就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

高卒就職はやばい?平均年収・離職率などの現実や成功させるポイントを解説

高卒就職はやばい?平均年収・離職率などの現実や成功させるポイントを解説
高卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

高卒就職やばいって聞くけど本当なの?高卒就職を検討しているけど、後悔しないか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。この記事では、高卒就職の平均年収・離職率などの現実、成功させるポイントを解説します。高卒就職はやめておけと言われる理由や後悔する人・後悔しない人について紹介しています。

更に、自身だけで社会貢献できる仕事に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。自分らしい就職を勝ち取りましょう!

高卒就職はやばい?-今時の高卒就職の現実とは-

高卒就職はやばい?-今時の高卒就職の現実とは-

高卒就職を検討している場合「高卒就職はやばい」といった口コミを見たことがある人も多いでしょう。

大学進学が当たり前になりつつある昨今においては、大卒者に比べて高卒者の方が辛い思いをするケースがあります。ここでは、高卒就職がやばいと言われる理由や現実離職率などを解説していきます。

高卒就職がやばいといわれるわけ

高卒就職がやばいと言われる最大の理由は、学歴フィルターや卒業の空白期間によって難易度が上がるからです。

企業によっては「高卒可」としているにも関わらず、大学卒業以上の人材しか採用しないことがあります。高校卒業後に空白期間がある場合は、一般的な高卒者に比べてスムーズに就職先を見つけられない可能性が高いです。

しかし、高卒だからと言って必ず就職できないわけではありません。厚生労働省が発表したデータによると、10代〜20代の最終学歴が高卒の正社員割合は56.3%、大卒者は80.9%となります。

つまり、正社員として働いている10代〜20代の約6割が高卒者となるのです。希望する業界によっては、高卒者でも十分就職できると言えるでしょう。

参考元:厚生労働省 平成30年 性、年齢階級在学の有無最終学歴、雇用就業形態別若年労働者割合

今どきの高卒就職の現実

前述の通り、社会には多くの高卒者が存在していますが「本当に高卒で就職に成功しているの?」と考えている人も多いでしょう。

厚生労働省が発表した、2022年3月卒業予定の高校生の就職内定率は62.0%となります。就職を希望する約6割の高校生が内定を獲得しているのです。

しかし、求人数は2019年の同時期に比較すると、約2割減少しています。最大の原因は新型コロナウイルスによる影響と試算されています。

また、厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査の概況」によると、高卒者と大卒者の男性では「20~24歳 大卒者平均+24,800円」「40~44歳 大卒者平均+105,000」といった結果になるのです。就職時から考えると、高卒者と大卒者では約20,000円〜100,000円も差がついています。

そのため、高卒でも就職率は6割以上あるものの、給与面では大卒より劣ることが多い傾向にあると言えるでしょう。

参考元:厚生労働省 令和元年度「高校中学新卒者のハローワーク求人に係る求人求職就職内定状況」取りまとめ

参考:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査『学歴別にみた賃金』

高卒就職の離職率

約6割が就職に成功している高卒ですが、新入社員の離職割合はどうなのでしょうか。厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」では、高卒者の離職率は36.9%、大卒就職者は31.2%との結果になりました。

大卒者よりも高卒者の方が、離職率は高く、定着していないことがわかります。離職に至る理由は、人間関係や労働条件など様々です。もちろん「高卒だから仕事が続かない」というわけではありません。一方で、大卒と比べて就職先が限られている・選択肢が少ないという点で、ミスマッチや早期離職につながりやすいことは考えられます。

参考元:厚生労働省「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」

これからの高卒就職はどうなるのか

約6割以上が就職に成功している高卒者ですが、このままの数値を維持するとは考えづらいです。インターネットやAI技術の発達により、単純作業は年々AIに代替され始めています。

もちろん高卒求人が全くなくなるわけではありませんが、上記で解説した通り、コロナウイルスの影響で求人が減少したというできごともありました。また、大卒者は高卒求人にも応募できますが、原則として高卒者は大卒者以上の求人に応募できません。

給与面も高卒者より大卒者の方が高いことが多いため、そういった面からみると、高卒以上の学歴取得がおすすめです。ただし、高卒者でも就職できる企業は豊富に存在していますし、スキル経験を身に着けることでキャリアアップも可能です。収入面でも学歴での違いがない企業もありますので、高卒就職だから待遇が良くない、とも限りません。

高卒就職でも自分が何をしたいのかを考えることで、より良い方向に進められるでしょう。

高卒就職はやめとけと言われる5つの理由

高卒者の現実について解説していきましたが「具体的になんで高卒就職はやめておけって言われるの?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

ここでは、具体的に高卒就職はやめておけと言われる5つの理由を解説します。

業界・業種の選択肢が狭まる

高卒でも就職することはできますが、選択可能な業界・業種が狭まります。特に東証一部上場の大企業や専門性の高い業界に関しては、高卒では就職できないことがあります。高卒を認めている大企業でも、有名大学の新卒と戦う必要があるでしょう。

企業によっては学歴フィルターをかけて応募者選定をするケースもあるという観点からは、高卒就職はやめておけと言われているのです。多くの企業は就活生の学歴を重要視しているため、「どうしても大企業に入りたい」という場合、高卒だと思うように採用してもらえないリスクがあるため注意しましょう。

生涯年収が大卒より低い

高卒と大卒では、生涯年収に大きな違いがあります。厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査の概況 学歴、性、年齢階級別賃金」では、高卒は大卒に比べて低い位置で推移しているとわかります。

具体的には、大卒者の生涯年収ピークは約52.7万円、女性が38.2万円ですが、高卒者は約35.4万円、女性が約23.4万円となるのです。男性は約17万円、女性は約15万円ほど生涯年収が低いとわかります。

このデータはあくまで調査結果にはなりますが、全体的平均な生涯年収は高卒よりも大卒の方が高いと言えます。そのため、将来的な年収を重要視したい人の場合、高卒就職はやめておけと言われるでしょう。

学歴コンプレックスを感じやすい

高卒で就職する場合、勤務する会社内に大卒者が在籍していることもあるでしょう。上記でも解説した通り、高卒と大卒では年収の上昇推移が異なるため、自分よりも後に入社した人の方が早く昇進することがあります。

同じような働き方でも先に昇進したり、給与が高かったりすると学歴コンプレックスを感じることもあるでしょう。

ただし、大卒者全員が高卒者よりも優れているわけではもちろんありません。評価基準に学歴が関係しない企業の場合、大卒より高卒の方が早く昇進することもあります。学歴で社内の地位が完全に決まるわけではないため、気にしすぎないようにしましょう。

ブラック企業に就職する可能性がある

高卒で就活する場合、ブラック企業に就職してしまう可能性があります。ブラック企業は年間を通して人の入れ替わりが激しいため、採用基準が低いです。つまり、採用時は学歴や資格を気にしておらず、単純に労働力を求める傾向にあります。

高卒で就活する場合は、経験や保有資格がないケースも多いことから、ブラック企業に就職してしまう可能性もゼロではありません。多くのブラック企業は、長時間労働や休日出勤が常態化している傾向にあります。

ブラック企業に長期間勤めていると、肉体的・精神的にダメージを負ってしまい、最悪の場合はうつなどにつながることもあります。高卒就職でもネット上の口コミや社内の状態を確認した上で、就活を進めるようにしましょう。

将来への不安を感じやすい

高卒で就職した場合、将来的な不安を感じやすいでしょう。高卒はエントリーできる企業に限りがあり、生涯年収も大卒より低いです。大卒と比べてしまうと社会的な活躍の場面が少ないことから、将来への不安を抱きやすいと言えるでしょう。

また、キャリアアップには前職での実績だけではなく、学歴も見られるケースが多いです。高い実績があるにも関わらず、企業によっては学歴フィルターの影響でキャリアップできないことがあります。

最終学歴が高卒だからといって不利になるわけではありませんが、大卒に比べるとキャリアアップの難易度が高いです。そのため、高卒で就職した場合、襲来への不安を感じやすいでしょう。

高卒就職で後悔する人/後悔しない人の特徴

高卒就職がやばいと言われる中で、後悔する人としない人が存在します。ここでは、高卒就職で後悔する人としない人の特徴について解説します。

後悔する人

高卒就職で後悔する人の特徴は、以下の通りです。

  • 大学卒以上の求人が気になる人
  • 仕事に縛られずに生活したい人
  • 勉強に時間をかけたい人

それぞれ詳しく解説します。

大学卒以上の求人が気になる人

大卒以上の求人が気になる人は、高卒就職で後悔する可能性が高いです。気になる職業会社の求人が大卒以上の場合、最終学歴が高卒でも応募すらできません。どれだけ前職での実績が高くても、学歴で応募できない点は高卒就職のデメリットと言えるでしょう。

特に大企業や年収の高い業界は最終学歴を大卒に設定している傾向が高く、大卒とのキャリア差を感じてしまうでしょう。社会に出てからキャリアアップを目指す場合、最終学歴高卒が弊害になってしまいます。

また、社会に出てから大学に通い直すためには、時間やコストだけではなく学力も必要です。大卒以上の求人が気になる場合は、高卒就職に後悔する可能性があります。

仕事に縛られずに生活したい人

仕事に縛られることのない生活をしたい場合は、高卒就職を後悔する可能性があります。大卒就職は、専門性の高い仕事でなければ基本的にどのような仕事でも応募可能です。

一方、高卒では応募できる仕事が限定されるため、就職転職先の自由度が低いです。自分の好きなタイミングで好きな仕事に転職したくなっても、高卒では融通が効きません。

また、社会に出てから高卒可の求人に応募しても、大卒と同じ土俵で戦う必要があります。学歴を重視する会社であれば、大卒者を優先的に採用し、高卒者を落とす可能性が高いです。

学歴を最も重要視している企業は年々減少していますが、大企業には前述したような採用基準があります。仕事に縛られることなく働きたい場合は、高卒を後悔してしまうでしょう。

勉強に時間をかけたい人

勉強に十分な時間をかけたい場合は、高卒を後悔する可能性があります。高卒者でも専門的な資格や知識があれば、大企業に就職することも可能です。

しかし、社会に出ると普段の仕事で忙しく、まとまった時間を勉強に当てることは難しいでしょう。勉強の時間を取れなければ、気になる仕事への転職活動や資格学習はできません。

一方、大学在学中は気になる資格があれば、しっかりと学習に時間を当てられるケースが多いでしょう。興味のある資格を取得した後に社会に出るため、キャリアアップを目指しやすいです。

そのため、興味のあることや資格に関する学習をスムーズに進められない点は、高卒者の後悔する部分と言えるでしょう。

後悔しない人

高卒就職で後悔する人がいる一方で、後悔しない人も存在します。高卒就職でも後悔しない人は、以下の通りです。

  • 社会的に自立したい人
  • 大学の学費を払いたくない人

それぞれ詳しく解説します。

社会的に自立したい人

社会的にすぐ自立したい人は、高卒就職でも後悔するケースは少ないです。社会人として働く場合、毎月まとまった金額を給与として得られるため、大学生よりも自由に使える金額が多い傾向にあります。

また、就職と同時に一人暮らしを始める人も多いため、大学生よりもいち早く社会的に自立が可能です。一方、大学生は基本的な勉強に時間を取られてしまい、アルバイトで得られる収入も社会人より少ない傾向にあります。

一人暮らしを始める人も社会人に比べると少ないことから、社会的な自立は遅くなってしまいます。

また、高卒の場合は18歳から会社員として働くため、社会的経験も積めるでしょう。大学生が勉強している間に社会人として経験や知見を獲得できるため、すぐ自立したいと考えている場合は後悔が少ない可能性があります。

大学の学費を払いたくない人

大学の学費を払いたくない人は、高卒就職に後悔する可能性が低いです。大学や専門学校に合格するためには、受験勉強に必要な教材や塾代が必要です。独学で試験に合格できた場合も、大学に通うためには、入学金や授業料などが求められます。

授業料をまかなうために勉強とアルバイトを長期間両立させるのは非常に難しく、肉体的に疲労を感じてしまい、就学が困難になる可能性も高いです。家庭の事情で金銭的に支払うことが難しい場合は、高卒就職した方が安定した生活を送れることがあります。

高卒就職なら、すぐに給与を得られるため、進学に関する費用を気にする必要がありません。大卒以上の求人が気にならない場合は、金銭面も踏まえて高卒で就職した方が後悔が少ないと言えるでしょう。

高卒で就職するメリット

大学や専門学校に進学することなく、高卒就職した場合は、下記4つのメリットがあります。

  • すぐに社会経験を積める
  • 学費を支払う必要がない
  • 就職に成功しやすい
  • 入社後のサポートが手厚い

大学や専門学校に進学すると、2年〜4年は学生として生活するため、社会人経験を積むことはできません。中には大学在学中に起業する人もいますが、大多数は卒業を目標に生活しています。

また、大学に通うためには各種学費が必要になりますが、高卒就職なら費用面の心配は必要ありません。毎月給与を得られるため、社会的に自立することもでき、大学生よりも自由にお金を使えるでしょう。

さらに、高卒で就職を目指す際、学校側が支援してくれるため、内定を獲得しやすいです。履歴書の書き方から面接対応まで、教師がサポートしてくれる点は、大卒にはないメリットと言えるでしょう。

高卒就職が成功した後は、企業側で手厚い教育を受けられることも多いです。企業側も高校卒業後に即戦力で働けると考えている可能性は低いため、業務に関する様々なサポートを受けられます。

より詳しい高卒就職のメリットを知りたい方は、ぜひ下記記事もチェックしてみてください。

高卒で就職するデメリット

高卒就職はメリットだけではなく、デメリットも存在しています。高卒で就職するデメリットは、以下の3つです。

  • 大卒以上の求人に応募できない
  • 生涯賃金に違いがある
  • キャリアアップの難易度が高い

高卒は募集要項に大卒以上と記載された求人に応募することはできず、選択肢に制限があります。高卒と大卒では学歴フィルターにより、書類選考時点で落とされることがあるのも、高卒就職のデメリットと言えるでしょう。

また、高卒と大卒では生涯賃金に違いがあり、一般的には大卒の年収が高い傾向にあります。初任給も合わせて購入週を目指す場合は、高卒の方がデメリットになる可能性が高いです。

高卒でも社会人としてキャリアアップを目指せますが、応募できる求人に制限がないことから、大卒の方がスムーズに転職も進められるケースがあります。気になっている求人が大卒以上の場合、高卒では目指すことはできません。

求人やキャリアアップ面を考えると、大卒より高卒の方がデメリットを感じてしまうでしょう。

高卒就職を成功させるポイント

高卒就職にはメリットデメリットがあり、失敗すると後悔してしまう可能性があるでしょう。ここでは、高卒就職を成功させるポイントを解説します。

周りの人に相談する

高卒就職を実施する前に、周りの人に相談しましょう。進路に悩んでいる場合は、家族や友人に相談することで、新しい視点で物事を考えられます。考えなしに高卒就職を選んでしまうと、続けられなくなる可能性が高いです。

高卒就職した後に離職してしまうと、空白期間ができてしまいます。最終学歴が高卒の状態で就職活動を実施するには準備が必要になるため、できる限り避けた方が良いでしょう。

周りの人に相談して、高卒で働くべきか、大学や専門学校に進学するべきなのか参考にすることで、自分のやるべきことが見えてくる可能性があります。

ただし、周りの人に相談する際は、あくまで意見だけをもらうようにしましょう。「親が就職した方が良いと言っていたから」など、自分の考えなしで進路を選んでしまうと後悔する可能性が高いです。

そのため、周りの人から意見をもらい、自分がやりたいことや進みたい道の参考にすると良いでしょう。

専門学校大学の進学を検討する

高卒で就職したい企業がない場合は、専門学校大学への進学を検討しましょう。理由がない状態で高卒に就職した場合、専門学校や大学に通い直すのは非常に難しいです。

一方、金銭面に問題がなければ、自分の希望する目標に合わせて進学すると良いでしょう。現役で進学すれば、就活する際に不利になる可能性が少ないです。進学することで、新しい価値観に触れてやりたいことが見つかることもあります。

また、大学在学中であれば、時間を気にすることなく興味のあることへ没頭できます。無理に高校就職して後悔する前に、進学して自分の進路について考え始められ良いでしょう。

専門知識・スキルを身につける

高校就職を成功させたい場合は、専門知識・スキルを身につけると良いでしょう。高校在学中に資格取得の勉強をしたり、就職したい業界のリサーチなどが有効です。高校在学中では十分な学習に時間を割くことは難しいものの、身につけておけば強力な武器になります。

金銭面に余裕があるのであれば、運転免許などを取得しておけば、高卒就職でも様々な求人に応募可能です。

また、高校在学中に資格を取得できない場合でも、学習を初めておけば、就職してから取得を目指せます。少しでも学習を始めているのとそうでない状態では、効率が大きく異なります。

高校就職を成功させるためにも、専門知識や資格取得の学習を始めておくと良いでしょう。

自己分析を行う

高校就職を成功させたい場合は、自己分析を行うと良いでしょう。自己分析とは、自分がどんな仕事に向いているのか、何がしたいのかなどを明確にする行為です。

やりたいことが明確化されていない状態で就職したとしても、業務内容とのギャップからすぐに離職してしまう可能性があります。一方、自己分析を行うことで、自分自身と向き合うことができ、本当にやりたいことを見つけられます。

また、自己分析をすることで、卒業後すぐに就職した企業だけではなく、今後どうして行きたいのかも考えることが可能です。自分のなりたい姿を想像することで、今できることは何なのか、何から始めればいいか、などを把握できます。

自己分析をすることなく就職してしまうと、目指すべき場所とかけ離れてしまっていたり、やりたくない仕事に就いてしまうことがあります。そのため、自己分析をして自分のやるべきことを明確化することで、高校就職を成功させられるでしょう。

就職エージェントを利用する

高校就職を成功させたい場合は、就職エージェントを利用すると良いでしょう。就職エージェントなら、高校在学中の進路相談や離職した後も利用できます。

就職エージェントには専門のアドバイザーが在籍しており、進路相談から自己分析のサポートを提供しています。特に自己分析は自分だけで行なっていると、主観的な内容になりすぎてしまうでしょう。

一方、専門のアドバイザーに自己分析をサポートしてもらうことで、プロから客観的な意見を受け取れます。主観的な意見だけではなく、プロならではのアドバイスをもらえることから、自分に合った業界仕事は何かを把握できるでしょう。

また、多くの就職エージェントが無料でサービスを提供しているため、コストをかけることなく利用できます。高卒で就職を成功させたいなら、就職エージェントを積極的に利用すると良いでしょう。

就職カレッジ®を利用して高卒就職にチャレンジ

高卒就職を成功させるために就職エージェントの利用を検討している場合「色々種類がありすぎて、どの就職エージェントを利用すれば良いかわからない」と考えている方も多いでしょう。

就職エージェントを利用するなら「就職カレッジ®」がおすすめです。就職カレッジ®とは、20代の就職サポートに特化した就職エージェントである弊社ジェイックのサービスで、フリーター、大学中退、ニート、第二新卒を対象としたサービスを提供しています。

就職カレッジ®を利用した人の就職成功率は約80%以上、就職支援実績は約20,000人以上にのぼります。社会人未経験の就職でも、手厚いサポートを提供するため、安心して就活を進められるでしょう。

下記にて、就職カレッジ®の特徴を3つ解説します。

就職成功率が非常に高い

就職カレッジ®は、通常通り就職活動するよりも成功率が高いです。一般的なフリーター既卒の就職成功率は約34.4%ですが、就職カレッジ®は約80%以上となります。通常通り就活するよりも、約2倍就職しやすいと言えるでしょう。

また、就職カレッジ®を利用することで、働いてから後悔しない会社や働きやすい会社の条件などを把握できます。自分に最適な企業のチェックポイントなども教えてもらえることから、スムーズに就職活動が可能です。

社会経験がない場合でも、就職カレッジ®を利用することで、自分に合った企業に就職できるでしょう。

参考:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

無料の就職講座を提供

就職カレッジ®では、定期的に無料の就活講座を提供しています。就活講座では、専任アドバイザーがビジネスマナーや履歴書の書き方、面接対策まで指導してくれます。

一人では失敗しがちな自己分析も、プロ目線でアドバイスしてくれるため、客観的な意見を取り入れることが可能です。

また、企業担当からの詳しい解説も行われることから、会社の魅力や特徴を知ることができます。未経験社を採用したい優良企業を集めた集団面接会では、会社の仕事内容やリアルな雰囲気を把握可能です。

集団面接会では、書類選考なしで面接に進めるため、最短2週間で内定を得られます。すぐに就職を成功させたい企業にとっても、最適な機会と言えるでしょう。

就職後も手厚いサポートあり

就職カレッジ®では、就活中だけではなく就職後も手厚いサポートを提供しています。就職カレッジ®利用者限定で、入社後も専任アドバイザーによる悩み相談が可能です。

就職カレッジ®を運営している弊社ジェイックでは、就職をゴールにするのではなく、社会人として充実した生活を過ごすことが目的となります。

また、専門スタッフによる新入社員向け無料講座も実施しているため、同期社員よりも成果を出せる可能性が高いです。

就職後も1年以上もサポートを提供しており、競合サービスに比べても充実したサポート体制を受けられるため、安心して就職後も生活できるでしょう。

まとめ

以上、高卒就職の平均年収離職率などの現実、成功させるポイントを解説しました。

高卒は大卒に比べて生涯賃金や応募できる求人数が少ないことから、やばいと言われることがあります。しかし、高卒就職はすぐに社会的に自立でき、学費の心配がないなど、様々なメリットもあります。

高卒就職は受け身で行動していては、失敗する可能性が高いです。高卒就職を失敗させないためには、自己分析を実施しましょう。自己分析が苦手な場合は、就職カレッジ®の利用がおすすめです。

就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から企業研究・面接対応までサポートします。ぜひ、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター