就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

高卒女子の就職先におすすめなのは事務職?-結婚/出産も踏まえたキャリアとは-

高卒の女子に人気の就職先と就活を成功させる2つのポイント

高卒就職の際に、女性はどの就職先がよいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、女性向けに仕事選びで大切な考え方や就職活動の男女の違い、仕事ランキングについて紹介をします。働き方がたくさんある近年、自分に合った仕事の仕方を発見するヒントになれば幸いです。

ジェイックでは、女性のキャリアを研修で一緒に考え、書類選考なしで企業と面接ができる「女子カレッジ」というサービスを実施しています。結婚や産休後のキャリアについて不安な女性はぜひ一度、ジェイックの就職相談のご予約をおすすめします。

高卒女子の就職状況

高卒女子の就職状況

高卒で就職することを考えている場合、そもそも就職できるのか、給料はどれくらいなのかといった基本的なことが気になる女性も多いでしょう。高卒で就職する女性の割合や初任給について、まずは知りましょう。

高卒女子の就職率

文部科学省の平成31年3月高等学校卒業者の就職状況調査によると、高卒女子の就職率は97.6%です。高卒であっても、しっかりと就職活動をすればほとんどの場合、無事就職できていることがわかります。

ただし、高卒の就職率が高いのには理由があります。高卒で就職する場合、基本的には在学中から就職活動を進めていて、就職先が決まった状態で卒業するケースが大半になっています。

高卒でそのまま就職するのではなく、高校卒業後フリーターになったり大学などを中退してから就職しようとした場合、通常よりも就職のハードルは高くなるということは理解しておきましょう。

【学歴別】女性の初任給を紹介

令和元年賃金構造基本統計調査結果の学歴別にみた初任給によると、学歴別の初任給の違いは、以下のようなデータになっています。

  • 大卒女性:206,900円
  • 高専・短大卒女性:183,400円
  • 高卒女性:164,600円

高卒の女性の初任給は、大卒の女性と比べると約4万円の差があります。企業にもよりますが、学歴別に給料を設定している企業の場合、やはり高卒よりも大卒の給料の方が高いのが基本です。

人によっては、長く働くうちに「自分も毎日がんばって働いているのに、どうして大卒の人のほうが給料が高いんだろう」という不満が生まれる可能性もゼロではありません。

ただし、企業によっては学歴不問だったり、学歴に関係なく給料が一律だったりする企業も存在します。そういった企業は給料面だけでなく、実力に応じた評価や昇進なども期待できます。

高卒で就職することを考えているものの「学歴によって収入に差が出る企業は嫌だ」という女性は、学歴が給料に影響しない企業を選んだほうがよいでしょう。

昔と今の就職活動の男女差

昔と今の就職活動の男女差

女性の高卒就職における基礎的な情報をご紹介しました。現在は、昔とは就職活動における男女の違いなどが薄れてきています。昔と今の就職に関する男女差について、理解を深めましょう。

昔との就職活動の男女差

昔と今では、男女の就職において、以下の面でそれぞれ変化が見られます。

将来性の面

昔は「女性は結婚や出産をきっかけに仕事を辞めて家庭に入るもの」だという認識が社会にあり、実際に、寿退社や妊娠を機に退職する女性が大半でした。まだ女性の社会進出がそこまで進んでいなかったこと、出産後に復帰できる制度などが整っていなかったことなども、背景として考えられます。

しかし、今は状況が大きく変化しました。日本経済新聞「女性就業3000万人突破、M字カーブは解消 男性との待遇差課題」によると、30代の女性が出産や育児を理由に仕事を辞め、その年代の就業率が大きく落ち込んでいた「M字カーブ」が解消されつつあることがわかっています。

実際に、1999年の35~39歳の女性の就業率は61.5%でしたが、2019年時点では、76.7%となっています。もちろん課題はあるものの、昔と比較すると、子どもが産まれても働く女性が増えていて、社会や企業も、子育て中の女性が働きやすい環境になってきていることは事実といえるでしょう。

職種によって違う

昔は性別によって、就く職業にもある程度偏りが見られていました。たとえば、外回りや出張などを伴う営業職は男性がほとんどで、女性は社内で働く事務職などが中心と、男女で役割が分けられていたことが多かったかもしれません。

今の時代は、職種と性別はほとんど関係がなくなってきています。ただし、たとえば建設関係や救急系の医師などは男性のほうが、保育士や看護師は女性のほうが多いなど、ある程度の違いは見られます。

しかし、以前は男性が働くイメージが強かった営業職でもいまでは多くの女性が活躍していて、女性が出張をしたり車で外回りをしたりすることも、珍しいことではなくなりました。

厚生労働省「男女労働者それぞれの職業生活の傾向」の「職業別雇用者数の推移(男性・女性)」を見ると、平成27年の事務従事者の人数は、以下のようになっています。

  • 男性:501万人
  • 女性:721万人

事務職に関しては昔も今も、やはり女性のほうが多いことは変わっていません。なお、女性の場合はほかの職種と比較しても、事務職に就いている人の割合がもっとも高くなっています。一方で「事務職は女性の仕事」という意識は昔よりは薄れてきていて、男性で事務職に就いている人の数も、一定数いることが考えられます。

男性中心の企業もある

昔は「男性は外で働き、女性は専業主婦として家のことをやる」というスタイルが一般的でした。そのため企業で働くのは男性がメインで、女性の採用枠がそもそも少ない、ということもあったのです。そのため、企業のなかで管理職に就いているのも、ほぼ全員が男性でした。

今は、女性がキャリアを積んで管理職のポストに就いたり、役員に登用されたりするケースもあります。国としても、女性管理職の割合を30%にすることを目標としています。

一方で、帝国データーバンクの女性登用に関する企業の見解の調査結果によると、2020年度の女性管理職の割合の平均は7.8%という結果です。企業の9割は、男性が管理職になっているということがわかります。

昔と比較すれば女性管理職は増えてきている一方で、やはりまだその比率は多いとはいえません。企業によっては、妊娠や出産・子育てなどで一時的に仕事を休んだりセーブせざるを得ない女性よりも、男性を要職に就かせる企業は一定数あります。

今の就職活動の男女差

今の時代は、女性の採用や働きやすさ、雇用形態において、以下のような傾向が見られます。

女性採用率の高まり

近年では、企業も女性の採用に意欲的になっています。ただ採用するだけではなく、定着や長期的に活躍できるための取り組みに力を入れている企業も増えています。

女性が活躍しやすい企業であることを示す基準のひとつに、厚生労働省が定める「えるぼし認定」があります。えるぼし認定とは、採用、継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコースの5つの評価項目のうちすべて、または複数の基準を満たした企業に与えられる認定です。

もちろん、認定を受けている企業がすべての女性にマッチするとは限りません。しかし、こういった認定を受ける企業が一定数あることからも、社会が女性活躍を推進する流れになっていることがわかるでしょう。

雇用の違い

雇用形態別雇用者数によると、平成30年の正規雇用の女性は44%、非正規雇用の女性の割合は56%と、非正規雇用のほうが高い結果となっています。非正規雇用の内訳としては、以下の通りです。

  • パート・アルバイト:44.1%
  • 派遣社員:3.3%
  • 契約社員:7.1%

つまり、女性の雇用形態は正社員とパート・アルバイトがそれぞれ約4.5割ずつ、派遣・契約社員が約1割程度と女性の働き方は、必ずしも正社員が大多数ではないということがわかります。そしてそれは「正社員になれないから非正規で働いている」という理由とは限らないというのも事実です。

女性の場合、家庭を持ったことをきっかけに働き方を変える人も一定数います。20~50代既婚女性を対象としたマイナビ「 2020年主婦のアルバイト調査」によると、現在非正規雇用で働いている人のうち、正社員を希望する人の割合は25.2%にとどまっています。

近年は、女性に限らず働き方もさまざまです。既婚者や子育て中の女性のなかには、以前から正社員として勤めていた職場で働き続けることを選ぶ人のほか、家庭との両立や自身の希望などに応じて、正社員以外の働き方を選ぶ人もいることがわかります。

高卒女子におすすめ!仕事ランキング

高卒女子におすすめ!仕事ランキング

就職における男女の違いや、女性の働き方の傾向についてご紹介しました。次に、高卒で就職する女性におすすめの仕事ランキングをご紹介します。

女性の場合は出産や子育てなどがあると、一旦仕事を休んだり、働き方を変えたりするケースが多くなります。独身時代やまだ子どもがいない時期などにいわゆる「手に職」をつけておけば、在宅で仕事を続けながら子育てをすることもできます。また、ある程度キャリアを積み、産後はマネジメントという立場に立ち、子育てと両立しながら働く選択肢もあります。

たとえば以下でご紹介する営業・販売のようにコミュニケーション能力が身につく仕事、ITエンジニアのように専門性のある仕事、介護職のように求人数が多い仕事などに就くことで、女性の場合は長期的なキャリアを描きやすくなるでしょう。

営業職

営業職は実力が重視され、学歴が問われないことも多い仕事のひとつです。女性のほうがコミュニケーション能力や気遣いなどに長けている傾向があるため、女性が活躍しやすいといえます。

相手に合った話し方や提案ができたり、細やかな顧客フォローができたりするため、お客さんから信頼しやすいという傾向もあります。

また、若いうちは「フレッシュさやひたむきさがよい」、年齢を重ねれば「話しやすく信頼できる」などと評価されやすく、長く働きやすい仕事ともいえるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアは専門性が高い仕事のため、スキルや知識を身につけることで転職などもしやすくなります。在宅で仕事をすることも可能な職業のため、子育てをしながら働いたり、自分の都合に合わせて仕事をしたりするという選択肢も可能です。

正社員としてITエンジニアの実務経験を積み、キャリアを重ねることで、ライフスタイルが変わっても長期的に働きやすい仕事のひとつといえるでしょう。

販売職

女性の場合、アパレルやコスメの販売員などは、センスや美的感覚を活かすことができるため、おすすめといえます。なかでも、自分が好きなものを扱う職場がよいでしょう。その方が、仕事を継続しやすいですし、なおかつ、好きな物のあなたの知識を活かすこともできます。

将来的には、店長やマネージャーへの昇進も目指せます。立ち仕事のため体力は必須であるものの、人と接するのが好きな人には適性がある仕事です。

公務員

公務員が女性におすすめの理由は、試験に合格して採用されれば、学歴に関係なく定年まで働けるからです。公務員の中には以下のように、高卒未経験で目指せるものもあります。

  • 国家公務員一般職試験(高卒程度)
  • 警察官
  • 自衛隊
  • 都道府県事務職
  • 市町村事務職

公務員試験は年齢制限があるのでよく確認しておく必要はありますが、年齢を重ねても働き続けたい、安定した職に就きたいという女性には、メリットがある仕事といえます。

介護職

介護の仕事は資格がなくても始められるほか、常に求人があるという点もおすすめの理由です。仮に職場を辞めることになったとしても、転職しやすいという強みがあります。資格を取得してキャリアアップを目指すことも可能です。

施設利用者やその家族にとっても、女性は安心感を持たれやすいという部分もあります。体力的にも精神的にも大変な仕事である一方、お年寄りに優しく寄り添える人や、年配の人と話すのが好きという人、人の役に立ちたい人にとっては、強いやりがいを感じる人もいるでしょう。

高卒の仕事については、以下の記事でもくわしくご紹介しています。

高卒の仕事を【おすすめ/高収入/女性向け/将来性】で紹介!-高卒の平均年収も解説-

高卒の仕事を【おすすめ/高収入/女性向け/将来性】で紹介!-仕事選びのポイントも解説-

高卒におすすめの仕事を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【高卒女子に人気】事務職の仕事内容や年収とは

【高卒女子に人気】事務職の仕事内容や年収とは

高卒の女性に人気の仕事をご紹介しました。なかでも事務職は、昔も今も女性に人気の仕事です。なかには「高卒の自分でもできそうだから」「座り仕事で疲れなさそうだから」という理由から、事務職で働きたい女性もいるかもしれません。

しかしファーストキャリアで事務の仕事を選ぶ前に、注意すべき点もあります。ここでは、事務職の種類、仕事内容、年収、資格について、それぞれご紹介します。

事務職の種類

事務職とひとことで言っても、実際には以下のように、複数の種類があります。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 人事
  • 経理
  • 総務
  • 貿易事務
  • 医療事務

事務の仕事でもどの職種や業界で働くかによって、仕事内容は異なります。場合によっては簿記や英語の知識・スキルなど、専門性の高差が求められるものもあります。

ただし営業事務などの場合、営業の仕事も理解していないとスムーズに仕事ができなかったり、現場の営業が求めていることをなかなか理解できなかったりすることもあり得ます。また、たとえば外回りの営業の仕事をしていた女性が子どもが産まれてから復帰して、営業事務の仕事へ異動するというケースは比較的しやすいですが、その逆は、ハードルが高くなりがちです。

事務職の仕事内容

事務職の仕事内容は、一般的には以下のようなものがあります。

  • 書類作成
  • 来客/電話・メール対応
  • 備品管理/発注
  • 社内行事の準備・運営
  • 社員への事務連絡
  • 郵便物や荷物の仕分け/発送

事務は業務範囲が広いことが多く、企業ごとに、どこまでが事務の仕事かというのも扱いが異なります。このほかにも、たとえば従業員の給与計算や交通費精算、社会保険の加入・脱退手続き、採用にまつわること、社長や役員のスケジュール管理などを行うケースもあります。

注意点として、事務の仕事は比較的スタートしやすい反面、将来的にほかの仕事がしたいと考えたり、ライフスタイルの変化から転職を考えたりしたときに、事務以外の仕事に就くことが難しくなってしまう可能性があります

事務職の年収

経団連「2019 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」」によると、高卒の事務職の初任給は、17万2497円です。給料を年収換算すると約207万円程度ですが、ボーナスや昇給などを想定すると、高卒で正社員として働く場合、トータル年収は300万円~程度が目安となるでしょう。

高卒で事務職として働く場合「年収はそれほど高くはないが、収入は比較的安定している」というふうに捉えておくとよいでしょう。将来的に役職などに就いたり難関資格などを取得したりすることで、給料アップも期待できます。

高卒女子が持っておくと就職に有利な資格

高卒女子が、持っておくと就職に有利な資格をご紹介します。就職に有利になる可能性がある資格は、以下が挙げられます。

  • マイクロオフィススペシャリスト
  • 販売士
  • 介護職員初任者
  • 普通自動車運転免許

気になっている資格や現在取れそうな資格があれば、取得しておいて損はありません。それぞれの資格についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

就職活動に有利な資格

高卒女子が持っておくと就職活動で有利になりやすい資格について紹介します。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトのオフィスを操作できる証明の資格です。企業のパソコンはマイクロソフトのオフィスが多いため、基礎的なパソコンスキルをアピールできます。受験資格もないため、誰でも受験可能です。ただし、取得している人が比較的多く、この資格があるから就職できるわけではないという点には注意が必要です。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職の基礎的なスキルを証明する資格です。これから介護職を目指す人は、取っておきたい資格です。資格を取得していれば、スタートの段階で一定の知識があるため、早く仕事を覚えることが期待できます。介護職を目指す人や、介護職に興味がある人は取得を検討してみてもよいでしょう。

販売士

販売職の基礎スキルを証明する資格です。初めて受験する人は、販売士3級がおすすめです。

販売士3級の内容は、以下のような基本的な接客業務の知識を問う内容となっています。

  • 接客マナー
  • 商品知識
  • 販売技術

「販売の仕事において絶対必要」という資格ではないものの、アルバイトも含め販売職が全くの未経験という人は、知識として身につけておいても損はありません。

普通自動車運転免許

普通自動車運転免許を応募条件にしている求人も少なくありません。社用車を運転して顧客のもとへ行ったり、荷物の運搬をしたりする仕事もあるためです。

普通自動車免許を取得するメリットは、求人の幅が広がることです。自動車学校の費用はかかりますが、仕事に役立つことも多いため、取得を検討してみてもよいでしょう。

資格なしでも就職できる?

商業・工業高校や、就職率が高い高校に通っている人の場合、在学中に資格を取ることを勧められることも多いでしょう。そのため、資格を持っていないと就職できないのではないかと不安に感じる女性もいるかもしれません。

結論から言うと、資格なしでも就職は可能ですが、資格を持っている=努力の証と考えている企業も一定数存在することは事実です。特に高卒の就職は、応募者のスキル・知識や実務経験などがない状態で採用を検討しなければいけないことがほとんどのため、資格取得のために努力した人物であるということが伝わることで、少なくともプラスの印象にはなるでしょう。

一方で、高校在学中に取得できる資格のほとんどは、一定の勉強をして筆記試験などに合格すれば取れるものも少なくありません。そのため、資格を持っていることと、その知識などが実務に使えるかどうかはまた別であるということも、企業は理解しています。

大切なのは資格のある・なしよりも、高卒で就職するうえで自分のことを正しく理解し、入社を希望する企業についてどれだけ調べているかということです。

高卒女子の就職を成功させるポイント

高卒女子の就職を成功させるポイント

高卒女子の就職を成功させるためのポイントは、以下の2つです。

  • 自己分析を行う
  • 企業研究を行う

以下に、2つのポイントをそれぞれまとめていますので、参考にしてみてください。

自己分析を行う

今は「人生100年時代」と言われていて、働き方も多様化しています。そういった時代のなかで自分が納得できる働き方をしていくためには、まずは自分の軸を定めることが必要不可欠です。そのために、自己分析は欠かせません。

具体的な方法として、まず、ノートに自分の好きなことと・嫌いなことや、得意なこと・苦手なこと、これまでの人生のできごとやそのときに感じたことなどを書き出していきましょう。

書き出して振り返ることで、自分がどのような人間で、どんな価値観を持っているのか、何に適性があるのかということが、ある程度見えてきます。

また、自己分析をすることであなたの長所や短所も見えてきます。面接では、長所や短所を聞かれることも多いため、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。自分だけで考えてもわからないという場合は、あなたをよく知る家族や友人に聞いてみるのもアリです。

あなたなりのキャリアビジョンを、イメージしておくことも大事です。社会人として実際に働いた経験がない段階では難しいかもしれませんが、就職したら、10年後や20年後どんな風になっていたいか、どんな仕事を任されたいかなど、できる限り具体的にイメージしてみましょう。

企業研究を行う

自己分析をしてある程度自分の軸が定まってきたら、次は企業研究を通して、自分に合った企業を見つけていきましょう。自己分析がしっかりできていれば、あなたに合う企業を見つけやすくなります。

日本には約400万社もの企業があると言われていますが、そのなかで自分に合う企業は、そこまで多くはないでしょう。企業研究に時間をかけることで、自分にマッチする企業なのかどうか、ある程度知ることができるでしょう。

以下は、企業研究で特に調べておきたい内容です。

  • 事業内容
  • 規模する職種の内容
  • 社風
  • 会社の強みや将来性
  • 従業員の男女比率
  • 子育てと両立しやすい制度の有無
  • 女性のキャリアパス

ひとりでもできる研究方法には、以下のようなものがあります。

  • 企業のホームページで情報収集をする
  • 競合他社との違いを調べる
  • 企業の口コミサイトを参考にする
  • その企業が主催するイベントなどに参加してみる
  • 書籍や雑誌で情報収集をする
  • 進路担当の先生に質問する

女性の場合、どういったキャリアを積むことができるのかや、将来的に結婚・出産をしても長く働いていけそうな環境や職業なのかといったことも、調べておくとよいでしょう。

なお、今回は高卒女性の就職に特化してご紹介してきましたが、高卒の就職全般については、以下の記事でくわしく解説しています。

【高卒就職を完全攻略!】厳しい現実から脱出する方法を解説

【高卒就職を完全攻略!】厳しい現実から脱出する方法を解説

高卒で就職することへの不安やコンプレックスの要因は何があるのか、高卒で就職する際に効果的な方法などについても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「高卒女子の就職」に関するよくある質問

高卒女子の就職状況について知りたい

文部科学省の調査によると、平成31年時点の高卒女性の就職率は97.6%です。高校在学中から就職活動をした場合、ほぼ100%の確率で就職できていることがわかります。くわしくは「高卒女子の就職状況」をご覧ください。

高卒女子におすすめの就職支援サービスを知りたい

高卒女子におすすめの就職支援サービスは、ジェイックの「女子カレッジ」です。女性に特化した就職支援を実施しているため、高卒で就職したい女性の方ももちろんご利用いただけます。女性が働きやすい企業を取り扱っているため、長期的に活躍できる企業への就職を目指すことができます。

就職活動で何から始めればいいのか全くわからない場合の対処法

高卒の女性は、大卒と比較して就職しづらいのではと考えている方もいるかもしれません。しかし、高卒女性を採用したいと考える企業も一定数あります。ジェイックの「就職相談」にお申込みいただければ、高卒女性のキャリアプランなどをアドバイスさせていただくことも可能です。

事務職へ就職する上で知っておくべきポイントを知りたい

高卒女性の就職先として、事務職は人気です。デスクワークで未経験からでも長く働ける仕事という魅力がある一方、企業によって業務範囲が異なることや、将来的に事務職以外に転職しづらいなどの点は把握しておくべきです。くわしくは「【高卒女子に人気】事務職の仕事内容や年収とは」をご覧ください。

まとめ

高卒で就職する女性に限らず、就職した1社目の会社で定年まで働き続けなければいけないわけではありません。女性の場合は子育てなどのタイミングで働き方や仕事のペース、職種などを変えたりして、家庭との両立を図る人も一定数います。

ただし、社会人としてのファーストキャリアの時点では、やはり就職して仕事の基礎を学んだり、スキルやキャリアを身につけたりしておくべきです。高卒の最初の就職先として事務職を希望する女性も多いかもしれませんが、他職種への異動・転職がややしづらい、女性が多い職種のため人によっては人間関係に悩むことがあるなど、デメリットがあることも理解しておくようにしましょう。

さまざまな働き方を選択する人がいる今の時代だからこそ、大事なのは将来のビジョンです。ジェイックの「女子カレッジ」では、女性ならではのキャリアプランの立て方を研修でゼロから学んだり、ライフイベントが仕事に影響しやすい女性に特化した就職支援を実施しています。高卒で就職することを考えている女性は、ぜひご相談ください。

【共通】CTAボタン