就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

フリーターの就職が決まりにくいのはなぜ?理由と就職のすすめ方

フリーターの就職が決まりにくいのはなぜ?理由と就職のすすめ方

フリーター生活から抜け出したいのに、なかなか就職が決まらないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

フリーターの人の中には、「好きでフリーターを選んだわけではない」という人も少なくないでしょう。しかし、フリーターになってしまうと就職を決めるのもなかなか難しいものです。では、どうしたらいいのでしょうか?

ここではフリーターで就職が決まらない理由の解説やフリーターから抜け出して就職を決める方法についてアドバイスをしていきます。

フリーターがなかなか就職がきまらない理由10個

フリーターがなかなか就職がきまらない理由10個

まず考えたいのは、フリーターだとどうして就職が決まらないのかということです。フリーターがなかなか就職を決めることができない理由には、以下にご紹介するような考え方や課題があるからだと考えられます。

明確な目標や夢がない

明確な目標や夢がないと、志望の動機を聞かれた時に面接官を納得させるような回答ができません。

ネガティブになっている

就職がなかなか決まらないとネガティブな気持ちになりやすいものです。しかし、ネガティブな気持ちのまま面接に臨むと、それが面接官に伝わり、よりマイナスの印象を与えてしまいます。

より好みしている

フリーターである期間が長いと、どんどんと選択肢が狭くなってくるもの。より好みをしていると、なかなか就職が決まりません。

自己PRがうまく伝えられない

自分のプラスとマイナスを分析できていないと、面接官に自分の魅力を伝えることができません。そのため、面接官の印象に残らず、内定が厳しくなります。

面接時の言葉遣いや態度のマナーがなっていない

社会人に求められるマナーがきちんとなっていないと、どんなに上手に話せても面接官にはマイナスの印象を残してしまいます。面接前には言葉遣いや振る舞い方のマナーについて調べておきましょう。

フリーターになっている現状についてうまく説明できない

面接時に「どうして就職しなかったのか?」と聞かれた場合にスムーズに答えることができれば面接官に好印象を残すこともできますが、そうでない場合はマイナスの印象を残してしまいます。

面接時に質問を求められた時に「ない」と答えてしまう

質問がないと意欲がないと思われてしまい、内定が決まりにくくなります。

給与や待遇に関する質問ばかりしてしまう

気になることではありますが、そのことばかり質問してしまうと印象が悪くなる可能性があります。面接時には自分のやる気を伝えることに集中した方がいいでしょう。

極度に緊張してしまう

面接時に多少緊張するのは問題ありませんが、極度に緊張してしまうと暗い印象を与えてしまうかもしれません。意識的にリラックスすることが大切です。

服装や髪形で好印象を与えることができていない

まずは見た目の印象が大切です。服装や髪形がきちんとしていないと、それだけで面接を落とされてしまうこともあります。

就職が決まらないフリーターでも諦めないで!

就職が決まらないフリーターでも諦めないで!

はっきりと記載されてはいないものの、フリーターの就職は30歳を超えると一気に厳しくなるといわれています。なので、フリーターの人にボーっとしている余裕はありません。就職を考えているなら、今すぐに行動しましょう!

企業の中には応募条件で「40歳まで」としているところもあります。しかし、そうはいっても20代と30代のフリーターでは20代の方が有利ですし、30代と40代とでは30代の方が有利になります。

30代、40代になるにつれて就職が厳しくなる理由としては、体力的な問題があります。20代の頃は少々無理をしても大丈夫ですし、残業続きでも耐えることができるスタミナもあります。

しかし、30代に入ると体力が低下しますから、人によっては無理がきかなくなります。そのため、繁忙期に体調を壊して出勤できないということも起こり得るのです。そのようなリスクを考えると、20代の若い人材を確保したいと考える企業が多いとしても不思議ではありません。

30代以降の就職が難しくなる他の理由としては、20代の新人と比べて周囲の人や上司から関わりづらいと思われてしまうことがあげられます。

30代、40代で就職すると、新人ではありますが年齢が職場の先輩たちよりも上ということが多々あります。場合によっては、上司よりも自分が年上ということもあるでしょう。

そうすると、「仕事を頼みづらい」「失敗を注意しにくい」といった不満が出やすいので、そういった面で関わりやすい20代の人を採用するケースが多くあります。

フリーターから正社員を目指すのであれば、「30代になってから」とはいわずに、今すぐ行動しましょう!20代の内であれば内定が決まる可能性が高くなります。

フリーターの就職について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

フリーターが就職して正社員!就活方法/職種/メリットとデメリット/体験談/年収格差まで

フリーターの就職が一変!やばくて厳しい状況から成功に繋げる具体策

フリーターから正社員になるための就職活動の進め方、書類や面接対策などにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

なかなか就職が決まらない場合は就職支援会社を頼ってみる

なかなか就職が決まらない場合は就職支援会社を頼ってみる

あらゆる方法を試してみたけれど「なかなか就職が決まらない」という人は、就職活動の方法を変えてみるのも一つの手です。

フリーター専門の就職支援会社を利用する

例えば自分で応募していた人は、フリーター用の就職支援会社などを利用してみましょう。就職支援会社に相談したり、就職講座を受けたりすることで、1人で就職活動をする時よりも就職成功の確率を高められます。

他にも、就職支援の会社では履歴書の書き方や面接対策についてもアドバイスをもらうことができるので、「今までいつも面接で落ちていた」という人でも面接に受かりやすくなります。

ジェイックは厚生労働省委託事業に認定された支援サービスです

私たち就職支援会社ジェイックは、フリーターの就職支援を10年以上行っており、厚生労働省の委託事業からも認定された「職業紹介優良事業者」です。
ジェイックを利用する場合、まずは就職相談への登録をしてください。

「フリーターの就職が決まらない」ことに関するよくある質問

フリーターの就職が決まりにくい理由を知りたい

フリーターがなかなか就職がきまらない理由10個」にもある通り、フリーターの就職がなかなか決まらない理由としては、大きく分けると、明確な目標がない・ネガティブになっているなどのマインドの部分と、自己PRや面接の受け答えが不十分といったような就職活動の方法の部分に分けられます。

フリーターにおすすめの就職支援サービスを知りたい

就職が決まらずお悩みのフリーターの方におすすめなのが「就職カレッジ」です。フリーターのように社会人経験が少ない・またはない方に特化した就職支援を実施しているため、効率的に正社員就職を目指すことができます。

フリーターの就職活動で何から始めればいいのかわからない

フリーターの就職活動は、通常の新卒や転職者よりもハードルが高くなりがちです。就職活動の正しい方法がわからず、就活が長期化してしまうこともあるでしょう。ジェイックの「就職相談」にお申込みいただければ、フリーターから就職を成功させるための方法をアドバイスさせていただくことが可能です。

フリーター就職における注意点を知りたい

フリーターの方は、30代になる前に行動して就職を目指しましょう。フリーターからの正社員就職は簡単ではないものの、20代のうちであれば、まだ就職のチャンスはたくさんあります。「就職が決まらないフリーターでも諦めないで!」も参考にしてみてください。

継続した就職活動で、就職が決まらないフリーターを卒業!

フリーターで就職がなかなか決まらないと、「もうダメだ」とあきらめたくなるかもしれません。しかし、あきらめてしまうと10年後、20年後もフリーターのままでいる可能性が大です。

肝心なのはあきらめずに就職活動を続けること。なかなか就職が決まらない場合は、就職支援会社を利用するなどして就職を成功させましょう。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証マザーズへ上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~