーション能力が高い人に憧れている場合、その性格を演じて回答するということがあります。また、自分のことを過大・過小評価していて、本当の自分ではない回答をしていることもあるかもしれません。

長所・短所診断では、正直に回答しなければ本来の自分の特性や性質を知ることはむずかしいという点に注意しましょう。

長所・短所診断のオススメを紹介!

長所・短所診断のオススメを紹介!

長所・短所診断のオススメを紹介します。就活生はまず、以下の長所・短所診断をそれぞれ見比べて共通している点がないかどうか確認してみましょう。

Future Finder

Future Finderは私達、ジェイックが提供している無料診断ツールになります。就活生専用の診断ツールになっており、自分の長所・短所がわからない就活生には一度受講して頂くことをおすすめします。

また、自分の長所や短所を理解するだけでなく、その長所や短所があるあなたに向いている企業も紹介することができます。なので、企業選びの手間が省けてることもあります。一度診断をしてみましょう。

16型性格診断

「16型性格診断」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。16型性格診断とは、1944年に発表されてから長い歴史がある適性診断であり、心理学に基づいた性格診断として信頼性が高いと言われています。

16型性格診断は、欧米を中心に企業内のキャリア・プランニングやチームワークの構築などに世界中で利用されています。本人もあまり自覚していないような長所や短所を認識することができ、自分の性格について多くの情報を得ることができる便利な適性診断です。

情報量が多いため、今まさに自分が知りたかった長所や短所を教えてくれます。16型性格診断は、文字の通り16のタイプの性格に分類される性格診断であり、誰が受けてもこの16のタイプのいずれかに分類されるということになります。

StrengthsFinder(ストレングスファインダー)

心理学者のドン・クリフトンが開発した才能診断ツールです。書籍『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう)新版 ストレングス・ファインダー2.0』(日本経済新聞社)という書籍も有名です。書籍にはWebテスト用のコードが記載されているため、利用して診断できます。

Webテストには受験料が必要ですが、詳細な自分の長所と短所を知ることができます。まそれぞれの長所に対してボリュームのある解説がされているため、より自分の長所への理解が深まるはずです。

長所だけでなく短所を知りたい方場合、課金することで自分の資質をランキング形式で見ることができるため、くわしい結果を見ることも可能です。費用はかかっても本格的な自己分析に役立つため、活用して面接対策に活かしてみてもよいでしょう。

お願い!他己分析

マイナビが提供している診断ツールです。周囲の人にWeb上でできるアンケートに回答してもらい、その結果から自分の強みと弱みを知ることができるのが特徴です。

このツールを使用する際のポイントとして、大学の友人だけでなく、サークルやアルバイト、中高の友人、幼なじみなど、幅広い人に回答してもらうことです。同級生だけでなく、先輩・後輩など年齢の異なる相手にもお願いしたほうがよいでしょう。

さまざまな視点から自分を客観的に見てもらうことで、より自分の長所・短所を理解できます。わざわざパソコンからアンケートに回答してもらうとなるとハードルが高いものの、LINEから送ればスマートフォンから簡単に回答できるため、気軽に頼みやすいでしょう。

AnalyzeU+

オファー型の求人サイト「OfferBox」が提供する適性診断ツールです。累計100万人の診断結果をもとに、社会人基礎力と次世代リーダー力をそれぞれ「主体性」「課題発見力」「傾聴力」などのように細分化し、どの要素がどの程度あるかどうかを診断できます。

「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」という、経済産業省が推奨する力について診断でき、自分が仕事で発揮できる部分はここか、どこが弱いのかなどを分析できます。

25項目の質問に回答するだけで結果が出るため、短時間で効率よく長所・短所診断をしたい人におすすめです。ただし、診断結果の内容がある程度限られていることもあり、ほかの長所・短所診断と併用して活用したほうがよいでしょう。

以上のツール以外にも自己分析の方法は存在します。自分に合ったやり方で長所や短所を見つけましょう。

自己分析のやり方は自分の経験を整理するだけ-企業へ就職するための必勝方法とは-

自己分析のやり方は自分の経験を整理するだけ-企業へ就職するための必勝方法とは-

自己分析は行っておくと今後の就活が楽になってきます。難しいと思う就活生も多いかもしれませんが、諦めずに自分の長所や短所を整理していきましょう。

長所と短所を面接で伝える際の伝え方-例文も紹介-

長所と短所を面接で伝える際の伝え方-例文も紹介-

診断ツールは使ってみましたか?診断ツールで自分の長所や短所が見えてきたら、次はその伝え方を確認していきましょう。

詳しく長所・短所の伝え方について知りたい就活生は以下の記事で紹介しています。

長所と短所の回答の仕方を解説!-企業との面接で就活生がアピールするべき回答-

長所と短所の回答の仕方を解説!-企業との面接で就活生がアピールするべき回答-

伝え方にもポイントがあり、自己分析がうまくいっていても、伝え方がうまくいかないと企業からの採用は出ません。やるべきことをしっかりと対策して就職活動に挑みましょう。

長所の例文

まずは、面接で長所を伝える際の例文をご紹介します。

長所が「柔軟性」の場合

「柔軟性」とは、自分の考え方や主張に必要以上に固執することなく、その場の状況に応じて適切な判断を下していくことができる能力のことを言います。

例えば接客の仕事において、「マニュアル通りの対応をするのではなく、お客さま一人一人の要望に合わせて臨機応変な接客を心がけて好評を得ることができた」などとアピールすることができます。

長所が「主体性」の場合

「主体性」とは、自分で目的を理解し、達成するために必要なことは何かを考えて実行に移し、それらの作業に自分で責任を持つということを意味しています。

長所として活用する際は、「自分で考え顧客に合ったサービスを提供した経験がある」などとアピールすることができます。

長所が「行動力」の場合

「行動力」とは、自分が知らないことについて積極的に挑戦することができるバイタリティがあることです。例えば「1件でも多くの取引先に足を運ぶことを心掛け、取引先の現状把握やアフターフォローを徹底した」などとアピールすることが可能です。

長所が「積極性」の場合

「積極性」とは、失敗を恐れることなく常に前向きに挑戦することができるという意味です。例えば「英語のスキルやデータベースの資格取得につながった」など、何事にも果敢に挑戦してきた経緯を具体的にアピールするのに有効な長所です。

長所が「コミュニケーション能力」の場合

「コミュニケーション能力」とは、相手の意図することを正しく理解して、自分が伝えたいことを分かりやすく相手に伝えることができ、スムーズに業務を進めることができる能力です。

例えば「お客さまの様子を見て積極的にお声掛けして売り上げに貢献した」などとアピールすることができる長所です。

短所の例文

つづいては短所の伝え方を確認していきましょう。まず面接では、短所は長所の裏側にあるということを踏まえて企業にアピールするようにしましょう。自分の短所で困っていること、問題意識を持ち改善に向けて努力をしているということを伝えると印象がよくなります。

短所が「他人を気にして意見が言えない」の場合

この場合は「社会人として必要なので、自分の意見をはっきり伝えるように努力している」と補足するとよいです。他には、「行動力がなく新しいことを始められない」ということが短所となっているならば、「物事を持続する力はあるので、新しいことにも挑戦していく」とつなげましょう。

短所が「我が強い」の場合

「我が強い」という短所を持っている人は多いですが、「リーダーシップがあるので、周囲とも協調しながらやっていきたい」と言い換えると、短所でありながら、仕事上に活かせる長所に変換することができます。

自分の短所に向き合い、受け入れたうえで、どのように改善していくと長所に結び付けることができるのかを考えることが大切です。

短所が「人見知り」の場合

「人見知り」という短所をもつ人は少なくありませんが、人見知りの人は人間関係を構築するのがゆっくりであり、深い付き合いを好むという傾向があるといえます。

「人間関係を築くのにはある程度時間がかかるが、そのぶん長期的に信頼できる関係性をつくりやすい」という表現にするとよいでしょう。

短所が「短気」の場合

自分の思い通りにならないとイライラしがちだったり、すぐに怒ってしまったりする短気な人は「こだわりが強く自分の意思を持っている」傾向の人が多いといえます。

「自分の意思は大切に持ちながら、仕事で業務などがスムーズにすすまなくても冷静に状況を判断し行動していきたい」というような表現にすれば、印象がやわらぎます。

短所が「単純」の場合

「単純なところ」が短所であるということは「人の意見を素直に受け入れて行動に移すことができる」ことの裏返しでもあります。

「周囲の人からのアドバイスは素直に受け入れながら、自分の頭でも考えて総合的に判断し、仕事をしていきたいです」など、上手に言いかえてみましょう。

長所や短所を面接で伝える際のポイント

長所や短所を面接で伝える際のポイント

伝えたい内容が決まったら次はどのようにして伝えるかです。ここでは「書く際」と「話す際」の2つのポイントを解説していきます。

エントリーシートに書く際のポイント

選考のうえで大きな要素のひとつとなるエントリーシートに長所・短所を書く場合、以下のポイントを意識して書いてみましょう。

特徴をはじめに書く

企業側は多くのエントリーシートをチェックすることになるため、まわりくどい表現はわかりにくくなりがちです。せっかくきちんと考えて書いたのに前置きが長すぎると「それで、結局何が言いたいのか」と思われてしまうことがあります。

「私の長所は、思慮深く相手のことを思って行動できる点です」「私の短所は、計画を立てて行動するのが苦手なところです」など、冒頭に特徴を持ってきましょう。

PREP法を用いて作成する

エントリーシートに長所や短所を記入する際には、結論→理由→エピソード(実例)→結論の流れを意識してみましょう。これは「PREP法」とよばれるもので、プレゼンを実施するときなどによく用いられるものです。エントリーシートにPREP法を使用することで、読みやすい内容にできます。

PREP法を利用した例文を掲載しますので、参考にしてみてください。

PREP法の例文

「私の長所は、その場で最善の選択肢を選んで行動できる点です。仕事をするうえでは予期せぬできごとに遭遇することもあると考えますが、どのような状況にあってもそのときにベストな選択ができれば、大きなトラブルなどを防ぐことができると考えます。

大学2年のときに文化祭実行委員会の副委員長をした際、後夜祭で使う風船が前日まで届かないというトラブルが発生しました。実行委員で手分けをして近所に買いにいってもらったり、校内の倉庫を探したりして、無事に風船を確保することができました。

社会人として働くうえでアクシデントに遭遇しても、焦らず冷静にできることを考え、取り組んでいきたいと考えております。」

PREP法が、社会人になっても活用することができる方法になります。ぜひ、就職前にマスターしておきましょう。

数値などの根拠や詳細を示す

長所や短所に関するエピソードを書く際には「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように」といった5W1Hを意識して書くとわかりやすくなります。そこがあいまいだとぼやけた印象になってしまい、せっかくのエピソードが活かしにくくなってしまいます。

数値などの根拠を示すことも大切です。たとえば長所が「粘り強くコツコツと努力できる」ことで、そのエピソードとして第一志望の大学合格について書く場合「毎日遅くまで勉強をして休みの日も自習室へ通った」などの内容だけでは、説得力に欠けることがあります。

「何ヶ月で偏差値がどれくらいあがりテストなどの点数をどの程度アップできたのか」など、具体的な数字を記載することを心がけましょう。

また、エピソードを書く際には「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように」といった5W1Hを意識して書くとわかりやすくなります。そこがあいまいだとぼやけた印象になってしまい、せっかくのエピソードが活かしにくくなってしまいます。

面接で伝える際のポイント

長所や短所について企業の面接で話す場合、就活生は以下のポイントを意識しましょう。

自分の性格や特徴を結論として先に伝える

面接でもエントリーシートと同じように、自分の長所や短所、性格などについて回答する場合には、まず結論を先に述べるようにしましょう。

面接では時間が限られているだけでなく、ひとつの質問に対する回答だけをするわけではありません。企業側としても、決められた時間内でできる限り応募者の人間性や能力などを見て、合否の参考にしたいと考えています。

そのため面接では結論から述べることで、面接官も話を聞く体制を整えやすくなります。

プロセスを意識し、自分がなぜその行動をしたのか伝える

とくに自分の長所をあらわすエピソードについて述べるときには「成果が出たかどうか」ということは関係がありません。自分がどのように考えてその行動をした・しているのかどうかということを伝えるほうが、就活の面接では重要です。

プロセスをきちんと話して納得感のある内容にするのはもちろん、面接官に伝わるように、順序を立てて伝えることを意識するとよいでしょう。

その企業で自分の強み・弱みがどのように活かされるか伝える

自分の長所や短所は、仕事をするうえでの強みや弱みになります。企業は成果を出して貢献してくれる人材を求めているため「こういう長所や短所がある」ということだけでなく、それらをどのように仕事で活かしてくれるのか知りたいと考えています。

企業ごとに求める人物像は異なるため、複数の企業を受ける場合には、その企業がどのような人材を求めているのかを理解し、伝えかたを変えるなど工夫したほうがよいでしょう。

長所や短所を把握して面接では効果的にアピールしよう!

性格診断を利用すれば、自分では気づくことができなかった具体的な長所や短所について知ることができます。面接を成功させる上で、自分の性格や長所、短所を正確に把握することは重要です。

まずは自分の長所や短所を認識し、面接ではポイントを押さえて効果的にアピールしていくようにしましょう。応募する企業研究を念入りに行うことも忘れないように注意してください。

【共通】CTAボタン

自分に向いてる仕事をみつけよう!