就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

スポーツ関係の仕事11選!メリット・デメリットや向いている人の特徴を解説

スポーツ関係の仕事11選!メリット・デメリットや向いている人の特徴を解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

スポーツ関係の仕事って何があるの?スポーツ関係の仕事に就きたいけど、自分でもできるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、スポーツ関係の仕事の種類やメリット・デメリット、就くためのポイントを解説します。

更に、自身だけで建築関係の仕事に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

スポーツ関係の仕事11選-仕事内容や年収を解説-

スポーツ関係の仕事11選-仕事内容や年収を解説-

スポーツ関係の仕事は、アスリートや用品店のスタッフだけではありません。アスリートのサポートを行うスポーツドクターやカメラマンなど、様々な仕事が存在します。ここでは、スポーツ関係の仕事11選を解説します。

年収に関しては、「ジョイキャリア」「求人ボックス」などを参考に紹介致します。

引用:ジョイキャリア,求人ボックス

アスリート

アスリートとは、野球やサッカーなど、各種スポーツのプロ選手です。取り組むスポーツによって競技人口や男女比が異なり、難易度にも違いがあります。しかし、後述するスポーツ関連の仕事の中でも、アスリートは最も難易度が高いです。

幼少期からの努力だけではなく、勝負強さや才能も必要となるため、アスリートになりたくてもなれない人も存在します。また、アスリートの年収はスポーツの種類や人気によって異なります。1,000万円以下の人材から、数億円規模のアスリートもいます。

そのため、就職のタイミングでスポーツに関わる仕事を目指す場合、アスリートは現実的ではありません。後述するスポーツ関係の仕事に就くことで、アスリートと近い距離で業務を進めることが可能です。

スポーツドクター

スポーツドクターとは、アスリートの外傷治療や予防をメインに行う仕事です。怪我の治療だけではなく、日々の栄養管理やコンディション調整も業務内容に含まれます。スポーツ・医療に関する知識が求められ、選手一人ひとりの細かい状況把握も必要です。

また、スポーツドクターとして働くためには「公認スポーツドクター」の取得が必要です。公認スポーツドクターは、医師免許を取得してから4年経過しなければ、挑戦することはできません。

つまり、大学の医学部に入学して、医師免許を取得する必要があります。医師免許を取得していれば、公認スポーツドクターだけではなく、日本医師会認定スポーツ医や日本整形外科学会認定スポーツ医などの関連資格も取得可能です。

スポーツドクターの平均年収は1,200万円と言われており、スポーツ関連の仕事の中でも比較的高い水準です。その分、医学とスポーツに関係する幅広い知識が求められます。スポーツドクターとして活動しながら、関連資格を取得することでキャリアアップも可能です。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは、企業や各種団体に所属して、アスリートのサポートを行う仕事です。日々のトレーニングやコンディションの調整が主な仕事で、怪我の予防や外傷の対応など、業務の対応範囲も広いです。

また、チームに専属のスポーツドクターが在籍している場合は、スポーツドクターに求められる役割が異なるケースも多いです。プレーの管理や健康管理を、メインに行うスポーツトレーナーも存在します。

スポーツトレーナーの平均年収は320万〜350万円となり、キャリアによって大きく変動するようです。大規模なスポーツチームにスポーツトレーナーとして参加する場合は、同時に年収がアップする傾向にあります。

スポーツトレーナーとしてキャリアアップを目指す場合は、アスレティックトレーナーや理学療法士・柔道整復師などの資格を取得すると良いでしょう。これらの資格を取得することで、幅広いスポーツや健康管理職に対応可能となります。

監督・コーチ

監督・コーチとは、アスリートチームの采配や選手のメンタルケアを行う仕事です。スポーツに関連する幅広い知識や経験が求められるため、アスリート経験がある人物が監督・コーチとして活動するケースが多いです。

また、試合に勝利する戦術をアスリートに授けるだけではなく、安心・安全にプレーできる環境を整えることも仕事です。キッズ・アマチュアやプロなど、対応するチームや選手のレベルによって求められるスキルも様々です。

ただし、プロアスリートチームの監督を行う場合は、公認スポーツ指導者資格を取得していなければ対応できないケースもあるため、あらかじめ注意しましょう。監督・コーチの平均年収は、競技や所属チームによって大きく変動します。

また、監督しての采配やマネージメント力の高さによって年収は異なります。監督・コーチとしてキャリアアップを目指す場合は、公認スポーツ指導者資格の取得はもちろんこと、担当するチームで実績を出す必要があります。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターとは、スポーツに関連する技術をプロ・アマチュア問わず指導する仕事です。フィットネスクラブでマシンの使い方を教えたり、スイミングスクールで泳ぎ方を教えたりします。

基本的にはフィットネスクラブや各種スポーツクラブに就職して、前述した業務をこなすことになります。アスレティックトレーナーやトレーニング指導者の資格を取得していれば、就職を有利に進められます。

また、スポーツインストラクターの平均年収は300万〜330万円となります。資格取得数によって年収に違いがあるため、年収アップを目指す場合は積極的に取得を目指しましょう。

さらに、フィットネスジムやクラブでスポーツインストラクターとして経験を積んだ後は、独立するケースも多いです。顧客さえ獲得できれば、就職するよりも年収を高められる可能性が高いです。

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリストとは、新聞社や出版社に所属して、アスリートやチームに取材をする仕事です。取材した内容を文字に起こして記事を執筆したり、マスメディアに情報を提供することが主な業務になります。

特別な資格は必要ありませんが、アスリートに対して求める情報を聞く取材力が必要です。また、スポーツジャーナリストの平均年収は500万〜1,000万円と幅広く、取材記事や書籍の販売数によって異なります。

スポーツジャーナリストとして名前が知られる場合は、年収アップが期待できます。アスリートや出版社と関係性を高めることで、キャリアアップも期待できるでしょう。

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンとは、スポーツの様子やアスリートを中心に撮影を行う仕事です。出版社やテレビ局に勤務している場合、契約している所定の場所で撮影を実施します。スポーツカメラマンは動いている被写体を、正確に撮影する技術が求められます。

昨今はスマートフォンでいつでも写真を撮影できる時代ですが、一流スポーツ選手の動きに合わせてブレなく写真を撮影するのは技術が必要です。また、スポーツカメラマンの平均年収は350万〜600万円となり、フリーで活動する場合は年収もアップします。

フリーのスポーツカメラマンは、日給や写真1枚1枚を販売して生計を立てていることもあります。スポーツカメラマンとしてキャリアアップするためには、高い撮影技術はもちろんのこと、他にはない雰囲気のある写真を撮れることが重要と言えるでしょう。

スポーツスタジアムのスタッフ

スポーツスタジアムのスタッフとは、その名の通りスタジアムやスポーツ関連施設で働く仕事です。野球場やサッカー場などは、スタジアムのスタッフが整備しているからこそ利用できる施設です。

対応する業務は施設によって異なり、スタジアムでの勝率を計測することもあります。また、スポーツスタジアムのスタッフは、施設が利用されるシーズンしか仕事がないため、基本は時給換算です。

サッカースタジアムスタッフの平均時給は1,000円〜1,200円となります。キャリアアップを目指す場合は、スタジアムのスタッフとして従事した経験を活かして、スポーツインストラクターとしての就職を検討してみてください。

ゴルフキャディ

ゴルフキャディとは、ゴルフ場で選手と同じくコースを回る仕事です。試合中に使用するゴルフ用品をその場で準備・渡すことが基本的な仕事となり、選手に近い距離でサポートが可能です。

また、コースを回らない際は運営サイドとしてゴルフ場の受付や接客などを行います。ゴルフキャディの平均年収は300万〜340万円となり、経験によって変動します。

ゴルフキャディからキャリアアップを目指す場合は、並行して資格取得を目指すと良いでしょう。スポーツ関連資格を取得することで、スポーツインストラクターとして活動可能です。

スポーツメーカー

スポーツメーカーとは、スポーツ専門用品を取り扱う企業で働く仕事です。スポーツメーカーの主な業務は、製品の企画開発や営業・店舗接客があり、企業によって対応する内容は異なります。

また、スポーツ用品はアスリートだけではなく、フィットネスを行う人も購入するため、非常に需要の高い職種です。近年では、アパレルグッズを取り扱うスポーツメーカーも増えています。

スポーツメーカーの平均年収は、350万〜500万円となり、企業・部署によって大きく変動します。スポーツメーカーでキャリアアップを目指す場合は、英語力やコミュニケーション能力を高めると良いでしょう。

外資系のスポーツメーカーでは、英語で対応するシーンも多く、英語力が必要です。さらに、選手と直接話す機会もあることから、コミュニケーション能力を高めておくことで、商品開発・営業に活かせるでしょう。

スポーツ用品店のスタッフ

スポーツ用品店のスタッフとは、スポーツメーカーが運営する店舗で従業員として働く仕事です。取扱商品の管理や接客が主な業務となり、幅広いスポーツに関連する知識が必要となります。

また、スポーツ用品店で正社員として働く場合、平均年収は340万〜460万円となり、販売実績によって高めることが可能です。様々なスポーツに触れることができるため、競技に近い部分で働きたい人には最適です。

スポーツ用品店のスタッフとしてキャリアアップを考えている場合、スポーツに関連する知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力を高めると良いでしょう。店舗に用品を買いにくる顧客は、アスリートやフィットネスに取り組んでいる人が多いため、コミュニケーションを取る機会が多いです。

スポーツ関係の仕事に就くメリット

様々な種類があるスポーツに関連する仕事ですが、働くメリットはあるのでしょうか。ここでは、スポーツ関係の仕事に就くメリットを3つ解説します。

スポーツに深く関われる

スポーツ関連の仕事に就くことで、スポーツ業界に対して深く関わることが可能です。アスリートでなくとも、スポーツドクターやスポーツトレーナーなどは、選手と非常に近い距離で仕事を進めます。

また、スポーツ用品店で働く場合やスタジアムのスタッフも、スポーツに関わる仕事です。選手と直接的に関わることは少ないですが、これらの人たちが整備しているからこそアスリートは会場を利用できます。

スポーツ用品店で働くことで、各種スポーツのファンを増やすことに貢献しています。このように、スポーツに深く関わりながら働けるため、スポーツに関連する仕事をしたいと考えている人にはメリットと言えるでしょう。

需要が高い

スポーツ関連の仕事は非常に需要が高く、なくなる可能性が低い職種です。スポーツは日本だけではなく、世界中で行われています、4年に1回のオリンピック以外にも、世界中で様々な大会が開催されているため、働いている中で職を失う心配がないのはメリットと言えるでしょう。

特にフィットネス関連の需要は高まっており、新型コロナウイルスの影響がありながらも、業界全体は盛り上がりを見せています。コロナウイルス流行に伴う運動不足により、健康志向が高まっています。

経済産業省の発表したデータでは、フィットネスに欠ける金額が高まっているようです。そのため、スポーツに関連する仕事は、常に需要の高い業界と言えるでしょう。

引用:経済産業省・コロナ禍で苦戦するフィットネスクラブ

チームの一員として活動できる

スポーツ関連の仕事は、チームの一員として活動が可能です。例えば、スポーツドクターはアスリートが在籍するチームで、常に選手の健康状態をケアします。万が一、外傷を負った場合も対応できるため、チームの一員として選手と共に活動が可能です。

スポーツ選手でなくとも、チームの一員として活動できる点は大きなメリットと言えるでしょう。また、選手と同じ時間帯で行動するため、健康的な生活を送れます。基本的にスポーツ選手は朝方であるため、仕事に取り組むことで体力や健康維持につながるでしょう。

スポーツ関係の仕事に就くデメリット

スポーツ関連の仕事は需要が高く、選手と近い距離で働くことができます。しかし、メリットだけではなく、デメリットも存在します。続いては、スポーツ関連の仕事に就くデメリットを3つ解説します。

キャリアアップしづらい

スポーツ関連の仕事は、非常にキャリアアップが難しい職種です。例えば、スポーツドクターとして活動するためには、医師免許を取得した後、4年間待つ必要があります。4年間の間はスポーツ関連施設で経験を積むことになるため、どれだけ技術が高くても早々にキャリアアップは望めません。

また、スポーツ関連施設や店舗で働く場合、上位職種がないことから、効率的なキャリアアップができないのです。そのため、スポーツ関連の資格取得やより選手に近い距離で、仕事に従事する必要があるでしょう。

体調不良や高齢化すると仕事に就き続けられない

スポーツ関連の仕事は、体調不良や高齢化すると就き続けることはできません。例えば、スポーツインストラクターとして活動していても、体調を崩してしまうと仕事に大きな影響を与えます。

何度も体調を崩してしまうと、望んだ効果が期待できないことから顧客が離れる可能性も高いです。さらに、一般企業で勤める場合、勤続年数に応じてキャリアアップできることから、現場に出て仕事をするケースは低いです。

一方、スポーツ関連の仕事は現場に出て選手のサポートを行うことになるため、迅速に対応できなければ仕事を続けることはできません。同じコンディションで長期間仕事ができない点は、大きなデメリットと言えるでしょう。

休日が不規則になる

スポーツ関連の仕事は、アスリートや選手のスケジュールに合わせて行動するため、休日が不規則になりがちです。特にアスリートに近い距離でサポートする場合、土日・祝日が試合になることが多く、まとまった休日も取れない可能性があります。

また、多くのスポーツは一つの拠点で活動するのではなく、日本全国・海外を回ることもあります。そのため、長期出張が多く、家族と離れる期間も多いです。プライベートを優先したい場合や、マイペースに働きたいと考えている場合は、デメリットと言えるでしょう。

スポーツ関係の仕事に就くポイント

メリット・デメリットが存在するスポーツ関連の仕事ですが、始めるためにはポイントを抑えておく必要があります。ここでは、スポーツ関連の仕事に就くポイントを3つ解説します。

スキル・資格を身につける

スポーツ関連の仕事に就きたい場合は、スキル・資格を身につけましょう。スポーツトレーナーやスポーツドクターは、選手の健康面・体調など、様々な部分のサポートを行います。経験と知識が必要とされるため、従事するためには資格が必要です。

スポーツドクターのように医師免許を取得してから4年後に、チャレンジできる資格もあります。しかし、スポーツドクターの免許は非常に資格の難易度が高いです。下記2つは、スポーツに関連する資格で、取得することで幅広い仕事に就けます。

  • 理学療法士
  • 柔道整復師

それぞれの特徴を、下記にて詳しく解説します。

理学療法士

理学療法士とは、Physical Therapistと呼ばれており、理学療法士及び作業療法士法に基づく国家資格です。リハビリテーションやスポーツに関連する資格の一つで、取得すると人々の健康管理や身体機能保持・増進のサポートが可能です。

また、理学療法士の資格を取得するためには、大学なら3年・養成校なら4年間通う必要があります。学校に通って実習をクリアした後、理学療法士の試験に受験して合格する必要があります。

多くのスポーツ関連職でも重要度の高い仕事であるため、取得しておけば様々なキャリアに進むことが可能です。

柔道整復師

​柔道整復師とは、柔道整復を行う際に必要な国家資格です。理学療法士と同様に学校へ通い、試験に合格する必要があります。資格取得後は、接骨院や整骨院の開業・勤務が可能です。

また、骨・関節・筋・腱・靭帯に外傷を負った場合、原因の発生と処置を行います。これにより、最小限の被害に抑えて人間にある最大限の治癒能力を発揮可能です。スポーツ現場でも外傷が発生した際に対応するスタッフとして、従事するケースが多いため、幅広い対応が可能です。

専門学校・大学に入学する

スポーツ関連の仕事に就く際は、専門学校・大学へ入学がおすすめです。スポーツに関連する資格は独学でも取得できますが、学ぶべき知識の範囲が非常に広いことから学校に通うほうが効率が良いです。

また、多くの国家資格は専門学校・大学に通わなければ取得ができません。スポーツ関連の仕事でなりたいものが決まっている場合は、各種学校に通うと良いでしょう。ただし、やりたい仕事が決まっていない状態で、学校に通うのはリスクが大きいため、あらかじめ注意が必要です。

民間企業に就職する

スポーツ関連の仕事につきたい場合は、民間企業に就職するのも一つの手です。スポーツメーカーは需要が高く安定しています。スポーツ用品の販売や企画・開発を行いたいと考えている場合は、スポーツメーカーへの就職がおすすめです。

また、実際に体を動かして、スポーツに関わりたいと考えている場合は、スポーツメーカーではなく、フィットネスクラブへの就職を検討すると良いでしょう。フィットネスクラブでは、スポーツに関連する知識を実務で学ぶこともできます。

そのため、民間企業へ就職する場合は、自分の就きたい職種を明確にするようにしましょう。

スポーツ関係の仕事は少ない?-自分に合う仕事とは-

スポーツに関連する仕事は複数存在しますが、多くはありません。アスリートに従事する仕事は資格取得が基本となり、知識だけではなく経験も求められます。また、規模の大きいメジャースポーツチームに参加できなければ、スポーツトレーナー・ドクターでもキャリアアップは難しいです。

また、スポーツに関連する仕事に就く際は「なぜスポーツに関わりたいのか」を考えることが重要です。好きな仕事と向いている仕事は異なるため、スポーツに関連するしごとが自分に向いていなければ、結局退職することになります、

自分に合った仕事を選ぶことが重要

スポーツ関連する仕事に就く際は、自分に合った仕事なのか確認が必要です。例えば、「自分で体を動かすことは好きだけど、指導は向いていないと感じる」など、好きなことは、必ずしも自分に、向いている仕事ではないため、価値観を改めて考え直す必要があります。

自己分析を行い、就職軸を明確にすることで、自分に合う仕事を見つけられます。やりたい仕事や好きな仕事に就くことは非常に重要ですが、向いている仕事を選択肢に入れることで、最適な選択が可能です。

また、自己分析を苦手に感じている場合は、就職サポートサービスの利用がおすすめです。就職サポートサービスなら、アドバイザーが求職者に対して客観的な分析結果を伝えます。

そのため、仕事に対する向き不向きを把握できるため、安定した就職活動が可能です。

就職カレッジを利用してスポーツ関係の仕事にチャレンジ

スポーツ関連の仕事へ就くために、就職サポートサービスを検討している場合は、就職カレッジの利用がおすすめです。就職カレッジとは、20代に強い就職サポートサービスです。

フリーター・大学中退・第二新卒の方をサポートを提供しており、社会人経験が少ない場合でも、安心して働ける企業へ就職できます。利用中は専任のアドバイザーが就職に関するサポートを提供するため、初めて利用する方でも心配ありません。

下記では、就職カレッジのおすすめポイントを3つ解説します。

自身のやりたいことを見つけられる

就職カレッジでは、すぐに就活を始めるわけではありません。利用者の向き不向きを客観的にアドバイスするため、本当にやりたいことを見つけられます。選択肢として、これから人気になる仕事やなくなる仕事、目標を叶える方法を紹介してもらえます。

また、自分の長所の見つけ方に関してもアドバイスしてもらえるため、希望する仕事への就職モチベーションを大幅にアップさせることが可能です。さらに、スポーツ関連の仕事への知識を身につけられるだけではなく、働いてから後悔しない会社も紹介してもらえます。

自分に合う企業のチェックが可能なため、成功する就活へ具体的なイメージを想像できるでしょう。

内定に直結する面接対策を学べる

就職カレッジでは、専任のアドバイザーが就活に関する対応をサポートします。定期的に開催されている無料の就職講座では、ビジネスマナーや自己分析・履歴書の添削など、内定に直結する内容を学べます。

この講座を受講することにより、80%以上の内定率を実現しています。通常の就活よりも、2倍就職しやすい環境を提供しているため、就活未経験でも安心して利用可能です。

さらに、未経験者を採用したいと考えている企業による、集団面接も開催しています。集団面接会では書類選考なしで面接まで進めます。そのため、最短2週間で内定を獲得できる可能性もあるでしょう。

引用:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

入社後も充実のサポートを受けられる

就職カレッジでは、就社してからも充実のサポートが受けられます。サポート期間は就職から1年となり、就職サポートサービスの中でもトップクラスに長い期間です。

また、専門スタッフによる、新入社員向け講座も実施していることから、就職した後も、充実した社会人生活を送ることができるでしょう。

まとめ

以上、スポーツ関係の仕事の種類やメリット・デメリット、就くためのポイントを解説しました。

スポーツ関連の仕事はアスリートだけではなく、スポーツインストラクターやスポーツスタジアムのスタッフなど様々です。選手と近い距離で働くこともできるため、アスリートを目指していた人にもおすすめの仕事です。

しかし、自身の好きなことと向いてる仕事は異なります。自己分析を行い、本当にスポーツ関連の仕事が自分に合っているのか確認が必要です。このような場合は、就活サポートサービスの就職カレッジがおすすめです。就職カレッジなら、専任アドバイザーが自己分析や面接対策など、就活に必要な手厚いサポートを提供します。

さらに、就職成功後も1年間サポートしてくれるため、安心して社会特別感ん生活を送れます。この記事で、スポーツ関係の仕事の種類やメリット・ポイントを把握し、就職カレッジを利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等