なくならない仕事の見つけ方は?長く働ける仕事を見つけるためのヒント

なくならない仕事の見つけ方は?長く働ける仕事を見つけるためのヒントテクノロジーの発展と共に私たちが働く環境は変化しつつあり、中には今後なくなるかもしれないと言われる仕事もあります。

とはいえ、せっかく就活をするなら将来長く働ける仕事に就きたいものですね。そこで今回は、将来なくならない仕事を見つけるためのポイントを紹介します。

AI時代を生き抜くためのヒントとして役立ててみてください。

なぜ仕事がなくなる可能性があるのか

なぜ仕事がなくなる可能性があるのか今当たり前に存在している仕事であっても、この先ずっと存在し続けるとは言い切れません。

今後なくなってしまう可能性があると言われている職業を耳にしたこともあるのではないでしょうか。ではなぜ、今存在しているにも関わらず将来なくなる仕事ができてしまうのでしょうか?

現代において将来仕事をなくす原因と言われているものを2つ紹介します。

仕事がなくなる原因_1.AIなどテクノロジーの発展

将来仕事がなくなる要因の一つとして、 AIなどのテクノロジーが発展したことが挙げられます。それまで人間が行っていた仕事をAIや機械で処理することが可能になりました。

AIや機械の仕事の幅は確実に広がっており、以前は機械で行うことが難しいとされていた細かい複雑な作業も、技術の進化に伴い可能となったものが数多くあります。

例えば、ロボットが店舗の案内をするなんてなかなか考えられないことでしたよね。食品工場に行けば、材料の計量から調理まで全て行うことのできる機械もあります。

さらにAIや機械は単純作業や事務処理において使い勝手が良く、一度プログラミングしてしまえば後は自動で正確に処理してもらうことができます。

費用などの面から完全に普及するには時間を要するものの、今後も様々な業界でロボットやAIの導入による機械化・自動化が進んでいくでしょう。

このような流れから人間は機械に仕事を奪われるという状態に陥り、仕事において人間の活躍できる場が減ってしまいます。

テクノロジーの発展は今後も続きさらに便利になることが予想されますので、このような傾向はこれからも進んでいく可能性が高いと言えるでしょう。

仕事がなくなる原因_2.外国人労働力の流入

将来仕事がなくなると言われるもう一つの要因は、外国人労働力の流入です。深刻な人手不足を解消するために日本では2019年4月に改正入国管理法が施行され、外国人の受け入れが拡大されました。

しかしその結果、将来的には外国人労働力が日本人の仕事を奪うのではないかという懸念が広がっています。ただでさえ機械の導入により仕事で必要とされる人の数は減っていきますが、そこに外国人も入ってくるようになれば仕事の奪い合いになってしまいます。

それに加えて外国から優秀でやる気のある人材が多く入ってくるようになれば、漫然と働くような人は日本人であっても淘汰される状況になることが考えられます。

実際に移民を広く受け入れているアメリカでは、それまで怠慢な働きをしていた白人が移民に職を奪われるという事態が起きており、これは決して他人事ではありません。

今後は日本人という理由だけで雇用に有利になるようなことはなくなり、「この仕事は本当に日本人がやらなければいけない仕事なのか」ということがよりシビアに評価される時代になることが予想されます。

では、将来なくならないと言われているのはどのような仕事なのでしょうか? 将来なくならない可能性が高い仕事に共通する特徴を3つ紹介します。

なくならない仕事の特徴_1.発想力や想像力が必要な仕事

将来なくならない仕事の特徴の1つ目は、発想力や想像力が必要な仕事であるということです。

AIやロボットは人間がプログラミングしたものを正確にこなすのには向いていますが、ものを生み出すという作業は苦手です。

過去の情報から未来を予測することは不可能ではありませんが、全く何もない状態からAI自身が何か新たなアイディアを出したり、物事から何かを連想したりすることはできないと言われています。

したがって発想力や想像力の求められるクリエイティブな仕事は人間の方が得意で、将来もなくならないと考えて良いでしょう。

なくならない仕事の特徴_2.人間がやってこそ面白い仕事

2つ目の特徴は、機械でなく人間がやってこそ面白みの出る仕事であるということです。音楽や芝居、スポーツなどがこれに当たりますね。

音楽や芝居はその人の個性が活かされてこそ魅力を発揮できるものであり、単に物事を完璧にこなせば良いというわけではありません。

それは、楽譜通りの正確な音程で歌を歌うことのできる歌手が必ずしも売れるとは限らないのと一緒ですね。

スポーツだって、全て機械化されてシミュレーションのようなもので見せられたら、応援しているチームがどれだけ連勝を重ねたとしても面白みはなくなってしまいますよね。

機械には感情や情熱といったものがなく、人の心を動かすような個性を持たせるのは非常に困難です。そのため、人間が個性を発揮して人に感動を与えるような仕事は将来もなくならないと考えられます。

なくならない仕事の特徴_3.臨機応変なコミュニケーションが必要な仕事

3つ目の特徴は、臨機応変なコミュニケーションが求められる仕事であるということです。

AIや機械は事前にプログラミングされていないことには対応することが困難なため、突発的に起こる予測不可能な事態に臨機応変に対応することが苦手です。

特に人間の感情が絡むような仕事はAIや機械が代わりに行うことは難しいとされています。

相手の感情を汲み取るためには、単に言葉を覚えれば済むような単純なものではありませんよね。

話すトーンや表情、仕草などを総合的に見て、私たちは相手がどのような気持ちでいるのかを理解しようとします。それを踏まえてその場に適したコミュニケーションを行うことはやはり人間のほうが上手で、人間の大きな強みです。

機械化が進んで便利な世の中になっても、人間同士のコミュニケーションが全く必要なくなるということは非常に考えにくいですよね。

むしろコミュニケーション能力の高い人こそ、今後の仕事において必要とされる人材になるのではないでしょうか。温かみのあるコミュニケーションが重要とされる仕事は、将来もなくならないと考えられています。

なくならない仕事を紹介

なくならない仕事を紹介将来なくならないと言われている仕事の特徴を紹介してきましたが、それは具体的にどのような仕事なのでしょうか?

次に、今後もしばらくはなくならないと言われている具体的な職業を紹介します。

将来なくならない仕事_1.教師・講師

まず教師や講師など教育系の仕事は、将来なくなることがないと言われています。教育系の仕事は常に人にかかわる仕事なので、高度なコミュニケーションスキルが求められます。

そのためAIや機械が人間の代わりに行うことは困難だと考えられます。それに教育はただ単に勉強の中身を教えることだけが仕事ではありませんね。

人と関わっていく中で生徒の人間性を育てることも、教育の大きな目的です。人間性を育てるには人間同士の深いコミュニケーションが欠かせませんから、教育系の仕事は人間の得意分野で今後もなくならないと言えるでしょう。

将来なくならない仕事_2.医師・看護師・介護職員・カウンセラー

医師・看護師・介護職員・カウンセラーなど医療系・介護系の仕事も、将来なくなることはないと予想されます。

このような仕事は高齢化に伴って需要が伸び続けいるため、仕事がなくなることはまず考えられません。

何より医療や介護の仕事は、頭脳も身体も使う仕事で、それらを全て機械で行うのは難しいとされています。

この仕事も常に人と関わり、臨機応変なコミュニケーションが求められる仕事です。カルテの管理や画像処理、要介護者の移動の手助けをするなど、仕事の一部に機械を利用することは既に行われていますが、重要な部分には人間が欠かせない仕事と言えます。

将来なくならない仕事_3.芸術家・作家・職人・料理人

芸術家・作家・職人・料理人などの、何かを創り出す仕事も将来なくならないと考えられています。これらの仕事には、機械が苦手とする発想力や想像力、センスが必要とされます。

センスや長年の経験から培われた勘などといった、作り手も受け取り手も簡単に言葉で表現できないようなものが作品の魅力の一つとして価値を高める場合があります。

芸術作品を見て「すごく上手っていうわけじゃないのに何か魅力的だな」、「上手く説明はできないけど、この作家さんの作品にはいつも惹かれちゃうな」と感じた経験はないでしょうか。

そのような個性や味があることで価値を増していくような職業は、機械には難しい仕事ですね。実際AIの作った小説や音楽も登場していますが、まだ人間が生み出した作品には遠く及ばないと言われています。

なくなる可能性がある仕事とは

なくなる可能性がある仕事とはでは逆に、将来なくなる可能性が高いと言われている職業にはどのようなものがあるのでしょうか?

長く働くことを考えるのであれば、なくなるかもしれない業界への就職はできるだけ避けたいですよね。ここからは、将来なくなると言われている具体的な仕事の例を紹介します。

将来なくなるかもしれない仕事_1.受付・案内窓口・オペレーター

将来なくなる可能性が高い職業として挙げられるのが、受付・案内窓口・機械オペレーターなどの仕事です。既に機械が導入されている会社もありますね。

受付や案内業務は人間同士のコミュニケーションが大切だと考えられていたこともありますが、実際は用件を正確に把握することができれば問題なく業務をこなすことができるため、必ず人間が行わなければならない仕事とは言えません。

今後は音声入力のテレビやパソコン、タブレット、専用ロボットなどが主流になると予想されています。

また工場の自動化を進める動きも出ていることから、機械オペレーターの仕事も減っていくことが予想されますね。

機械による自動化だけでなく、機械オペレーターは既にコストの安い海外などに設置する傾向にあり、日本での仕事は今後なくなっていくでしょう。

将来なくなるかもしれない仕事_2.タクシー運転手・路線バス運転手

乗り物の運転は人間でないと難しいと長い間考えられてきました。

ですが自動運転技術が大きく進歩したことによって一気に状況が変わり、タクシー運転手・路線バス運転手などの仕事は将来なくなる可能性が高いと言われています。

日本では2020年の東京オリンピックに向けて各自動車メーカーが自動運転の実用化を目標にしていて、運転の自動化がこれからも発展し続けることが予想されます。

自動運転車が事故を起こした際の責任の所在はどうなるのか、だれが被害者に補償するのかなどの解決しなければならない問題はまだありますが、それらの法律が整備されれば、今後さらに急速に自動運転が広まっていくでしょう。

この技術が実用化された場合に必要となるのはプログラムを管理するエンジニアで、実際にタクシーやバスを運転する人の数は減少していくと考えらます。

将来なくなるかもしれない仕事_3.清掃員

ビルやホテルなどの清掃員もなくなる可能性の高い仕事だと考えられています。

既に一般家庭用としてお掃除ロボットが実用化されていることからも、清掃の仕事が機械化されていくことは想像しやすいのではないでしょうか。

一般家庭用のものをそのまま使うことはできませんが、この技術を応用していくことで、今後ビルやホテルの清掃は自動化が進む可能性が高いと予想されます。

また、清掃は単純作業が多く外国人に教えることも容易であるため、既に外国人労働者を採用している会社も多いのが事実です。長く働きたいのであれば、選ぶのに慎重になった方が良い仕事と言えますね。

なくならない仕事を見つけるには?

なくならない仕事を見つけるには?これから長く働いていくには、将来なくなるリスクの低い職業を選ぶことが大切です。

では、将来なくならない仕事を見つけるにはどのような行動を取るべきなのでしょうか?具体的な方法を解説します。

鮮度の高い情報を得る

将来を予測するためには、まず現状を正確に把握することが必要です。そのためには日頃の情報収集が欠かせません。

テクノロジーの進化や労働に関する政策などのニュースに目を通し、信頼できる新しい情報を積極的に取り入れることが大切です。

情報は国内のものだけに限らず、海外ニュースも含めてアンテナを張っておくことが大切です。グローバル化が進んでいる現代においては、どこかの国でなくなった職業は日本でもいずれなくなってしまう可能性が高いのです。

常に情報収集をして仕事がなくなるかもしれないと予想できている場合と、何も知らずにいきなり仕事がなくなるのとでは、その仕事がなくなるという結果は同じでも取れる対策が全く違ってきますね。少しでも早く未来に備えた行動が取れるよう、新しい情報には敏感になっておきましょう。

市場予測を含めた業界研究・企業研究を行う

業界研究や企業研究も、将来なくならない仕事を選ぶことにつながる重要な行動です。今後は業界や企業を分析する際に、「市場予測」の視点も加えることが必要になってくるでしょう。

今後も伸びていく可能性のある市場なのか、機械に取って代わられるような業種ではないかを冷静に考えてみることで、長く働ける仕事に出会う可能性は高まりますね。

現状だけでなく未来の市場のあり方や成長性に目を向けてみるといった、広い視野で分析することが大切です。そうすることで業界や企業についてより具体的に把握でき、より良い企業選びに役立てることができるでしょう。

将来仕事がなくならないか不安?悩みはプロに相談しよう

将来なくならない仕事を選んでできるだけ長く働くためも、情報収集と業界・企業研究は大切にしましょう。

ですが、これら全てを一人で行うのには不安もありますよね。そんな時はジェイックの無料相談が良い手助けになります。

就活で不安が出てきた時には一人で悩まずに、プロに相談するのも一つの手段です。専任の就職アドバイザーが、将来のことも考えた就活を力強くサポートしてくれますよ!

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC