年間休日105日の企業の実態に迫る!メリット、デメリットを解説!

就職した企業が年間休日105日であれば、十分休みが多いと思う方もいるでしょうし、もっと休みの時間が欲しいと思う人もいるでしょう。

年間休日が105日の求人はとても多いですが、実際に1年で休みが105日しかない場合はどんな働き方になるのでしょうか。今回は年間休日の日数について解説しますので、就職・転職活動に役立ててください。

 

年間休日105日は普通なのか?

ハローワークで求人票を見ていると、よく見かけるのが「年間休日105日」という休日規定。多くの企業でこの日数としているのは、年間休日105日が「1日8時間労働、残業なしで最低限休ませなければいけない」時間だからです。

つまり年間休日103日、もしくは100日で1日8時間労働を課した場合、それは法律違反ということになってしまいます。

1年間のうち、260日分働くと105日の年間休日となります。260日は週に換算すると52週、時間で2,080時間。これ以上働くと法律違反です。

この労働基準法で定められている最低限の休日日数の内訳はこうです。「毎週土日の休み」、これだけで消化されます。会社の規定によって、土日以外の祝日は出勤しなければならないでしょう。

「毎週土日が休みなら多いほうでは?」と感じるかもしれませんが、世間が3連休のときも、GWのときにも休みがないと考えるとかなり窮屈ですよね。

普通の企業であればお盆やお正月には長期休暇がとれるはずです。日本中が休日の日に仕事をするのは、1年間だけなら我慢できても、何年、何十年と続けていくのは難しいでしょう。

・年間休日105日は普通とは言い切れない
年間休日105日の求人が多いことで、それが普通のように見えてしまうことがありますが、一般的な企業では週休二日に加えて長期休暇分も日数に加えます。

とはいえ、年間休日105日が悪いということもありません。その労働条件でいいと自分が決め、長く勤められそうであれば何ら問題のないことです。ただし、休みが少ないというのは思った以上に大変なこともあります。

年間休日105日は正直しんどい?

年間休日日数105日、この数字だけ見るとかなり休めそうに感じますが、上記のように連休や長期休暇は絶望的なシフトになります。長期休暇がないということは、旅行にもいけません。

長期休暇の間にちょっとした手術を済ませてしまう、遠隔地にいる親戚の冠婚葬祭に参加するといったことも難しくなるでしょう。

土日休みしかない職業の場合、最も深刻になるのが「疲労の蓄積」です。若いうちは土日で回復できる疲労も、年齢を重ねるごとに蓄積するばかりで回復するのが難しくなります。

さらに考えておきたいのが業種です。とても忙しい業種であったり、一年間のうちに何度も忙しさのピークを迎えたりするような仕事での年間休日105日はとてもしんどいです。

例えば菓子製造業。クリスマス、バレンタイン、ホワイトデー、ひな祭り、子どもの日、お中元、お彼岸、お歳暮など、1年間のうちに何度も忙しさのピークを迎えます。イベントに関連する職業は、年間休日が少ない傾向にあります。

こうなると、年間休日105日の場合、忙しい時期にはほとんど休みがなく、暇な時期に休日を増やすといったような措置が取られることも考えられます。

1年に何度も忙しい目にあい、休日も少なければすぐにでも「退職」の2文字が頭をよぎるでしょう。

その他、休みや勤務体制がばらばらな職種の年間休日105日もかなり大変です。介護職や看護師、看護師補助といった夜勤のある仕事、シフトのズレによって勤務時間が変わる販売業なども気を付けてください。

忙しい仕事であればあるほど年間休日日数は少なくなりますので、体力に自信がない方、疲れやすい方には向かないでしょう。

そして、そういった職業での年間105日は、毎週2日休みであっても「休日が少ない」と感じやすいです。一度疲労がたまると、疲労を引きずりながら仕事を行うことでミスが出てしまうことも考えられます。

どちらにせよ年間105日の休日では、その仕事を何年も続けていくのは難しいでしょう。

 

年間休日105日のメリットデメリット

年間休日105日には、当然メリットもデメリットもあります。具体的にはどんなメリットやデメリットがあるのかをまとめました。

年間休日105日のメリット

年間休日105日のメリットは、給与面にあります。日給月給の場合、勤務日数が給与に直接響きます。

時給制や日給制じゃない職場でも、仕事する時間が長いとお金を使う暇がなく、たまっていく一方、という方もいます。働くのが好きな方、疲れ知らずだといった方にはぴったりです。

年間休日105日のデメリット

年間休日105日のデメリットはこれだけではありません。休みが少ないことで、交友関係の幅が狭まり、お金はあるけれど休みがないから使い道がない、なんてことにもなりかねません。

将来家族ができたときに、休日日数の少なさによって亀裂が生まれてしまう可能性も無視できません。休日が少ないことで、恋人や家族を悲しませてしまうことがある、ということを覚えておきましょう。

年間休日105日以上の会社に就職したい

年間休日105日はとても過酷な状況になりやすいことがわかりました。では年間休日が何日あればゆったりと休むことができるのでしょうか?

年間休日120日を狙おう

狙っていきたいのは、年間休日120日の企業です。この日数になると、いわゆる「ホワイト企業」と呼ばれる域にまで達します。

105日との差は15日、毎週土日休みの他に、お盆とお正月、GWで合わせて2週間も休日が余分にあります。

これだけ長い休みに加え、有給休暇も付くでしょう。年間休日120日の企業であれば、さらに有給休暇も利用することで、休日にはやりたいことを思う存分できるようになります。

年間休日120日の企業はどこにある?

年間休日120日のホワイト企業は、どのような業種でよくみられるのでしょうか?

休日が多く、最もしっかりと休めるのは製造業です。自動車の製造工場やその他製造工場では、多くの場合休日が多く、長期休暇も他の職種よりも長く休むことができるでしょう。

工場勤めでは危険も多いことから、しっかり休んでしっかり働くという体制が多いようです。

家電やAV機器のメーカーも休日の多い業種です。職種であれば、営業職や事務職であれば、年間休日120日の企業が多いです。

休日の多い企業の求人を見つける方法

年間休日の多い企業を見つけるためには、より多くの求人を見ていくことが大切です。ただボーっと求人情報を眺めるのではなく、求人サイトを利用して検索・閲覧を繰り返していきましょう。

検索の際には、年間休日日数で絞り込んで計算するのがおすすめです。その他、自分の希望を叶える検索条件を設定し、長く勤められるような企業を見つけ出しましょう。

また、自分ではなかなか見つけられない場合、就職支援会社を利用するのも有効な手段です。企業の条件以外にも、求人サイトでは見えにくい企業内の雰囲気なども教えてくれることが多いです。

 

あなたが長く仕事を続けられる年間休日は何日?

年間休日105日は違法ではないため、それで組まれている休日は普通ですが、長期休暇や祝日の休みが取れないことから長年勤めるのは難しいと感じるでしょう。

それでも自分のなりたい職業の業界全般がそうであったときには、休みが少ないことも覚悟して仕事をすることです。自分の好きな分野が仕事になるのであれば、特に休日を気にせずに楽しく仕事に取り組めるのではないでしょうか。

長く仕事を続けるには、自分に合った求人を探すのが必須条件となってきます。

私たちジェイックでは、20代フリーター・既卒・第二新卒向けに就職支援や転職支援を行っています。
自分の視点だけでは思いつかない「長く続けられる仕事」や「自分に合った求人」について、一緒に考えていきましょう。また、書類選考ナシで企業の経営陣と面接が出来るイベントも開催しています。

まずは就職活動のノウハウも学べる説明会に予約して、就職/転職活動への一歩を踏み出してください。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから