就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

高卒の勝ち組の職業とは?就職に必要なことも解説!

高卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

高卒でも勝ち組になれる職業とは、と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、高卒でも勝ち組になれる就職は可能なのです。 なぜなら、高卒でも勝ち組になるために必要なことが存在するからです。

こちらの記事では、高卒で勝ち組になれる職業や勝ち組の就職に必要なことを解説しております。 こちらの記事を読むことで、高卒で勝ち組になれる職業や就職に必要なことを知ることができ、今後の活動を有利に進めることが出来ます。

高卒でも勝ち組になれる職業5選

高卒でも勝ち組になれる職業5選

高卒でも勝ち組になれる代表的な職業は、以下の5つと考えられます。

  • 営業
  • 事務職
  • 公務員
  • IT関連の技術職
  • 起業

前提として、「勝ち組」の定義を何にするかという点がありますが、今回の記事では「採用時に学歴が重視されない」「高収入を狙える可能性がある」「需要がある/長く働いていける」仕事を主な勝ち組として、解説していきます。

上記5つは、高卒の人も比較的就職しやすい(働ける可能性が高い)職業です。入社後の活躍次第で、十分勝ち組にもなれるでしょう。以下、それぞれの職業の仕事内容、向いている人について解説します。

職業1:営業

営業職は、自社の商品やサービスを顧客に販売する仕事です。営業職が高卒未経験でも採用されやすい理由は「必要な商品知識や営業スキルは、入社してから身につければいい」と考える企業が多いからです。実際に、高卒で活躍している営業職の人はたくさんいます。

扱う商材や営業方法は企業によって異なりますが、大別すると以下の通りです。

  • 有形商材と無形商材
  • 法人営業と個人営業
  • アウトバウンド営業とインバウンド営業

アウトバウンド営業とは、企業から顧客へ積極的な働きかけを行う手法で、訪問営業やテレアポなどが該当します。反対にインバウンド営業とは、興味を持ってもらい顧客から企業へのアクションを狙う手法で、コーポレートサイトやオウンドメディア、SNSなどが該当します。

このように商材や営業方法が違うと、同じ営業職でも働き方は大きく変わります。営業職に興味のある人は、自分がどのタイプの営業があっているかを考えてみてください。

営業職に向いているのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 負けず嫌い
  • 向上心がある
  • 相手の意図を汲み取れる
  • 計画的に行動できる

営業は成果に応じてインセンティブが設けられているケースが多く、活躍次第では高年収が見込めます。一方で、稼ぎよりも働きやすさを重視する人は、ルート営業など比較的ノルマが厳しくない営業を選ぶ方法もあり、自分に合った営業を選べる点もメリットです。いずれにしても、高卒でも営業職で活躍し、勝ち組になれる可能性は十分あるでしょう。

職業2:事務職

事務職は、主に以下の仕事を行います。

  • データ入力
  • 書類や資料作成
  • 電話や来客対応
  • 勤怠管理
  • 社内イベントの企画や案内

どの業務を担当するかは、会社によってさまざまです。事務職は「未経験歓迎」「学歴不問」となっている求人が多いため、特に若いうちはチャレンジしやすく、高卒採用をしている企業も一定数あります。

少し専門的なものだと、以下のような事務職もあります。

  • 営業事務
  • 会計事務(経理)
  • 医療事務

ただし、これらの事務職は資格が必要な求人が多いので、特別アピールできるスキルがなければ「一般事務」の求人への応募をおすすめします。

事務職に向いているのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 細かい作業にコツコツ取り組める
  • 人をサポートするのが得意

事務職の平均年収は350万円程度なので、特別高収入を狙える仕事とはいえませんが、残業が少なく休日もしっかり取れる、長く働ける職場が多いです。ワークライフバランスを実現しやすいといった意味では、勝ち組の職業といえるでしょう。

職業3:公務員

公務員は、高卒からでもなれる職業です。具体的には以下の職種において、高卒者向けの求人が設けられています。

  • 国家公務員一般職(政策の執行業務)
  • 地方公務員の一般行政職
  • 公安職(警察と消防)

ただし、公務員になるには公務員試験に合格しなければならず、そのための勉強が必要です。合格率は20%程度で、1000時間程度の勉強が必要といわれており、多くの受験生が1年ほどの期間をかけて試験対策に励みます。そのため、決して簡単ではありません。

公務員に向いているのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 地域に貢献したい気持ちが強い
  • 細かい作業にコツコツ取り組める
  • 人とのコミュニケーションが苦痛でない
  • 自己主張が強くない

公務員は基本的に「失業しない」「景気による給与ダウンやボーナスカットがされづらい」点が強みです。安定した生活を送りやすいといった意味では、もっとも勝ち組の職業といえるでしょう。

職業4:IT関連の技術職

IT関連の技術職は、主に以下の仕事をします。

  • ヘルプデスクやテクニカルサポート
  • 客先常駐SEとしてシステム開発
  • プログラミング
  • サーバーやデータベースの運用・保守

IT関連の技術職を高卒から目指せる理由は、急成長を遂げている業界で、多くの企業が人手不足に悩んでいるからです。IT業界は、市場規模の拡大スピードに対して、スキルのある人材が育っていません。入社後に研修や実務を通じて覚えていくこともできるため、採用の場面でも学歴や経験より、ポテンシャルや将来性で判断されることが多いです。

IT関連の技術職に向いているのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • IT技術が好き
  • パソコン作業に集中して取り組める
  • 人とのコミュニケーションが苦痛でない
  • 新しい知識を積極的に学ぶ意欲がある

ひたすらパソコン作業をするイメージかもしれませんが、基本的にはチームで1つのプロジェクトに取り組むことが多く、コミュニケーション力に長けた人が活躍しています。そして、どんどん新しい技術が登場する業界なので、変化についていくための学習は必要不可欠です。

スキルに応じてキャリアアップも可能なので、希少価値の高いスキルを身につけることで、勤務先や働き方によっては、将来的に高年収も狙えます。

職業5:起業

他の人より圧倒的な成果を上げたい場合は、起業することも1つの手です。日本は就業年数によって収入が上がっていく傾向なので、20〜30代の会社員は高年収を稼ぎづらい点がネックでしょう。大手企業ならば給与水準は高めですが、大卒以上の学歴を求める企業がほとんどのため、高卒者は入社できる可能性が低くなっています。

一方、起業に学歴や年齢は関係ないので、起業して事業が上手くいけば、会社員では得られないほどの高年収が手に入る可能性はあります。

起業に向いているのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 行動力がある
  • 忍耐力がある
  • 人のせいにしない
  • 考え方の柔軟性がある
  • お金の管理が得意
  • 自分の目指すものがハッキリしている

また起業家は、以下のような思考習慣を持っている人が多いです。

  • 自責思考
  • 小さく行動しようと考える
  • 常に顧客視点から考える
  • 自分の意見が絶対でないと思っている
  • 物事のリスクとリターンを考える

起業家は、会社員とは向いている人の特徴が大きく異なります。起業を検討している人は、一度、自分に適性があるかどうかを考えてみましょう。

高卒で勝ち組の職業に就くために必要な3つのこと

上記で「高卒でも勝ち組になれる職業」を紹介しました。しかし、誰でも高卒から簡単に就職に成功できるわけではありません。勝ち組の職業に就くにはコツがあり、特に3つのポイントを押さえることが大切です。

  • 自分が狙った業界のプロになる
  • 将来性をアピールする
  • 1人で就職転職活動をしない

以下、それぞれの詳細を解説していきます。

自分が狙った業界のプロになる

勝ち組になれる職業を見つけるのも大事ですが、同時に「選んだ職業で勝ち組に入る」ことも考えましょう。例えば「ITエンジニアは将来性もあるし、勝ち組の職業だ」と思って就職しても、就職してから大して努力しなければ、勝ち組とは言えないでしょう。

  • 自分が勝ち組になれる業界はどこか
  • どういうルートを辿って勝ち組になるか

勝ち組になるには、これらをよく考えて、狙った業界のプロを目指しましょう。一流と呼ばれるプロには高卒でもなれますし、大卒の人と比べて不利ということもないので、日和る必要はありません。

未経験であっても「就職してから努力を継続する」といった前向きな姿勢があれば、活躍する人材になれるでしょう。

将来性をアピール

勝ち組の職業に就くには、自分の将来性をアピールすることが重要です。特に未経験の職業に転職する場合、採用されるかどうかは、将来性によってほぼ決まります。「将来性がある」と思われる人は、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 年齢が若い
  • 行動力がある
  • 目標や人生設計が明確
  • 相手の求める回答ができる

多くの企業が、長く働いてくれて自社で活躍できる若手を欲しているため、就職や転職では「年齢が若いこと」はとにかく有利です。もし就職先が合わなくても、若ければ若いほどやり直しが効きやすいため、転職を考えている人は早めに行動を起こしましょう。

就職/転職活動は一人でしない

就職・転職活動を自分一人だけでしようとしないことも重要です。なぜなら、就職・転職を成功させるにはコツがあり、知識やノウハウを持っているほうが圧倒的に有利だからです。

現在では多くの人が就職・転職エージェントを活用していますが、これらのサービスを活用することで、以下のメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • より自分に合った就職先が見つかりやすい
  • 細かい相談にも乗ってもらえる
  • 企業との調整など、面倒な作業をエージェントが代行してくれる
  • 企業の内部情報も教えてもらえる
  • 求める人物像が事前に把握でき、面接の通過率が高い

これだけたくさんのメリットがありますので、自力で就活を成功させる自信のない方は、就職・転職エージェントを活用した効率的な就職活動をおすすめします。

私たちジェイックもエージェントとしてサービスを提供しており、高卒の方や大学中退者、社会人経験がない方の正社員就職、未経験の業種・職種への就職支援などを得意としています。高卒からの就職を成功させたい方は、ぜひご相談ください。

まとめ

以上、高卒でも勝ち組になれる職業と、勝ち組の職業に就くために必要な3つのポイントを解説しました。学歴と社会に出てからの活躍度合いは比例しませんし、特に若い人はこれからの努力次第で、十分勝ち組に入れるでしょう。

ただし、何をもって「勝ち組」とするかは人それぞれなので、自分にとっての「勝ち組」を定義してみてください。そのためには、自分の興味関心のある業種選びと、得意を活かせる職種選びが必要不可欠です。今の仕事に満足しておらず、自分に合う職業が思いつかない場合は、私たちジェイックが相談に乗ります。自分にとっての勝ち組の職業に就職し、活躍できるようサポートしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「高卒 勝ち組」によくある質問

高卒でも勝ち組になれる職業とは?

高卒でも勝ち組になれる代表的な職業としては、「営業」「事務職」「公務員」「IT関連の技術職」「起業」の5つが挙げられます。これらに共通する「勝ち組になれる理由」と、それぞれの仕事内容・向いているタイプを解説します。「高卒でも勝ち組になれる職業5選」の章をご覧ください。

高卒でも勝ち組になれる職業に就くために必要な事とは?

勝ち組の職業に就くにはコツがあります。「自分が狙った業界のプロになる」「就職/転職活動は一人でしない」など、3つのポイントを押さえることが大切です。詳しくは「高卒で勝ち組の職業に就くために必要な3つのこと」の章をご参照ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター