相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

誰でもできる仕事7選 メリット・デメリットや将来性について解説

誰でもできる仕事7選 メリット・デメリットや将来性について解説

誰でもできる仕事って一体何があるの?」

「ネット上で底辺と言われることもあるけど、就くべきか心配…」

こんな風に、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、誰でもできる仕事の概要やなぜネット上で底辺と言われているのかを解説します。誰でもできる仕事に就くメリット・デメリットや、将来性についても紹介します。

さらに、自分だけで就職を目指すのではなく、併用することで就職率を上げられるサービスの紹介もしていきます。 ぜひ、就職を勝ち取りましょう!

誰でもできる仕事とは?

誰でもできる仕事とは?

「誰でもできる仕事」とは、特別なスキルや経歴・学歴が求められず、人を選ぶことなく挑戦できる仕事のことです。未経験からでも始められることも魅力になります。

「特別なスキルや学歴がないけれど、お金を稼ぎたい」と考えているなら、学歴不問・未経験可としている仕事が向いています。仕事によっては高時給になることもあり、未経験でも稼ぐチャンスがあります。

誰でもできる仕事がネット上で底辺と言われる理由

誰でもできる仕事は、未経験からでも仕事に挑戦できる一方、ネット上では「底辺」と言われることがあります。ここでは、誰でもできる仕事が、なぜネット上で底辺と言われてしまうのかについて解説します。

学歴や経験が必要ない

前述の通り、誰でもできる仕事には学歴や特別な経験は必要ありません。専門的なスキルを保有していない人でも勤められることから、一部の人からは底辺と言われることがあるようです。

誰でもできる仕事を底辺と考えている人は、学歴や経験が必要ないことから「この仕事以外に勤められるところがないのだろう」と感じている可能性が高いです。特に学歴や資格取得を重要視している場合、誰でもできる仕事をネット上で底辺と呼ぶことがあります。

常に業務内容がルーティンワーク

基本的に毎日同じ業務内容をこなすコーティンワークの場合、ネット上で底辺と言われることがあります。ルーティンワークはあらかじめマニュアルが用意されていることが多いことから、特別なスキルを身につける必要がない傾向にあります。

また、業務内容に慣れてさえしまえば、特に考えることなく業務を進められる可能性が高いです。このことから、業務がルーティンワークの仕事はネット上で「何も考えずに同じ作業を繰り返しているだけ」と思われていることがあります。

もちろん、オペレーションの構造的な問題により業務内容がルーティンワークとなる仕事は多く、効率的に作業するために採用されています。クリエイティブな仕事が必ずしも有益な内容とは限りません。

そのため、常に業務内容がルーティンワークでも、社会的意義のある仕事は多数存在するといえるでしょう。

基本一人で完結する

チームワークを必要とせず、基本一人で完結する仕事はネット上で底辺と言われることがあります。仕事が一人で完結する場合、他の人と協力する必要がないため、シンプルな業務内容が多いです。

そのため、基本一人で完結する仕事は、ネット上で「他の人の力を必要とせず、個々の能力範囲だけでできる」と思われることがあります。多くのチームメンバーと意見を出し合い、協力しながら仕事を進めている人にとっては、コミュニケーションを必要としない仕事は底辺と感じている傾向にあります。

基本一人で完結する仕事の中には、社会的に重要な仕事も多いです。トラック運転手などは、コミュニケーションはなく一人で完結する仕事であるものの、非常に需要の高い仕事です。

このように、身体的負荷の大きい仕事や学歴やスキルが必要のない仕事は、ネット上で底辺と言われる傾向にあるといえるでしょう。

正社員として誰でもできる仕事7選

ネット上では底辺と言われることのある誰でもできる仕事ですが、様々な仕事が該当します。続いては、正社員として誰でもできる仕事を7つ解説します。

配送員

配送員は誰でもできる仕事の一つです。配送員とは、長距離トラックドライバーや中型〜小型トラックで荷積や受け渡しを行う仕事となります。

基本的に配送員は学歴・特別なスキルが必要なく、運転免許証があれば正社員として就職できることが多いです。誰でもできる仕事の特徴にあるように、業務内容が特別なスキルや学歴がなくても、車・トラックを運転して荷物を運ぶだけとなるため、誰でもできる仕事といえるでしょう。

しかし、配送員はトラックを運転しながら全国を回ることができたり、時間内に計画的な配達をすすめたり、適正のある人にはやりがいを感じる可能性が高いです。さらに、楽天市場やAmazonなど、ECサイトで購入した商品は、配送員がいなければ届けてもらうことができません。誰でもできる仕事ではありますが、社会的意義は非常に大きい仕事といえるでしょう。

また、求人ボックスの調査によると、配送員の平均年収は375万円です。運転するトラックのサイズや配達内容によって、年収は異なります。特に大型トラックを長距離運転する配達員や危険物を取り扱う場合は、平均年収よりやや高くなる可能性があります。

参考元:求人ボックス

販売スタッフ

コンビニエンスストアやスーパーなどの販売スタッフは、誰でもできる仕事です。販売スタッフは業務内容が単純で、アルバイトでも勤められることから、誰でもできる仕事と言われる傾向にあります。

特にコンビニエンスストアやスーパーは全国的に複数店舗が存在することから、全体的な時給と比べても低いです。就職難易度も低く、給与もやすいことから誰でもできる仕事と言われているようです。

しかし、販売スタッフとして働き続けるためには、複数の業務を覚えて、顧客と積極的にコミュニケーションを取る必要があります。効率的に仕事を進められない場合やコミュニケーションを苦手としている人は、簡単には続けられない仕事ともいえるでしょう。

また、求人ボックスの調査によると、正社員販売スタッフの平均年収は337万円です。アパレル関連の販売スタッフであれば、実績に応じたインセンティブや昇給も見込めます。このことから、誰でもできる仕事だからといって、給与面において他の職業に劣るわけではありません。

参考元:求人ボックス

介護士

介護士も誰でもできると言われがちな仕事です。介護士の主な業務内容は、高齢者や身体的介護が必要な人の生活サポートです。専門的なスキルや知識がない場合でも、働くことができ、需要が高い仕事であるため、誰でもできる仕事と言われる傾向にあります。

また、介護士は利用者の生活サポートがメインとなるため、食事補助や入浴介助など、肉体的な業務が多いです。きつい仕事にも関わらず給与が安いことから、誰でもできる仕事と言われる傾向があります。

しかし、高齢化社会である日本にとって介護士はなくてはならない仕事であり、非常に重要な職業です。業務中に利用者から直接感謝を伝えてもらえるなど、大きなやりがいを感じることもできます。

求人ボックスの調査によると、介護士の平均年収は322万円です。正社員でも他の仕事に比べて年収が高くないものの、介護福祉士やケアマネージャーなど、資格を取得することで平均年収アップを目指せます。

参考元:求人ボックス

コールスタッフ

コールスタッフは、電話での顧客対応がメインとなるため誰でもできる仕事と言われることがあります。コールスタッフの基本的な業務内容は、顧客からの受電対応や直接架電して自社商品を売り込むことです。

電話対応が基本となるため、学歴や特別なスキルは必要ありません。業務のルーティンワークが大半で、働いていてもスキルを身につけづらいことから、誰でもできる仕事と言われることが多いです。

また、求人ボックスの調査結果によると、コールスタッフの平均年収は369万円です。一般職からSVに昇進することで、年収アップが見込めます。

参考元:求人ボックス

一般事務

一般事務は特別なスキルや学歴がない場合でも働ける、誰でもできる仕事です。事務職は多くの企業に存在する部署となるため、就職難易度が低く給与がやすいことから誰でもできる仕事と言われます。

一般事務の業務内容は書類作成やデータ整理・電話対応など、未経験でもこなせます。PCを使った仕事を経験したい場合は、最適な仕事と言えるでしょう。

また、求人ボックスの調査によると、一般事務の平均年収は302万円です。一般事務の平均年収は低いものの、パソコンスキルや会計に関する知識を身に着けることで、事務職のエキスパートを目指すことも可能です。

参考元:求人ボックス

保育士

保育士は、人手不足にも関わらず給与が安いことから誰でもできる仕事と言われています。保育士の業務内容は、子供の生活面や社会性を育むサポートがメインです。

学歴が重視されることがなく、給与の低さと業務中に肉体労働の多い部分が誰でもできる仕事と考えられる要因です。しかし、正社員の保育士として働くためには、保育士資格が必要です。

高学歴である必要はありませんが、資格を保有していなければ働くことができないため、誰でもすぐに働ける仕事ではないと言えるでしょう。

また、求人ボックスの調査によると保育士の平均年収は321万円です。保育士の中でも600万円以上の年収を得ているデータがあることから、働くエリアや保育園・役職によって年収は変動すると言えるでしょう。

参考元:求人ボックス

建設作業員

建設作業員も誰でもできる仕事と言われる傾向にあります。建設作業員は学歴を重視していないことが多いため、中卒・高校中退でも就職が可能です。

業務内容もきつく、危険なことが多いため、誰でもできる仕事と捉えられてしまいます。具体的な業務内容は、道路工事に関する資材運搬やアスファルトの整備などが挙げられます。

また、求人ボックスの調査によると建設作業員の平均年収は404万円です。体力的に辛く、危険な現場での仕事もありますが、就職しやすく現場監督になれば高収入も期待できます。

インフラに関連する業種であるため、仕事がなくなる可能性も低く、働きながら社会貢献もできるでしょう。

参考元:求人ボックス

誰でもできる仕事に就くメリット

誰でもできる仕事は世間的に馬鹿にされてしまいがちですが、働くことで得られるメリットも多いです。ここでは、誰でもできる仕事に就くメリットを解説します。

単純作業が多く仕事を覚えやすい

誰でもできる仕事は、単純作業が多いことから仕事を覚えやすいメリットがあります。仕事をできる限り早く覚えて取り組めれば、業務中にストレスを感じることが少なくなり、無理なく続けることができます。

業務内容が複雑な仕事であれば、作業が短時間で終了せず、結果的に長時間働くことになるでしょう。さらに、仕事を終わらせることができなければ「今日中に絶対に仕事を終わらせなければ」と高いストレスを感じてしまいます。

慢性的に高いストレスを感じていると精神疾患の発症に繋がるため、できるだけ避けることが重要です。複雑な作業は完了した後の達成感が大きいものの、仕事自体が嫌いになってしまう可能性が高いです。

ストレスを感じることなく、心身ともに健康な状態で過ごしたい場合は、誰でもできる仕事を選ぶと良いでしょう。

業務上に責任が軽い

誰でもできる仕事は、業務上の責任が軽い傾向にあります。単純な作業内容であれば、一度ミスした程度では仕事全体に与える影響は小さく、会社側に損害を与える可能性は低いです。

業務上の責任が軽ければ、失敗したとしても上司から内容について追求される可能性も低いことから、無理なく仕事を続けられるでしょう。一方、責任の重い仕事は他にはない達成感を得られるものの、一度の失敗で会社側に大きな損害を与える可能性があります。

失敗の内容によっては減給や役職が下がるリスクもあるため、大きなストレスを感じてしまうでしょう。誰でもできる仕事であれば業務上の責任を負うことなく、積極的に仕事へ取り組めます。

ただし、周りから「責任感のない誰にでもできる仕事」と思われてしまう可能性が高いです。長期的にみるとデメリットとなることもあるため、あらかじめ注意しましょう。

人間関係に悩む必要がない

誰でもできる仕事は、人間関係に悩むことが少ないメリットがあります。基本的に誰でもできる仕事は業務が一人で完結するため、積極的に周りの人とコミュニケーションを取る必要がありません。

事前に業務マニュアルが用意されていることも多く、先輩スタッフに質問することなく業務が完結する可能性も高いです。そのため、「一人で黙々と仕事を進めたい人」や「周りの従業員とコミュニケーションを取るのが苦手な人」などは、メリットの大きい部分と言えるでしょう。

給与が高い仕事もある

誰でもできる仕事は「学歴やスキルが必要ないから、業務内容はきつくて給与が低い」と考えている人も多いでしょう。しかし、誰でもできる仕事の中には、他よりも給与が高い仕事があります。

トラック運転手や土木作業員など、平均年収は350万〜400万円となるものの、数年間勤務し続けることで、昇給や役職アップによる年収増加が期待できます。さらに、土日・祝日や深夜に勤務する仕事は、誰でもできるにも関わらず勤めたくないと感じる人が多いことから、給与が高く設定されています。

そのため、肉体的な辛さや夜間出勤でも問題ない場合は、誰でもできる仕事を選択するのも良いでしょう。

誰でもできる仕事に就くデメリット

誰でもできる仕事には様々なメリットがあるものの、デメリットも存在しています。続いては、誰でもできる仕事に就くデメリットを解説します。

モチベーションの維持が難しい

誰でもできる仕事は、業務中のモチベーション維持が難しい傾向にあります。誰でもできる仕事はルーティンワークや単純作業が多く、業務をこなすことで得られるスキルは少ない可能性が高いです。

同じ作業を毎日繰り返していても、自分が成長している実感を得られないことから、業務に取り組むモチベーションが低下する恐れがあります。ルーティンワークが少なくクリエイティブな作業が多い場合は、業務をこなすごとに成長する実感を得られることから、モチベーションが低下しにくいです。

また、ルーティンワークを続けている場合、ちょっとした失敗でも目につくようになり、時効肯定感の低下と共にモチベーションも下がってしまうでしょう。新しいことに挑戦しないことでモチベーションが下がってしまうと、業務を続ける気力がなくなってしまいます。

高いモチベーションを維持したまま仕事に取り組みたいと考えている場合は、誰でもできる仕事に就くことがデメリットと言えるでしょう。

就業規則が不規則

誰でもできる仕事は、勤務時間や内容などの就業規則が不規則になることが多いです。例えば、販売スタッフや看護スタッフなどは、土日祝日や夜間勤務も多いことから、勤務時間が不規則になってしまいます。

また、長距離配達員などは1日数十時間もトラックに乗りながら配達を行うため、不規則な時間帯での働き方から体調を崩してしまう可能性もあるでしょう。

誰でもできる仕事の中でも、就業規則が不規則な業務が多ければ、友人や家族との痴漢を作ることができず、プライベートを充実させにくいことがあります。仕事よりもプライベートを優先したいと考えている場合は、誰でもできる仕事に就くことはデメリットと言えます。

安定した収入・雇用は見込めない

誰でもできる仕事は、収入と雇用が不安定なことが多いです。誰でもできる仕事は無資格や学歴に関係なく働ける一方で、一部の仕事では低収入になることがあります。

実際に厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (5)主な産業別にみた賃金」では、宿泊業・飲食サービス業などの誰でもできる仕事は、他の仕事に比べて給与が低いです。

金融業・保険業と比べると、同年代でも約300万円も年収に開きがあることがわかります。誰でもできる仕事は、正社員として勤めていてもアルバイトや派遣社員などの非正規雇用が多いことから、雇用・収入面が安定しない傾向にあります。

安定した雇用や給与待遇で働きたいと考える場合は、誰でもできる仕事に就くのはデメリットと言えるでしょう。

参考元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (5)主な産業別にみた賃金」

誰でもできる仕事には将来性がない?

誰でもできる仕事はすぐに就職することができ、責任感が軽いことからストレスを感じないメリットがある一方、安定した収入・雇用は見込めません。このことから「誰でもできる仕事に将来性はないの?」といった疑問が出てくるでしょう。

誰でもできる仕事は長期間働いていたとしても、新たに得られるスキルは少なく、キャリアアップが見込みずらいです。キャリアアップができなければ、将来性や仕事を続けること自体も難しくなるでしょう。

ここでは、誰でもできる仕事に将来性がない根拠や、どのように対処していけば良いのかを解説していきます。

誰でもできる仕事に将来性がない根拠

誰でもできる仕事は、単純作業やルーティンワークなどが多いです。このような仕事は、今後AIによって代替される可能性が高いです。

実際にオックスフォード大学などの調査結果によると、2030年には日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能になると試算されています。およそ半数の仕事は、単純作業やルーティンワークなど、比較的AIが対応しやすい誰でもできる仕事です。

また、エン・ジャパンの調査では、転職コンサルタントの81%が「10〜20年以内に業務内容の多くがAIに代替されてしまう」と回答しています。

複数の調査結果から多くの企業は人手不足や人件費削減の観点から、AIに代替できる部分は移行したいと考える傾向にあります。AI技術は年々進歩しているため、誰でもできる仕事には将来性がないと言えるでしょう。

参考元:NRI 未来創発センターが「“2030 年”から日本を考える、“今”から2030 年の日本に備える。」

参考元:エス・ジャパン『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果

自分の市場を高めることが重要

前述の通り、誰でもできる仕事の将来性は薄く、時間が経つことでAIに代替えされる可能性が高いです。

AIに仕事を取られないためには、自分自身の市場価値を高めることが重要です。市場価値を高めることにより、AIにはない自分だけのスキルで仕事を獲得できます。

また、市場価値の高い人材は誰でもできる仕事ではなく、専門性の高い仕事に就くことが可能です。

急速にAIに関連する技術は進化しているものの、専門性の高い仕事の代替えは難しいとされています。

専門性を身につけてるとスキルアップできる

専門性を身に付けることで、AIに仕事も取られる心配がないだけではなく、自分のスキルアップにも繋がります。

誰でもできる仕事は、就職の難易度の低さや業務の単純性により将来性がないとされています。一方、専門知識やスキルを身に付けることで、AIによる将来性の不安定さをなくし、クリエイティブな仕事で働くことが可能です。

また、専門性の身につけ方がわからない場合は、AI時代でも活用できる資格・スキルの取得がおすすめです。特にプログラミングやカウンセラーなどは、AIに代替されづらいスキルとなるため、積極的に身につけると良いでしょう。

自己分析することで向いている業界・仕事を見つけられる

誰でもできる仕事をやめて、将来性のある仕事に就職を考えている場合「どうやって自分に向いている仕事を見つければいいの?」と考えている人も多いでしょう。

自分に向いている仕事・業界がわからない場合は「自己分析」がおすすめです。自己分析とは、客観的に自分の強みや弱みを把握し、分析することでどんな仕事に適性があるかを見極める方法です。

自己分析は何から始めればいいかわからない人や自分に向いてる仕事を見つける際に最適で、効率的に向いてる仕事・業界を把握できます。自分に向いてる業界の中で、将来性にある仕事を選択することで、安定した収入・雇用を得られるでしょう。

就職カレッジ®を利用してホワイト企業にチャレンジ

自己分析は自分に向いてる仕事・業界を把握する際に最適ですが「自己分析ってどうやって行えばいいの?」といった疑問が出てくるでしょう。このような場合は、就職エージェントを活用しましょう。

就職エージェントの中でも「就職カレッジ®」の利用がおすすめです。就職カレッジ®は社会人未経験や第二新卒に特化した就職エージェントで、専任のアドバイザーが就活をサポートしてくれます。

また、就職カレッジ®は就職エージェント業界の中でも非常に就職成功率が高く、アドバイザーが利用者の自己分析や企業分析を助けてくれます。下記にて、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ解説します。

未経験でも手厚いサポートを受けられる

就職カレッジ®では、初めて就職活動を実施する場合でも、手厚いサポートを受けられます。就職カレッジ®には専任のアドバイザーが在籍しているため、社会人経験がある人・ない人でも、問題なく就職が可能です。

一般的なフリーター・既卒の就職成功率は、約34.4%ですが、就職カレッジ®を利用した場合、就職成功率は80%以上です。未経験でも手厚いサポートを受けながら就活できる点は、就職カレッジ®を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

参考元:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

無料の就活支援講座を開催

就職カレッジ®では、定期的に無料の就活支援講座を開催しています。就活支援講座では、ビジネスマナーから、履歴書・面接対策まで学べるため、未経験でも安定した就活が可能です。

また、専任アドバイザーによる自己分析や個別対策、他の受講生との意見交換も可能です。他にはない支援講座を受講しながら、就活のモチベーションを高められる点も就職カレッジ®の特徴です。

就職後も無料でサポートを提供

就職カレッジ®は、利用者が就職した後でも無料のサポートを提供しています。就職エージェント業界の中ではトップクラスに長いサポート期間となり、就職後も安定した生活を送れるようにサポートしてくれます。

入社後の業務に関する不安や不明点を専任アドバイザーに質問できるため、安定した状態で仕事を続けられるでしょう。就職カレッジ®は就活支援講座だけではなく、新卒に特化した講座も開催しています。

まとめ

ここまで、誰でもできる仕事の概要やなぜネット上で底辺と言われているのかを解説してきました。

誰でもできる仕事は学歴や特別なスキルを必要とすることなく就職できるため、業務や人間関係のストレスを感じることなく仕事を続けられます。しかし、AI技術の発展により、誰でもできる仕事は、将来性が薄くなりつつあります。

誰でもできる仕事ではなく、将来性のある仕事につきたい場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。特に就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究・面接対応までサポートしてくれます。

この記事で、誰でもできる仕事の概要や働くメリット・デメリットを把握し、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等